言語

提供:chakuwiki
ギリシャ語から転送)
移動: 案内, 検索

目次

[編集] 独立項目

[編集] あ行

[編集] アラビア語

  1. 父親は「ヤバイ」という。
    • 「お父さん、それやった」   → 「ヤバイ アンタ」
    • 「お父さん、終わりました」  → 「ヤバイ タンマ」
    • 「お父さん、運河」      → 「ヤバイ カナー」
    • 「お父さん、僕は行きません」 → 「マジ ヤバイ」
    • 「お父さん、缶」       → 「ヤバイ タナカ」
    • 「お父さん、もしかしたら」  → 「ヤバイ ヤクザ」
  2. 何気に国連公用語。
    • 多分最も難しい言語と思われ。
      • そういう説はあるね。
    • イラクとかで変な活動しててビンラディンマンセー、サダムフセインマンセー、アルカイダマンセーなプロ市民もアラビア語は読めない(笑)
      • オイルマネーにものを言わせて採用させた。
  3. 右から左に書く。
    • 戦前の日本語と同様。
      • 戦前の新聞などで右から左に書くのは「一文字の縦書き」という扱い。
        • そういえば2行以上になっているのを見た事ない。
          • 右横書きの複数行表記って別に無い訳でもないんだよね[1]
    • プリンセス天功があるショーでアラビア語のセリフを言ったが、後で原稿を左から右に読んでいたことに気づいた、という話をどっかで見たことがある。
    • 当然アラビア語版のWikiはサイドバーが右側に来るが、日本人の感覚からするとどうしても違和感がある。
    • 左利きの人は左手を引きながら文字を書くことができるので、右から左へのほうが好ましい。
      • えーと、話をまとめるとアラビア語圏では左利きの人が多いってこと?
        • 石に文字を刻んでいた時代の名残と言われてるけど不明。
  4. 宿敵イスラエルのヘブライ語とは実は結構近い親戚。
  5. マルタ語はローマ字表記だが、元はアラビア語の方言から派生。
  6. なんと「如雨露(じょうろ)」はアラビア語が起源。
  7. あのグニャグニャ線のどこで文字として区切れるのか勉強してない人には見当がつかない。
    • なんか、字がずっと下でつながっている印象がある。
      • 実際つなげて書く。つながらない文字もあるけど。
      • 右から書く筆記体だと思うようにしよう。
  8. 日本のペイリン「小池百合子」の得意技
  9. あなたは「アンタ」と言う。
    • ↑は男性に対して。女性には「アンティ」になる。
  10. スペイン語に与えた影響は結構大きい
    • ポルトガル語にはそれほど影響を与えていない。
  11. 頭に「アル」の付く化学用語は大抵アラビア語起源。
    • ヨーロッパではかなり四散したギリシャ・ローマの叡智を留めて発展していた先進地域の中東から科学用語を輸入する際にアラビア語の定冠詞を一緒くたに取り込んだ結果。ちなみにスペイン語とかのエル (el) と同源。
    • アルコール、アルジェブラ、アルカリ、アルケミーなど
  12. アラビア語版Wikipedia(ويكيبيديا)は何故か背景が普通のWikiと違う。
    • 右から書くからじゃないの?
  13. 文字では基本的に子音のみを記述するが、母音は日本語でいう「ア」「イ」「ウ」の三種の組合せしかない。
    • 母音は基本的に表記しない。
      • 誤読や読めない人がいるとまずいのでコーランには母音も表記されてる。
  14. アルファベット表記に訳すと「Q」の使用量が多くなる。
    • アルファベット表記には算用数字を混ぜて使ったりする。
  15. フスハーとアーンミーヤがある。
  16. 喉音が多い。
  17. 使っている人口はかなり多い。使っている国の数もかなり多い。
  18. 文法が難しい。双数形とかがある。
    • ただし双数はあまり使われないらしい。

[編集] アルカ

  1. 日本発の人工言語。
  2. 数多くのアルカフォロワーの人工言語を生み出した。

[編集] アルバニア語

  1. アルバニア語は、舌を上あごにくっつけない「ザズィズゼソ」と舌を上あごにくっつける「ヅァヅィヅヅェヅォ」の発音をちゃんと区別しないと相手に通じない。
    • 英語で言うなら、車の複数形「cars」とカードの複数形「cards」の違いのようなものね。
    • 違いが分からない・・・by日本人
      • 日本語のザ行は実は「ヅァヅィヅヅェヅォ」である。意識してZの音や「ザズィズゼゾ」の音を出せる日本人は意外にも少ない。
    • 要するにzかdzかの違い。sが濁ったのがz、tsが濁ったのがdz。
  2. 「Gjirokastra」を現地読みで「ジロカストラ」と読めたりすると、空港で「なぜ読めるんだ。逆に怪しい」と思われ、別室に連れて行かれる。
    • バックパッカー旅行で宿を予約してなかったことも、怪しさに拍車をかけた。

[編集] アルメニア語

  1. 独特の文字を使う言語。
  2. 印欧語族の言語である。
  3. 基本的に「東」アルメニア語を指す。

[編集] イド

  1. エスペラントを改善して作られた人工言語。
  2. エスペラントよりも合理的にできている。
  3. なぜかエスペラントよりも人気がない。

[編集] ヴォラピュク

  1. シュライヤーによって作られた。
    • 夢で神のお告げを聞いてヴォラピュクを作った。
    • シュライヤーはザメンホフ以上に多言語に精通していた。
  2. 世界で一番はじめに普及した国際補助語である。
  3. 現在では使っている人がかなり少ない。
  4. ドイツ語のようにウムラウト付き文字を使う。
    • シュライヤーがドイツ人だったからだろうか。
  5. エスペランティストに馬鹿にされている。
  6. 結構合理的に覚えやすくできている。
    • 男性がm、女性がf、中性がn、複数がsなど。
  7. 受動態と時制は動詞の前に付く。
  8. 名詞に格変化がある。
    • エスペラントには対格のn以外はない。
  9. ヴォラピュク版ウィキペディアは結構な数の記事がある。

[編集] エスペラント

  1. 岩手県では公用語である。
  2. 人工言語とはいえ、不規則動詞が全く無い。これはギネスブックにも載っている事実である。
    • 自然言語でもケチュア語には不規則動詞がないよ。
  3. 外来語に関しては、極力エスペラントの様式に合わせて語彙に取り入れられている。
    • ウィキペディアには『涼宮ハルヒの憂鬱』を頑張ってエスペラントで説明しているページもある。
    • でも正直、固有名詞まで-o語尾にしないといけないのは今どきしんどいと思う。
      • 人名とか作品名は要らないよ。
  4. あれ?「エスペラント“語”」じゃないの?
    • ウィキペディアではエスペラントだ。
    • エスペラントが正しいよ。
  5. 中立言語とか言ってる割には(仕方ないかもしれないが)ロマンス語派に偏りすぎる。
    • Linguasphereでも"Romanic Vehicular"(ロマンス語派の通用語)の一種としてラテン語と同じ括りに入れている。
    • 但し、音韻的には(話者の出身国を反映して)スラブ語派の影響がかなり見られる。発明者がユダヤ系ポーランド人だったことも関係あり。
      • ザメンホフの母語はロシア語ね。(当時のポーランドはロシア領)
        • ザメンホフはロシア語(母語)・ドイツ語・ポーランド語を流暢に話しフランス語・ラテン語・ギリシャ語・ヘブライ語・英語も学び、そしてイディッシュ語、イタリア語スペイン語、リトアニア語にも興味を持った天才眼科医だった。
        • ザメンホフは元々ラテン語の復活を主張していた。しかしラテン語が複雑すぎたためこの言語を開発したという。
    • 完全な中立言語といったら、不規則動詞まみれ・主語抜き文の成立と世界屈指のデタラメ言語になっちゃうじゃないか。
      • 中立言語だからといって不規則動詞まみれになる必要は全くないのだが。
    • ノシロ語という完全な中立言語を目指した人工言語があるよ。
  6. EUは通貨をユーロに統一したのならば、公用語もエスペラントに統一すべきだ。
    • あきらかに「ロマンス語(ラテン語系)」を使う奴にとって楽すぎるから無理。ラテン語系とゲルマン語系の中間である英語(発音と文字の不一致を除けば)が無難。
      • 英語はれっきとしたゲルマン語系だぞ。ただロマンス語(厳密に言えばフランス語)から入ってきた語彙が多いというだけ。
      • 英語よりはまだ中立的な方だと思うが。英語ではEUでは脇役の某国に有利すぎるし、前述のようにエスペラントにはスラブ語派の影響もある。
    • 実際にそうするとイギリス・アイルランド両国が猛反対しそうだ。
    • EUの公用語の「1つ」として取り入れようという考えはあるよ。
  7. ミ・エスタス・ヤパーナ
  8. 日本でいちばん有名なエスペラントの単語は、「ヤクルト」(多分)。
    • すみません、「ミリンダ」もあります(でも若い人は知らないだろうな)。
  9. 2chの関連スレは政治的プロパガンダで荒れている。目障りだから政治思想板にでも逝ってよし(苦笑)。
    • 極右vs極左のガチバトル。もう見てらんない。
    • 実は右翼のエスペランティストもいる。
    • 宗教系のエスペランティストもいる。
  10. パノスのGTカー。
  11. ヴォラピュクを馬鹿にするな。
  12. 「イド」というエスペラントを改良した言語もあるよ。
  13. 語尾の-ajnとか-ojnという響きが何とも間抜けだ。
  14. 「母」がpatrinoとか不自然過ぎる。
  15. mal-が「逆」というのも違和感がある。どうしても「悪」というイメージが付きまとう。
  16. ザメンホフは眼科医だった。

[編集] か行

[編集] ギリシャ語

  1. ギリシャ語を学ぶ場合、古典ギリシャ語と現代ギリシャ語に分けられる。
    • その差は平安時代の日本語と現代日本語の差ぐらい。片方を習得すれば、もう片方もそれなりに理解できる。
      • さらっと言うけど凄い違いだよねそれ…昔の「をかし」と今の「可笑しい」の差とか考慮するとアレなことになる。
    • さらに古典ギリシャ語も時代による差がある。神話が書かれた時代、哲学者が活躍した時代と、新約聖書の原語とされるコイネーではそれぞれそれなりに違う。
    • また、現代ギリシャ語も口語(ディモティキ=民衆語)と文語(カタレブサ)の別があり、文語は比較的古典ギリシャ語に準拠しているが、口語は変化の度合いが強い。ラテン語とロマンス諸語の差ほどではないがそれに通じるものがある。
    • なぜか極東の国の大学では古典ギリシャ語の方が習える大学が多い。
      • ちなみにグリークラブでは学べない(Greek Clubではない)。
        • むしろ「ギリシャの愛(Greek love)」でしょう。
      • 悲しいことに古典だからこそ意味があるんだよな。話せたらすごいよねってレベルだし
      • 悪いって訳でもない。現在と古典でもそんなに差はないんで「教養有る者」はどっちでも大丈夫だし、「教養有る者」じゃなくてもなんとなく通じる
      • そのかわり、現代ギリシャ語を専門的に学べる大学は日本に無い(東京外国語大学ですら無い)。
      • ギリシャ語を純粋な意思疎通ツールとしてじゃなくて西欧文化研究の為のツールとして捉えてるからなんやろうか。
  2. 英語圏ではワケワカメなことの例えにされる。それが何語で書かれていようとも。
    • 「It's Greek to me」は「ちんぷんかんぷんだ」の意味。ちなみに「ちんぷんかんぷん」の「かんぷん」は「漢文」らしい。同じような発想だ。
  3. 今ではむしろ理系の人が「記号」として良く使うギリシャ文字。現在でも(若干改変はあるものの)そのまま文章を書く「字母」として使用し続けている。
  4. ギリシャ文字は顔文字、数学の記号に使われることで有名。
    • σ (^ω^ ) これだけで2つ使ってる。
  5. 小豆島へ行くと、なぜかギリシャ語で歓迎の言葉が書かれている。
  6. ドデカミンのドデカは数字の12の意味。
    • ヘキサゴン!
    • ↑のヘキサは6の意味だが、ペンタゴン(5角形)のペンタも、テトラパック(4面体パック)のテトラも、オクトパス(8本の脚=蛸)のオクトもギリシャ語由来。
    • ボッカチオの「デカメロン」は「十日物語」、ナヴァールの「エプタメロン」は「七日物語」で、デカもエプタもギリシャ語由来。
  7. ラテン語などに影響を与えた。
  8. 紀元後のいつだかにΒの音が/b/が/v/ に変化。スペインや日本では苦労する
    • ΓとΔもね。3つとも破裂音→摩擦音っていう変化で共通してる
  9. アリストパネス(はん)パネェっすというギャグが存在するのだが、最近はアリストファネス表記が多いので微妙
    • 現代ギリシャ語ではアリストファネスが正しい。
    • 原語の発音に基づくカタカナ表記が多くなっている。ソークラテースと言われると誰か分からない人も多い。
  10. ギリシャ語はヨーロッパトップクラスの難易度。あとロシア語も難易度が高い。
  11. ギリシャ語でレストランは「タベルナ」という。

[編集] グルジア語

  1. 独特の文字を使う言語。
  2. アルメニア語にはあんまり似ていない。
    • グルジア語はカルトヴェリ語族としてアルメニア語なんかとは完全に違うもの。
  3. 自動詞他動詞によって主語の格がかわる能格言語。でも実際能格はあまりみない。
  4. 放出音。kの子音でも、帯気のk(h)と放出のk'がある。
  5. ロシア語に負けない子音クラスターがある。詳しくはwikipedia

[編集] さ行

[編集] スワヒリ語

  1. 東アフリカで広く通用する共通語。
    • アラビア語の影響が大きい。
    • 昔は文章もアラビア文字で書いていた。今はアルファベットを使う
    • ペルシャ語・英語由来の外来語も多い。
  2. 熊本が…(以下×××
    • スワヒリ語圏で「日本から来た」と言うと、「熊本から来たの?」と聞かれるらしい。
  3. 小学校の頃、「かいじゅう(怪獣)ムズング」という、後で思い返すと結構サヨチックな創作童話があった。
    • ちなみにローマ字では"mzungu"と綴る。英語にも取り入れられ中辞典以上なら英和辞典にも載っている。意味はお察しの通り。
      • 力づくでムズングを追い出した国では長年にわたり圧政が敷かれている。うまくいかないものですねぇ(苦笑)
      • 日本人なども東アフリカではムズング扱い。
        • そりゃ黄色人種でもあっちじゃ白く見えるし、白人並のやつは居るからな。
    • 基本的に東洋人はチーナ、つまり中国人扱いされる。アチョーとかホワーとか言われても、馬鹿にされているわけではない。多分。否定するとマレーシア人扱いされる。
  4. 「ジャンボー」は挨拶の言葉。これが子象の名前になり、それがやがて大きく成長した結果、英語ではよく知られる意味になった。
    • 「オール」は挨拶の言葉。英語のallが語源。訳の分からない挨拶が毎年作られては消えていくようだ。
  5. クラーク・ゲーブル主演の映画のタイトルにもなった「モガンボ」
    • 情熱の意味だという。
    • 愛の言葉のひとつ。
  6. 外国人がスワヒリ語を知っていたら、気持ち悪いくらい歓迎される。
    • とりあえず「マライカ」という歌を覚えて行こう。わりと簡単に歌える。
  7. バラク・オバマの「バラク」とは「神に祝福されし者」を意味で、「オバマ」はケニアに住んでいるルオ族に見られる姓である。
    • アメリカ大統領にアフリカ独特の姓が登場するのは初である。
  8. 通商言語(交易のための便宜的な共通語)に近いので、スワヒリ語を用いた文学作品などはきわめて少ない。
  9. 名詞のクラスがやたらと多い。
  10. 発音は日本人にとっては簡単かも

[編集] たな行

[編集] チェコ語

  1. インド・ヨーロッパ語族スラヴ語派西スラヴ語群。
  2. 世界一難しい発音がある。
    • [r]音とフランス語のj音近似の音を一気に続けて発音するあの音。
      • 作曲家・ドボルザークの名前にも入っている。
        • 実はドボルザークの名前で母音は一個だけ。oのほうは事実上発音されず、なんと1音節の名前である。
          • カナ表記にすると6音節になってしまう。これほどカナ書きにして音節数が増える言葉も珍しい。
      • Rの上にvが付いた文字で表される。
    • チェコで「子供たちが一番最後に覚える発音」と言われている。
    • Strč prst skrz krk (ストゥルチュ・プルスト・スクルス・クルク)!
      • 母音のない早口言葉。子音に挟まれた流音は節をつくる事が出来る。セルビア語なんかも一緒。
    • アール・ハーチェクよりも単純なhの方が正確に発音するには難しい。
  3. 人工言語。
    • ドイツ語からの厖大な借用語をチェコ語本来の言い回しに言い換えたため。
      • ここまで徹底した言語純化をやったのはアイスランド語ぐらい。
      • そのため、他のスラヴ語(例えばロシア語)が結構な割合のラテン系・ゲルマン系語彙を持つのに対し、チェコ語だけ非スラヴ人には意味不明なスラヴ語彙を用いていることも少なくない。
      • 歴史的にはドイツ語に圧迫されていた訳だから反発も当然。しかしながら現在では振り子のゆり戻しかドイツ語に堪能な人が結構多いとか(特にかつてドイツ人が多かった国境地域などで…)
  4. チョコ語ではない。
  5. スロヴァキア語と区別がつかない。
    • 同じ綴りでも発音が違う。Neはチェコ語で「ネ」、スロヴァキア語で「ニェ」。プラハの連中に言わせると、「野暮ったくて田舎臭く」聞こえるらしい。
  6. 「はい」と「いいえ」が韓国語に似てる。
  7. はいは「Ano.」「ネ」、いいえは「Ne.」「アニョ」。ワロタwww

[編集] チベット語

  1. 綴りと発音が合ってない。しかも辺境ではかなり文字通りに読むのにラサに近づくほどおかしくなる。
    • 「こんにちは」はチベット文字表記で"bkra shis bde legs"だが、実際の発音は"ta shi de le"となる。
  2. 丁寧語が存在する。日本語と同様に不規則変化で敬語にする場合も多い。
  3. チベット仏教の読経はこの言語で行うため、モンゴル人もお経の意味が判らないで聴いている。
  4. 標準語は決められていない。あえていうなら南部方言に属するブータンのゾンカ語が一番整理されている。
  5. チベット文字→パスパ文字→ハングルの子音字母と変化していったのが明白なので文字を覚える際先にハングルを覚えているとかなり覚え易い。
  6. シナ・チベット語族なので日本語の漢語と酷似した語彙も多い。特に数詞については有名。「我」はnga(ガ)、「魚」はnya(ニャ)、「死」はshi(シ)、「母」はma(マ)、「茶」はja(チャ)

[編集] トルコ語

  1. 文法が日本語とほぼ一緒。
    • でも母音調和が面倒くさい。
  2. 日本語と似た語句がちらほら。
    • 「良い」は「iyi (イイ!)」と発音したり。
  3. 現代トルコ語の文字を制定したのは、トルコ共和国初代大統領ケマル・アタチュルク。
    • 制定後、地方の小学校に自ら教えに行くなど、熱心に普及に取り組んだ。
  4. イスラム国家ゆえアラビア語からの外来語が多いが、何故かAがEに代わる傾向あり(例:モスクの尖塔から聞こえる礼拝の合図・アザーンazan → エザーンezan、平和、挨拶・サラームsalam → セラムselam)。

[編集] ノシロ語

  1. 日本発の人工言語。
  2. エスペラントよりもさらに中立性を目指している。
  3. 全世界の言語から語彙を取っている。
  4. SVOでもSOVでも使うことができる。
  5. 実は結構日本語的発想が含まれている。
  6. 都内の図書館だと結構ノシロ語の置いてあるところが多い。
  7. 能代とは関係ない。

[編集] は~わ行

[編集] ハンガリー語

  1. 元々アジアの言語。
  2. 母音調和がある。
  3. 今では冠詞がある。

[編集] ヘブライ語

  1. 死語だったのに復活した。
  2. イェフダーは偉大だ。
    • イェフダーの曲もある。
  3. 右から左に書く。
    • ただしアラビア語みたいに文字がつながることはない。
  4. 母音記号はあるが、基本的に書かない。
    • 母音記号を書くときは子音の下に書く。
  5. 実はアラビア語に結構近い。
    • ただし母音の数はアラビア語よりも多い。
    • 文法もアラビア語よりは簡単。
  6. 曖昧母音のシュワーはヘブライ語から来ている。
  7. 聖書関連で学んでいる人がいる。

[編集] リパライン語

  1. be動詞が無いとかいっているが等式文の時制変化ができない。
    • Es使えば進行形できるしwiollとかediollとか使えばいい。
  2. リパーシェ文字は完全に幻字のパクリ。
    • 講座では幻字をウェールフープで持ってきたとか、あとパクリじゃなくてアポステリオリね。
      • ウェールフープというものをわかっている人はかなり少ない
      • ウェールフープはただ単にものを呼ぶことしかできないわけではないらしい
    • 英語やドイツ語だけでなくエスペラントとかアイヌ語、アルカからも借りてきてるらしい
  3. ほとんど英語とかドイツ語の借用語
    • 借用語は新リパラインのみ古リパラインは単語を借りてきていない
      • 三代目もアプリオリらしい
  4. 学習者が40人を突破、次代の国際語となるか。
  5. 作者に申請すればリパライン名を貰える。
    • 変なことをしたら剥奪されるとか
  6. 日本発の芸術言語

[編集] 関連項目



659ea964eb1650bfefbd0dedcd304f89chakuwikiのiPhoneアプリ「ご当地バカ百景」が登場!
あなたの地元の笑えるウワサを投稿するランキングアプリ。
アプリからサクっと写真や噂を投稿できます。

ご当地バカ百景をiPhoneにダウンロードする。


chakuwikiから出版された書籍


個人用ツール
名前空間
変種
操作


ナビゲーション
借力関連
ツールボックス