ベタなエロマンガの法則

提供:chakuwiki
移動: 案内, 検索

目次

[編集] 特記事項

[編集] 作品の法則

  1. 女教師、看護婦、シスター辺りが題材に。
    • シスターと女教師はレイプが基本。看護婦は夜這いに来る。
      • ただし少年が美形だったら食いに行く。
        • 不良少年(不細工で無いものを差す)相手に肉体で更生を試みる。
    • 最近は萌えブームの影響か、メイド・巫女も多い。
      • メイドは幼児にすら逆らえずになし崩し的に×××
    • 家庭教師は99%の確率でショタコン・ロリコン。
  2. 普通の行動をしているページは1割以下。
    • 大方最初とオチの部分に集約される。
    • オチはトホホな場合が多い。
      • 覚醒した女に絞り尽くされ、男がミイラ化する。
    • 逆に対象のカップルがラブラブの状態で終わることもある。
    • 「最初→エロ」の場面と「エロ→オチ」の場面は強引過ぎる。
      • 単なる「全裸で○○」系のエロシチュエーション物だと思っていたのに、突然脈絡無く本番が始まって、それで逆に興醒めした。
  3. やたらと変な汁があふれ出てくる。
    • 男も女も汁まみれ。
    • なに、何のこと?×××
    • どう考えても体内の水分容量無視。
      • 多人数相手だと×××だけで腹がビーチボール大に膨らむ。
  4. 乳が顔よりデカイ。
    • 乳が重力を無視している。
      • 下乳や谷間が服に貼り付く。
        • 和服は本来ボディラインを隠すためのものなのに、それでも張り付く。
          • それどころか乳首が浮き出る。
    • 明らかに肩幅を上回っている。
      • 普通の格好をしているだけで乳輪がはみ出す。
        • 男物の服を着るという発想は無い。
    • ×××の中に×××できる。
    • 自分の顔に当たりそうなくらい揺れる。
      • 自分で乳首を吸える。
    • それでも絶対垂れない。
  5. ×××が馬並みの場合もある。
    • ムリヤリ×××すれば×××が変形する。死ぬって。
  6. どう見ても○学生でも18歳。授業じゃなくてお遊戯してそうな娘も18歳。
    • もちろん年齢は名乗らないし、学校名も「○○学園」「○○学院」。
    • 顔立ちや身長は○学生なのに、×××は大人以上の男の子。
  7. 処女で最初は痛がってても、最後は絶頂を迎える。
    • 例外は××××××ネタで、悲壮感や絶望感を演出する場合くらい。
    • 処女なのにテクニシャン。
      • あるいはどう見ても童貞のブサイク野郎がAVやらエロゲやらで得た知識でイカセまくる。
    • ○学生相手に熟女がイきまくる。
  8. 「なっ、中に出して〜!!」
    • 少子化対策?
    • そういうジャンルでない限り、中で出しても大丈夫。
      • たぶんオギノ式避妊法を心得てるんだろう。
  9. 「ダメッ!そんなの入らない!」
    • よほど××××××なんだな。うん。
    • すんなり入ってお腹が×××も可。
  10. コピー機には、大人が二人(以上)乗っても壊れない。
    • コンビニでやってても店員に注意されない。
  11. 話が進むと、新しい×××の相手が登場。
    • キャラ分けのため(および×××にレパートリーを持たせるため)、新キャラはヒロインと対照的である(性格、性癖、胸の大きさ等)。
    • 最終回かそのひとつ前は複数プレイ。
  12. これならエロ無しでもいいというクオリティのものがあるが、それは禁句である。
    • むしろエロが無い方が出来の良いものもある。
  13. 母乳がB地区の先っぽ1点から出る。
    • そんな乳をかくやつは大抵絵が下手。母乳にこだわる漫画家はそんな描写はしない。
    • 処女だろうがヤリマ○だろうが未成年だろうが、「とにかくデカけりゃ母乳は出る!!!」という男らしすぎる仕様(勿論女性作者はまずこんな漫画は描かない)。
      • 男性のミルクが発射された瞬間に女性のミルクも吹き出す謎使用。
    • 飲んでるヤツの感想は絶対に「甘くてすごいおいしい」。
  14. 服は溶かすが肌は一切傷つけない不思議な薬品(人外や触手の場合は消化液)が存在する。
  15. どんな堅物や淑女でもエロエロになる不思議な薬品も登場。
    • おいおい、「飲むと女性にアレが生える薬」も忘れるなよ?
      • そのアレは触手が寄生した物の場合もある。
  16. 表紙だけで内容を想像して買うとハズす事も多い。
    • カラーと漫画両方巧いとは限らないため、特に新人。
  17. 姉弟はエロマンガ姉弟を参照。
  18. ありえない擬音が入る。
    • 「くぱぁ」とか。
      • 「びゅるるる」とか。
        • 「ガクンガクンビクン」とか。
  19. 商業誌の修正の形や大きさが業界規制のバロメーター。
  20. ×××中の女のセリフが多彩すぎる。AVと真逆。
    • ×××中の男のセリフが説明的すぎる。「クラスのアイドル、あの清楚な委員長がこんなに×××に…」(学園もの)とか「普段は取り澄ましたような顔して俺たちを見下しているのに×××の時の顔は×××だな」(お嬢様もの)とか。
      • 後半になると、野郎は×××と手と首から上を除いて透明人間になる。
        • 原作があってもこれだとエロゲや夢小説を見ている気分にしかならんのだが。
    • 男女ともに隠語の語彙力が官能小説家並み。
      • 原作がある場合や中二病キャラの場合、隠語が壮大(例:エクスカリバー、ブラックホール、ハイメガブラスターキャノン他)。
    • セリフやオノマトペの文字がだんだん汚くなる。
  21. 20頁程度で一話完結の話がほとんど。
  22. 女性漫画家の場合、登場する男キャラのイケメン率が高い。アキバ系不細工キャラは書きたくないってことか・・・
    • 逆に野郎が描くととてつもないブ男が出てくることもあるが、和姦ネタでは少ない。
      • 大抵悪役。
  23. 明らかにあの漫画のエロ同人じゃないか?というような作品すら名前だけもじって商業誌に載っている事もある。
  24. ヤンキーが出てきたら「ヒロインを犯す」か、「ヒロインに絡んで主人公に蹴散らされ『大丈夫か』『やだカッコいい…』の流れを作る」のどちらか。
    • 前者の場合、ヒーローが辿り着いたころには既にヒロインがボロクズみたいになっている。
      • 逃げ遅れた場合、チンピラは皆殺しにされる。
  25. 女性の体に正の字を書く。
    • 「↓一回十円」とかも書く。
      • 「私、×××だーい好き♪」とかも書く。
        • 動物の名前も書く。
  26. 作中での強さが『町のチンピラ>>>>>>>女性キャラ』であることに突っ込みを入れてはいけない。
    • 『武器を持った○学生>>>>>>>女性キャラ』もデフォ。
    • 警察は婦人警官をたった一人で犯罪組織に潜入させる。バレたら上司の首だけでは済まないだろ。
    • 武装組織はヒロインの恋人や友人を既に捕獲している。
      • 「ほ~ら見てみろ、お前さんのよりも感じてるぞあのクソビッチ」
        • そしてヒロイン精神崩壊。
      • 人質が女性であった場合、ソイツもすでに×××されてる。
  27. 早かったり遅かったりする男性はあまりおらず、基本男女同時に絶頂を迎える。
    • 男性は100%の確率で目を閉じているのに、女性は白目をむき出しにしている。
  28. 出産・産卵等のシチュエーションが色々おかしい。
  29. 股間及び肛門がゴム人間並みに伸び縮みする。
    • 男性は何のためらいもなく受け手のケツに出す。
  30. 体の各部位はどれだけ長い時間拘束しても血色がいい。
  31. 絶対に人体の構造上ありえない体位で×××が行える。体が柔らかすぎる。
    • 男性の腕力と持久力がトップアスリートクラス。
  32. 女性の膀胱と尿道の構造が明らかにおかしい。
  33. 同性愛に対して寛容すぎる。
    • 近親相姦に対しても寛容すぎる。
      • 異種生物姦に対しても寛容すぎる。
  34. 男の元に差出人不明のDVDが届く。
    • 男は何のためらいもなくそれを視聴する。
      • そして恋人が別の男にNTRれて×××ってるのを見て愕然とする。
        • それってみさくr…
  35. 風邪の治療法は×××
    • オチで女性キャラが勘違いしてケツにネギ刺し込む。
    • ヤッた側が風邪をうつされる。
  36. 男女で酒を飲んでいると「あれ…何だか…眠…く……」→「きゃー何やってるのよ○○君!」「お、お前が悪いんだぞあんな恰好で寝るから!!」
    • フラれたキャラが異性の友人をヤケ酒に誘うと、99%以上の確率でその誘った異性とくっつく。
      • 姉や妹であってもくっつく。
  37. 痴漢は高確率で複数犯。
  38. 内部図解。
    • 何か所々構造が間違っているような気がしなくもないが気にしてはいけない。
    • この場合×××は文字通り液体として噴射・注入される。
  39. ラブラブカップルは×××をわざと見せつけたがっているとしか思えないような場所で愛し合う。
  40. 攻め「どうしてほしいか言ってみて」→受け「×××…!!」→攻め「よく出来ました。ご褒美をあげます」
  41. タイトルがあまり本編に関係しない。
  42. 乳首の色がショッキングピンク。熟女ですら。
  43. ふたなりだと竿はあるのに玉が無い場合がほとんど。
    • それなのに精液は男以上に出る。お前らの精巣はどこにあるんだ。
    • まぁ、原因は玉があると正面から×××が見えなくなるからだろうけど…。

[編集] 設定・場所

  1. SF物がベースだと、×××が触手のようになっている。
    • 男は宇宙人だろうがサイボーグだろうがロボットだろうが×××が完備されている。
    • 女は宇宙人だろうがサイボーグだろうがネコミミだろうが乳を揉める。
      • 末端のパーツの違いはあるが、基本的に地球人の女と同じ姿をしている。
        • 地球人との交配も可能。
    • なぜか×××専用の設備が用意されている。
      • 手足を拘束するベッドだの、機械仕掛けの触手だの……。
    • 宇宙人は×××目当てに侵略してくる。
    • 主人公も×××目当てに行動している。
  2. 旧校舎はタダで使える×××だ。
    • トイレもタダで使える×××だ。
      • ブティックの試着室もタダで使える×××
  3. 保健室もタダで使える×××だ。
  4. 部室や体育用具室は女性の鬼門。
    • 女子校の場合は同じくタダで×××
    • 倉庫も同じくタダで×××
  5. 屋上も同じくタダで×××
  6. 図書室も同じくタダで×××。頻度は上記より少ない。
    • ただしこの場合眼鏡っ娘登場確率が格段にUPする。
  7. 女子更衣室は必ず覗ける。
  8. ホラー物がベースの場合、逃げもせずに×××
    • モンスターはヒロインとの×××を狙っている。
    • 主人公もヒロインとの×××を狙っている。
  9. 人間以外が登場人物の場合、同じ種族なのに男は人外魔境であっても女は人間型。
    • 男は×××の形状も人外魔境。
      • なのに女性はそれでも×××まくる。
    • 人外の女が押しかけてきた場合、目的は男から搾り取ること。
      • 男に逆襲されてラブラブに。
    • オークは女とヤることしか考えてない。
  10. 主人公が露天風呂に入るとそこは混浴で、なおかつ100%の確率でヒロインと出くわす。
  11. 草原や浜辺ではどんなにハデに×××しても他人に見つかることはない。
    • ご都合主義の場合が多いが、プライベートビーチなどの合理的?理由をつけている場合もある。
  12. 幽霊は処女or童貞のまま死んだのが未練。
  13. 首の後ろを「とん」と叩くと瞬時に相手は気絶する。
    • 腹パンの場合も同様。
  14. 都心の住宅地を全裸で歩き回っても「夜だから」の一言で誰にも見つからない。
  15. 警察や軍などの公権力が果てしなく無能。
  16. 触手モノだと触手そのものが閉鎖空間を作っている。
    • 全体的に妙にぬめっている。
  17. 女子マネージャーやチアガールはほぼ100%運動部の×××係。

[編集] 服装

  1. スクール水着がデフォ。
    • 最近ではちゃんと競泳用水着(ハイレグタイプ)をきちんとマンガで再現する作家もいる。
    • 旧スク、新スク、競泳用をきっちり描き分けていたりするとマニア筋に神扱いされる。
      • それ、木○用ボ○ド氏はこれに当てはまる。
    • プライベートで着る水着は妙に露出が多い。
      • 大人は高確率で。
  2. 姉貴はパンツ一丁にブラウスを羽織るだけで熟睡。寝間着のたぐいは着ない。
    • ちょっとやそっと触ったくらいじゃ起きない。
    • 彼氏とイチャついてる夢でも見てるらしく、「もっとして」とか寝言を言う。
    • お言葉に甘えて馳走になると跳ね起きる。が、時すでに遅しである。
    • それでもなんだかんだ言いながら×××に突入。
    • その後は彼氏よりも×××と言って弟とラブラブ。
  3. ただ裸にすればいいというものでもないらしい。
    • 白ソックスは最後の一線。
    • メガネっ娘のメガネも最後の一線。
      • 最後はメガネに×××がかかる。
    • ただし男は全裸にならないとちょっと情けない。
    • そして要所要所では透明化する。
    • パンツはどちらかの足or両足に引っかけたまま。
  4. ×××な衣装な道具について、「こんなのどうやって入手したんだ」などと突っ込んではいけない。
    • ×××モノの場合、ものすごく簡単に拳銃やらスタンガンやらが手に入る。治安悪すぎ。
    • クロロフォルムは1秒で人間を気絶させられる。
  5. 制服だろうが水着だろうがレオタードだろうが、服は簡単に(しかも狙った部分のみ)破れる。
    • 子どもの力でも紙切れの如く引き裂ける。『一騎当千』に出てくる制服より安物。
  6. ファンタジー物がベースだと、女性キャラの服装は水着と同義。
    • 忍者は男は普通の恰好なのに女は超ミニスカート+超開けすぎな胸元でなおかつノースリーブ。山田風太郎小説の読み過ぎだ。
  7. 過去モノや異世界モノでも、なぜか現在の高級ランジェリーっぽい下着を着ている。
    • なぜか超ミニ&オーバーニー、セーラー服っぽい服もある。
      • 全く需要が無いのでズロースやスリップはスカート共々即座にひん剥かれる。
  8. 人妻=Tバックショーツを穿いている確立が高くなる。
    • 養護教諭は高確率でエロい下着を着けている。
  9. 学生服は膝上30㎝位のミニスカート。
  10. OLや女教師のスーツのスカートも渋谷の女子高生並みの丈。
    • 胸元は常時全開。
    • タイトスカートでインリン・オブ・ジョイトイ並みの開脚が出来る。

[編集] 二次創作

  1. SOS団はAVを撮る。
    • グレン団は仲よくヨーコさんを×××する。
    • 神裂火織ねーちんは土御門にそそのかされて上条に×××で恩を返そうとする。
    • は部室でエロゲーしている所を小鷹に見つかる。
    • モモカンは西浦ナインに×××される。
    • 貧乏キャラはとりあえず×××させられる。
    • P×アイドルなどよくある事。
    • 部分変化の術×××なプレイを行う。
    • ユーノくんはなのはさんとの×××の際に「ヴィヴィオに弟か妹を作ってあげなきゃね!!!」と絶叫する。
      • ミカサは巨人に殺される前にエレンの子を孕もうとする。
  2. 原作中で凶器振り回して殺し合っているようなキャラ同士が途中経過すっ飛ばしていきなり恋人になる。
    • そもそも作中で全く面識のないキャラが絡んでいたりする。
  3. あからさまに本編をバカにしたリスペクトした台詞の数々が飛び出す。
  4. 原作の知識が明らかに足りていない。どのくらい足りないかというと「みんなよけろ。おうじゃ だけは ゆるせない。」くらい。
    • 明らかに時系列がおかしい。それでも「並行世界です」の一言で片づける。
      • 作中で悲惨な死を迎えるようなキャラが救われることもまれにある…かも。
    • 東方なんか最たる例だろう。
      • リグルが男だと本気で勘違いして執筆し、購入者から指摘されてやっとその間違いに気が付いた奴がいたらしい。
    • 初歩的なミスだと呼称の間違いが多い。
    • 巨乳キャラはとりあえずビッチにしとくか、みたいなノリ。
  5. 原作内で鬼畜・ドS設定のあるキャラは、吐き気を催すほどの調教を女性キャラに強いて肉×××にする。
    • これが腐女子向けとかになるとだいぶマイルドになる。
  6. 時々作画が荒い。
    • 締め切りに間に合ったか否かがよく分かる。
      • 尻切れトンボに終わることも。
  7. 原作でロケットランチャーを食らっても傷つかなかった衣装でも、男性キャラにかかれば紙切れのごとく引き裂ける。
  8. タイトルがオリジナル物以上にどうでもいい。
  9. 作中の天才科学者がご都合主義的な使われ方をする。
    • ドラえもんなんか最たる例だろう。
    • その結果同性同士で子供が出来る。ハハハ。
  10. 能力バトルものは男女問わず洗脳系能力者が最強。
  11. 原作にあまりにも女性キャラが多い場合、ボーイッシュな女性が性転換させられるか×××を生やされる。
  12. 女児向けアニメのキャラは無駄に巨乳。

[編集] 作者の法則

  1. 作者はたまに、かつて少年誌とかで人気の連載を持っていた、それなりに著名な漫画家であることがある。
    • ○野○太郎とか……。
    • 趣味でこっちの方面に遊び程度で手を出す人もいるが、大抵は一生この業界に定住することが確定してしまっている人である。
    • ○野○太郎とか……。
    • ファミ○ンロッキーの人とか。
    • あ○ひ○しも最近はこっちの人のような……。
    • 真○譲○とか
  2. 昔 エロマンガを描いていた漫画家は多い。
    • あ○まきよ○こ とか……。
    • 介○ とか。
    • 大○維○ とか。
    • エロマンガのほうがデビューしやすいらしい。
    • エロマンガの作家の方が作家生命が長かったりするしね。
    • あ○い○み○いとか
    • か○み○み○とか。
  3. その昔、とある有名エロ漫画家が「プロ漫画家になりたいならまずエロから入るとよい」と言ってた。
    • 比較的デビューがたやすく、プロとしての経験を積むにはちょうどよいんだとか。
    • 少年誌デビューは大変。持ち込みや新人賞への応募をして担当編集者をつけてもらい、アシとして紹介をしてもらったりして下積みをし、マイナー雑誌などにページをもらってアンケートで高評価を得て……みたいに気の遠くなるような苦労に耐えられた者だけがプロとしてやっていける。
    • 対してエロは同人でエロパロやったりすると、ちょっと絵が上手なだけでもデビューできたりする。もちろん続くかどうかは本人の意識しだいだけど。
    • あと最近だとエロゲの原画描きという別の道がありますな。
      • エロゲの原画描き→エロゲのイラスト集→ギャルゲの原画描き→ラノベの挿絵→個人名のイラスト集→エロゲの原画描き あれ?戻った。
        • い○うの○じのことかーー!!
          • い○うの○ぢですね
            • い○うの○ぢは元々エロゲメーカーの社員じゃ?
              • あの人はもうほとんど兼業じゃ?
      • 絵は描けてもストーリーは書けないからとか、酷いことを言われる場合も。
    • エロマンガ出身の作家は男性キャラが巧く描けない場合が多く、それが後でネックになる。
      • 男性キャラの登場を少なくするため、ハーレム物やラブコメが多くなってしまう。
      • 書き分けしやすくするため、女顔にしたり、妙に筋肉質にしたり、ジジイにしたりと極端なキャラにしてしまうため、多くの読者の共感を得るような男性キャラが生まれづらい。
  4. 作者のペンネームは二葉亭四迷系の名前か、苗字・名前でわかれない1単語名。
    • 一般の漫画家に比べると、ひらがな・カタカナの名前が多い。
    • 普通の単語を異なる(変な)読み方をさせる。
    • 完顔阿骨打氏の事かー!
  5. 得意ジャンルを確立して、その方面のプロ扱いされればしめたもの。
  6. しばらく名前を見ないと思ったら、鬼籍に入っていたということもあり。

[編集] 関連項目

個人用ツール
名前空間
変種
操作


ナビゲーション
借力関連
ツールボックス