路面電車

提供:chakuwiki
移動: 案内, 検索

目次

[編集] 路面電車全般の噂

  1. 通称チンチン電車
    • チンチンは鐘の音なので、かつて音が違う所ではカンカン電車などとか言っていた。今ではこの呼称が定着しているが。
    • 他には「市電」。市営でなくとも市街を走る(市街電車の略)と言うことで押し通す。
    • ちなみにチンチン電車だからといって(中略)すれば当然逮捕されるので注意。
    • 「チンチン」の擬音が人口に膾炙したのは、信時潔の童謡「電車ごっこ」のせいかも。
    • 電軌なんて呼び方も。
  2. 環境に優しい乗り物。
    • 地上では排気ガスを出さずに走り、地下ではたくさんのお金をかけてトンネル工事をしなくてすむから。
  3. 自動車からは敵視されている。
    • 多くの場所では「自動車邪魔」ということで廃止になったが、広島のように「自動車邪魔」として残ったところもある。
      • 長崎市も。広島市とは何かと縁があるようだ
      • 広島も当初は廃止して地下鉄にする予定だっだが軟弱地盤のため断念。あと、原爆で街が吹っ飛んだあとの再整備で道路が広くなっており、十分共存できる体制であったことも大きい。
    • 自動車との接触事故も時々ある。
      • 車で交差点を右折しようとするとその右後方から来るから、ちゃんと後方確認しないと危険。
      • どこの教習所でも路面電車専用黄色矢印信号のことを教えてくれているはずだが、実際に走っている都市の道路で運転していないと忘れる。
    • 軌道とその舗装がガタガタな所がある。あれは何とかして欲しい。
  4. 最盛期には75もの会社があった。
    • なのに今はこれだけ↓。
      • 昨今の路面電車見直しブームで再起しつつある・・・のか?
        • 少なくとも、欧米豪では再起しているようだ。全盛期の勢いほどではないと思うけど。
  5. 何気に西日本に多い。
    • よくよく考えてみたら中四国には50万人以上が住んでるところにある。
      • あれ...?ここはどうなるんですか...。
      • まあ、50万無くてもあるとこもある。50万を越えるところは必ず、それ以外にもあると書いた方がよかったな。
      • 100万都市の広島では中心的な交通機関。郊外路線でも朝ラッシュ時は2分に1本は列車が来ます。中央線並の頻度。
        • 路面電車が発達している分、広島には地下鉄がない。
  6. 運転するには専用軌道用の甲種とは違い、併用軌道用の乙種電気車の免許が必要。専用軌道と併用軌道が両方ある路線は両方必要。
    • 松山の「坊っちゃん列車」運転開始に際しては、車両がディーゼル(蒸気機関車の形はしているが)であり、資格のことで色々と苦労があった。
      • かつて札幌には路面ディーゼルカーが存在した。
  7. これより速いものなら何でも「高速鉄道」といえる。
  8. 大都市では地下鉄バス、中小都市ではバスのみが代替となった。
    • 後者の場合、昭和初期の段階で廃線に追い込まれた那覇市の事例などもある。
    • バス会社を作って赤字→廃止の危機となった会社もある
  9. アメリカではそのまま都市間輸送に進出した所もある。
    • 日本でも阪神電気鉄道等が真似たが、専用軌条化と沿線密集が幸いしてか本家以上に長続き。
    • 広島電鉄宮島線は?
      • 都市間輸送と言えるかどうか微妙だが、逆に郊外線が路面電車に飲み込まれた印象がある。
      • 類例でも岐阜・富山のように失敗したところも……
      • 岐阜と長崎・広島は対極。岐阜は警察が率先した
    • 京急も・・・
      • 名鉄は美濃電軌の区間は廃線となったが、名古屋市電の元となる名古屋電鉄の郊外路線(郡部線)のみをそのまんま引き継いで今に至っている(美濃電にしても一部は名古屋本線と化している)。
    • ここも法令上は現在でも路面電車である。実際に道路の中央部を走る路線もある。
    • 京阪大津線みたいに、都市間電車が路面軌道に乗り入れたというのも。
  10. 最近は路面電車といえども長編成のものが多くなってきている。
    • バスと差別化できる要因が輸送力だったりするため。
      • 本数も差別化できる要因じゃないか?5~約10分間隔で、概ね定時運行(待たずに乗れる)というのもあると思う。
        • バスは路線が集まってくると1時間に12~16本出るから難しくないか?
        • 福岡市西鉄バスとかを見ると、臨機応変さと本数の多さではバスに長がある。
        • 日本で路面電車やトロリーバスが廃止になった要因には、大型化してワンマン運転が可能になり、路面電車と比較して小回りがきく(渋滞時に効果が大きい)バスとの差異を見出しにくくなったのも大きい。
          • 逆に言えば、「バス運行と比べて○○の長所がある」という点があることを示せている街で路面電車は生き残っている。
    • 30m以上もある欧州のLRVを見て、驚いた人もそれなりにいるはず。
  11. のんびりというイメージがあるが、爆走電車に発展した路線もある。
    • 上に書いてある阪神、それに京急は代表例。阪神は明治時代に速度違反をやらかしていた。
  12. 「海外では路面電車・LRTが積極的に用いられている、日本は後進国」という意見は多いが、日本に数多くある私鉄路線は海外には余りみられないという事を見逃している人は多い。
    • 東急池上線静岡鉄道静岡清水線は海外ではLRT扱いである。向こうで言うLRTは、日本で言う私鉄の中短距離路線も含んでいる。
    • 日本だと、独立採算でやらなければならないという点があるからなあ。
      • 路面電車を路面電車としてしか見ていないという点も。
    • もともと路面電車だったものが普通鉄道に進化したということか。

[編集] 日本の路面電車

[編集] 世界の路面電車都市

[編集] 関連項目

個人用ツール
名前空間
変種
操作


ナビゲーション
借力関連
ツールボックス