青森

提供:chakuwiki
移動: 案内, 検索

ご当地の噂 - 世界アジア日本東北 > 青森

北海道
 

 
青森
弘前 八戸
秋田 岩手
青森/テーマ別

目次


[編集] 地域の噂

[編集] テーマ別の噂

[編集] 青森県の噂

  1. 青森県の一部(高齢者)でギャンブルと言えば、「大相撲懸賞クイズ」または「ゴニンカン(トランプの一種)」のことである。
  2. 「ごきげんよう」の「何が出るかな、何が出るかな・・・恥をかいた話!(ハジバナ~)」が通じない。
    • もちろん、コイバナも通じません。
      • 豪雪地帯がゆえかケーブルがそこそこ普及してるので北海道の番組を見てる人も多くそうでもない
  3. 「あなたとコンビに」の後に続く言葉が「ファミリーマート」であることを知らない。
    • 最近、ようやく出店開始しました。
    • しかし、セブンイレブンはまだない。
    • 一番乗りしたのはローソン。(青森にローソンができた時に「ローソンはコンビニで初めて全国制覇をしました」というCMが流れた)
    • 下北半島の海沿いを自転車で北上していたら、突如サークルKが出現しました。○Kって中部より東はほとんどないはずなんですが、いまでもなんであんなとこに突発的にあるのかが謎です。だれか詳しい人いませんか?
      • 今は既に倒産した亀屋がサークルKと地域独占(北東北エリア)フライチャンズ契約をしていた名残。
      • なんであんなとことは失礼な(by下北人) 岩手県二戸市にもありますが。
      • 徳島名物の金ちゃんヌードルも、関東や南東北をすっ飛ばして、北東北の人気商品になっている。
    • そんな青森県だが10万人あたりのコンビニ数は日本一多い。
    • 来年八戸市にセブンイレブン県内1号店が出来るらしい。
      • 2011年10月の時点で、まだそうなってはいません。
        • 2014年7月現在、2015年度に出店するらしい噂があるようです。
  4. 青森県は内地ではかつて全国的に知られた日糧製パンの「チーズ蒸しパン」が今も買える唯一の県となった。
    • だが北海道では売っている
    • カツゲンやコアップガラナもどういうわけか一部の店に流れてくる。
      • マエダに売ってる。本店が北海道に近いからか。
    • 北海道では買えないPasco(ただしシライシパンOEM)やポケモンパンも買うことができるため、パン環境は良いかも知れない。
  5. 「大王」というお菓子を当てるクジがある。しかしクジに書いてある言葉の意味がよくわからない。
    • 何の変哲もない白い箱に敷き詰められている。「あん玉」同等、正月あたりに皆こぞって買い求める。
    • もしかして1等が鯛のかたちのあんこのあん玉くじも青森特有の物なの???
    • 現在では弘前市の駄菓子メーカーのみがつくっている。
  6. 冬は車の扉をヤカンの湯で溶かす。
    • しょっぱい川の向こうでこれをやると、事態は悪化する。
      • しょっぱい川=津軽海峡のこと、その向こう側とは北海道を差す。
    • うーむ・・・ヤカン持ち出したことが一度もないオレは異端か?(青森市)
  7. 青森県警のパトカーには白鳥のマークが入っている。
    • 使用車種の大半はレガシィ。全国でもここだけ。スバルのお膝元群馬太田市でもやってないのに。一部の馬鹿はそれを見るためだけに全国から集結する。模型まで作った馬鹿もいた。
      • それに付随して、県民の所有車もスバルが多い。営農サンバー中心だが。そのせいか、ディーラーの力関係もトヨタの次にスバルが来る。
        • 青森のスバル車比率は全国第2位。1位の群馬(お膝元)を除くと、実は最もスバル車比率が高い県。尚、少ないのはマツダ車。
          • その割りには、青森市内にマツダの自動車教習所がある。
      • 地元ディーラーの青森スバルは「雪に強いスバル」が合言葉。
      • 青森県の県鳥がオオハクチョウ。
    • ほかの県では、車体にマークは(大抵)入ってない。
  8. 青森企業はとりあえず北東北を支配下におこうという野望に燃えている。
    • デンコードー、サンデー、ユニバース、ひがしやま、マエダストアなどが進出している。
      • ひがしやまは宮城県の企業。でも元々は青森。青森のひがしやまが仙台に進出すると、政令都市の仙台が勝ってしまい、その名を仙台に譲る。そのためファミマとひがしやまのコラボ弁当には「仙台発」と書いてある。
      • デンコードーも宮城県の企業。でも元々は青森。日本海側中心の電巧堂と太平洋側中心のデンコードーが合併し、仙台その後名取へ本社を移転。心の中ではデンコードー(電巧堂)は青森の代表企業。
        • 電巧堂もデンコードー青森の企業だったわけですか?
          • デンコードー(電巧堂)、サンデー、ユニバースとも八戸市から出てる
            • デンコードー(電巧堂)は八戸じゃなくて青森だろ。安方じゃなかったか?
            • いや、デンコードーはもともと八戸で創業した。
              • そんなデンコードーもとうとうケーズデンキに身売りしてしまった…。
              • 電巧堂は1957年に青森市で創業。別会社を設立する形で1965年に八戸市へ出店。合併するとき八戸(仙台)側を存続会社にした。
            • 八戸広域圏の久慈市にとっては、デンコードー(電巧堂)もサンデーもユニバースも八戸の企業として認知。30年位前からある伝統ある支店のひとつ。岩手県内資本のジョイスなど、よそ者扱いだった。
    • サンワドーは北海道を侵略してるね
    • マエダストアはむつ発祥。
    • ユニバースは岩手北部を勢力圏内に納めた後で、秋田のジェイマルエーを買収して大票田の秋田市に大攻勢をかけるらしい…。
  9. 夏になると「ねぶた音頭」が町中でかかりだし、ねぶたへの意欲を高める効果を発揮している。
  10. 県内で一番有名な電器店は?という質問に
    デンコードーではなく、「ザ・ビデオ屋」と答えてしまう。年金クレジットOK・100回払いでも金利1円というジャパネットも真っ青な商売で有名。だが、店に商品は何もなく、店名のビデオ(AVとかの類)も存在しない。
    • サンロード裏って言っているけどどこにあるかわからない。てか何でサンロード裏
    • 金利1円でも定価販売
    • おおよそ県内の人全てがそのCMを見ているが、実際に足を運んだ人は驚くほど少ない。
      • 「あんまり安すぎて弘前・八戸からも来るんだと!」はうそなのか?
    • そして実際に足を運んだ人も、開放的なCMと閉鎖的で少々不気味な実店舗のあまりのギャップに、店に入る事無く立ち去る事が多い。
  11. ×戸とつく地名が多い(八戸など)
    • 一~九まである。四戸は今は無い。むしろどこにあったか探してる。一、二、九は岩手。
      • 昔、八戸の近くにあった。
      • 昔、馬の生産が盛んだったことと「戸」は関係が深い。
      • 三戸、八戸、五戸から取って「三八五」という運送会社がある。ちなみに読みは「みやご」。
    • 東北新幹線が新青森まで開業すると、七戸駅~八戸駅~二戸駅とならぶ事になる。地元民にはイメージしやすいが、よそ者にはややこしい事この上ない。
    • 四戸という苗字はある。
      • 一戸と八戸も苗字である。
    • 四は縁起が悪いからね。
    • 野辺地(のへじ)が関連あるかどうかは、地元民すらよく把握していない。
      • 特に関係ない。野辺地の由来は『×のへ』ではなく、アイヌ語(ノンベジ)から。
    • 四戸は現在の五戸に有る「浅水」という話も有る。
    • 岩手の遠野は、昔「拾戸」(とうのへ…十戸)と言っていた。
    • ところで、何故「戸」が「へ」なのだろうか。
    • 戸とは関所のこと。一~九まであった。なお戸来という地名もある。
    • 一二九はかつて青森だった時期もあった。
  12. 県内どこの電気店やパソコンショップに行っても、Windowsのパソコンは売っていない。(Apple Macintoshなら売っている。)
    • 一度は青森県産のApple Macintoshを拝んでみたいものである。
      • ていうか、Appleは青森県の主要企業のひとつじゃなかったっけ?
  13. 恐ろしく地震慣れしている。過去に幾度かの大きな地震を体験している上、小さな地震が頻繁に起こるためである。(「三陸はるか沖地震」が有名ではないのはやはり「阪神大震災」に被害の上でもかなわないからだろう)
    • 震度5くらいなら慣れっこだが、かといって断水が発生したり、避難生活を強いられることになるのは、やっぱりイヤである。
  14. 地元紙「東奥日報」は「とーおーにっぽー」と発音する。
    • うちでは「とおにっぽー」と言ってる。
    • 文字入力し、漢字変換すると「東欧日報」となってしまうのが少々困りものだ。
    • 一部アナウンサーがーがすごく伸ばす。
    • 以前、夕刊の購読率が日本一だと聞いた事があるが、ホント?
      • 朝刊だけで三千円。夕刊セットでも三千円。
        • 東奥日報を購読すると、朝刊だけでなく、夕刊も問答無用で来る。結構珍しい新聞社
    • ごめん、韓国の新聞だと思ってた。
      • 東奥日報に謝れ。百万回謝れ。・・・いや、確かにここ数年、媚韓気味ではあるけれど。
        • いや、変わらんだろ…東奥日報に謝れ。百万(ry
    • URLもtoonippo
  15. 青森県は豪雪地域。雪に対して「憎い」とは思っても「愛しい」とは決して思わない。
    • 毎年ホワイトクリスマスはデフォルト。それでも雪に対して愛しい思いは沸いてこない
    • ドラマによくあるクリスマスエピソードのラストで、雪が降り始めて出演者が目を輝かせて大団円という場面がある。だが同じ場面を青森県民に当てはめても、明日の朝に雪かきをしなければならないほど積もるかどうかだけが頭の中を占めており、心境はドラマのそれと対極にある。
    • 青森の雪は水分が多く、無駄に重いので雪かきも大変である。
      • ただし子供は水分が多い方が雪合戦しやすい為水分が少ない雪だとがっかりする
    • しかし、雪のあまり降らない地域に引っ越すと、たまの雪に郷愁をそそられる。(窓からぼーっと眺めていたら、1時間ほど経ってしまった事があった)
      • 東京で大雪(積雪5cmとか10cmとかのレベル)が降ってニュースになると「この程度で交通マヒとか弱すぎワロタwwwwww m9(^Д^)」と内心ちょっとしたメシウマ状態に。
    • 八戸市は青森県の中では雪がさほど降らない。
    • たしか野辺地が一番降る。
      • 野辺地は観測所が山の中にあるため、見た目よりかなり多く記録される。
    • 2006~7年の冬は小雪過ぎて逆に怖かった。
    • でも雪かきはなんだかんだ言って皆進んでやる。
      • 青森のバイク屋は夏場バイクを売り、冬場は除雪機を売る。非降雪地のライダーにするとちょっとしたカルチャーショック。
        • ホンダヤマハの一部取扱店はそうだが(バイク保管も含む)、2社の取扱店は冬場にバイク保管で稼ぐという有様(ただ単に除雪機を取り扱っていない店もあるだけ?)。
  16. その昔、陸奥湾一周駅伝というものがあった。
  17. ホタテが自分の健康状態を話すということを県水産総合研究センターがつきとめた。
    • ホタテリンガルなるものが登場する可能性もあり。
    • それは解ったが、一体何の役に立つ?
  18. 妊娠してる自由の女神が立っている。
    • 地震で手が折れたが、地震の多い地域なので、誰もどの地震の時だったのか思い出せない。
  19. タオルをほっかむりし、長靴を履いたスタイルこそ青森男性(中高年)のスタンダードなファッションである。
    • 一部地域の60歳以上の一部でしかも冬季限定だと思いますが。
  20. トリノ冬季五輪カーリング女子日本代表「チーム青森」には青森県出身者がいない。
    • メンバーの1人が結婚して、地元に帰るらしいが、そんなことどうでもいいと思っている。
    • 県がカーリングに力入れて、設備や環境を充実させたので青森に良い選手が集まった。だからチーム青森。
  21. つい最近まで、県知事は、東部(八戸方面)出身者と、西部(弘前方面)出身者が、交互に当選していた。そのため、それぞれの地元への予算投下が、知事が変わると、180度変更になるため、公共投資の一貫性が無く、無駄な施設や、作りかけで放置の施設がある。
  22. 空手の秘伝書があるらしい。
    • 中国拳法を源流とした「北神拳」がみつかった!!!?
    • 民明書房が刊行した4冊目の書籍だという。
  23. 少年少女の初体験年齢が全国一低い。
    • 他にやることがないからだ。
    • それはあてずっぽうで根拠がない。初体験の年齢統計は存在しない。
    • 初体験年齢云々は風説の可能性が大。ただ、ネット閲覧時間が長い、テレビ見る時間が長い、文学・芸術系の著名人が多い、インドア系スポーツ(相撲・レスリングなど)が強いなど、部屋に篭って何かやってるのが多いのは事実。
    • ちなみに出来ちゃった婚比率は全国5位。1位沖縄、2位佐賀、3位岩手、4位熊本。(ちなみに低いのは1位滋賀/神奈川、2位兵庫。)
  24. 陸海空各自衛隊の部隊が存在し、それぞれのトップはいずれも将官。
    • 陸自青森は仙台の隷下だが海自大湊と空自三沢は北の要。
      • 北海道が◯シアに占領された場合の前線基地。また津軽海峡(潜水艦横丁)に目を光らすため。
  25. 観光客を猛吹雪の中に放り出す地吹雪ツアーなるものが存在するらしい。
    • 県出身者は、何故そんなツアーに客が集まるのかが不思議で仕方ないらしい。
      • 別にツアーに参加しなくても、市内の自宅の玄関前がホワイトアウト状態になっている。
  26. 恐山vs八甲田山、怖いのはどっち?
    • どっちも怖いです。霊感の強い方にはオススメできません。
      • 霊的な事はさておき、八甲田はうっかり踏み込むと遭難の危険性がある。火山性ガスで自衛隊隊員が死亡した例も。山は恐いよ。
  27. 求人倍率が0.44…若い人はどんどん上京…沖縄より平均年収低いんだもん…
    • ついに全国で一番平均年収の低い県となってしまった。
    • まさに「おら、こんな村いやだ~。東京へ出るだ~」状態。
      • 求人倍率の見方にも疑問はある。青森みたいな一次産業主体の県で、主に二次・三次産業が占める数値が低くなるのはある意味当然。まぁ、若い子は農業やりたがらないけどね・・・。
  28. 何故か音の出る信号が多い。
    • 雪が積もって信号の色が判別できなくなるから。
    • 雪が積もりにくいように縦型(上から赤・黄・青)の信号が多い。
      • 北海道と共通事項。
        • 横にすると積もった雪の重みで信号機が落下することがあるとか。
        • 南部地方は横型が多い。
    • 停止線の代わりに停止位置を示す矢印の形の標識とか「停止線」って書いた標識も立っている。雪が降らない地域の人にはさっぱりわからなかったようだ。
    • RAB主催のRABラジオチャリティーミュージックソンのおかげ。これで集まった金で音の鳴る信号機を大量設置してる。
      • 2○時間テレビは偽善に思えるが、ラジソンなら募金してしまう。
  29. 青森県民は、酒をある程度飲むとブチ切れてしまう人が多い。人によっては、路上で通行人に暴言を吐いたり、ケンカをする人もいるらしい。
  30. TV視聴時間、児童の発育度が全国1位である。
    • 高校生の身長・体重の平均値も全国1位か2位だったと思う。
  31. 日本中央の石碑があるので、日本は国名簒奪疑惑が持ち上がってる
  32. 青森県といえば、(男女問わず)「日本一、平均寿命が短いエリア」がふさわしい。
    • 塩分の多い食事と寒さにより血管が収縮することが原因の一つ。あと「じょっぱり」な性格からストレスをためやすいとも。
  33. 普通に考えて人間の住める場所ではない。ホームレスでさえ関東方面に脱出するのだから。
    • ホームレスは冬を越せないので関東に行くしかない。
      • ホームレスは・・・言っちゃ悪いが街中で小便とかするし、不衛生の元凶。 むしろ冬の寒さが幸いして町がキレイに保たれてるのでは。
      • 地球温暖化が進んで、5年後には青森は住みやすい気候になるはず。東京は熱帯と化し、夏なんて外に出れたもんじゃなくなるから、その時こそ首都移転のチャンス!
    • 青森駅北の放置車両(休憩所だったんだヨ!)にホームレスがいたらしい
  34. 津軽以北の言語は日本語ではない
    • 沖縄弁と双璧を成す難解さ。でも津軽弁のベースは「大和言葉+若干のアイヌ語的エッセンス」らしいので、調べると何かと面白いよ。
  35. ここのTUTAYAは夜8時までに必ず閉店になる
    • TSUTAYAだよ
    • それは絶対違います。
  36. 交通マナー含め、総合的なマナーの悪さ日本一
    • 特に弘前の人の運転は荒いと有名である。
    • その代表例が弘南バス。
      • いやいや、関西にくらべたら全然マシ。京都のバスとかひどいぞ。久々に弘南バス乗ったら優良運転に感じられた。
        • 他県でバスに乗ったことがないから弘南の運転が普通だと思ってる。
  37. 大型インターネットカフェが現れ始めた。(2007年~?)
  38. 福島を本社とするラーメン屋チェーン店の「幸楽苑」が(2007年から?)急激に進出している。★「幸楽苑」は関東進出で成功を果たしている。
  39. 最近の子供たちは自分のことを「わ」と言わなくなっているらしい。相手のことを「いが」と言わなくなっているらしい。
    • 津軽地方は一部に継承者が残っている。通学ラッシュの奥羽本線に乗って確かめるべし。
    • 南黒地区では男子も女子もいまだに「わ」を使っている。弘南鉄道(弘南線・大鰐線問わず)に乗って確かめるべし。
    • 中学で「俺」と言っていた転入生は、からかわれたため「わ」に改めた。
  40. 関東の人間がいう「温泉に入る」と青森県の人間がいう「温泉に入る」はニュアンスが違う。
    • 関東の人間がいう「温泉に入る」は旅行の意味合いが強いが、青森県の人間がいう「温泉に入る」は銭湯に入る感覚である。
    • 青森の場合、「銭湯=温泉」というイメージが強い。だから関東の銭湯に行くと唖然とする。
      • 同様の現象がスキー・スノボでも起きる。青森の場合車で1時間も走ればスキー場だが、関東の人間の感覚ではスキー=泊まりで行くもの。
    • ウチのオカン曰くこれを「湯に行く」と言う(オカンは弘前出身)
  41. 新幹線の駅ができた影響でビジネスマンが増えているらしい。そのためにホテルが急激に増えた。
  42. 青森県の人はラーメン好きが多いと思うが、その割には青森県にはラーメン通をうならせるようなおいしいラーメン屋が存在しない。
    • これは、関東周辺でいうところの「のれん分け店」が青森県まで進出してこないためだと推測される。
    • 一応「青森ラーメン」というものは存在するらしい。煮干だしの醤油スープにちぢれ麺の組み合わせが基本。ただ、他のメジャーなご当地ラーメンに比べると、飛び抜けてうまい店が無いのと、突出した個性に欠けるため、ジャンル分けとしては”亜種”の域を出ないとか。
    • ラーメンのことを「中華そば」という(略して単に「中華」ということもある)
  43. 津軽人と南部人は、青森県の中に違う人種が2つあるというくらい気質が違う。(この2つの人種はけっして交じりあうことがない。)
    • 南部人は青森県政がうまく行かないと津軽人のせいにする。
  44. 青森県の人は「みちのく銀行派」と「青森銀行派」の2つに分かれるらしい。
    • メインバンクにしている県民の数は青森銀行のほうが多いが、預金総額はみちのく銀行のほうが多い。
  45. 青森県のテレビ局は、パチンコ屋のスポンサー料で成り立っているらしい。1つのテレビ番組の中で地元のパチンコ屋のCMが半分以上を占めることもある。
    • 福井に住んでたことがあるが地方局はだいたい似たようなもん。最近全国区でもパチ屋と金貸しのCMばかり・・・どうなるの日本のマスコミ。
  46. ファミレスという言葉が青森県に浸透したのは平成に入ってからである。ファミレスの進出が著しくなったのは、ここ2、3年である。
  47. 青森県人は「東京は遊ぶにはいい所だ。住む所ではない」と口をそろえて言っているらしい。
    • しかし人口流失率全国ワーストである。要するにジジババと地元残留組の嫉妬である。
    • 有効求人倍率と年間所得の低さと自殺者数の割合を考えれば、一生青森で生きていくほうが逆に難しくなってきている。ついこの間まで最低賃金619円だったわけだし。
  48. 青森県には「レンタル漫画本」という商売が成り立っているらしい。
    • 確かに弘前あたりで見かけるが、今更のようにTSUTAYAが全国で始めているから先見の明というものだろう。
      • 若い人は知らんか。昔は「貸本」って業態があって、それ専門に卸してたマンガもあったのよ。
  49. 少年ジャンプなどの雑誌は東京より1日遅れて入荷するらしい。それは許せるが、青森県より東京から遠いはずの札幌のほうが早く入荷するらしい。
    • 現在はカレンダー通り入荷。
  50. 唯一、風俗店の存在しない県である。条例で風俗店を禁止している。県南の男性は、風俗店を求めて岩手県まで行くこともあるらしい。以前、八戸で韓国エステがこっそり経営したが、即刻退去処分をくらった経緯がある。
    • どうりで検索してもデリヘルしか出てこないわけだ。
    • 今も質の低い違法風俗が細々と営業しており、衛生面でもよろしくない。
  51. 青森県民でも知らない人が多い。砂丘面積日本一は、鳥取砂丘ではなく、青森県下北にある「下北砂丘」である。ただし、防衛省の管轄になっているので一般の人は入れない。
  52. 本州最北という重要なポジションであるのにもかかわらず全国週間天気予報に青森はない。札幌と仙台じゃどっちも参考にならん。
    • 見かける時もある。ただし代わりに秋田が出てくる時もある。
  53. 本州最北といえば、北限のニホンザルが下北にいる。
    • 脇野沢の農家にとっては迷惑至極。
  54. カマドウマは見たことがあるが、ゴキブリは見たことがない。温暖化の影響でゴキブリも北上か?
  55. 豚汁は「とんじる」ではなく「ぶたじる」である。また苗字の濁点を取りたがる(例:すとう、にした、まえた)
    • 我が家はとんじるって言うけどなあ。
    • 津軽出身ですが、普通に「すどう・にしだ・まえだ」でした。むしろ「小山」を”おやま”、「渋谷」を”しぶたに”と呼ぶ方が珍しいのでは?(一般にはこやま、しぶやが多い気が・・・)
    • 南部出身ですが、青森市から転校してきた子は、「すとう」さんでした。津軽出身の先生は増田「ますだ」ではなく『ますた』、小山は「こやま」ではなく『おやま』でした。
  56. 最近、松山ケンイチの人気が出ているが、あのむつから有名人が出たことは驚きに値する。
    • カメレオン俳優の呼び声が高いが、出身地を考えるとイタコ俳優かな?と思ってしまう。
  57. 県のマークが、下北・津軽半島そのまんま。確かに分かりやすいけど…
  58. 年寄りは「すす」「すし」「しし」の区別がつかない。
    • じゃあ、「ゆるゆり」「ゆりゆり」「ゆるゆる」も区別付かないかなあ?
  59. 湖が多い。
  60. 全国と比較すると、「工藤」姓と「成田」姓が異様に多い。
    • 「工藤」姓は青森県で最も多い姓(全国では65位)
    • 「成田」姓は青森県で第5位(全国では182位)
    • 他にも、三上、対馬、葛西、小笠原、今、相馬、福士、小笠原、蛯名などが全国比率より飛び抜けて多い。
    • 「奈良」姓も多い。ちなみに奈良県では「奈良」姓は少ない。
  61. 県食料自給率カロリーベース118%。三沢と大湊、海空の重要拠点保有、米軍基地保有、原発保有。→ やべぇ、独立して電力と食料品に関税ガッツリかけたら青森最強じゃね?
    • 青森に限らず、自給率100%を越える都道府県でも米以外の自給率は意外と低く、一番高い北海道でも60%程だとか。
    • 電力に関してはどうだろう。稼働中(現在は休止中)の原発は東通の1基のみ(東通の他2基、大間はそれぞれ建設中、計画中で稼働すらしてないし、六ヶ所のはそもそも発電所じゃない)。何たって震災の時の一部津軽地域の停電は「秋田の火力発電所からの供給が止まったから」って話だし。
  62. コンビニでワイパーを売っている。雪で壊れやすいのか!?
  63. 歴史的経緯により、西の津軽地方(青森市側)と東の南部地方(八戸市側)は非常に仲が悪い。戊辰戦争でも津軽藩(弘前藩)が途中でちゃっかり新政府側に寝返っちゃったりしてる。
  64. 相撲が盛んで、北海道と横綱輩出数を争う。

[編集] 青森の地勢

  1. 東北新幹線の盛岡以北がなかなか着工しなかったのは青森県の中で八戸経由にするか弘前経由にするかでもめていたため。
    • 当時の首相が岩手出身で終着駅にすればいろいろとムフフなことになるからとか。
    • 八戸経由か弘前経由ということではなく、新幹線青森駅を現駅にするか石江にするかでもめたことが主な原因。
    • フル規格では、いずれにしても三沢は通過すらしない存在になった。小牧温泉を中心にミニ規格での延伸を頑なに主張した影響で、八戸経由にきまってからもすったもんだがあった。
      • そもそも、並行在来の東北本線が八戸経由なんだから、新幹線も八戸経由が前提だったんじゃないかな。
    • はつかり号がなくなるなら、終着駅は盛岡でよかった。
      • フル規格は弘前経由で八戸はミニ規格で盛岡駅で東北新幹線と接続してた方がよかったのでは?(あくまで理想ですが・・・)
      • 弘前経由にしようとすると八甲田山の真下を突っ切る超トンネルが必要になるし経路的にも不自然。八戸経由は必然では。
    • 駅の位置でもめたのが原因ではないという説も有るが、真相は藪の中。
  2. 鉄道路線が12と、やけに多い。
  3. 五所川原市外ヶ浜町中泊町が2つずつあるように見えるが、どれも市町村合併でできた飛地。ちょっと無茶な……飛び地合併については今後五所川原市の一部(市浦地区)はつがる市と合併、または外ヶ浜町の一部(三厩地区)と中泊町の一部(小泊地区)は今別町と合併して三洋町(仮名)に、中泊町の一部(中里地区)は五所川原市と合併する予定。
    • 根も葉もない脳内の情報は書かないでください。
  4. アイヌ語地名がやたらと豊富だ。
    • 今別、原別、野内、平内など。別や内で終わる地名を挙げただけだが。
  5. キリストの墓もある。
    • キリストの墓を囲んで盆踊りをする。
  6. 漫画「いなかっぺ大将」の主人公・風大左衛門の故郷(しかし、青森県田舎郡田舎村という架空の地)
  7. 漫画「Dr.スランプ」のアラレちゃんの出身地(田舎館村畑中という実在する地)
    • 名古屋近辺じゃなかったっけ?
    • アラレちゃんはゲンゴロウ島ペンギン村の則巻千兵衛が作ったので、ペンギン村が出身地では?
  8. 青森県は、人口10万人当りの一般公衆浴場数が25.2軒。47都道府県中、1位!!(2003年度、総務省調べ)。
  9. 鳥取県民のような田舎者に、青森駅前のことを、「りんご畑と思ってたのに~」と貶されると怒る。
  10. 昔は青森発上野行きや大阪行きの普通列車だけでなく、上郡行きや川西池田行きの普通列車もあった。
    • 新潟経由?
  11. 津軽半島にある国道339号には「階段国道」という車両通行不能区間が存在する。
  12. アニメ「キン肉マン」のリキシマンの出身地。
    • ちなみに、原作のウルフマンは北海道出身。
      • 東北地方出身となっていて、どこの県か定かではない。
  13. 「○津軽郡」は現在唯一、東西南北に加え「中」の五つが揃っている。
  14. 青森県の有名な半島は下北と津軽だが、その間に、目立たないが「夏泊(なつどまり)半島」なるものがある。青森県民以外はほぼ知らないと思われる。
  15. 十二湖という湖がある。十三湖もある。
    • 十三湖ではしじみの養殖をしていて、小泊辺りではしじみラーメンを食べることができる。
  16. 北海道人にとって、青森は津軽下北に分けられる。北海道の天気予報でその二か所が流れるから。(今はやってないかも)

[編集] 青森県の歌

  1. 吉幾三が歌った「ゆっくり走ろう青森県」という歌がある。吉幾三が「俺は田舎のプレスリー」を歌った頃のものである。
    • 「ゆっくり走ろう青森県♪、速ぐはけても秋田県~」
    • 「急いではけでも岩手県、のめくってまるど地獄行ぎ〜」
    • 「赤(あが)になったら まいねぇ~まいねぇ~、青になったらぁ~ よしいぐぞ~」
  2. 吉幾三は、他にも「おら東京さ行くだ」の歌も作っていた。(禁句/青森の項も参照)
    • 青森田舎゛とバカにすな~ぜったいプレスリー(いぇぃ、いぇぃ、いぇぃ)
  3. 石川さゆりの「津軽海峡冬景色」のせいで、青森県は常に冬のイメージがついてしまい、払拭するのに県民はプロジェクトX並みの努力を強いられている。
    • 「上野発の夜行列車降りたときから〜 青森駅は雪の中〜」
    • 上野発の夜行列車は一往復を残すのみ。
    • 新幹線が新青森まで開業したら、演歌が少し似合わなくなるかもしれないと感じている。
    • 新幹線開業後の今も寝台特急あけぼのが残ってるから別にいいのでは?
      • ついに青森駅で客扱いを行う夜行列車が消えました…@2014.3.15「あけぼの」定期廃止
        • 上野発じゃないけどまだはまなすがあるじゃん。
  4. 田中義剛も昔は一応歌手だった。
    • オールナイトニッポンのパーソナリティだったことがひそかな自慢である。
    • そのオールナイトニッポンで「死んだ親友の為(漁師で、海での事故により亡くなったらしい)にも歌手を続けて行きたい」という様な事も語っていた気もするが・・・?
  5. 小比類巻かほるが出たときは、青森からも田舎臭くないちょっとカッコイイ歌手が出たと感じた県民は少なくない。
    • SING LIKE TALKINGのときもそう思いました。
    • スーパーカーのときもそう思いました。
  6. 北島三郎の「風雪ながれ旅」は1番しか歌わない。
  7. ヘブライ語の民謡がある。(by マンツホニホニ)
    • 新郷村での「キリストの墓」の前での歌も、最近は歌詞が「ヘブライ語に近い」話を聞いた。
  8. 「この森からラララ♪」青森人なら誰でも聞いたことのある「青い森のメッセージ」
    • 青森県企画政策部というところに返信用の切手と一緒に手紙を送ると無料でCDがもらえる。
      • 広報広聴課に直接お越し頂くか返信用切手140円分同封の上お手紙下さい。一番だけならMP3形式にて県庁ホームページでも配布しております。
    • 青森人なら誰でも知っている曲だが、最初から最後まで歌える人はあまりいない。
    • 作曲は「想い出がいっぱい」で有名な鈴木キサブロー氏である。
    • 前知事の木村守男氏の提案により作られた青森の県歌である。
    • 作者は青森市立沖館中学校出身である。
  9. 青森を代表するロックバンドといえば人間椅子である。その独特な音楽性とレベルの高い演奏に、今でも根強い人気がある。
    • 関東のかなり小さめのライブハウスなどでライブ活動を続けている。
    • 代表曲は「リンゴの泪」。この歌に衝撃を受けた椎名林檎が「りんごのうた」を作ったとか作ってないとか。
    • その青い森のメッセージは嫌いな県庁職員がいる模様

[編集] コマソン

  1. 「ワダカン、ワダカン、カンカンカン♪」
    • 一時期、「変わったなーと思うなら、それーはワダカンよ!」というコマーシャルもあった。
  2. 「僕はアヒルの洗濯屋~、雨でも風でも平気です~、じっくり洗ってお届けします~♪ 速くて~、安心~、キレイが自慢ー♪ 僕はアヒルの洗濯屋~、ママ号、ママ号、クリーニング、ママ号♪」  ←青森市で、車で廻って来たクリーニング屋なんだけど、知ってる?
    • それは何も青森に限ったものではないらしい。東急ドライという会社だったが名前が変わった。東京急行電鉄に訴えられたか。
    • 北海道函館市付近でも走ってた。赤いラインのワゴンにブサイクなアヒルが付いてるママ号。
  3. 「運転免許はみ~つや~」が青森から出て10年たった今も頭から離れない。かつては清水宏次朗も歌っていた(ビー・バップ・ハイスクールに出る前)
  4. 「バラのデパート ま・つ・き・や」は今はもうない。
    • むつに辛うじてあるけど、存在感薄い。
  5. 「カネチョータケダ、カネチョータケダ、みんなのデパート、カネチョータケダ」
  6. 「木琴、土日のビブレはお楽しみ」
    • いまはカネ長武田はビブレを経てさくら野になったけどね。
      • でもいまだに「カネチョー」て通じるよな。
  7. 「ごはんの国からやぁってきた~ おコメ~大使がやぁってきた~ ごはんを食べれば勇気がわくよ 青森もりもり 青森米」
  8. 「グリーン坊やのみ~や~ご~♪」
    • 引越しは三八五で「だいじょ~ぶ~」
  9. 「健骨コツコツ健骨しょうゆ、健骨コツコツ健骨しょうゆ、カ!カルシウム♪」(上北農産加工健骨醤油CMソング)
  10. 「いつもそーばにー、サンワドー」
  11. 「あなたのー まーちのー ホームセンター サンデー」
    • ノーカット版「太陽さんさんにちーようびー 1・2・3出かけよーとびらーをあーけてー いつでもーたのーしーいーこーとーぃいっぱいまぁってーるー あなたのーまーちのーホームセンターサンデー」
  12. 「まごこーろ新鮮、亀屋みなみチェーン」
    • 今はもうないけど、看板なら残っているところも少しはある。
    • 県内数か所に亀屋のロゴがついたトラックのコンテナが野ざらしになって放置されている。大間・根田内崎が最北端の放置場所。
  13. 「お隣さんです~ マルエススーパーチェーン」シンセドラム?のピコポンとした音が頭を離れない。
  14. 「タケダスポーーツ」
    • 「サポーーツ」にも聞こえる。
  15. 「♪ダーバーダー、ダバダバダ ダバダバダ ダバダ ダバダバダ ダバダバダ バー、クロンボ!」
  16. 「エンジョイ、テクノラーイフ、デンコードー」←今はケーズデンキに吸収されて存在しない。
  17. 「おなかペーコペーコグー、ペーコペーコグー、おなかがすいーたー。パーパーママー行こうよ、みーんなで行こうよ、焼肉ガーデンペコ&ペコ。」今もあるの?
  18. 「もーもーかわぁーーー」
  19. 「や・き・に・くレストラン、いっしんて~い~」
    • 「や・き・に・くレストラン、(真心こめて)いっしんて~い~」が正しい。
  20. 「アウガのバーゲン、♪アウガのバーゲン♪、アウガのバーゲン♪、・・・ア・ウ・ガ♪」
  21. 「イェ~ポリマーガァッド、イェ~ポリマーガァッド、イェ~ポリマーガァッド、家の壁にはポリマーガード」ガードがガァッドと聞こえる。
    • 「あっりゃまぁこっりゃまぁポッリマァガッアド×3、いつか我が家もポリマーガード」バージョンもある。
  22. 「訪れはいつでも~、めぐる~たびび~と~、夢をあげ~よう~、稲垣~温・泉!」
  23. 「ダッシュ!ヤ~ング、ビバ~、ヤ~ング、サンケイス、ポー・ツ!」←フジサンケイグループとは何の関係もない地元スポーツ店。
  24. サンバのリズムで「なんてったって王様、みーんなで行こうよ、青森健康ランド」「ウー」
  25. 「青森本町コアビル、 ディスコ ア~ンド ディスコー!」←当時、青森のジュリアナと呼ばれた県内随一のディスコ

[編集] 青森の冷蔵庫

……の候補。

  • ホヤ
  • 横浜ナマコ
  • 身土不二
  • シャイニーアップルジュース(ねぶた缶)
    • おいしいので県民にはポピュラーだが県外では知られていない(りんごの項参照)。しかし東京ではこれを好んでお土産に買っていく人がいる。
    • ちょっと味変わったかな?昔のほうが好きだった。
    • 黒石市では銘酒菊乃井と並んで数少ない特産品。
  • JAアオレン りんごジュース(あおもり ねぶた缶)
    • 最近原油高で缶がちっちゃくなった(250ml→190ml)
  • スタミナ源たれ
    源たれ
    • ※実際に源たれを冷蔵庫に入れている家庭はまずない
      • 365日常備してました。東京に住んで10年過ぎてますが定期的に送ってもらっています。焼肉はあれじゃないと・・・
      • 冬は冷蔵庫にいれておかないと凍るぞ
        • ごめん、ばっちり入ってる。
        • 悪くなるから夏は入れてるよ。
        • 静岡に転勤しても、これだけは譲れなかった。個人的に調味料はこれだけで十分といってもいい。
      • そういやウィッキーさん(昔ズームインで英会話のコーナーやってた人)がCMやってたよね…
      • え、おもいッきりテレビの人じゃないの?
        • どっちもだよ。昔はウィッキーさんだったし、今は高橋佳代子(おもいッきりテレビやっていた人)さんだし。
  • イギリストースト
    工藤パンのイギリストースト(拡大画像
    • 小学校のパン工場見学のときもらう。
    • 久しぶりに食べた。あいかわらずじゃりっとしててうれしかった。
    • ユ藤パンではない。
  • ワダカン醤油
    • 過去に2回つぶれてる。
  • 太子納豆
    • 下から2番目の「自然まるごと太子納豆」のパッケージがベスト
  • ねぶた漬け
    • 庶民の味は、ねぶた漬けより 味よし または 味っこ漬け
    • 弘前出身だがねぶた漬けは東京に来て初めて食べた(弘前ではつがる漬けが一般的だが東京の一般的なスーパーではなぶた漬けしか扱っていないので)。
      • 弘前人は津軽漬けを普段から食べているが、ねぶた漬けを食べたことのある輩は極端に少ない。
    • カズノコオンリーと大根やイカなどの安物がある。贈り物にはカズノコが喜ばれるが、地元民には大根の方がご飯がすすむと評判が高い。
  • 嶽キミ
    • 甘くておいしいことで有名だが、「キ」の正確な発音はとても難しい。
  • 屏風山スイカ
    • 販売車が「おいすぃシィガにミロン」と言いながら回って来る。
    • 「おいすぃシィガにミロン たま~にリンゴ」って言ってる時もあった。
  • 「シィガーシィガーメロメロ」って来る。
  • 田子にんにく
  • たぬきケーキ
    • 2007年8月に「青森のスイーツ」として紹介されるほど。しかしもちろん県内発の物ではなく、昔から日本中で作られている。
  • そば粉にくるみをしこんで作る、幻の青森そばがあるという。県民ですらたべたことある人が少ない。
  • なんばんみそ
    • 五戸の名産。コムラときくちが双璧をなしている。甘口と辛口があり、ご飯に載せて食べる。コムラときくちで好みが分かれるが、夕方ユニバースに行った際、きくちの辛口があった陳列棚だけ空っぽになっていた。
  • お菓子のラグノオ
個人用ツール
名前空間
変種
操作


ナビゲーション
借力関連
ツールボックス