○○と勘違いされる法則/評価

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

○○と勘違いされる法則 > 評価

ナンバーワン[編集]

  1. ナンバーワンが不評だった。
  2. ナンバーワンが立入禁止だった。
  3. その国でのブレイクのきっかけがナンバーワンのものではなかった。
  4. 一時的にしかナンバーワンになったことがなかった。
  5. ナンバーワンの記録が古すぎた。
  6. ナンバーワンが特定不能だった。
  7. 昔の基準では当てはまるが今は基準変更によりナンバーワンとはみなされない。
  8. ナンバーワンが定義から外れる可能性があった。
  9. 「勘違い」まで行かなくても、次点のものを「実質1位」と呼んで、本来のナンバーワンとされているものを暗に除外する言い方もされる。
  10. ナンバーワンなのは別の記録のほうだった。
  11. そのジャンルにしては極端なステータスを持っている。
  12. 過剰な判官贔屓で、本来の1位より優遇された扱いだ。
    • 勝負事なら、あたかも優勝したかのように扱われる。
  13. ランキングの精度が低く、野球で喩えるなら規定打席で除外されるようなものがごろごろランクインしている。
  14. ナンバーワンの実態が不明だ。
  15. 昔ナンバーワンだった。
    • ナンバーワンの記録が最近更新された。
    • ナンバーワンの記録が取り消された。
  16. 現存する中でナンバーワンに過ぎない。
  17. かつてナンバーワンとして有名だったものを上回った。

ではない[編集]

  1. 繰り上げ1位だった。
  2. ナンバーワンなのは自分の観測範囲内だけだと思われている。
  3. その人がナンバーワンであることを誇りに思っていない。
  4. 作品の評判と商業的な成績が真逆だ。
  5. 現存していないのでランキング対象から外されている。
  6. 記録が判明すればナンバーワンであることがほぼ確実である。

面白い[編集]

  1. ただルールが複雑なだけだった。
    • ルールが変則的だ。
  2. ハードの性能や最新技術を無理に活かそうとしている。
  3. なさそうであったアイデアを廃止された理由を考えずに採用している。
  4. 八百長の温床を見逃している。
  5. ただスケールが大きいだけだった。
    • 作者はスケールの大きさを訴えているが、ユーザーには結局伝わっていない。
  6. 安全性よりもスリルを重視している。
  7. ウケ狙いで特定多数を貶めている。
  8. 内容や難易度が自分にあっていた。
  9. 販売成績が優れている。
  10. 導入したことによるトラブルを想定していない。
  11. 自分が楽しみたいときに楽しめなかった。
    • いわゆる「幻の作品」。
  12. 自分の嫌いな要素がない。
  13. ただ難しいだけだ。
  14. ネタを思いつきやすい。
  15. そのネタの投稿がないのは形にしてはいけない内容だったからだ。
  16. 斬新だが、斬新すぎて面白さが伝わりにくい。
  17. 昔からずっとあるが、若い世代にとっては古臭い内容。
  18. 対象年齢が高い。
  19. 不謹慎な内容だ。
  20. 誰得なところまでリアルに作られている。
  21. リアルタイムで楽しんだ時は子供だったので、評価の低い理由を知らない。
  22. 前作より大きく内容が変わっている。

つまらない[編集]

  • できるだけ「面白いと勘違いされる法則」の裏返しにならないネタをお願いします・
  1. 恒例になると思われたアレがない。
  2. 前作よりシンプルな作りになった。
  3. たしかに出来は良いが、「シリーズらしさ」が欠けている。
    • 既存のファンを裏切る要素が含まれている。
  4. そのシリーズにあろうことか駄作から入ってしまった。
  5. 出来ることに制約が多い。
  6. PCの性能が低くて満足に楽しめない。
  7. 肝心のシーンが削除されたパッケージ版しか見ていない。
  8. 目当てにしていたモードがない。
  9. なんだかんだで失敗作と思われている。
  10. そのジャンルにおける唯一の名作。
    • 裏を返せばそれ以外全部駄作。
  11. その作品を見たりやったりしないで批判する人がいる。
  12. グラフィックのクオリティが低い。
  13. 自分は好きではない。
  14. 作風やルールが国民性に合わない。
  15. 打ち切られたせいで作品の評価に味噌がついてしまった。
  16. ひどすぎて一周回ってひどい部分を楽しんでいた。

美味しい[編集]

  1. 珍味だ。
    • 珍しいだけで味は大したことない。
  2. 有名なシェフが手がけた料理。
  3. 自分は好きだ。
    • 自分の嫌いなものが入っていない。
      • 自分の嫌いなものがその料理の醍醐味だと気づいていない。

不味い[編集]

  1. 不味くはないが味が大した事ないだけだった
    • 味が大した事ないと言う意味で美味しくないと呼ばれてる。
  2. いかにも不味そうな見た目だ。
    • 意外と美味しくてびっくり。
  3. 安い。
  4. 出来たてのうちに食べなかった。
  5. CMで「まずい、もう一杯」などとあたかもまずいと思わせるようにアピールしている。
  6. いかにも食い合わせが悪そうな具材の組み合わせ。
  7. 調理方法や味付けが自国や本場の生活習慣や風習にあっていない。

権威がある[編集]

  1. 歴史が古い。
  2. 人気が高い。
  3. 主催者が金満なので賞金をたくさん出せる。
  4. 知名度が高い
  5. 「〇大大会」のひとつに数えられているが、その「〇大大会」の中では格下。
  6. よくテレビで取り上げられる。
  7. オリンピック競技だが、オリンピック以外の世界的な大会で3位以内に入っても「メダル」という言い回しが使われない。
    • そういう競技は大抵オリンピックが最高権威の大会ではない。
  8. 門戸が広い。
    • 広いという事はそれだけ低いレベルの参加者からの参加費で成り立っているという事。
    • 規模が大きいのは門戸が広いからだ。
  9. 海外のあまり有名ではない大学を卒業している。
  10. 海外のあまり有名ではない賞を受賞している。
  11. 商品の宣伝に使われている賞。
  12. 最近の不祥事で権威が失墜した。

権威がない[編集]

  1. 参加できる国や地域が限定されていることを知った。
  2. 参加できる年齢が制限されていることを知った。
  3. 優勝しても賞金が出ないか少ないことを知った。
  4. 上記はすべて人気や長い歴史の裏返しだったりする。
  5. その競技の国内での人気がない。
  6. 規模が小さい。
  7. 民間企業が主催している。

問題がない[編集]

  1. 本来の趣旨と周囲の認識がずれている。
  2. その問題点を軽く考えている。
    • ちょっと変だけど大丈夫。
  3. その国独自の制度。
  4. 問題を解決しようとすると憲法や法律に違反してしまう。
  5. 法律に違反していない。
    • 法律を守ることよりも掻い潜ることを優先している。
  6. その問題は仕方ないと思われている。
  7. その問題点こそが面白さを生んでいる。
    • 問題点に対処した結果魅力が低下した。
  8. その問題がある状況に見慣れている。
  9. 昔は必要なものだったが、必要がなくなっても続いている。
  10. 団体に加盟しないで団体のルールに違反する行動を取る。
  11. 人気のあった時代のルール。
  12. 安全対策がルール違反の発生を前提としていない。
  13. 新しいゆえ問題点が認知されていない。
  14. 問題を特定できなかったことを問題がなかったと解釈する。
  15. それ以上のメリットがなかったことをデメリットもなかったと解釈する。
  16. 実行する人は#感謝されると思っていた。
  17. 利便性しか考えていない。
  18. 問題点の対策をしたつもりになっていた。
  19. 問題点について口止めされていた。
  20. 問題点を直接言及していないせいで矮小化されている。
  21. 昔はそれが美徳とされていた。
  22. 問題を引き起こしていたのは問題を解決する側だった。
    • 問題を訴える人を見放すのが解決策だと思っている。
  23. 問題点を指摘したのは信頼できないメディアだけ。
  24. 問題が起きていたのは自分の環境が原因だ。
    • 環境が違うせいで他人にはその問題が再現できない。

問題が大きい[編集]

  1. 問題を解決しようとしたときの代償が解決を諦めたときよりも大きい。
  2. 自分が注意して対策をすればいいだけのことだった。
  3. 解決策が自分にとって都合が悪い。
  4. その問題がすでに知られていた。
    • その問題がなかなか改善していない。
  5. 問題とみなす価値観がすでに古いものだった。

流行[編集]

  1. 人気がある世代や地域が限られている。
  2. メディアが取り上げた。
  3. 評判が良い。
  4. 元々有名だった。
  5. CMが頻繁に流れている。
  6. 複数の会社が似たような商品を出しているが、ヒット商品は一つもない。

大したことない[編集]

  1. 本物を見たことがないだけだ。
  2. 軽微な現象をよく体感している。
  3. 大幅に変わることが予想されていた。



関連記事