Chakuwiki:投稿ブロックの方針が方針文書として制定されました。

お嬢様

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

type 1 (清楚)[編集]

和風大和撫子タイプ。

type 2 (タカビー)[編集]

洋風タイプ。

type 3 (反発型庶民派)[編集]

  1. 髪は深い栗色です。
  2. 髪はお下げorセミロングです。
    • カチューシャかヘアバンを着けてます。黒や紺など、地味な色です。
    • バレッタを着けることもあります。
      • 一見地味ですが、さりげなく鼈甲(べっこう)です。
    • 髪の後ろは大きなリボンで結えています。
  3. 学校や家では窓の外を見ながら、なんだかアンニュイなため息をよくつきます。
  4. 家が厳格で幼少のみぎりからしつけに厳しく、歩き方や食事の箸運びがビシっとしてます。
    • 正座は何時間やってても平気です。
    • 敬語は徹底的にたたき込まれましたが、猫をかぶるとき以外は使いません。
  5. 護身として薙刀と合気道の訓練をされました。
    • 初段を取ったらやめました。始めるときに親とそういう約束をしたので。
    • 書道とそろばんも初段でやめました。
    • 漢検と文検は1級まで取らされました。
    • 他にも日舞、華道、茶道、ピアノ、水泳、絵画などを習いましたが、今は何もやっていません。
  6. 親戚中のドロドロした黒い人間関係が大嫌いです。
    • その場にいない人間をおとしめ、同意を求めてくる会話が大嫌いです。
  7. 猜疑心が強く、人の好意をあまり素直に受け取ることができません。
    • お嬢な知り合いは多いのですが、表面上の付き合いだけであまり親しくはありません。
    • 上流階級のパーティーにも出ますが、顔だけ見せてあとは庭などに一人でいるようにします。
  8. しょっちゅう家を抜け出します。
    • 名門女子校に通っていますが、校門前に執事のマイバッハを見つけると、裏門などから逃走します。
  9. デパートのトイレでトレーナーやジーンズに着替え、髪はアップします。
    • 全身スウェットのような極端にだらしない格好やギャルのような極端にギラギラした格好ははしません。適度に庶民的な格好が一番気楽だからです。
    • ネットやゲーセンで知り合った市井の友人たちと会います。
    • もちろん自宅などの情報は伏せています。身分証明に結びつくものは持ち歩きません。
    • 金持ちだと思われないよう、財布には野口を2~3人ほど忍ばせているだけです。
      • でもプラチナの家族カードを別に持ってたりします。
  10. スケボー、ブレイクダンスなどの活発な遊びが好きです。
    • カラオケ、クレーンゲーム、音ゲーなども好きです。
    • 冬は市井の友人とスノーボードに行きたいとも思ってますが、執事やメイドの目から逃れるかどうかが分かりません。
    • 最近は自転車に興味が出たようです。
      • 下手に高級車を買うと金持ちだと思われてしまうので、10万以下のお手頃なMTBにしました。
        • お嬢様ならMTBじゃなくクロスバイクだと思ふ・・・・・・
  11. 自分の家のことを知らなくても親しくしてくれる友人たちが好きです。
    • が、言えない秘密を持ってることに、ちょっと負い目を感じています。
  12. 両親は月に数回しか帰ってこないので、普段は執事とメイドと暮らしています。
    • たまに帰ってきた両親との会話はほとんどなく、元気かどうか聞かれるくらいです。
  13. 門限は18時ですが、守る気は毛頭ありません。
    • それでもだいたい19時頃、遅くとも20時には帰宅することにしてます。
    • 門限破りはいつものことですが、ごくまれに父親が夕方帰ってきて、こってりと怒られます。
    • しかし反省する気は毛の先ほどもありません。
  14. ジャンクフードやファーストフードが好きです。特にカルビ丼やラーメンが好きです。
    • 豚キムチ丼もおいしいと思ってます。
    • ハンバーガーはフィッシュバーガーが好みです。フライドポテトはカロリーが高いので好きではありません。
    • たい焼きや今川焼きはこしあん派です。うぐいすあん、クリーム入りも好きです。
    • お好み焼きはもちチーズが好きです。
    • チーズケーキとミルクレープが好きです。高級店のものではなく、工場で大量生産された安っぽいケーキが好きです。
    • 移動売店の焼きたてメロンパンも好きです。
    • コンビニで期間限定の新作お菓子を見るとついつい買ってしまいます。
    • コンビニで期間限定の新作ドリンクを見るとついつい買ってしまいます。
    • 何かのはずみで、友人(庶民)の家でご馳走になった「おふくろの味」系の料理に思わず涙してしまいます。
      • 友人(庶民)の家で出してくれた、日本茶と漬物の組み合わせに感動してしまいました。
  15. TVは教養番組とニュース以外見せてもらえません。
    • が、密かに自室のPCにチューナーを入れ、いろいろ録画してこっそり見ています。
    • 何気にマンガとアニメが好きなので、毎日何かしら見ています。
      • 昔のアニメもDVDで結構見ています。
    • お笑い番組を見るときはバレないようにできるだけ笑い声を立てないようにしています。
      • おかげでにらめっこが最強になりました。
    • ステレオしかなかったりもします。機種はもちろんBOSE WAVE RADIOで、NHK-FMしか流れません。
  16. ネコが好きなので飼いたいのですが、親に許してもらえないのでぬいぐるみで我慢しています。
    • もしくは親の見栄で血統書付のアメリカンショートヘアを飼わされています。

type 4 (おっとり天然系)[編集]

  1. 髪はウェーブのかかったロングです。
    • 週に1回、カリスマ美容師を呼んで手入れをさせます。
    • 頭の上か後頭部の辺りで大きなリボンを結びます。
  2. 胸は巨大です。夢と愛情があふれんばかりに詰まっております。
    • 一見ほっそりしているように見える場合もあります。
  3. 白いワンピースがお気に入りです。
    • 既製品の服は胸が入らないので、いつもオーダーメイドです。
  4. グレートピレニーズ(フランス産)を飼っています。
    • 寝室ではマルチーズとチンチラを飼っています。
  5. 趣味はお昼寝です。
    • クラシック音楽や読書も好きですが、たいていはいつの間にか寝ています。
  6. いつでもどんなときでも、微笑を絶やすことはありません。
    • 笑い方は「うふふ」です。
    • 困ったときでもニコニコ顔。眉が八の字になるだけです。
      • 小首をかしげて人差し指をあごに乗せます。
  7. 語尾に「ですわ」をつけます。
    • 「あらあら」「まあまあ」などの感嘆詞を頻繁に使います。
  8. 天然です。
    • とことんマイペースで、自分の思ったとおりにしか行動しません。
    • どこか浮世離れしており、視界と思考は常にお花畑です。
      • そのため、セオリーやコモンセンスが通用しない時があります。
    • 人の話を聞いていない節があります。
      • と言うか言葉は通じても話が通じません。
    • それでも本人は精一杯周囲のことを考えています。
      • それが周囲にもわかるので、どんなに迷惑をかけても憎まれません。
  9. 世界は善人ばかりだと考えており、悪人の存在を信じていません。
    • たとえ強盗に入られてもお茶菓子を出します。
  10. そんな彼女でも怒るときがあります。食べ物を粗末にしたときです。
    • 言って諭せばわかってくれると信じています。
      • しかしなぜかその途中で記憶がなくなり、気がつくと手には釘バットが握られています。
        • 鋸だったりする場合もあります。
    • 天然といわれても怒ります。
      • 「天然って何ですか?」と返すこともあります。
  11. 特技らしいものはありませんが、何をやってもビギナーズラックが発動します。
    • ギャンブルなど、運を天に任せるものは最強です。
    • 将棋やチェスなども、何も考えてないのに勘だけでやたら強いです。
    • ただし運動系には発動しません。普通にどんくさいです。
  12. 食事に好き嫌いはありません
    • 特に好きな食べ物はスイートポテトと焼き芋です。
    • 紅茶はロイヤルミルクティーが好きです。
  13. 生き物や動物が好きです。
    • 毒があっても凶暴でも平気で触ろうとするので、周りはいつもドキドキです。
    • 幼少のみぎり、動物園でライオンや白熊の檻の隙間に手を入れたり、入りこもうとしました。
      • 付き添った執事は次の日寝込んでしまいました。何があったかは黙して語りません。
    • 動物からも好かれます。公園に散歩に行くと、犬や猫が寄ってきます。
  14. 慈愛の女神の化身です。どんな人でも癒してしまいます。
    • 誰かが疲れた顔やため息をこぼすのを見ると、相手の顔を巨大な胸の谷間にうずめるよう、優しくぎゅっと抱きしめます。
      • 執事やメイドは気苦労が絶えませんが、これでいつも癒されてしまうので平気です。
  15. 両親も同タイプの人間です。庶民に対する偏見は一切ありません。

type 5 (ボーイッシュorスポーティー型庶民派)[編集]

  1. ヘアスタイルはショートカットです。
    • 或いはセミロングの無造作や外ハネヘア[1]
  2. 普段着はパンツルックです。
    • スカートは学校(or仕事場)の制服以外着ません。
      • スカートは短めですが、色気ではなく単純に動きやすいからです。
  3. 格闘技は乙女のたしなみです。
  4. 意外に乙女チックな趣味も持っています。
    • ポエム・ぬいぐるみ・少女漫画・etc……
  5. 豪胆に見え、年下からは慕われています。
    • また幼馴染の女の子(主人公)の世話を焼いたり、何かにつけてアクティヴです。
  6. 身内or知人が紹介しない限り、お嬢様だと認識されません。
    • 本人がカミングアウトしてもジョーク扱いです。
  7. 胸は巨大です。夢と愛情があふれんばかりに詰まっております。ただしその夢は七輪で秋刀魚を焼く匂いのような雰囲気が漂っています。
  8. 自動二輪の免許は当然持っています。
  9. 高校は公立の共学です。
    • MDにサザンを流しながら登校です。
  10. 金離れは良いほうです。
  11. 男勝りですが、男女ではありません。
  12. 「おふくろの味」は作ることが出来ます。
  13. 性格に裏表が無く人見知りもありません。
    • 人の陰口などを嫌い、そう言う事を言う人間を軽蔑する節があります。
  14. たまたま遅くなって夜の街を歩いていたら、ガラの悪い人に絡まれてしまいました。

type 6 (黒き魔女の化身)[編集]

  1. 猫の下に虎を被っています。
    • 無口で大人しく、外見だけは人畜無害です。
      • 物静かですが、言葉では説明できない迫力と威圧感があります。
    • 口を開けばつぶやくよう毒を発します。
    • 一旦逆鱗に触れると、視線で死ぬくらいの魔眼と呪詛をぶつけます。
  2. 喪服のように黒いシンプルなワンピースがお気に入りです。
    • ストッキング、革靴、手袋、リボンなど、身につけるものは全て黒が基本です。
      • でも下着は眩いばかりの白です。
    • 巨大な黒ダイヤとルビーのブローチもお気に入りです。
    • 肌は蝋人形のように真っ白です。
  3. ゴスロリファッションで町を歩いたら、モーゼのごとく目の前の人波が割れました。
    • なんとなくちょっと楽しかったので、時折その格好で町に出ます。
  4. うつむいて上目遣いにたたずむ癖があります。
    • 瞳の色は黒のはずですが、前髪の奥に見える瞳がなぜか赤く見えるときがあります。
    • 笑うときは声を出さずに口元を歪めます。
  5. 気配もなく人の背後に立つ癖があります。
    • 歩くときはなぜか足音がしません。
  6. 髪は漆黒のロングです。ときどき髪にウェーブをかけているときもあります。
    • 夕暮れ時に髪がなびくと、逆光のシルエットを見た気の弱い人は卒倒します。
  7. 猫が好きです。大人しい黒猫を飼っています。
    • 他人には懐きません。
  8. 日差しが苦手で、夏も嫌いです。
    • そのため、活動するのは夕暮れから深夜です。
    • 日傘よりもマントを愛用しています。
  9. 家は明治時代に建てられた古い洋館です。
    • ところどころ朽ちたように黒ずんでおり、ひび割れた壁にはツタがからまっています。
    • 夕暮れ時には大量のコウモリが飛んでいます。
    • 歴代の家主は皆、原因不明の不審死をしているそうです。
    • 近所の人もほとんど近づきません。
    • 子供が肝試しにのぞき込もうとするのを静かに咎めると、その子供は二度と来ません。
      • むしろ半径1km以内に近づかなくなります。
      • 当初の目的を果たしているのだから別に気にしていません。
    • 家の敷地に墓地があります。
    • 停電になった夜に電気屋さんに修理を頼んだら、「お願いですから明日にさせてください」と半泣きで懇願されました。
      • その日はロウソクの明かりで過ごしました。なんとなく心落ち着いてしまったので、今もときどき使っています。
  10. 名門女子校に通ってはいますが、友人はほとんどいません。お嬢ゆえの腐れ縁が何人かいるくらいです。
  11. 運動は苦手、と言うより汗をかかないので、すぐに体温が上がって熱で倒れます。
    • ゆえに体育はほとんど出られません。
  12. 占いが好きです。
    • 滅亡した古代文明の神官が用いた叡智を、独自に研究してアレンジした秘術を使います。
    • タロットや水晶玉は簡単に使えます。
      • 文化祭では当たると評判の占い屋をします。
      • ただし本当に当たるので、知り合いは誰も占わせてもらえません。
  13. 家族は年老いた祖父が一人いるだけです。
    • 両親は幼少の頃、すでに他界しています。
    • 祖父に両親の事を聞くと、優しい顔で抱きしめてくれますが、詳しいことは聞かせてもらえません。
    • 親戚も多いはずなのですが、生まれてから一度も会ったことがありません。ときどき外国から手紙が届くくらいです。
      • 届くはいつも夜中で、知らないうちに机の上に置かれています。
      • 羊皮紙に書かれて蝋で封印がしてある、ちょっと変わった手紙です。外国からというのも、日本語で書かれていないのでそう思っているだけです。
  14. 掃除や食事の支度はお手伝いさんがしていますが、いつもうつむいて音もなく行動するので顔を覚えていません。
  15. 最近、異性の友人が出来ました。眼鏡をかけた年下です。
    • 視線を向けるたびにビクビクする様が可愛らしいと思います。
    • ただ、彼と話をしていると、どこからかイケニエがどうとかいう声が聞こえるのが気になっています。
    • 月に一度、なぜだか青い顔で1日中憔悴しきっています。そう言えば昨日は満月でしたね、・・・・・・くすくす。
  16. 実は花が好きで、庭に大がかりな花壇をつくって世話をしています。
    • ヒルガオ、スズラン、スイセン、イヌホオズキなどがお気に入りで、たくさん植えてあります。
      • アジサイもありますが、近所の物とは違い、赤い花が咲きます。
    • バラも発色が良いと評判です。秘訣ですか? 特別なリン肥料です。
    • 庭に古いの木があります。毎年見事な紅桜を咲かせますが、同時に絶対に切ってはいけないと代々伝えられています。
  17. カラスの集団に懐かれているのですが、彼らは普段ごみ捨て場で生ゴミを漁っているので、ちょっと苦手です
    • でも幼い頃に近所のいじめっ子を追い払ってくれたので、そうそう邪険にはできません。

type 7 (反発型孤高派)[編集]

  1. 芸術家肌で放浪癖があります。
    • 上流階級の虚栄やしがらみを嫌い、家出同然で飛び出しました。
      • 絵を描いたり写真を撮ったりしながら世界を歩き回ってます。
    • 性格は即断即決型で、実行力がやたら高くてバイタリティの塊です。
      • サバイバル能力が高く、電気どころか道もない山中でさえ生き抜きます。
    • 無鉄砲ではありません。むしろ計算高く、身の安全には気を使います。
      • 生き方や安全を確保するために必要な全てのことに、平等な考え方をしているだけです。
      • たとえ泥にまみれても、それが生きるために必要ならば躊躇わないです。
        • ただし物乞いや盗みなどは絶対にしません。
  2. エッセイ、紀行文、風景の写真集などを出版したり、日雇い仕事などで生きてます。
    • いろいろ器用なので、町の片隅で自作楽器の演奏をしたり、大道芸をすることもあります。
    • ある程度生きるのに必要最低限以上のお金はすべて寄付しています。
      • 必要以上のお金は、虚栄や堕落につながると考えているためです。
  3. 風貌はワイルドで、飾りっ気はまるでありません。
    • バサバサの黒髪を束ねてるだけです。
      • もしくはボロボロの帽子に押し込んでるだけです。
    • 格好は常にボロ着同然のシャツ、ジーンズにバックパックです。
    • お嬢様と呼ばれたって流れ者か浮浪者にしか見えません。
  4. 両親は娘を溺愛しており、なにかと連れ戻そうとしています。
    • 今日も親に雇われた探偵やエージェントが、世界のどこかで彼女と追っかけっこをしてます。
    • 両親が財産を捨て、自分自身で迎えにきてくれることを心のどこかで望んでいます。
  5. 幼少の頃よりいわゆる「本物」の美術品や食事等に慣れ親しんだので、まがいものには敏感です。
    • 食事はそれを食べて暮らしている人がいるならなんでも食べます。
  6. 子供が好きです。物事をありのまま素直に見ることができる目を持っているからです。
  7. 学生時代は荒れていました。
    • 喧嘩上等。深夜外出や家出は日常茶飯事でした。
  8. 夢追い人です。
    • 古代の遺跡や航路を訪ね、悠久の時の流れの前には財産など一握りの砂に過ぎないと、悟っています。

type 8 (優等生)[編集]

  1. 勉強はもちろん運動能力にも秀でており、全ての教科に於いて優秀です。
  2. 資産家の家に生まれながら常識を弁えており、皆に好かれています。
    • 密かに好意を寄せている(大抵は)主人公にだけは素直になれずにツンツンします。
      • 要するに典型的なツンデレラ。
    • 恋敵(ライバル)にだけはあからさまに敵対的な態度を取ります。
    • 話し方は上品で丁寧ですが、極端なお嬢様口調ではありません。
    • 他のお嬢様方とは違い「金にモノを言わせる」ようなことは基本的にしません。
  3. 年頃の女の子でありながら流行にはあまり興味が無く、むしろ独自の趣味を持っています。
    • 簡単に言ってしまえばオタクです。
      • 「私はその響きが嫌いなの!」
    • 案外世間知らずで、ラーメンを食べたことがありません。
    • デザイナーがトチ狂ったとしか思えないようなシュールな造形のキャラクターをいたく気に入りました。
      • 数日後には自室がそのキャラクターのグッズで埋まっています。こういう時ばかりは持てる財力をフル活用します。
      • 当人は本気で可愛いと思っており周囲にも勧めますが、誰もが皆一様に目をそらすか愛想笑いを浮かべるのみです。
  4. いかにも金満家な両親(凡そ父親)に反発を覚えています。
    • しかし思わぬ所で思いついた様に突拍子もない事をします。
      • いきなりマンションを買ってしまいました。
    • 内心反発を覚えても表向きは素直に言うことを聞きます。反抗してみせたところでどうにもならないことを知っているからです。
  5. 悪く言えば理屈屋ですが、意外と直感や思い付きで行動してしまいます。
    • 本人の意図しない所で誰かを振り回してしまいます。
  6. 髪型はやはり金髪で独創的です。
    • もしくはサラッサラの黒髪ロングです。
  7. かなり石頭の頑固者です。
    • 自分の無知は恥とし、知らないことを「知らない」とは言いません。
      • 「く、詳しくはありませんが、当然知ってるに決まっています!(汗)」
    • 口車に乗せられてあることないことを吹き込まれ、からかわれてしまいます。
      • 聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥を体現します。
      • キャラ付けという「神(=作者)の見えざる手」により、回を追うごとに アホの子成分が増えていきます。
    • 頑固であるが故に、恋愛においてもひたすら一途です。壊れてしまうこともしばしば。
  8. 面倒見が良いです。
    • 不器用で垢抜けない後輩に、行儀作法やメイクの仕方を教え込みます。
    • その後輩が最近どうも恋の悩みを抱えているようです。
      • それでこそ躾けた成果が出たというもの。我が事のように喜びました。
      • なんとか相手を突き止めて婚約させたいと思います。
    • 自分の単位は十二分に足りているのに、留年しそうな主人公を引っ張る様に補習授業に出席します。
  9. 別の後輩が恋愛経験ありという話が判明しました。
    • 先を越されている気がして複雑ですが、その話には興味津々です。
    • しかしその後輩の話はどうも肝心な部分は抽象的で、半信半疑です。
  10. 後輩の男の子に好意を寄せられています。
  11. 好きな言葉と口癖は「伝統」です。
    • 由緒正しき学園の伝統を守ることこそ使命、と燃えています。
    • 破天荒な行動で変革をもたらす主人公を当初は目の敵にしますが、後に和解し協力者へと立場を転じます。
  12. 将来は親が望む通りの職業につきます。
    • 例えば女医とか
    • 例えば女子アナとか
    • 例えばスチュワーデスとか
    • 例えば宝塚劇団員とか
    • 親の決めた家へ嫁ぐことが決まっています。自分の身が政治の道具にされることには疑問すら抱かぬ様「教育」されています。

主なお嬢様キャラ[編集]




関連記事