けものフレンズ

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

全般[編集]

  1. 元々はソーシャルゲーム。
  2. …なのだが、アニメ化する時にはもう終了してしまっていた。
    • ここまでの大ヒットは誰も想定していなかったのだろう。
    • 起死回生を賭けてアニメを放送したら、そのアニメがまさかの爆発的ヒット。そのため放送当時はコラボグッズなんてものはほとんど無かった。
  3. すごーい。
  4. 絵柄だけ見れば全日帯アニメで放送されてもおかしくない。
    • というか、少し前なら間違いなく全日帯だっただろう。
      • 2017年8月、朝7時半からの再放送が決定。確かに教育番組としてみればちょうどいいのかな?
        • 再放送版はまさかの実写OP仕様に。子どもたちとのダンスを交えている辺り、完全に低年齢層狙いだな、と。
  5. ポストアポカリプスに分類されているが、2期以降の展開によっては回避の可能性あり。
    • 色んな所に伏線や設定を散りばめており、なおかつ公式からの回答が今のところあまり無いため、考察のしがいが非常にあるのが最大の特徴。
      • 物語が上手く練られている証拠。どこかで矛盾が生じたらここまで考察班が台頭することはなかった。
  6. 青森朝日放送の公式Twitterが如何にもなヒントで放送希望作を募ったら、これがトップ当選。
  7. 公式Twitterで、2017年8月14日(月)から月〜金曜日の朝7:30から再放送が決定したとのこと。
    • 予想通り、何がなんでもBSジャパンには絶対に放送させない意思の強さは相変わらず健在。
    • 本放送と違ってテレ東系列なのが嬉しいところ。おはスタの直後というのが気になるが…
      • 系列外でもせんだいちほーひろしまちほーくまもとちほーなどで順次遅れネット開始。
        • テレビ熊本(TKU)では、「夏目友人帳 陸」の後番での放送(2017年7月30日(日)25:55~)になるが、同時間帯に熊本放送(RKK)で「RWBY」も放送されることに…いずれもBSで放送されていないために、スポンサーのない番組販売での放送になるが、この競合はどうにかならなかったのか(゚Д゚#; )
        • 政令指定都市ではにいがたちほーしずおかちほーでも放送が待たれる所ではあるが、きょーとちほーひょーごちほーは「諸般の事情」で広域局のどこかが遅れネットしない限りは望み薄だろう。
          • 何のために、BSデジタル放送ってのがあんだったっけか?
  8. まさかの2期製作決定。
    • さばんなコンビは復活するのか、ばすてきコンビはどうなるのか気になるところ。
    • どうせ、BSジャパンには放送させないってことは既知ってる。
      • テレ東にすりゃ、BSジャパンは系列局ではないというようだ。
      • 系列外の局にしても、どうせスポンサーのつかない番組販売にしかならないので、自社の予算を食い潰す「金食い虫」と見られかねない。
  9. けものはいても、のけものはいない。ただしつけもの、テメーはダメだ。
    • テレ東にとっちゃ、BSジャパンの存在がのけもの。&&&
  10. ネクソン版終了から8か月、ようやく新作アプリが発表された。

登場フレンズの噂[編集]

  • 新規追加は初登場した順でお願いします。

かばん[編集]

CV:内田彩

  1. 今週の叡智の時間。
  2. 鞄というよりリュックサックな気がする。
  3. というか、一番目立つのは「帽子」だと思うんだが、なんで「かばんちゃん」になったんだろうか…?
    • 羽部分が耳に見えたのではないかという可能性。
  4. 一見して性別が分からない。

サーバル[編集]

CV:尾崎由香

  1. 馬鹿かやら扱いされるとこが多いが、実際はそうでもない。
    • とっさの理解力は結構高い。ハカセなど知性キャラが他にいるのと、相方が叡智担当なため相対的にアホっぽく見るのが原因。
      • やたらとドジ呼ばわりされるのもその一つだろう。自身も自覚してるし、フォッサやスナネコにもそういわれている。
    • なお、実際の動物は精悍で馬鹿っぽさは全く無い。
  2. 事実上のメインヒロインである。
  3. ジャンプ力ぅ…ですかねぇ
  4. 本編では「ロープウェイのロープから転落」「崖登り中に木の枝が外れて下まで落下」「再発進したジャパリバスに体当たりされる」「温泉と間違って雪解け水にダイブ」など普通の人ならまず助かりそうにない目にあっている。

アライグマ(アライさん)[編集]

CV:小野早稀

  1. アライグマのアライさんが大人気に。
    • 語尾の口調から某バカな天才パパを連想したフレンズも。
    • プロ野球選手の新井さんファン兼任フレンズは速攻で結び付けたのは言うまでもないのだ。「新井さん」と「アライさん」の区別をしっかり付けるようになったのだ。
      • そんな兼任フレンズですら、RCCカープ戦中継のジングルにアライさんの中の人が起用されるとは思ってもみなかったのだ。更にその中の人がカープファンだった事にも驚いたのだ。
        • 更にそのジングルが初めて使われた試合で新井さんが代打逆転3ランで試合を決めた展開には天変地異級の驚愕を覚えたのだ。
          • それに悪乗りする見出し多用するようになった日刊スポーツも購読するようになったのだ。
          • あの時の新井さんは2017シーズン最大の「カープの危機」を救ったフレンズなのだ!
      • 特にひろしまちほーにそんなフレンズが多い。
        • カープロードの「Carp Zoo Zoo Stadium」壁画あたりからMAZDA zoom-zoomスタジアム広島までの一体を「ジャパリカープ」と称する兼任フレンズもいるのだ。
      • キッカケとしては、YouTubeで「新井さん」と検索するとアライさんのおもしろ動画が冒頭辺りにヒットしてハマったフレンズも多いのだ。
        • 「逆もまた真なり」で「アライさん」と検索すると新井さんのおもしろ動画が同様にヒットした事を機に、野球に疎い兼任フレンズにさえ「好きな野球選手?」と聞かれても「ジャパリカープの新井さん」と即答出来るのだ(笑)
      • でも実は、新井さんとアライさんは共通点が意外と多過ぎてあらゆる面での相違点が少ないのだ(笑)
        • アライさん素材のおもしろ動画もニコ動中心にある。
  2. 自ら「アライ『さん』」と名乗っている。「さん」までが名前なんだろうか?
    • ちなみにアプリ版では初登場時は「アライグマ」の表記だが、その後「アライさん」の表記になる。

フェネック[編集]

CV:本宮佳奈

  1. アライさんの相棒。
    • 「アライさーん、またやっちゃったねえ」
  2. いつでもやたら冷静である。
  3. やたらレズ認定されることが多い。よく考えてみれば男性キャラが出てないんだからレズという概念自体がないんでは?

PPP(ペパプ)[編集]

CV:佐々木未来・根本流風・田村響華・相羽あいな・築田行子

  1. ペンギン5人組。
    • 正式名称とともに愛称があり、ロイヤルペンギン(プリンセス)、コウテイペンギン(コウテイ)、ジェンツーペンギン(ジェーン)、イワトビペンギン(イワビー)、フンボルトペンギン(フルル)。
      • アプリ版時代はプリンセスは存在しなかった。
        • その当時のユニット名も「PIP(ピップ)」だった。本編でマーゲイが語ってた「初代PPPは4人」=PIPではないかと思われるが、2代目である3人のPPPについては現時点では謎。
  2. 本編に出る前から次回予告で出ていた。
  3. 一部では「ドスケベペンギン」と呼ばれているらしい…(特にコウテイ)
    • アライさんと同じく野球つながりで、じんぐーちほーを主な生息地とするあのメインマスコットがPPP(ぺパプ)とコラボレーションして欲しいと思うフレンズもいるが、アレもまた別の意味で「ドスケベ」である(笑)
      • 実際ブログ内で「すごーい!」と書かれたフリップを持ってる写真が掲載されている。
    • 流石にリアルできわどいハイグレだけを着せるのはまずかったのか、舞台やTV出演時にはコウテイの衣装にもスカートがついている。
  4. PPPと言えど、決してパペポの頭文字を意味するモノではない。
    • ぺパプは「ペンギン5羽組」、パペポは「鶴瓶師匠と上岡龍太郎さん」と区別する事。
      • でも、ぺパプもパペポも半濁音しかない単語なのでややこしい(苦笑)
  5. グレープ君が恋したペンギンのキャラクターというのがPPPのメンバーの一人であるフンボルトペンギンのフルルである。

コツメカワウソ[編集]

CV:近藤玲奈

  1. わーい!たーのしー!
    • 上記のセリフでこのアニメを一躍有名にしたとキャラクターといえる。
  2. ほかにも「わーい!しずんでいくぞー!」や「死んじゃった?バス死んじゃった?」とか迷言を残している。
  3. 12話の最終決戦では巨大黒セルリアンの脚に「わーい!おおきいぞー!」と言って飛びつくなど緊張感あふれるシーンで積極的に緊張感を壊していった。
  4. 実は本来は出る予定が無かった。サル系のフレンズを出す予定だったが「人に近い種類のフレンズを出すのは早い」と判断され彼女を出すに至ったとのこと。

ジャガー[編集]

CV:津田美波

  1. 元の動物と同じく川を泳ぐことができるため、川渡しとして活動をしていた。
  2. ジャパリバスを復活させるためかばん達に協力、バス復活に貢献した。
  3. 頼れる姉御肌キャラなのだが、「いや・・・わからん」「どうなるか、全然わからん!」など迷言も多い。
  4. お陰でニコ動でも魔法使いとか屋台の主人とか変テコなキャラ付けをされている。本編では「ごはん!」なんて言ってないので注意。

トキ[編集]

CV:金田朋子

  1. デザイン、性格、声優が高いレベルでガッチリハマってる。
    • 共演する声優さん達も好きなフレンズでよく名前が上がるのも納得。
  2. 世紀末の病人では無い。
    • ファンにはよくネタにされる。
      • トキ・・・、病んでさえいれば(アプリネタ)。

スナネコ[編集]

CV:みゆはん

  1. 元のスナネコ同様とても可愛いデザインとなっている。
  2. しかしスナネコの特性「身体の熱を逃がしやすい体質」がフレンズ化したことで「熱しやすく冷めやすい性格」となった。
    • 「でもまぁ・・・騒ぐほどでもないか」は彼女を代表するセリフであり、とても汎用性のあるセリフである。
  3. CV担当は本作のEDテーマ「ぼくのフレンド」を歌っている女性歌手みゆはん。作中では鼻歌を披露していた。

ヘラジカ[編集]

CV:國府田マリ子

  1. 脳筋なフレンズ。
    • かばんが来るまでロクな作戦を立てず、ライオンの城にただ突撃して51連敗していた。
  2. OP映像終盤で、たつき監督のクレジットが流れる横で堂々と腕組みをしていることから「たつき監督」と呼ばれている。
  3. 主にニコニコ動画で「性豪ヘラジカ丸シリーズ」なるMADが出ている。

ライオン[編集]

CV:本多真梨子

  1. へいげんでヘラジカ軍団と勢力争いを繰り返していた。ライオン軍団の長。
  2. たてがみを模した髪型が特徴だが本来は雄の特徴である。フレンズ化したことで雄と雌の双方の特徴をもった。ちなみにほかのライオン系のフレンズも同様である。
  3. 部下の前では威厳あふれる言動をしているが、本来は気さくでぐーたらな性格であり、紙風船にじゃれるなど猫科の習性も強い。

ハシビロコウ[編集]

CV:小森未彩

  1. 実物を完全に活かしたデザインが素晴らしい。
    • 強いて難を挙げれば、目がつり目なくらい(実物は瞼で隠れているだけで実際は丸い)。
      • 前髪で隠れているだけではなかろうか。
    • 見た目に反して、声が可愛いのもチャームポイント。
  2. コウテイペンギンなどのようにエロタグが無いわりに、R-18な絵が多い。
  3. かばんが「ヒト」であることを最初に見抜いた。

アフリカオオコノハズク[編集]

CV:三上枝織

  1. 通称「ハカセ」「コノハ博士」
  2. 元の動物の段階で森の賢者、知恵の象徴と呼ばれているためか、アプリ版・アニメ版ともに賢いキャラ付けとなっている。
  3. アニメではワシミミズク(ミミちゃん助手)とともにジャパリとしょかんで暮らしている。
  4. アニメではクイズの森を抜けてきたかばんにどんな動物かを教える代わりにカレーを作らせた。
    • 最初は辛いと文句を言っていたがいつの間に夢中になり完食した。
  5. その後かばんが人であることを伝え、さらに、人がすでにここからいなくなったことも伝えた。

ジャイアントペンギン[編集]

CV:今野宏美(ドラマCD)

  1. 本編では名前のみ登場。
  2. 本来のジャイアントペンギンはコウテイペンギンより大きいはずなのに、フレンズ化の見た目はPPPメンバーより少し幼い。
    • 「見た目とは裏腹に貫禄がある」とプリンセスに言われている。
  3. 上記にある二代目PPPの元メンバーだったのではとの考察があるが真相は謎。
  4. ドラマCDで音声のみで登場。かなり意味深な発言をしている。
    • 料理を「久しぶり」と発言するなど、人がパークにいた時からいるフレンズではないかと推測される。

関連項目[編集]

関連商品[編集]




関連記事