新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

ざんねんな放送局事典

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

ざんねんなモノ事典 > ざんねんな文化事典 > ざんねんな放送事典 > 放送局


※編集される方は「Chakuwiki:お願い/ざんねんなモノ事典」をご覧ください。

独立済み[編集]

地上波テレビ局[編集]

日本[編集]

  1. ネット上でアニメファンが多いせいかアニメ(特に深夜)を放送しないテレビ局へのバッシングが目立つ。
    • BSを導入すれば、田舎でも在京局(東京の地上波)で放送されるアニメの大半が視聴できるが、それでもまだBSでの放送を渋る作品も多い。
      • 経済的な余力があったとしても、さまざまな理由でBSそのものが視聴できない地域や住環境も多い(山奥の村なので衛星からの電波が受信できない、ベランダにパラボラアンテナがつけられないなど)。
    • アニメのゴールデンタイム放送を止めたり、アニメ版はTOKYO MXなどの独立局、実写版はキー局で放送がパターン化しつつありキー局はアニメへの敵視を強めているという印象が近年出ている。
  2. 系列局に在京キー局垂れ流しを強く望む声も大きい。
    • 特に関西などでは地元局による独自路線で在京キー局の番組が見られない、遅れネットが多いため怒りの声が渦巻いている。
      • 関西系列局だけ放送しないほぼ全国ネット番組も存在したことがある。
    • で、在京キー局垂れ流しにすると、今度は東京ローカルな話題ばかり強制され、「やっぱり地元路線がよかった」の声が出ることも。

在京局[編集]

NHK
  1. ドラマとアニメがことごとくつまらない。
    • NHK職員が競争原理にとらわれず自由勝手に作れることが原因となるらしい。
      • 国民からの受信料収入が視聴率に依存しないので、競争原理を捨てたらしい。
    • ドラマの内容が全体にお堅く、なおかつ暗い。
  2. ついに内閣官房長官から「お前ら公共放送じゃねえ!!!」宣言が出る。
    • それから、民放とも協力するようになった。
      • うわべだけかもしれないが、以前よりマシになった。
      • 日テレの看板アナウンサーを朝のNHKのニュース番組に出すという拷問を開発したらしい。
    • 近年はバラエティ番組の内容が軽くなっているような気もする。
  3. 「中韓の手先」「日本政府のプロパガンダ機関」と根拠のない批判にさらされ、ついにこんな政党が国会で議席を得てしまった。
  4. 民間のスカパー!でさえスクランブルを標準で実施してるのに、公共放送のNHKがスクランブル化しないから全体的に残念このうえない。
日本テレビ
  1. ここのところ最近ジャニーズの人が多く出演していることから、批判してる人もいるとか。
    • 特に、土曜ドラマが多くのジャニーズが出演している。
  2. プロ野球では巨人戦をやっても低視聴率という始末。そのため、BSやCSで多く放送しているんだとか。
  3. 当初は「日本テレビ放送網」という社名の通り全国放送を予定していたが頓挫。
    • CIAが絡み反共プロパガンダも主要な目的としたかったらしい。
  4. 「うちは日本初の民放だから」という無駄なプライドのせいで東京タワーへの送信所移転が大幅に遅れた。
  5. かつてここのプロデューサーが不正に視聴率を上げようとした事件をやらかした事があった。
  6. 地方での民放テレビ局の第1局目がこの系列になった県のほとんどは民放四波化を達成できなかった。
テレビ朝日
  1. 無意味な合体スペシャル、原則隔週での2時間・3時間放送が一番多い。
    • その次に多いのはTBS。(現在、月曜と水曜と土曜と日曜辺り)
      • 日テレも多い。
    • 意外と少ないのはフジテレビ。
  2. 当初は教育番組専門局として日本教育テレビで開局したが、教育番組のセールス売が伸び悩ず失敗に終わった。
  3. 深夜番組のゴールデン昇格はいわゆるゴールデン降格。
  4. 過去に放送免許取り消し寸前までいったことがある(いわゆる椿事件)。
    • 最も免許取り消しになりそうだったのが、アフタヌーンショーのやらせ事件。
  5. 番組の放送時間移動しすぎ。
    • 裏番組の視聴率を考慮しないいい加減なものであることが多い。
    • 視聴率が良くても枠移動させられることも(ロンドンハーツ、TVタックル等)。
      • 空いた枠は合体・2時間・3時間スペシャルを放送させられる。
    • 2019年秋には長年続いた「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」「ミュージックステーション」の放送枠を移動し、空いた枠にバラエティ番組を捩じ込んでしまった。
      • それ以前に「徹子の部屋」も枠移動を余儀なくされている。
  6. 一度ヒットしたドラマは何シーズンも続けまくる。
    • 特に中高年向けに偏重的。
    • サスペンス依存度が高い。
      • 近年サスペンスもの以外でヒットしたのは「ドクターX」「おっさんずラブ」と少ない。
  7. CM中にトイレへ行くことを促したことで問題になった。
    • 特に乱一世に至っては「トゥナイト2」を一時降板させられ、関係者も処分に追い込まれた。
TBSテレビ
  1. ビデオ問題発覚で、しばらくTBSからワイドショーが消えたことがある。
  2. 2009年春に愛の劇場などを終了させ、「総力報道!THE NEWS」などを投入したが、ことごとく撃沈。
    • 1992年にも当時人気を博していたアニメやバラエティを打ち切ってまでフジのバラエティ番組に対抗せんと「ムーブ」という帯番組を始めるも・・・。
      • TBS社長の独断行為のせいで見ていた番組やアニメが無理矢理打ち切られたことに腹を立てた視聴者に益々逃げられてしまい、視聴率は当初から伸び悩み、後番組の「ザッツ」と並び1年半で終了した。
        • それでも『関口宏の東京フレンドパーク』や『上岡龍太郎の男と女ホントのところ』はそれなりに好評だったらしく、枠終了後も継続された(フレンドパークは1度終了していたが復活した)が、他はお察しの状態だった。
  3. 民放キー局5局の中で唯一、今もなお続いている国民的長寿アニメが存在しない(系列局も含めて)。
    • アニメ番組も行き当たりばったりな事しかやっていない。
      • 全日帯アニメ枠は2019年6月を以て撤退しており、現在は深夜の「アニメリコ」とMBSの「アニメイズム」が残るのみ。
        • そのため、民放キー局5局の中で唯一全日帯レギュラーアニメが1つも存在しない放送局になってしまっている。
  4. 他の在京テレビ局と比べると不祥事がかなり多い。
  5. むしろ在阪局のMBSの方が番組制作能力が優れているとも言われる。
  6. ここが「社運を賭けた」といえば、ロクなことがない。
    • あるタレントからは「TBSに賭ける社運なんてないんじゃないですか。」と陰口を叩かれる始末。
テレビ東京
  1. 開局当初は、教育専門テレビ局「東京12チャンネル」として開局。
    • 現在でも、年配の方がテレ東のことを「12チャンネル」と呼ぶのは、このため。
      • 関西ではNHK教育テレビ(現・Eテレ)のことである。
  2. かつては予算も無かったようで一日に4時間しか放送できなかったこともあったとか。
    • 当時はNHKが買収するという話まで出ていた。
  3. 駅伝の中継から撤退したことが2度ある。
    • 1つ目は大学女子選抜駅伝。テレ東の撤退が原因で数年間開催できなかった。
    • そして2つ目はあの箱根駅伝…。
  4. テニスの全仏オープン中継では深夜アニメの休止や放送時間変更がある。
    • 脅迫事件が起こったこともある。
  5. かつて、東京タワーのふもとに社屋があったことがある。
    • その当時は、はとバスのコースのひとつだったらしい。
  6. 昔ほどではないが、アニメ依存の強い放送局の代表格である。
    • かつて、「ポケモン」で世間をお騒がせしたことがある。
フジテレビ
  1. TBSやテレ朝程ではないものの、幾度とトラブルが多い。
  2. 一時期韓流に力を入れていた。冬のソナタからのヨン様ブームをけん引した功績はあったもののその成功に味を占め、さらに韓流に力を入れた結果思いっきりネット上で嫌われた。
    • そしてネットだけに留まらずデモ行進が行われることに・・・。
  3. また、ここのアナウンサーには、有名人の二世が他局に比べて、ずば抜けて多いことも特徴。
  4. かつて、河田町に社屋があったころが一番楽しかったという人もいる。
    • お台場移転以降、「フジテレビは、河田町に大事な何かを捨ててしまった。」と、陰口を叩かれてしまう始末。
  5. 番組が低俗すぎる。
  6. かつて、視聴率ランキングでは、フジテレビの番組が必ず3~4つくらい入ったことがあった。
    • それが今では、トップ10に入ったのは「サザエさん」1つだけ、という体たらくぶり。

地方局[編集]

札幌テレビ
  1. ファイターズが北海道移転した当初は、自社制作でファイターズ中継に参入した他局に対して、STVはというと…。
    • やはり、日テレ系列であることや、北海道は巨人ファンも多いため「日ハムもいいけど、巨人もね。」というスタンスを崩さなかった。
      • しかし、2006年にファイターズが日本一になると、面白いように手のひらを返し、ファイターズメインになった。
        • ただ、STVで中継した時の勝率がすこぶる悪かった!一部では「呪い」とまで言われる羽目に。
北海道テレビ放送
  1. 大泉洋をはじめとするオフィスキューのタレントに依存しているイメージが強い。
    • 2017年に新社屋に移転する際には、大泉らTEAMNACSに「HTBは、俺たちが出た番組のカネで新社屋を建てた」と嫌味をたたかれる始末。
    • キー局のテレ朝、ABCの深夜番組ネット率が悪くなったと言われている。
  2. かつて、倒産しそうになったことがある。
    • 朝日新聞に助けてもらった。
  3. コンビニはローソンとの縁が強いが、現在の本社に併設されているコンビニはセブンイレブンだ。
テレビ北海道
  1. 全道カバーが実現したのはデジタルになってからで、アナログ時代は道東のほぼ全域と旭川より北がエリア外だった。
岩手めんこいテレビ
  1. なんといっても、その変な局名。
  2. かつては、社屋の周りが田んぼだったことがある。
秋田放送
  1. NNNだがJNNよりでTBSの人気番組も多数放送。
    • でも、最近では放送されるTBS系番組が減少しつつある。
  2. 過去はTBS系番組の一部を同時ネットしていたこともあるが、今では行われなくなった。
山形テレビ
  1. かつて、フジテレビ系列だったが、突然テレビ朝日系列に寝返り、大騒動になったことがある。
    • 実際、FNN系時代にも一時ANNとクロスネットしていた時期がある(1975年から1980年まで)。
福島テレビ
  1. 県内対立と県内新聞社対立により民放テレビ局開設が遅れに遅れ焦った福島県が作った別名福島県営テレビ。
    • 独立U系でもないのに県の株式保有比率がとても多い。
    • 21世紀にはいるまで社長はみな福島県庁の天下り。
  2. 無駄に影響力のあるスポンサーがゴールデンタイムの枠を抑えているため、全国ネットの人気番組が放送されなかったり時間短縮、放送日時変更されることが多々あった。
    • 2010年代に入ってから撤退したため、それが解消された。
    • とはいえ、アニメでは人気のある作品が未だに放送されなかったりする。
  3. 通販番組が無駄に多い。「ノンストップ」を打ち切ってまで放送するほど。
テレビ埼玉
  1. 2006年に誕生したマスコットキャラクターの名前は一般募集で決定したのが当初使われていたがいつの間にか使われなくなり局の愛称を使った名前に変えられてしまった。
  2. 「らき☆すた」の大ヒットをきっかけに埼玉県はアニメブームとなったのだがあるアニメを放送中止にし新聞で中止の正当性を主張するコメントを行ったためアニメファンから総スカン。
    • その後も深夜アニメの放送はいくつかあったが徐々にTOKYO MX一極集中の煽りでほとんど放送が無くなってしまう。
    • 以降も県内が舞台のアニメが多く製作されているがキー局放送のはともかくUHFアニメであろうとテレビ埼玉での放送が無いアニメが多数出てしまう。
    • 「クオリディア・コード」というアニメは関東独立局で唯一放送されなかった。
      • 実をいうと当該作品は埼玉以外の首都圏(東京・神奈川・千葉)が舞台なので、聖地的には間違ってない…のかもしれない。
  3. アニメに留まらず県内のローカルヒーローが登場する特撮もTOKYO MXでの放送が優先されテレビ埼玉が無視されるようになってしまった。
  4. 2015年に乃木坂46メンバー出演番組などが担当プロデューサーの詐欺疑惑で突然打ち切られた。
  5. 1985年ごろに、かつて放送された特撮ドラマ「アイアンキング」の再放送で前後編ある最終回を、事もあろうに前編だけを放送。
    • もちろん、抗議が殺到!これがトラウマとなって、テレ玉では、特撮の再放送が長らくタブーになっていたそうな。
東京メトロポリタンテレビジョン
  1. 2014年に全放送時間帯でMX1、MX2とマルチチャンネル化したが、画質が劣化したと言われている。
  2. アニメの大量放送など制約がほとんどないフリーダムな局と言われているが、生放送や政治番組を中心に出演者のトラブルによるとされる降板が実は多い。
    • ただし、BPO案件によりMXで放送できず周囲のtvk、テレ玉、チバテレで放送せざるを得なかったアニメもある。
  3. 深夜アニメは言うまでもないが、新作子供向けアニメで一定の結果を残したのが「怪盗ジョーカー」ぐらいでテレ東などのお株を奪いきっていない。
    • テレ東で放送されていたアニメの新シリーズをいくつか放送していたが芽が出ず次新シリーズでテレ東に戻ったアニメもある。
      • そのためなのかテレ東で放送していたが新シリーズはネット配信のみという子供向けアニメも出始めている。
  4. 「進撃の巨人」は全国放送を理由にNHKに奪われた。
    • TBSから「ハイキュー!!」2期の放送を奪うのも、3期はTBSでの放送に戻される。
  5. かつては自社制作やソニーミュージックと組むなどでバラエティ番組を充実させていたがアニメの大量放送と反比例する形で鳴りを潜めていった。
  6. アニメを大量放送と言っても再放送の割合が目立っている。
    • それでも、BSが見られない地方民にすれば羨望以外になにもない。
  7. アニメとアニメの間に全く関係ない番組を挟んでいる曜日があり視聴者層を考えていないと批判されることもある。
  8. ソフトバンクホークスのホームゲームを中継しているが本拠地は東京はおろか関東ですらない福岡県…。
新潟総合テレビ
  1. 1968年から1991年まで使用していた局名告知の映像が怖かった。
    • 「サイケアニメ」として有名。末期はフィルムが擦り切れてノイズや傷が酷い状態だった。
  2. 開局当時はトリプルクロスネット(FNN・NNN・ANN)だったので、社名に「総合」の名称がつけられた。
    • 現在はフジテレビ系列のフルネット局のため、「総合」の意味合いはほぼ消滅。
      • それどころか、現在は略称の「NST」のほうが普及している気が…。
        • 2019年10月1日から社名が「NST新潟総合テレビ」に変わった。
  3. 一時期は自社制作番組の割合が著しく低かった。
  4. 1991年までは本社が新潟市にあるのに、放送センターは長岡市にある「ねじれ現象」が起きていた。
  5. 1999年までは日曜日の競馬中継をBSN(TBS系)に取られていた。
北陸放送
  1. 過去には1985年に系列外のアニメ・特撮・バラエティの大量打ち切りをやらかしていた。
    • さらにはCM未放送問題も起こしていたことがある。なんと5年間で。
静岡放送
  1. 1981年に、社員が外国製のアダルトビデオを局のビデオシステムで観覧しようとしたら、その映像がそのまま静岡県内と周辺の電波が届いている地域で放送されてしまったことがある。
静岡第一テレビ
  1. 1999年にCM間引き問題を起こして、日テレ系列から干されたことがある。
    • ちなみに、この年はSDT開局20周年だったが、記念イベントの多くは、これのおかげで中止する羽目に。
中部日本放送(CBC)
  1. その昔、局舎が火事で全焼したことがある。
中京テレビ
  1. 中京圏で広域放送を行う民放各局では、アナログ放送で唯一UHF (35チャンネル) での放送だったため、UHF波に対応していないと見られなかった。
    • そのせいか開局当初は名古屋テレビのおこぼれを拾う形の放送を強いられていた。
名古屋テレビ放送(メ~テレ)
  1. 中日新聞の資本が入っていないので、ドラゴンズ戦の主催試合の中継ができない。
テレビ愛知
  1. 中京圏の民放各局の中で深夜アニメを一番多く放送している事で知られていたが、現在はその本数を減らしている(もっとも、これはテレビ愛知だけの問題ではないが)。
    • 中には1期は放送されたのに、2期(または3期以降)でリストラされた事例も…。
  2. テレビ東京系で唯一、地デジのチャンネル番号が7ではない(その理由についてはこちらを参照)。
  3. テレビ東京系で唯一、平日18時30分枠で放送されたアニメ(主にスレイヤーズやエヴァなど)を同時ネットしなかった事がある(この枠では「マンガのくに」という、アニメ再放送枠だったため)。
    • その要因と言える「マンガのくに」終了後は晴れて同時ネットに。
    • テレ東の人気番組の一つである「開運!なんでも鑑定団」もこれの影響で開始当初は深夜に遅れ放送。
東海テレビ
  1. 2011年8月4日「ぴーかんテレビ」において×××の放送事故を起こし日本中から批判される。
    • この騒動はその年発生した震災と原発事故に関わるためchakuwikiでは禁句・投稿規制案件。
    • 一部の日本人の民度を疑う事件と言える
三重テレビ放送
  1. 後に開局したテレビ愛知の地上デジタル放送の7チャンネルを奪った元凶(ちなみに向こうは10チャンネル)。
    • この影響で三重テレビとテレビ東京の関係が険悪になったとか。
  2. かつて、リリカルなのは(第1期)で放送事故をやらかしたことがある。
京都放送(KBS京都)
  1. 近畿放送時代にイトマン事件の余波を受けて会社更生法を申請して倒産したことがある。
  2. 地デジ化直後の一時期なぜか大阪で視聴できなかった(現在はできる)。
  3. サンテレビ程ではないものの、関西の独立局では2番目に深夜アニメを多く放送しているが、一時期深夜アニメ放送に消極的だった事がある。
NHK大阪放送局
  1. 大阪だけが独自に「まちけん参上!」を放送するせいで、日曜の深夜アニメが30分あまり遅れて放送されることに。
    • NHKにいわせれば「アニメが30分遅れたくらいでガタガタ抜かすんじゃねえ」というのが本音であろう。
    • そればかりか、2019年秋の改編までは「チコちゃんに叱られる!」もローカル番組「ええとこ」のせいで金曜夜の本放送がなく、翌朝の再放送が本放送という形になっていた。
  2. 大阪というより関西でという話だが、Eテレでも大学アメフト選手権西日本予選などを優先し、「おかあさんといっしょ」の11月のNHKホール公演のファミリーコンサートが年末の再放送が本放送となってしまっている。
毎日放送
  1. かつて、吹田市の千里が丘に社屋があった。
    • しかし、大阪市から遠いことから、タレントの評判が悪かったらしい。
  2. かつて、USJの中に、サテライトスタジオを持っていたことがある。
    • しかし、何故かすぐに撤退した。
      • アクセスの悪さやスタジオのレンタル料の高さが撤退の理由らしい。
  3. 大阪ビジネスパーク内に劇場(シアターBRAVA!)を所有していたが、老朽化などを理由に2016年に閉館した。
    • その跡地が、よりによってライバル局の新社屋になってしまう。
朝日放送テレビ
  1. ABCといえばなんといっても、プリキュアシリーズ。
    • なのだが、夏の甲子園の時期はABCのみ遅れネットになったりする(仮面ライダーシリーズや(2018年以降の)スーパー戦隊シリーズなども同様)。
  2. かつて放送された「素敵にドキュメント」でやらせ事件をやらかした事がある。
よみうりテレビ
  1. かつて、やらせ事件で世間を騒がせたことがある。
  2. 阪神タイガースの地元局であるはずなのに、タイガースファンからの評判が悪い。
関西テレビ
  1. 「発掘あるある大事典」の捏造事件で、とんでもないことになったことがある。
    • 社長は辞めるわ、民放連から干されるわ・・・
  2. 他の在阪局に比べるとUHFアニメの放送に消極的である(これはテレビ大阪も同様)。
  3. 阪神タイガース戦中継時、タイガースの勝率が他局と比較して、すこぶる悪かった。
    • 阪神ファンから「アカンテーレ」と蔑まれる始末。
テレビ大阪
  1. テレビ愛知やMBSなどに比べるとUHFアニメの放送に消極的である。
  2. テレ東アニメであるはずの「貧乏神が!」はMBSに持っていかれてしまった(原作者が和歌山出身だったという理由もあるが…)。
  3. この局が開局したせいで、サンテレビがテレビ東京の番組をネットできなくなったのはとても有名な話(一部例外を除く)。
    • KBS京都もポケモンなどを除き、ほとんどの番組をネットできなくなっている。
  4. テレ東系列で土曜夜にやっている「土曜スペシャル」を同時ネットせず遅れネットになる上にローカル番組のせいで30分短縮になる。
サンテレビ
  1. …といえば、何といっても「阪神タイガース」。
    • 1995年、タイガース創立60周年記念で「60勝はいつ達成できるでしょうか?」と言うクイズを出し、結局130試合中46勝しか出来ず、「60勝出来ない」と書かれた多数の投稿葉書から当選を選んだことがある。
      • 「PAPEPO」で上岡龍太郎と鶴瓶にネタにされた。
    • サンテレビにかかってくる電話内容は、全部阪神関係。
  2. 阪神戦中継・深夜アニメと並んで名物だったのが土曜深夜お色気バラエティ枠。
    • 「大人の子守唄」「おとなのえほん」などのタイトルで放送されAV女優などがレギュラー出演するシリーズで、関西の学生の深夜のお楽しみとしても人気があった。
      • しかし時代遅れなほど女性の身体の露出が多いなど番組内容に関してBPOへクレームが多くなり2009年打ち切られた。
      • のちに金曜に移行し復活したが放送できる下ネタが限定されてかつてと比べて面白くなくなったという声も。
テレビ高知
  1. 北陸放送ほどではないが、かつてはアニメ・特撮番組の大量打ち切りをやらかしたことがある。
    • この影響で高知県内では、電磁戦隊メガレンジャーやビーロボカブタックを最後まで見ることが出来なかった。
  2. 過去はTBS系全国ネットなのに何故か当局では遅れ放送になっていたり、そもそも放送されなかった番組があった。
九州朝日放送
  1. ホークスが福岡に移転した当初は、自社制作でホークス中継に参入した他局に対して、KBCはというと…。
    • かつて西日本鉄道と資本関係にあった都合上、西鉄ライオンズに肩入れしていたため、ホークス戦にはどちらかといえば消極的だった。
      • 1999年にホークスが福岡移転後初優勝を果たした際の日本シリーズも、最初はTVQが推薦されたのを譲渡されて得る形だった。
  2. デジタル放送開始が在福他局より5か月遅れた。
福岡放送
  1. かつて、CM間引き問題を起こして、日テレ系列から干されたことがある。
テレビ西日本
  1. 2003年に、キー局が起こしたいわゆる「王シュレット事件」のせいで、ホークスからこの年の日本シリーズの中継権をはく奪されたことがある。
テレビ宮崎
  1. 唯一3つのニュースネット(NNN・ANN・FNN)に加盟している放送局。
  2. トリプルネットもあってか番組編成がめちゃくちゃ大変なことになっている。
    • しかも編成から外れた一部の番組(スーパー戦隊シリーズ、題名のない音楽会、ナイトスクープなど)は宮崎放送に飛ばされる始末になっている。
    • 深夜アニメに関しても名探偵コナンが深夜で遅れ放送される程度でノイタミナですら一切放送しない。
  3. 過去には放送事故を2回起こしていたことがある。
テレビ大阪・テレビ愛知
  1. どちらも、同じ府県に所在する他の民放局が広域放送を行っているのに対して、この2局はどちらも県域局。よって近隣の他県では放送を見られない。
    • いずれも当初は広域放送になる予定だったらしいが、様々な要因でこのような形になった。
    • 一応ケーブルテレビの力でそれなりにカバーできているがもちろん広域局にはエリアの面で劣っている。
  2. 広告料金が独立局とかわらない。

ネットワーク[編集]

TXNネットワーク
  1. 系列局が少なく、報道番組の放送時間が短い。
    • 東北・北陸には系列局がない。
      • かつてテレビ東京にはどの地方にも系列局が一切なく、ネットワーク自体の発足が他の民放キー局と比べてかなり遅かった。
    • かつてテレビ東京系列の局がプロ野球日本シリーズの放映権を取得した際、系列局が少ないことを理由にBS1と並行して中継を行うなど条件がつけられたり、場合によっては放映権を返上させられたりしていた。
    • 中高年にはまだこの系列が全国ネットだと思っていない人もいる。
      • 「全国ネット」と「全国放送」を混同しているにわかもかなり多い。
    • 後述の理由もあってか関西圏では某独立U局より存在感がない。
    • 地上波の系列局の少なさをカバーするBSテレ東にしても、まだまだ深夜アニメの放送に消極的なせいで、アニメの放送が活かせていない。
    • 近畿圏や中京圏を受け持つ局であるテレビ大阪・テレビ愛知がそれぞれの広域圏全てをネットする局ではなく県域局になっている。
      • しかも同業他社と比べ後発。
        • 開局したのは1980年代に入ってから(前者は82年、後者は83年)。
      • いずれも当初は広域放送になる予定だったらしいが、様々な要因でこのような形になったらしい。
    • その数たったの6局。しかも独立局よりも数が少ない(こちらは13局)。
  2. 視聴率が平均的に低い。
    • 夕方のアニメは衝撃の視聴率0%台…。
    • たとえ視聴率が良くても、人気なのはポケモンとなんでも鑑定団ぐらいしかない。
独立局連合
  • いわゆる東名阪ネット6、5いっしょ3ちゃんねる、首都圏トライアングルなどについて。
  1. ネット6は6番目のテレビ局系列の構築を目的として立ち上げられた。
  2. 事実上東名阪ネット6、5いっしょ3ちゃんねるは区別がつかない状態。特に共同制作では。
    • 番組の同時ネットがどちらも長続きしなかった。
  3. ネット6は公式サイトがあったが閉鎖されている。
  4. 制作番組は実質ドラマに偏ってる。
  5. 現状TOKYO MXに歯が立たない状態。tvkなどでやるよりMXでやった方がいいという風潮が強い。
    • 3ちゃんねるの目玉だった「JOYnt!」もtvkでの放送を打ち切りMXに切り替えている。
      • tvkは2019年に放送を再開した。
    • ネット6のサンテレビ、KBS京都や3ちゃんねるの群馬テレビ、とちぎテレビはTOKYO MXとの繋がりを強めている。
  6. KBS京都とサンテレビの三都ネットは早期に瓦解。
  7. 首都圏トライアングルは元々MXも入っていた首都圏ネット4だったがMXはデジタル出力で他3局の怒りを買い追い出される。
    • 2019年時点実質お互いの生放送番組を30分だけネットしているだけの状態。
  8. 3ちゃんねるは特別企画としてアメリカのドラマを放送したが本国ではシーズン1で打ち切られるほど不人気作だった。
    • 海外映画を大晦日に放送したがその映画は…。

海外[編集]

大韓放送
  1. 韓国初のテレビ局だが局舎の火災やクーデターのせいで5年でつぶれた。
東洋放送
  1. テレビ・AM・FMを兼営しソウル市民に人気のある放送局だったが全斗煥政権の言論統廃合によりKBSに吸収された。
  2. ネットワークの形成もMBC(文化放送)系より遅かった。
    • 江原道や済州島では視聴不可だったと思われる。
朝鮮中央テレビ
  1. ・・・といえば、何といってもニュースキャスターのおばさん。
    • 日本のニュース番組でもおなじみ。バラエティでは物真似されることも多々ある。
アルジャジーラ
  1. 中東を代表する衛星テレビ局で産油国のカタールを本拠地としているが財政状況は苦しい。
    • 原油価格の低下によりカタール政府からの出資額が減ったせいでアメリカ法人が閉鎖された。
  2. 911の時には報道姿勢が原因でアメリカ政府からテロリストの代弁者呼ばわりされたことがある。
  3. カタール政府の外交姿勢が原因でサウジアラビアやエジプトなどの政府から閉鎖を求められている。
英国放送協会(BBC)
  1. 公平中立に厳格なイメージがあるが国際放送はイギリス政府のプロパガンダと化している。
    • 特にビアフラ紛争の時はひどかったらしい。
      • 当時BBCに在籍していた作家のフレデリック・フォーサイスが自著で暴露している。
  2. 広島と長崎の双方で被爆した男性を「世界一不幸な男」と面白おかしく紹介したことがある。
ドイツ民主共和国テレビ放送
  1. 東ドイツの国営放送だったが多くの地域(ドレスデン周辺を除く)で西の番組が視聴できたため報道を信用してもらえなかった。
  2. 開局当初は「ドイツテレビジョン放送」だったがもちろん西側には進出できず。
    • 統一後にこの名前に戻っても全独展開どころか91年に閉局した。
PBS(公共放送サービス)
  1. アメリカの公共放送ネットワークだがアメリカ国民にとっての存在感は希薄。
    • 一般のアメリカ人には「公的支援で何とか成り立っている弱小局の集まり」としか感じられない。
    • 同じ公共放送でも日本のNHKやイギリスのBBCとは天と地ほどの差がある。
  2. 全米で300局以上が加盟しているがどこも金不足。
    • 自力で良質な番組を作れる局は数えるほどしかない。
    • かつてはBBCの番組ばかり放送していたため「PBSというのは"Programs of British Station"の略か」と皮肉られた。
FOXニュース
  1. アメリカでトップクラスの人気を誇るニュース専門局だが完全に共和党の御用メディアと化している。
    • トランプ大統領にも溺愛されている。
  2. かつて掲げていたスローガンが"Fair and Balanced"(公平公正)という明らかに報道姿勢と矛盾したものだった。
    • オバマ政権期には「大統領はインドネシアでイスラム過激派の教育を受けた」といったデマを鵜呑みにしたニュースを流したこともある。
  3. アメリカでの存在感のわりに日本で視聴できる機会がほぼ皆無。
オーストラリア放送協会(ABC)
  1. オーストラリアの公共放送ということで政府に批判的な放送をすると補助金を減らされる。
    • 具体的にはイラク戦争への是非など。
    • 政府の意に反することもきちんと報じるあたりどこかの国の公共放送よりはまだましな気がする。
  2. 軍事機密に関する特ダネを報じたことが原因で強制捜査の対象にされたこともある。
  3. 捕鯨問題に関して日本政府を度を越した表現で皮肉った番組を放送した前歴あり。
  4. かつては短波放送(日本語も含む)を行っていたがネットの普及により2017年に廃止された。
    • BCLで受信しやすいということで日本でも人気のある局だった。
      • ワライカワセミの鳴き声を使ったジングルで知られていた。


その他の放送局[編集]

JスカイB
  1. 1998年4月の放送開始を前にパーフェクTV!と合併することが決まったため、その合併会社であるスカパー!のSKYサービスとして放送開始された。
ディレクTVジャパン
  1. スカパー!と比べて極めて不利な条件下で競争を強いられ撤退を余儀なくされた。
プラットワン
  1. 東経110度CS放送を手掛けたが、わずか2年でスカパー!と合併。
  2. 日本テレビとWOWOWが中心になって設立されたため、巨人戦がスカパー!で観られなかった。
モバHO!
  1. どこでも衛星放送が観られるのが最大の売りだったが、対応機器が少ない上、ワンセグが始まるとそれに喰われたため約4年半で終了。
NOTTV
  1. 地上アナログ放送で使われていたVHF帯を活用したモバイル向け多チャンネル放送だったが、ほぼ親会社ドコモのスマホ及びタブレット限定(ソフトバンクは発売の見込みがあった)な上、動画配信サイトに押されて(ドコモ自体もdTVを展開)、4年強で終了。
BS日テレ4K・8K
  1. NHKや他の民放に比べて、9ヵ月も開局が遅れてしまう。
    • 最初は、他局から1年遅らせて開局するつもりだった。
      • しかし、日テレが放映権をゲットした「2019ラグビーワールドカップ日本大会」に間に合わせないといけなくなり、3ヵ月前倒しした。
BS12
  1. CSチャンネルからの供給番組が多く、オリジナル番組は少ない。
    • 特にQVCで大半を占められる。過去には1日で20時間QVCなんて日もあった。
  2. 鈴鹿8耐の放送を行っていたが、日テレ系に強奪された…そもそもなんで放送してたかも謎なんだけど。
J SPORTS
  1. CSでは珍しい1-4のマルチチャンネル構成だが、CATVでは4がオプションチャンネルになっていることが多い。それを見越してかSUPERGTやスーパーフォーミュラ等、視聴率の見込めるコンテンツは初回放送がJS4に回される事が多い。
  2. スポーツ専門chが珍しかったのもあり、海外の有名スポーツの放映権を持っていたが、2017年RCSスポルト系(自転車のジロ・デ・イタリア他)をDAZNに強奪されたのをきっかけに引き抜きが相次ぎ、2019-20ではイングランドプレミアリーグも強奪された。
Dlife
  1. 地上波での需要が見込めそうにない、海外のアニメやドラマを多く放送していたが、2020年3月31日に放送を終了することに。
  2. 無料放送のチャンネルにもかかわらず、標準のリモコンのチャンネル「1」~「12」のボタン1発で選曲できず、「BS」→チャンネル「258」と入力しないといけない、選局の不便さも災いした。

関連項目[編集]




関連記事