ざんねんな賞事典

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

ざんねんなモノ事典 >

※編集される方は「Chakuwiki:お願い/ざんねんなモノ事典」をご覧ください。

日本[編集]

今年の漢字
  1. 毎年12月中旬に発表される一年を象徴する漢字を一文字で発表するというイベント。
  2. 一般投票によって得票数が高い一字が今年の漢字として選ばれるわけだが、一般の人が今年の出来事からイメージする漢字一字を投票するという特性上・・・
    • 一度選ばれた漢字が複数回選ばれる(2000年・2012年・2016年の「金」、2004年・2018年の「災」)
    • ニュースなどで強く印象に残った字が選ばれる(1998年の和歌山毒物カレー事件から「毒」、2003年阪神タイガースの優勝から「虎」、2014年の消費税増税から「税」、2015年の安保法案可決から「安」、2017年の北朝鮮関係のニュースが多く報道されたことから「北」。「金」が選ばれた3回はいずれもオリンピックで日本選手が金メダルを多く取った。「災」が選ばれた年は台風・大雨・地震などの災害だけでなく不祥事も頻発した。)
      • 「金」が選ばれた年はいずれも夏季オリンピックのあった年。冬季は関係ない。
      • 1998年は長野冬季オリンピックがあったのにも関わらずそれが反映されなかった。
      • 全体として上半期(1~6月)よりも下半期(7~12月)に起こった出来事の方が「今年の漢字」に反映されやすい。
      • また、21世紀最初の年である2001年はアメリカ同時多発テロから「戦」、2005年は愛知万博から「愛」、2008年はリーマンショックから「変」が選ばれた。
      • その一方で2016年は震度7を観測した熊本地震があったものの、「災」や「震」などその地震に関連する漢字が選ばれなかった(2016年は前述の通り「金」)。
  3. 選考委員が決める新語・流行語大賞とは違い一般人からの投票で決めるという以上、選考結果に文句を言いづらい。特に1位の得票率が低いような年はそれだけ漢字一字で表せる出来事が多かったということになるわけで。
    • それ故必ずしも世相を表していないと感じることも多い。
    • 実は応募状況では団体応募が4割以上を占めている。団体応募の際の応募用紙は小中学校に配られるワークシートに付属されているため、実質投票者数の4割が小中学生になっている。
      • すなわち「小中学生が思いつき、かつ、手書きで応募できる漢字」であることが上位になりやすい・・・ということなんだろうか。
新語・流行語大賞
  1. 毎年12月1日に発表される話題に上った新語・流行語を選び、顕彰する賞だが、「本当にこの言葉流行ったの?」と言う言葉もしばしば。
    • 逆にマイナスな言葉も選ばれる事もある。
      • 「保育園落ちた日本死ね」がトップ10に入って大炎上。
      • 政権批判とも思われる言葉がノミネートされることも多くその都度炎上する。
      • まさに2つ上のそれがトップ10に入った際に、大賞の「神ってる」に引っ掛けて「偏ってる」と皮肉ったラジオパーソナリティがいたな…
        • 審査委員に左寄りの人が多いので、政権批判というか反○民なだけという説も。
        • 主催する自由国民社自体が左寄りかと。
        • 近年はスポーツ関連に偏ってるような…。
    • 翌年になるともう忘れられてる…。
  2. 大賞が選ばれても受賞者が不明の場合、受賞者辞退する事もある。(2014年の集団的自衛権ではこのケースだった)
    • 「大迫半端ないって」も大迫勇也や滝川第二でもなく受賞者辞退扱いに。
    • 受賞者を授賞式に呼べるかどうかで大賞になるかが決まると言われているらしい。
      • 「スーパーボランティア」では尾畠さんが授賞式を辞退。
  3. 何故か世間的には流行ったのに候補除外するケースもある。
    • 「ありのままで」は「アナと雪の女王」を見た選考委員が誰もいなかったため除外されたという話がある。
    • また、選考時期の関係か10月以降に流行したものも候補に入らないようであり、「逃げ恥」もそのために候補には入らなかった。
    • 2018年に「平成最後」がノミネートすらされなかったのは謎。2019年に取っておくため?
      • 2019年、令和はノミネートされたけど平成最後は無視されましたね…。
  4. 流行語大賞のトップ10に選ばれたお笑い芸人は翌年以降人気が落ちるというジンクスがある。
日本レコード大賞
  1. 選考基準が恣意的。
    • そのためか、日本歌謡大賞を復活させるべきという意見までも出ている。
  2. カバー曲もノミネートされるが、何が何でも受賞されない。
    • 2018年はDA PUMP『U.S.A.』が話題になったにも関わらず、評価すらされず、受賞できなかった。
    • 更に遡ると、1979年の西城秀樹は「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」がヒットしたが、金賞にノミネートされたのは別の曲だったという例がある。
  3. レコードからCD・携帯音楽プレーヤーに進化しても「日本レコード大賞」。
    • そもそも音楽ソフトそのものがレコードですから(レコードショップだってそう)。
  4. 事務所による買収疑惑がある。
    • その分、乃木坂46による買収疑惑も出て槍玉に挙げられた。
    • それ以前にLDHによる買収疑惑もあった。
      • 2013年はAKB48『恋するフォーチュンクッキー』が大ヒットしたにも関わらず、このせいで受賞できなかった。
エランドール新人賞
  1. 日本映画テレビプロデューサー協会が「一年を通じて最も活躍した将来有望な新人俳優」に対し贈る賞。
    • 第1回受賞者に石原裕次郎や高倉健が選ばれるなど、それなりに意味合いのある賞なのだが…
  2. 選考基準は一応明確になっているが、デビューからの年数で「新人」を定義していない。
    • そのため、一般的な新人の定義に合わないような受賞者が登場する(2019年の田中圭や2018年の高橋一生、ムロツヨシなど)ことがある。

世界[編集]

モンドセレクション
  1. ベルギーに本部がある団体の賞なのに、もらいたがるのは日本の企業ばかりである。
  2. しかも審査対象の半分ぐらいは金賞以上がもらえるので、価値はほとんどない。
  3. 日本では誰もが知っているが本場ベルギー人はこれ自体知らない人がほとんど。
ゴールデングローブ賞
  1. ハリウッド外国人映画記者協会が選定する映画とテレビの賞だが現在ではアカデミー賞の前哨戦としてしか認識されない。
    • 過去の受賞記録を見るとアカデミー賞と異なる作品が受賞していることも意外とあるのだが…。
  2. テレビ部門はプライムタイムの番組しか対象にならないためエミー賞よりずっと範囲が狭い。
孔子平和賞
  1. 中国民主化運動に貢献した劉暁波にノーベル平和賞が贈られたことに怒った中国政府の命を受けた団体が作った賞。
    • 劉の受賞から2か月くらいで急遽でっち上げられた賞だという。
  2. 受賞者が自分の手でトロフィーを受け取ったことがほとんどない。
    • プーチン大統領(ロシア)が選出された第2回では無関係のベラルーシ人の留学生が受け取っていた。
  3. 孔子の名前が使われたことに対しては「孔子の名を汚す」として中国大陸でも批判の声が上がった。
  4. 結局主催者の「孔子国際平和研究センター」なる香港の団体が活動を停止したため2017年をもってひっそりと終了した。
ドイツ芸術科学国家賞
  1. 上記の孔子平和賞の大先輩にあたる。
    • 反ナチの記者がノーベル平和賞を授与されたことに腹を立てたヒトラーが作らせた。
  2. 受賞者には後に戦争犯罪に関与した人物も多い。
  3. 第2次大戦勃発により1937年と38年だけの授与に終わってしまった。
    • 人数にしてもたったの9人だけ。
イグノーベル賞
  1. 「世界で最も権威がある残念な賞」といえばおそらくこれだと思う。
  2. 徹頭徹尾ノーベル賞のパロディに徹しているが肝心の授賞式会場がアメリカのハーバード大学。
    • どうせならスウェーデンと何らかの関係がある場所にしてほしかった。
  3. 受賞記念スピーチの時間が1分しか与えられない。
  4. 受賞者が多いイギリスの役人から「まじめな科学研究を笑いものにするな」と本気で抗議されたことがある。
    • もちろんその抗議による影響は一切なかった。
  5. 日本人の受賞者もたくさんいるが多くはWikipediaに記事がないくらいの地味な人ばかり。
ノーベル賞
  1. 後になって誕生した経済学賞はノーベル財団に認められていない。
    • 研究書でも一切言及されていないのを見たことがある。
  2. 数学賞が存在しないのはノーベルがとある数学者と険悪な関係にあったかららしい。
    • 後にはその数学者がノーベルの恋人を奪ったという俗説すら誕生した。
  3. 平和賞以外では定員が3人と決まっている。
    • 対象の研究にどれほど多くの人が関わったとしても増員は一切認められない。
  4. 第1回授賞式にはおなじみのメダルの製作が間に合わなかった。
  5. 賞が決まった時点で存命でなければ受賞不可。
    • そのせいでマハトマ・ガンジーは平和賞を受賞し損ねたとされている。
    • イグノーベル賞が故人の受賞も認めているのとは対照的。
  6. 受賞者が後にどのようなことをしても剥奪されることはない。
    • 現在では絶対的なタブーとされているロボトミー手術の考案者が医学生理学賞を受賞したこともある。
    • 平和賞では佐藤栄作やアウンサンスーチーに対して撤回や剥奪を求める意見が出ている。
  7. 賞が北欧のものということで偏向を指摘されることもある。
    • 全体的に白人ばかり受賞する傾向があるということは昔から噂されている。
      • これにより取り損ねたとされる人物には日本人も多い。
    • 平和賞は授与するノルウェー政府の政治的アピールに使われているとの指摘も多い。
  8. 過去にヒトラーやスターリンに平和賞を授与しそうになったこともある。
ブルネル賞
  1. 鉄道関連(車両、駅舎など)の優れたデザインに与えられる世界的に権威のある賞だが日本の鉄道ファンにはあまり知られていない。
    • 水戸岡デザインの車両など日本のものも多く受賞しているが…。
  2. 2014年の第12回を最後に突然休止された。
    • 賞を創設したワトフォード会議のHPを見ても何があったか一切記されていない。

関連項目[編集]




関連記事