すかいらーくグループ

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
保護解除
このページは、「度重なる荒らし」のため保護されていましたが、現在は解除されています。詳しい経緯はトークページをご覧下さい。
経過次第では再び保護される事もございますので、趣旨に合った投稿をお願い致します。

グループの噂[編集]

…卵は産んでない
  1. ロイヤルホストだと敷居が高い家族連れが通うレストランだった。
    • ロイホは(今でも)子供が行くような所ではなくて何か気取った主婦、OLが行くような所だと個人的に思う
  2. 夢庵とガストが一緒に並んで営業している。
    • 並んで営業ならまだしも、愛知県の某所にあるガストと夢庵は上下で営業している。※1階がガスト、2階が夢庵。
  3. 決してヘビーメタルバンドではない
    • スカイラーク全部
  4. あの注ぎ放題のスープは、もう少し塩味を強くしたら立派なラーメンスープになると思う。
  5. TAKE OUTのコーラを、ドリンクバーから注いでいくのは止めてくれ。
  6. 実は再建のため、野村の傘下に入っている。
  7. 暗版満がのっとっている。
  8. アメリカンフットボールチームも持っていたが、オンワードと合併し撤退。
    • そしてオンワードも撤退。
      • 現在は市民チームとなり、地元電器店の支援を受けて再興。
    • チーム名は「スカイラークス」とそのまんま。
  9. アップフロントグループと関係が深い。
    • フットサルチーム・ガッタスの胸スポンサー。
  10. 40周年記念でこの子たちのパロディをやる。
    • その名も「SKL48」。
  11. 香港かどっかの外資系投資ファンドに支援されまくって再上場。
    • したけど株価の割に優待ちゃちいし、配当はそもそも無配なのね。

各チェーンの噂[編集]

ガスト[編集]

  1. 初期のガストのメニュー表は、文字ばかりで写真がほとんど無い、出てくるまで内容が分からない、フェリシモのカタログショッピング以上にリスキーだった。
  2. 関東には、吉牛みたいなガストがある。京急川崎で見たけど、驚いた。(当方関西在住)
    • Sガストのことだろうか?
    • 小田急の町田の近くにもあった。
      • Sガストは、東京23区内にも埼玉にもある。しかし、Sガストには定番のプレミアムカフェ(旧ドリンクバー)が無い!!!
        • Sガストには、自動でご飯を皿に盛る機械がある。バイトを信用していないのだろうか。
        • 朝定食はご飯おかわり自由。それがSガストのいいトコロ…かな?
  3. ガストが最近、カフェレストランになってる(泣)
  4. ガストにおける定番のメニューであるプレミアムカフェの旧称はドリンクバーであり、それ以前はホットドリンクバーという名称であった。当然、ホットドリンクバーには、冷たい飲み物はなく、温かい飲料しか提供されなかった。
    • ホットドリンクバーを注文すると、店員はカップを一つだけ注文した客に提供した。つまり、最初にコーヒーをのんだあとに、お茶をのもうとすると、のみかたとして失敗する。
    • 昨今の我が国におけるガストには様々な亜種があり、その中には「ハンバーグ・ガスト」という奴においては、∞に飲料水を摂取しうる献立の名称はプレミアムカフェではなく、旧称のままのドリンクバーであり続けている。(見沼におけるガストにおいて検証済み)
      • 平成二十年現在ガストで配布されている、プレミアムカフェが126円で堪能できる小さなチラシには「ガスト全店でご利用いただけます。」と記載されており、上記のハンバーグガストのドリンクバー(という名称)でも、プレミアムカフェが格安になる券を用いる事が出来た。
  5. ガストに於ける旧ドリンクバーは、現在はすかいらーくグループ共通のティー・バックとなっているが、以前はガストのマークが附いたガスト独特のティー・バックがあった。
    • かつ、ガストの現在のプレミアムカフェでは、八種類のティーバックが提供されてはいるが、以前の旧ドリンクバーに於いてはもっと多様な種類のティー・バックが提供されていた。
  6. ガストの原点となるべき献立は、恐らく業界初の旧ホットドリンクバーであるのか、若しくは当時としては格安の390円で堪能できる目玉焼きハンバーグのいずれであるのだろうか(謎)
  7. 最近は朝にガストに行くとその日の読売新聞が置いてあり、ほしい客は無料でもらえるサービスを始めた。これも、読売新聞がいろいろな人に読ませて売る新手の戦略であると思われる。
    • さらに、便所の鏡とかにも読売新聞のお試し購読をすすめる広告が出現し始めている。
  8. 食事した後、会計後に渡されるプレミアムカフェ126円券は、(期限内に)後でそれを使って食事してプレミアムカフェを堪能した後もまた渡される。
    • 現在発給されているプレミアムカフェのアンケートクーポンは無料券(713番)。95円券(731番)もあるようだが…。
    • 2018年現在はドリンクバーが値上がって、40円位しか安くならない179円(10番)しか出さなくなったような。その代わり、発券ランダムだった以前と違ってほぼ毎回出るようになった。
  9. 大学近くのガストは学生サークルの溜まり場。安い目玉焼きハンバーグか山盛りポテトフライで長居するのが定番。しかも五月蝿い。
    • というか、そういう立地を狙って出店している所も多い。
  10. 日替わりハンバーグランチは、ドリンクバー付きで499円+税。あのジョイフルとほぼ同額。
    • 他のメニューはおおむねガストのほうが高めの設定です。
    • 普通にグランドメニューを頼むと1000円を超えるのも当たり前なので、他に行った方が安い場合もある。
  11. ファミレスなのにドコモとauのWi-Fiサービスが使える。
    • 外出先で食事をしつつネットもしたい人にとっては、モスよりはお得。価格帯が近いスタバタリーズは、目的が異なるから一概にはいえない。
    • 2018年現在はキャリアに関係なく、時間制限有の無線LANが使えるサービスを導入している。
  12. 以前はデカい液晶テレビをつけてテレビ+独自の放送を流していたり、客席にも液晶があったりと結構迷走していた時期があった。
  13. かつてすかいらーくグループ全てがガストになる(夢庵→おはしカフェ・ガスト)といわれたが、最近元のブランドに戻した店が出てきた。

グラッチェガーデンズ[編集]

看板
  1. る~っぺるっぺグル~ッペェ
  2. すかいらーくから転換したところもあるが…
    • 前より劣化してる…
  3. 2016年の新業態「とんから亭」はいずれもこの業態からの転換。
    • 密かにサービスが劣化しており、グラッチェ時代に使えた電子マネーやグルメカードが使えなくなっていた。

バーミヤン[編集]

  1. 昨今の大不況ならびに物価高のせいで、すかいらーくはバーミヤンを大規模に閉鎖したり、ガストなどに転換を進めるらしい。
    • 北海道からは完全撤退。場所によってはガストの隣に廃墟となったバーミヤンが有ったりする。
    • 沖縄県からも撤退した。
  2. 以前のドリンクバーは、ガストのやつと同様で、中華にあうようなのしか置いていなかったが、今では小さな壺に持ち帰りできないようなティーバックを入れて、その上で中国風の水道の蛇口から暖かいお湯を入れる。
    • ティーバックは、ガストよりもはるかに中国的なものがそろえてある。
  3. 大仏は元からない。
    • 爆破もされない。と思う。このご時世いつ何が起こるかなんかわからんけど。
  4. なぜロゴがなんだ・・・。
    • おかげで「ゆっくりしていってね!!!」などのAAに改造しやすい。
    • 気にすんな!(公式)
    • 昔々の、バーミヤンはシルクロード上のオアシス兼交易地で、果物も数多く手に入ったらしいけど、関係なさそう。
  5. お子様メニューの名前が「ラッキーセット」なのでどっかと紛らわしい。

夢庵[編集]

  1. 「さと」のパクリ感は否めない。
    • 「藍屋」との違いはよくわからない。
      • 高い+ドリンクバーが無いのが藍屋だと思う。店舗数では夢庵の圧勝だと思うけど。
  2. 地味なトコロにポツンとあるため、カーナビで指示されても分かりにくい(オレんトコだけ?)
  3. 緑茶が無料なので、緑茶が大好きでいっぱい飲みたい人には嬉しいかも。

ジョナサン[編集]

奇妙な店ではない
  1. 1号店開店前に提携を予定していたアメリカの会社が倒産した。
  2. 元々はコーヒー・軽食がメインだった。
  3. 数店舗ながらスープバーがあるらしい。
    • ランチだと普通に見かける。
  4. ドリンクバーは、現在は茶葉をひしゃくで適量をすくってからお湯を入れるようになっているが、数年前まではガストのようにジョナサンのマークが付いた特製のティーバックを提供していた。
  5. ジョナサン・ジョースターの名の由来・・・らしい。
  6. 長らく子会社だったが、2012年にすかいらーくに統合された。
    • 統合されたおかげでTポイントが使えるようになった。
      • 現店舗システム「SEEDS」の全店展開完了時期と重なっている。
  7. 外壁がピンクの店が多い気がする。
  8. 業態転換を重ねた関係で、すかいらーく本社のすぐ隣にある店舗はガストではなくこの業態。
  9. 1号店は練馬高松<020001>。1号店の店舗コード下4桁が0001の業態の一つ。ちなみに他には藍屋(<130001>与野バイパス店)とトマトアンドオニオンが該当する。

ジョナサンブレッド[編集]

  1. 典型的なパン屋。
    • でもスイーツも販売している。
  2. わずか5店舗しかない。
    • 他のジョナサン系チェーン同様全滅したかに見えたが、2店だけ併営形式で残っているらしい。

魚屋路[編集]

何となくある和風感
  1. 元々はジョナサン系列だった。
    • でも店舗検索に使う店舗コードは01XXXX。ちなみにジョナサンは02XXXX。
  2. 同業他社と比べると寿司のメニューが高い。
    • 値段が中途半端なので安いメニューが少ない。
    • 値段の区分が細かい(8種類ほど)。
  3. 名の由来は神戸~有馬温泉間の道らしい。
  4. 正式名称はひらがなで「ととやみち」なのだが、漢字併記なのでそう思っている人はまずいない。
  5. 一回看板のデザインが変わっている。

トマト&オニオン[編集]

  1. 日本海側でよく見かけるファミレスだが、いつの間にかすかいらーくグループ入り。
    • すかいらーくグループになってからドリンクバーが登場した。
    • 元は独立系で住宅地(主に富裕層)近くへ出店して、高品質と昼間のリッチな主婦やホームパーティ代わりの家族連れ狙いで誕生日会もやたら力を入れたのが成功。本社をダスキンもある江坂に移転して、「じゅうじゅうカルビ」など多角化したまでは良かった。
      • しかし、店を増やしすぎたツケと多角化も上手いこと行かず、追い打ちをかけるように食料の原価が上がってすかいらーくにお助け。すかいらーく入りして、事業見直しによって店を減らして流通機能などがある西宮の山口へ本社移転したという経緯。
    • なお、正式社名は「トマトアンドアソシエイツ」である。
  2. なぜか関東にも1店舗だけある。440064 TO我孫子(千葉県)。
  3. 1号店は「創業店」(440001)。
    • 日本海側でよく見るのもその創業店が舞鶴(の住宅地)なので、そこから広げていったのが真実。しかし、その店が富裕層狙いとは言え、今でも住宅地の中にそれだけがポツンとあるのには驚かされる。

じゅうじゅうカルビ[編集]

  1. 業態的には焼肉バイキングなのだが、カレー(こちらもおかわり無料)が意外と旨い。
  2. グループ入りした恩恵か、ジョナサンの焼肉部門の一部を譲ってもらえた。
    • バイキング形式で客が入りやすいからか押しつけではないらしい。

ニラックス[編集]

  1. 食べ放題系の業態が多い。
    • と言うかしゃぶ葉以外のブランドイメージが無い。一応駿河湾沼津SAの食堂を請け負っていたりするらしいが…。

しゃぶ葉[編集]

  1. トマト&オニオン同様、すかいらーく本体ではなく傘下の企業が運営している。
  2. 「しゃぶ」に「葉っぱ」って物凄く危ないネーミングだと思うのだが、会社側は気づかなかったのだろうか。
    • ※このチェーンはしゃぶしゃぶバイキングの店です。
    • ロゴマークに書かれているのはカブなのだが、葉っぱとして扱っていいのかこれ…?

ステーキガスト[編集]

  1. Sガストとは全く関係ない。
  2. なぜか注文時に焼き加減を聞かれない。そのため、お好みの焼き加減がある場合は自分から伝える必要がある。
  3. ドリンク・サラダ・スープ・ライスすべておかわり自由(バイキング形式)。
    • ステーキを注文してから焼きあがるまでの待ち時間に取りに行くことができ、時間の節約になっている。
    • 子供はアイスキャンディーもおかわり自由。

消滅したチェーンの噂[編集]

すかいらーく[編集]

  1. 最寄のすかいらーくがガストになっていて凹んだ経験のある人は多いはず。
    • 今や、本家「すかいらーく」は虫の息。
      • すかいらーくグループは、時代に合わせて店舗を変えるらしい(実際、社長が言ったとか。例として、藍屋から夢庵になった店舗など)
        • 目標客単価3,000円と噂された高級店、スカイラークグリルの店舗がガストになったときには落差がすごすぎた。
        • 現にかつてすかいらーく六ツ川店だった店舗はなんと喫茶店業態に。
  2. ついに、川口新郷店の閉店を以て鳥さん絶滅。本当にありがとうございました。
  3. かつての鳥さんは卵を産んでるバージョンなどがありそのことを店長に言うとコーヒーのサービスが受けられた。
  4. 『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』公開時にタイアップキャンペーンを行っていた。
    • しかじ『マクロス』の作中舞台の2009年は、皮肉にも現実ではすかいらーくが全店閉店した年となった。

ビルディ[編集]

  1. 夕方の17時から閉店まではフルーティーバーと称して、アルコール飲料の飲み放題という極楽浄土のようなメニューがあった。
    • フルーティーバーにはワインや自作のカクテルなどがあったが、ビールや日本酒は置いてなかった。
    • 店舗によっては、フルーティーバーを置いていなかった旧ビルディもあった。

スカイラークガーデンズ[編集]

  1. すかいらーくグループから業務を移管する羽目にあった。
    • グラッチェガーデンズと名前が被っているように見えるのは大体これが原因だと思われる。
  2. かろうじて数店舗だけが生き残っている。
  3. 基本的にイタリアン中心。
  4. ドリンクバーが無い。

ジェイズガーデン[編集]

  1. スカイラークガーデンズの代わりに出来たようなもの。
  2. ドリンクバーがちょっと豪華。
  3. 椅子と背もたれがほぼ直角の座席がある場合も。

ジョナサンキッチン[編集]

  1. ドリンクバー以外にサラダバーがある。
  2. メニューは典型的なイタリアン。

おはしカフェガスト[編集]

  1. 夢庵やバーミヤンで儲かっていない店舗は、これに転換するらしい。
  2. 少し前まで、樹脂製の箸を割り箸の袋に入れて客席に持ってきた。
  3. 名前はおしゃれ。
  4. 無くなった。最後に残った井草はニラックスに移管された。

スカイラークグリル[編集]

  1. すかいらーくをちょっと高級にした感じ。
    • ロイヤルホストに対抗?
  2. 店内そのままでガストに転換した店がある。ガストに似つかわしくない高級感が…。



関連記事