みずほ銀行

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

みずほ銀行の噂[編集]

「えーと、富士と、第一勧業と、もう一つは…」
  1. 合併していきなりATMトラブルでコケたイメージは、一生消えないと思う。
    • みすほ銀行」と揶揄されたこともあった。
    • 続いて2011年3月にも大トラブル。MUFGやSMBCより遥かに危機感が欠如していることが露呈。これにより、グループ再編が決定的に。
    • それを引き摺っているのかどうかは不明だが、コーポレートとの合併でATMを止めた際、予めその旨を十分に告知していたにも関わらず一部で混乱が生じた。
    • 2013年にもまたしても……りそな銀行以下の負け組都銀になってきてる気が。
    • 以上の件やその後のシステム開発の遅延もあってSEの間では「みずほのシステムには関わるな」と言われているとか。
      • 旧3社との関わりが深い富士通・日立・IBMとNTTデータを参加させて一緒にみずほ信託銀行のシステム移行させたためこんなことになった模様。システム移行が終わった時には元号が変わっていた。
    • 未だに(2019年3月現在)数カ月おきにシステムメンテナンスで週末にATM止まってるのはなんだかなあとしか・・・
  2. 殆ど宝くじの為だけに出店してる支店がある。
    • 前身は第一勧業銀行。
  3. カウンターのネーちゃんは3大銀行の中で一番若い
    • これは旧富士銀行の影響か?それとも第一勧銀の影響か??
  4. 東京都瑞穂町に本部がある。
  5. 旧日本興業銀行の事も忘れないで下さい。
    • 略称は「こうぎん」なんだけど、千葉県民にこの話をすると日本興業銀行と関係ない「千葉興業銀行」の話になるので注意。
      • 但し、千葉興銀は旧富士銀行からの流れで現在はみずほの親密行になっている。
  6. 実践倫理宏正会とは親密らしい…
  7. 小椋佳が、一勧の浜松支店長だった。
  8. 東大生は大学名を言うだけで入れる。
  9. この銀行のロゴを見ると、同じような名前のスポーツ用品メーカーを意識しているとしか思えない。
  10. 日本の「代表」「象徴」みたいなのが合わさって出来たため、現在の行名になっている気がする。
    • 第一勧業銀行は元をたどれば「第一国立銀行」(日本初の企業)→「第一銀行」と「日本勧業銀行」。富士銀行は「安田銀行」からGHQ指令で日本を象徴する山の名へ改称した後、他元財閥系銀行と違って旧名に戻さなかったもの。日本興業銀行はいうまでもない。
    • 瑞穂ってのは「豊葦原千五百秋瑞穂国」って日本の別称(美称)だし。
    • 富士という名称から、静岡県にある銀行と勘違いした事がある。まあ昔静岡県と山梨県に"富士銀行"(≠みずほの前身)が存在した事があったが。
    • 良い面だけでなく、悪い習慣も日本的にそのまま放置されてきたようで……
  11. 信販ではオリコと密接。
    • クレジットカードではセゾンと密接。2008年9月末までVIEWカードとも提携していた。
  12. 旧富士銀行から引き継いで東京都の指定金融機関。
  13. 三井住友ドコモと、MUFJauと、それぞれ密接な関係があるように、この銀行はソフトバンクと密接な関係がある。
    • ただし違う意味で。「純増数が減少に転じたら会社をもらうからね」という関係。
    • なるほどそんな関係が。どことどこがどんな関係なのかと思ったら。
    • 「ここ」だらけで読みにくいなあ…… というか読む気失せた……
  14. 「だめぽ銀行」で検索すると……。[1]
  15. みずほ信託銀行とみずほコーポレート銀行を早く吸収してほしい。
    • 更に三井住友銀行とりそな銀行と合併して三井住友みずほりそな銀行になって三菱UFJ銀行をギャフンと言わせてほしい。
    • それ、りそなの所でも見たけど、りそなや三井住友銀行のサービスが悪くなるからやめてくれ。それ以前に、その三行が合併して何の意味があるんだか……
  16. 東京都の金庫番。だから小笠原や八丈島に出張所を置いていたりする。
    • 日本一指定金融機関の受託料が多いのはここ。関東だけかと思ってたら、輪番制とはいえ北九州など地方も結構多かったりする。
  17. 4大メガバンクで唯一47都道府県に支店がある。
  18. 流行りに則って海外キャッシュカード対応のATMは設置したが、ここは他メガバンクと違って既存のATMに機能追加すると大変なことになるからか、コンビニ向けATMを別置き。
    • 某国立大近くの店舗外ATMに設置してあってビビった記憶。

旧みずほコーポレート銀行の噂[編集]

  1. 大企業相手専門の銀行……という触れ込みだが、実情は三行合併後の人事ポスト対策銀行。
    • その為発足12年にして、消滅の見通し。
  2. 早くみずほ銀行と合併してください。
  3. 2013年7月にみずほ銀行「を」吸収合併。ただし名前はみずほ銀行。

みずほ信託銀行の噂[編集]

  1. 旧みずほ信託銀行と旧みずほアセット信託銀行が合併。
    • みずほ信託は第一勧銀信託・富士信託、それに興銀信託が合流したホールセール専門。
    • みずほアセット信託は安田信託が名称変更したリテール専門。
  2. みずほ銀行に銀行業務を委託して、みずほ信託銀行は信託業務を受託する見通しだが、ぶっちゃけ合併して欲しい。
    • むしろ合併したいらしいが、信託業法の関係でできないらしい。詳しくは直接行員にでも聞いてくれ。
    • 合併したらまたシステム障害がおきそう。

みずほ証券の噂[編集]

  1. みずほグループ傘下の3つの証券会社が合併して誕生。
    • 2009年に旧新光証券と旧みずほ証券が合併、2013年にみずほインベスターズ証券を吸収合併して今の形に。
      • 新光証券とみずほ証券の合併は、みずほ証券が多額の損失を出したりして何度か延期に。。。
    • 旧みずほ証券はみずほコーポレート銀行傘下、旧みずほインベスターズ証券はみずほ銀行傘下だった。
  2. 法人格としては、旧新光証券が旧みずほ証券を吸収し、みずほ証券に商号変更したという形になっている。
    • 旧新光証券が上場、旧みずほ証券が非上場で、上場維持の為。

旧新光証券の噂[編集]

  1. 和光証券と新日本証券が前身。社名は両社から一文字ずつとってつけられた。
    • みずほグループの他社と違い、社章は花火みたいな独自のマークだった。
      • CMもみずほの他社みたいに「Channel to Discovery mizuho」とか言っていなかった。
        • 「シンコーショウケン~♪」
  2. 東京駅前の本社がある。
  3. 「シンコウノトリ」という鳥のイメージキャラがいる。

旧みずほインベスターズ証券の噂[編集]

  1. 一部の支店は、みずほ銀行の支店内に店舗がある。
  2. CMも放送してた。
    • カーナビの案内で、みずほ銀行内の支店に行くというCM。
      • 「銀行と同じ窓口にあると便利でしょ、みずほインベスターズ証券」
  3. 旧社名は、日本勧業角丸証券。
  4. 旧第一勧業銀行の系列。
  5. 2013年にみずほ証券と合併し、消滅。

千葉興業銀行の噂[編集]

  1. 旧興銀(日本興業銀行)…では無く、旧富士銀行系。
    • 千葉県内で「こうぎん」の話をする場合、確実にここの話になる。日本興業銀行…何ですかそれ?となるので注意。
    • 一時期日本興業銀行も千葉駅前に出店してた時期があったけど、いつの間にか撤退してた。
  2. この経緯から、富士銀行におんぶに抱っこな所があり、現在でもみずほFGの親密行になっている。
    • みずほ銀行とは相互に出金無料提携を行なっていて、平日の昼ならどっちでも手数料無料で引き出せる。
    • 親密行というより、もっと進んだグループ会社。会社法上の関係会社であり、銀行法上の子銀行に該当する。
  3. 同じ千葉県を地盤とする千葉銀行と違い、県外支店は東京・日本橋に1店舗あるのみ。
    • 千葉銀は東京の企業に貸し出してばかりでけしからんという声に応えた結果だから?
      • それもあるでしょうが、あくまでも県内にこだわりたいという社の意向なんだそうで…。
    • 最近、都内2店目が西葛西にできた。
  4. シンボルマークはちばぎんがひまわりを採用してるのに対し、こちらはコスモスを採用している。



関連記事