もう若くない法則

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

テーマ別[編集]

共通[編集]

トークに、もう若くない法則に関連する動画があります。
  1. 脳内で勝手に死んでいる事になっている芸能人がいる。
    • 歳を取るごとに、子供の頃から慣れ親しんできた芸人・俳優で亡くなってしまった人の数が増えていき、ある程度、人数が沢山になると、死んでもいないのに「死んだ人と(若干でも)キャラ・芸風・芸能界ポジション・人相が被っている人」を死んでる人と混同し易くなる。
      • 歳を召されて高齢で死去した芸能人よりも、事故・ガン・自殺等で若くして(あまり若い人は別。30代以降くらい)夭折した芸能人が当てはまり易い。
        • こういう「熱いお湯」みたいな言い回しにイライラするのも若くない証拠かも。
      • 佐藤浩一と高柳良一、この法則に乗ってしまいそう。
    • 昔から馴染み深い有名芸能人が相次いで亡くなっていき、それに慣れてしまう。
      • 昔から知ってる有名人が亡くなっても、いちいち「えー!!」と思わなくなる。
        • 世代的にも生前を知ってる人が増えてきて訃報を聞くのに慣れてきたので驚かなくなる。
      • 知ってる有名人の訃報を聞くのが多くなったと感じる。
  2. 同性の新人芸能人の名前・顔が段々覚え辛くなってきた。
    • 「ああいう風になりたい」とか「あんなのどこがいいんだ」とか、いちいち感じなくなる。
  3. 引っ越し先選定のポイントは、そばにスーパーがあるか否か。
    • 収入に余裕が生じて、大型冷蔵庫を購入したのを契機に.....。
  4. 洗浄シャワー付きトイレが大好き。
    • むしろシャワートイレを怖がって、いまだに使ったことがない。
  5. 深夜放送のTVショッピング番組をついつい見てしまう。特に健康器具・健康サプリメント・懐かしのヒットソング収録CDなどソソられる。
  6. 甥or姪(他、友人・同僚の子供)の名前の漢字を何度も間違って覚えてしまう。
    • 漢字だけならまだしも
    • 混同してしまう事も。
  7. 関係は良好のままなのに、遊び・旅行に誘っても同行しない友人が増えてきている。
  8. 子供が皆、馬鹿に見える。特に10代後半。
    • 若者を見る度に「最近の若い奴らは…」と思ってしまう。
    • 若者を見る度になんとなく嫌になる。
    • ま、今若い人が年をとって、このぐらいの年になったら(ry
  9. もし結婚して子供が出来るなら、絶対、自分と異なる性別の子がいい。
  10. 「スパスパ人間学」が放映終了になった時、本当に残念に思った。
  11. 家電量販店に無料で利用出来るマッサージ・チェア・コーナーが設置されているのは、ごく当然のサービスだと思っている。
  12. 消費税は是非、年金の為の特定税収にして欲しい。
  13. ゴミ屋敷問題の家主の主張に、一分の理やごく僅かでも同情・共感を感じてしまう。
  14. 帰省シーズンはむしろ実家に帰りたくない。
    • 逆に、親戚を迎える側の人もいる。
  15. これを見た人。
    • あるいは、これの中で10分の1以上当てはまった人。
    • あるいは、これの編集に多く携わっている人。
  16. 更年期障害や精神年齢を計るチェック・シートで結果が悪いと落ち込む。若ければそんなの気にしないし、そもそもやらない。
  17. クレヨンしんちゃんの映画「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」を見て「ああ~懐かしい、あんなの流行ってたんだよなー」と思う。
    • あと2・30年もすればそういうのを知らない「若くない人」も出てくると思うが・・・。
      • 作品名はあくまで時代ごとのノスタルジー作品の一例だろうに。たとえば21世紀に入った今じゃ、セントルイス万博なんて、もう直接体験した人なんて殆ど残っていないだろうしね。
    • 要するに自分と同世代のクリエイターたちが子供時代や青春時代を懐かしむようなネタを題材にし始めた。
  18. 足の小指の爪が、随分、小さくなってきている。
    • 切り過ぎが積もりに積もって.....。
  19. 平日のNHK教育TVを久しぶりに見る機会があったが、全然知らない番組しか放送されていなかった。
    • 「おかあさんといっしょ」があまりにも変わり過ぎていて、全く馴染めない。
    • 昔の教育テレビを懐かしむ。
    • 年齢はまだ若くても、自分の子どもと一緒に観ていて自分の幼い頃の放送と内容が変わり過ぎて時代を感じる。
  20. YouTube画箱で、懐かし番組のオープニング(やエンディング)場面動画、他、懐かしいCM動画をつい夢中で集めてしまう(時の経つのも忘れる)。
    • 見ているうちに余りのノスタルジーで涙腺崩壊。
    • 家にある昔のテレビのビデオを見て夢中になってしまう。
  21. 寝たり座ったりした状態から立ち上がるのにかけ声が必要になった。「どっこいしょ」ならガチ。
    • 「よっこいしょ」でもガチ。「よっこいしょういち」が分かると鬱。
    • 座る時にも「どっこいしょ」or「よっこいしょ」を言うとなお本物。
      • 体を動かし始めるとき、膝間接や腰がパキパキ音を立てる。
        • 音が鳴る度に、若い頃以上に整骨院や接骨院に行くか迷う。
  22. 高級老人ホームの広告を見かけた時、以前までは「お金が一杯掛かりそうで嫌だな」と真っ先に思ったが、最近は「プライバシーが保ち辛そうで嫌だな」とまず思う様になった。
  23. TVの国会中継が面白く感じるようになる。
  24. 口の周りにとろろが付いても痒くならない。
  25. 突然、尻の皮膚全体の表面が(まるでしもやけの様に)無性にイタ痒くなる体験をここ数年味わった記憶が無い。
    • あ~、あった気がする。あれは何だったんだですか?
    • 最近、しきりにTV通販番組で流されている激しく振動するお立ち台(取っ手付き)、あれに乗っかると体験出来ますよw もう痒くなるのなんのってw
  26. 自分の知らぬ間に有名人とかが既に死んでた事を知った時
    • その人が死んでしまった事より死んでから数年経っていた事の方がショックだった。
  27. お気に入りのグループ(タレント、歌手どちらでも可)が解散していたのを、後になって知る
    • 好きだったアイドルが自分の知らぬ間にグループ卒業・芸能界引退していたのを後から知ってショックを受ける。
  28. ラジオやテレビから流れてくる演歌を邪魔くさく感じなくなる
    • 気が付いたときには演歌に聞き入っていた。
    • 歌謡曲も同じ。
    • どうしても「HOME MADE 家族」や「湘南乃風」などの日本語ラップを受け入れる事ができない。
    • 「そして僕は途方に暮れる」を聞いた若い奴に、「この曲どこがサビなんですか」と聞かれ、何か馬鹿にされているような感覚になる。
      • その会話の続き、JAY'EDの「Everybody」を聞いて「この曲の方がサビがどこか分からない」と言って、更に若者に馬鹿にされる。
    • その歌をラジオ以外で聴きたくてもiPodやパソコンにMP3を取り込む方法を知らない。
      • 最悪iPodやパソコンの使い方すら(ry
      • 使えたら使えたでiPodが懐メロだらけになる。
    • アイドルと言えば花の中三トリオなどの清楚系。
      • A○B○8は人が多すぎて名前が覚えられない。
        • A○Bのメンバーは覚えられなくても、「おニャン子」や全盛期の「モー娘。」は今でも覚えている。
        • A○Bを見るたび、おニャン子と比較してしまう。
      • ジャニーズはKinKi Kidsが限界。
        • Kis-My-Ft2(?)を見るたび、光GENJIをダブらせる。
  29. 消費期限や賞味期限が切れた食品でも、冷蔵庫に放りこんどけば食べられると思ってしまう。
    • そもそも消費期限や賞味期限が切れてても特に気にしない。
    • カビの生えたおもちを、カビが生えてる部分だけをとって食べている。
  30. 返信を寄こさないと判っている相手にも毎年、年賀状を送る。
    • 返信してくる人が喪中の場合も少なくない。
      • あるいは、自分の身内が毎年のように亡くなり、喪中はがきを送るのが普通になってしまった。
      • 「若くない人」関係なしに、この高齢化のご時勢ならではの「あるあるネタ」の一つ。
      • 昔から年賀状でやり取りしていた知り合いに音信不通な人が増えてきて寂しい。
  31. 肉より魚が好きになったと思ったとき
    • 油っこい肉類よりも、「ゴボウのきんぴら」などのような素朴であっさりした物が好きになった場合も同じ。
      • スーパーの惣菜コーナーでおかずのチョイスが若い頃と変わった。
    • 職場の飲み会で、若手社員が頼む料理が苦痛になったとき。
    • 自分の子どもがフライドチキンやとんかつを食べているのを見て「油っこいな」と思ってしまう。
      • 唐揚げを食べるときは必ずお酢をつけて食べる。
        • レモンも欠かせない。
  32. 疲れている時にコーヒーを飲むと、ますます疲れて眠くなる。
  33. 果物を生で食べる時、「これを食べるのは何年ぶり(もしくは何ヶ月ぶり)だろう...。」といちいち回顧してしまう。
  34. 昔のテレビやゲームがやたら面白かった気になってくる。
    • そういうものを探しに、足しげく中古ショップに通うようになる。
      • だが購入後、最後まで観たりプレイする気力が続かない。
    • PCエンジンやメガドライブ、セガサターン、ドリームキャストといった単語に反応してしまう。
      • NEO GEOにも反応。
        • 猿のお手玉と言って噴くヤツは真性。
      • SEGAmkIII、マスターシステム・・・。そう言やいとこの家にSG-1000IIがあったなぁ。
    • そして今のテレビ番組やゲームなどを(ry
  35. デジタル式の腕時計を使うのが、気恥ずかしい。
    • スマートウォッチを使うのが恥ずかしい…以前に難解で使いたくない。
  36. Chakuwiki学生利用者の会を見て、若いって良いなと思う。
  37. 主人公のライバルが阪神タイガースのユニフォームを着ている野球マンガを、何の違和感も持たずに読める。
  38. 階段で上り下りすると息切れする。
    • 階段で上り下りする時に、何かしら掛け声を言ってしまう。
      • ほっは、ほっは・・・・・・とっ(踊り場到着)。
    • 基本的に手すりに掴まってゆっくり上り下り。
    • 気が付いたら、若い人たちに抜かされる事が多くなった。
  39. 1年の経過が物凄く早く感じるようになった。
    • 5年位前の出来事でも「ついこの間の事」と思ってしまう。
    • 時がたつのが早く感じる。
    • 「ほんのちょっと前」や「意外と最近」、「歴史が浅い」といった台詞を使うタイミングが、「まだまだ若い人」と全然違う。
      • 「記憶に新しい」とか「ちょっと昔」の意味が“まだ若い人”とは別な意味を指す。
    • 昔を思い出すたびに、「時代の流れを感じるなぁ」と思ってしまう。
  40. 山下達郎の「クリスマスイブ」を聴くと、JR東海のCMを真っ先に思い出してしまう。
    • 車のCMで流れているのを観ても、何か納得がいかない。
      • その車のCMに違和感がある。
    • もちろんひかり号と言えば食堂車のついた二階建て車両である。
      • むしろ「はぁ? 新幹線に二階建て車両なんかあるわけねえじゃん。近鉄のビスタカーなら知ってる」と笑う。
      • ひかりの停車駅は東京・新横浜・名古屋・京都・新大阪だと思っている。
        • むしろ開業時ひかりの停車駅だった東京・名古屋・京都・新大阪で覚えてしまっている方も多いかと。
      • 新幹線に品川駅が出来たことを知らない人も居るかも。
  41. バブル景気の話になるとやたら熱く語ってしまう。
    • バブル経済時代を懐かしむ。
      • さらに年配の方々は、高度成長期を懐かしむ。
    • そういう時代がまた到来してくれたら...と思っている。
    • そして「半沢直樹」に共感を覚える。
    • 2008年のリーマンショックの時に、90年代のバブル崩壊を思い出してしまった人も少なからずいる。
  42. これから先の人生の事を真剣に考える様になった。
    • 老後の事が今から心配で仕方が無い。
      • ろくでも無い結果しか予想できないので、心配するのを止める。目をそらす。
      • 時々養老保険や個人年金の解説サイトを見入っている。
        • 結局損じゃねーのか、とか真顔でつぶやく。
    • 自分の子供のことも気になって仕方がない。
  43. 旅行から帰ってきて、一晩寝ても疲れが取れなくなってきた。
    • 旅行は必ず1日多く休む。日曜に帰ってくるなら、月曜は有給にしておく。
  44. 明日の事を考えて、早めに寝る様になった。
    • で、早朝に目が覚める様になってしまった。
      • 例としては、夜9時に寝て、朝5時に起きたりする。
  45. PHSやポケベルがどんなものなのか、説明する事が出来る。
    • 昔自分が使っていたものを今でも残してる人もいる。
    • 若くてもPHS使っている人多いのに、WILLCOMとか。
  46. CDTVで上位の曲を聴いても、知らない曲ばかりでつまらない。
    • MステやHEY!HEY!HEY!の懐メロコーナーに見入ってしまう。
      • ベストヒットUSAのリクエストやTIME MACHINEのコーナーにも見入る。
      • 懐メロコーナーで紹介される曲が、知らない曲ばかりでつまらなくなってきた時期のものだったりする。
      • BSの歌謡番組を観ることが多くなった。
  47. スヌーピーのアニメを見た時、チャーリー・ブラウン役が中年男性(谷啓orなべおさみor古田信幸)か杉山佳寿子(女性だが中年男性風の声優)でないと嫌になる。
  48. 南海キャンディーズの男の方の名前をちょくちょく忘れる(もしくは、なかなか覚えられない)。
    • この人も含め、お笑いコンビの「じゃない方」の人の名前を「まだ若い人」以上に覚えきれない。
  49. 昔のフルーツカルピスを無性に飲みたい時がある。あんなに変な味だったのに......。
  50. お年玉をあげる時、相手の子供の年齢がどの位かで即座に適切価格が頭に浮かぶ。
  51. いま普通に食べられるものが、以前はとてもじゃないけど食べられなかったことを思い出したとき(特に酒のつまみ等)。
  52. 暴食が出来なくなった。無理にやると胸やけ・胃痛など、確実に尾を引く。
  53. 平日のお昼は、「いいとも!」よりも、「ワイドスクランブル」を見るようになる。
    • うちの地元ではおもいッきりイイ!TVだ。ワイドスクランブルなんか大阪に来て初めて知りました。
    • 朝はやっぱりNHK
      • 昼も夜もNHK。
      • 最近はNHKも民放臭くなってきたので地上波は独U局を除きほとんど見なくなった。
    • テレビはNHKだけしか見ない人もいる。
      • OTAKUだって深夜アニメ以外民放を殆ど見ない。てか、完全にテレビを見捨てている。
      • お笑い番組、バラエティ番組を「うるさい」という理由で見ない。
      • NHKも含めてどうせ見ないので、アンテナやB-CASカードを付けていなくても不自由しない。
      • 今どきの民放の番組で好きになれないものが多い。
      • CSしか見てない人も。
  54. サッカーワールドカップでさえ毎年やってるような気がしてくる
    • 次のオリンピック? え、もう来年!? ・・・・・・とか驚く。
  55. かきのたねのピーナッツや、甘酒に中に入っている酒粕を邪魔に感じなくなった。
  56. 子供やペットに赤い服を着せたがる。
    • 病気にならないという古くからの因習。
  57. 演出の一環で、あえてわざとあらすじの時系列を無視させてる映画作品(例:呪怨シリーズ、スローターハウス5)が許せない。
    • 「ペイネ 愛の世界旅行」(アニメ)なんかもそうか...。
      • 「アニメンタリー 決断」も....。
    • これ
    • 許せなくてもわからなくても、見る人はまだ若い。
      • もう若くない人は、そういう作品を見ようとも思わない。それどころか存在も知らない。
  58. パートナーと×××をするとき、狭いベッドでは不可能になった。
  59. 友人達がつきあったり別れたりする代わりに、結婚したり離婚したりする。
  60. 薄型テレビは上に小物が載せられないと気付いた途端、がっかりした。
  61. 今のドラマは似たような俳優しか出ていないように感じられる。
    • というか若い俳優の名前が覚えられなくなっている。
    • 若い歌手も然り。
  62. 利用する可能性のある公共交通機関(地下鉄・電車・JR・空港)のエレベーター設置位置を全て記憶している。
    • そこにエレベーターが無いとへこむ。
  63. 「あの頃は良かった」とか「もしタイムマシンがあれば昔に戻りたい」とか呟いてる。
  64. 新聞の折り込みチラシとして入ってくる百貨店クリスマス商戦チラシ(子供向けクリスマスプレゼント広告)がゲームソフトに完全占拠されてるのを見る度、やるせなくなる。
  65. 憧れていたスポーツ選手が引退して指導者や解説者になっていた。
    • 【解説者限定】引退してた事を知らず、「アルバイト?」とか思ってしまった。
    • あまりの驚きに、「ゲスト解説か」と思ってしまう。
    • 自分と同世代のスポーツ選手が次々と引退していく。
  66. 若い頃は敬遠していた時代劇が面白く感じてしまう。
  67. 全日三沢」「新日武藤」etc.
  68. 手が震えて目薬がうまくさせない。
  69. カーラジオはいつもNHK第一だ。
    • NHKに限らず、ラジオは絶対AMしか聴かない。
      • FMを聞くとしてもやはりNHK。
    • 北海道では自称「STV派」が多い。北朝鮮国民ラジオリスナー並みにチューニング固定率が高い。
    • 民放FMはDJが何を言っているのかが分からないので聴かない。
  70. 英語の筆記体が当たり前に読める。
    • 選択英語で筆記体習って読めるようになった私はおじさんですか、そうですか。(by中学生)
    • 国際科の高校生もおっさん、おばはんか!
    • 95年生まれのインターナショナルスクーラーである自分も(ry
    • 外国語学部の大学生も…!?
  71. 「VHSよりベータの方が画像はキレイだったんだ。」と力説できる。
    • 「液晶テレビやプラズマテレビよりブラウン管テレビの方が綺麗なんだおーー」←事実(特にハイビジョン画質でなく通常画質のDVDやビデオを観る時!!!)なのに、この主張も同じ様な視線に晒される。
      • 薄くてスペースを取らないので無理矢理液晶で妥協する。
      • DVDの画質の悪さには辟易するが、かと言ってじゃあBDやBSデジタル放送を見るかと言えば、そんなことはない。
  72. 旅行に行ったとき、ツアーの観光コースでもけっこう楽しめるようになった。
  73. 偶然鏡やガラスに映って誰このおじさん/おばさんと思い、そしたら自分だったとき。
  74. 何がしかのメーカーを崇める信者になっている(例:SONY信者、Mac信者、ホンダ信者、SEGA信者)。
  75. 今年が何年なのかわからない。「あれ?今年って平成10年(2005年)だっけ??」
    • むしろ自分の年齢もわからない。
      • そういうことでないだろう。昭和以外の元号に親近感が湧かず、西暦からの換算も昭和の頃に比べ面倒。年代の切り替わりも5年単位で整合取れてたのに、それも今は無い。ビジネス文書で西暦のみ使う企業が増えている。あとは新聞離れも要因として大きい。
      • 仕事で保険や税金に関わる機会が多いと、和暦は普通に健在。
    • 西暦より年号(昭和や平成)の方が分かりやすい。
      • 年号を西暦に変えたいのは「まだ若い人」。西暦を年号に変えたいのは「もう若くない人」である。
      • 年号ベースの自分と西暦ベースの若い人との間で話が噛み合ない。
        • 「そうだな、あれは(昭和)50年代ごろだったか…」「えっ(19)50年代じゃ○○さんでもまだ赤ちゃんでしょ?」
        • 今の年数を昭和に置き換える計算がパッとできる。
          • (例)「2010年は平成22年だから、昭和で言うと85年か。」みたいな感じ。
    • 年齢を干支で言う(うちの母)。
      • それで親戚や知人の誰が何歳差で実際何歳かと即時判断する。そこから和暦はすぐ出るが、西暦にする時に盛大な処理遅延発生。すごいんだかすごくないんだか。
      • 例としては、生まれた年を聞かれて「私、申です。昭和43年生まれ」と答えてしまう。
  76. 休日は、どこかに出かけるよりも家でのんびりしていたい。
    • 元々どこかに出かけるのが好きでも、インドア派になってしまう。
    • 行きたい所があってもつい面倒くさくなってしまう。
    • 出かける気になるのは、日帰り温泉等ののんびりできるところ。
  77. 「誕生日おめでとう」と言われても素直に喜べない。
    • しかし、ついついケーキを買ってきてしまう。
  78. 自分が五歳以下の頃(もしくはまだ生まれてもいない時代)の歌謡曲なのに、イントロが聞こえただけで(曲名は分からずとも)サビ部分の歌詞が分かってしまう。
    • 無駄に昔の曲に詳しい。半田健人なんかがあてはまる。
    • 今の曲より昔の曲の方が好き。
  79. 民放テレビ放送は無料が当たり前。スカパー!WOWOWもケーブルテレビも嫌い。
    • しかし渋々スカパーやwowowを見ていたりする。
  80. 「コナン」と言われれば頭に浮かぶのは「名探偵コナン」ではなく「未来少年コナン」。映画OO7シリーズは「ダブル・オー・セブン」ではなく「ゼロゼロ・セブン」。
    • クラリスとナウシカはどっちがいいか、フラウとセイラはどっちがいいかで議論が白熱する。
      • レイ派とアスカ派もすでに年寄りの部類かもな。
  81. 店内商品がすっかりビデオからDVDに置き換わってしまったレンタルビデオ屋から足が遠のいてしまう(ダビングの仕方が判らないから)。
    • DVDやBDしか置いてなくてもレンタルビデオと言う。
  82. 子供の友達の名前を覚えるのが難しい。
    • テレビに出ている俳優とかと同じように、代名詞で覚える事が多い。
    • 名前だけでなく、顔と名前を一致させるのも難しい。
  83. 「そーらーたかくー♪」という歌い出しに思わず「fu!」と合の手を入れる。
  84. 「区」が付いた堺市に馴染めない大阪府民。
    • 静岡市清水区に馴染めない静岡県民。
    • 「自分の住む区の名前が変わるのが嫌」というだけで大阪都構想に反対した大阪市民。
    • 「平成の大合併」も含め合併などで変わる前の住所で未だに覚えてしまっている。
  85. Chakuwikiで「この利用者さんの投稿 割とツボだな~」と思って利用者ページを見ると結構な割合で自称「おっさん」。
  86. 自分にはトキメキが起こりえないので周囲の色恋沙汰の話に興味津々(特に既婚者)。
  87. 年齢を数え年で答える。満何歳かわからない。
  88. 好きなアニメがこういう番組にて取り上げられる。
    • 放送当時は誰しも知っていたアニメだったのだが今ではすっかりマイナー
    • 出てくる映像に対するスタジオの反応で「そこはこれこれこういう経緯だ! なんでそのシーンを出すのにあれを説明しない!」とやたら怒り出し、懐かしさよりストレスの方が多い。
      • 特に視聴者が選ぶランキングへのツッコミと来たらもう・・・。
    • 知らない人にはどうでもいいことに、とにかくブツクサ文句を言う。
      • OP曲に「2期のがいいのに」とか。
    • その種の番組で取り上げられるアニメの中にも、タイトルすら知らないものがいくつもあったりする(アニメファン、オタクでない人の場合)。
      • もちろん、知らない理由は「自分が生まれる前や物心つく前の作品だから」ではない。
  89. 深夜・早朝に電話のベルが鳴ると、離れて暮らしている家族(両親、兄弟姉妹)の急の不幸を知らせる電話かと、かなりドッキリさせられる(ワン切りは本当に迷惑だ)。
  90. 役所から所在を確認された。
    • 最近孤独死しないか不安だ。
  91. 名曲のカバー版が出てもしっくりこない。
    • なので「浪漫飛行」や「GET WILD」などのカバーを聞いても(ry
      • 「Choo Choo Train」や「贈る言葉」もオリジナル版の方がしっくりくる。
        • 前者を聞くと真っ先にJR東日本のCMを思い出す。
        • 後者の曲と言えば「金八先生」のイメージしかない。
        • Choo Choo Trainはまだわかるが、贈る言葉のカバーはただのおふざけだからな。一緒にしたらダメよ。
      • で、オリジナル曲を集めたベスト盤が出たと言うので、それを近くの「レコード屋」に買いに行くのである。
  92. 痩せた時に、まず病気と心配される。
  93. DVDやHDDレコーダーに興味を示さず、ひたすらVHSを使い続ける。
  94. 20代の若い頃はあちこち遠出したいと好奇心旺盛であったが、30代半ばを過ぎてからあまりどこへも行きたくなくなってくる。特に真夏。
  95. 年末が近づくと、無性に寂しくなる。
    • 年末になると、若い人以上に切なくなる。
  96. 「全然おいしい」「ふつうにおもしろい」とかの日本語が耳障りに感じる。
  97. 野球の国際大会「WBC」に対して「ボクシングか?」と返す。
  98. 落語こそがお笑いだと思うようになる。
  99. 自分よりも一回り下の世代とかが次々と結婚していくのを見る機会が多くなる。
    • スポーツ中継で、自分よりも一回り下の世代とかが活躍している姿を見る機会が多くなる。
  100. “ビニール本”にお世話になったことがある
  101. 恋人・嫁さんの誕生日に気づかずに過ごしてしまう… ことはおろか、言われるまで自分の誕生日だってことを忘れて過ごしてしまっている年がある。
  102. 藤原紀香が出ている白髪染めのCMを見た時に「そんな時代か・・・」と感じる。
  103. ヒューマンエラーよりもコンピュータミスの方が怖いとか言う。
  104. (岡山、香川限定?)香川證券のCMで「証券を始めるタイミングだ」と認定されてしまう。
  105. 観光の際、土産屋で数十分物色するようになった。
  106. 選挙の時、投票に行く意欲が出てきた。
  107. 信託銀行の利用を考え始める。

ペット[編集]

  1. 四本足なのに、時々、前足だけでほふく前進動作をする。
  2. 食べたモノを(少し時間が経過してから)吐き出してしまう。
  3. 外に出ると、時々、床下へ日帰り視察旅行に出掛ける。死に場所探し?
  4. 散歩の途中、他の動物を見つけても、いちいち威嚇行動をとらない。
  5. 鳴き声が一音(例:猫「ニャ」、犬「ウォ」)
  6. 他の節は笑えたがここは可哀想
  7. 【猫限定】庭に侵入した野ネズミを、温かいまなざしで見つめる(何もしない)。
  8. 【ニワトリ限定】戦闘力で町内動物界の頂点に立つ。
    • 某獣医漫画のヒヨちゃんですか?
    • 某ハーレム漫画の烈火の白刃ですか?
  9. 体毛で覆い隠されている筈なのに、皮膚のたるみやシワの多さが何となく判る。
    • 前足後ろ足の付け根の毛が抜けて、座りダコができている。
  10. 【飼い主の中に故人を含むペット限定】誰も居ない筈の部屋で、壁に向かっておとなしく直立不動。霊感?
  11. 真っ黒い毛が茶色になったり色が薄くなる。人間で言う白髪?



スポンサーリンク


関連記事