新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

もし『のだめカンタービレ』がTBSによってドラマ化されていたら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

『のだめカンタービレ』は当初、TBSで上野樹里、岡田准一(V6)主演によってドラマ化の予定だったが、ジャニーズ事務所の圧力により、原作を大きく変更された事と、テーマ曲をV6の歌にしようとした事に原作者の二ノ宮知子が難色を示し、この企画は流れた。

その後フジテレビが原作を十分尊重し、テーマ曲もクラシック曲にする案で二ノ宮サイドに企画を持ちかけ、ドラマ化が実現した。上野樹里主演は当初の予定通りであったが、前述のいきさつからジャニーズ系のタレントは一切出演していない。

  1. 原作ファンからは総スカンを食らう。
  2. 男性出演者がジャニーズ一色になる。
    • 千秋=岡田准一
    • 峰=三宅健
    • 真澄ちゃん=森田剛
    • シュトレーゼマン=城島茂
    • 峰の父=あおい輝彦
  3. 玉木宏がエランドール賞に選ばれる事はなかった。
    • 「鹿男あをによし」の主人公も別の俳優がやっていた。
    • そのせいで「鹿男あをによし」もブレイクしなかった。
      • 多部未華子の名前も世に知れ渡らなかったかもしれない。
        • TBS「浪速少年探偵団」や日テレ「ドS刑事」で、主演できたかどうか?
          • 日本テレビのほうは「デカワンコ」にするべきかと。
    • 永谷園やユーキャン等のCMにも出ていなかった。
  4. 後に製作されるアニメ版はTBS木曜25:25枠、BS-i木曜24:30 or 25:00枠での放送となる。
    • 製作はアニプレックスが担当。
      • 主題歌を担当するアーティストは必ず土6アニメやBLEACHを担当する(orしていた)であろう。
      • MBSが制作していたかもしれない。
  5. 代わりに放送された『花より男子』が再びブレイクすることはなかった。
    • 井上真央のイメージは、今でも『キッズウォーの茜』のままだった。
    • 『花より男子』と言えば内田有紀(映画)のまま。
    • 嵐も2008年時点で現実のV6のように落ち目になっていた可能性も否定できない。
    • 小栗旬はイケメン俳優になれなかったし、松田翔太は親の七光りで終わってた。
      • 小栗旬の嫁は山田優じゃなくて矢口だった。
    • 「FFX盗作疑惑」が発生しないため、大塚愛は今ほど叩かれていない。
  6. 上野樹里はフジ系「いいとも!」のテレホンショッキングのゲストに出演する事はあっても、コーナーゲストに出演することは無かった。
  7. ジャニーズ事務所アミューズの関係が悪化することもなかった。
  8. その後映画化されていたかどうかも微妙だったかも。
  9. 2010年10月10日に「日本映画専門チャンネル」(フジテレビと関連あるチャンネル)の「日曜邦画劇場」での放送が無く、TBSチャンネルで別の日に放送される。
  10. さらに言えばNHKのドラマ(2009下半期と2011上半期の朝ドラ、2011大河)のヒロインが変わっていたことになる。
  11. 上野樹里がブレイクしなければ、上野の妹がテレ朝「ロンドンハーツ」に出る事も無かったかも。
    • ロンドンハーツに出た上野まなは妹ではなく「姉」

関連商品[編集]




関連記事