もしあのアニメが大ヒットしていたら/き

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

もしあのアニメが大ヒットしていたら >

半保護中
このページは「度重なる荒らし」のため2019年12月21日 (土) 21:31(JST)まで、半保護(匿名投稿と新規登録者の投稿を制限)されています。
詳しい経緯、及び議論はトークページへお願いします。

※編集される方は「Chakuwiki:お願い/もしあの番組」をご覧ください。

目次

きあ~きこ

GEAR戦士電童

  1. 1年の放送を全うできた。
    • 史実では本作の後番組だった『スクライド』の放送開始が1~2クールほど遅れていた。
    • コミックボンボンの漫画版も同時進行で続いており、コミックスも刊行されていた(史実では未コミックス化)。
  2. シリーズ化されており『勇者シリーズ』および『エルドランシリーズ』とならぶサンライズの低年齢層向けの第3のシリーズとして確立した。
    • キャラデザイン担当の久行宏和がネット上に企画とイラストを記載していた「GEAR戦士電童2」の設定がこちらで使われていた。
    • 史実ではお蔵入りとなったクール・ゲイツが名称を変えて登場したかも。
  3. 『機動戦士ガンダムSEED』は製作されなかったか、史実より後にされていた。
    • ガンダムSEEDの監督・脚本は別の人になっていた可能性も。
      • 本作の一部基地デザインがSEEDに流用されることはなかったかも。
    • 前者の場合、ここに書かれているいくつかが現実のものになっていた。
  4. 進藤尚美はこの時点で大ブレイクしていた。
    • 中多和宏(現:中田和宏)は本作以降、二枚目役も多く演じるようになった。
    • 芳野美樹・河合義雄も史実より人気が出ており、現在も精力的にアニメに出演している。
  5. スパロボシリーズの常連となっており、NEOやOEとかにも出演していただろう。
  6. ブルホーンの扱いが史実より良くなっており、ファイナルアタックは3回以上披露。さらに、データウェポン一斉装着時にその姿が描かれていた。
    • 輝刃ブレイカーや輝刃スピナーの使用回数も多くなっていた。
  7. 影山ヒロノブと共に主題歌を歌った三重野瞳はアニソン歌手としてブレイクを果たした。
  8. 一部キャラの設定改変による現場でのいざこざがなければこの項目のようになっていたのかもしれない。
  9. C-DRiVEも人気が出ており、楽曲は三曲目以降も発表され続けていた。
    • キャラデザインが「舞-HiME」に流用されることはなかったかも。
  10. アカツキの大太刀とフェニックスエールの使用が史実よりも多かった。
    • むしろ、史実よりも早く登場していた。
    • DXフェニックスエールが発売されていた。
    • アカツキの大太刀は抽選限定品となっていた。
    • もしくはトイザラスでは限定版として、DXギアコマンド 電童とアカツキの大太刀のセットで発売されていた。
  11. スーパーロボット超合金の期待が強く、輝刀とフェニックスエール、アカツキの大太刀が発売されていた。
    • 輝刃は店舗販売、フェニックスエールとアカツキの大太刀は魂ウェブ商店限定品として発売されていた。

奇異太郎少年の妖怪絵日記

  1. 仲田ありさは大ブレイクしていた。
  2. 鳥取県をエリアとする放送局での放送が実現したかもしれない。
  3. 子供向けにアレンジされた第2期が製作されたかもしれない。
  4. Le Lienが2016年いっぱいで解散することはなかったかも。

機甲艦隊ダイラガーXV

海外では前作『百獣王ゴライオン』との統合により、『ボルトロン』としてヒットしましたが、もし日本国内での人気も高かったと仮定します。

  1. 大人数のパイロットによるロボットアニメが定着していた。
    • TFシリーズや勇者シリーズは登場ロボのほとんどが搭乗型ロボになっていたかもしれない。
      • それでも一部の機体は史実同様の生命体ロボとして登場している。
  2. スパロボにも参戦していた。
    • それでも精神コマンドが使えるメンバーは15人中9人が限度か。
  3. サルタとバーロスの扱いが史実より優遇されていた。
  4. ハルカ役の飯塚はる美は人気声優としてブレイクしていた。
  5. しっかり超合金魂が発売された。
  6. 日本国内でもDVDがすでに発売されている。

機甲戦記ドラグナー

  1. 以後も名古屋テレビ(現メーテレ)、サンライズ製作のリアルロボットアニメが続いていた。
    • そのため、『勇者シリーズ』は存在しなかったのかもしれない。
      • 仮に勇者シリーズがあったとすればそのままトランスフォーマーシリーズの後番組になっていた。
    • 広告代理店は創通およびメインスポンサーはバンダイのままだった。
    • 『機動戦士ガンダムF91』はテレビシリーズとなっていた。
    • 『機動戦士Vガンダム』から『機動新世紀ガンダムX』もこの時間帯に放送されていた。
    • 『ブレンパワード』もWOWOWではなくこの時間帯だったかもしれない。
    • 『∀ガンダム』『機動戦士ガンダムSEEDシリーズ』『機動戦士ガンダムOO』『機動戦士ガンダムAGE』もこの時間帯で放送され、名古屋テレビ(現メーテレ)製作になっていた。
      • SDガンダムフォース・SDガンダム三国伝・ガンダムビルドファイターズもメーテレ製作だった。
        • ガンダムネタの関係でケロロ軍曹もメーテレ製作だった。
      • 『ガンダム Gのレコンギスタ』もメーテレ製作だった。
      • 『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』もメーテレ製作だった。
  2. スパロボシリーズの常連となっていた。
  3. 平松晶子のブレイクは史実より早くなっていた。
  4. 後期主題歌を歌った山瀬まみは本作以後、アニメソングを歌う機会が増えていたかもしれない。
    • そして今頃(2010年代)はアニメソング関連のイベントに頻繁に出演していたかも。
  5. 路線変更も起こらずグン・ジェム隊やヤン老師は登場しなかった。
    • 史実でのミン大尉のポジションで別の女性キャラが登場していた。

奇鋼仙女ロウラン

  1. 第2期が製作されていた。
    • 1話の放送時間が30分に拡大されていた。
    • 各キャラクターの掘り下げがより細かく行われていた。
    • 漫画版も同時進行で続いていた。
  2. 今野宏美は以後も主要キャラの役を史実よりも多く担当していた。

機甲創世記モスピーダ

  1. 後番組は当初、本作の続編として企画されていた『メガゾーン23』になっていた。
  2. バイクがモチーフのロボットアニメは史実以上に増えていた。
    • 「GEAR戦士電童」にて、当初ビークル形態を持つ設定だったデータウェポンにバイクに変形するはずだったものがいる関係で、ビークル形態が採用されていた。
    • 少なくとも海外でライドアーマーのプラモデルがマシンロボのバイクロボに無理矢理リデコされるような事は無かったはず。
  3. 学研は玩具事業に本格参入していた。
  4. 主演の大山尚雄は大ブレイクしていた。
  5. 海外版である『ロボテック』は本作ではなく『超時空世紀オーガス』が組み込まれ、文字通り「超時空シリーズの海外版」となっていた。
    • オーガスが除外されたのって製作会社が違うからじゃなかったっけ?
  6. スパロボにも参戦していた。
  7. フジテレビ系列日曜9時30分のアニメ枠は史実よりも長続きしていた

きさ~きも

鬼神童子ZENKI

  1. 丸2年間放送されていた。
    • カルマ編終了後は四呪士編→黄泉軍団編→犬神編(こちらはほぼ原作準拠)→ヴァサラ編→憑依神編→龍魔大帝編の順で放送されていた。
  2. OVA版はもう少し明るい展開になっていた。
  3. 原作ももう少し続いていた

機神咆吼デモンベイン

  1. ヴューワークスの任意整理は免れていた。
    • 「ARMORED CORE FORT TOWER SONG」は予定通り発売されていた。
  2. 地上波での放送が実現していた。
    • テレビ東京系列で放送されたかもしれない。
  3. 史実以上にスパロボの常連になっていた。
    • UXではなくZシリーズで初参戦を果たしていた。
    • スパロボで声優が変更されることはなかったかもしれない。
  4. ニトロプラスの一般作品だけでなく他エロゲー作品も可能な限り徹底的にアニメ化されていた。
    • 「Phantom -PHANTOM OF INFERNO-」は史実より早くテレビ化されていた。
  5. 原作の続編「機神飛翔デモンベイン」もほどなくアニメ化されていた。地上波だったかは疑問だが。
  6. 神田理江、佐藤美佳子、黒河奈美は大ブレイクしていてエロゲー原作アニメ以外にも史実以上に多く出演していた。
  7. 増尾昭一は以降死去までテレビアニメの監督を担当していた。

キスダム -ENGAGE planet-

  1. (史実では発売延期していた)DVDが発売されていた。
  2. 中村悠一、井上麻里奈、戸松遥、明坂聡美、井口裕香らはこの時点で大ブレイクしていた。
  3. 制作上のゴタゴタがなければこの項目のようになっていたかもしれない。

キズナイーバー

  1. 川島道行の死去はもっと大ニュースとなっていた。
    • 遺作となったOP曲も1位を狙えるほどもっと売れていて紅白歌合戦の可能性も出ていた。
  2. 寺崎裕香は結婚、出産できる状況にはならなかったかもしれない。
  3. 三輪士郎は以後もアニメのキャラデザを手がけていた。
    • 「DOGS/BULLETS&CARNAGE」がテレビアニメ化される可能性が出ていた。
  4. 映画との兼ね合いもあれど2017年も岡田麿里が手がけた深夜アニメが放送されたかもしれない。

帰宅部活動記録

  1. 日本テレビ以外の地上波局での放送は史実より早かった。
    • 関西ではKBS京都、サンテレビではなくytvのMANPA枠での放送だった。
  2. 「NEWS×it」もアニメ化されていた。
  3. 結名美月、小林美晴、相内沙英といった新人声優は以降も順調に主役級含めて出演作を増やしていた。
  4. 帰宅部を正式な部活動とする高校が現実でも続出していた。
  5. 同局の「てさぐれ!部活もの」との大々的なコラボもあった。

キディ・ガーランド

  1. 内田彩は「ラブライブ!」ではなく、この作品で大ブレイクしていた。
    • 合田彩もこの作品で大ブレイクしており、内田彩と間違われる人が史実よりも多くなっていた。
  2. 前作である「キディ・グレイド」が再評価されていた。
  3. gimikが活動停止をすることなく以降もアニメを積極的に手がけていた。

キノの旅

  1. 2期(現実の2017年版)でスタッフが大幅に変更されることはなかった。
    • 主人公役の前田愛を見てデジモンの人?と勘違いする人が続出。 (※中村勘九郎の妻の方です)
  2. 『学園キノ』もアニメ化していたかもしれない。

牙-KIBA-

  1. 原作カードゲームは現在でも続けられていた。
    • ポスト遊戯王はヴァンガードではなく本作だったかもしれない。
  2. カードゲームを発売していたアッパーデックジャパンは倒産することはなかった。
  3. TCG業界は史実とは違うものになっていた。
    • 逆にバトスピの方が短命に終わっていた。
    • ブシロードはキャラクター系に鞍替えしていた。
  4. SMEの土6枠に変わるキラーコンテンツになっていた。
  5. 日曜朝のさわやかアニメ』と揶揄されるくらいだった鬱展開を抑えられればこの項目のようになっていたのかもしれない。

Gift 〜eternal rainbow〜

  1. MOONSTONE作品のアニメ化は以降も積極的に行われていて独立元のCIRCUSと肩を並べるメーカーとなっていた。
  2. アニメ魂の製作委員会から撤退する企業が出てくることはなくアニメスピリッツへの改称もなかったかも。
    • 後番組「ショートDEアニメ魂」は遅れネット含め本作品放送局全てで放送されていた。
  3. 京都の地主神社は鷲宮神社に先駆けて本作品のファンで溢れかえってた。
    • でもR-18ゲーム原作だから反発は必至だった。
  4. ED曲の歌手はブレイクしていて以降も積極的に活動していた。
  5. 担当した監督は以降も連続もののテレビアニメの監督を多く担当していた。
  6. OLM TEAM IWASAは以降も元請を担当していて、独立でWHITE FOXを立ち上げていたかどうか不透明。

君が望む永遠

  • minami(当時栗林みな実)がアニソン歌手として成功するきっかけとなりましたが本作品も史実以上にヒットしていたら。
  1. 「君が望む永遠 〜Next Season〜」はOVAではなく第2期として放送されていた。
  2. 「君が望む永遠 〜special FanDisk〜」のシナリオもテレビアニメ化していた。
  3. 「アカネマニアックス」もテレビアニメとして放送されていた。
  4. マブラヴも第一作目から順次テレビアニメ化されていた。
  5. 浅井清己はアニメでも史実以上に大ブレイクしていて吹き替え主体の活動にはならなかった。
    • 石橋朋子・上原ともみは一般アニメにも多く出演するようになっていた。
    • 吉田恭子は大ブレイクしており、人気声優の仲間入りを果たしていた。
  6. 社会文化会館(当時の社民党本部)で本作品関連にとどまらずアニメ関連イベントが多く開催されるようになっていた。
    • もしかしたら建て替え費用を捻出できていて取り壊しせずに済んだかもしれない。

君と僕。

  • 何期もアニメ化されるほどだったら。
  1. 佐藤美由希は以降もメイン級の出演作があった。
  2. 「男子高校生の日常」もテレ東全系列局での放送だっただろう。
  3. 1期OPの7!!は売上を落とすことなくこの時点で大ブレイクしていた。
    • 1期EDの沢井美空も名実ともにブレイクしていた。
    • さかいゆうは以降もテレビアニメ主題歌を担当したかもしれない。

君のいる町

  1. 本作でデビューしたタカオユキは史実以上にブレイクしていた。
  2. テレビ東京の土曜23時30分のアニメ枠は現在まで継続していたか、もう少し長く続いていた。
  3. 「風夏」もテレビ東京での放送だった。
  4. 中島愛はフリーになっても声優活動は活発だったかもしれない。
  5. 庄原市は脚光を浴びていた。

きや

逆転裁判 〜その「真実」、異議あり!〜

  • 第1話が6.5%の高視聴率を獲得したが、アニメとしては酷評が目立った。
  1. 裁判を題材とした作品は増えていた。
  2. ジャニーズWESTは史実以上にブレイクしていた。
    • 「炎の転校生 REBORN」はNETFLIXではなく地上波放送だった。
    • 2018年版の「キャプテン翼」は18時台の放送だったかもしれない。
    • 本作第2期のOPも続投していた。
    • 2019年のワールドカップバレーのイメージキャラは彼らでなく無名の新人が抜擢された。
  3. 外崎真は以降もアニメーションプロデューサーを継続的に担当していた。
  4. 第2期の制作も2018年10月まで待たずに済んだ。

逆境無頼カイジ Ultimate Survivor/逆境無頼カイジ 破戒録篇

原作はヒットしましたが、アニメの売上もヒットしていたら。

  1. メインキャラの声優陣(本業俳優)の何人かは声優としての仕事も増えていた。
  2. Eカードがもっと流行していた。
  3. 限定じゃんけんのカード、Eカードの売上も上がっていた。
  4. 豊作の2011年春アニメのヒット作が1つ増えていた。
    • むしろ公表通りに2010年に第2作(破戒録篇)が作成されていた。
      • さらに賭博堕天録カイジのアニメも作成されていただろう。
  5. 2009年公開の「カイジ 人生逆転ゲーム」および「カイジ2 人生奪回ゲーム」も大ヒットを記録していた。
  6. 久保ユリカはラブライブ!よりカイジのイメージが強かった。

キャッ党忍伝てやんでえ

  1. 放送終了直後にLDおよびビデオが全巻発売されていた。
  2. 後番組もタツノコプロ製作のアニメだった。
    • 『宇宙の騎士テッカマンブレード』が前倒しになってた可能性もある。

キャプテン

  1. 丸一年以上放送されていた。
    • 原作の最後まで放送する場合、原作が作者・ちばあきおの逝去により未完となっているため、原作のストックを使い切った後はオリジナルの展開に突入。切りの良い番組編成期まで放送されていた。
  2. 後番組は「プレイボール」だった。
  3. 和栗正明・熊谷誠二・木村陽司らは以後も声優として積極的に活動していた。
  4. リアル系野球漫画も市民権を得ていた。

キャプテン翼 世界大決戦!! Jr.ワールドカップ

  1. 「新・キャプテン翼」はOVAではなく、テレビ東京系で放送されていた。
    • 史実での「キャプテン翼J」放送時期にテレビ東京系で「キャプテン翼 ワールドユース編」が放送されており、リメイク扱いにならなかった。
      • スタッフ・キャストも一通り続投し、ワールドユース編以降のキャストはドラゴンボールのように少しずつ変更されていた。
      • 原作のワールドユース編ももう少し続いていた。
      • さらに史実での平成版の放送時期に「RORD TO 2002」の前半の内容を放送。その後は原作のストックがたまり次第2002の後半→「GOLDEN-23」→「海外激闘編 IN CALCIO 日いずる国のジョカトーレ」→「海外激闘編 EN LA LIGA」の順で放送された。
  2. 土田プロダクションが倒産することもなく、「新」以降も本シリーズの制作を続けていた。

キャラディのジョークな毎日

  1. 安田美沙子は声優活動を続けていた。
  2. テレビアニメの産学協同製作はもっと発展していた。
  3. 東名阪ネット6はドラマだけでなくアニメも積極的に製作していた。
    • 以降は昭和物語とAKB0048だけ。
    • 関東圏UHFアニメのTOKYO MX依存も史実ほどではない。
  4. 365日放送されるテレビアニメは以降も続出していた。

GANGSTA.

  1. マングローブは倒産を免れていたのではないだろうか。
    • 円盤の発売が2年も中断することもなかった。
    • 「マングロった」というネットスラングが誕生することはなかった。
  2. 三上哲はアニメでも大ブレイクしていた。
  3. 原作の連載も中断することもなかった。
  4. Annabelは以降も自身の名義でシングルを出し続けていてsiraphを結成することはなかったかもしれない。

キャンディ・キャンディ(1992年劇場版)

  1. その後、東映アニメーションでリメイク版のテレビシリーズが制作されていたかもしれない。

Candy☆Boy

  1. 地上波TVで新シリーズ放映が行われていた。
  2. AICのアニメ2.0方式メディアミックスがこのアニメのみで終わることはなかった。
    • 場合によってはこの作品のようにネット配信のみからシリーズを始めて、続編をテレビなどで行うアニメが史実より増えていた。
  3. ドリーミュージック社がオタクアニメ業界に本格参入していたかも。
    • その場合MEILINがアニソン歌手として同社関連のアニメの主題歌を担当し、日本での歌手生命が史実より長くなっていた。

Canvas2 〜虹色のスケッチ〜

  1. 本作でキャラが登場した作品含め以降もF&C作品は積極的にテレビアニメ化されていた。
    • Piaキャロも確実にテレビアニメ化されていた。
  2. 主題歌を担当したユニットは大ブレイクしていた上両ユニットのボーカルだったYURIAも以降史実以上にテレビアニメ主題歌を歌い続けていた。
  3. 徳永愛、宮川美保は主役級常連声優の仲間入りを果たしていた。

きゆ・きよ

キューティーハニー

Cutie Honey Universe

  1. BPO案件の可能性が出ていた。
  2. 東映アニメーションは激しく後悔していた。
  3. 坂本真綾は以降も主役級常連であり続けていた。
  4. 関東以外の地上波局でも放送されていた。
  5. 小林幸子繋がりで「バーチャルさんはみている」は最初からTOKYO MX以外での地上波放送もあった。
  6. A応PはCDの売上を著しく落とすことはなかった。
  7. 歌の「キューティーハニー」を使わなかったことへの批判は生じなかった。

境界線上のホライゾン

「ヒットしていなかったら」の項目にもありますが、ここでは原作未読者からの評判が概ね良かったらと仮定します。

  1. 福山潤と小清水亜美が黄金コンビと称されていた。
  2. 「電撃文庫FC」などのクロスオーバー・コラボレーションに起用されることが多くなっていた。
    • 後に「電撃文庫FCI」で浅間・智がサポートキャラで参加したが、プレイアブルキャラでも本作のキャラクターが参加していたかもしれない。
  3. 杉田智和のイメージが変わっていた…かもしれない。
  4. 3期制作の期待は史実よりも更に高まっていた。あるいは既に実現していた。
    • 2018年ブルーレイボックスの特典OVAの内容はテレビシリーズの一部として制作されていた。
  5. 終わりのクロニクルのアニメ化も実現していただろう。
  6. 新田恵海はこの時点で大ブレイクしており、テレビアニメに出演する機会もやや増えていたかもしれない。
    • 小山剛志や黒田崇矢もアニメの出演が増えていた。
    • 新田が出演していた「ラブライブ!(第1期)」は本放送当時の時点で大ヒットしていたかも。

境界の彼方

  1. 製作委員会に入りながら放送しなかったTBSは後悔していた。
    • 新作は劇場版ではなくテレビアニメ2期がTBSで放送されていた。
    • もしかしたら「されど罪人は竜と踊る」の延期に伴う穴埋めは本作品だったかもしれない。
    • 「響け!ユーフォニアム」「無彩限のファントム・ワールド」などもTBSが製作委員会に入っていたかもしれない。
  2. 作者は以降も新作を出していた。
    • なろう等で公開している過去作品もKAエスマ文庫で商業出版されていた。
  3. 石立太一は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」まで監督担当が遠ざかることはなかった?
  4. 鴨居知世も以降キャラ原案や挿絵を担当していた。
  5. 豊田萌絵、田中メイはブレイクしていた。
  6. 今野宏美のテレビアニメ出演本数が回復していた。
  7. スコティッシュフォールドを飼うのが流行していた。
  8. 「境界線上のホライゾン」「境界のRINNE」のヒットもあり「境界」の名をつけたアニメが続出していた。
    • 「境界のないセカイ」も騒動を乗り越えてアニメ化されたかもしれない。
  9. 放送中に開催された進藤尚美出演の某イベントも史実ほど大失敗することも無かったかもしれない。

仰天人間バトシーラー

  1. 史実では未発売に終わったシール第3弾以降もシールが発売し続けていた。
    • ゴルコマチは当初の予定通り、光・闇両方のピースストーンでの転身姿がシール化されていた。
    • ドラーゴン関係・グレープス星の皆さんはこちらでラインナップされていた。
  2. 第二期以降も製作されており、史実の「ガッツとオルカの冒険伝説」の設定がこちらで使われていた。
    • 漫画版も「キャプテンガッツの大航海」のまま続いており、アニメ・シールと同時進行で連載されていた。
    • 史実ではアニメ未登場に終わったキャラや転身バリエーションもこちらで登場していた。
    • 「東京ミュウミュウ」以降の後番組は史実とは別枠もしくは別の放送局で放送されていた。
  3. 町井美紀・荻原秀樹・永野善一・岩松廉(現:福山廉士)・玉木有紀子(現:環有希)は大ブレイクしており、人気声優の仲間入りを果たしていた。
    • 町井と玉木は現在も積極的にアニメに出演している。
  4. DVDのリリースが中断されることはなかった。
  5. 野沢恵(現:野沢あや)は現在もアニメソングを中心に歌手として活動し続けている。
    • ギニギニ・ロケットもアニメソングを中心に歌手活動を続けている。
  6. 四クール目終盤でガイ一味のメンバーがガッツたちと共闘した際の扱いは史実よりマシになっていた。

京都寺町三条のホームズ

  1. 例に漏れずテレ東系全系列局で放送されていた。
    • びわ湖放送と同時期か先にKBS京都でも遅れネットで放送されていた。
  2. 後番組「軒轅剣 蒼き曜」は本作同様テレ東以外の地上波でも放送されていた。
  3. 富田美憂は史実以上に以降の出演本数を増やしていた。
  4. 和楽器バンドのシングルは前作以上に売れていた。
  5. もしかしたら夏目友人帳のように夕方などでの再放送が実現したかも。
  6. 「女子かう生」もテレ東での放送だった上、MX以外での地上波放送も最初からあった。
    • 本作同様30分アニメになっていたのではないだろうか。
  7. A応Pは本作品OPで売り上げを戻していた。
    • 次シングルでさらに売り上げを下げることはなかった。
    • 「A応Pのあにむす!!」が2019年3月で終了することはなかったかもしれない。
      • 次の冠番組がAT-X主体になることなくテレ東は引き続き放送していた。

今日の5の2(テレビ版)

  • 「みなみけ」シリーズ並にヒットしていたら。
  1. 下田麻美はこの時点でアニメ声優として大ブレイクしていた。
    • 山戸めぐみも大ブレイクしていて出演作は史実より遥かに多かった。
    • もしかしたらアイマスや鏡音リン・レンとのコラボもあったかもしれない。
    • 本多陽子は以降も深夜アニメで主役級常連だった。
  2. テレ東規制に対する非難は一蹴されていた。
  3. 「そんな未来はウソである」も間違いなくアニメ化されていた。
  4. 週刊ヤングマガジンでの連載が3話限定に留まらず長期連載にまで至ったかもしれない。

きょうふのキョーちゃん

『ダウンタウンのごっつええ感じ』のコーナーアニメ。当時の『ごっつええ感じ』は視聴率的に決して悪くはなかったものの、視聴者からの評判が芳しくなかった。

  1. TBSやテレ東等の他局番組や現在の芸人、政治家を皮肉った話が製作されていた。
  2. 作品は全て完結していた。
  3. グロテスクなギャグアニメが増えていた。
  4. 後にYouTubeやニコ動でブームとなり、Rー15指定でDVD化される。
    • 削られた第2話も収録。
  5. 和製サウスパークというのはこれのアニメ版ではなく、この作品のことを指していた。
  6. 続編が作られていた可能性もあるが、史実通りごっつええ感じの打ち切りと同時に打ち切られる。

狂乱家族日記

  1. 藤田圭宣(現:織田圭祐)はオカマ役などの色物キャラを担当することも多くなっていた。
    • 以降もテレビアニメで主役級を演じる機会は多かった。
  2. 近藤孝行はテレビアニメ年間出演本数を史実より早く回復させていた。
    • 事務所移籍は出来なかったかも。
  3. 飯田浩志の引退は史実以上に大騒ぎになり惜しむ声が絶えなかった。
  4. 西野陽子は事務所を退所してフリーになることなく以降も声優活動は史実以上に活発だった。
  5. MOSAIC.WAVは史実以上にランティスに所属していて以降もテレビアニメ主題歌を継続的に担当していた。

キョロちゃん

  • 一部のアニメファンに「隠れた名作」として支持されているが、ここでは児童層にヒットしていたらと仮定します。
  1. 舞台やキャラの設定上サザエさん方式が可能なので長寿番組になる
  2. 「ポケモン」「ハム太郎」と並んで、2000年代前半のテレビ東京アニメの三本柱になっていた。
  3. 2010年現在、アニメ柄のキョロちゃんの文房具など関連商品が幅広く流通している。
    • チョコボールもアニメ版キョロちゃんになってるものが販売される。
  4. 史実ではSPE・ビジュアルワークス→アニプレックスは「るろうに剣心」のヒット後、「鋼の錬金術師」がヒットするまで不遇の時代が続いたが、それがいくらか軽減されていた。
  5. 伊東みやこといえば木下ベッカムではなくキョロちゃん。
  6. チョコボール限定のキャラクター(キャラメルキョロちゃん、いちごキョロちゃん、グレちゃん等)まで実際にアニメにも出てくる。
  7. 森永のレストランもこのアニメのお陰で黒字になり営業は続いていたかも。
  8. オープニングテーマを歌ったココナッツ娘は史実以上に注目されていた。

きら~きん

きらりん☆レボリューション

STAGE3

  1. SHIPSの声優変更を惜しむ声が少なかった。
    • 井出卓也は声優としてもブレイクした。
  2. MilkyWayはブレイクして精力的に活動した。
  3. この時点でCGアニメは復権。
  4. 劇場版もあった。

キリングバイツ

  1. fripSideのOP曲がチャートで前後の谷間になることはなかった。
  2. 一回開発中止になったゲーム化が再始動していた。
  3. キツネツキの活動は史実以上に本格化していた。
  4. たつき降板に怒るけものフレンズファンの受け皿と多少評価されていた。
  5. 鉄のラインバレルみたいに原作者の作品であるアラクニドやキャタピラーの完全版が小学館クリエイティブから発売されていた。
  6. 連載元が同じ「ULTRAMAN」や「ソードガイ 装刀凱」もテレビアニメになっていて月刊ヒーローズがテレビと距離を置く事態にはならなかったかも。

Gilgamesh

  1. 有名なエヴァンゲリオンの脚本家がシリーズ構成担当と皆に注目されていた。
  2. 主人公がオルガサイドではなく、ギルガメッシュサイドの味方に付くアナザーストーリーが作られた。
  3. 倖田來未がアニソン歌手メインの方向になっていたかも。
  4. ギルガメッシュといえば?という質問にFF5やFateのキャラと同じくらい名前が出された。
    • 某深夜番組をお忘れなく。
      • 某深夜番組をネタにした最終回タイトルも至る所でネタにされていた。
  5. グループ・タックが準自己破産しなかった。
  6. 風子の人生があまりに悲惨なため、風子ちゃんマジ不幸www、と様々な所でネタにされちゃう。
    • そしてヒトデで有名な方と並んでいたかも。
  7. 最終回の賛否両論が今でも続いてた。
  8. 関西テレビが製作する深夜アニメが増えていたかも。

ギルティクラウン

コードギアスやマクロスF並にヒットしていたと仮定します。

  1. 産経新聞に「平成の世に現れた偉大な討死アニメ」という記事が書かれることもなかった。
  2. 津田美波が少年役を演じることが増えていた。
  3. 内山昂輝が敵役を演じることが増えていた。
  4. 大河内一楼と吉野弘幸が黄金コンビと呼ばれていた。
  5. 「ノイタミナ」枠でロボットアニメは増えていた。
  6. お台場が24区と呼ばれていた。
  7. supercellがVOCALOIDというイメージは払しょくされた。
    • EGOISTの展開も史実より大規模になりソニーアニソンの柱の一つとなっていた。
  8. 映画化や実写ドラマ化もされていた。
    • 映画版はそれなりに成功するが、実写ドラマ版はコケていた。
  9. 藤東知夏は名実ともに大ブレイクして人気声優の仲間入りを果たしていた。

キルミーベイベー

放送終了後1年経ってから人気が出てきましたが、放送開始からすぐに人気を獲得していたら・・・

  1. 二期は無くともOVAあたりで続編が出されていた。
    • 2013年10月に実現しました。
  2. 「キルミーダンス」が大ブレイクし、ニコ動などで「踊ってみた」の動画が多く投稿されていた。
  3. 公式Twitterがアイコン686枚プレゼントという企画を行うことは無かった
  4. なんJで神格化される事は無かった。
  5. J.C.STAFFがきらら作品を手がけることに対して、難色を示すファンは減っていたはず。
  6. 赤崎千夏は史実より早く大ブレイクしていた。
    • 田村睦心もブレイクに繋がったかもしれない。
    • 少なくとも「キルミー赤崎」の用法は変わっていた。
  7. 「ゆゆ式」の評判が史実以上に良かったかもしれない。
  8. Yahoo!のトップニュースで「敗者復活を遂げたアニメ」として扱われることはなかった。
  9. アイマス→キルミーと二連続でヒット作が放送されたため、次番組である「あっちこっち」に対するプレッシャーは相当なものになっていた。
    • 「あっちこっち」の次番組である「恋と選挙とチョコレート」の期待はさらに高くなっていた。
      • ひだまりスケッチ×ハニカム、ささみさん@がんばらない、俺ガイルなどへの期待も史実以上だった。
  10. チャーリー・ブラウンの「キルミーベイベーは死んだんだ」のAAは別作品で作られていた可能性大。
  11. 代わりにDVDの売り上げの数字ネタはどのアニメがやっていたのやら。
  12. 叡山電鉄は車内広告に留まらず大々的なコラボレーションも実施していたのは間違いないだろう。

銀河機攻隊 マジェスティックプリンス

  1. 翠星のガルガンティア、革命機ヴァルヴレイヴはさほどヒットしなかった。
  2. 東宝のアニメ業界への参入は史実ほど批判されなかった。
    • これ以降の東宝アニメは3大都市圏以外の地方局でも多数放送された。
  3. 相葉裕樹、池田純矢は声優としても評価された。
  4. キャッチコピーの「ザンネンだっていいじゃない」は流行語になった。
  5. 2期の決定も歓迎された。
    • 2期発表の後映画化に転換されることもなかった。

銀河疾風サスライガー

  1. 1年間放送されていた。
    • 後番組は銀河神風ジンライガーだった。
  2. タカトクトイスの経営状態は史実より良くなっていた。
  3. スパロボへの参戦回数も増えており、NEOにも参戦していた。
    • J9シリーズとエルドランシリーズ全作品が同時参戦していた。
    • もしかしたら塩沢兼人・曽我部和恭が健在のうちに参戦していたかもしれない。

銀河鉄道999 エターナル・ファンタジー

  1. 1999年公開予定の完結編は予定通り公開されていた。
  2. 999ファンおよび松本零士ファンの若返りに成功していた。
  3. 挿入歌を歌っていた歌手はブレイクしていた。

銀牙 -流れ星 銀-

  1. 全21話で終了せず、原作の最後まで放送されていた。
    • 赤カブト編は一年ほどかけて放送され、二年目からは八犬士編が放送されていた。
  2. 「銀牙伝説WEED」もテレビ朝日・東映アニメーション製作で放送。声優陣も一通り続投していた。

銀牙伝説WEED

  1. 法玄編の展開は史実よりも原作寄りになっていた。
    • ただし、アニメオリジナルで法玄軍のミルコの活躍が描かれていた。
  2. 猿編以降のストーリーも一通り映像化された。
  3. 全国ネットは酷だとしても地上波ネット局はもっと多かった。
    • 怒髪天の出身地である北海道でも放送されていた。
  4. 國立幸はこの時点で大ブレイクしていて人気声優の仲間入りを果たしていた。

銀河漂流バイファム

史実でもサウンドトラックはかなり売れましたが、ここでは視聴率が好調だったらと仮定します。

  1. 裏番組のドラえもん(大山のぶ代版)と同程度の人気番組となる。
    • 史実より早くMBS・TBS系とサンライズの組み合わせによる放送枠が確立していた。
  2. 放送時間帯の移動はなかった。
  3. スパロボにも参戦していた。

銀河へキックオフ!!

  1. イナズマイレブン』のお株を奪っていた。
  2. 西園寺麗華のような最初はデブだったが、見事に激ヤセするヒロインが流行った。
  3. 2年目(中学生編)では放送されており後番組の『団地ともお』は別時間帯だった。
    • 『団地ともお』は、総合テレビではなくEテレで放送かも。
    • NHKはそれほど視聴率がよくなくても続編をやるイメージ(バクマン、ファイブレインなど)だから、どっちみち2年目放送の予定はなかったんじゃないか?
  4. 中津真莉子と田澤利依子は本作がきっかけでブレイクした。
  5. 原作小説の続編も刊行されていただろう。
  6. 主題歌を歌った「風男塾」も、これをきっかけにアイドルとして一気に大ブレイク。

ぎんぎつね

  • 何期もアニメ化されるほどだったら。
  1. 藤村歩は以降もメイン級常連だった。
  2. ED曲はOP曲と同様100位以内にチャートインしていた。
  3. 三沢伸は以降も継続的に監督を担当していた。
  4. モデルとなった神社の初詣などでの参拝客数がマスコミで取り上げられるほどうなぎのぼりとなっていた。
  5. テレ東全系列局で放送されていた。
  6. けものフレンズとの大々的なコラボは間違いなく実現していた。

キン肉マンシリーズ

ニューヨーク危機一髪!

  1. TV版の放送枠が火曜19:00枠に移らず、日曜10:00枠のままキン肉星王位争奪編まで続いていた。
  2. 「キン肉マン」の後番組は「闘将!!拉麺男」だった。
    • 史実とは異なり、ラーメンマン役は本作から引き続き銀河万丈が担当していた。
      • さらに蛾蛇虫・犬操・金龍・跳竜はそれぞれ古谷徹・森功至・屋良有作・秋元羊介が声を担当し、砲岩役は最初から山口健だった。

キン肉マン キン肉星王位争奪編

一部シーンカット&改変、キャストの変更がなかったらと仮定して。

  1. 放送時間枠の変更は行われなかった。
    • 「超電動ロボ 鉄人28号FX」は史実での本作の時間枠変更後の日曜11:00枠orフジテレビ系で放送されていた。
    • 本作以後も日本テレビ系の日曜10:30枠は少年・児童向けアニメ枠として定着していた。
      • この場合、後番組は史実で劇場版アニメのみだった「ろくでなしBLUES」になっていた
        • あるいは「ジョジョの奇妙な冒険」が史実より早くテレビアニメ化され、この枠で放送されていたかもしれない。
  2. 「キン肉マン二世」は日本テレビ系列で放送されていた。

キン肉マンII世

  1. 超人ワールドグランプリ編の途中でアニオリが入ることはなかった。
    • 入っても決勝戦前で、その場合「オール超人大進撃」の前半から4話を除く内容や小説版の展開が流用された。
      • 敵は死亡したはずの屍魔王&麒麟男およびスニゲーターJr.(直接対戦はせず)に率いられたプリプリマン(こちらは史実通り)・夜叉夢・フラワーダスト・ザ・ファックス&ペーパーミイラ・スパイダーに憑依したアラクネ・ウニボーズ・ツメキリマン・ミスターD.J.および彼らに操られたマグネットンやバス・ザ・シャワー、キャプテン・マッコウだった。
      • 終盤では万太郎と洗脳されたジェイドの対決が展開された。
    • 超人ワールドグランプリ編のカットシーンは一切なく、史実ではカットされた「ダルマ落としでドン!」(ただし、万太郎のクリア方法は原作と若干異なる)や「二人三脚でZEI!ZEI!」終了直後のシーンはしっかり放送された。
      • 全日帯だし「オナラでダルマ落とし」とかしかねないなあ。
  2. 2、3年以上はやっていた。
    • そのためULTIMATE MUSCLEは存在しない。
    • 次番組のマシンロボレスキューは違う時間にやっていた。
    • ゲームや玩具はすごい発売されていた。
      • テレビマガジンでも延々連載されていた。
    • 劇場版は何作か公開されていた。
      • 中ボスとしてウコン一族が復活していたかも。
        • しかし、やっぱり万太郎にウンコ呼ばわりされる。
    • dvdは単品でも発売されていた。
    • デーモンシード編&「倫敦の若大将!」終了後に「オール超人大進撃」4話の内容や「キン肉マンVSテリーマン」、「テリー・ザ・キッドの夜明け」や小説版「キン肉マンII世 SP 伝説超人全滅!」の内容が放送されていた。
      • 「究極の超人タッグ編」放送が決定した場合、前述のエピソードの放映後にオリジナル長編何編かを放送。さらに究極の超人タッグ編突入直前に「オール超人大進撃」後半の展開を流用した「超人一等祭編」を放送していた。
        • 究極の超人タッグ編における時系列ミスなども原作(初代キン肉マン)に応じた形に修正され、過去の出来事に齟齬が発生しないように取り繕われていた。
      • さらに「マッスル・リターンズ」や「ウォーズマンビギンズ 仮面の告白!の巻」、「読切傑作選2011-2014」や「ディープオブマッスル」の内容がOVA化された。
      • 「テリー・ザ・キッドの夜明け」は現時点で単行本に収録されている。
  3. バンダイがスポンサーから降りることはなかった。
  4. こちらに書かれているように東映アニメフェアは現在も続いている。
  5. 一部古株キャラのキャスト変更がなければほぼこの項目のようになっていたかも。
  6. コンステレーションが悪役として登場するプラネタリウム映画とかもあったかもしれん。
  7. こうして、完璧無量大数軍編もアニメ化され…たら、旧アニメ(王位争奪編)との齟齬が発生するな。どないすんやろ。
  8. 2014年は「今年はⅡ世イヤー! 全話ニコニコ動画で配信!!」とか「いただき!キン肉マンⅡ世!!」とか「キン肉マンレディー2世編」みたいな悪ノリが行われていた。

闘将!!拉麺男

  1. 丸一年以上放送されていた。
    • 暗器五点星編の結末は原作準拠で、玉王はしっかり逃げおおせていた。
      • 一年目終盤はビーフンの回から拉麵男・懢蝱編までが放送されていた。
    • 二年目に突入した場合、拉麺男・懢蝱編終了後はオリジナルストーリー(含む長編)をいくつか放送した後に御前試合編に突入していた。
      • オリジナルストーリーの敵として、史実では以降のゆでたまご作品に流用されていない拳士が使われていた。
      • 砲岩がギョーザに敗れた後に改心した経緯が語られるエピソードもあった。
      • 劇場版ももう何作か製作されていた。
    • 「電脳警察サイバーコップ」以降の後番組は放送開始が遅れていたか、別枠or別の放送局で放送。
    • 主要キャラたちのキャラソンもいくつか作られた。
  2. 原作も「フレッシュジャンプ」が休刊にならなかったか、休刊が史実通りでも「月刊少年ジャンプ」に移籍する形でしっかり完結していた。
    • 三打鐘兄弟や玉王一味との決着は着いていた。
    • 叉焼男や蛮暴狼(こちらはアニメ版からの逆輸入だが)、白龍や芙蓉蟹あたりがラーメンマンの仲間になっていたかも。
      • ジャッキー・李や春雨、ムンタの出番ももう少し増えていた。
  3. 「ゆうれい小僧がやってきた!」以降のゆでたまご作品への期待は史実より高まっていた。
  4. 原作のツッコミ所が多い展開は史実以上にネタにされていた。
    • 同じく、原作のスプラッター描写の数々もみんなのトラウマになっていた。
  5. 「キン肉マン キン肉星王位争奪編」以降、ラーメンマンの声優は森功至が担当していた。
  6. 織田純一郎は以後も積極的にアニメソングを歌い続けていた。

銀の匙 Silver Spoon

  1. 農業ブームが起きていた。
    • これをきっかけに日本の食料自給率アップもあったかもしれない。
  2. 馬術ブームも起きていた。
  3. モデルの学校が甲子園出場経験校ということで、北海道の高校野球ファンの間でも話題になった。
    • 同じく甲子園出場経験校がモデルの「らき☆すた」と比較された。
    • 「甲子園での4アウトの事件の学校がモデル」ということがもっと話題になった。
  4. 「のうりん」にも影響が出ていた。
    • 結果的には共倒れ同然だったが、のうりんもヒットしたか、反動で史実以上にコケたか。
  5. 実写映画も史実以上にヒットしていた。
    • またははがないの実写映画同様批判が強くなっていたかもしれない。
  6. 実際はあまり町興しに積極的ではないアニメだったが、それでも聖地巡礼が盛り上がっていた。
    • 「聖地巡礼はご遠慮下さい」と言われていたので、周辺には警備員が派遣されていた。
    • それに関連した事件(例・外部から持ち込まれた病気が農場内で流行)が起きていたらアニメの舞台巡りを禁止する風潮が生まれていた。
  7. 同じ作者で似たような題材の「百姓貴族」もアニメ化していたかも。(ただし「百姓」が放送禁止用語らしいのでタイトルを変更した上で)
  8. 内海賢二の遺作として広く認知されていた。

銀盤カレイドスコープ

  • ここでは最終回まで製作現場が混乱せず作画が安定していたことを前提としています。
  1. 原作の完結までアニメ化ないしOVA化されていただろう。
    • 原作もひょっとしたら、物語そのものがソチ五輪まで続いたかもしれない。
      • もしかしたら平昌五輪が開催された年に番外編が作られていたかもしれない。
  2. 最終回で「アラン・スミシー」が出ることは当然なかった。
  3. 場合によっては、冬季オリンピックが開催される年に再放送されていた。
  4. 本作と『プリティーリズムシリーズ』以外にもフィギュアスケートを題材にしたアニメが増えていた。
    • 「ユーリ!!! on ICE」は史実より早く製作、深夜ではなくテレ朝のゴールデン枠で放送されていた。
  5. 鈴平ひろは西又葵並に一般向けでも人気を不動のものにできていた。
  6. 「Soul Link」もテレ東系列での放送で規制がかかる内容にはならなかったかも?
    • 「アキカン!」もテレ東系列含め地上波での放送だったかもしれない。
もしあのアニメが大ヒット
していなかったら い~お く~こ さ~し す~そ
ち~て な~の は~ひ ふ~ほ ま~も や~よ ら~わ
特撮円谷プロ/東映/ライダー/戦隊
していたら え・お
ち・つ
な~の へ・ほ
み~も や~よ ら・り る~ろ
特撮東映円谷プロ)/ライダー/戦隊/メタルヒーロー



関連記事