もしあのアニメが大ヒットしていたら/わ

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

もしあのアニメが大ヒットしていたら >

保護解除
このページは、「度重なる荒らし」のため保護されていましたが、現在は解除されています。詳しい経緯はトークページをご覧下さい。
経過次第では再び保護される事もございますので、趣旨に合った投稿をお願い致します。

※編集される方は「Chakuwiki:お願い/もしあの番組」をご覧ください。

[編集]

若おかみは小学生![編集]

テレビアニメ版[編集]

ここでは2018年に放送されたテレビアニメ版についてとりあげる。

  1. 後番組の『FAIRY TAIL(ファイナルシリーズ)』を挟み第2期が放送開始された。
    • 原作でも行われた『温泉アイドルは小学生!』とのコラボ回も放送されていた。
    • 同じ監督の『ダイヤのA actII』は2クールで終了していた。
  2. 史実では大ヒットした劇場版における一部キャラの声優変更への批判は史実より大きかった。
    • ブルーレイでテレビアニメ版声優への差し替えバージョンも収録されていた。

わかば*ガール[編集]

  1. 原悠衣の作品がきんいろモザイクに続いてヒットしていた。
  2. 原作の再開を求められた。
    • 井澤美香子はこの作品で有名声優入りした。
    • 2015年夏アニメの小澤亜李のキャラといえばがっこうぐらしの胡桃ではなく小橋若葉だった。
    • 4コマでの複数並行連載はかなり厳しいので難しいかと。あるいは「きんモザ」との隔月交代連載なら。
  3. 村川梨衣はボーイッシュな役もイケるとされた。

ワガママハイスペック[編集]

  1. 桜川めぐ(櫻川めぐ)は大ブレイクし人気声優の仲間入りを果たしていた。
    • 桜咲千依も史実以上にテレビアニメに出ていた。
  2. 大島はるなのメジャーデビューは成功し以降もテレビアニメ主題歌を担当していた。
    • アダルトゲーム主題歌から卒業できたかもしれない。
  3. 以降もホビアニメーションでアダルトゲーム原作アニメが継続的に製作されていて2作品で途絶えることはなかった。
  4. 主人公が顔出ししないアニメが増えていた。

我が家のお稲荷さま。[編集]

  1. 嶋村侑は本作品で大ブレイクしていて主役級から数年間遠ざかることはなかった。
  2. イズミカワソラも本作品主題歌で大ブレイクしていた。
  3. どこかの稲荷神社と大々的にコラボしていた。
    • ヤマト運輸とのコラボも実現したかもしれない。

私がモテてどうすんだ[編集]

  1. 「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」のと混同は史実以上だった。
  2. 河本啓佑のテレビアニメ出演本数が激減することはなかった。
    • 下田麻美も双海亜美、真美以外の声優活動は以降も活発だった。
  3. 「活撃 刀剣乱舞」はTBS系列での放送になったかもしれない。
  4. ブレインズ・ベースは以降もTBSアニメを手がけていた。
    • 製作元請本数が減ることもなかっただろう。
  5. 小林ゆうは今の時代でもヒロイン役はいけるとされていた。

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い![編集]

  1. 前期クールで放送されていた千葉を舞台にしたアニメの影が薄くなっていた。
  2. マリーンズの試合に乱入していた。
  3. 橘田いずみの評価がもう少し上がり、他のミルキィホームズ声優陣に差をつけられることはなかった。
    • 餃子研究家として一般のテレビ番組への出演はなかった。
  4. 2015年春に2期が放送され、このクールだけテレ東の日曜・月曜アニメ枠がなくなることはなかった。
  5. 「私がモテてどうすんだ」との混同が激しくなっていた。

わたしとわたし ふたりのロッテ[編集]

  1. 『三井不動産アニメワールド』はもう少し長く続いていた。
    • また本作以降、日テレの土曜夕方はアニメ枠が安定し、裏番組のスタジオぴえろ制作アニメと同程度の人気番組が続出する。
      • しかしそれも幽遊白書放送開始までの話だった。
  2. 本作の主題歌を歌ったWinkは、その後も何曲かアニメソングを歌っていたかもしれない。
  3. それでも権利問題によりDVD化は2017年現在も実現していない。

私に天使が舞い降りた![編集]

  1. おねロリを主題としたアニメが多くなっていた。
  2. SSSS.GRIDMANとのコラボが公式で実現していた。
  3. コミック百合姫が盛り返していた。
  4. ケムリクサの陰に隠れる事も無かった。
  5. うちのメイドがウザすぎる!やハッピーシュガーライフの二の舞になる事も無かった。

笑ゥせぇるすまんNEW[編集]

  1. 藤子不二雄Aファンの若返りに成功していた。
  2. 「キー局製作じゃないのに」というような自主規制に対する批判は一蹴されていた。
  3. MAROの売り上げも伸びていた。
  4. 「夜ノヤッターマン」の二の舞と言われることはなかった。

ワルキューレ ロマンツェ[編集]

  1. ジョストが流行した。
  2. 山下誠一郎はこの作品でブレイクした。
  3. 葉鍵月以外のPCゲーム原作アニメは売れない呪いが消えた。
    • エロさを追求すればヒットするという認識が広まったかも。
  4. この作品のヒットを切っ掛けにコンシューマ移植せずにアニメ化をするPCエロゲーが増えていたかも。

わんおふ -one off-[編集]

  1. たまゆら同様OVAのみで終わることなくアニメ化されていた。
  2. 若い世代の間でバイクブームがおきていたかもしれない。
  3. 『ばくおん!!』はヒットしなかったかもしれない。
  4. ROUND TABLE featuring Ninoの活動休止はこの時点では撤回されていたかもしれない。

ワンサくん[編集]

  1. ワンサくんは三和銀行の社員や顧客以外にも有名になっていた。
  2. 本作のヒットをきっかけにミュージカル形式の日本製アニメが増えていたかもしれない。
  3. それでも後年、三和銀行のマスコットは史実どおりスヌーピーに切り替わっていただろう。

ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島[編集]

  1. 作品人気は低迷しなかった。
    • 引き伸ばしは更に悪化し、『最後の海 新世界編』への突入が史実以上に遅れていた。
      • 麦わら劇場・四コマ番外編・現時点でコミックスに全話掲載されている表紙連載は一通り映像化されている。
  2. これ以降、原作者の尾田栄一郎が劇場版を監修することはなかった。
  3. 同名シリーズの次作品『カラクリ城のメカ巨兵』にも予算が多く割り当てられ、本作以上に大ヒットした。
  4. エピソードオブシリーズは全て存在しない。
  5. 細田守監督作品として、『ルパン三世 カリオストロの城』と同等の扱いになっていた。
    • そもそも、細田守が東映を退社して『時をかける少女』以降の作品を制作していたのかどうか?
  6. アニメがゴールデンタイム枠から追放されることはなかった。
    • フジテレビの日曜夜7時台のアニメ枠は廃止されなかった。

One Room[編集]

  • 2期の製作が決定していますが史実以上の大ヒットだったら?
  1. サンテレビは「妹さえいればいい。」だけでなく「メルヘン・メドヘン」も最初から放送していた。
    • 本作のセカンドシーズンも最初から放送していた。
  2. 西武鉄道や練馬区との大々的なコラボが実現していた。
  3. 例に漏れずコミックアース・スターで漫画化されていた。
  4. 出演者とされる某声優の降板騒動の際に本作のスタッフとされる人物が非難するツイートをすることはできなかった。
  5. 本作のVRプロジェクトでクラウドファンディングを行う必要は生じなかったかも。
    • 3人全員登場したかも。
  6. セカンドシーズンでも総監督とアニメーション制作は続投していた。

ワンワンセレプー それゆけ!徹之進[編集]

  1. ヒルズブームが継続していた。
  2. ヒルズを舞台とした作品が増えていた。
  3. 犬を主人公とした作品が増えていた。
  4. 真堂圭はこの時点でブレイクしていた。
  5. こぶしのぶゆきは以降もテレビアニメでメインキャラを演じる機会を得ていた。
  6. OP&EDの映像は曲の変更に合わせて変わっていた。
もしあのアニメが大ヒット
していなかったら い~お く~こ さ~し す~そ
ち~て な~の は~ひ ふ~ほ ま~も や~よ ら~わ
特撮円谷プロ/東映/ライダー/戦隊
していたら え・お
ち・つ
な~の へ・ほ
み~も や~よ ら・り る~ろ
特撮東映円谷プロ)/ライダー/戦隊/メタルヒーロー



関連記事