もしあのアニメが大ヒットしていなかったら/と

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
連絡事項あり
このページのご投稿「マンネリ化した投稿内容」などに関して、管理者よりご連絡させていただきたいことがあります。
投稿者の方はトーク:もしあのアニメが大ヒットしていなかったらをご参照ください。
もしあのアニメが大ヒットしていなかったら >
半保護中
このページは「度重なる荒らし」のため現在、半保護(匿名投稿と新規登録者の投稿を制限)されています。
詳しい経緯、及び議論はトークページへお願いします。

※編集される方は「Chakuwiki:お願い/もしあの番組」をご覧ください。

目次

分割済み

とあ~とよ

とある魔術の禁書目録

  1. 当然超電磁砲も無かった。
    • よってfripSideは南條愛乃をnaoの代わりに迎えることなく、地味に解散。
    • しかし仮にどういう訳か超電磁砲が史実通りヒットしたら「超電磁砲は別の作品の外伝である」と言うのがトリビアになってしまう。
  2. 井口裕香といえばXENOGLOSSIA版の閣下だった。
    • 佐藤利奈と言えばネギ・スプリングフィールドだった。
      • あるいは南春香。
    • 新井里美といえば梢ちゃんだった。
    • 阿部敦、岡本信彦の知名度は史実よりももう少し低かった。
      • 阿部は「バクマン。」でやっと。
        • 岡本も「バクマン。」で大ブレーク。
          • その二人はとある人気ありきで選ばれた可能性もあるからやっぱり売れてたかどうかも怪しい。
  3. 未だに「影の薄いヒロイン」という汚名にふさわしい人は決まっていなかった。
    • モッピーあたりでは?
  4. 月刊少年ガンガンで連載中の漫画版も打ち切られる。
    • ハガレンが終ったあとどうなるんだろう…
      • ソウルイーターが看板になってた可能性が……
    • 「魔法科高校の劣等生」の漫画版も少年エースかドラゴンエイジ辺りで連載されていた。
  5. 「とらドラ!」「かんなぎ」は更にヒットしていた。
  6. 電撃文庫の売上ランキングが入り乱れる状態になっていた。
  7. 上条といえば魔法少女まどか☆マギカの上条恭介のイメージだった。
    • なのであまりいいイメージを持たれてない。
  8. 立川市の聖地人気も盛り上がらず、フィギュアのコトブキヤ本拠地のイメージがある程度だった。
  9. 無論佐天涙子がアニメのレギュラーキャラクターになることはなかった。
    • 伊藤かな恵の代表キャラは日奈森あむか明野美星になっていた。
    • 初春飾利もアニメのレギュラーキャラクターにならず、豊崎愛生の代表キャラは平沢唯かスゥになっていた。
      • 腐れ縁のような豊崎愛生と伊藤かな恵の共演もこの作品で終わっていた。
  10. スクエニのソシャゲ「拡散性ミリオンアーサー」も生まれなかった。
  11. メディアワークスと角川書店のパワーバランスが大きく変わり、その後の角川グループの姿が大きく違っていたかもしれない。
  12. イカ娘やめんまがインデックスそっくりと言われることはなかった。
  13. 日高里菜は声優として成功しなかった。

とある科学の超電磁砲

  1. スピンオフ作品はヒットしないというジンクスができていた。
  2. 初春や佐天が禁書目録に登場することはなかった。
  3. エンデュミオンの奇蹟は禁書目録のキャラクターのみが登場した。
  4. 伊藤かな恵はあまり有名になれなかった。
    • ブレイクしたのはイカ娘か花咲くいろはあたりからだった。
      • もしかしたら早苗は井口裕香、緒花も阿澄佳奈か戸松遥(結花からスライド)あたりになったかも。
    • しゅごキャラの日奈森あむというイメージだけで終わっていた。
    • 「宙のまにまに」や「大正野球娘。」の大コケもあり、(しゅごキャラでブレイクしたにも関わらず)伊藤は爆死声優の呼び名がついていた。
  5. 豊崎愛生の代表作は2009年時点ではけいおん!の平沢唯だけだった。
    • 他のけいおん声優陣から出遅れていたかもしれない。
    • 少なくともスフィアのメンバーで言えば、(地味なポジション、という意味で)高垣彩陽と立ち位置が逆になっていたかもしれない。
  6. OP主題歌を歌っていたfripSideは、見切りをつけて解散していた。
    • 南條愛乃は声優業に専念していた可能性がある。
  7. 東京ヴェルディとのコラボも無かった。
    • ヴェルディ所属の井林章のアニメファンからの知名度は低く、ヲタ系のスポーツ選手は未だに柏原竜二と西村健太朗が代表格だった。
  8. 「ジャッジメントですの」もさほど流行らなかった。

トイ・ストーリー

  1. PIXARの知名度は今ほど上がらなかった。
    • 「モンスターズ・インク」や「カーズ」などが映画化されたかどうか怪しい。
  2. ディズニー映画の凋落はもう少しだけ遅かったかもしれない。
  3. 当然ながら、ウッディとバズが本当に玩具として発売されることも無かったかも。
    • 一応発売はされるだろう…とは思うのだが。
    • 「あのフィギュア」が発売されないので、ウッディがネット上で変態キャラにされることは無かったはず。
  4. オタクには「ウッディを山ちゃんから唐沢寿明に変えたのが悪い」と言われていた。
  5. Debianのコードネームにトイ・ストーリーのキャラクター名が使われることはなかった。

刀剣乱舞

刀剣乱舞 -花丸-

  1. DMMゲームを原作としたアニメは鬼門となり、史実におけるアニメ版艦これの二の舞になっていた。
    • DMM picturesは立ち上げられなかった。
  2. うどんミュージカルは話題にならなかった。
  3. ピエール杉浦はくまみこの件もありアニメ業界から完全に干されていた。
  4. 市来光弘の知名度が上がらなかった。
    • ココロコネクトドッキリ事件が影響したとされた。
  5. 『カードファイト!! ヴァンガード』とのコラボもなかった。
  6. 関西テレビは現在でもUHFアニメの放送に消極的だった。

活撃 刀剣乱舞

  1. 映画化されなかった。
  2. 「刀剣乱舞」が新語・流行語大賞にノミネートされなかった。
  3. 永塚拓馬の知名度が上がらなかった。
  4. 『グランブルーファンタジー』とのコラボや徳島阿波踊りポスターに登場することがなかった。

闘士ゴーディアン

放送当時、視聴率は苦戦していたが、玩具の売れ行きは好評だった本作。もし、玩具売上も悪かったら…。

  1. 2クールで打ち切りになっていた。
  2. 東京12ch(現:テレビ東京)のタツノコアニメは本作が最後となり、『ゴールドライタン』は制作されなかった。
    • 本作の以前に放送されていた『とびだせ!マシーン飛竜』の二の舞になっていた。
    • プリティーシリーズは史実通りテレ東系での放送だったとしても、他の会社が制作していたかもしれない。
  3. 大型のメカが小型ロボを収納する設定が不評だったとみなされ、少なくとも『マシンロボ クロノスの大逆襲』のバイカンフーの設定も大幅に変わっていた。

塔の上のラプンツェル

  1. 『プリンセスと魔法のキス』に続いてコケたため、ディズニープリンセスの長編アニメーション映画は本作でひとまず最後となっていた。
    • ある程度の年月を経て復活する可能性がある。
      • その場合の復活は2020年~2030年頃だと思われる。

true tears

大ヒットしていたらの項目にもありますが、放送後に有名にならなかったら

  1. 岡田麿里は2011年ごろにアニメの脚本家を退いていた。
    • 少なくとも「凪のあすから」「心が叫びたがってるんだ」は制作されていない。
  2. あの花花咲くいろはが大ヒットしてなかったら、だろうか。
  3. P.A.WORKSは岡田麿里作品ではなくKey作品のアニメ化が増えていた。
    • Charlotteが2~3年早く制作されていた。
    • というか、P.A.WORKS自体そのものが有名になっていたかどうか怪しい。
  4. 高垣彩陽といえばD.C.Ⅱの音姫かシンフォギアの雪音クリスのイメージだった。
    • TARI TARIの坂井和奏役は別の人になっていた。
      • 第1話の挿入歌で「リフレクティア」が流れることもなかった。

ドーラといっしょに大冒険

  1. テレビの前の子供たちが作品に参加している気分になれるような演出を多用する作品は大コケするジンクスができていた。
  2. テレビ東京での放送は実現されなかった。
    • BSフジでの放送もなかった。
  3. 坂本千夏といえば「それいけ!アンパンマン」。
    • 『キャッツ・アイ』や『となりのトトロ』はどうした?
      • 『デジモンアドベンチャー』もお忘れなく。
  4. くまいもとこが英語教諭免許を持っている事実は広く知られなかった。
    • くまいもとこといえば「ぐーチョコランタン」のアネムか「メジャー」の本田吾郎のイメージが強いまま。
      • 『CCさくら』の李小狼は?
  5. 宮原永海の英語も話せるキャラといえば飛鳥ももこ。

Dr.スランプ アラレちゃん

  1. 当然アラレちゃんショックは起きなかった。
  2. 日本テレビの裏番組である『鉄腕アトム』の視聴率が4%から5%と低迷することはなかった
  3. 後番組で同じ鳥山明作品である『ドラゴンボールシリーズ』も作られないため、他のジャンプ作品がこの枠で放送されることになる。
    • それ以前に黄金期のジャンプ作品のアニメ化の勢いが史実よりも弱まっただろうな。
    • 集英社自体、自社作品のアニメ化に消極的になっていた。よってこれらの作品はアニメ化されなかった。
      • (ジャンプではないが)「ちびまる子ちゃん」もアニメ化されなかった可能性がある。
  4. 小山茉美の最も有名な役は「キテレツ大百科」のコロ助だった。
    • 途中で杉山佳寿子に代わっている。
    • アニヲタ的にはミンキーモモだろうが、一般的にはマイナーだろう。
      • 私にはそうとも言えないけど?
    • そこはキシリア・ザビじゃないの?
  5. 原作の単行本が、漫画本の初版発行部数の日本最多記録(当時)を更新することはなかった。
  6. 大きな眼鏡をかけた女の子のあだ名が「アラレちゃん」にならなかった。
  7. 「ハロー!サンディベル」が史実以上に大ヒットし、テレビ朝日金曜夜7時後半は女児向けアニメ路線を継続する。
    • その場合、メタルヒーローシリーズは「アラレちゃん」の後番組として放送されたかもしれない。
  8. 向井真理子といえば「マリリン・モンロー」の吹き替えのイメージが史実よりさらに強くなった。
  9. 声優としての堀江美都子のブレイクは史実より遅れていた。
    • おそらく「プロゴルファー猿」あたりでようやくブレイクといったところだった。
    • もしかしたら声優業をやめていたかも。
      • 『「サザエさん」(再放送版)のテーマ曲を歌っている』という認識で終わっていたか?
  10. リメイク版もなかった。
  11. 2014年9月から放映されている某自動車メーカーのCMに起用される事も無かった。

とっとこハム太郎

  1. ハム太郎が『ドラえもん』や『ポケットモンスター』と肩を並べる人気キャラクターにまで成長することはなかった。
  2. 続編である『はむはむぱらだいちゅ!』も製作されることもなかった。
  3. 『は〜い!』どころか、『でちゅ』のタイトルで再びアニメ化されることも当然なかった。
    • なので、『極上!!めちゃモテ委員長』が2012年5月現在も続いていた。
      • あるいは別のアニメが放送されていた。
  4. 作者の河井リツ子は現実ほど有名になっていない。
  5. 間宮くるみの最も有名な役は「いないいないばあっ!」のうーたんだった。
    • 放送開始の時には「いないいないばあっ!」のうーたんはまだ登場していないのだが。
  6. 池澤春菜といえば「レッツ&ゴー!!」の星馬豪か、「ケロロ軍曹」の西澤桃華だった。
    • 放送開始の時にはまだ「ケロロ軍曹」はやっていないのだが。
  7. 2002年春に放送を終了し、『ミルモでポン!』がこの後枠で放送していた。
    • 場合によってはスレイヤーズREVOLUTIONが6年近く早く制作されていた可能性も。
    • あるいは2001年夏または秋に放送を終了しており、後番組は(史実ではTBS系で放送された)『星のカービィ』だった。
  8. ミニモニ。をはじめ、ハロプロと関わりを持つことはなかった。
  9. 内川藍維の認知度は史実より低かった。

トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察

  1. 児童向けロボットアニメの復権に失敗していた。
  2. 前番組の『カミワザ・ワンダ』、および直前枠で放送された『100%パスカル先生&プリプリちぃちゃん!!』の不振もあり、『アニメサタデー630』は2017年限りで打ち切られていた。
    • 最悪、TBS系列は全日帯アニメから撤退していたかもしれない。
    • その場合『七つの大罪 戒めの復活』は深夜枠での放送で、関東での放送はTBSではなくTOKYO MXでの放送になっていた。
    • 『ゾイドワイルド』は1.と5.を考えると存在しなかったか、仮にあったとしてもテレビ東京(『ゾイドジェネシス』と同じ)かTOKYO MXでの放送になっていた。
    • この件で以後、TBSはテレビアニメに完全に力を入れなくなっていた。
      • 深夜アニメ枠でも、『クロックワーク・プラネット』、『カブキブ!』等の不発もあるので「アニメリコ」という枠名がつかずに廃止されていた。
        • アイマスや鬼灯などのように、続編が(関東では)TBSからTOKYO MXでの放送になるケースが増えていた。
          • MBS制作アニメも全てMXでの放送に移行していた。
          • 『だかしかし2』は確実にMXでの放送になっていたな(史実ではマナリアフレンズとセットで2019年1月クールで再放送)。
        • 『甘城ブリリアントパーク』(続編も含めたら俺ガイル2期)以降に放送されたTBS制作のアニメがすべて不発に終わったので、こうなる可能性は高かった。
    • こうなっていたかも
  3. 『新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION』は存在しなかった。
    • 仮に放送されるとしてもテレ東送りになっている。
      • もしくはTOKYO MX。
    • テレビ放送はなく、Web配信のみだったかもしれない。
  4. 放送終了後の劇場版やWeb配信限定アニメの続編もなかった。
  5. タカラトミーは以後、トランスフォーマーシリーズ以外のロボットアニメ玩具を出さなくなっていた。
    • その場合、シンカリオンシリーズの展開にも大きく影響が出ていた。

とら~とん

トライガン

  1. 98年の深夜アニメは『頭文字D』の一人勝ちだった。
  2. 原作のファンでもあった黒田洋介はアニメから手を引いていた。
    • スクライドの脚本は誰がやることになるのだろうか。
  3. 2012年の劇場版はなかった。

ドラゴンドライブ

「ヒットしていたら」の項目にもありますが、当初の予定よりも長く放送されていたため(2クール→3クール)、こちらにも掲載。

  1. 当初の予定通り、2クールで終了していた。
  2. 朴璐美は「シャーマンキング」の道蓮役という認識で終わっていた。
    • 朴は日本テレビ『金曜ロードSHOW!』のナビゲーターを担当する事も無かったか…。
      • 更にいうと、「鋼の錬金術師」が史実通りヒットしたとしても、その時点でアニメ畑でブレイクできていたかは不明瞭。
  3. 笹本優子はここで声優業から身を引いていたかもしれない。
  4. 月刊少年ジャンプの看板作品が「冒険王ビィト」一択となり、その影響で同誌の廃刊が史実より早まっていた。

ドラゴンボール

  1. 当然のことながらジャンプ黄金時代はなかった。
  2. 野沢雅子といえば孫悟空ではなく星野鉄郎のイメージのまま。
  3. 東映は間違いなく倒産していただろう。
    • 当時そこまで経営が悪化していたわけではなく他にも有力なコンテンツがあったのでそれはない。
      • 実際関連商品の売り上げはアラレちゃんや聖闘士星矢より低調だったらしい。
  4. 映画化されることもなく、原作も早々に完結。
    • 下記に書かれているようにニコニコ動画においてブロリーネタは流行らなかった。
    • そうなってしまった場合、ジャンプは再び冬の時代に入っていた可能性がある。

ドラゴンボールZ

  1. 「初代は大ヒットするが、続編はヒットしない」というアニメ界のジンクスができていた。
  2. サイヤ人襲来編で終わっていた。
  3. それ以降のジャンプ原作アニメも大ヒットせず、ジャンプ黄金時代は史実より早く終焉を迎えていた。
  4. 堀川りょうといえばウイングマンのイメージが史実よりさらに強くなっていた。
  5. 「ドラゴンボールGT」「ドラゴンボール改」「ドラゴンボール超」は放送されていない。
    • 「ドラゴンボール改」は放送されていなかったので、5期鬼太郎がもう少し長く続いていた。
  6. 史実でテレビ朝日系列で放送されていた「SLAM DUNK」は一時放送延長も検討されていたので史実で「SLAM DUNK」の後番組として放送された「地獄先生ぬ~べ~」は「ドラゴンボールZ」の後番組としてフジテレビ系列水曜午後7時で放送されていた
    • 史実よりヒットしていた場合「リメイク版Dr.スランプ」は制作されなかった
    • あるいは「ジョジョの奇妙な冒険」が史実より早くTVアニメ化され、この枠で放送されていた可能性も。
  7. 当然、「燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦」もなかったので、ニコニコ動画でブロリーネタは流行しなかった。
  8. フジ系水曜19時台のアニメ枠は史実より早く消滅していた。

ドラゴンボールGT

  • ヒットしていたらの項目にもありますが、ここでは史実以上に大コケしていたらと想定して。
  1. 長くてもベビー編で打ち切られていた。
  2. オッスオラと帰ってきた仲間たち以降の新作アニメは存在しない。
  3. 地獄先生ぬ〜べ〜」も史実以上に大コケしていた場合、バンダイと集英社の関係は悪化していた。
  4. フジ系水曜19時台のアニメ枠は史実より早く消滅していた。
    • 史実での後番組「ドクタースランプ」はお蔵入りになっていたかもしれない。

ドラゴンボール改

  1. フリーザ編で終了していた。
  2. ゲゲゲの鬼太郎(アニメ5期)の放送は再開していた。
    • ただし、放送は一年限り。
    • 目玉の親父、閻魔大王の代役はこちらに書かれていた通りになる。
  3. ドラゴンボールのゲームはレイジングブラストで打ち切られていた。
  4. データカードダスはDRAGONBALL 改 DRAGON BATTLERSまでだった。
    • 仮に史実通りドラゴンボールヒーローズが登場したとしてもこうなっていた可能性大。
  5. 当然、続編の2期と超は存在しない。
    • 神と神以降の新作アニメも同様。
  6. 主題歌以外の作画が新規ではないため、視聴者が離れたと見なされていた。
  7. ネットでは史実以上に荒らされていた。
  8. トリコの後番組は「ワールドトリガー」になっていた
    • 更にその後は「デジモンユニバース アプリモンスターズ」がこの枠を引き継ぎ久しぶりにフジテレビ系列でのデジモン放送が実現していた
  9. 速水奨氏が引き続きザーボンを演じなかったことへの不満が噴出していた。
    • 飯塚昭三氏が引き続きナッパを演じなかったことへの不満も噴出していた。ていうか一部のキャスト(故人が演じたキャラは除く)を変えた事がコケた原因と見なされていた。
  10. ドラゴンボールは完全に過去のアニメ扱いにされていた。
  11. 「DRAGONBALL EVOLUTION」と二の舞になっていた。

ドラゴンボールZ 神と神

  1. 「昔の作品などやるだけムダ」という結論になったため、セーラームーンがリメイクされることはなかった。
    • 『タイガーマスクW』も当然制作されていない。
    • 「マジンガーZ INFINITY」、「ゲゲゲの鬼太郎(アニメ6期)」も製作されない。
    • (東映アニメーション製作ではないが)キャプテン翼(2018年版)も作られなかった可能性がある。
      • 「ジョジョの奇妙な冒険(第3部以降)」や「うしおととら」なども。
  2. ドラゴンボールZの新作映画が2015年に公開(予定)されることもない。
    • ゴールデンフリーザなんて影や形もない。
  3. アルティメットブラスト等のドラゴンボールシリーズのゲーム作品の展開が打ち切られていた可能性もあった。
  4. 『ドラゴンボール改』の第2期はお蔵入りになっていた。
    • 『トリコ』の後番組は『マジンボーン』あたりになっていたかもしれない。
      • 『暴れん坊力士!!松太郎』あたりも有り得た。あるいは『ワールドトリガー』が半年前倒しで放送していたかもしれない。(史実では2作品ともテレ朝で放送)
      • 少なくとも『ワールドトリガー』が半年前倒しで放送は無理があるんじゃ・・・(アニメ放送開始時『ワールドトリガー』の単行本は8巻しか出てない)
        • 或いは『トリコ』が史実より1年長続きして『ワールドトリガー』が半年送れで放送していた
        • 2015年4月開始だと『ワールドトリガー』の単行本は13巻まで発行されている(『トリコ』が史実でアニメ放送開始した時の単行本が13巻まで出てるので史実の『トリコ』と同じ巻数になるので)
      • または「暗殺教室」が史実の日曜午前9時に放送されていた
  5. 最悪、かつて公開された「DRAGONBALL EVOLUTION」の二の舞になっていた。
  6. 下手すると、ドラゴンボール自体そのものが完全に過去の物になっていた可能性大。

ドラゴンボール超

  1. 複数の宇宙の設定が難解、違和感があるとされた。
  2. 新作待望論があるとみられた。
  3. フジ系日曜朝9時のアニメ枠は本作の終了で廃枠になっていた。
    • テレ朝が2017年10月以降、特撮枠を史実通り移動したとしても、特にバンダイ、東映とも影響を大きく受けることはなかった。
      • それか別の時間帯への変更を余儀なくされており、『ゲゲゲの鬼太郎』6期はそちらの新枠での放送となっていた。
  4. 前述の『改』と同様、ドラゴンボールは完全に過去のアニメ扱いにされていた。
  5. 最長でもゴクウブラック編で打ち切りになり後番組は「デジモンユニバース アプリモンスターズ」となっていた
    • あるいは、日曜8時半のアニメ枠は設立せず、モンスターハンターがドラゴンボール超の後番組として放送されていた可能性も。
    • それかこち亀がテレビスペシャルではなくドラゴンボールの後番組で30分のテレビシリーズとして放送再開していたかもしれない。
  6. フジテレビと東映アニメーションの関係がより悪化していたのは間違いない。
    • 下手するとONE PIECEにも影響が及んでいたかもしれない。

とらドラ!

  1. 間島淳司は「神無月の巫女」の大神ソウマという認識で終わっていた。
    • 緋弾のアリア」も史実通りコケていたら、間島淳司・釘宮理恵がコンビを組んだ作品はコケるというジンクスができていたかもしれない。
  2. Blu-ray BOXも発売もなかったか、史実よりも発売が遅れていた。
  3. 「ゴールデンタイム」のアニメ化もお流れになっていたかもしれない。
  4. バカチワワがハルヒの朝倉涼子に似ていると話題にならなかった。
    • 朝倉涼子が注目されなかった。
  5. テレビ東京とスターチャイルド(現:KAクリエイティブ)の関係はこの時点で悪化していた。

To LOVEる -とらぶる-

  1. 戸松遥はブレイクしなかった。
    • あったとしても『かんなぎ』、『妖怪ウォッチ』を待たなければならない。
      • あの花とSAOは?
    • 矢作紗友里もブレイクしなかったかもしれない。
  2. 2期、OVA、ダークネスのアニメ化はなかった。
  3. トラブルのことを敢て「ToLOVEる」と記すことは流行らなかった。
  4. こうなっていたかもしれない
  5. 内容が似ている『恋愛暴君』のアニメ化も見送られていたかもしれない。

トランスフォーマーシリーズ

戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー

  1. 勇者シリーズやエルドランシリーズは存在しなかった。
    • 下にあるように海外のTFを日本で別のアニメとして放映していた場合は同じコンセプトを持つ作品がもっと早くから放映されていた。
      • この場合勇者シリーズはTFから引き続き東映アニメーションが製作していた。
  2. 「ロボットアニメ=シリアスで陰気くさい戦争もの」という認識がずっと続き、80年代末には「子供向けロボットアニメ」というジャンル自体が存在しなくなっていた。
  3. 「私にいい考えがある」は失敗フラグにはならなかった。
  4. ファミコンを代表するクソゲーが1つ消えていた。
  5. オーソン・ウェルズの遺作の知名度が激減していた。
  6. 日本国内で実写映画版「トランスフォーマー」はヒットしなかった。
    • 案外そこまで影響はないと思う。間違いなくオプティマスの声は玄田さんではなかっただろうけど。
    • TFのアニメ自体もビーストウォーズで改めて再上陸している。
  7. 「外国産のアニメは日本では大ヒットしない」というアニメ界のジンクスができていた。
  8. 海外でのヒットが史実通りの場合、海外でトランスフォーマーとして売っている玩具を日本では別のオリジナルアニメに当て込んで販売していた。
    • プリテンダーは日本では発売しなかった。
      • マイクロTFは史実でも企画があった「マイクロマン」として発売されていた。
  9. 当初の予定通り日本では1クールで打ち切りになっていたかもしれない。

戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010

  1. 「ザ☆ヘッドマスターズ」以降は作られず、TFシリーズは「2010」で最後になっていた。
  2. コンボイは復活しないまま終わっていた。

トランスフォーマー ザ☆ヘッドマスターズ

  1. 日本オリジナル路線のTFシリーズは失敗したとみなされ、以後の和製TFアニメシリーズは存在しなかった。
    • 下手したらトランスフォーマーシリーズそのものが本作で完全に終了していたかもしれない。
  2. 玩具のフォートレスマキシマスがバカ売れすることもなく、アンコール復刻もされなかった。
    • 大型ロボットは戦隊モノ以外は売れないと判断されていた。

トランスフォーマー 超神マスターフォース

  1. 前作と違って主役が超ロボット生命体ではなくトランスフォーマーの能力を手に入れた人間に変更したことがウケなかったと判断された。
    • 実際、放映当時プリテンダーは日本では不人気だったらしい。
      • 下手すれば、翌年の『V』にクロスフォーマーや恐竜戦隊(ダイノキング)は登場しなかった可能性も(これらも元ネタが海外版プリテンダーのリデコであるため)。
  2. ゴッドボンバーは登場しなかった。
  3. テコ入れとして前作の『2010』や『ザ☆ヘッドマスターズ』のキャラを無理矢理登場させていた可能性も。

戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマーV

玩具売上も悪かったら。

  1. トランスフォーマーシリーズは本作を以って終了していた。
    • そうなった場合、Z以降のシリーズは存在しなかった可能性もある。
      • 史実通りビーストウォーズがあったとしても、トランスフォーマーとは独立したシリーズとして展開されていたかもしれない。
  2. 当然のことながら『勇者シリーズ』は誕生せず。
  3. 最終回はデストロンが勝って終わるバッドエンドになっていた。
  4. ビクトリーレオ自体登場しなかった。
  5. タカラ(現:タカラトミー)は以後、ロボットアニメに力をいれなくなっていた。
  6. 東映動画(現:東映アニメーション)はこの時点でロボットアニメの制作から撤退していた。

ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー

  1. 「2」「ネオ」は製作されず、「メタルス」もお蔵入りになっていた。
    • 本国でも不評だった「リターンズ」は、無かった事にされたかも。
    • 複雑な変形に関するノウハウが生かされないため、カーロボットの玩具の変形機構にも少なからず影響が出ていたかもしれない。
      • ビースト戦士が不評だったとみなされた場合、デストロンガーは全員マシンの軍団になっていた。
  2. 同監督が演出を勤めた「TFアニメイテッド」は、アドリブも脚色もない普通の内容になっていた。
  3. 柚木涼香は声優としては無名のままだった。
  4. 『電脳冒険記ウェブダイバー』は全編デジタル作画のアニメとして製作されていた。
    • 本来こうなるはずがビーストのヒットでタカラから「ウェブナイトはCGで作るように」と指示が出ていたらしい。
  5. テレビ東京でのトランスフォーマーシリーズの放送は失敗したと見なされ、カーロボット以降は再び日本テレビでの放送に戻っていたかもしれない。
  6. ガンダムXの打ち切りや勇者シリーズの終了と相まって、テレビでのロボットアニメの人気は過去のものになったという風潮になっていた。
    • 真ゲッターのようにOVA専門に方向転換する作品が増えていた。
    • 下手すれば、エウレカセブンやグレンラガンなども生まれず、ロボットアニメは2000年代~2010年代前半のうちに絶滅していたかもしれない。
  7. トランスフォーマーシリーズは完全に過去のアニメ扱いにされていた。

トランスフォーマー カーロボット

  1. 海外輸出はなかった。
    • そうなった場合、TFシリーズは終了していた可能性もある。
      • 海外でのビーストマシーンズ(ビーストウォーズリターンズ)が大コケした影響もあり、TFシリーズそのものが完全に過去の物になっていたかもしれない。
  2. 第26話「集結せよ! 新戦士たち」で打ち切られており、ブレイブマキシマスやデビルギガトロンは登場しなかった。
  3. 2018年にTFアンコール版のゴッドファイヤーコンボイが発売されることはなかった。

超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説

  1. ヒットしない要因があるとすれば、「ギミック重視で変形を簡略化→カーロボ以来の複雑な変形に期待していたコレクター層の顰蹙を買う」か「シリアスな展開がよい子のみんなにウケなかった」のどちらかに違いない。
    • 少なくともこれ以降ハズブロ側はマイクロンの玩具をを出す展開に否定的になっていた。
    • 後者の場合、『スーパーリンク』以降はとにかくアドリブを重視する姿勢に回帰していた。
    • それに世界観のリセットがG1シリーズファンを取り込めなかった原因として問題視されていた。
  2. 下手するとTF自体がG1シリーズのリブートに依存せざるを得ない状態になっていた(現に実写の影響でそうなりつつはあるが…)。
  3. ユニクロンの玩具化が今回も頓挫していた可能性大。
    • 但しこの時点で金型さえ起こしていれば、2010年に限定品として受注生産されていたかもしれない。
  4. 史実より早く、和製トランスフォーマーのテレビシリーズは本作で最後になっていた。
  5. 本作の企画に参加していたウィーヴは間違いなく経営が悪化していた。
    • 他社に吸収合併されていた可能性もある。
  6. (マイ伝以前にやっていた)『電脳冒険記ウェブダイバー』や『爆闘宣言ダイガンダー』の不発もあり、テレビ東京系列のロボットアニメは本作を最後に途絶えていたかもしれない。
    • アクエリオンは最初からUHFアニメとして放送されていた。
    • テレ東系列のガンダムシリーズは『SDガンダムフォース』で最後となっており、『SD三国伝』以降はUHFでの放送になっていた。
  7. アクタスはアニメ制作を続けられなくなっていた。
    • 最悪の場合、倒産していた可能性がある。
      • 『ガールズ&パンツァー』は世に出なかったかもしれない。

トランスフォーマー スーパーリンク

ヒットしていたらの項目にもありますが、ここでは史実以上に大コケしていたらと仮定します。

  1. トランスフォーマーシリーズは20周年記念作品を区切りに本作を以って終了していた。
    • そうなった場合、「ギャラクシーフォース」以降のシリーズは存在しない。
  2. 同年に放送された『SDガンダムフォース』や『Get Ride! アムドライバー』、『ゾイドフューザーズ』と共倒れになり、テレビ東京系列はロボットアニメの放送から手を引いていた。

トランスフォーマー ギャラクシーフォース

この項目にもありますが、ここでは史実以上に大コケしていたらという仮定で。

  1. トランスフォーマーシリーズのアニメは本作を以って終了することになった。
  2. 本作終了後に発売されたプライマスの玩具化はお蔵入りになっていた。
    • あったとしても、WELCOME TO TRANSFORMERS 2010を待たなければならない。
  3. コケた要因があるとすれば「日本国内だけ前2作と直接的な繋がりがなかった」か「ラブコメディー要素が受けなかった」のいずれか違いない。
  4. タカラとトミーの合併が早まっていた。

超ロボット生命体トランスフォーマープライム

史実以上に大コケしていたらと仮定します。

  1. 日本版と同様第2シーズンで打ち切られており、『Beast Hunters』(日本未放送)は製作されなかった。
    • なので、『トランスフォーマーGo!』は存在していない。
      • 仮にあったとしても、『プライム』版の世界観を完全にリセットしたオリジナルシリーズになっていた。
    • 第2シーズン終了時点でオプティマスがディセプティコンを全滅させて終わっていたかもしれない。
      • 当然、『トランスフォーマーアドベンチャー』も作られない。
  2. 第39回デイタイム・エミー賞 に受賞することはなかった。
  3. 下手したらトランスフォーマーのアニメが二度とテレビで放送されることは当然無かったかもしれない。
    • 『キュートランスフォーマー 』はネット配信のみになっていたか、あるいはOVAとして制作されていた。
  4. ポリゴン・ピクチュアズはマイナーな企業のままだった。
    • もしかすると、本作の2年後(2014年)に制作・放送された『シドニアの騎士』あたりでようやく知名度向上、なんて事も…。
  5. 旭川冬まつりとのタイアップもなかった。
  6. トランスフォーマーシリーズは完全に過去の遺産になっていた。

キュートランスフォーマー 帰ってきたコンボイの謎

  • 玩具発表時には多くの男性のTFファンから「こんなのコケるだろ」と非難されていました。
  1. 男性のTFファンと女性のTFファンの認識のズレがますます深まっていた。
    • 特に一部の過激派からは「玩具を買わない腐女子などTFファンとは認めない」と暴言が飛ぶ様相になっていた。
  2. どのみち上坂すみれの苔の話は何かのラジオで暴露されていた。
  3. 玩具自体もひっそりと展開を畳んでいた。
    • 「チョロQトランスフォーマーの二の舞」と言われる。
    • 「やわらかトランスフォーマー」の立体化もなかった。
  4. 下手するとトランスフォーマー自体そのものが完全にオワコンと化していたかもしれない。
    • 場合によっては『トランスフォーマーアドベンチャー』にも悪影響が出ていた可能性がある。

トリコ

大ヒットしていたらの項目にもありますが仮に大コケして1年で打ち切りになっていたら

  1. アニメオリジナルの余計なキャラクターを出した事が原因と言われる
  2. 原作の終了も早まりグルメ界編へ突入せず人間界編だけで終わっていた
  3. ドラゴンボール改ブウ編はトリコの終了後に史実よりも早い時期に放送していた
  4. 田野アサミは声優に路線変更しなかったかもしれない。
    • そうすると、「スマイルプリキュア!」のキュアサニーは別の声優になっていた。
  5. パイロット版のみで終わった『世紀末リーダー伝たけし!』の二の舞になっていた。
もしあのアニメが大ヒット
していなかったら い~お く~こ さ~し す~そ
ち~て な~の は~ひ ふ~ほ ま~も や~よ ら~わ
特撮円谷プロ/東映/ライダー/戦隊
していたら え・お
ち・つ
な~の へ・ほ
み~も や~よ ら・り る~ろ
特撮東映円谷プロ)/ライダー/戦隊/メタルヒーロー



関連記事