もしあのアニメでこんな有り得ない展開があったら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

全般[編集]

  • 物語の展開に関するネタはできるだけ控えてください。

主要キャストに新人声優を起用→評判が悪くて声優総入れ替え[編集]

新人声優を起用すると棒読みだと批判される場合がありますが、仮に制作者側がその批判に耐えられなくなってキャスト総入れ替えという決断に至ったら?

  1. その新人声優たちにとってはデビュー作なのに黒歴史になる。下手したら引退に追い込まれるかも。
  2. ブルーレイとDVDの発売が延期になる。
  3. この声優を起用した関係者に批判が殺到する。
  4. 間違いなく「スーパーナチュラル」の吹き替えの件が引き合いに出される。
    • 当該キャストが本職の声優ではない芸能人だったら尚更。

特定キャラの声優がA→B→Aと交代[編集]

病気などによる一時的な代役は含まないものとする。

  1. 1クールのアニメではさすがに無さそうだが、長期放送のアニメではあり得なくはない。
  2. 声優Aが何らかの事情で降板したが、交代した声優Bがよほど不評で声優Aに戻ってきてもらったと考えられる。
    • 逆に声優A降板→交代した声優Bがしばらくして定着→声優A復帰の場合、Aの側が批判されるかもしれない。
    • 「声優B自身には問題はないが、Bを起用したシリーズ展開に失敗して原点回帰するためにAを再起用した」というのもありうる。
      • この場合は、A復帰後もBが別の役で出るかも。
  3. 声優Aのファンは復帰を喜ぶものの、内心複雑。
  4. 声優Bにとっては当該作品は黒歴史になってしまう。
    • 声優Aと声優Bの兼任ファンの肩身が狭くなる。
  5. 声優A=本職声優、声優B=一般芸能人とかだとするとB本人や起用したスタッフへの批判が激しくなる。
  6. 近い例は「ルパン三世 風魔一族の陰謀」「アイドルマスターXENOGLOSSIA」だろうか。
    • 前述2作品は一応独立した作品ではある。

さらに声優がA→Bと交代[編集]

上記だとルパン三世が『風魔一族の陰謀』で声優陣総入れ替え→不評で元に戻るという例が該当しそうなのでさらに交代した場合を想定

  1. ますますファンの間ではA派とB派で対立しそうだ。
    • A派ファンやA自身のファンは「Bだけはやめろ、交代が不可避ならせめてCにしてくれ」と非難する。
  2. ますますAとBが共演できなくなる。
    • 当人同士も気まずくなりそう。
  3. A=原作者が望んだ声優、B=事務所などが出演させたい声優という場合が考えられる。

深夜帯で長期間(1年以上)放送[編集]

  • 分割4クールで1年以上放送した例はあります。ぶっ続きで1年以上やるとして。
    • 「はじめの一歩」(第一期)と「MONSTER」は深夜帯にぶっ続きで1年半放送されましたが(但し前者は一部のネット局では全日帯の放送)。
  1. おもちゃを売る、雑誌とのタイアップなどができない以上、製作費の補填をどこで行うのか気になる。
    • ジョジョやSAOでさえ分割4クールであることを考えると、制作会社も相当元気な状態であることも前提。
  2. まず間違いなくオリジナルアニメである可能性は少ない。
  3. これで内容が全日帯でもそれほど当たり障りのない内容だった場合、日中での再放送を望む声が一定数出てくるとみられる。
  4. 逆にどこのアニメ制作会社も深夜帯にすら手を付けないような事態になった場合、たまたま枠を取ったアニメが深夜帯のまま長期化する可能性はありそうだ。

長期放送のアニメで作品内の時間が現実世界と同じように経過[編集]

  • 期間としては5年以上を想定。
  1. 当然登場人物も時間の経過に合わせて歳をとることになる。
    • これが5年や10年程度ならまだしも、サザエさんのように何十年も放送されている作品だと主要キャラクターが次々と死ぬこともありうる。
      • そのため、主人公の交代もありそう。
  2. 作品のジャンルに係らず、時事ネタが多く使われていそうだ。
  3. 逆サザエさん時空と呼ばれるかもしれない。
  4. あたしンちやクレヨンしんちゃんにもし「サザエさん」が○○だったら#リアルに年をとっていたらのような項目がつくられる。
  5. 始めから長期放送を見越して制作された場合はキャストに登場人物と同年代の声優が起用されるだろう。

カードファイト!!ヴァンガード[編集]

ドラゴンエンパイア所属のクラン使いの女性ヴァンガードファイターが登場[編集]

ちなみに安城トコハにむらくもを使わせる構想があった。

  1. 予想される人物像は男勝り。

バトルスピリッツシリーズ[編集]

主人公が赤属性のカードを一切使わず[編集]

ちなみに混色デッキ使いやすべての色のデッキを使用した例は「ブレイヴ」や「最強銀河 究極ゼロ」で存在。

  1. 代わりにライバルやヒロインが赤属性を使う。

プリキュアシリーズ[編集]

ポケットモンスター[編集]

達成されたなさそうであった記録

  • タケシが降板したが、ジョウト編で再同行(無印編)
  • 同一シリーズで2つの地方を訪れる(無印編)
  • タケシが御三家をゲットする(AG編)
  • タケシが降板(DP編)
  • サトシと旅の同行者が手持ちのポケモンを交換(DP編)
  • ムサシのソーナンスが不在(BW編)
  • ミニコーナーでオーキド博士が一切ポケモンに酷い目に遭わされない。(BW編)
  • サトシが草タイプの御三家をゲットしない(XY編)
  • サトシが御三家と別れる(XY編)
  • サトシが序盤鳥ポケモンをゲットしない(SM編)

サトシがポケモンリーグ優勝[編集]

ちなみにこれまでのサトシのポケモンリーグの成績は16強→8強→8強→4強→8強→準V

  1. こうなるときはサトシが主人公を降板するかポケモンのTVシリーズが完全に終了するとき。
    • シリーズをサトシのまま続けるならば次回作の目標はポケモンリーグ連覇。

ロケット団が降板[編集]

  1. 考えられる理由はポケモンの原作ゲームの新作が悪の組織を廃止したと考えられる…
    • もしくは別の悪の組織の下っ端が主役になる。
  2. よってロケット団はジュンサーによって全員逮捕される。

サトシが御三家を一匹もゲットしない[編集]

  1. こうなれば鳥ポケモンをゲットする確率が高くなるかもしれない。

サトシのピカチュウがライチュウへ進化[編集]

  1. それでもモンスターボールに入ることは嫌がるだろう。

サトシが降板[編集]

  1. こうなっていた
  2. サトシがポケモンリーグ優勝だったらなっていたかもしれない。
  3. 世論や社会事情的によるサトシの続投が不可能になる可能性も考えられるかも?
    • 「担当声優である松本梨香が何らかの事情(病気など)で降板」とかが一番ありうるか。
  4. 同時にロケット団も降板する。

遊☆戯☆王[編集]

主人公以外のカードが一切OCG化されない[編集]

  1. 遊戯王史上最も目立った主人公扱いされる。
    • ただしシリーズとしてみれば地味な作品扱いされそう。

関連項目[編集]

もしこんな有り得ない展開・記録があったら
スポーツ 高校野球 (試合展開 | 出場校 | 優勝校 | 不祥事)
試合展開 (サッカー | サッカーW杯) | 個人記録 | 契約更改・年俸査定
シーズン展開 (プロ野球 | Jリーグ) | 箱根駅伝 | プロ野球ドラフト会議
テレビ番組 NHK | 日本テレビ系 | テレビ朝日系 | フジテレビ系
アニメ | 視聴率調査
その他 交通機関 | 国政選挙 | 人気投票 | 日本の気象 | アニメ記録 | ゲーム記録



関連記事