新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

もしあのテレビ局がラテ兼営局だったら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

NNN[編集]

読売テレビ[編集]

  1. 読売テレビ開局後に「YTVラジオ」として開局。
    • つまり、同じNNN系列の札幌テレビ放送と同じ経緯で開局。
    • むしろここは「毎日放送」「朝日放送」に対抗して、「読売放送」であってほしい。
  2. 読売テレビ製作のアニメのアニラジを放送。
    • 今なら「名探偵コナン」の番組を放送。
  3. 野球は、ジャイアンツ戦が中心。
    • 『ジャイアンツ戦』は(実史の)ラジオ関西が放送するので、(ラジオネットワークに属さなければ)自主制作のタイガース戦か、パ・リーグ球団の試合を放送じゃない。
      • その場合、ズームインなどで見られる阪神色は微塵も無くなり、トラトラタイガースも放送されなかった。
  4. 大村崑がパーソナリティーのワイド番組が朝に放送され人気を博した。
  5. 植村なおみアナウンサーがテレビでなくラジオの方で人気を呼んでいた。
  6. 羽川英樹アナウンサーはフリーにならなかったか退社が遅れていた。

広島テレビ[編集]

  1. ネットワークは、NRNに所属。
    • RCCはJRNに。
  2. 局名は「HTVラジオ」
    • もしくは「広島ラジオ放送」
  3. 野球は、カープ戦中心。

福岡放送[編集]

  1. 局名は「FBSラジオ」
    • (実在の)ラジオ関西が「ラジ関」と言われている様に、福岡放送ラジオから「フクラジ」と言われていたかも。
  2. ホークスの福岡移転以降は、ホークス一色の応援態勢になっていた。
    • 岐阜放送と同じく、アナログ親局がUHFのラテ兼営局となる。

ANN[編集]

北海道テレビ[編集]

  1. 局名は「ラジオ北海道」
    • むしろ、(実在の)札幌テレビ放送(STV)みたいに、「HTBラジオ」になるんじゃないと
  2. 今なら、チームナックスをはじめとするオフィスキュー勢が番組を持っていた。
  3. 文化放送の番組をネット。
  4. NRNに加盟していた。
    • HBCは、JRN単独ネットに移行。
  5. ファイターズ戦はビジターもデイゲームも全試合中継。

テレビ朝日[編集]

  1. 開局当時の局名は「NETラジオ」。1977年の社名変更で「ラジオ朝日」に。
  2. 1975年春にABCラジオで放送されていたTBSラジオの番組は一斉に打ち切られ、ラジオ朝日からの番組ネットに切り替えた。
  3. 「東映公認 鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー」のキー局になっていた。
  4. 文化放送が存在しなかった可能性も。
    • むしろ合併してたかも
      • そのまま「NCBテレビ」「文化テレビ」となっていた。
        • 文化放送が史実よりも早く六本木に移転してた。

名古屋テレビ[編集]

  1. 局名は「名古屋ラジオ」。テレビの「メ~テレ」に合わせて現在は「メ~ラジ」。
    • というか、社名が「名古屋放送」になるかも。その場合、愛称は「メーホー」に…?
  2. 「機動戦士ガンダム」の映画がヒットした際にガンダムのアニラジをレギュラーで放送していた。
  3. ドラゴンズのホームゲームを放送できない(中日資本が入っていない)分グランパス戦の中継に力を入れるかも。
  4. 全日本大学駅伝はZIP-FMではなくこっちが中継。

FNN[編集]

関西テレビ[編集]

  1. 「ラジオ関西」が局名で、そのため神戸の方の「ラジオ関西」は「AM-KOBE」のまま。
  2. 上沼恵美子や桑原征平はABCラジオに行くことなく、この局で采配を振るっている。
    • ヤマヒロや梅田淳、杉本清といった人気アナウンサーが、ラジオ部門で冠番組を持っていた。
  3. ラジオ大阪は存在しなかった可能性が高い。
    • 場合によってはフジテレビもニッポン放送を直接買収していたかもしれない。

テレビ新広島[編集]

  1. 局名は「ラジオ新広島」。
  2. テレビの方の人気番組だった「爆笑!電太郎一家」がラジオドラマとして継続していた。
  3. もちろん、カープ戦を自社制作していた。
    • 広島で行われるカープVSジャイアンツは、全国放送。
  4. サンフレッチェの試合のラジオ中継も行われていた。
  5. RCCとの対決姿勢を露わにしていただろう。

岡山放送[編集]

  1. ニッポン放送からのネット番組を重点的に放送、裏送り番組も大量に。
  2. 岡山県内で遠距離の局にチューニングを合わせるリスナーが減少した。
  3. 「若者向けはOHKラジオ、年寄り向けはRSKラジオ」という構図が岡山で確立した。

長野放送[編集]

  1. 長野県域のNRNフルネットとして開局する場合、SBCはJRNフルネットに移行するかもしれない。

TXN[編集]

テレビ北海道[編集]

  1. AMよりFMの方が可能性があったかも。
    • その場合、現実の「AIR-G」に近くなりそう。
    • 局名は「ラジオ北海道」といったところか?

テレビ東京[編集]

  1. 「東京12チャンネル」時代に開局していたら局名に周波数が入る。
    • あるいは、それでは局名が長すぎるので、開局当時のテレビの通称から「科学ラジオ」。
      • テレビと同様に教育番組中心の編成。
    • 教育番組から撤退した時期に局名を変える。
  2. 「テレビ東京」に改名した時期に「テレ東ラジオ」に変わる。
    • TBSの了解を得られれば、TBSの旧称と同じ「ラジオ東京」に…さすがにそれは無理か。
  3. 平日の昼間は経済情報に力を入れ、ラジオNIKKEI(旧ラジオたんぱ)のライバルに。
  4. 近年ではアニラジで文化放送のライバルに。
  5. テレ東で放送されたアニメからの派生によるラジオ番組は全部この局をキー局とした。

テレビ愛知[編集]

  1. 参入の仕方としては、経営危機に陥っていた「愛知国際放送(RADIO-i)」を買収して参入というのがベターか?
    • その場合、社名も「株式会社ラジオ愛知」あたりに変更か?
  2. 愛知および東海3県出身の声優がパーソナリティを務めるアニラジを自社制作で放送。
    • また、SKE48のメンバーがパーソナリティを務める番組も放送。

テレビせとうち[編集]

  1. 局名は「ラジオせとうち」(RSC)。
  2. RSKラジオから「山陽新聞ニュース」の名前を譲り受ける。
  3. オープニング及びクロージングではかつてテレビで流れていた「せとうち賛歌」が流れる。
  4. このシリーズアニメを製作していることもあり、この会社が、しまじろうのアニラジや進研ゼミのラジオ講座的な番組を制作していた。

関連項目[編集]

もしあの放送局が…
○○だったら 北海道・東北/関東/甲信越・北陸/東海/近畿/中国・四国/九州
親会社(関東)
違う系列局だったら 北海道/東北/中部/中国・四国/九州/沖縄
開局していたら テレビ/ラジオ
開局していなかったら テレビFNS/ANN/TXN)/ラジオ
ネットワーク関連 キー局が在阪局だったら/独立局のままだったら
クロスネットを禁じていたら/TXNとクロスネットしていたら
その他 社名・愛称・略称が変わっていなかったら/合併していたら
免許取り消しになっていたら/放送対象地域が広域圏だったら
テレビ放送を開始していなかったら/同一企業だったら
ラテ兼営局だったら/ラテ兼営局が分社化したら



関連記事