もしあのテレビ局が違う系列局だったら/九州

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

テレビ西日本がNNN、九州朝日放送がFNN[編集]

福岡のテレビ西日本(TNC)はかつて日本テレビ系で、九州朝日放送(KBC)はフジテレビ系がメインでした。ところが読売新聞の九州進出にTNCの大株主である西日本新聞側が激怒し、ネットチェンジに至りました。

もし、このネットチェンジが行われなかったら…。

  1. 福岡放送(FBS)はテレビ朝日系として開局していた。
    • しかし腸捻転状態ゆえ、後にKBCと入れ替わってフジテレビ系に。
      • ここみたいにKBCがなかなかフジ一本にしてくれなかったので、FBSはここみたいな状況になっていたかも。
  2. 読売新聞は全国紙になれず、購読部数も伸び悩んでいた。
    • むしろ、西日本新聞の買収を目論んでいる。
    • もし読売新聞が史実通り九州に進出していたら、TNCと日テレの仲は非常に険悪に。
  3. 西日本新聞の影響力が強い九州各県の第2局も日本テレビ系に。
    • 福岡以外は多くて3局に留まっていた可能性も高い。(フジテレビが系列拡大に消極的だったため)
      • 鹿児島と熊本は経済規模から考えて4局できていると思う。史実と違っていたのは多分長崎だけ。
    • 大分3局目もなかった可能性もある。
  4. STS・NIB・TKU・TOS・KTSも最終的に日テレ系単独となっていた。
    • KTNの間違いでは?
  5. テレビ朝日という名はなく、NETテレビのまま。
  6. TNCが王シュレット事件で被害を被る事はなかった。
    • その代わりにKBCまたはFBSが…

サガテレビが別系列だったら[編集]

NNNだったら[編集]

  1. 「24時間テレビ 愛は地球を救う」に参加していた。
  2. FBSが日本テレビネットワーク協議会から活動停止処分を受けたときに基幹局代行をやってたかも。
  3. 高校サッカー選手権大会の県大会決勝と全国大会での地元高校の試合を中継をしている。

JNNだったら[編集]

  1. 佐賀県でRKBテレビやRKKテレビを受信する世帯が減っていた。
    • 逆にTNCを受信する世帯が多かった。
  2. 「窓をあけて九州」の制作に参加していた。
  3. これで九州各県の第1民放は全てJNNに。
  4. 「サガテレビ」ではなく設立当初の「佐賀放送」という名称のままだった。
  5. NBCラジオ佐賀を吸収合併していた。
    • そしてラテ兼営局になる。

ANNだったら[編集]

  1. 「アサデス。九州・山口」、「九州街道ものがたり」、「るり色の砂時計」の制作に参加していた。
    • 「スーパーJチャンネル九州・沖縄」もネットしていた。
  2. 全国高校野球選手権大会の県大会の試合と地元高校の甲子園での試合を中継していた。

TXNだったら[編集]

  1. 熊本県でサガテレビを視聴する世帯が増えていた。
    • 武雄中継局の出力が増力されてたかも。
  2. TVQ開局はなかったかもしれない。

独立U局だったら[編集]

  1. 福岡県でサガテレビを視聴する世帯が増えていた。
    • 唐津中継局の出力が増力されてたかも。
  2. 偶然名前も似ているので「九州のサンテレビ」と言われる。

長崎文化放送がNNN[編集]

もしあの放送局が○○だったら/九州#長崎文化放送を参照のこと。

テレビ長崎がNNN[編集]

テレビ長崎はFNN・NNNクロスネット時代はNNNの番組を数多くネットしていました。1990年10月1日よりFNN単独になりましたが、もしこのときNNN単独になっていたら、という過程です。

  1. 当然、長崎はNIB開局までフジ空白区となっていた。
  2. NIB開局まではNCCでもフジの番組をやっていた。
  3. NIBの月曜19時台はローカル・単発枠だった。
  4. 「できたてGopan」は「Newsリアルタイム」が始まったあたりで打ち切られていた。
    • 今のようにGopanを16時台に持ってくると、ネットが「ミヤネ屋→Gopan→リアルタイム」となり、平日昼の再放送枠やテレ東系ネット枠が無くなってしまうため。
    • 後継のヨジマルもなかったかもしれない。
  5. KTNと西日本新聞が絶縁状態に。
    • そしてNIBに鞍替え。

長崎放送がNNN、テレビ長崎がJNN[編集]

  1. 長崎国際テレビはフジテレビ系になっていた。
    • フジテレビ系の番組はNIB開局までNBCとKTNで番販ネット。
      • NCCも参加していそう。
  2. 「キューピー3分クッキング」はCBCバージョンが放送された可能性も?
    • とも思ったが、先発局がNNNの地域でCBC版は放送されていないので、史実と変わらないかも。

長崎放送サイド[編集]

  1. 『24時間テレビ 愛は地球を救う』に現在も参加していた。
    • KTNとのリレー放送は回避されていた。
  2. ANNとのクロスネットとなっていた可能性も。
    • その場合、かつての青森放送や山形放送のごとく、月曜19時台前半等にテレ朝系の同時ネットがあったかもしれない。
      • 勿論、NCC開局後はNCCへ移動するが。

テレビ長崎サイド[編集]

  1. 『8時だヨ!全員集合』は初回から放送していた。
  2. 『窓をあけて九州』の制作に参加していた(現実では、NBCが制作に参加)。
    • 後継の『世界一の九州が始まる!』も同様。
  3. テレビ朝日系の番組が、史実より多く番販ネットされていただろう。

長崎放送がNNN、テレビ長崎がFNN[編集]

  1. 山形のように、2局時代は両局ともこぞって様々な系列の番組がネットされていた可能性がある。
  2. 長崎へのTBS系列局開局は難航していたかもしれない(秋田の場合、TBS系列局開局を断念した理由の一つに「TBSから開局サイド側で50億円を負担することを求められ、それができなかった」という事情があったため)。
    • 開局にこぎつけても、上記の事情があれば中継局の整備が遅れていたかもしれない。史実のNIBと同じ1991年4月の開局と仮定した場合、佐世保・諫早は何とか開局までに整備するも、県内各地への中継局設置は1992年度からの開始となっていたかも。

長崎放送サイド[編集]

  1. TBSの番組もネットされていたことを除けば、「長崎放送がNNN、テレビ長崎がJNN」の場合と同じ。
  2. 3分クッキングはNBCで放送。但しNTV版をネットしているのは変わらず。

テレビ長崎サイド[編集]

  1. ANNに加盟しなかった場合は「もしあの放送局が○○だったら/九州#開局当初からフジテレビ系だけに加盟していたら」に同じ。
    • ANNに加盟していた場合でも、ANNニュースは昼間のみ、一般番組のネットも一部のみという限られたANNネットになっていたかも。

熊本放送(RKK)がFNN、テレビ熊本(TKU)がJNN[編集]

RKKサイド[編集]

  1. テレビ西日本からFNS基幹局のポジションを奪っていた。

TKUサイド[編集]

  1. 『窓をあけて九州』の制作に参加していた。

大分放送がNNN[編集]

大分放送(OBS)は当初、日本テレビ系列として開局することを希望していたようです。もし現実に日テレ系列として開局していたら、どうなっていたでしょうか?

  1. テレビ大分は最終的にFNSフルネット局になっていた。
    • 西日本新聞が絡まなかった場合、TOSがTBS系となっていた。
  2. ytv制作番組を、現実よりもっと多くネットしていた。
  3. 深夜の「ZZZ」枠の製作に参加していた。
  4. 「スッキリ!!」「ウェークアップぷらす」「おもいっきりDON!」「ミヤネ屋」も大分で見られた。
  5. 現実のTOSと同様、後にFNSともネットを組まされ、OBSはTNC西日本新聞を徹底的に嫌っていた。
    • ただし、現在のTOSとは異なり、FNSとのクロスネットになっても関西テレビの番組は一切ネットせず、TOSの編成から外されたMBSの番組を大量に流していた可能性も。(在分局と在阪局の関係が現実通りだった場合)
    • JNNのクロスネットが認められていた場合、むしろNNN&JNNクロスになっている可能性も。(その場合TOSはFNS単独)
  6. 「キユーピー3分クッキング」はNTVバージョンが放送されていた。
    • 更にこの場合当時の回線の都合上、九州の先発局はすべてNNNになり、九州全土でNTVバージョンが放送されていた(史実でもNTVバージョンを放送している地域も含む)。

大分朝日放送がFNS[編集]

大分朝日放送(OAB)は当初、テレビ朝日系列ではなくフジテレビ系列として開局することを希望していたようです。その為か、テレビ朝日との関係はあまり良くないといわれています。もし現実にフジテレビ系列として開局していたら、どうなっていたでしょうか?

  1. テレビ大分は日テレ・テレ朝のクロスネット局になっていた。
    • それに連れて西日本新聞の資本はTOSからOABに完全移行されていた。
  2. 中嶋美和子アナが「めざましテレビ」に登場していた。
  3. TOSと違ってフジの深夜番組を積極的にネットし、「百識王」もOABで放送されていた。
  4. フジの番組を積極的にネットする一方、関西テレビの番組は全国ネット枠を除いて1つもネットせず。
  5. 名称は大分朝日放送なんて名前じゃなく「大分かぼすテレビ(OKT)」になっていた。
  6. コールサインにJOBX-TVを使っていたかどうかは不明。
  7. 最終的に4局地域になっていた。

大分朝日放送がNNN[編集]

  1. 局名は「大分讀賣テレビ」(略称OYT)か「大分県民テレビ」(略称OKT)となっていた。
  2. TOSはFNS・ANNのクロスネットとなっていた。
    • TOSはテレ朝の番組に積極的となっていただろう。
  3. 「ズームイン!!SUPER」はTOSから移行。
  4. 「スッキリ!!」「ウェークアップぷらす」「おもいっきりDON!」「ミヤネ屋」も大分で見られた。
  5. 大分のテレビ事情は現実より少しはマシだったかもしれない。

宮崎放送(MRT)がNNN、テレビ宮崎(UMK)がJNN[編集]

MRTサイド[編集]

  1. ズームイン!!朝!(現・ズームイン!!SUPER)や24時間テレビに参加していた。
    • 史実では後者のみUMKが参加。
  2. 『スッキリ!!』や『ミヤネ屋』も放送している

UMKサイド[編集]

  1. 窓を開けて九州の制作に参加していた(史実ではMRTが参加)。

南日本放送(MBC)がFNN、鹿児島テレビ(KTS)がJNN[編集]

MBCサイド[編集]

  1. めざましテレビやFNSの日に参加していた(史実ではKTSが参加)。

KTSサイド[編集]

  1. 窓を開けて九州の制作に参加していた(史実ではMBCが参加)。
もしあの放送局が…
○○だったら 北海道・東北/関東/甲信越・北陸/東海/近畿/中国・四国/九州
親会社(関東)
違う系列局だったら 北海道/東北/中部/中国・四国/九州/沖縄
開局していたら テレビ/ラジオ
開局していなかったら テレビFNS/ANN/TXN)/ラジオ
ネットワーク関連 キー局が在阪局だったら/独立局のままだったら
クロスネットを禁じていたら/TXNとクロスネットしていたら
その他 社名・愛称・略称が変わっていなかったら/合併していたら
免許取り消しになっていたら/放送対象地域が広域圏だったら
テレビ放送を開始していなかったら/同一企業だったら
ラテ兼営局だったら/ラテ兼営局が分社化したら



関連記事