もしあのテレビ局が開局していたら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
保護解除
このページは、「ブロック逃れによる編集強行」のため保護されていましたが、現在は解除されています。詳しい経緯はトークページをご覧下さい。
経過次第では再び保護される事もございますので、趣旨に合った投稿をお願い致します。
経過観察
このページは、テーマがサイト趣旨に沿っていないか、もしくは荒らされやすいと考えられるため経過観察中です。
今後の経過によっては保護が検討されたり、削除検討の対象になることもあります。
ただしテーマについての設立趣旨や投稿者間の管理方法のあり方によっては観察対象外とします。
本件に関するご意見などはトークページへお願いします。

『本来あるはずだったテレビ局がすでに開局していたら』…というテーマ

  • 新規追加は東から順にお願いします。

BS・CS局[編集]

World Independent Networks Japan[編集]

閉局前にテレビ放送進出を考えていたらしいです。

  1. BS11かTwellVのどちらかは存在しなかった。
    • BS11はデータ放送チャンネルのままだった。
    • もしくはDlifeが存在しなかった。
  2. 経営難のためTwellV以上の通販番組編成になりそう。
  3. これを機にWINJはBSラジオを撤退?
    • 1日1時間ぐらいは環境映像を流す番組が放送されていただろう。
  4. WINJの放送免許が史実と同じく取り消された場合、日本初の放送免許取り消しになったテレビ局となっていたかもしれない。
    • 某掲示板では「そこよりも別の局を取り消すほうが先だろ」という声が聞かれる。
  5. 史実ではBS11かTwellVで放送された番組がここで放送されていた。
    • BS11の深夜アニメの一部が放送されていたかもしれない。
      • 場合によってはBSジャパンの編成から漏れたTXN系の番組がここで放送されていたかもしれない。
      • さらに、史実ではDlifeで放送されているアニメ(例:東京喰種)もここで放送されていたかも。
  6. それでも放送休止が頻発する。

グローバルニュースネットワーク[編集]

  • NHKが検討していたとされる24時間ニュース専門衛星テレビ局
  1. NHKワールドTVは存在しなかった。
    • むしろ「グローバルニュースネットワーク」が改称する形でNHKワールドになっていた。
  2. 近年は「日本政府」寄りの報道が批判を集めていた。
  3. これに触発され現在のNHKでは考えられないようなサービスが多く存在している。
    • 韓国放送公社のようなCS・ケーブル専門チャンネルがあったかも。
  4. どっちにしても、昨今の受信料取ったるで商法なのを隠さない態度では、スクランブル化の要求が激化したのは不可避。

北海道・東北[編集]

青森県内のフジテレビ系列局[編集]

もし青森県にフジテレビ系列局があったら

秋田県内のTBS系列局[編集]

秋田県に第3民放テレビ局の開局の機運が高まった時に、TBSテレビ系列の番組ネットが減る事を恐れた秋田放送と秋田放送と関連が強い秋田魁新報社の圧力に加え、秋田県が第3民放テレビ局開局に消極的だったが、結局第3民放テレビ局がテレ朝系(実史の秋田朝日放送)になる事で決着しました。もし、秋田第3民放テレビ局がTBS系列で開局する事で決着していたら?

  1. 放送局名は、テレビユー秋田(TUA)。
  2. 大館市民は、テレ朝系の青森朝日放送を視聴している。
    • 大館ケーブルテレビは、実史の青森テレビではなく、青森朝日放送を配信。
    • 秋田ケーブルテレビも、実史のIBC岩手放送ではなく、岩手朝日テレビを配信。
  3. 秋田放送での「おもいッきりテレビ」は、TUA開局後にフルネット(実史はAAB開局後も2007年3月まで13時20分で飛び降り)。
  4. 一方、テレ朝系朝8時半からのワイドショー番組は、しばらくABSでネット継続。(実史はAAB開局時にネット打ち切り。)
    • テレ朝正午の番組も、ABSで実史のAAB開局時のネット打ち切りではなく、しばらくABSでネット継続。
      • 恐らく、『テレ朝正午の番組』の時差ネット廃止(1993年3月)までネットでしょう。
  5. 2018年10月25日のドラフト会議で、会議の模様を金足農業高校の吉田輝星くんがTUAを通じて視られた。(実史は秋田県での地上波中継無し。恐らく、TBSの中継回線を通じてか、CS・スカイAを通じての視聴と思われる。)
    • 当然、同日朝放送の「羽鳥慎一モーニングショー」(県内ではAABがネット)で触れられる事も無かった。
  6. 富山や高知・山陰(日テレ系・TBS系・フジ系の民放しかない)みたいな編成になっている。
    • いや、愛媛県のように、4局地域になっていた可能性がある。
      • ↑の通りになれば、2ちゃんねるなどで、「(東北地方で)民放が3局しかない青森県」などと書かれていた。
  7. 「世界ふしぎ発見」、「この差って、何ですか?」、「プレバト」、「情熱大陸」、「サンデーモーニング」などの番組が見れた。
    • 「ふしぎ発見」は、遅れネットから同時ネットに変更。
    • 平日朝のJNNニュースは、ABSからTUAにネット引き継ぎ。それ以外は、当然TUAでの新規ネット。
  8. 秋田県の人口は、2019年時点で、100万人を切ることはなかったかもしれない。
  9. この流れに乗って、青森県も4局地域になっていた可能性もあり得る。
    • そうなると、東北地方全県が4局地域になっていた。(宮城県にテレビ東京系列局が開局した場合は5局地域になっていたので、宮城県は除く。)
  10. JR東日本の営業エリアにおいて、全ての地域でTBSテレビの番組を見ることができた。
    • JR東日本のCMをTBS系列で流すことが多くなった。また、JR東日本の提供番組も放映されていた。
  11. アニメ「新幹線変形ロボシンカリオン」もネット化されていた。(史実では、秋田放送で日曜深夜に放映されている。)

宮城県内のテレビ東京系列局[編集]

  1. 社名はテレビ東北。
    • テレビ仙台になったりして。oxとかぶるが
    • 「テレビ宮城」になるかも。
      • テレビ宮城なら『TVM』でありえる。テレビ仙台なら『TVS』でテレビ埼玉とダブるから。
      • 意外に福岡に倣い「TVM宮城放送」とか。
      • 「テレビ東北」なら、略称は「TVT」?
    • TXN東北とか。
      • 当然、東北地方全域が、取材対象エリアとなる。但し、青森県はTVhと分担。(実史では、青森県はTVhが、その他の5県はTXが取材を担当している。)
      • 2011年3月の東日本大震災では、当然、当局が、宮城県を中心に東北地方の取材を担当。
  2. TXN系の番組の大半がKHBから移行していた。
  3. TVQのように火曜と土曜の夜は野球中継(もちろん楽天戦)をやることが多くなりそう。
    • 2013年9月26日の楽天がリーグ優勝を決めた試合には、急遽中継を組むか?(確か、実史では、民放地上波での全国中継は無かった。NHK総合テレビが東北ローカルで中継したのみ。)
      • 同じ年の日本シリーズ(「楽天vs巨人」)も、TXN系で全国中継できた可能性も…。
    • 2016年3月26日に北海道新幹線開業ニュースでは、当局とテレビ北海道が取材を担当。
      • 多分、新青森駅・奥津軽いまべつ駅を当局が、新函館北斗駅・木古内駅を実史のテレビ北海道が、それぞれ取材。
    • ベガルタ仙台戦も編成の都合が付く限り積極的に中継(2016年のTVhのように)。
  4. もし東日本大震災発生時にあったらTXN系列の震災報道も色々な意味で変わっていたかも知れない。
    • 16、17日に放送されていたゴールデンタイムのアニメ枠も震災報道の影響でここだけ放送休止になっていたかもしれない。
    • 当然、毎年3月11日は「追悼特番」を放送。土曜日と重なる年は、土曜競馬中継は途中飛び乗り(実質メインレースのみ中継)。
      • TXとTVhも追悼特番をネットするが、15時で飛び降りし、競馬中継を放送。
  5. そして『仙台経済ナビ』なる経済番組と火曜と土曜のゴールデンタイムに楽天戦のナイターが放送されそう。上の方と同じく。ビジネスマンには、重宝されるテレビ局になりそう。
  6. アニヲタからは、深夜アニメの少なさに苦情の電話がありそう。
  7. 東北各地のケーブルテレビにも区域外再送信がされそう。
    • 福島県内のケーブルテレビ局は、県北部の局と南部の局で対応が分かれる。(北部は当局を、南部はテレビ東京をそれぞれ配信。)
  8. 開局したが、既存局の反発や経営上の問題から、大念寺山送信所の出力が、(アナログ)10kW、(デジタル)1kW。
  9. (2000年代以降の開局となった場合、)ポケモンアニメがKHBからネット移行していた。
  10. 福島競馬場の実況中継・制作担当はここになっていたかもしれない。
    • それはなくても最低でも福島競馬にここの社杯の競走があった。
    • という事は、土曜の競馬中継はTXNの当局、日曜の競馬中継はFNS系のFTVが担当するという「ねじれ現象」が起きる。
    • 福島開催時の土曜競馬中継は当局が中継を担当し、FTVはただのネット受け、または中継・技術協力のみだったかも。
  11. 開局が1993年12月以降の場合(11月にしなかったのはサービス放送の可能性を考慮)、「ドーハの悲劇を知らないTXN系列局」として話題になる。
  12. 艦これ等の深夜アニメは宮城ではこちらの局で放送。
  13. 将来的に福島・山形にも支局を設置する形での放送エリア拡大を狙う。実現には相当紆余曲折は避けられないが。
  14. 広島県のテレビ東京系列局が史実通り開局しなければ、2ちゃんねるあたりで「七大都市圏で唯一TXN系列局がない広島県」などと書かれていた。

rfcテレビ[編集]

ラジオ福島(rfc)はテレビ放送開始を目指していたが、もし実現していたら。

  1. 後に福島放送となっていた。
    • ただし略称はrfcのまま。
    • 現実の福島放送は違う局名になっていた。
      • もしくは現実の福島放送と合併し、略称はrfcが採用かも?
      • 現実の福島放送の局名が、現在の総務省に一度却下された「福島朝日放送」(略称:FABかABF)で開局。
        • 開局時は今の静岡朝日テレビみたく「福島県民テレビ(FKT)」、後に「福島朝日テレビ(FAT)」に変更か?
  2. 福島民報と毎日新聞といった株主の関係から、当然の如くJNN加盟。
    • その後は現実の福島テレビとほぼ変わらず。
      • ネットチェンジの繰り返しがなく最終的にJNN系列に収まる。
      • いや、FNN系列唯一のラテ兼営局になっていた可能性も。
        • その場合、rfcラジオはニッポン放送と仲良くなる。
  3. テレビユー福島(TUF)は勿論未開局。
    • 平成初期に福島なんとか(特産物か地域を象徴するフレーズ)テレビがFNNで開局。
      • 福島ピーチテレビ(FPT)かピーチテレビ福島(PTF)ってか?
        • その名前だと産地に怒られ、そこの局とは絶縁状態になるな。
        • 山形に倣って、『ビーチテレビジョン』(PTV)かな。
    • 福島テレビ(FTV)でいいんじゃない?
    • テレビユー山形テレビユー富山の局名も変わっていたかも。
  4. 福島県はテレビ最後発ではない。
    • 他地方同様皇太子殿下(当時)ご成婚パレードを民放で中継できた可能性がある。
  5. 時系列では1959年rfcテレビ開局系列はKRT(現:TBS)系列数年後には福島放送(FBS・現実の福岡放送は(JOFHおよびFukuoka Hosoより)FHTと名乗っていた。)に改名。
    • 1970年前後に郡山市にテレビ福島が開局系列は九州型トリプルネットであるが民友が読売新聞系もあり日テレ優勢(日テレ45>フジ35>テレ朝20)
    • 1980年代頭に第3局はテレビ朝日系列の福島県民テレビ(現実の福島放送)が郡山市に開局。テレビ福島の編成は日テレ:フジが60:40となり現実の80年代の鹿児島県に近いものとなる。
    • 県民テレビ開局から数年後から遅くとも平成初期に第4局新福島テレビがフジ系列局として開局(民友が読売新聞系であるため。九州のクロスネット解消は番組の人気度より新聞資本が影響していたため。)。
    • むしろ4局化は平成期に完了現実より遅いと思ういや角栄の意向あったから現実並みになりそう。
    • ふくしまFMも史実より早く開局していたはず。
    • 上の記述の福岡放送の略称は、「株式会社福岡放送」からこちらが「KFB」になるんじゃないの。
      • 「UFB」もありそう。
  6. フジテレビの略称が「FTV」となっていた。
  7. 新潟放送と同様にここがラジオとともにテレビの競馬中継を担当していた。
    • (最初からFNN系の場合を除き)FNN系が開局後しばらくしてここから日曜のテレビ中継がその放送局へ移行。

株式会社福島テレビ[編集]

  • ラジオ福島のテレビ放送開局断念後に予備免許を交付されたが開局できませんでした。
  1. 福島県の資本は入っていなかっただろう。
  2. 系列はJNNだった可能性も(発起人の中に東北放送の社長が含まれていたため)。
    • なぜか筆頭株主は河北新報になっていた。
      • その場合、河北新報は中日新聞や西日本新聞のように東北各地のテレビ局に出資していた。
    • 河北新報の宮城県外の部数が伸び、名実ともに東北のブロック紙となっていた。
    • 福島県内では、民報か民友のどちらか、もしくは両方の経営が苦しくなっていた。
  3. その後郡山市にもテレビ局が開局。
  4. コールサインはJOMX-TVが割り当てていたかも。その場合、東京メトロポリタンテレビジョンは開局しなかった。
    • 開局はしたと思う。コールサインと局名は違っただろうけど。(TOKYO PX?)
    • Wikiには現存する福島テレビと同じJOPX-TVを割り当て予定だったと書かれていますが…

関東[編集]

茨城放送テレビ[編集]

もし茨城放送テレビが開局していたら

栃木放送テレビ[編集]

茨城放送と同様に、テレビとの兼営を目指していたものの、免許申請事業者が多数にのぼり一本化調整が長期間ストップした挙句に免許取り下げ、その後第3セクターによりとちぎテレビが開局。

  1. 史実のとちぎテレビ開局の頃までには社屋を移転していた。
    • 史実では2016年春にとちぎテレビの近所に社屋を移している。
  2. 開局当初から茨城での視聴者も多かったと思われる。
  3. テレビ放送開始は他の独立UHF局と同じ1970年代。
  4. その後、危機感を持った茨城県がとちぎテレビのような第3セクターによる放送局が開局していた。
  5. 1970年代に開局した場合、群馬テレビやテレビ神奈川などと同様に、NNSにオブザーバー加盟していた。
    • 群馬テレビと同様に、読売ジャイアンツ主催試合のトップ&リレー中継が行われた。

ジャパンキャピタルテレビ[編集]

  • 東京都の独立U局として開局を目指すも、TOKYO MXに敗れた。
  1. 略称はJCTか?
  2. でもその後の歴史はMXのそれとあまり変わらない。
    • ニュース中心の編成には、ならなかったかもしれない。
      • 最初から深夜アニメの放送に積極的になっていたかもしれない。
  3. リモコンの番号は9ではなく3になっていたかもしれない。
  4. 首都圏ネット4を脱退しなかったかもしれない。
    • その場合、ハピモ(千葉テレビ制作)、ありがとッ! (テレビ神奈川)、ごごたま (テレビ埼玉)が放送されていた。
  5. どっちにしても、史実のMX同様に都区内で東京タワー向けUHFアンテナが全然普及せず、まともに営業かけられるのは地デジ開始後。

関東地区のVHF12チャンネルが別の放送局[編集]

在日米軍がレーダー用に使っていたVHF12チャンネルがテレビ放送用に開放されると、関東地区では複数の企業がテレビ放送の免許取得を争っていた。 最終的には返還を要望した人が関わっていた日本科学技術振興財団がテレビ放送の免許取得が認可され、これが後のテレビ東京になるわけですが、別の企業に割り当てられていたら?

共通項目
  1. 広域放送か都内のみの放送かで、出力や指向性制限の有無が大きく異なっていた。
    • 都内のみの放送の場合、キー局各局がローカル情報に手薄なのを突いて、密着型番組を多く制作する。史実のMXに近い体制になり、都内に第6の民放テレビ放送局は誕生しなかった。
  2. テレビ東京は、都域独立局として1970年代か1980年代に、親局がUHFで開局している。

千代田テレビ[編集]

日本中小企業政治連盟を率いていた鮎川義介が中心のグループ

  1. 鮎川義介が関わっていたので日立製作所や日産自動車も関係していた。
    • 大江戸捜査網は現実通りこのチャンネルで放送。
  2. 日立製作所もマスター設備をつくっていた。
  3. 日産一社提供番組とか日立一社提供番組がクソ多い。
  4. 世界不思議発見は千代田テレビで放送していた。
    • ↑ということは、実史のTBS系列ではなく、(実史上のTXN相当の)第5民放ネットワーク系列で放送か?

中央教育放送[編集]

毎日新聞社と毎日放送、日本私立大学連盟が中心のグループ

  1. 毎日新聞グループになり、毎日放送はこの系列に入っていたかも?
    • RKB毎日放送もネットチェンジしていたかも?
  2. TBSは朝日新聞社系列になっていた。
    • 現実のテレビ朝日は日経新聞が親会社になっていた。
      • その場合、局名はテレビ日経?
  3. 現在の社名は東京毎日放送。
    • (大阪の)毎日放送と相当仲悪いか、下っ端な扱いになりそう。

日本電波塔[編集]

  1. 東京タワースタジオが閉鎖されることはなかった。
  2. 日本電波塔が産業経済新聞社を経営していた前田久吉が関わっていたことを考えると前田家の同族企業になっていた。
    • フジテレビとの関係は関西テレビとラジオ大阪みたいな関係になっていた。
  3. 現在でも東京タワーから電波を出していた。
    • 東京スカイツリーへ移転するなら、日本電波塔もスカイツリーの運営に出資していた。

中部[編集]

静岡県内のテレビ東京系列局[編集]

  1. 社名は新静岡テレビ。
    • 「tv orange」も考えられる。
      • 「静岡おれんじテレビ(SOT)」として、TXN初の「○○テレビ」と言う名称が。
      • 「静岡文化放送(SCC)」もあり得る。
    • 「静岡日経テレビ(SNT)」のほうがいいんじゃない?
  2. アニメ不毛の地を返上するためアニメを大量に放送。
    • アニメ事情が関東よりも良くなったりして。
    • それでもアニオタからは深夜アニメの少なさに(ry
      • 熊本放送のようなマニアックな担当者がいたら、BSでも放送されない深夜アニメを重点的にチョイスして(ry
    • 史実ではSBSで放送された「ガルパン」「ハルチカ」がこちらで放送された可能性が考えられる。
      • 同じく史実ではSBSで放送された「ラブライブ!(サンシャイン!!含む)」や「ガウリールドロップアウト」などもこちらで放送。
  3. 浜松に本社をよこせという要求がなされる。
  4. デジタル化後に開局。
  5. そして局名は、『テレビ浜松』(TSH)で。
  6. 静岡には静岡支社が置かれるか静岡放送センターが置かれるかになる。
  7. サッカーに関する番組が数多く放送されていた。
    • 「清水エスパルス」や「ジュビロ磐田」の中継を多くやっていた。
  8. ポケモンとナルトがSBSからネット移行していた。
  9. 犬猿の仲と言われる静新SBSグループと中日新聞がテレビ愛知と同様に相乗り出資。もちろん日経も出資。
    • 静岡鉄道やはごろもフーズやスズキや静岡銀行といった地元企業も出資していた。
  10. SDTでは、「上沼・高田のクギズケ」、「スクール革命」といった番組を放映されていた。
    • SUTでは、「快傑えみちゃんねる」、「レイトンミステリー探偵社」といった番組が放映されていた。
    • SBSでは、「ごぶごぶ」、「戦え!スポーツ内閣」といった番組が放映されていた。
    • SATVでは、「ビーバップ!ハイヒール」といった朝日放送制作の番組や名古屋テレビ放送制作の番組が放映されていた。
  11. 「剣勇伝説YAIBA」、「新世紀エヴァンゲリオン」といった平日18時台後半枠のアニメをリアルタイムで見るために在静局を遠距離受信しようと試みる愛知県民が続出していたかも(テレビ愛知ではテレ東系で唯一、これらのアニメは遅れネットで放送したため)。

福井文化テレビジョン[編集]

  • 知らない人はWikipediaで確認しよう。
全般
  1. 福井県内のケーブルテレビの普及率が現実より低かった。
    • もしかしたらアナログ放送終了を気にせずに済んでいたかも。
      • 区域外送信は近畿広域(+KBS京都にびわ湖放送)か石川の1局だけになっていた。
  2. FBCのリモコンキーは7ではなく4となっていた。
    • 下記のこともあるから、5の可能性も・・・
    • 1になっていた可能性もあり得る。その代わりに、NHK福井のチャンネルは3になっていた。
  3. 学力がいくらか低下していた。
  4. バブルが崩壊していなかったらほぼこうなっていた。
  5. そうなれば、2ちゃんねるで「本州で唯一民放が2局しかない山梨県」の書き込みがされた。
JNNの場合
  1. TBSの番組に困ることはなかった。
    • 現実の福井2局で放送されているTBSの番組はごくわずか。
  2. そうなれば、2ちゃんねるで「日本海側の地方で唯一TBSが見られない秋田県」の書き込みがされた。
  3. FBCではTBSの番組が減る分テレ朝の番組が増えていた。
    • あと、テレ東の番組も。
  4. 3分クッキングがNTV版からCBC版へ変更されていた可能性も?
ANNの場合
  1. FBCがANNから脱退していた。
    • そのため、「スッキリ!」や「ウェークアップぷらす」、さらに「いつみても波瀾万丈」が放送される。
    • TBSの番組が多くなる。
    • 24時間テレビもフルネット。
    • 土曜21.22時台の番組も日テレ系になるので(現在この時間帯は、テレ朝系の番組を放送中)、地元の嵐ファンの悲劇も解消されていたかもしれない。
  2. 現実の秋田と似た編成になる。
    • そのため、FBCは非マストバイ局のまま。
      • この場合、NNSマストバイ局である石川KTK・名古屋CTV・大阪ytvを見ようとする視聴者は現状通りいる。
  3. 局名が「福井朝日放送(略称FAB)」となっていた。
    • または、rfcがラテ兼営となり、実史の福島放送が「福島朝日放送」となった場合は、略称がABFとなった。それか、「福井県民テレビ」となり、略称がFKTとなった。
    • 案外、「福井文化放送(テレビ)」のままテレ朝系という路線もあったかも(「長崎文化放送」のケースがあるため)。
    • その一方でHABは「北陸朝日放送」から「石川朝日放送」に改名していた。
  4. 「探偵!ナイトスクープ」は同時ネットしていただろう。
  5. 現実でいう秋田のような編成になっていた。
  6. 『スーパー戦隊シリーズ』がFTBから、『平成仮面ライダーシリーズ』がFBCからそれぞれ移行していた。
  7. FBCがANNに加盟していなかったら有り得たかも。
  8. 全国高校野球選手権大会が地方大会とともに中継されていた。
  9. 遅くても、1996年までに開局していた。
  10. 名古屋テレビ放送or朝日放送が株主になっていた。
    • 中日新聞社も株主になっていた可能性もある。
  11. 福井放送では、「そこまで言って委員会NP」が放送されていた可能性も十分にあり得た。
テレビ東京系の場合
  1. 北陸地区初のテレビ東京系列局となっていた。
    • 福井県民の自慢になっていた。
  2. BSジャパンを視聴する世帯が減っていた。
  3. 1993年10月1日までに開局にこぎつけていたら、最終予選での「ドーハの悲劇」が生ネットされていた。
  4. 「民放七不思議」の一つに数えられていた。
    • Chakuwikiでも記事の多くが「なぜテレ東は福井に開局させたのか」という点に割かれていた。
  5. 広島宮城の住民にどう思われたか分かったものではない。
  6. 局名が「テレビ福井」または「テレビ北陸」になっていた。
  7. ポケモンやしまじろうがFTBから移行していた。
NNN・NNSの場合
  1. FBCがNNNとNNSから離脱し、テレビ朝日系に1本化していた
    • 地デジのリモコンキー7でもなく4でもなく、5になっていた
  2. 局名は「福井読売テレビ(略称:FYT)」へ。
  3. 他はANNの場合とほぼ同じか。
独立UHFの場合
  1. 北陸地区初の独立局となっていた。
  2. かつてのMXみたく、ニュース中心の編成になっていた。
    • 一方でUHFアニメはごくわずかしか放送されていなかったかもしれない。

開局があの時期だったら[編集]

1960年代の場合
  1. JNN系列局として開局。
    • FBCは平成初期からNNN・FNS・ANNのトリプルネットに。
  2. 福井テレビは開局しなかった。
1970年代の場合
  1. 60年代と変わらず(ただし、2.の「福井テレビは開局しなかった」は別)。
1980年代の場合
  1. ANN系列局として開局していただろう。
    • そのため、FBCがANNから脱退していた。
  2. 史実以上にANN系列局の開局ラッシュが行われていた。
1990年代の場合
  1. 80年代と変わらず。(ただし、開局ラッシュはなかった。)
2000年代の場合
  1. 21世紀に入って初めて開局していたテレビ局になっていた。

近畿[編集]

大阪府内の独立局[編集]

  1. 当然ながら、テレビ大阪は近畿広域局になっていた。
  2. 局名は「なにわテレビ」になっていた。
  3. 大阪府、大阪市が出資していた。
    • パナソニックや池田泉州銀行や京阪電気鉄道などの関西の企業も出資していた。
  4. 大阪近鉄バファローズ→オリックス・バファローズの中継が行われていた。
  5. この流れに乗って、愛知県内にも独立局が開局していた可能性もあった。

中国・四国[編集]

山陰朝日放送[編集]

全般的
  1. 相互乗り入れ後の初の新規開局
  2. 略称はSAB
  3. BSSでモーニングeyeが放送開始される。はなまるマーケットは番組開始当初から放送
  4. 「スーパー戦隊シリーズ」がNKT(1989年までの放送局)から移行していた。
  5. 本社は米子に置かれていた。
  6. 経営面では北陸朝日放送とどっこいどっこいレベル?
    • 琉球朝日放送形式での運営になっていた。
  7. 「水曜どうでしょう」の「鳥取砂丘落書き事件」が放送直後に問題化していたかも。
平成初期に開局していた場合
  1. アナログチャンネルは松江32ch(NHK米子中継局は28ch)、鳥取20ch、浜田56ch、倉吉60chなど
    • 地デジでは5ch
    • アナログ時代は全エリア的に7にプリセットする世帯が多かった。
  2. アナログ末期の中継局は先発局の7割程度
    • 地デジでは先発局とほぼ同水準

ニュー徳島放送[編集]

  • 知らない人はWikipediaで確認しよう。
  1. 東部の人々は在阪局に依存するが、西部の人々にとっては重宝される。
    • でも、西部では高々と岡山・香川局用のアンテナが…
  2. JRT同様、徳島県民から独立U局扱いにされる。
  3. 地デジ化と同時に徳島では開局ラッシュが進む。
  4. 第二の福井県、宮崎県状態になる。
    • それよりも山梨のような状態になってるかも。
  5. 仮にTBS系列だったら、あいテレビに釣られて『あわテレビ』に改名していそうだ。
  6. 「スーパーモーニング」が当局で放送され、山陰放送や宮崎放送と同様、「朝ずばッ!」が8時27分で飛び降りされる。
    • 山梨放送や高知放送のテレビ欄を見る限りそれはないと思う。(どうやら老舗局に押し付けているようだ。)
  7. 現実に放送の四国放送(JRT)の朝ローカル番組「あさ6・30」と「おはようとくしま」が、「ズームインSUPER」ネット開始時に5時台から6時30分までの放送となる。これにより、現実1部のみのネットが、かつての読売テレビと同様に2部のみのネットとなる。
  8. 香川の民放が岡山の民放との相互乗り入れがなかった場合、徳島との相互乗り入れもあり得た。
  9. 80年代に局名が「テレビ徳島」に変えられた。
  10. スーパー戦隊シリーズ(2009年5月時点では、侍戦隊シンケンジャー)がネットされていた。
    • あと、メタルヒーローシリーズ→平成仮面ライダーシリーズも。
  11. 入る系列次第で入れ替わりにCATVで見れなくなる局が出ることに。(徳島でのytvの状況みたいに)
    • なので視聴者が困惑しかねない。(特にアニヲタ)
  12. 絶対ありえなかっただろうけどTXNで開局してほしかった。香川2局目ANN愛媛2局目FNN高知2局目JNNだから。
  13. アナログ40ch
    • アナログ時代徳島市内では5にプリセットする世帯が多かった。
  14. これもあり得ないと思うが、仮に本免許取得期限の延長が認められ、その期限内に会社を設立できていたら、予備免許失効という最悪の事態は回避できていただろう。
  15. オープンネットの四国放送に対抗して当局はサガテレビのように系列外の番組は少数に留まっていた。

あの時期に開局していたら[編集]

1970年代に開局していたら
  1. 徳島地区は、(遅くとも)1990年代後半には4局化していた。
    • 在阪局が容易に受信できる状況では、徳島4局化は考えにくいと思う(高知・青森・大分などでも3局止まりなので)。
      • そしたら、高知がANN空白区だったら、徳島はJNN空白区になっていた?
    • 経済規模や受信状況につきに多くとも3局
  2. 送信所の整備状況はJRT並に送信所が整備されていたのでNHKしか受信できない地域を除けば受信できない地域は少ない。
1980年代に開局していたら
  1. フジテレビ系として開局していただろう。
    • 局名は同じFNNの「テレビ新広島」にならって「テレビ新徳島」に。
  2. ひょっとしたら、鳴門市に本社と演奏所が置かれていたかも。
平成新局として開局していたら
  1. TVhみたく、徳島県全体で視聴できないという事態に追い込まれてたかも。
    • 当然、中継局もJRTより少ない。
      • いや徳島県の面積的・地形的にTVhほどにはならず都市部に中心に設置するから僻地でかつ小規模中継局から受信する状況でない限りはカバーしていただろう。
  2. 史実でいうところの琉球朝日放送みたく、四国放送との1局2波体制で開局していた。
最近開局していたら
  1. 東京メトロポリタンテレビジョン系列局として開局していただろう。
    • 独立局の「系列」?
  2. JRT同様、ニュースなどは、自局製作であろう。

あの系列局で開局していたら[編集]

JNN系列編
  1. 局名は同じJNN系列局の「テレビ高知」に釣られて「テレビ徳島」になっていた。
    • あるいは同じJNN系列局の「あいテレビ」に釣られて「あわテレビ」に。
  2. 「パナソニック ドラマシアター」がJRTから移行していた。
    • なので、JRTでも素直に「黒バラ」と「ガキ使」を同時ネットさせていた。
      • 「ほんわかテレビ」の同時ネットだったと思う。
    • 「日立 世界ふしぎ発見!」もJRTから移行していた。
    • 『よしもと新喜劇』も、やはりJRTから移行。
FNS系列編
  1. 関西や徳島でも「ネプリーグ」や「ペケ×ポン」が同時ネットで見れていた。
    • 『トリコ』や『ONE PIECE』も同様。
  2. 80年代開局のケース同様、鳴門市に本社と演奏所が置かれていた。
  3. 局名は同じFNS系列局の「テレビ新広島」に釣られて「テレビ新徳島」になっていた。
  4. 「ライオンのごきげんよう」がJRTから移行していた。
    • 「サザエさん」も同様。
ANN系列編
  1. 『スーパー戦隊シリーズ』や『平成仮面ライダーシリーズ』、『新婚さんいらっしゃい!』がJRTから移行していた。
  2. おそらく局名は同じANN系列局の「愛媛朝日テレビ」に釣られて「徳島朝日テレビ」になっていた。
    • あるいは「徳島朝日放送」になっていたかも。
  3. それでも高知県では(以下略)。
    • ABCではなく、テレ朝が支局を置いていたかもしれない。
TXN系列編
  1. 局名は同じTXN系列局の「テレビせとうち」に釣られて「テレビとくしま」になっていた。
  2. 『ポケットモンスター』シリーズや『開運!なんでも鑑定団』がJRTから移行していた。
  3. 徳島県民だけではなく、愛媛県民や和歌山県民からは割と重宝されていた。

愛媛・6局目の民放[編集]

愛媛びんびんテレビ

  1. テレビ東京系列で広島県より、先に愛媛県が開局する予定だった。
    • で、広島では南向きの高感度のアンテナをつけることに。(伊予市行道山から5~10kWだし)
    • 実際に1997年にテレビ東京が社屋完成の上、開局準備を行なっていたが、総務省から電波の許可申請が出来なかった。
      • 現在は、民間企業が利用している。
      • どこにできる予定だったんだろう。
  2. 6局目?5局目じゃなくて?
    • NHKも含めて6局でしょう。(総合と教育は1つのNHKで数えた場合)
  3. というか、南西や福井文化はオーソドックスだし計画名実在だからわかるが、ぴんぴんテレビなんて名前を考えるのは誰?
    • 愛媛テレビのほうがよかった気がする。EBCとかぶるが。ほかには西四国テレビとかもいいかも。
    • テレ東系はほぼ全て「テレビ○○」なので「テレビ松山」もありうる。
    • TXN松山とか。
  4. この放送局を機にTXN大量開局時代が幕開けする。
    • テレビみちのく(宮城)、テレビ越後(新潟)、テレビ東海道(静岡)、テレビ中国(広島)といった感じになる。
    • そのような放送局が開局し、境遇が同じようなFM愛媛と急接近。
      • 同時にEBCとの関係も・・・
  5. 1県で5局をそろえたため愛媛県民は東の県民を馬鹿にしていた。
  6. ネタじゃなくマジでもつのか?こんな時代に。
    • あいテレビも危ない。
  7. それでも深夜アニメの数が少ないのは相変わらず。
  8. 史実ではRNBで放送された「かんなぎ」はこちらの局で放送。

広島のテレビ東京系列局[編集]

テレビ東京はJリーグなどの取材の為の取材拠点を置きたいと表明した事が有りましたが、取材拠点ではなく、系列局として設置されていたら?

  1. 他が実史通りなら、中国地方にTXN系列局が2局ある特殊な地域になった。
    • 但し、広島のTXN系列局と岡山・テレビせとうちで若干の編成の異なる時間帯はある。
    • テレビせとうち制作のアニメを当局では、同時ネットしない?
  2. プロ野球「広島東洋カープ」やJリーグ「サンフレッチェ広島」などのスポーツ中継を(実在の)在広放送局より多くやっていた。
    • カープ戦中継のせいでアニメが潰れるという事態も少なからぬ頻度で発生している。
      • 土曜スペシャルも。
        • テレビ大阪と同程度に差し替えが行われていた。
    • 2016年の日本シリーズ(広島vs日本ハム)は当然ながら、当局から取材班を派遣できた。
      • TXN系列で中継できたら、実況はTXのアナウンサーが担当し、ベンチリポーターは当局とTVhのアナウンサーが担当したかもしれない。
    • 2018年の日本シリーズ(広島VSソフトバンク)では、当局とTVQのローカル番組で、相互企画をやった可能性も…。
    • テレビ大阪やテレビ愛知と同様に、神宮球場や横浜スタジアムと言ったビジターゲームの中継がメインで、2000年代になってから、ホームゲームでの中継が行われるようになった。
  3. 周辺の山口県や愛媛県では、当局受信の為、アンテナを広島方面に設置する。
    • 両県へのスピルオーバーを考慮してアナログの親局(おそらく絵下山)は30チャンネル台にできなかった。
      • 実在のテレビ大阪みたいに、既存局の反発で、送信所。の位置が変えられたりして。
    • 三次局や庄原局を狙って島根からの受信も試みられるがあまり実用には適さないと思われる。
    • 山口県内のケーブルテレビ局の対応も地域別で異なる。
      • 東部では当局を、西部ではTVQ九州放送(実史通り)を配信。
        • 防府市以東では当局とTSSが、島根県西部では当局とHOMEが配信されていた。
    • 愛媛県内では松山市周辺で当局のみ再送信されていた。
  4. 局名は、TVCテレビ中国。
    • 「テレビChina」とか揶揄される。
    • 『TVC広島放送』かな?
  5. 広島地区の他のテレビ局の事例から推測するに筆頭株主は日経新聞社。
    • 本社も日経の広島支局と同居する「日経広島電波会館」に入っていた。
  6. この局が制作した原爆関連番組が毎年8月になるとTXNで全国ネットされていた。
    • &BSジャパンでも、サイマルネット。
  7. 「たまゆら」や「艦これ」は広島地区ではこの局が放送していた。
  8. 芸北や備北の山奥ではデジタルになってようやく受信可能になる地域が出ていた。
    • テレビせとうちと同じく、山間部など過疎地はケーブルテレビ対応となる地域が多かった。
  9. テレビ東京系の全国の天気予報では岡山ではなく広島が表示されるようになっていた。
    • それと同時にテレビせとうちへの配慮として高松の天気も出るように。
    • または、広島と岡山同時表示もあり得る。(特にTXNニュースでの週間予報。)
    • 開局が平成初期なら、「NEWSヘッドライン」の6時38分頃の天カメリレーで、びわ湖放送の天カメ映像が無かったかも。(史実上は、TXN九州(現:TVQ九州放送)→テレビせとうち→テレビ大阪→びわ湖放送→テレビ愛知→テレビ東京→テレビ北海道の順。)
  10. テレビせとうちの実質の本社を高松市に移し、四国地方+岡山県が取材対象地域になり、当局は岡山県を除く中国地方が取材対象地域となる。
    • 但し、山口県内の取材は、当局とTVQ九州放送で分担。
    • 地デジ化のころに島根県出雲地区での区域外再放送対象局がテレビせとうちから変更されていた。また、愛媛県山口県周防東部島根県石見などでも再放送されていた。
  11. この項目の一部が変わっていたのは間違いない。
  12. 2014年8月の広島土石流災害や2018年7月の西日本豪雨などの災害報道も変わっていた可能性も…。
    • 開局したとしても取材能力の点でテレビ北海道と大差ないかも知れない。
  13. 宮城県のテレビ東京系列局が史実通り開局しなければ、2ちゃんねるあたりで「七大都市圏で唯一TXN系列局がない宮城県」などと書かれていた。

山口県内のフジテレビ系列局[編集]

TYSは、1987年にJNN協定により、フジネットワークから脱退したという。もし新規開局していたら…

  1. 局名は、「山口中央テレビ」、「山口県民テレビ」、「山口文化放送」あたりになっていた。
    • 「山口中央テレビ」(YCT)って、テレビ山口の設立時の社名なんだよね。
  2. 本社は、山口市か周南市に置かれていた。
  3. フジテレビジョン、関西テレビ放送を筆頭に、宇部興産、太平洋セメント、出光興産、みなと山口合同新聞社、山口銀行などが出資していた。
  4. TYSは、フジテレビと険悪な関係になっていた。
    • その代わり、TYSは、TBSテレビと良好な関係になっていた。
  5. YABの開局は、史実通りで、最終的に、4局地域になっていた。
  6. ケーブルテレビの普及率が史実より低かった。
  7. テレビ局の開局により、産業経済新聞の拡販に貢献していた。よって、産業経済新聞の購読者が史実より多くなっていた。
  8. 開局したら、東海道・山陽新幹線沿いの地域に全て4局以上あることになっていた。
  9. 「ちびまる子ちゃん」、「ONE PIECE」、「ゲゲゲの鬼太郎」といったアニメが放映されていた。
    • 「そ〜だったのかンパニー」も放映されていた。

九州[編集]

佐賀・2局目の民放[編集]

佐賀には2局目の周波数が割り当てられていたそうです。もし2局目が無事開局していたら。

  1. 系列は日本テレビ系列かテレビ朝日系列。
    • TBS系列は県内の大部分でRKKが見られるため、実現の可能性はほとんど無し。
    • そんな事言ったら日テレも福岡放送が全域で見えるぞ。まぁ全国NNN制覇のため自己満足で設立しそう。
      • 南西放送が開局していたらNNNは47都道府県全てに系列をそろえていた。
    • 県内に系列局のあるFNNもTNCがほぼ全域で見れるようだが…
  2. テレビ朝日系列なら、「やじうま」を福岡で見ようとする人から重宝される。
    • そしてKBCでホークス戦を放送中に、当局ではEX系の番組を放送し、アンチホークスの連中がそちらを視聴する。
    • それでも、「アサデス。九州・山口」「ドォーモ」「るり色の砂時計」などのKBC制作ブロックネット番組は当然のようにネット。
    • 『ワイド!スクランブル』は、10時30分からのフルネット。『サンデースクランブル』もフルネットで放送。
  3. 日本テレビ系列なら、3分クッキングも佐賀で放送。ただし福岡や長崎と内容が被るため、あまり重宝されないかも。
    • 福岡や長崎の「3分クッキング」がNTVバージョンからCBCバージョンに変更され、ネット局も現実のFBSから+rkb(福岡)、KTN→NIBからNBC(長崎)にネット局が変更される。
    • それか、ミヤギテレビや中京テレビの様にNNN昼ニュースのローカル枠を11:55まで放送。
  4. テレビ東京系列にして、福岡のTVQの代わりになっていた可能性もあるかも。
    • そしてTVQの本社が北九州市に設置され、かつて存在した西部毎日テレビジョン(RKB毎日放送の前身)の様な体制になる。
  5. 佐賀と長崎で2県1波計画が浮上した可能性も(NIB開局は佐賀2局目の周波数が返上されたことで、それが長崎に回ってきたため)。
    • KTNは日本テレビ系列にネットチェンジし、佐賀2局目はテレビ朝日系列となる(局名はSAB佐賀放送?)。これでNBC→TBS、KTN→NTV・STS→CX・SAB→EXとなり4局体制が完成。
      • KTNではなくSTSがNNNへネットチェンジした可能性もある。
    • NBCラジオ佐賀はテレビも併設。
      • その場合、系列はたぶんEX系。
  6. 局名は、ANNなら「佐賀朝日放送」。NNNなら「佐賀読売テレビ」。
  7. 長崎国際テレビは開局しなかった。
    • 佐賀・2局目の民放がNNNだったら話は別。
      • それは違う、佐賀第2民放開局が事実上頓挫した事で、佐賀第2民放に割り当てられた周波数が長崎第4民放(実史の長崎国際テレビ)に割り当てされた。だから、佐賀第2民放が開局したら長崎国際テレビは開局してないという事だ。
  8. 独立UHF局ならサンテレビと間違われる人が多くなりそう。
  9. いずれにせよ、長崎国際テレビは開局してないので、テレビ長崎は、日本テレビ系とフジテレビ系とのクロスネットが続いている。
  10. TBS系列で開局した場合、「佐賀放送(SHK)」、「テレビユー佐賀(TUS)」になっていた。
    • その場合、サガテレビはテレビ宮崎と同様にトリプルネット局になっていた。
    • 長崎国際テレビの開局は史実通り。

宮崎・3局目の民放[編集]

宮崎には3局目の周波数が割り当てられていたそうです。もし3局目が無事開局していたら。

  1. たぶん宮崎の3局目は日本テレビ系列。
    • もしそうなら、UMKから日テレの番組が消えて、テレビ朝日の番組が少し多くなっていたかも。
      • これでフジ・日テレの夜の番組の遅れネットも無くなった。
      • MステもUMKで深夜に放送されていたかも。
    • ズームインも晴れて宮崎で見ることができた。
      • 24時間テレビも全てフルネットで放送されていた。
      • おもいっきりテレビやミヤネ屋も見れた。
      • 「ミヤネ屋」で、宮根と丸岡いずみとのやりとりも視られた。
        • TBS(県内ではMRT)で放送された「爆報!THEフライデー」で、丸岡いずみのうつ病を取り上げられた回では、再現映像で「news every.」のセットが出たが、何の番組が分かっていた。
      • 当局開局の際、UMKからアナウンサーや技術社員の一部が移籍する?
    • 宮崎の巨人ファンが現実よりもっと多かった。
      • 宮崎は巨人軍のキャンプ地だから、ニュースでも巨人関連が大らかに取り上げられていた。
      • 毎年2月の巨人キャンプイン報道ではNNN夜のスポーツ番組での特設スタジオが、UMKから宮崎第3民放に変更された。
        • 巨人のオープン戦も、ローカルセールス枠で放送されていた。
          • 毎年11月に開催されるLPGAツアーチャンピオンシップの中継を、日本テレビとともに担当し、主催局にもなっていた。
        • 2004年5月25日にサンマリンスタジアム宮崎で開催された巨人対広島の試合の中継を日本テレビとともに担当していた。また、2006年7月23日にサンマリンスタジアム宮崎で開催されたオールスターゲームの中継も日本テレビとともに担当し、日本テレビ系列で放映されていたかもしれない。(実史では、TBS系列で放映されていた。)
      • そしてFNN夜のスポーツ番組(実史の「すぽると」)は、UMKのスタジオから顔出しで放送される。(実史では裏送りで放送されている。)
      • 全国高校サッカー選手権大会や箱根駅伝も放映されていた。
    • スッキリは放送され、スーパーモーニングはMRTのまま。
      • 山陰の日本海テレビと同じく、マストバイ局となっていた。
      • おそらくスパモニがUMKに移ってねじれがなくなり、MRTではなまるマーケット開始。その代わりとくダネ打ち切り。
        • MRTでは2009年4月からはなまるマーケット開始。そしてUMKのとくダネ打ち切り話も浮上。
    • 名探偵コナンのスペシャルも放送されていた。
      • ブラックジャックやヤッターマンも放送されていた。
      • 「上沼・高田のクギズケ」、「スクール革命」、「そこまで言って委員会」、「ルパン三世 PART5]と言った番組も放映された。
    • デジタルのキーは日テレと同じ4。
  2. テレビ宮崎は現実ほど酷い番組構成ではなかった。
    • それでも福井放送並みに番組構成は酷かった。
    • テレビ朝日の番組は消えないから、「月曜ワイド劇場」と「相棒」はそのままだ。
      • そして、漁夫の利で新局の「今夜はシャンパリーノ」と「オジサンズ11」は30%を超える高視聴率番組になっていた。
        • 1990年代後半に視聴率戦略からプライムタイム金曜の19:00~21:00以外フジと同時放送組変わり、月ワイは土曜夕方に移動土ワイとなる。テレ朝水9は平日夕方に枠移動する。先に述べた金曜はテレ朝と同時放送。
          • そうなった場合は金曜22時から「相棒」(水曜21時の刑事ドラマ枠)を放送かな?
  3. 宮崎も晴れて視聴率調査の対象地域に。
    • 年に数回ある「露骨な特番編成」がほとんど無くなる。
    • 視聴率調査での「その他」が、ほぼKKBのことになる。
  4. 東国原知事は過労で倒れていたかも。
    • 尚、東国原知事は、選挙公約に情報格差是正を謳っている為、アナログテレビ放送廃止後の2011年7月25日以降、宮崎第3民放の開局が実現するかも…。
      • 但し、東国原知事が再選すればの話だが?
      • この秋にもやるであろう「衆議員議員選挙」に出馬したらどうなるのか?
      • 別にそう考えてるのは東国原だけでは無いとおもうが
  5. 宮崎第3民放テレビ局の局名は、宮崎フェニックステレビ(略称:MFT)。
    • 失礼しました、宮崎フェニックステレビの略称は、MFTではなくMPTでした。
      • もしくはMRTとの混同をさけるためにPHTかPHMになっていたかも。
    • フェニックスをモチーフにしたマスコットキャラも誕生していた。
      • ここのマスコットはそうなんですが。
        • NHKは植物なので日テレ系は鳥をモチーフに。名称も違う方向で考える。
    • 日テレ系の中で浮きそう…
    • 「宮崎讀賣テレビ(MYT)」じゃだめでつか?
      • 「宮崎国際テレビ」とかは?
    • 小説『死都日本』にも登場した「宮崎県民テレビ」という局名もありうる。
    • 「宮崎南国テレビ(MNT)」、「宮崎太平洋テレビ(MPT)」、「宮崎太陽テレビ(MTT)」、「テレビ日向(TSH)」、「宮崎ひむかテレビ(MHT)」、「宮崎西海テレビ(MST)」になっていたかも。
  6. スーパー戦隊シリーズがMRTからネット移行されてたかも。
    • 平成仮面ライダーもか?
      • そーいうことになりますね。
  7. UMKで放送されていないフジの番組は全て放送されるだろう。
  8. 九州で平成新局を3つも抱えることになるので、現実のKBCのようにFBSのブロックネット番組が増える。
  9. 深夜アニメ「ガルパン」と「艦これ」等も放送され、これにより宮崎のアニオタから重宝された。
  10. テレビ朝日系列の番組は、UMKとMRTに押さえられているので、「ポケットモンスター」と言ったテレビ東京系列の番組が放映されていた。
    • 開局当初は、放映されないものの、2000年代になって、放映されるようになっていた。
  11. 1990年代から2009年までにかけて、宮崎県内で、視聴率三冠王を獲得していた。その後は、MRTと激しく争うことになっていた。
  12. 他の九州地方の系列局と同様に福岡ソフトバンクホークスの主催試合も中継されていた。
  13. 沖縄県の南西放送と同時に開局していたら、日本テレビ系列の番組が全国のほとんどで見ることができていた。

あの系列局で開局していたら[編集]

日本テレビ系列局(NNN・NNS)
  1. 上記に書かれていることが現実化していた。
  2. 県内のケーブルテレビ局では、延岡・高千穂ではKAB、それ以外ではKKBのみとなる。
  3. 遅くても、1994年頃までに開局していた。
    • 沖縄県の南西放送と同時に開局していた可能性もある。
テレビ朝日系列局(ANN)
  1. 「スーパー戦隊シリーズ」や「平成仮面ライダーシリーズ」がMRTからネット移行していた。
    • 「ドラえもん」や「クレヨンしんちゃん」もUMKからネット移行。
  2. UMKがANNから脱退していた。
    • 月9ドラマや「SMAPxSMAP」、火10ドラマ(関西テレビ制作)も同時ネットに。
  3. 局名は「宮崎朝日放送(MAB)」が有力だろう。
    • 「宮崎朝日テレビ」の可能性(その場合の略称は静岡朝日テレビに倣って、MATV。)も。
    • KBC制作の「アサデス 九州・山口」がUMKから移管。「ドォーモ」もネット。
  4. 県内のケーブルテレビ局では、延岡・高千穂ではKKT、それ以外ではKYTのみとなる。
  5. KBC制作の「前川清の笑顔まんてんタビ好キ」が放映されていた。
  6. 2005年~2010年において、読売ジャイアンツの主催試合のテレビ中継をテレビ朝日に譲渡していた際に、主催試合を見ることができて、重宝されていた。
  7. テレビ朝日、朝日新聞社を筆頭に九州朝日放送や宮崎日日新聞社や宮崎県などが主要株主になっていた。
  8. 宮崎放送はTBS、MBS制作の深夜番組が放映されていた。
  9. 全国高校野球選手権宮崎大会が中継されていた。
  10. 遅くても、1995年頃までに開局していた。
    • 1996年に岩手朝日テレビとともに開局していた可能性もある。
  11. 他の九州の系列局と同様に福岡ソフトバンクホークスの主催試合のテレビ中継が行われていた。
  12. ポケットモンスターもネット化されていたかもしれない。
    • 「ポケモンの家あつまる?」もネット化されていたかもしれない。
    • いずれにしろ、沖縄テレビ放送と琉球放送と同様に日本テレビ系列の番組が史実よりも多く放映されていたのは確実に言える。
なぜかテレビ東京系列局(TXN)
  1. 宮崎は民放3局で5系列がそろうことに。
  2. 系列外の番組も多い。
  3. 鹿児島県の人が受信を試みる。
フジテレビ系列局(FNN・FNS)
  1. 局名は、「宮崎フェニックステレビ」、「宮崎ひむかテレビ」になっていた。
  2. フジテレビジョン、関西テレビ放送、テレビ西日本、旭化成、雲海酒造、西日本新聞社、九州電力が主要株主になっていた。
    • 場合によっては、宮崎日日新聞社も加わっていたかもしれない
  3. 高知さんさんテレビと似たような番組編成になっていた。
  4. テレビ宮崎は日本テレビ系列に鞍替えしていた。
    • それでも、福井放送と同様に、NNN・NNS系列主体によるANN系列とのクロスネット局になっていた。
  5. アクサレディスゴルフトーナメントや延岡西日本マラソンの中継とプロ野球のキャンプ地の取材を担当していた。
  6. それでも、読売ジャイアンツの試合の中継を見る機会が増えるので、巨人ファンから歓迎されていた。
  7. リモコンキーIDは当然ながら、8になっていた。
    • テレビ宮崎は3のままであった。
日本テレビ系列局(NNN・NNS)とテレビ朝日系列局(ANN)とのクロスネット局
  1. 当然ながら、テレビ宮崎はフジテレビ系列のマストバイ局になっていた。
  2. 日本テレビ系列が中心となっていた。
    • テレビ朝日系列に関しては、福井放送やテレビ宮崎と同様に報道部門における加盟に留まっていた。
  3. 平成新局において、唯一のクロスネット局になっていた。

南西放送[編集]

もし南西放送が開局していたら

関連項目[編集]

もしあの放送局が…
○○だったら 北海道・東北/関東/甲信越・北陸/東海/近畿/中国・四国/九州
親会社(関東)
違う系列局だったら 北海道/東北/中部/中国・四国/九州/沖縄
開局していたら テレビ/ラジオ
開局していなかったら テレビFNS/ANN/TXN)/ラジオ
ネットワーク関連 キー局が在阪局だったら/独立局のままだったら
クロスネットを禁じていたら/TXNとクロスネットしていたら
その他 社名・愛称・略称が変わっていなかったら/合併していたら
免許取り消しになっていたら/放送対象地域が広域圏だったら
テレビ放送を開始していなかったら/同一企業だったら
ラテ兼営局だったら/ラテ兼営局が分社化したら



関連記事