もしあのドラマが大ヒットしていたら/あ行

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
投稿規制
現在このページ(もしくは節・カテゴリ)は他者に不快感を与えたりサイト趣旨から逸脱するなどの問題が考えられるため、下記の投稿を規制しています。
この規制に反する投稿は削除や注意または投稿ブロックの対象となりますのでご注意下さい。本件に関するご意見などはトークページへお願いします。
規制する投稿:放送中及び放送終了直後の作品に関する内容(概ね終了後1クール程度)
もしあのドラマが大ヒットしていたら > あ行

鳴り物入りで登場したものの、視聴率などの面でコケてしまったテレビドラマが、もし大ヒットしていたらどうなっていたか。

[編集]

あいくるしい[編集]

参照wikipedia:ja:あいくるしい

  • 初回こそ高視聴率だったが、回を追うごとに視聴率が低下した。
  1. 野島伸司脚本のホームドラマはこれ以降も制作されていた。
  2. 市原隼人の低迷期はなかった。
  3. 神木隆之介はその後も主演級を務めていた。
  4. 日曜劇場での野島ドラマは成功したとみなされていた。
    • TBSの野島ドラマは金10に偏重することはなかった。

愛するために愛されたい[編集]

参照wikipedia:ja:愛するために愛されたい

  1. 宇宙開発を題材にしたドラマは史実より増えていた。
  2. 武田修宏は俳優業に転向していた。

IRIS-アイリス-[編集]

参照:wikipedia:ja:IRIS-アイリス-。日本で大ヒットしていたら。

  1. 水曜劇場の廃枠は見送られていた。
    • 「アテナ:戦争の女神」「IRIS2 -アイリス2-:ラスト・ジェネレーション」もこの枠含めて地上波全国ネットで放送されていた。
    • 日韓同時放送の形で韓国ドラマ最新作枠になったかもしれない。
  2. キム・テヒの日本での人気は史実以上だった。
  3. たざわ湖スキー場は聖地巡礼で大賑わいになっていた。

青が散る[編集]

参照:wikipedia:ja:青が散る#テレビドラマ版。本放送時にヒットしていたら。

  1. 二谷友里恵は結婚後も芸能活動を続けていた。
    • 実業家に転身することはなかった。
  2. 松岡修造や伊達公子らが登場する前にテニスがブームになっていた。
  3. 原作者の母校である追手門学院大学の人気がもう少し高くなっていた。
  4. 八木康夫がプロデューサー業に専念するのがもう少し遅れていた。

赤鼻のセンセイ[編集]

参照:wikipedia:ja:赤鼻のセンセイ

  1. 以降、大泉洋はドラマ主演を続けていた。
    • スケジュールの都合上、2011年以降の水曜どうでしょうの新作はなかったかもしれない。
      • 「ハナタレナックス」など北海道の局制作番組すら出演できなくなったかもしれない。
  2. 木村洋二アナウンサーは本格的に全国ネット進出を果たしていた。
    • 「ハナタレナックス」のように「1×8いこうよ!」も特番の形で日本テレビ系全国ネットで放送されたかもしれない。

あきれた刑事[編集]

参照:wikipedia:ja:あきれた刑事

  1. 同じスタッフが手がけたあぶない刑事同様、シリーズ化されていた。また、何らかの形で同作品とのコラボが実現していた。
  2. 主演の時任三郎が唄った「CARRY ON」が大ヒットしていた。
  3. あぶない刑事の劇中車だったレパード同様、劇中車として採用されたエクサ・テラノの中古車市場での人気が高騰していた。
  4. あぶない刑事同様、ソフト化されていた。

あしたの、喜多善男〜世界一不運な男の、奇跡の11日間〜[編集]

参照:wikipedia:ja:自由死刑#テレビドラマ

  1. 脇役俳優の主演起用がブームになっていた。
  2. 島田雅彦作品の映像化が相次いでいた。
    • 本作以外は「悪貨」ぐらい。
  3. 梅田凡乃は大ブレイクしていた。

明日、ママがいない[編集]

参照:wikipedia:ja:明日、ママがいない

  • 最初は13%以上の高視聴率だったが、回を追うごとに11%まで視聴率低下した。
  1. スポンサー降板などのクレームがあっても励ましの意見が日テレに寄せられていた。
    • 逆に降板したスポンサーにクレームが殺到していた。
    • スポンサーが降板しても新しいスポンサーがついていただろう。
  2. 最終回は2時間SPになっていたかも。
    • 9話で終わらずもう少し放送回数は伸びていたかもしれない。
      • 恐らく10話が限界だっただろう。
  3. 放送中止の署名運動を行った女性は相当な批判を浴びていた。
    • TwitterなどSNSが炎上したかも。
  4. 裏番組の「僕のいた時間」はさらに視聴率が低迷し、打ち切りが懸念されるほどになっていた。
    • 恐らく視聴率二桁に再び上がったという事は無かっただろう。初回除いて全て一桁に終わっていた。
  5. 本番組における問題演技は史実以上に苦情が殺到していた。
    • BPOや養護施設への批判もさらに大きくなっていた。
    • あまりにもこの番組への批判が大きくなりすぎて、放送打ち切りになっていたかもしれない。

あすなろ三三七拍子[編集]

参照:wikipedia:ja:あすなろ三三七拍子#テレビドラマ

  1. 柳葉敏郎にとってゴチになりますのイメージが濃くなることはなかった。
    • 以後もトレンディドラマ主演も続けられただろう。
  2. 反町隆史も2015年から相棒に出ることはなかったかもしれない。
  3. 応援団ブームが起きていた。
    • フジテレビが中継するスポーツ大会とコラボしていた。
  4. 「流星ワゴン」はフジテレビ系列でドラマ化されていた。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。[編集]

参照:実写ドラマ あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

  1. ノイタミナの地位が上がっていた。
    • 正式な全国ネットアニメ枠に昇格していた。
    • 深夜から23時台に昇格したかも。
    • 再び2枠に回復していた。
    • 以降も放送アニメ作品は実写映画にとどまらずテレビドラマ化も積極的だった。
      • 「海月姫」の月9でのドラマ化が制作発表時から悲観一色にならなかった。
  2. 村上虹郎、浜辺美波は大ブレイクしていた。
    • 村上虹郎は『いぬやしき』の実写映画版でもアニメ版に引き続き獅子神皓役を演じていた(史実では佐藤健)。
  3. 「心が叫びたがってるんだ。」の実写映画にジャニタレを出す必要はなかったかもしれない。
  4. SP版のキャストのまま連ドラ化されていた。

OUR HOUSE[編集]

参照:wikipedia:ja:OUR HOUSE

  1. シャーロット・ケイト・フォックスは民放ドラマでも大ブレイクしていた。
    • 『マッサン』の一発屋で終わることもなかった。
  2. 芦田愛菜は仕事をセーブすることなく中学受験に臨む必要はなかっただろう。
    • 慶應義塾中等部に入学することはなかった。
  3. 加藤清史郎も再ブレイクしていた。

アンダーウェア[編集]

参照:wikipedia:ja:アンダーウェア (ドラマ)

  1. 一時間の連続ドラマ化されていたのは間違いない。
    • 同じ桐谷美玲主演の2016年7〜9月期月9ドラマは本作品の第2シリーズだった。
  2. 以降フジテレビ含めてNetflixなどネットで先行配信され後日地上波で放送されるドラマが続出していた。
    • 月9含め全てのドラマ作品がNetflix先行配信になっていた。
  3. 金曜プレミアムでのドラマ放送激減に歯止めがかかっていた。
  4. 就活などで下着業界への志望が急増していた。
  5. 地上波での最終回が水木しげる追悼企画に差し替えられることはなかっただろう。

安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜[編集]

参照:wikipedia:ja:安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜。もし前番組の半沢直樹や2014年版HERO並みの視聴率だったら。

  1. アニメで実績の高いスタッフのトレンディドラマ進出が進んでいた。
    • 既存特撮作品のゴールデンタイム進出はもちろんトレンディドラマ化が相次いでいた。
      • 大ヒットした深夜アニメのトレンディドラマ化もありそう。
  2. 柴咲コウ繋がりで「ギャラ子」の人気が上がっていた。
    • ボーカロイドが出た時も大ヒットしていた。
  3. 木村拓哉がテレビ朝日の連続ドラマに主演することはなかった。
    • むしろ「アイムホーム」がTBS系で放送されていたかも。
      • 「BG~身辺警護人~」も。
  4. ジェシーのドラマ主演が実現したかもしれない。

いうえ[編集]

石川五右衛門[編集]

参照:wikipedia:ja:石川五右衛門 (テレビドラマ)

  1. 民放での連続時代劇復活の狼煙が上がっていた。
    • 2017年の水戸黄門もBS-TBSではなく地上波での放送だった。
  2. 小林麻央死去時の市川海老蔵による記者会見はテレ東も中継していた。
  3. 棚橋弘至は俳優としてもブレイクした。
    • 本作放送時に公開された『仮面ライダー平成ジェネレーションズ』への期待も大きかった。
  4. 新春ワイド時代劇は2018年に復活していた。

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう[編集]

参照:wikipedia:ja:いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

  1. 月9の低調を象徴することはなかった。
  2. 出演者の中から朝ドラヒロインが3作連続で登場したことが注目されていた。
  3. 高良健吾は民放ドラマにも出演機会を得ていた。

if もしも[編集]

参照:wikipedia:ja:if もしも

  1. フジテレビのオムニバスドラマは『世にも奇妙な物語』一辺倒にはならず史実よりは増えていた。
    • 世にも奇妙な物語は復活せず、このシリーズが継続して放送されていた。
  2. 打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』以外にも岩井俊二の演出作があった。
    • 『打ち上げ花火~』は本番組の基本コンセプトから逸脱しており番組スタッフ側が難色を示していたため、岩井は番組スタッフからかなり疎まれただろう。
  3. 堤幸彦はこの時点でブレイクしていた。

インディゴの夜[編集]

参照:wikipedia:ja:インディゴの夜

  1. 昼ドラにおけるイケメン路線は確立していた。
  2. シリーズ化されており原作のストーリーは一通り消化してた。
  3. 舞台版もシリーズ化されていた。

ウソコイ[編集]

参照:wikipedia:ja:ウソコイ

  1. フェイ・ウォンの日本人気は不動のものになっていた。
    • 「ファイナルファンタジーVIII」の主題歌にとどまらない活躍は確実だった。
  2. 台湾、香港で日本ドラマブームが巻き起こっていた。
    • 韓流ブームも史実ほどではなかったか?
  3. アメリカ同時多発テロ事件発生時も休止しなかったかもしれない。
    • 話数削減もないため最終回は翌週の放送だった。
    • 緊急事態なのでやはり休止は行われていたかも。その場合局にクレームが殺到していた。
      • そういう意味で後々まで語り継がれるドラマになっていた。

海の上の診療所[編集]

参照:wikipedia:ja:海の上の診療所

  1. 離島の医療問題に対する関心が史実以上に高まっていた。
    • モデルとなった済生丸に留まらず日本各地の離島地域に巡回診療船が配備されるようになっていた。
    • 海上保安庁や海上自衛隊による病院船配備の可能性が高まっていた。
  2. 鉄拳は俳優としても活動するようになっていた。
  3. 「Dr.コトー診療所」の新シリーズ待望論が出ていた。
    • 「Dr.コトー診療所」と良い意味で比較されていた。
  4. 「ちゃんとして!」が流行語になっていた。

エジソンの母[編集]

参照:wikipedia:ja:エジソンの母

  1. 伊東美咲はその後も連続ドラマの主演を続けることができた。
    • アラサー世代を代表する女優としての地位を確立し「ポスト天海祐希」と呼ばれるようになっていた。
      • 同世代の小雪や菅野美穂より人気が出ていた。
        • 現実に菅野美穂が主演したドラマのいくつかは伊東美咲主演になっていた可能性がある。
        • 結婚後も活動をセーブすることなく積極的に女優業を行っていたはず。
  2. 伊東美咲が「MR.BRAIN」のゲストとして出演していた。
  3. ギフテッド教育普及活動が見られた。
  4. 伊東美咲は現実でも保育士や幼稚園教諭の免許を持っていたのではまり役だと言われていた。

演歌の女王[編集]

参照:wikipedia:ja:演歌の女王

  1. 天海祐希の黒歴史になることはなかった。
  2. 天海祐希はコメディーでも通用する女優になっていた。
    • 天海祐希主演のコメディー作品も増えていた。
    • 正義感の強いキャラや悪役だけでなく、ドジキャラもはまり役とみなされていた。
  3. 女王の教室同様、過去編が製作されていた。

[編集]

Oh,My Dad!![編集]

参照:wikipedia:ja:Oh,My Dad!!

  1. 「株価暴落」は地上波での放送だった。
    • 織田裕二は引き続き地上波で主演し続けていた。
  2. 6話と世界陸上中継との巧妙な編集が史実以上に大騒ぎになっていた。
    • 余裕こいて同時に映っていたのではないだろうか。

大江戸捜査網2015〜隠密同心、悪を斬る![編集]

参照:wikipedia:ja:大江戸捜査網#新春ワイド時代劇『大江戸捜査網2015〜隠密同心、悪を斬る!』

  1. 新春ワイド時代劇が打ち切られることはなかった。
    • 翌年の「信長燃ゆ」の放送時間が縮小されることはなかった。
    • 現代劇に転換してようと2017年以降連続ドラマのスペシャルではなく完全新作のドラマスペシャルを放送していた。
    • 「信長燃ゆ」以降も若手含めジャニタレがメインキャストで出演していた。
  2. 2016年10月〜12月期の金曜8時のドラマは「石川五右衛門」ではなく「大江戸捜査網2016」だった。

掟上今日子の備忘録[編集]

参照:wikipedia:ja:掟上今日子の備忘録

  1. この時期の裏番組「世界ふしぎ発見!!」の視聴率が一桁連発した理由は「裏のドラマのせい」と見なされていた。
  2. その後の忘却探偵シリーズもドラマ化されていた。
  3. 次期土9ドラマの「怪盗 山猫」の期待も史実あり、視聴率も一時一桁になる事は無かったかも。まあ、でも当ドラマの印象が薄くなっていたのは確実だが。
  4. 主演と脚本が同じ「逃げ恥」への期待は史実以上だった。

おそるべしっっ!!!音無可憐さん[編集]

参照:wikipedia:ja:おそるべしっっ!!!音無可憐さん

  1. 榎本加奈子の新境地として認知されていた。
  2. オフのプロ野球選手の副業(余興)に「連ドラにゲスト出演」と言う新しい選択肢が生まれる。
    • 当作品には、西武時代のデニー友利がチョイ役で出演していた。
  3. 終了後には、第2シリーズが本当に制作されていた。
    • 実史では、同じくテレビ朝日で主演俳優・スタッフが全く同じの『可愛いだけじゃダメかしら?』の劇中劇として放送。

夫のカノジョ[編集]

参照:wikipedia:ja:夫のカノジョ

  1. 主演の川口春奈はブレイクしていた。
  2. 裏番組の『ドクターX-外科医・大門未知子-』の第2シーズンは大ゴケしており『ドクターX』で2シーズンで終了した。
    • そもそも裏番組がドクターXじゃなくて別のドラマだったらあんなコケ方はしなかっただろう。
      • それでも過去にこの枠で放送されたドラマの視聴率を考えると行ってもせいぜい10%前後が限界だった可能性が高かったような。
  3. 『受験のシンデレラ』はBSプレミアムではなく地上波で放送されていた。
  4. 主題歌を手掛けたSerenaもブレイクを果たした。
    • 史実通りアメリカへ留学していれば、留学直後に復帰していただろう。
  5. TBS木9ドラマ枠名を『木曜ドラマ劇場』に改題することはなかった。

鬼嫁日記 いい湯だな[編集]

参照:wikipedia:ja:鬼嫁日記#鬼嫁日記 いい湯だな (第2作)

  1. 第3作目も制作されていた。
  2. 蛯原友里が女優として史実以上に活躍していた。
    • もちろん上記の第3作にも出演。
    • ドラマや映画の主演も実現していた。
    • 彼女が「CanCam」卒業後、「AneCan」に移籍することなく女優業に専念していた。
    • 資生堂「ANESSA」のCMキャラクターを2009年以降も続けていた。
  3. 加藤茶も俳優としての仕事が増えていた。
  4. 第2作目で後に大阪府知事・大阪市長になった橋下徹がゲスト出演していたことが話題になっていた。
  5. 舞台のセットの銭湯での入浴シーンがもっと話題を呼んだかも。

表参道高校合唱部![編集]

参照:wikipedia:ja:表参道高校合唱部!

  1. 中高生による合唱がブームになっていた。
  2. 本作で使われた楽曲のCDアルバムが発売された。
  3. 主演の芳根京子はブレイクを果たした。
    • 朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』への期待も大きかった。

主に泣いてます[編集]

参照:wikipedia:ja:主に泣いてます

  1. 菜々緒は現実よりも早く女優として人気を得ていた。
    • 放送後に起こったペニーオークション詐欺事件の影響はあったのだろうか?
  2. 菜々緒は悪女役主体にはならず、さまざまな役をこなしていた。
    • そのルックスから伊東美咲と比較されていたかも。

おやじの背中[編集]

参照:wikipedia:ja:おやじの背中

  1. オムニバスドラマが盛んに作られるようになった。
    • 日9はかつての東芝日曜劇場のように1週完結枠になった。
      • MBS、CBC、RKB、HBC製作も復活していた。
  2. 東出昌大と杏が結婚した際、「よろしくな。息子」がさらに注目されていた。
  3. 第3話に出演した広瀬すずはこの時点でブレイクした。

オヨビでない奴![編集]

参照:wikipedia:ja:オヨビでない奴!

  1. 高橋良明の知名度が上がっていた。
  2. 90年代後半~2000年代初頭に風間俊介主演でリメイクされていた。
  3. 裏番組の「ドラゴンボール」は大ヒットしていなかった。

オレたちのオーレ![編集]

参照:wikipedia:ja:オレたちのオーレ!

  1. その後もTBS系列のプライムタイムのドラマを毎日放送が作り続けていた。
  2. 大鶴義丹とマルシアの離婚の際、このドラマを笑いの種にされることはなかった。
  3. 聖地・ひたちなか市那珂湊が有名になっていた。
  4. マイアミをパクった「舞網」に続いて、他のドラマでも外国の地名をパクった地名が登場していた。
  5. その後も局を問わずサッカーを題材にしたドラマが複数作られていた。
    • 同時期に放送された「もうひとつのJリーグ」も大ヒットしていた。

おんな城主 直虎[編集]

参照:wikipedia:ja:おんな城主 直虎。20%越えの回があるなどイッテQらに勝つほどだったら?

  1. 知名度の低い人物でもイケると評価され、これの実現も史実以上に進んでいた。
    • 「いだてん〜東京オリムピック噺〜‎」で懸念される大河ドラマのネタ切れ問題も解決していた。
  2. 翌年の「西郷どん」で本編を中断して特番を数回挟む構成にならなかったかもしれない。
もしあの番組が…
○○だったら NHK/日テレ系(あ・か/さ~わ)/テレ朝系/TBS系/テレ東系/フジ系/ドラマ/アニメ(あ・か/さ・た/な〜わ)/特撮/時代劇/放送枠
大コケしていたら 独立局・CS・海外・ラジオ・インターネット/NHK/日本テレビ系(あ・か行/さ・た行/な~わ行)/テレ朝系/TBS系/テレ東系/フジ系
大ヒットしていなかったら アニメ/特撮戦隊/ライダー/円谷/東映)/ドラマ(あ~こ/さ~そ/た~と/な~ほ/ま~わ/連続テレビ小説
今でも続いていたら NHK・独立局・CS・海外/日テレ系(あ~さた~わ)/テレ朝系/TBS系(あ・かさ~わ
テレ東系/フジ系(あ・かさ~なは~わ)/アニメ(あ~さ/た・な/は~わ
大ヒットしていたら NHK・テレ東系ほか/日テレ系(あ~こ/さ~の/は~わ)/テレ朝系(あ~こ/さ~の/は~わ
TBS系(あ~こ/さ~の/は~わ)/フジ系(あ~こ/さ~の/は~わ
アニメ/特撮東映戦隊ライダー円谷プロ)/ドラマ(あ~お/か~こ/さ~そ/た~の/は~ほ/ま~わ/連続テレビ小説
他局の制作だったら アニメ(あ~お/か~こ/さ~そ/た~の/は~ほ/ま~も/や~わ)/ドラマ(あ~さ/た~わ
別の時代に放送されていたら 日テレ系/テレ朝系/TBS系/フジ系/アニメ(あ~こ/さ~の/は~ほ/ま~わ
打ち切られていたら 日テレ系/TBS系/アニメ(あ~さ/た~わ)/特撮
終了したら 日テレ系/テレ朝系/TBS系/フジ系
その他 司会者降板がなかったら/もう少し長く放送されていたらアニメ)/放送中止・延期がなかったら/レギュラー化していたら



関連記事