もしあのドラマが大ヒットしていたら/さ行

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
投稿規制
現在このページ(もしくは節・カテゴリ)は他者に不快感を与えたりサイト趣旨から逸脱するなどの問題が考えられるため、下記の投稿を規制しています。
この規制に反する投稿は削除や注意または投稿ブロックの対象となりますのでご注意下さい。本件に関するご意見などはトークページへお願いします。
規制する投稿:放送中及び放送終了直後の作品に関する内容(概ね終了後1クール程度)
もしあのドラマが大ヒットしていたら > さ行

鳴り物入りで登場したものの、視聴率などの面でコケてしまったテレビドラマが、もし大ヒットしていたらどうなっていたか。

[編集]

西遊記 (唐沢寿明主演版)[編集]

参照 : wikipedia:ja:新・西遊記

  • 視聴率は大苦戦しビデオも一巻のみ、DVD/BD化も一切無しという「西遊記」ドラマでは最早黒歴史的扱いですが…。もしもマチャアキ版並みの人気と知名度があったなら?
  1. ナイター中継による話数短縮はなく、放送期間を延長し対応していた。
    • 予定の22話ではなく更に期間を使っていたら、駆け足だったシナリオも大幅に変わっていただろう。
  2. CGとスタントを多用したアクションドラマ路線がゴールデンタイムに定着し、特撮系番組がその時間帯の常連になっていた。
  3. ドラマ版西遊記として初めて天竺へ到達した事が、後のシンゴ版西遊記などでメタネタとして組み込まれていた。
  4. infixの「細胞分裂」が音楽業界の大ニュースになっていた。

櫻子さんの足下には死体が埋まってる[編集]

  1. 年齢引き上げに賛否両論があった。
  2. アニメ版の再評価もあった。
  3. フジテレビ日曜21時枠ドラマの再廃枠は見送られていた。

真田丸[編集]

参照:wikipedia:ja:真田丸 (NHK大河ドラマ)。20%超え回が多く出るなど史実以上のヒットだったら?

  1. ニコニコ超会議での大河ドラマイベントは「超・直虎」「超・西郷どん」「超・いだてん」「超・光秀」と翌年以降も続いていた。
  2. 少なくとも汁かけ飯で知られる北条氏政のイメージは史実以上に上がっていた。
  3. ダメ田十勇士のようなネット上のプロモーションも翌年以降積極的に行われていた。
  4. 高木渉は俳優としてテレビドラマでの活躍は史実以上だった。
    • 同じNHKのアニメ「キャラとおたまじゃくし島」は5分ではなくもっと長かったかも。
  5. 新井浩文の逮捕は史実以上に大騒ぎとなっていた。

さばドル[編集]

参照:wikipedia:ja:さばドル

  • 視聴率的に振るわなかったものの、『アサヒ芸能』の「我が青春の教師ドラマランキング・俺たちが好きな教師BEST20」では14位にランクインしたが、もし、『マジすか学園』並みに人気があったら?
  1. 渡辺麻友は女優として評価されていた。
    • 人気面では現実以上に絶大なものとなり、2012年の選抜総選挙では1位にランクインしていた。
  2. 乃木坂46の知名度が上がっていた。
    • うまくいけば渡辺麻友は乃木坂46の兼任メンバーになっていた。
      • 現実では松井玲奈が兼任していたが…。
    • 紅白歌合戦への出場も実現していたはず。
      • 史実では2015年にそれが実現した。
  3. 『花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011』の二の舞になることはなく、AKB48メンバー個人を主演とするドラマはこれ以降も制作されていた。
    • 『AKB49~恋愛禁止条例~』はミュージカルではなくドラマとして制作されていた。
    • 『メグたんって魔法つかえるの?』は?
  4. 主題歌の『シンクロときめき』も大ヒットになっていた。

SUMMER NUDE[編集]

参照:wikipedia:ja:SUMMER NUDE (テレビドラマ)

  1. 山下智久は俳優として評価されていた。
  2. 本作のモチーフとなった『サマーヌード』を手掛けた真心ブラザーズのリバイバルブームが起こった。

サマーレスキュー~天空の診断所~[編集]

参照:wikipedia:ja:サマーレスキュー〜天空の診療所〜

  1. 裏番組の『ドラマチック・サンデー』は史実より早く打ち切られていた。
  2. 能年玲奈は『あまちゃん』よりも早くブレイクしていた。

サムライせんせい[編集]

参照:wikipedia:ja:サムライせんせい

  1. 主人公である武市半平太の人物としての評価、知名度も高くなっていた。
  2. 「テルマエ・ロマエ」といい意味で比較された。
  3. 同じく錦戸亮がタイムスリップした侍を演じた「ちょんまげプリン」が再評価された。

サヨナラ、えなりくん[編集]

参照:wikipedia:ja:サヨナラ、えなりくん

  1. =「例の騒動の余波がなかったら」、といえる。
  2. えなりかずきは悪役俳優としても名を馳せていた。
  3. 主題歌である渡辺麻友の『守ってあげたくなる』はCD化されていた。

35歳の高校生[編集]

参照:wikipedia:ja:35歳の高校生

  1. 「米倉涼子主演だったらドラマは全くコケない」と言われるようになっていた。
    • 現実以上に「視聴率女王」と言われるようになっている。
  2. 続編が制作されていた。
  3. 広瀬アリスはこの時点でブレイクしていたかも。
    • 妹・すずが同クールで他局の「幽かな彼女」に同じく生徒役で出ていたため、現実以上にすずと比較されていたかも。
  4. 北山詩織(現・江夏詩織)は女優業に専念していた。
    • バンドを組んだりSUと不倫することもなかった。

[編集]

シカゴ・ホープ[編集]

参照:wikipedia:ja:シカゴ・ホープ

  1. テレビ朝日の水曜8時は、海外ドラマの輸入放送の伝統枠となっていた。
    • もちろん、現在でも放送中。
  2. 第2シーズンは、半ば打ち切りのような形で終了されることはなかった。
  3. 全6シーズンすべて、テレビ朝日が放送。
    • TBS水曜深夜に放送されることはなかった。
  4. 第2シーズンの主題歌「winter fall」は、当作品の主題歌として有名になっていた。
  5. 逆に『ER』はヒットしなかったかもしれない。
    • 放送されたとしても、当作品のパクリという不名誉なレッテルを貼られていたかもしれない。

四国R-14[編集]

参照:wikipedia:ja:四国R-14

  1. 水曜どうでしょう再開以降も一企画としてスピンオフ含めドラマが継続的に製作されていた。
    • 調子に乗ってホラーものばかりやったかもしれない。
  2. どうでしょうClassicでの無条件の放送が可能となるようにリメイクを行ったかもしれない。
  3. EDのアーティストは史実以上にブレイクしていて樋口了一に代わりどうでしょうのテーマ曲を担当したかもしれない。
  4. 嬉野Dは脚本家としても史実以上に活躍していた。
  5. 戸次重幸(当時は佐藤重幸)は以降のどうでしょう本編に史実以上に出演を続けていたかもしれない。
  6. 小野優子アナウンサーは女優に転向していてHTB退職は史実より早かったかも。

地獄少女[編集]

参照:wikipedia:ja:地獄少女_(テレビドラマ)

  1. もっと多くの日本テレビ系列局で放送されていた。
    • 第2シリーズも製作され土曜ドラマ枠での全国ネット放送だった。
  2. 逆に「怨み屋本舗」や「必殺仕事人」の新シリーズはヒットしなかった可能性がある。
  3. テレビアニメ版は日本テレビに移管されていた。

地獄先生ぬ~べ~[編集]

参照:wikipedia:ja:地獄先生ぬ~べ~#テレビドラマ

  1. 『妖怪ウォッチ』に続く大ヒットだったので妖怪ブームが史実より長続きしていた。
    • そして比べられることもなかった。
    • 大コケしたのは妖怪の仕業とみなされることはなかった。
  2. 原作を軽視しすぎた内容に賛否が分かれていた。
    • 原作・アニメ派とドラマ派に派閥が分かれ、対立も起きていた。
  3. 『こち亀』の二の舞になることもなく、週刊少年ジャンプはこれ以降もドラマ化に力を入れていた。
    • アニメ版の二の舞になることもなかった。
  4. 日テレでの再アニメ化が検討されていた。
    • そのアニメ版もドラマ版そのものの設定で制作された。
  5. 知英は本作品で女優としても大ブレイクしていて史実以上にテレビドラマ出演作が多かった。
    • 韓国でも大々的に売り込まれたかもしれない。

シマシマ[編集]

参照wikipedia:ja:シマシマ (漫画)#テレビドラマ

  1. 睡眠を題材にしたドラマは増えていた。
  2. 福士蒼汰は『仮面ライダーフォーゼ』、『あまちゃん』を待たずしてブレイクした。
  3. シーズン2も放送されており、原作のエピソードはあらかた消化していた。

社長になった若大将[編集]

参照:wikipedia:ja:社長になった若大将

  1. 当初予定されていた通りに2クールを全うしていた。
  2. 『夏の嵐!』は企画すらされなかった。
  3. TBS木9はバラエティに富んでおり、『渡る世間は鬼ばかり』と『金八先生』に偏重することはなかった。
  4. 松嶋菜々子はこの時点でブレイクしていた。

ジャングル[編集]

参照:wikipedia:ja:ジャングル_(テレビドラマ)

  1. 裏番組の風雲!たけし城が史実よりも早く打ち切られていた。
  2. 事実上の後番組のもっとあぶない刑事が水曜夜8時枠での放送となっていた。
  3. アクション刑事ドラマの衰退が史実よりも早かった。
  4. 石原プロのゴリラが史実以上に大コケしたか、あるいは企画そのものがなかった。
  5. 所轄署と捜査一課のいがみ合いは、刑事ドラマではもはやお約束の描写となっていた。
  6. シリーズで唯一殉職した磯村刑事が降板するとしたら、警視庁捜査一課への栄転で、小日向刑事も定期的な人事異動で降板となった。
  7. 成田刑事が仮に登場するとしても、津上係長への誤射が原因で査問委員会へかけられクビになるゲスト役だったかもしれない。

17才-at seventeen-[編集]

参照:wikipedia:ja:17才-at seventeen-

  1. 裏番組の『マジカル頭脳パワー‼︎』を打ち切り、もしくは枠移動に追い込んでいた。
    • 「マジカルバナナ」が生まれることなくフェードアウトされたかも
  2. 未成年者飲酒・喫煙シーンに対して大きく扱われ、槍玉に上がっていた。
    • ソフト化の際の未成年者飲酒・喫煙シーンの差し替えは避けられなかったと思うが、少なくとも封印作品になることはなかった。
  3. フジテレビは10代向けのドラマの制作を躊躇することはなかった。
  4. 内田有紀は番組終了後にぶりっ子路線に転向することもなく、「陰のある役が似合う女優」として安定した人気を維持していた。
  5. 一色紗英のその後は…元々素行に問題があったから史実通りフェードアウトか?
  6. メインキャストで唯一「wikipediaに該当記事が存在しない」状態(2016/7/14時点)のシューベルト綾も、もう少し長く芸能活動していたはず。
  7. 当初予定されていたとおりに18話放送されていた。
    • プロ野球中継への差し替えも減っていた。

ショムニ2013[編集]

参照:wikipedia:ja:ショムニ (テレビドラマ)

  • ここでは2013年7月に放送された第4シーズンがヒットしていたらと仮定します。
  1. 裏で放送されていた「Woman」の視聴率を奪っていた。
  2. 江角マキコは再び女優業に戻っていた。
    • 芸能界引退もなかったかも。
    • 江角マキコは過去の女優扱いされることはなかった。
    • その分、司会業の仕事が増えることはなかった。
  3. 以降、過去のヒット作のリメイク版が局を問わず製作されていた。
  4. 2014年以降に続編が制作されるかも。
  5. 森カンナがブレイクしていたかも。
    • これ以後もドラマに出演し続けている。
    • 森矢カンナへの改名もなかった。
    • 泉里香もこの時点でブレイクしていた。
      • 安藤サクラも。
  6. 本田翼は女優としても評価されるようになっていた。
    • ベッキーも同様だった。

私立探偵 濱マイク(テレビドラマ版)[編集]

参照:wikipedia:ja:私立探偵 濱マイク#テレビドラマ版

  1. シーズン2も放送されており、参加した演出家および脚本家は増えていた。
  2. 横浜日劇の知名度が上がっており2007年の取り壊しの際には来客者は史実以上だった。

白い巨塔(1978年版)[編集]

参照:wikipedia:ja:白い巨塔 (1978年のテレビドラマ)

  • 史実では、田宮二郎が自殺したことにより最後の2回は視聴率がよかったのですが、ここでは最初からずっと視聴率が高かったらとします。
  1. 田宮二郎の自殺が少しだけ遅れていた。
    • それでも結局は自殺していたことに変わりはない。
  2. 里見役の山本學の知名度がもっと上がっていた。
  3. 史実とは逆に2003年版が大コケしていた可能性がある。
  4. 白い巨塔のリメイクがもう少し早くなっていた。
    • 1990年の村上弘明版は2時間ドラマではなく連続ドラマになっていた。

[編集]

水球ヤンキース[編集]

参照:wikipedia:ja:水球ヤンキース

  1. 水球ブームが起こっていた。
  2. 「土ドラ」枠が廃枠になることはなかった。
  3. 「ウォーターボーイズ」といい意味で比較されていた。
  4. 「Free!」や「ハイキュー!!」とも比較されていた。
  5. 「水球レッドソックス」という続編が作られた。
    • そういう意味じゃなくて…。
  6. 筧美和子と佐野ひなこは女優としても評価されていた。
  7. 大原櫻子の女優としてのブレイクも早まっていた。

スーパーサラリーマン左江内氏[編集]

  1. 日テレの土曜ドラマは『ボク、運命の人です。』以降、ジャニーズ事務所の俳優を主演および主題歌に起用することはなかった。
  2. 本作と共通点の多い『いぬやしき』は映画ではなく連続ドラマだった。
  3. かつて同じ日テレ系で放送されていた「T・Pぼん」のリメイクがあったかもしれない。

鈴木先生[編集]

参照:wikipedia:ja:鈴木先生

  • 作品内容が評価されギャラクシー賞や日本民間放送連盟賞を受賞し、またDVDもヒットしていますが、視聴率の面でも好調だったら?
  1. テレ東月曜のドラマ枠は2011年10月以後も継続していた。
    • サスペンス依存は和らいでいた。
  2. 『鈴木先生外典』もドラマ化されていた。
  3. 史実通り映画化が発表されても、「低視聴率なのに映画化」と驚かれることはなかった。
  4. 生徒役だった土屋太鳳や松岡茉優はこの時点でブレイクしていた。

StandUp!![編集]

  1. 戸越銀座が脚光を浴びた。
  2. NEWSデビュー時に話題に上った。
  3. 「童貞」連呼が物議をかもした。

すっから母さん[編集]

参照:wikipedia:ja:すっから母さん#テレビドラマ

  1. 全編ドラマになりオセロは降板していた。
    • ゴールデンタイムに進出しただろう。
    • 2時間スペシャルドラマ化されていた。
  2. 植田まさしの他作品もドラマ化されていた。
    • 家族ものの「コボちゃん」「おとぼけ課長」「らくてんパパ」あたりは確実。
      • 本作のように原作からの改変が目立っていただろう。
    • 「フリテンくん」もテレ東でリメイクされたかも。
  3. そもそも植田まさしはメディアミックスに消極的になることはなかった。
    • 植田まさし作品は漫画以外では人気が出ないというジンクスが崩れていた。

すべてがFになる[編集]

参照:wikipedia:ja:すべてがFになる#テレビドラマ

  1. フジテレビ系列火曜21時ドラマ枠の廃枠は一旦見送られていた。
    • 「エイジハラスメント」がこの枠で放送されていた。
  2. アニメ化に留まらず、2002年発売のゲームもリメイクされていた。
  3. 以降のS&Mシリーズ作品もドラマなどメディアミックスされていた。
  4. アニメ版への期待は史実以上に高まっていた。
    • 全FNS系列局で放送されただろう。

せそ[編集]

生徒諸君!(2007年版)[編集]

参照:wikipedia:ja:生徒諸君!教師編

  1. 第3部もドラマ化されていた。
  2. 原作者クレジットが途中から原案に変わることはなかった。
  3. 主演の内山理名はその後も多くのドラマで主演を務めていた。
  4. 堀北真希、岡田将生、溝端淳平、城田優は1クール後のドラマを待たずしてブレイク出来ていた。
    • 太賀、染谷将太もこの時点でブレイク出来ていた。
  5. 小松未可子が出演していたことが話題になっていた。
    • 今も女優業に専念しており、声優になることはなかった。

セーラーゾンビ[編集]

参照:wikipedia:ja:セーラーゾンビ

  1. 大和田南那はこのドラマでブレイクしていた。
    • 第6回選抜総選挙の圏内にもランクインしていた。
    • 高橋朱里、川栄李奈も女優として評価されていたはず。
      • 第6回選抜総選挙では川栄李奈は神7の圏内にランクインしており、高橋朱里も選抜圏内にランクインしていた。
      • 川栄李奈が卒業することもなかった。
    • 卒業することがなかったかもしれない。
  2. 「マジすか学園4」はなかったかもしれない。
    • その分、「セーラーゾンビ」の続編が制作されていた。
    • また、「マジすか学園4」は、時期をずらして日テレではなくテレビ東京での放送だった。
      • そもそもテレ東が乃木坂46を推していなかったら日テレへ移籍することはなかった。
      • そもそもAKB48出演のドラマは「マジすか学園」シリーズ一辺倒になることはなかった。
        • これ以降もドラマもバラエティに富んだラインナップとなっていた。
  3. 翌年放送されたアニメ「がっこうぐらし!」は、設定が「セーラーゾンビ」とかぶっているとAKBファンから騒がれていた。

セシルのもくろみ[編集]

参照:wikipedia:ja:セシルのもくろみ#テレビドラマ

  1. 真木よう子の女優人生がおかしくなることはなかった。
    • コミケへの出展も史実ほど批判されなかった?
    • 映画を撮影直前で降板することはなかった。
    • 事務所を辞めることもなかっただろう。
  2. 初回から高視聴率だったらTwitterに土下座動画を公開することもなかった。
  3. 夜の本気ダンスによる主題歌は10位以内にチャートインしていた。

銭ゲバ[編集]

参照:wikipedia:ja:銭ゲバ#テレビドラマ

  1. 松山ケンイチの主演作は2015年の「ど根性ガエル」に留まらずもっと多かった。
    • 平清盛」の視聴率も史実より高かった。
    • フジテレビやTBSのトレンディドラマにも主演していた。
  2. かりゆし58はトップアーティストになっていた。
  3. 妖怪ウォッチのコマさん兄弟は誕生しなかったか違う口調だった。
    • 「もんげー」は史実通りだろう。
  4. 1970年代漫画がブームになっていた。
  5. スポンサー降板が問題となったドラマといえば『明日、ママがいない』ではなく本作だった。

So long![編集]

参照:wikipedia:ja:So long ! (テレビドラマ)

  1. これ以降も毎年2月にAKB48主演のテレビドラマの放映が恒例となっていた。
  2. 『マジすか学園』の日本テレビ版はなかった。
    • あったとしても関東ローカルではなく、全国ネットで放送されていた。

ソムリエ[編集]

参照:wikipedia:ja:ソムリエ (漫画)

  • 同じく、フジテレビで同時期に放送された「眠れる森 A Sleeping Forest」並の視聴率だったらと仮定します。
  1. 空前のワインブームが起こっていた。
  2. 主演だった稲垣吾郎がボジョレー・ヌヴォーのイメージキャラクターになっていた。
  3. 主人公の佐竹城の口癖である「ワインが泣いています」が流行語になっていた。
    • 巷で物事を皮肉る際に「○○が泣いています」と言う輩が続出していた。
      • 稲垣は現在でもこのセリフを度々口ずさんでいた。
  4. このドラマをきっかけにソムリエを志す若者が続出していた。
もしあの番組が…
○○だったら NHK/日テレ系(あ・か/さ~わ)/テレ朝系/TBS系/テレ東系/フジ系/ドラマ/アニメ(あ・か/さ・た/な〜わ)/特撮/時代劇/放送枠
大コケしていたら 独立局・CS・海外・ラジオ・インターネット/NHK/日本テレビ系(あ・か行/さ・た行/な~わ行)/テレ朝系/TBS系/テレ東系/フジ系
大ヒットしていなかったら アニメ/特撮戦隊/ライダー/円谷/東映)/ドラマ(あ~こ/さ~そ/た~と/な~ほ/ま~わ/連続テレビ小説
今でも続いていたら NHK・独立局・CS・海外/日テレ系(あ~さた~わ)/テレ朝系/TBS系(あ・かさ~わ
テレ東系/フジ系(あ・かさ~なは~わ)/アニメ(あ~さ/た・な/は~わ
大ヒットしていたら NHK・テレ東系ほか/日テレ系(あ~こ/さ~の/は~わ)/テレ朝系(あ~こ/さ~の/は~わ
TBS系(あ~こ/さ~の/は~わ)/フジ系(あ~こ/さ~の/は~わ
アニメ/特撮東映戦隊ライダー円谷プロ)/ドラマ(あ~お/か~こ/さ~そ/た~の/は~ほ/ま~わ/連続テレビ小説
他局の制作だったら アニメ(あ~お/か~こ/さ~そ/た~の/は~ほ/ま~も/や~わ)/ドラマ(あ~さ/た~わ
別の時代に放送されていたら 日テレ系/テレ朝系/TBS系/フジ系/アニメ(あ~こ/さ~の/は~ほ/ま~わ
打ち切られていたら 日テレ系/TBS系/アニメ・特撮
終了したら 日テレ系/テレ朝系/TBS系/フジ系
その他 司会者降板がなかったら/もう少し長く放送されていたらアニメ)/放送中止・延期がなかったら/レギュラー化していたら



関連記事