もしあのドラマが大ヒットしていなかったら/連続テレビ小説

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

もしあの番組が大コケしていたら > もしあのドラマが大ヒットしていなかったら > ま~わ行 > 連続テレビ小説

  • 追加する際は放送順になるようにお願いします。
  • マンネリ化しているため、以下のみに関する投稿は原則禁止しとします。
    1. ○○(俳優名等)の代表作が一つ減っていた(「ブレイクしなかった」等含む)
    2. 続編・スピンオフなどは製作されなかった。
    3. 舞台となった地域では黒歴史扱いされていた。

全般[編集]

  1. NHKの朝は現実以上に視聴率が芳しくない枠となっていた。
  2. もちろんこの番組もなかった。
  3. つばさLドラ枠で放送されてたかも。
  4. 松嶋菜々子や竹内結子はブレイクしなかった。
    • 松下奈緒は女優よりもピアニストとしての活躍をメインにしていたかもしれない。
  5. 神戸北野の異人館街は観光地としてブレイクしなかったかもしれない。
    • 同様に恵比島駅は現在も単なるローカル駅でしかない。
  6. 後に「大河ドラマに匹敵するような連続ドラマ枠を作ろう」という動きが起きていた。
    • 朝に放映するという発想は出てこない気がする。
    • と言うかこの世界では銀河テレビ小説が存続している可能性が…?
  7. その代わりに、長らくNHK総合テレビの平日朝8時台前半に「おかあさんといっしょ」が放送され、その影響で、民放(フジテレビなど)ではその時間帯には幼児番組を放送しなくなる。

2000年代以前[編集]

おはなはん[編集]

  1. その後の朝ドラも家族の物語を描いた作品が主流だった。
    • 男性主人公の作品がもっと多くなっていた。
  2. 再編集版など制作されなかった。
    • 現存しているのは同時期の他作品同様ごく一部に過ぎない。
    • もちろんBSでの再放送など夢のまた夢。
  3. 速水中尉は当初予定通りの時期に他界していた。
  4. 舞台となった愛媛県大洲市の知名度は現実ほど上がらなかった。
    • その一方で本来の舞台である徳島市は「うちで撮らなかったからだ」と主張していた。
  5. コケ方次第では昭和のうちに連続テレビ小説が消滅していてもおかしくない。
  6. 関西で発売されている同名のお好み焼きの素の知名度も上がらなかった。
    • それ以前に本作にちなんだ名称になっていない。
  7. 連続テレビ小説が続いたとしても、舞台は東京ばかり、時代はその時点での「今の時代」になるかもしれない。このドラマのコケぶりがあまりにひどい場合、それ以後、相当の間、地方ネタや昔ネタ(一代記)は連続テレビ小説では強く忌避されたかもしれない。
    • この場合視聴者が飽きて70年代のうちにはシリーズ自体終了していた。
  8. 『ウゴウゴルーガ』の『あにき』のBGMは別の曲が使われていた。

鳩子の海[編集]

  1. 「原爆の絵運動」はなかったかあってもそれほど広まっていない。
    • 海外で絵が展示されることもなかった。
  2. 斎藤こず恵が「山口さんちのツトム君」を歌うことはなかった。
  3. 岡田裕介は史実より早く父親が社長を務めている東映の経営に携わっていた。
  4. 極端な遅筆だったこともあり脚本家が途中で別人に替えられた。
  5. 朝ドラ放送期間短縮の原因は本作の大コケだと思っている人が一定数いる。

おしん[編集]

  1. 社会現象にならなかった。
  2. 泉ピン子は橋田寿賀子との関係を持つことはなかった。
    • その縁で『渡る世間は鬼ばかり』に出演することはなかった。
  3. 『家なき子』と比べられることはなかった。
    • 『ダウンタウンのごっつええ感じ』の「ザ・対決」のネタにされることもなかった。
  4. 発展途上国での日本のイメージが違ってた。
  5. 一般的なイラン人にとって思い出の日本製テレビ番組といえば満場一致で「キャプテン翼」。
  6. 横綱隆の里の愛称が変わっていた。
  7. アニメ版は制作どころか検討すらされず。
  8. 別の明治時代物の番組がヒットしない限り現在もテレビ界に「明治物は当たらない」というジンクスが生き残っていた。
  9. 下手をすると放送期間の短縮さえ噂されていた。

澪つくし[編集]

  1. かをると惣吉が最終的にどうなったかは明かされずじまいに終わっていた。
  2. 銚子の観光客はそこまで増えなかった。
    • 銚子電鉄にトロッコが登場することもなかった。
  3. 後の大河ドラマ『独眼竜政宗』に本作の出演者が多く起用されることはなかったかもしれない。
  4. 醤油屋と網元が対立しているという設定に対し地元の銚子市からクレームがあった可能性もある。

ふたりっ子[編集]

  1. 朝ドラで大阪を舞台にした作品は鬼門となっていた。
    • この作品以前にも大阪府を舞台にした作品は10本以上あるのでそれはない。
    • 更にいえば、年度下半期は大阪放送局が製作を担当するから、東京放送センターに枠を返上しない限り、「大阪が舞台の作品が鬼門になる」というのは、考えにくい。
  2. 内野聖陽は未だ舞台中心だった。
    • そうなれば、テレビ朝日のドラマ「臨場」の主役は誰?
  3. 大石静は民放ドラマが主体となっていた。
  4. マナカナの知名度も伸び悩んでいた。
    • 関西ローカルの知名度に甘んじていたかも。
      • 頑張っても、関西のラジオ局でのDJ位かな?
    • 三倉茉奈がNHK総合テレビで土曜日昼に放送『バラエティー生活笑百科』のパネラーになる事も無かった。(実史は2013年11月9日放送分からパネラーになっている。)
    • 「だんだん」の主演になることもないし、「べっぴんさん」に茉奈が出演することもない。
  5. オーロラ輝子のモデルとなった演歌歌手、叶麗子(叶れい子)の知名度は史実より低かった。
    • やはり関西ローカルの知名度に甘んじていたかも。
    • 通天閣歌謡劇場の閉鎖が発表されても、史実ほど騒がれなかった。
    • オーロラ輝子を演じた河合美智子は、フジテレビ「(たけし・逸見の)平成教育委員会」の生徒という認識で終わっていた。
      • 2015年5月25日の日本テレビ系「有吉ゼミ」に46才になった河合が出る事も無かった。
  6. 有名人の本人役での出演や放送時点より未来の描写といった実験的要素が「朝ドラらしくない」と批判を呼んでいた。
    • 同じくBK制作の「まんてん」は宇宙に出る前に話が終わっていたかもしれない。
  7. BSでの再放送は早くとも21世紀にずれ込んでいた。

すずらん[編集]

  1. 複数の鉄道ファンに鉄道関連描写の誤りを執拗に探されていた。
    • 週刊誌などでそれらが大袈裟に取り上げられた。
  2. 明日萌駅のセットはドラマ放送から数年以内に朽ち果て解体されていた。
  3. 同じく北海道の鉄道が題材だった「鉄道員」も連鎖的にコケた可能性あり。
  4. 殺人事件のシーンがあったことへの批判の声も上がっていた。
  5. 留萌本線のSL列車は「SLすずらん号」などという名称にはなっていないはず。

ちゅらさん[編集]

  1. 現実世界でゴーヤーマンのキャラクター商品が発売されて人気になることもなかった。
    • 「ゴーヤー」という呼称も未だ全国区にはなっていない。
  2. 小浜島が全国的に名を知られることもなかった。
  3. Kiroroは「長い間」だけの一発屋と認識されていた。
    • 「未来へ」もある。
    • 活動休止ではなく、そのまま解散となっていた。
    • 「Best Friend」が合唱曲の定番曲になることもない。
      • 「Best Friend」といえばブレイク前のSMAPの曲という認識だった。
  4. 国仲涼子は『アイドルハイスクール芸能女学園』の出身者の一人という認識で終わっていた。
    • 当然向井理と結婚することもなかった。
    • 日本テレビで、2000年初夏に『Shi-D』内で放送された「ナツのツボミ」に出てた人という認識だな。俺は…
  5. 何作も続編が制作されるようなこともなかったはず。
    • その後の作品でも史実とは異なり続編やスピンオフが制作されなかったものが増えていた。
  6. 同じ脚本家の作品である「おひさま」「ひよっこ」は製作されなかったかもしれない。
  7. 後の「純と愛」も史実通りコケていたら朝ドラに沖縄を出すことがはばかられるようになっていた恐れも。

2010年代前半[編集]

ゲゲゲの女房[編集]

  1. 朝ドラは廃止に追い込まれた。
    • それを言ったら、大河ドラマも廃止に追い込まれる可能性もあるぞ。
    • 放送前の状況を踏まえると枠廃止の検討くらいは実際に噂されてもおかしくなさそう。
  2. 向井理は史実より人気を得るには至らなかった。
    • 松下奈緒も。女優としてよりもピアニストとしての活動をメインにしていたかもしれない。
      • 当然、2010年10月からJAバンクのCMに起用される事も無かった。
    • 向井理がその後「ハングリー!!」で主演を務めたり、共演した国仲涼子と結婚することもなかった。
      • 結婚が世間にショックをもって受け止められることはなかった。
      • 更に言えば、TBSテレビ系『夢の扉+』のナレーションを担当する事も無かったか?
  3. 「ゲゲゲの…」は流行語大賞にならなかった。
  4. いきものがかり「ありがとう」はロングヒットしなかった。
    • 翌年の選抜高校野球の入場行進曲に選ばれることはなく、2012年のNHKのロンドン五輪のテーマソングも「風が吹いている」ではなく違うアーティストの曲が使われていた。
      • ゆえにNHKと関係を持つことはなかった。
        • 一応それ以前から合唱コンクールの課題曲やスタジオパークのテーマを歌ったことはあったけど。ただいきものがかり自体の人気がここまでのものになったかは微妙。
    • さらにその縁で向井理が出演しているユーキャンのCMソングを歌うこともなく、向井理と関係を持つこともなかった。
    • 京王線の調布駅の接近BGMに選ばれることはなかった。
      • 但し水木先生が調布市に在住されていた事から、鬼太郎関連の楽曲が採用されていた可能性は十分ある。
    • その後、(実史では担当した)日産自動車のCMソングを担当する事も無かったか?
  5. 「ゲゲゲの鬼太郎」を歌っている熊倉一雄が2010年の思い出のメロディーや紅白歌合戦に出演することもなかった。
  6. CSチャンネル「ファミリー劇場」での放送も無い。
  7. 放送開始時刻の変更が大コケの原因ではないかと噂される。
    • 連鎖的に「あさイチ」もコケていたかも。
      • 「あさイチ」のオープニングトークでの朝ドラの感想ネタも現実以上に不評だった。
  8. 人物伝路線に精力的になることもなかった。

てっぱん[編集]

  1. 瀧本美織はブレイクしなかった。
    • 瀧本美織はソニー損保のCMキャラクター程度の知名度と認識で終わっていた。
      • もしくはSweetsのメンバー。
    • 「美男ですね」の美男役や「GTO」(リメイク版)の冬月役も違う人になっていた。
      • 映画「風立ちぬ」で声優を務めることもなかった。
    • Eテレの「東北発未来塾」のナレーション役を務めることもなかった。
    • 瀧本美織がドラマに出ても、現実以上に滝沢沙織と勘違いされていた。
  2. 「春よ、来い」の一件もあり安田成美は実質的に二度と連続テレビ小説に関われなくなっていた。
  3. 尾道市民にとっては相当な黒歴史となっていた。
    • 仙台市民にとっての「天花」と比較されていた。
  4. 東日本大震災関連のニュースのせいで放送予定が崩れたことも失敗の原因の一つに挙げられている。

カーネーション[編集]

  1. 尾野真千子は現実ほどブレイクしなかった。
    • 映画「殯の森」のヒロインという認識で終わっていた。
    • その後のNHKドラマへの出演やドキュメント番組などのナレーターを担当する事も無かったか実史より少なかった。
    • むしろCXが人材難で困った…かもしれない。
  2. 岸和田市は現実以上に「だんじりの街」というイメージが強くなっていた。
    • 南海がそこまでPRすることはなかった。
  3. 椎名林檎は過去のシンガーになっていたかもしれない。
    • 2014年のブラジルW杯のNHKのテーマソングを歌うこともなかったかも。
    • リオオリンピック閉会式の東京パートで演出することもなかったか。
  4. 最終回のラストシーンが「意味不明」などと酷評された。
  5. 主人公のモデルの娘であるコシノ三姉妹も揃って内容に苦言を呈していた。
  6. 2013年度前期のアンコール放送は本作出演俳優の逮捕とは無関係に最初から「純情きらり」で決まっていた。
    • 2018年度に総合テレビでアンコール放送が行われなかった。

あまちゃん[編集]

  1. 「じぇじぇじぇ」が流行ることはなかった。
    • 「('jjj')」も。
    • 『「じぇじぇじぇ」は北東北の一部でしか使われない言葉』という認識で終わっていた。
      • 史実以上に片岡優希(咲 -Saki-)の口癖というイメージが強まっていた。
  2. 朝ドラの廃枠が噂されるようになる。
  3. ドラマで東日本大震災を取り扱うのはタブーになっていた。
    • 発生からわずか2年でこのような判断が定着することはありえないのでは。
    • そのようなタブー視が広まると岩手県・宮城県・福島県が舞台の現代劇が撮れなくなってしまう。
  4. 「潮騒のメロディ」は発売されず。
    • 「潮騒のメモリー」。あと「暦の上ではディセンバー」も。
    • 『あまちゃん 歌のアルバム』も発売されなかった。
  5. 過剰なパロディのせいで視聴者が離れていったと見なされ、脚本や演出が過剰に批判されていた。
  6. 宮藤官九郎は二度とNHKでドラマを手掛けることはなかった。
    • アニメの『わしも』もなかった。
    • 2019年の大河ドラマは史実と全く別の作品(戦国物?)だった。
  7. 2013年のドラマは「半沢直樹」が全ての話題を独占していた。
    • 2013年の流行語大賞の候補は「倍返し」か「お・も・て・な・し」かな。
      • 「今でしょ」と「アベノミクス」も忘れないでやっておくんなまし。
      • 実史では「じぇじぇじぇ」が流行語大賞の一つに選ばれたが、代わりに何が選ばれたのか?やはり「アベノミクス」?それとも「ご当地キャラ」?
        • 4つではなく3つの同時受賞になっていただけではなかろうか?
  8. 福士蒼汰は前作『純と愛』の渡部秀の二の舞になっており「特撮→朝ドラ」でのブレイク路線は確立しなかった。
  9. 能年玲奈はブレイクしなかった。
    • 小泉今日子の再ブレイクもなかった。
      • 2013年11月25日21時からTBS系列で放送されたスペシャルドラマ『こうのとりのゆりかご…』に出る事ことも無かった?
        • それは薬師丸ひろ子のほうでは。
    • カルピスウォーターのCMでブレイクしていたと思う。
      • 若年層にはそれで知られたが中年以上の間での知名度は低いまま。
    • 橋本愛も現実より知名度は低いままだった。
    • 松岡茉優も。おはガールという認識で終わっていた。
      • その後のバラエティ進出もなかった。
    • 少なくとも例の独立騒動はあり得ない。
      • 意外と脇役女優として現実よりも活躍していたかも。
        • 能年玲奈(現のん)だけはこの方が良かったかもしれない。当然のんに改名することもない。
    • 水瀬いのりもその後の活動に影響を及ぼしていた可能性もあり、場合によっては引退もあった。(実際その年、引退を考えていた)
    • 岩手銀行のイメージキャラクターに起用されることもなかった。
    • 有村架純も現実ほどブレイクしなかった。
  10. オープニングテーマを手がけた大友良英の朝ドラの視聴者層への知名度はかなり低かった。
  11. 「アメ横女学園」といえば、「スカパー!」で放送のお色気番組のタイトルか、テレビ東京で深夜に放送される番組と勘違いする人が…。
    • 2013年11月上旬の連休にアメ横で関連イベントも行われなかった。
    • または、アダルトビデオのタイトルと勘違い?
  12. 当然、2013年夏季に三陸鉄道や北三陸地域が活況を呈する事もなかったか?
    • 実際は南リアス線にも結構人は居たし、三陸鉄道応援ということで余り変わらないと思う。
  13. AKB48の岩田華怜はあまちゃんの格好でじゃんけん大会に出場することはなかった。
  14. 2013年12月に岩手朝日テレビ(テレビ朝日系列)が製作した「北限の海女」を取り上げたドキュメント番組も無かった。(ちなみにこのドキュメント番組のナレーションを担当したのは、「あまちゃん」に出演した渡辺えり)
    • 北限の海女はドラマ以前からマンホールに採用されるなど注目されていたためローカル番組なら取り上げられてもおかしくないのでは。
  15. 2013年のGoogleでの日本国内での検索数ランキングで「あまちゃん」が3位に入る事が無かった。
  16. 2013年のNHK紅白歌合戦に演出家と出演者が出る事も無かった。
  17. 2013年の東北地方が舞台のドラマといえば、大河ドラマ「八重の桜」。
  18. 連続テレビ小説で「21世紀以降は現代ものは受けない」というジンクスがますます強まった。
    • 2015年前期の作品は「まれ」にはなっていなかった。
  19. 三陸鉄道は久慈ありす推しをさらに強めていた。
    • 岩手県も史実以上にアニメ・漫画推しを強めていた。
  20. その後のクールで放送された「ごちそうさん」の視聴率も現実より低かった。
  21. 実史では、アジアを中心に海外で放送されているが、その国の数が(アジア圏では)『おしん』を超える事が無かった。
  22. 三重県志摩市で海女の萌えキャラが誕生することはなかったかもしれない。
    • ニュースになるほど賛否両論になることもない。
  23. スピンオフや続編が一切ないことも大コケした当然の結果として受け取られていた。
  24. 天笠尚が入場曲にあまちゃんのテーマを採用することもなかった。
  25. 次作のヒロインの相手役が出演していたことも話題にならなかったかも。
  26. 『三ツ矢グリーンスパークリングウォーター』のCMは別の曲になっていた。

ごちそうさん[編集]

  1. 杏の大ブレイクはなかった。
    • 未だに「渡辺謙の娘」というイメージだけが先行していた。
    • ごちそうさん終了後に放送された日テレ系のドラマ「花咲舞は黙ってない」の主演は別の女優となっていた。
      • 24時間テレビのチャリティパーソナリティーも別の女優になっていた。
    • 前年の日本テレビ『ぐるぐるナインティナイン』の「グルメチキンレース ゴチになります!」でクビになった人というイメージが付いたかも。
  2. 東出昌大の知名度は低いままだった。
    • 「おやじの背中」で渡辺謙と共演することはなかった。
      • よって2015年2月末現在独身である。
  3. 森下佳子が橋田賞、向田賞を受賞することはなかった。
    • 「天皇の料理番」を脚色することもなかった。
    • 岡本幸江とのコンビが結成されず、「経世済民の男 小林一三」や「おんな城主 井伊直虎」は制作されなかった。
  4. 2014年12月の一挙再放送や総合でのスピンオフ放送はなかった。
  5. 杏と東出昌大の交際→結婚は史実どおりだが、それほど祝福モードにはならなかった。
    • 2016年の再放送前に「朝ドラ同窓会」が放送されることはなかった。
  6. 高畑充希が「とと姉ちゃん」でヒロインに抜擢されなかった。
    • 彼女自身のブレイクも遅れていた。
  7. 菅田将暉のブレイクも遅れていた。
  8. 日中・太平洋戦争の描写に対し「聖戦に協力しなかった人物ばかり描くのはけしからん」と保守系の政治団体が噛みついていた。
    • その後の作品で戦時を描きにくくなる原因になった恐れもある。
  9. 大ヒット作の「あまちゃん」を挟んだ大阪局制作の2作がコケたことになるため「BKは朝ドラから手を引け」という声も一部で上がっていた。

花子とアン[編集]

  1. 鈴木亮平はブレイクしなかった。
    • 映画「阪急電車」に出ていた人という認識に終わっていた。
      • そこは「HK変態仮面」では。
        • そうなると変態仮面や俺物語での原作に寄せた演技が評価されてブレイク→そこでこの作品も再評価…と言う流れになっていたのではなかろうか。
    • 「西郷どん」の主役が別の俳優になっていた。
  2. 葉山蓮子のモデルになった柳原白蓮の知名度は低いままだった。
    • 演じた仲間由紀恵の再ブレイクはなかった。
      • 仲間由紀恵は過去の女優となっていた。
      • 月桂冠「月」のCMにも起用されず、2014年10月以降も藤原紀香が使われていた。
      • ミュージックフェアの司会にも起用されていなかった。
  3. 「ごきげんよう」が流行語になることもなかった。

マッサン[編集]

  1. 男性俳優&外国人女優の主演は無理があるとみなされていた。
    • 最悪、「走らんか!」の二の舞になっていた。
  2. 早見あかりはももいろクローバーの元メンバー程度の知名度で終わっていた。
  3. 泉ピン子は「橋田ドラマ以外では大ヒットしない」というジンクスが続いていた。
  4. 国産ウィスキーの一時的なブームは起きず、店頭から一時的に消える現象は起きなかった。
    • サントリーがジムビームを買収した時も史実ほど騒がれなかった。
  5. 玉山鉄二はマッサンよりダイハツ・ウェイクのCMのあんちゃんで再ブレイクしていた(ほぼ同時期にこのCMが放映開始されたため)。
    • ただし、日本経済新聞やみずほフィナンシャルグループのCMに起用されなかった可能性が高い。
    • 「西郷どん」はともかく、「バカボンのパパよりバカなパパ」に出演することはなかった。
  6. 本作のテーマ曲を歌った中島みゆきはラジオか何かで「朝から中島の歌なんか流すから・・・」と自虐交じりに語っていた。
    • 後年の「やすらぎの郷」の主題歌に起用されることもなかっただろう。
  7. 数々の脚色が週刊誌などで「事実歪曲」として批判された。
  8. 10月6日の台風報道による放送延期が大コケに影響したとされ、「NHK総合テレビは台風報道ごときで朝ドラの放送を中止するな」みたいな議論も起きていただろう。
  9. 主演のシャーロット・ケイト・フォックスは本作終了後にひっそりとアメリカに戻っていた。
    • のちに「べっぴんさん」にちょい役で出ることもなかった。
  10. 「日本の朝の風物詩が一企業の宣伝に成り下がってしまったことへの天罰だ」という作品を実際に見たかどうかも怪しい声まで出ていた。
  11. 柳ゆり菜のブレイクに拍車をかけることはなく、売れないグラビアアイドルという認識で終わっていた。
    • 姉の柳いろはもブレイクしていなかった。
  12. 「シャーロット」と言う女性名はシャーロット王女誕生かTOKYO MXのアニメで知られるようになっていた。
    • 海外ドラマファンにとってはセックス・アンド・ザ・シティの登場人物で知られるようになっていた。
  13. 「まんぷく」は制作されなかったかもしれない。
  14. 終了後玉山鉄二がニッカウヰスキーの、堤真一がサントリーの広告に継続的に出ることはなかった。

2010年代後半[編集]

あさが来た[編集]

  1. 幕末・明治を舞台にしたことが問題だったと認識されていた。
    • 大河・連続TV小説のダブルで大コケしたことで、以降女性主人公で非現代劇の作品はタブーと化していた。
      • 「おはなはん」「おしん」「花子とアン」などの栄光の歴史もあるためそこまでの判断はできない気がする。
    • 「「朝の大河ドラマ」など誰も求めていない」と誰かが間違いなくコメントしていた。
      • 朝ドラの大河ドラマ路線に走ることもなかった。
  2. 宮﨑あおいの再ブレイクはなかった。
  3. ディーン・フジオカのブレイクがないため、「ダメな私に恋してください」への注目も史実より低かった。
  4. 大同生命が広岡浅子をモチーフにしたCMを制作することはなかった。
    • そのCMはドラマ放送開始とほぼ同時の放映開始だったため影響があったとしても放映期間短縮くらいだったのでは。
    • その縁で主演を努めた波瑠が大同生命のCMに起用されることもなかった。
  5. 主題歌である『365日の紙飛行機』も大ヒットすることもなく、AKB48のミリオン割れは確実だった。
    • NMB48の紅白落選も確実だった。
    • AKBが主題歌を務めたことで視聴者が離れたのではないかと言われるようになっていた。
    • センターを務めた山本彩は翌年の選抜総選挙で順位を上げられなかったかも。
      • NMB48の総選挙のランクイン人数も、2017年にはもうNGT48にも抜かされていたかも。
        • 場合によっては、「振り向けばチーム8」だった。
        • 史実でもそうだが、後日の100位までの発表でようやくNGT48を大いに抜かしていた。
      • 夢の紅白選抜でも山本彩が1位を取れず、NMB48のランクイン人数もボロ負けだったかも。
    • AKBブームの終焉とみなされていた。
  6. 「まれ」に続く失敗作となってしまったため次作「とと姉ちゃん」に対する期待が過剰なものになっていた。
    • 同作は結果として史実以上に叩かれていた。
  7. 口さがない人に「加島銀行の呪い」などと陰口を叩かれていた。
  8. 「びっくりぽん」は流行語にならなかった。
  9. 鈴木梨央や小芝風花のブレイクも遅れていた。

とと姉ちゃん[編集]

  1. 主題歌を歌う宇多田ヒカルの再ブレイクはなく、過去のアーティスト扱いされていた。
    • 紅白歌合戦に出場することもなかった。
      • 代わりの目玉出場者としてリオ五輪中継のテーマソングを歌った安室奈美恵を出演させようとしたが結局これも果たせず。
    • 同時期に他局のニュース番組に起用された「真夏の通り雨」もコケていたかも。
  2. 相楽樹、杉咲花のブレイクもなかった。
  3. 川栄李奈はAKB48の元メンバーならびにおバカキャラという認識で終わっていた。
  4. スタイルブック創刊号の復刻もなかった。
  5. パンケーキブームに拍車をかけることもなかった。
  6. 元ネタの企業のOBが途中で監修を降りた件がもっと大袈裟に取り上げられていた。
    • ネットなどで「暮しの手帖社からNHKに抗議があった」というデマも拡散していた。
  7. 複数の週で平均視聴率が20%を割り込んでいた。
    • 次作「べっぴんさん」の視聴率ももっと低くなっていた。
  8. 放送終了を待たずに暮しの手帖社HPからドラマ関連の記述が姿を消していた。
  9. ヒロインが撮影中に掛け持ち出演したことが批判されていた。
  10. 4月16日の熊本地震による放送延期が大コケに影響したとされ、「NHK総合テレビは地震災害報道ごときで朝ドラの土曜放送を中止するな」みたいな議論も起きていただろう。
    • 今の風潮ならそのような意見を表明すると「不謹慎」の大合唱で社会的に抹殺されてしまうような気がする。
      • 同じ時期にアニメだがRe:ゼロから始める異世界生活のテニス遅延、くまみこの最終回騒動、レガリアの延期があったので本作もこの調子に乗って炎上しそうな気がする。
        • 社会的影響力の大きさや視聴者層が異なるためそれは考えにくい。
  11. 昭和ノスタルジーブームの終焉とみなされていた。
    • 「ひよっこ」自体企画されなかったかも。
  12. 序盤の舞台をモデルの大橋鎭子と無関係の浜松にしてしまったことも問題視されていた。

べっぴんさん[編集]

もし、『まれ』のように視聴率20%を超える回が少なかったら?

  1. 芳根京子のブレイクはなかった。
    • 娘役の井頭愛海もブレイクしなかった。
      • 「そっくりすぎる親子役」と話題になることもない。
      • 土村芳も。
        • 「恋がヘタでも生きてます」への出演もなかった。
        • 彼女の名前を正しく読める人はほとんどいなかった。
    • 夙川アトムが俳優として活躍することもなかった。
  2. 田中要次と百田夏菜子が年の差夫婦を演じたことに「年齢的に無理があった」と批判されていた。
  3. 「この作品は悪い意味で「別品」だった」などと揶揄されていた。
  4. 同じく関西のファッション関係者の生涯を描いた「カーネーション」と比較して本作を批判する声も上がっていた。
  5. 視聴率と内容が比例していた。
  6. スピンオフが3作品も作られることはなかった。

ひよっこ[編集]

  1. 昭和ノスタルジーブームの終焉とみなされていた。
    • あるいは当時の風俗などの描写が雑でコケた可能性もある。
  2. 『ALWAYS 三丁目の夕日』といい意味で比較されていた。
  3. 暗い出来事があったために受け入れられなかったとみなされていた。
    • 『純と愛』の二の舞になっていた。
    • 他の朝ドラと比べるとむしろ明るい部類に属する(例:作中での他界者と目立った悪役なし)と思われるのでそれはなさそう。
  4. 島崎遥香は女優として評価されることはなく、未だにAKB48の元メンバーという認識で終わっていた。
    • 未だにぽんこつキャラの域を出なかった。
  5. 竹内涼真もブレイクしなかった。
    • 『陸王』で主演を務めることもなかった。
  6. 有村架純の姉である有村藍里のブレイクに拍車をかけることもなかった。
  7. 主題歌を歌う桑田佳祐は2017年の紅白歌合戦に出場することはなかった。
  8. 「2017年の紅白歌合戦の視聴率が40%台割れしたのは本作がこけたから」とネットで書かれていそう。
  9. 2017年夏に東日本の冷夏がなければ在宅率が増えることもなく、視聴率も伸び悩んでいた。
  10. ヒロインが出身県を「いばら」などと発音していたら本当にこうなっていたかもしれない。
  11. 100作目となる「夏空-なつぞら-」の制作発表時期が早かった理由を「朝ドラ完全終了のため」とする噂が広まっていた。

半分、青い。[編集]

  1. 現代劇への回帰は失敗したとみなされていた。
    • 最悪、「まれ」の二の舞になっていた。
  2. 永野芽郁はカルピスウォーターのCMキャラクターの印象が強いままで終わっていた。
    • 「3年A組」のヒロインに起用されることもなかった。
    • あるいはUQモバイルの3姉妹。
  3. 佐藤健の再ブレイクもなかった。
    • 『義母と娘のブルース』との掛け持ち出演もなかった。
  4. 障害者をにテーマにしたことが問題だったと認識されていた。
    • 某民放の長時間チャリティー番組ばりの聖人扱いでもなければそのような意見はあまり出なかったのでは。
      • 当作の場合「障害を都合よく使っている」という批判かと思われる。
  5. ネット上では史実以上にサンドバッグ扱いだった。
  6. 最終週で必然性もなく東日本大震災を出したことで政治家などの公人にも苦言を呈されていた。
    • 下手をすると脚本家がネット上で謝罪する羽目になっていた。
  7. 作中に登場したローカル線が地元岐阜とは無関係の路線だったこともクローズアップされ批判されていた。
    • 「ヒロインの苗字に幽霊苗字の疑いがある」という点まで叩く材料に持ち出されていた。
  8. 本作の主題歌を歌った星野源は2018年の紅白に呼ばれなかった。
    • それでも次作の主題歌担当のDREAMS COME TRUEが代わりに出られたかどうかは不明。
  9. 「チコちゃんに叱られる」が大ヒットすることもなかった。

連続テレビ小説
作品別:1980年代以前1990年代2000年代
2010年代前半2010年代後半以降
ファンの噂 偽モノの特徴 ベタの法則
もしwiki:民放制作だったら アニメだったら
大ヒットしていなかったら 大ヒットしていたら
もしあの番組が…
○○だったら NHK/日テレ系(あ・か/さ~わ)/テレ朝系/TBS系/テレ東系/フジ系/ドラマ/アニメ(あ〜た/な〜わ)/特撮/時代劇/放送枠
大コケしていたら 独立局・CS・海外・ラジオ・インターネット/NHK/日本テレビ系(あ・か行/さ・た行/な~わ行)/テレ朝系/TBS系/テレ東系/フジ系
大ヒットしていなかったら アニメ/特撮戦隊/ライダー/円谷/ドラマ(あ~こ/さ~そ/た~と/な~ほ/ま~わ/連続テレビ小説
今でも続いていたら NHK・独立局・CS・海外/日テレ系(あ~さた~わ)/テレ朝系/TBS系(あ・かさ~わ
テレ東系/フジ系(あ・かさ~なは~わ)/アニメ(あ~さ/た・な/は~わ
大ヒットしていたら NHK・テレ東系ほか/日テレ系(あ~こ/さ~の/は~わ)/テレ朝系(あ~こ/さ~の/は~わ
TBS系(あ~こ/さ~の/は~わ)/フジ系(あ~こ/さ~の/は~わ
アニメ/特撮東映戦隊ライダー円谷プロ)/ドラマ(あ~お/か~こ/さ~そ/た~の/は~ほ/ま~わ/連続テレビ小説
他局の制作だったら アニメ(あ~お/か~こ/さ~そ/た~の/は~ほ/ま~も/や~わ)/ドラマ(あ~さ/た~わ
別の時代に放送されていたら 日テレ系/テレ朝系/TBS系/フジ系/アニメ(あ~こ/さ~の/は~ほ/ま~わ
打ち切られていたら 日テレ系/TBS系/アニメ・特撮
終了したら 日テレ系/テレ朝系/TBS系/フジ系
その他 司会者降板がなかったら/もう少し長く放送されていたらアニメ)/放送中止・延期がなかったら/レギュラー化していたら



関連記事