もしあの事件が○○だったら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
連絡事項あり
このページのご投稿「新規項目設置&加筆の基準」などに関して、管理者よりご連絡させていただきたいことがあります。
投稿者の方はトーク:もしあの事件が○○だったらをご参照ください。
  • 新規追加は発生順でお願いします。

独立済み[編集]

五・一五事件(1932年)[編集]

起こらなかったら
  1. 犬養毅の知名度・人気は確実に低くなっていた。
    • 中学校の歴史の教科書で重要視されることはなかった。
  2. 犬養毅は統帥権干犯問題の元凶として史実以上に非難されていた。
  3. 政党政治がもう少し長く続いていた。
    • 大政翼賛会も結成されなかっただろう。
  4. 暗殺された悲劇の宰相の代名詞といえば、伊藤博文か原敬だった。
  5. 岡山を代表する総理大臣といえば橋本龍太郎だった。
  6. 二・二六事件は起こらなかった。
    • 二・二六事件の原因の一つに実行犯らに対する量刑があまりに軽すぎたためとされる。
    • 当然、実行犯らに対する全国規模の減刑嘆願運動も起こらなかった。
  7. 「話せば分かる」が犬養の最後の言葉にならなかった。
  8. 事件後首相官邸から非常用の逃げ道が設置されることはなかった。
チャールズ・チャップリンが巻き込まれていたら
  • 事実、当日犬養首相と面会する予定であり暗殺計画もあったというが、急遽予定を変更したため難を逃れたという逸話がある。
  1. 『モダン・タイムス』や『独裁者』が製作される前の出来事なので、チャップリンの代表作が史実より少なかった。
    • 『黄金狂時代』と『街の灯』がリストアップされるくらいだったんだろうか。
    • 『独裁者』が存在しないとなると戦時中のナチス批判の代表作も変わってくるが、一体どんな作品が挙げられていたのか想像がつかない。
  2. おそらく高野虎市も巻き込まれていただろうから、チャップリンに日本人マネージャーがいたことがもう少し知れ渡っていたかもしれない。
    • 後世、日本は世界中のチャップリンファン、または映画ファンから敵視されることになったかもしれない。

三億円事件(1968年)[編集]

犯人が名乗り出たら

今なお昭和史のミステリーとして記憶されている三億円事件、もし今になって”正真正銘の犯人”が名乗り出てきたら?

  1. テレビ局に引っ張りだこになる。本人へのインタビューだけで高視聴率間違いなしの2時間特番ができるだろうから。
    • 2時間で済むのだろうか
    • 本人著による手記も間違いなく出版される。大手出版社の争奪戦に。
      • さらにラジオでも特番が。さらにその上新宿駅前とかで号外が配られる。
  2. 「三億円返せ」という知らない人からの訳のわからない抗議が殺到する。
    • 東芝三菱(ry銀行からなら文句は言えないけどな。
      • 裁判次第では講演等で日本中を飛び回って返済金を稼ぐ日々が生涯続く。自業自得とは言え、なんて過酷な人生か。
  3. 映画化決定。
    • 悪い意味で売れる。
  4. 教科書とか書き換えなきゃ。

投資ジャーナル事件(1985年)[編集]

倉田まりこが巻き込まれていなかったら

かの「投資ジャーナル事件」の容疑者との愛人関係を報道され芸能界引退を余儀なくされた倉田まり子。もし、愛人報道がなかったら・・・。

  1. 80年代後半のアイドル勢力図は変わっていた。
  2. 30過ぎてからは脱アイドルを図り、シンガーソングライターとして活動。
    • あるいは、石川ひとみにそっくりだというのを逆手に取ってモノマネに進み、気がつきゃモノマネ芸人となっていた。
  3. 1990年代にヘアヌード写真集を発売していた。
  4. そもそも倉田まり子がデビューした1979年はアイドル不作の年。投資ジャーナル事件が起こる前も爆発的に売れた訳ではなかった。
    • 故に史実通り同期の能勢慶子や比企理恵、桑江知子と大差なかった。史実と違うのは「倉田まり子にスキャンダラスなイメージは付かなかった」ということくらい。
  5. キャリアコンサルタントかなんかの事業でぼろ儲けしては居なかった。
    • 東京学芸大かどっかで、教鞭も取ってるらしい。

東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件(1988年~1989年)[編集]

起こらなかったら
  1. オタクは史実ほど差別を受けておらず、今頃完璧な市民権を得ていた。

足利事件(1990年)[編集]

冤罪がなかったら

もし、警察が当時のDNA鑑定を鵜呑みにせず、目撃証言や重要参考人に対しての捜査を重点的に行っていたら。

  • というか、ただの冤罪じゃないだろ?目撃証言や重要参考人への捜査を取り止めた理由って、いわゆる「知らなくていいこと」じゃないのか?
  1. 文字通り、事件自体が解決。
  2. 誤逮捕で収監された男性に対しての冤罪はない。
  3. そのあと、起こる同様の事件もなかった。
  4. 今のように冤罪の問題がこれほどクローズアップされることもなかった面も。
  5. 公訴時効改正もなかったかも。
  6. 件のバス運転手の男性は、今でも無名の大人しい市民だった。
  7. 真犯人を目撃した市民が、悔しい、やるせない気持ちになることもなかった。
  8. 何でもはじめはそうだが、当時のDNA鑑定法が未熟で精度が低かったのは致し方がないとして、無理に押し通して汚点を作る事もなかった。
    • なお、近年の再鑑定で冤罪を判明させたと言うところで一応汚名返上か?
  9. もしかしたら、刑事訴訟法254条の適用で、再捜査は可能になるかもしれないぞ。
  10. ところで2ちゃんねるで調べたが被害者は父親が警官、母親が検事、祖父が判事って話はホント?それともガセ?

光市母子殺害事件(1999年)[編集]

発生しなかったら
  1. 母子の殺人事件はそれほど増えることはなかった。

西鉄バスジャック事件(2000年)[編集]

発生しなかったら
  1. 2ちゃんねるの知名度は上がらなかった。
    • 犯罪予告の場にされることもなく、犯罪の温床になることはなかった。
  2. 「キレる17歳」は流行語にならなかった。
    • 1982年生まれの印象が悪くなることはなかった。
  3. 「ネオむぎ茶」をもじったHNによる便乗犯の犯罪もなかった。

付属池田小事件(2001年)[編集]

起きなかったら
  1. 学校の警備がそれほど厳重になる事はなかった。
    • 運動会などの学校行事には生徒の父兄の他地域住民も積極的に参加している。
      • 運動会などの現実を、生で知ることができるので、「手をつないで一斉にゴール」という都市伝説も生まれない。
      • 市民体育祭との差異が小さくなった結果両者を統合する自治体が出てくる。
  2. 奈良の小一女児殺害事件も無かった。
    • 岡山の小三殺害事件もないかも。
      • 警戒対策が厳重じゃないので逆に増えていた
        • それを機に学校の警備が現実よりもさらに厳しくなり、スクールバスで通学することが当然となっていた。
        • 各学校に警察官が常駐するようになっていたかも。
    • 奈良の事件がなかったら、秋篠宮家次女らが競馬情報会社の中の人に脅迫されることもない。
      • ポルノ法単純所持・2次元規制論議は今頃あまりない。逆に問題視されることなくあっさり改正もありえたが。
  3. 附属池田小の知名度はただの付属小という知名度だった。
    • 手塚治虫の母校としてだけ知られている。
    • 池田市徳島県にあると勘違いする人が現実より多かった。
  4. 某信号機サイトの管理人も平然と過ごしていた。
  5. 未だに小学生はみんな学校の外でも普通に名札を付けてる。
  6. この幼稚園は時々休日に建物が一般公開されるようになっていた。
    • もちろん園内の撮影も可能になっていた。
  7. 宇多田ヒカルのシングル「Final Distance」は発売されなかった。
  8. 「校門のない学校」というのも全国に増えていた。
  9. 個人情報保護法も施行されなかったかもしれない。
  10. 2001年に起きた日本の有名な殺人事件といえば武富士弘前支店放火事件だった。

志布志事件(2003年)[編集]

冤罪がなかったら
  1. 不当な取り調べがここまで取り沙汰されることは無かったかもしれない。
  2. 鳩山邦夫法務大臣の問題発言は一つ減っていた。

京田辺警察官殺害事件(2007年)[編集]

起こらなかったら
  1. 少なくとも、ひぐらし解が一部地域で打ち切られたり放送延期になることは無かった。
    • テレ玉はチキン呼ばわりされず、今でもアニヲタからtvkやMXと同様に信頼を置かれていた。
    • 礼はOVAではなくUHFで展開されていた。
  2. スクールデイズ最終回もそのまま休止せずに放送された。
    • Nice Boat.は無かった。

秋葉原通り魔事件(2008年)[編集]

起こらなかったら
  1. 今でもホコ天はある。
    • 今頃これのコスプレをした人が闊歩している。
  2. なので秋葉原が衰退する事は無かった。
    • 相対的に繁栄しつつある池袋や中野などのオタク街はそれ程活気づいてない。
  3. ゴーオンジャーのロケットダガーも、ロケットブースターとして発売されることも無かった。



関連記事