もしあの人が健在だったら/ゲーム・アニメ関連

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

荒木伸吾[編集]

  1. 現在でも聖闘士星矢の版権イラストを描き続けていた。
  2. 『聖闘士星矢Ω』のキャラクターデザインも一部担当していた(旧作から登場するキャラクターを中心に)。

岩田聡[編集]

  1. Switch成功の当事者となり、任天堂を二度再生した男としてさらに評価は高くなっていた。

神田武幸[編集]

  1. 機動戦士ガンダム 第08MS小隊の監督(史実では途中降板)を最終話まで務めていた。
    • 劇場版『ミラーズ・リポート』の監督も神田が務めていた。
  2. 2006年秋の出直し福島県知事選に出馬していた。
  3. 飯田馬之介が亡くなった際に追悼コメントを寄せていた。
  4. 『銀河漂流バイファム13』でも引き続き監督を務めていた。

金城哲夫[編集]

  1. スーパー戦隊シリーズやメタルヒーローシリーズの脚本も手がけるようになる。
    • 少なくとも『激走戦隊カーレンジャー』あたりまではやってたかも。
      • 『忍者戦隊カクレンジャー』~『激走戦隊カーレンジャー』あたりまで。
    • 平成ウルトラシリーズで脚本を書いていたかもしれない。
    • 上原正三曽田博久から脚本の仕事を奪っていた。
    • 仮面ライダーシリーズの脚本も手がけるようになる。
  2. 琉球朝日放送開局時に『QAB開局おめでとうございます』とコメントしていた。
    • そして、同局でレギュラー番組を持っていた。
  3. 琉神マブヤーにもタッチしていた。
    • 脚本が変わった可能性も。
  4. 海邦国体演出も担当。
    • これを機に演出の仕事を手がけるようになってたかも。
      • 脚本の仕事も平行して続ける。
      • 『ちゅらさん』や『純と愛』の演出も担当。
  5. 実相寺昭雄の小説『星の林に月の舟』には変名で登場していた。
  6. 東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件発覚時に何らかのコメントをしていた。
  7. 映画監督として、最低1本は撮っていたかも。
  8. 沖縄の歴史に関係する作品を多く作っていた。
    • 大河ドラマ「琉球の風」に何らかの形で関与していた。
    • 小説進出も考えられる。
    • 下手をすると本人にとって特撮に関与していたことが黒歴史になっていたかもしれない。
  9. 「ウルトラマンティガ」のシンジョウ隊員の名前が変わっていた。
  10. 国政or沖縄県知事選挙に最低1回は出馬していた。
    • 仮に当選できなかったとしても、知名度は若干上がっていただろう。
  11. (史実で死亡の原因となった)転落事故から生還できた場合、『奇跡体験!アンビリーバボー』などで取り上げられていた。
  12. 『あそびにいくヨ!』にも何らかの形で関与していただろう。

近藤喜文[編集]

  1. 『千と千尋の神隠し』や『猫の恩返し』、『ハウルの動く城』など、1999年以降のスタジオジブリ作品にも参加。
    • 『猫の恩返し』の監督をやっていた。
  2. 『金曜ロードショー』のオープニングアニメは近藤作で数回更新されていたかもしれない。
  3. もちろんジブリの後継者問題は全面解決。
    • 宮崎駿の現役引退は史実(2013年)よりも早まっていたかも。
    • ただ本人が監督をやりたがったかは分からないが・・・。基本的にはアニメーター職人なので。
  4. 出身地である新潟を舞台にした作品が出来てたかも。
    • 彼の画文集『ふとふり返ると』にも、実際に新潟市の蒲原祭りや大凧合戦の様子がスケッチされている。
    • 新潟日報で連載を持っていただろう。
  5. 近藤氏がファンであった高野文子の作品がアニメ化されていた、か〜もしれない。
  6. 「『の』の法則」や「『ほ』の法則」みたいな、たとえば「『を』の法則」なんてのができていたかもしれない。
  7. 新潟県中越地震が発生した(2004年10月23日)際に、被災者にエールを送っていた。
    • 東日本大震災発生時にも、何らかの形で復興支援活動を行っていた。
  8. 国政or新潟県知事選挙に最低1回は出馬していた。
    • スタジオジブリの関係者が、近藤の応援に駆け付けていただろう。
  9. 高畑勲の葬儀に参列し、弔辞を述べていた。

小松原一男[編集]

  1. 現在でも劇場版名探偵コナンの原画をやっていた。
    • テレビアニメの作画監督も。
  2. デビルマン(実写映画)のキャラクターデザインを担当していた。
    • その結果、ストーリー展開は史実とは異になっていた。
  3. 荒木慎吾の死去の際、何らかのコメントをしていた。
  4. デビルマン、マジンガーZ 40周年記念にサイン入りイラストを描いていた。

首藤剛志[編集]

  1. 2012年くらいに『魔法のプリンセス ミンキーモモ』の第3シリーズを放送していた
  2. 「劇場版ポケットモンスター キミに決めた」の製作に協力していた。

竹林明秀[編集]

  1. 『痕』盗作騒動の汚名返上が逆に遅れている。
  2. 逝去による2ちゃんねる葉鍵板の「超先生」祭りは発生していない。
  3. PNの『青村早紀』が使えず、表立った行動はできないものの、『To Heart2』にも何らかの形で参加している。
    • いや、Leaf退社してるからそれは無理。むしろスタジオメビウスで彼の新作が見れたかも

西崎義展[編集]

  1. 実写映画版を批評していた。

横井軍平[編集]

  1. 自身が立ち上げた、コトの運命が大きく変わっていた。
    • 今頃(2012年9月)は、コナミデジタルエンタテインメントやバンダイナムコゲームスと肩を並べる企業になっていただろう。
    • ワンダースワンが大コケすることもなかった。
      • そのワンダースワンで出されたゲーム「GUNPEY」は別の名前になっていた可能性も。
  2. 2001年の還暦を機にコトの経営から退き、ゲーム業界のご意見番として活躍していた。
  3. 東日本大震災発生時に、何らかの形で復興支援を行っていた。
  4. 交通事故防止を呼びかけるCMに自ら出演していた。
    • 制作時期によっては、前述の東日本大震災発生後に頻繁に放送されてたかも。
  5. 日本のゲーム史が若干変わっていた。
  6. 国政or京都府知事選挙に最低1回は出馬していた。
  7. ニンテンドー3DS発売時に、任天堂OBとして何らかのコメントをしていた。
    • 山内溥の死去の際にも、何らかのコメントをしていた。
      • 岩田聡も。
  8. 自身の公式サイトを立ち上げていた。
    • ブログやツイッターにも進出。
  9. 史実において同じ年に亡くなった旧日本軍の横井庄一と混同する人が減っていた。



関連記事