もしあの人が健在だったら/女性タレント

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
保護解除
このページは、保護されていましたが、現在は解除されています。詳しい経緯はトークページをご覧下さい。
経過次第では再び保護される事もございますので、趣旨に合った投稿をお願い致します。

あ行[編集]

淡路恵子[編集]

  1. 今もなお、女優業として活躍していた。
  2. バラエティー番組にも多数出演し、毒舌キャラとして大好評。
  3. 今もなおドラクエを愛し、いつまでもプレイしていた。
  4. スマホのFFRKもプレイしていたかも。
  5. 80歳を迎えてからも相変わらずタバコを愛していた。

飯島愛[編集]

  1. 今も人気タレントとして活躍し、生前出演していたレギュラー番組にももちろん継続して出演していた。
  2. 西川史子はタレント活動をやめ、医師の仕事に専念していたか、史実ほど活躍していなかった。
    • 杉本彩の再ブレイクもなかったかもしれない。
  3. おもいッきりDON!にレギュラー出演していた。
    • ひるおび!のコメンテーターの方がありそう。
      • ワイドナショーにもゲスト出演していた。
  4. エイズ啓発運動にも積極的に参加し、AAA(Act Against AIDS)にも出演していた。
  5. 女優としてのオファーも来たかも知れない。と言うか芸能界引退はしていないし、して欲しくなかった。
    • 飯島直子との「W飯島」共演も実現していた。
  6. 「芸能人」ではなく「文化人」として活動していたかもしれない。
    • 高校入り直しor大検取得で大学進学、そして心理カウンセラーに転身はありそう。
  7. 結婚してそのまま家庭に入った可能性もあった。
  8. AV界復帰はない…と思いたい。
    • 寧ろ史実ではAV出演と芸能活動を並行させている蒼井そらや吉沢明歩あたりも飯島愛にならってAV女優を引退し芸能活動に専念している。
  9. 様々な社会問題に対する発言によって、ネット上では毀誉褒貶が頻繁に変わっていた。
    • 「飯島愛さんはネ申!」「愛△!」と、勝手に自分の味方と思い込み熱烈に支持するが、その後少しでも自分の考えと違う意見を述べると、同一人物が酷い言葉で叩く…という感じか。
  10. 東日本大震災の救援活動には積極的に取り組んでいただろう。
  11. AV女優から芸能人への転進も史実以上に多くあり、飯島愛並みに芸能界でも成功していた者も史実以上に多く存在した。
    • 史実ではAV女優出身の芸能人はそこそこいるものの、飯島並みに成功したといえるのはみひろ位しかいない(黒木香はあくまでも「芸能人」ではなく「文化人」として成功した人物)。
    • 史実でもAV女優を経て芸能界入りした及川奈央や高樹マリアは飯島並みにブレイクし(高木はAVデビュー前も芸能活動していたが)、さらに上原亜衣や坂口みほのも飯島に倣いAV女優から芸能人に転身した。
      • 川上奈々美や長澤えりな、椎名そらも同様。
    • ただ、健在なうちはAV女優の過去は(表向きは)葬られたままだったから、どうだろう?
      • 自叙伝『プラトニック・セックス』でAV女優の過去を公開しています。『プラトニック・セックス』上梓前は確かに黒歴史にしておりましたが。
  12. 国政選挙に出馬した可能性もあった。
  13. 今も本名はあまり知られていなかった。

上原美優[編集]

  1. 小森純の様に普通に結婚していた。
    • 出産も経験していたかも…。
  2. ヒルナンデスのレギュラーにもなっていたかも。
  3. NHK「ひるブラ」の旅人に起用されてた。
  4. 「ナイナイのお見合い大作戦!」の種子島編(2014年12月放送)にゲストとして出演していたかも。
  5. 2011年の自殺者は現実ほど多くならなかった。
  6. 大家族育ちであることから「ビッグダディ」などの大家族密着番組にも出演していた。
  7. 彼女が母親を亡くした寂しさから自殺していたため、彼女の母親がもう少し長生きしていれば彼女の自殺もなかったか遅れていただろう。
  8. 「秘密のケンミンSHOW」における鹿児島県民としての出演も多かっただろう。
  9. 後にサンシャイン池崎がブレイクしたら実家が貧乏だったという意味で何かと比較されていた。
    • 余談ながらともに鹿児島県出身でもある。

浦辺粂子[編集]

ガス台を使用中に着衣に引火し、ヤケドを負ってそのまま亡くなった浦辺粂子であるが、もし着衣の引火が無かったらどうなっていただろうか?

  1. フジテレビ「いただきます」(現在の「ごきげんよう」)でしばらくレギュラー出演していた。
  2. 片岡鶴太郎のものまねも長らく続いていた。

遠藤康子[編集]

  1. 予定通り、歌手デビューしていた。
  2. 平井理央(フジテレビアナウンサー)みたく、アナウンサーになってたかも。
    • ヘタしたら、平井の上司になってたかも(フジテレビに入社していた場合の話だが)。
      • 山川千秋の葬儀に参列し、後に逸見政孝の葬儀にも参列していた。(いずれも入社した場合の話だが)
    • みずしな孝之の漫画『戦え!アナウンサー』に、遠藤をモデルにしたキャラクターが登場していた。
  3. 岡田有希子の自殺もなかった。
  4. 生前仲が良かった中山美穂との歌番組やドラマなどでの共演が実現していたかもしれない。
    • 中山が辻仁成と結婚した際にコメントを寄せていた。
  5. 遠藤と間違えられることは無かった。
    • 2のケースでTBSに入社していたら、もっとややこしくなっていただろう。
  6. 阪神・淡路大震災や東日本大震災の復興支援イベントを開いていた。

大浦みずき[編集]

  1. もちろん宝塚100周年関連のOGのイベントに積極的に出演していた。
    • 「宝塚歌劇の殿堂」入りが少し遅くなっていたかもしれない。
  2. 実史で安寿ミラが手掛けた宝塚の振付の仕事のいくつかを奪っていた。
  3. 実父の阪田寛夫の小説や童謡を広めるイベントを自主的に開催していたかも。

小山田明美[編集]

彼女を知らない人は、Wikipediaで確認しよう。

  1. 『OH!バンデス』に2000年頃まで出演していた。
  2. (史実で死亡の原因となった)交通事故から生還できた場合、ドキュメント番組などで取り上げられていた。
    • 〝『OH!バンデス』伝説のリポーター〟と呼ばれることは、(おそらく)なかった。
    • 交通事故防止を呼びかけるCMにも出演。
  3. 東日本大震災発生(2011年3月11日)以降、被災地(とくに宮城県)からのリポートで大活躍していただろう。
    • 熊本地震発生(2016年4月)の際にもコメントを寄せていた。
  4. 連続テレビ小説『あまちゃん』に、足立よしえ役で出演していた(史実では八木亜希子)。

か行[編集]

甲斐智枝美[編集]

  1. 「爆報!THEフライデー」あたりの番組の「再結成・GOGO!チアガール」という企画で三原じゅん子、島田歌穂と30数年ぶりの共演を果たしていた。
  2. アイドル時代に出演していた「プラッシー」CM(甲斐出演当時はタケダ食品、現在はハウスウェルネスフーズが販売)に再出演していたかもしれない。
    • もちろん「CCCCビタミンC~♪」という当時のCMソングを歌唱。
    • さらに「プラッシー」と発音が似ていることから「ふなっしー」と共演していたかも。
  3. 「偽女性アイドルの特徴」のページで「偽甲斐智枝美の特徴」として「女流棋士」「香里奈は宿命のライバル」と書かれていたであろう。
    • 「土屋アンナと裁判で係争中」も。
  4. 夫の長谷部徹がTHE SQUARE(現・T-SQUARE)の元ドラマーだったため、スクェアのライヴでヴォーカル曲(主に1980年代初めのアルバムに存在)を演奏する時はヴォーカルを務めていた。
    • 「IT'S MAGIC」のライヴヴァージョンも伊東たけしがサックスでメロディーを吹かず、甲斐がメロディーを歌った。なおオリジナルアルバム「MAGIC」の収録ヴァージョンでのヴォーカルがキャサリーン・デアーズなのは史実と同じ。

可愛かずみ[編集]

  1. 2003年オールスターファン投票の某祭はなかった。
    • それはこの人との関係あまりなくねえか?
  2. 母親役を演じることが多くなっていた。
    • 婚約者がいたから、普通に家庭におさまっていたかも
    • 連続テレビ小説『純と愛』の狩野晴海役は、森下愛子ではなく可愛になっていた
  3. 2014年4月11日にTBS系列で放送された「爆報!THE フライデー」で、可愛を取り上げる事も無く、また、実父宛てに書いた手紙の存在も知られることが無かった。
  4. 現実以上に可愛和美と混同されていた。

川島なお美[編集]

  1. 今でも女優としてドラマ・舞台・映画で活躍していた。
  2. こよなくワインを愛し、今でも愛し続けていた。
  3. ペットを持ち込むことでも有名なので、今でも和田アキ子に嫌われていた。
  4. ドラマ版『失楽園』のレンタル解禁に喜びのコメントを残していた。
  5. 石田純一の2016年の都知事選出馬表明→撤回騒動にも何らかのコメントを残していた。

神戸みゆき[編集]

  1. ミュージカル『レ・ミゼラブル』に予定通り出演していた。
  2. 炎神戦隊ゴーオンジャーで(史実では及川奈央が演じた)ケガレシアを演じていた。
  3. 中川翔子に倣い、コスプレを披露する機会が増えてたかも。
  4. 平成仮面ライダーシリーズで再びレギュラー出演していた。
    • 少なくとも『ディケイド』の「ヒビキの世界」には出演していた。
  5. 関西ローカルの深夜バラエティ番組に普通に出演していた。
  6. 川崎市出身者として、川崎フロンターレの始球式のオファーがあったかも。
  7. 連続テレビ小説『純と愛』に狩野マリヤ役で出演していた(史実では高橋メアリージュン)。

菊容子[編集]

  1. 63歳となった現在(2013年8月)でも、女優として活躍。
    • ナレーターとしての仕事もこなしていただろう。
  2. 連続テレビ小説『あまちゃん』で、天野夏役を演じていた(史実では宮本信子)。
  3. 中里綴が復縁を迫った男性に殺害されて亡くなった際に、何らかのコメントをしていた。
    • 事実、菊も交際相手だった男性に首を絞められたことが原因で亡くなった。
  4. 『テレフォンショッキング』や『ビストロSMAP』に、最低1回はゲスト出演していた。
  5. 何かしらのスーパー戦隊シリーズのピンク役にはなってた。
    • さすがに年齢的な事もあり(スーパー戦隊シリーズ第1作目の『ゴレンジャー』放送当時、彼女は25歳で史実では亡くなる年齢だった。)、戦士役は難しいかもしれないが、彼らを陰ながらサポートする隊員役なら引き受けていたかもしれない。(例・『ゴレンジャー』なら、イーグル隊員の一人のような存在。)
  6. 石ノ森章太郎の葬儀に参列し、涙ながらに弔辞を述べていた。
  7. かつて日本テレビ系で放送されていた『知ってるつもり』で、石ノ森章太郎が取り上げられた時、「多くの石ノ森作品に出演した女優代表」として出演していた。(史実では島田歌穂)
  8. 彼女の主演作であり代表作である『好き!好き!魔女先生』が大ヒット作となり、その後絞殺されずに無事に女優を続けていたら、2018年の『24時間テレビ・愛は地球を救う』内で放送されたスペシャルドラマ『ヒーローを作った男・石ノ森章太郎物語』のラストシーンで、『仮面ライダー』、『サイボーグ009』の他に石ノ森氏が手掛けた作品が紹介されていたが、それらの中に、『魔女先生』も含まれていた。(史実のドラマ内で紹介された石ノ森作品は、『人造人間キカイダー』、『がんばれ!ロボコン』、『秘密戦隊ゴレンジャー』の3本だった。)長い記事
  9. 同じく、2008年3月にNHK-BS2(現・BSプレミアム)で放送された『とことん石ノ森章太郎』の第三夜に放送された「愛すべきヒーロー、ヒロインたち」の中で、彼女の代表作である『好き!すき!魔女先生』が紹介され、彼女自身も番組にゲスト出演していただろう。

さ行[編集]

坂口良子[編集]

  1. 現在も娘の坂口杏里と共演が多く出演していた。
  2. あき竹城のバラエティ出演が微少していた。
  3. 娘杏里がバイきんぐ小峠と熱愛をすることは無かった。
  4. 余市町出身のよしみで「マッサン」に出演していた。
  5. 杏里がAVデビューすることはなかった。
    • ホスト通いに熱を上げることもなかった。

志賀真理子[編集]

  1. 留学を終えカリフォルニアから帰国後、アイドル歌手から本格的に声優に転向。
    • 1990年代のアイドル声優黄金期を支える1人となっていた。
    • 櫻井智や宍戸留美、笠原弘子あたりの仕事をいくつか奪っていたかも。
    • 21世紀に入ってからは、ナレーターとしても活躍。
    • NHKの『MJ新世紀アニソンスペシャル』に常連として毎回出演していた。
    • 『名探偵コナン』に最低一回はゲスト出演していただろう。
  2. 歌手としてもシングル・アルバムをコンスタントに発表していた。
    • ただ、比重は自らが出演するテレビアニメの主題歌が多くなっていたかもしれない。
    • 水樹奈々に先駆けて、声優初の紅白出場を勝ち取っていたかもしれない。
  3. 「まりこ」繋がりで國府田マリ子との「Wまりこ」が実現していた。
    • 國府田は志賀と同じ1969年生まれ。
    • NHK Eテレのワンセグ2の番組「麻里子のおりこうさま」にも出演した可能性が…。
  4. 少なくとも結婚はしていただろう。
    • 相手はおそらく歌手の人だった。
    • ミュージシャン(ここで言う「ミュージシャン」とは歌手ではなく楽器を演奏する人のこと)と結婚していた可能性もある。
  5. 高速道路での事故から生還できた場合、『ザ!世界仰天ニュース』や『奇跡体験!アンビリーバボー』などで取り上げられていた。
    • 交通事故防止を呼びかけるCMにも出演していた。
  6. 女優として「連続テレビ小説」や「大河ドラマ」で主役またはヒロイン役を担当していた。
    • 連続テレビ小説『あまちゃん』に、天野春子役で出演していた(史実では小泉今日子)。
    • そうなれば、小泉今日子の再ブレイクも無かった。
    • むしろ鈴鹿ひろ美役の方が似合うかも。(史実では薬師丸ひろ子)
  7. デビュー当時からのルックスを保っていれば、そのことがちょっと話題になった。
    • そりゃあクセの強い感じだけどどんどんキレイになって行ってたもん…。
  8. 声優やアニソンの仕事が中心になっていたとしても、NHKのバラエティ番組などによく出演していたかも。
    • アニメファン、オタク以外の人々の間でも、知名度はそれなりに高かっただろう。

清水クーコ[編集]

  1. バラエティ番組で活動している 。
    • THE夜もヒッパレ、速報!歌の大辞テンと音楽番組に登場。
  2. ひるおびや5時に夢中!のコメンテーターとして出演。
  3. LiLiCoにそっくりだと思うので共演なさっている。
  4. 松本明子や磯野貴理子、YOUの仕事をいくつも奪っていそう。
  5. 「清水国明の気分はトムソーヤー」というラジオ番組でパートナーを担当していた。

た行[編集]

太地喜和子[編集]

  1. おばさん役でおなじみの名脇役女優として確固たる地位を築いていた。
    • 泉ピン子や渡辺えり子の仕事をいくつか奪っている。
    • 「白い巨塔」(TVドラマ2003年版)に特別出演していた。
    • スペシャルドラマ「女の一代記 第3夜 悪女の一生~芝居と結婚した女優 杉村春子の生涯~」(2005年11月26日放送)で証言者の1人として出演している。
    • 連続テレビ小説『ごちそうさん』に、卯野トラ役で出演していた(史実では吉行和子が担当)。
  2. 志村けんの番組に何度もゲスト出演している。
    • 志村座のメンバーにも名を連ねている。
  3. 事故から生還していた場合、一切アルコール類を絶っていたかもしれない。
    • その縁から警視庁から飲酒運転撲滅のキャンペーンにオファーされ飲酒運転の恐ろしさを訴えていた。
      • 運転者ではなく、同乗者の立場からの啓蒙活動となっている(史実の事故では、自身は運転していなかったため)。
    • ノンアルコールビールのCMに出演していた。
  4. 杉村春子の葬儀で弔辞を述べていた。
    • 山崎豊子の時も同じく。
  5. (大親友であった)カルーセル麻紀逮捕の際には何かコメントをしていた。

田中好子[編集]

  1. 森のささやきごとで再びナレーションを続けていた。
  2. 東日本大震災で募金活動などの福祉のボランティア活動を行っていた。
    • 史実では、彼女の遺影は生前の遺志により釜石市への方角を向いているらしく、癌が悪化していなければ釜石に足を運んでいた可能性が高い。
    • キャンディーズの他の元メンバーとともに、被災者支援の為、限定復活する?
    • もしかして「ヒューマンサイン」を回してた?
  3. 数々のドラマに出演し、名演技を見続けたかもしれない。
  4. 一回限りキャンディーズの活動を行ったかもしれない。
  5. 「揖保の糸」のCMキャラクターを続けている。
  6. 2013年の大河ドラマ「八重の桜」に出演していたかもしれない。
    • かつて日本テレビの年末時代劇「白虎隊」で新島(山本)八重を演じていた。

な行[編集]

夏目雅子[編集]

  1. 某CMの通り、46歳の夏目雅子に会えたに違いない。
    • 一方、当然公共広告機構のCMに登場することはありえない。
      • いや、白血病を克服したとしてそのCMに出演していた可能性はある。
  2. リメイク版「西遊記」が大バッシングを受けたに違いない。やはり三蔵法師役としては彼女が一番。
    • リメイク版西遊記のすべてに三蔵法師として出演している。
      • 24時間テレビにも毎年三蔵法師として出演。2007年は千手観音と共演をした。
      • リメイク版に御釈迦様役で出演していたかもしれない。
        • 史実では孫悟空役の堺正章。
    • 存外、西遊記が黒歴史扱いになっていたかも。
    • 「鬼龍院花子の生涯」のリメイクもなかったかもしれない。(現実には観月ありさ主演でリメイク)
      • というより作品そのものが現実ほど有名にならなかったかもしれない。
  3. 黒木瞳がちょうど良きライバルとなる。
    • 仕事をいくつか奪っているかもしれない。「失楽園」とか。
  4. いまもなお伊集院静と結婚生活を送っている。
    • 篠ひろ子も別の男性と結婚していた。
    • 伊集院静と夫婦揃って競輪のCMに出演。立川あたりの金網にしがみついて叫んでいる伊集院を温かく見守るという構図で。
    • おそらく子供も生まれていたと思われる。
      • 子供も芸能界デビューしていたか女子アナになっていた。
  5. 2008年5月に死去した母の葬儀・告別式に出て、ワイドショーで過去の事などが放送される。
    • 実弟の小達敏昭がツアー初優勝を飾った1993年のヨネックスオープンにも駆けつけていた。
  6. 現在活躍中の若手俳優の母親役を演じているかもしれない。
    • 場合によっては「近所のおばさん役」か?この方と競合してたかも。
      • 母親役って点では、義姉である田中好子の仕事もいくつか奪っていたかも知れない。
        • その義姉の葬儀に参列し、弔辞を述べていたかもしれない。
        • 連続テレビ小説『ちゅらさん』の古波蔵勝子も彼女が演じていたかもしれない(史実では夏目の義姉である田中好子)。
    • 連続テレビ小説『ごちそうさん』に、西門静役で出演していた(史実では宮崎美子)。
  7. 実史で2010年9月にCS放送「TBSチャンネル」で放送される「夏目雅子特集」は無かった。
    • ドラマ「ひまわり?夏目雅子27年の生涯と母の愛?」も無かった。
  8. 大河ドラマの常連女優になっていた。
  9. アニメ・特撮に進出し、アニメソングや特撮ソングも一曲は歌っていた。
    • 一応、史実でも1982年公開の映画「FUTURE WAR 198X年」にローラ・ゲイン役として声優経験をしていた事がある。
  10. 姪が宝塚に合格したことをきっかけにヅカファンになっていた。
  11. ナレーターとしても活躍。
  12. 白血病=不治の病というイメージはかなり軽減していた。

は行[編集]

羽生未来[編集]

  1. 勿論、恋人とは無事、ゴールイン。
    • ひょっとしたら、夫(になる予定だった人)との間に生まれた子供が二世タレントとして活躍していたかも。
  2. 今後もタレントとして活動していた。
    • ナレーターとしての仕事も何本かもっていただろう。
  3. けんたろうお兄さんが事故を起こしたとき、何らかのコメントを残していたかも。
    • 過去にけんたろうお兄さんとは、「けんたろうとミクのワイワイキッズ」で共演していた為。
  4. 初音ミクと『Wミク』共演していた。
    • 彼女の声がサンプリングされたVOCALOIDも出ていた。
  5. フィギュアスケートの羽生結弦が有名になるにつれ、何かと比較されるようになっていた。

深浦加奈子[編集]

  1. 現在も名脇役として活躍していた。
  2. いずれは結婚し、40歳を過ぎてからの初婚が話題になっていたかもしれない。
  3. バラエティにも進出し、さらに人気が出ていたかも。
  4. 苗字にちなみ、青森県深浦町と何等かの交流をもったかも。
  5. 「家政婦のミタ」の皆川真利子役は佐藤仁美ではなく彼女が演じていた。
    • ゆえに、佐藤仁美がブレイクすることもなかった。

堀江しのぶ[編集]

  1. 岡本夏生や杉本彩、飯島直子、武田久美子辺りの良きライバルとなっていた。
    • 90年代には×××写真集もリリースしていたかもしれない。
    • 細川ふみえの女優としての仕事もいくつか奪っていたかも。
      • 「魔弾戦記リュウケンドー」のヒロインも彼女だったのではないかと思われる。
    • 歌手デビューもしていただろう。
    • 「スーパー戦隊シリーズ」などの特撮ものでヒーロー側or敵側のヒロイン役。
      • 馬場ふみかに先駆けて…って感じか。
    • アニメ声優もこなしていた。
  2. 仕事は至って真面目で謙虚な性格だったらしいので、他のイエローキャブ(のちサンズエンタテインメント)タレントの良い見本となっていただろう。
    • イエローキャブの分裂もなかったかもしれない。
      • そして経営が破綻することもなかったはず。
        • 仮に史実通り分裂→経営破綻となった場合、何らかの形でコメントをしていたかもしれない。
  3. ここのamazonの広告で、『ラブひな』が出るようなこともなかった。まあ理由は簡単なんだが…。
    • 苗字と名前で、キャストとキャラクターがバラバラなんですが・・・。
  4. 2000年9月13日に故郷の愛知県西枇杷島町で起きた「東海豪雨」に対し、お見舞いの救援物資を送っていたであろう。
    • 奇しくも、史実では彼女の十三回忌当日だった・・・。
    • 場合によっては1995年の「阪神・淡路大震災」、2004年の「新潟県中越地震」、そして2011年の「東日本大震災」でも同じくお見舞いの救援物資を送っていた可能性もある。
  5. TXの経済番組「カンブリア宮殿」の初代アシスタントを務めていた。
  6. 「秘密のケンミンショー」に愛知ケンミンとして出演していた。
  7. 堀江繋がりで堀江由衣との競演がどこかで実現し、伝説となる。
    • 彼女との対談も実現していた。
    • 本名は「堀部」(ほりべ)だからあんまり関係ないだろ。そんなこと言ったらホリエモンと共演しただけでもネタになってしまう。
  8. ACジャパンの早期診断の啓発CMに自ら出演していた。
  9. 女性アイドル全体の母親的に存在に。
  10. 中日ドラゴンズが優勝するとファンとしてお祝いのコメントやメッセージを贈っていた。
    • 「もし昭和天皇が倒れらなければ」、1988年のリーグ優勝時に名古屋市内でファンと一緒に…。
  11. (コドモのおもちゃで共演した)田代まさし逮捕の際には何かコメントをしていた。

まやらわ行[編集]

真木洋子[編集]

  1. 真木よう子は別の芸名でデビューしていたか途中で芸名を変更していた。
    • 真木よう子が芸名を変えなかった場合は何らかの形で共演なり対談なりを果たしていたかも。
  2. 朝の連続テレビ小説に脇役として出演していた。
    • もしかしたら自身が主演した「藍より青く」の映像を提供していたかも。

村上恵梨[編集]

  1. グラビア引退後は女優として活動していた。
  2. 母や姉の影響で書道家としても活動していたかもしれない。
    • 『中居正広のミになる図書館』に出演していたかも。
  3. 秘密のケンミンショーに愛知県代表として出演していた。
  4. (史実で亡くなった)2007年に中日が日本一になった時、お祝いのコメントを残していた。
  5. 2010年ぐらいに結婚していたかも。
  6. 村上友梨と混同されていた。
    • 朝ドラに出た女優の村川絵梨とも。
      • 「ダウンタウンDX」や「踊る!さんま御殿」でその事がネタになっていた。
    • もしかすると声優の村川梨衣とも混同される人もいたりして。

森光子[編集]

  1. 90代を超えた現在でも放浪記で主役を演じ、でんぐり返しもしくは、万歳3回を行っていたかもしれない。
  2. 仲がいい芸能人の訃報や結婚でコメントを出したり、出席していた。
  3. 東山紀之・木村佳乃夫妻の出産の時にコメントを出していた。
  4. 「タケヤみそ」のCMも継続。
  5. SMAPの分裂騒動の際に辛口のコメントを残していた。

柳原尋美[編集]

カントリー娘。としてデビューする直前に不慮の事故でこの世を去った、柳原尋美。もし彼女が健在だったら…

  1. 脱退した小林梓に代わってリーダーを務めた。
  2. あさみは加入していたが、助っ人(石川梨華)を呼ぶ事はなかっただろう。
    • そもそもモー娘。メンバーに頼り切ることもなかった。
  3. 里田まいは加入していなかった。
    • 後に「クイズ!ヘキサゴンⅡ」でブレイクすることもなかった。
    • モーニング娘。に加入したかもしれない。
      • その場合、モーニング娘。(ひいてはハロープロジェクト全体)の歴史が若干変わっていた。
      • 里田まいが加入してなければ、里田が東北楽天・田中将大との婚約も無い?
  4. そしてりんねとともに卒業した。
    • 卒業後は花畑牧場のスタッフになっていた。
      • 生キャラメルが大ブームになった際には、花畑牧場をお邪魔する企画などにて「元カントリー娘。です」と紹介される形でちょこっとばかりテレビに出ていた。
  5. 交通事故防止を呼びかけるCMに自ら出演していた。
    • 春秋の全国交通安全週間期間中には、どこかの警察署で一日警察署長を務めている。
    • それは事故から生還した場合に限られるのでは?一日署長はカントリー娘。としてやってたかもしれないが。
      • その場合、事故の責任などからグループを脱退し、以降のカン娘。の活動はほぼ史実通りだっただろう。
  6. 東日本大震災発生時に、何らかの形で復興支援を行っていた。

山口美江[編集]

  1. 小牧ユカの仕事をいくつも奪っていた。
  2. ラジオ番組のメインパーソナリティーをしていた。
  3. 情報番組にコメンテーターとして出演していた。
    • 2017年4月時点では『ビビット』あたりが有力であろう。



関連記事