もしあの人が健在だったら/女性声優

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
投稿規制
現在このページ(もしくは節・カテゴリ)は他者に不快感を与えたりサイト趣旨から逸脱するなどの問題が考えられるため、下記の投稿を規制しています。
この規制に反する投稿は削除や注意または投稿ブロックの対象となりますのでご注意下さい。本件に関するご意見などはトークページへお願いします。
規制する投稿:前提を伴わない過剰なキャスティングの羅列行為(生前の配役を含む)

あきやまるな[編集]

  1. 「ざわざわ森のがんこちゃん」のがんこちゃん役は現在も担当している。

井上瑤[編集]

  1. 大胆MAPに顔出し出演していた。
    • セイラ・マスやおそ松くん(1988年版)の声を披露していた。
  2. 「遊戯王デュエルモンスターズ」の獏良了役も最終回まで担当していた。
    • 闇サトシのネタはなかった。
  3. 若井おさむ(ガンダム芸人)との共演も実現していた。
  4. 「ケロロ軍曹」にも出演していた。
    • 「ケロロ軍曹」にはガンダム声優が多数出演しているから。
    • 場合によってはセイラ・マスのパロディキャラが登場していた可能性もある。
  5. 松本梨香の持ち役をいくつか奪っていった。
  6. 平成版のほかの六つ子役の声優とともに「おそ松さん」にモブ役で出ていた。
  7. 近年は老婆役を担当する機会が多くなっていたかもしれない。

川上とも子[編集]

  1. 他のKeyアニメに出演していたのでリトルバスターズ!にも出ていただろう。
    • 「Angel Beats!」の直井文人役も彼女が担当していた(史実では緒方恵美)。
    • 「リトバス」に出演していたとしたら、おそらく直枝理樹役を担当していた(史実では堀江由衣)。
    • 2015年夏クールに放送されていたアニメ「Charlotte」にも何らかの形で出演していたかも。
  2. 現場に復帰し、様々なアニメにも出演していたかもしれない。
    • ヒロインの母親役を担当する機会が多くなっていたかもしれない。
  3. 仮に2011年末に復帰した場合、ケロロ軍曹の新作が2012年4月からスタートしていたかも。
    • その場合、プリティーリズムのアニメ版は1年で終了していたかも。
      • あるいは史実よりも早い時期に枠移動していた(史実ではプリパラ放送中の2015年10月)。
  4. 仮に癌から奇跡の生還を果たしていた場合、自らの闘病生活をつづった小説本を出していた。
  5. インターネットラジオ番組「川上とも子のうさぎのみみたぶ」が現在でも続いていた。
  6. 2011年のバオバブ分裂騒動においては、(福山潤を別にすれば)先頭を切ってアクセルワンに移籍していた。
  7. 少なくとも結婚はしていただろう(年齢的に生涯独身を貫く、というのも有り得るが)。
  8. 「ポケモンXY」のマーシュの声は彼女が担当していた(史実では2代目ヒカリのミミロル役のゆきのさつき)。
  9. 「カードキャプターさくら クリアカード編」では佐々木利佳も木之本桜や大道寺知世、李小狼らと同じ友枝中学校に通っていた可能性が高い。
  10. ケロロ初参戦のスパロボOEに出演し、冬樹のDVEを充てたかも。
  11. うた∽かたの小説版が映像化、もしくは、音声ドラマ化される。
  12. 「喜多村英梨が川上の元夫と付き合っている」というデマはなかったかも。

斉藤庄子[編集]

  1. 現在でも、クレヨンしんちゃんのネネママを担当していただろう。
    • そのイメージから、ホームドラマにおける母親役を主に担当していた。

高橋和枝[編集]

  1. 2005年くらいまでサザエさんのカツオ役を担当していた。
    • 富永みーなは同時期までうきえさんの役を続けていた。
    • 大山のぶ代が磯野カツオの声を担当し続けたら、たぶん中島くんあたりを担当したか。
      • どちらにしろ2005年には富永に交代する。
        • いや高橋さんが元気なら、カツオ役の後任はオーディションで決めてたと思いますが・・・・・。
  2. 「ブースカ!ブースカ!!」でもブースカの声を担当していた。
      • 少なくとも『ウルトラマンルーブ』では史実通り富永みーなが担当していた。

高橋智子[編集]

ここではタクシーにはねられて25歳の若さで死亡した声優の高橋智子について指すものとします

  1. ヒロイン役などを中心に数多くのアニメに出演していた。
  2. どこかの作品で大ブレイクを果たしていたかもしれない。
  3. 死後にブレイクした若手女性声優のブレイクする時期が史実よりもかなり遅くなっていた可能性も。

つかせのりこ[編集]

  1. 「できるかな」は2000年頃まで続いていた。
    • のっぽさんの体力が続いていれば2007年現在も続いている。
  2. 杉山佳寿子や田中真弓の活躍の場が狭まっていたかもしれない。
  3. (実際に)2007年3月1日、『ノッポさん』こと高見映がNHK放送文化賞を受賞したが、つかせがこれに関連したコメントを述べて、それがNHKニュースで放送されていた。
  4. 21世紀に入ると老婆役も数多く演じていた。
  5. 現在でも東映関係の作品に数多く出演していた。

新山志保[編集]

  1. 生天目仁美、能登麻美子、小清水亜美などの若手女性声優のブレイクはかなり遅れていた。
  2. 第1回声優アワードで一つくらい賞をとっていたかも知れない。
  3. 仮に存命だったらどう言う役を演じていたのやら・・・
    • ケロロ軍曹の日向冬樹の声を担当してたかも(現実の世界では川上とも子→桑島法子が担当)。
      • その場合、アニメ232話で「川上とも子さんが病気療養中のため、冬樹役の声が変わります」というテロップが表示されることはなかった。
    • どのみち、演じるキャラはここで『ロードス島戦記』のディードリッドと絡められてネタにされていた。
    • ひぐらしのなく頃にシリーズでは岡尚大・魅音のいずれかの声を担当していた(史実では岡尚大・魅音とも雪野五月(現・ゆきのさつき)が担当)。
  4. 鶏内一也(byスパロボファン)の存在が更にマイナーに・・・
  5. こちらに関連し、自らもナレーターとしてACジャパンのCMに出演。骨髄バンクのドナー登録を呼びかけている。
  6. 白石文子の引退後、持ち役を一部引き継いでいた。
  7. 朴路美の仕事をいくつか奪っていった。
    • ハガレンやNANAなどの作品で主人公役を担当していた。
  8. 少なくとも結婚はしていただろう。
  9. 仮に急性白血病から奇跡の生還を果たしていた場合、自らの闘病生活をつづった小説本を出していたかも。

平井道子[編集]

  1. 89年版の魔法使いサリーでサリーのママ役を演じていたかも。
  2. 夫である中江真司の葬式で喪主をやっていたかも(中江と離婚していなければの話だが)。
  3. もしかしたら、青二プロダクションに移籍していた可能性もあり得る。

本多知恵子[編集]

  1. 青二プロダクションに所属したおかげで、アニメやナレーションの仕事がフリーのころよりは増えていた。
  2. おそらく、ガンダム関係のゲームでプルなどのキャラクターの声が使いまわしにならずに新規に収録していた。
    • ガンダムエースあたりでマリーダ・クルス(プルトゥエルブ)役の甲斐田裕子と「姉妹対談」が実現していたかも。
  3. ブログも時々更新し続けていた。
  4. 「機動戦士ガンダムUC」でマリーダの回想シーンにプルが登場していた。もちろんセリフあり。

松来未祐[編集]

  1. 当然ながら、今なお結婚ネタでいじられていた。
    • もし本当に結婚したら、ファンの祝福の声はかなりのものになっていただろうなぁ…。
      • 相手が誰かにもよるが、仮に人気者の同業者だった場合は相手方の女性ファンから怨嗟の目を向けられていた可能性も。
        • 年下なら尚更。
      • 自身のブログで「ああ、リア充ってこういうことだったんだね」などと綴っていた。
    • 後輩声優に追い越されるたびに「でゅるわぁあああああぶるわっひゃあひゃひゃひゃひゃどぅるわっはあああああああああぎゃあああああうわああああああああ」を超える迷言を生み出していた。
  2. 死因となった「慢性活動性EBウイルス感染症」は(少なくともアニメファンには)今ほど知られていなかった。
    • 生前に本人が言っていた通り、生還までの記録を手記として出版し、後に啓発活動にも力を入れていた。
    • 「ザ!世界仰天ニュース」で取り上げられることもなかった。
      • いや、CAEBVからの生還者として特集が組まれ、本人自ら再現フィルムに出演している。場合によってはスタジオゲストとしても呼ばれる。
  3. 2016年の広島東洋カープの優勝を無事に見届けていた。
    • 黒田博樹の現役引退の際に何らかのコメントをしていたかもしれない。
      • 2018年は新井貴浩。
    • 同年の日本シリーズではマツダスタジアムでの試合中継に本人が写り、前年の松嵜麗(こちらはヤクルト)と並んでネタになっていた。
    • 2017年シーズンではDeNAの下克上に「でゅるわぁあああああ(ry」に匹敵する絶叫を披露。
    • 2018年は「SBに脱帽」といった感じのコメントになり、絶叫はない。但しパ・リーグで優勝して下克上された西武に同情的な内容の書き込みがあったかもしれない。
  4. 当然、『チェリーベル』も継続中である。
    • ひだまりスケッチ』の続編も制作されていた。というのも吉野屋先生には簡単に代役を当てられないため(台詞のほとんどは本人のアドリブ)。
  5. アニメ映画『この世界の片隅に』にヒロイン役ののん(能年玲奈)への方言指導として参加していた。
    • イメージが少し違うので、代わりにキャストを務めていたとはちょっと考えにくい。
    • 共演の細谷佳正も広島(但し尾道市)出身ではあるが、主に女性目線からのサポートという形になっていた。
    • 本人も呉市出身なので、思い入れは半端ではなかったかもしれない。
  6. 『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』と『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ ヘルツ!』(どちらも松来未祐のTVアニメにおける遺作)が注目されることはなかった。
  7. 『プリズマ☆イリヤツヴァイ ヘルツ!』最終回の最後で次作である『プリズマ☆イリヤドライ!』の放送時期が発表された。(史実では最終回の最後での放送時期発表はなかった。)
  8. ガールフレンド(仮)(ガールフレンド(♪)も含む)に正式出演を果たしていたかも。(実際、ひだまりスケッチとのコラボで吉野屋先生役として出演していた。)
  9. 『宇宙戦隊キュウレンジャー』 ライラ、アンナ・錦ノ宮、水原明鐘が登場!。

水谷優子[編集]

  1. ちびまる子ちゃんのお姉ちゃんなどは今でも継続していた。
  2. 一生ポリケロも終わることなく継続していた。
  3. ディズニーのミニーも今でも継続していた。
  4. 天地無用の美星も今でも継続。
  5. 西城秀樹が亡くなった時何らかのコメントを残していた(演じていたさくらさきこは西城秀樹の大ファンだった為)。

関連項目[編集]




関連記事