もしあの人が健在だったら/宇宙飛行士

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

新たに追加される場合はファミリーネーム(姓)の50音順でお願いします。

アメリカ[編集]

エリソン・オニヅカ[編集]

  1. もしチャレンジャー爆発事故が起きていなかったらである。
  2. 史実のチャレンジャー事故がなく無事帰還していた場合、何度も日本に招かれている。
    • 顔が似ている事から、林家こん平との揃い踏みも実現していたかもしれない。
    • テレフォンショッキングにも最低1回は出演していた。
  3. ハワイ出身の縁もあり、曙や武蔵丸の横綱昇進時にはお祝いのメッセージを送っていた。
  4. きぼう組み立てミッションにも参加していたかもしれない。
  5. 阪神大震災や東日本大震災の被災者にエールを送っていた。

エドワード・ホワイト[編集]

  1. アポロ計画が現実よりも早まっている。
    • もちろん、月面着陸の最初のメンバーにも選ばれている。
      • アームストロング船長とオルドリン飛行士の確執もなかったかもしれない。

ロシア・旧ソ連[編集]

ユーリ・ガガーリン[編集]

  1. ボスホート計画、ソユーズ計画にも参加。
    • いずれの宇宙船でも有人飛行を果たしている。
    • ブラン計画にも何らかの形で関わっていたかも。
    • 米のスペースシャトルに乗る機会もあったかもしれない。
      • その結果、スペースシャトルの打ち上げシステムの危険性を指摘し、ブランの安全面やペイロードでの優位を訴えていたかも。
        • チャレンジャー号爆発事故発生(1986年1月28日)の際にも、何らかのコメントをしていただろう。
  2. 宇宙飛行士引退後はモスクワ大学の教授に就任。
    • ソ連崩壊後は世界中を歴訪。何度か訪米もしていた。
  3. ソ連&ロシアマニアの声優上坂すみれと対面していた。

ウラジーミル・コマロフ[編集]

  • ソユーズ1号帰還時にパラシュートが開かず地面に激突。宇宙開発史上で初めての事故犠牲者。
  1. 欠陥だらけ、失敗続きの絶体絶命の状況下から奇跡の生還を果たしたことになる。
    • 彼の生還劇が何度も特番で紹介される。
      • エイリアンを疑われる
  2. 自身の命を賭して守ったはずの親友ガガーリンの墜落死を目の当たりにして何を思っただろうか…。
    • 自身のソユーズでの体験もあって共産体制への失望&不信感が強まり、場合によっては西側への亡命を決意していたかもしれない。



関連記事