もしあの人が健在だったら/海外俳優

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  • 新規追加は50音順でお願いします。欧米の名前はファーストネームを基準とします。

男性[編集]

レスリー・チャン[編集]

  1. 「レスリー・チャンの思い出ベンチ」はなかった。
  2. 両性愛者であるかどうかが判明していたかもしれない。
  3. 日本と香港の合作映画に出演し続け、香港と日本との交流の懸け橋としての役割を果たしていた。
  4. 「いーあるふぁんくらぶ」の2番の歌詞の内容も違っていた。

ジェームス・ディーン[編集]

不慮の事故で他界した名優ジェームス・ディーンが事故死していなかったら どうなっていたかを考える。

  1. 次回作に予定されていた『傷だらけの栄光』('56)のロッキー・グラシアノ役を演じていた。 
    • ポール・ニューマンの映画における主役スターとしての成功が遅れていた可能性も。
    • 同じアクターズスタジオ出身の無名時代のスティーブ・マックイーン(現実の映画では登場場面が少なかったが)と共演していた。
  2. 赤木圭一郎が死後、「和製ジェームス・ディーン」と呼ばれることはなかった。
  3. 今ほど伝説とされていなかったであろう。
  4. ブルース・リーの影が薄くなっていたかも知れない。

ハイン・ニョール[編集]

  1. ポル・ポトをはじめとしたクメール・ルージュ幹部の死や、カンボジア特別法廷があるたびにコメントしていた。
    • 映画で彼が演じたディス・プランが死んだ時もコメントしていただろう。
  2. もしかしたらカンボジアに一時帰国したり、ポル・ポト政権時の回顧録をさらに書いたりしていたかも。

リチャード・ハリス[編集]

  1. 『ハリー・ポッター』シリーズのダンブルドア校長役を最後まで演じ続けていた。

リヴァー・フェニックス[編集]

  1. 勿論今も俳優として活動。
  2. 弟のホアキン・フェニックスや妹のレイン・フェニックス、サマー・フェニックスとも共演していた。
  3. 史実でリヴァーが亡くなった前年に史実のリヴァー同様若くして亡くなった尾崎豊と比較されることもなかった。

スティーブ・マックイーン[編集]

  1. レーシングチームを結成していたと思う。
  2. 勿論俳優としても活躍。
  3. ショーン・コネリーと同じ時期に俳優を引退していたと思う。

コリー・モンティス[編集]

  1. glee第5シーズンにも出演し、劇中のフィンが死去した設定はなかった。

ブルース・リー[編集]

  1. 「死亡遊戯」のストーリーが違うものになっていた。
  2. 60歳を過ぎてもなおアクションスターとして活躍していた。
    • 日本での千葉真一と同じような立場になっていた。
  3. ジャッキー・チェンとのダブル主演の映画が公開され大ヒット。
    • 「ポリスストーリー」シリーズに特別出演していた。
  4. 息子ブランドン・リーとも共演を果たす。
    • 映画撮影中に起きた、ブランドンの不慮の死を自ら見届けていた。
      • 若しくは息子を救っていて親子とも健在で、その時のエピソードが「アンビリーバボー」や「世界仰天ニュース」で放送される。
  5. 「燃えよドラゴン」日本公開の際に来日を果たしていた。
  6. 「ドラゴンシリーズ」は10作以上制作されていた。
  7. ナイナイの岡村と「無問題」シリーズで共演していた。
  8. 日本でも本人出演のCM(特にドリンク剤)が作られていた。
  9. 「男たちの挽歌」の主人公・ホーはティ・ロン(60年代香港映画の人気スター)ではなくブルース・リーが演じていた。
  10. 「グリーン・ホーネット」(2010年映画版)に特別出演していた。
  11. 彼のファンである中川翔子との共演や対談も実現しているだろう。
  12. 阪神大震災や東日本大震災が発生した際、何らかの形で復興支援イベントを行っていた。

ポール・ウォーカー[編集]

  1. 「ワイルド・スピード」シリーズ7作目は無事クランクアップし、8作目以降も出演し続けていた。

女性[編集]

ジュディ・ガーランド[編集]

  1. いずれはハリウッドの銀幕に戻っていただろう。
    • その場合は、娘のライザ・ミネリが主演した映画「キャバレー」に特別出演位はしていた。
    • ただし史実通り薬物中毒等が治らず表舞台から姿を消したままだった可能性もある。
  2. ライザ・ミネリが「母はハリウッドが嫌いだった」と言ってニューヨークで葬儀をとりおこなうことはなかっただろう。
  3. 同性愛者やトランスジェンダーなどの性的少数者の人たちの権利運動に参加していたかもしれない。

シャロン・テート[編集]

  1. カルト集団がいかに恐ろしいかを全世界の人に知らしめる機会は遅れていた。
  2. 無事に出産は果たしていた。
  3. 引き続き映画に出続け、ハリウッド俳優の地位を確立していた。
    • 夫のロマン・ポランスキーの映画に主役級で出ていたかもしれない。

オードリー・ヘプバーン[編集]

  1. ユニセフの親善大使を続けていた。
    • その関係で「徹子の部屋」に出演していたかも。
  2. 芸能活動するとしたらテレビ番組が中心になっていた。

マリリン・モンロー[編集]

  1. 60歳くらいまで女優活動を続けていた。
    • もちろん日本語版の吹き替えは向井真理子が担当し続けた。
  2. 浪越徳治郎(ジェット浪越)との縁で、来日の際は『元気が出るテレビ』にも出演していた。
  3. マドンナとコラボしていた。
    • レディー・ガガとも親交を持っていた。



関連記事