もしあの人が健在だったら/芸術家

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

平山郁夫[編集]

  1. 反中運動をもろともせず、さらにシルクロードの絵を描き続けている。
  2. 福島の事故後、脱原発運動に取り組んでいた。
  3. 妻が脱税を起こすことはなかった。

山下清[編集]

  1. 足腰の立つ限り、放浪を続けて作品を多く残していた。
  2. 塚地武雅を見て「ぼ、ぼくのやくは、が、がんのすけさんじゃないと、だ、だめなんだな」と嘆いていた。
    • 雁之助師匠の葬儀にも参列し、遺影の横に山下清による「雁之助演じる山下清」の貼り絵が飾られる。
    • そもそも健在なら「裸の大将」がドラマ化されるなんて・・・と思っていたけど、実は映画があったのね・・・。
  3. コンビニ業界からおにぎりのCMのオファーがかかる
  4. 我孫子駅の蕎麦屋製駅弁復活なるか?

山田かまち[編集]

  1. 画家とミュージシャンの二束の草鞋で活躍していた。
  2. 氷室京介とバンドを組んでいた可能性もあるので、BOØWY結成はなかったかもしれない。
  3. 彼は死後に有名になったわけで、生前はその早熟の才能を有名になるために活かしたかどうかはわからない。
    • 早熟すぎて普通のおじさんとして生活している。
  4. 東大に合格しそして、入学・卒業していた

アンディ・ウォーホル[編集]

  1. 今でもアメリカ美術界の第一線で活躍している。
  2. TDKのCMに出た縁で、TDKの製品を使った作品を発表していた。
  3. コンピューターアートを使った作品をさらに発表していた。
    • 2014年現在だとスマホやタブレット端末も使っている。
  4. 同性愛を擁護する発言をしてキリスト教から破門or自ら棄教していたかもしれない。
  5. 「アンディ・ウォーホルを撃った女」はなかったかもしれない。
    • もし作られていた場合はクレームをつけていただろう。

ロイ・リキテンスタイン[編集]

  1. 東京都現代美術館の「ヘアリボンの少女」の購入問題に対して何らかの苦言を呈していた。



関連記事