もしあの人が健在だったら/著名人

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

人物別[編集]

植村直己[編集]

  1. 探検の神様と呼ばれ、カリスマ視されていた。
    • 東の三浦、西の植村になっただろう・・・
  2. 野口健と一緒にエベレストはじめ世界各地の山に清掃登山に行っていた。
  3. 日本山岳協会会長に就任か…。
  4. 「世界一受けたい授業」に講師として出演。
  5. 宇宙飛行士になって宇宙を冒険。
    • 40歳を過ぎてからの転身はさすがに無謀かと。
    • それ以前に本人が宇宙を目指そうとしていた痕跡はない。
  6. 同姓同名(ただし下の名前の表記が異なる)という縁でこのアナウンサーとの対談が実現していた。
    • ちなみに植村直己自身も関西(兵庫県)出身。
  7. 宿願の南極大陸横断を達成していた。
  8. 当然ながら国民栄誉賞はまだ受賞していない。
  9. 2013年6月22日の『富士山世界遺産登録』決定時に、富士山登山に関して何らかの提言をした可能性があった。
    • 恐らく、富士山世界文化遺産登録決定後に急増した『弾丸登山』に、何らかの苦言を呈したかもしれない。
  10. NHK-BSプレミアムで月曜19時30分から放送『にっぽん百名山』を監修した可能性があった。
  11. イモトアヤコと一緒にエベレスト登山に行っていた。
    • 日テレ「24時間テレビ」の登山企画で、監修もしくはプロデュースした可能性も…。
  12. アウトドア専門の学校を設立していた。

岸由一郎[編集]

  1. 2011年の東日本大震災発生後の鉄道に関してもコメントしていた。
    • 生前の活躍ぶりを見るととても「コメント」どころでは済まなかったような気がする。
      • 被害路線の早期復旧に向けたPRなどに精力的に取り組んでいた。
  2. リニア・鉄道館や京都鉄道博物館の展示内容策定にも関与していた。
    • 海外の鉄道博物館や鉄道車両保存について助言を行う機会にも恵まれていた。
    • 「岸由一郎が関与した」ということが少なからぬ鉄道ファンにとって博物館の品質証明となっている。
  3. 師匠の青木栄一氏と共著で鉄道史に関する著書を出していた。
    • 車両保存関連の一般向けの入門書も出している。
  4. テレビ番組に出演する機会もさらに増えていた。
    • NHK「探検バクモン」あたりには確実に出ていた。
    • 場合によっては多忙のため鉄道博物館を退職していたかもしれない。
  5. 母校の東京学芸大学の客員准教授くらいにはなれていた。
  6. 2012年の井笠鉄道記念館廃館問題の際にも建物(旧新山駅舎)や車両を守るため奔走していた。

純恋[編集]

  1. モデルとしての人気が上昇していた。
  2. 「小悪魔ageha」の看板モデルに成長していた。
  3. ボランティア活動は続けている。
    • 東日本大震災に当たっては、モデル活動を休止して被災者の援助に当たっていた(胆沢出身で、上京前は仙台で活動していたので)。
      • NHKのチャリティーソング花は咲くにも参加ししていた。
    • 『小悪魔ageha』の発行元であるインフォレストを動かして、難病や障害を抱える子供たちのための基金を設立していた。
  4. 仙台が絡む何らかのイベントで小田井涼平(関西出身だが仙台でモデル活動を始めた)との共演が実現していたかも。

戸田城聖[編集]

  1. 池田大作氏は現在とは違う処遇になった可能性が高い
    • 無罪判決になったが大阪事件の道義的責任を取らされ失脚した可能性がある
    • 別の方が3代目会長に就任した可能性がある
    • 海外にある池田大作氏の一兆円の個人資産はもちろん無い
  2. 今とは違う創価学会ができた可能性がある
    • 池田大作氏の長男池田正博氏は幹部職にいない
    • 池田大作氏が戸田城聖会長に叱責され反省し真人間になった可能性がある
      • あるいは、池田氏は戸田会長と対立して脱会し、新たな日蓮正宗系の教団を結成。創価学会と敵対していたかも。
      • 但しどちらも史実ほどの勢力はないと思われる。
    • 創価学会は今以上の発展を遂げている
      • 当然、日蓮正宗との決裂はない。
    • 彼(戸田氏)や池田氏の活躍次第では、日本人の創価学会そのものへのイメージが良い意味で変わっていて、日本人が宗教に寛容になれていたかもしれない。
    • 大作の次男も早世することはなかったはず。
  3. 創価学会を批判する書物の発売および言論出版統制事件は起きなかった
    • 学会そのものや学会員の有名人を叩く風潮もなかったかも。
  4. 人間革命が書かれていないor書かれていても戸田城聖氏と牧口常三郎氏の話になっていた可能性も。
  5. 公明党は党名が変わっていたか、場合によっては結党に至らなかった。

引田天功(初代)[編集]

  1. 今も大脱出に挑戦していた。
  2. 引田智子は少女隊には加入せず、「プリンセス・テンコー」としてデビューしていた。
  3. 朝風まり(現実の2代目)はそのまま引退していた。
    • 某国の将軍様の楽しみが1つ減っている。
  4. 数年後、ある刑事ドラマの悪役を拝命して、大門軍団と戦う組織の首領を演じていた。

ビリー・ヘリントン[編集]

  1. 2013年以降も来日してニコニコ超パーティーなどの大規模なイベントに参戦していたかもしれない。

三宅久之[編集]

  1. 竹○氏はたかじんのそこまで言って委員会に出たとしても、もう少しおとなしいキャラだった。

山口二矢[編集]

昭和35年、当時、日本社会党委員長だった浅沼稲次郎を刺殺した17歳の少年、山口二矢(やまぐち おとや)。その後、少年鑑別所内で首吊り自殺を遂げた。 もし、自殺していなかったら。

  1. やはり、その後も過激派右翼運動家として活動し続けている。
    • 国会議員になってたかも。
      • 立候補はしたかもしれないが、当選は難しいのでは…
        • 当選は無理だったとしても、選挙に立候補したことで一定レベルの知名度は得られていただろう。
    • 維新政党・新風の立党に関わっていた。
    • 一水会などの「新右翼」や三島由紀夫には批判的だったか…。
  2. 17歳の少年であるため、極刑は免れると思われるが、出所した後の風向きはひどいものであろう。
    • 出所後はひっそりと生活し、政治的な発言は一切しなくなるが、右翼の間では神格化された立場を保っている。
    • 赤尾敏氏の葬儀の時だけは公の場に姿を見せたかもしれない。
  3. 「スパモニ」の鳥越俊太郎の昭和史検証コーナーで、鳥越氏の単独インタビューを受けていたかもしれない。
  4. たかじんのそこまで言って委員会にコメンテーターとして出演していた。
    • 朝まで生テレビのパネラーとしても出演していた。

関連項目[編集]




関連記事