もしあの人が健在だったら/雀士

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

安藤満[編集]

鳴きでツモの流れを操る「亜空間殺法」で一世を風靡し、『むこうぶち』などの漫画原作を手がけるなど多方面で活躍しながら、55歳の若さで他界したプロ雀士・安藤満。もし彼が今なお健在だったら…。

  1. 最低1~2個はタイトルを取っている。
  2. 現在も『むこうぶち』の原作を手がけている。
    • 咲 -Saki-』にも牌譜で協力しているかもしれない。
  3. 西原理恵子の冠婚葬祭には何かと顔を出している。

飯田正人[編集]

最高位戦4連覇など「ミスター最高位」「大魔神」「白鯨」などの異名を持ち最強と謳われていたが、63歳で大腸癌で他界したプロ雀士・飯田正人。もし彼が今なお健在だったら…

  1. =ガンが寛解していたらである。
    • その後も恐らく抗がん剤治療のために頭髪が抜けたため被っていた帽子をトレードマークにしていたかも。
  2. 亡くなる前に出場権を有していたMONDO TVの第8回王座決定戦に出場していた。
    • MONDO TVのタイトルはもちろん、最高位戦などのタイトルもさらに取っていただろう。



関連記事