新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

もしあの人が健在だったら/F1レーサー

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  • 新たに追加される場合はファミリーネーム(姓)の50音順でお願いします。

分割済み[編集]

ジル・ヴィルヌーヴ[編集]

  1. 1987年くらいまでは現役で走り続けた。
    • 現役時代の最後までフェラーリに所属し続けた。
  2. 引退後もF1の世界に留まっていた場合、フェラーリの監督に就任していたかもしれない。
    • 息子のジャックはインディ500に参戦せず、1993年頃にフェラーリからF1デビューしていた。
  3. モントリオールのサーキット名は「サーキット・イル・ノートルダム」のままだった。
    • 本人の引退後に「サーキット・イル・ジル・ヴィルヌーヴ」と改名されていた可能性がある。
  4. '80年代中盤にワールドチャンピオンになれていたかもしれない・・。
    • その場合、アラン・プロストなどのチャンピオン獲得が数年遅れていただろう。
    • チャンピオン争いも史実とは違ったものになっていた。
  5. 仮に本人が奇跡的に生還した場合、ケケ・ロズベルグは`82年のワールドチャンピオンになれていなかったかもしれない・・。
  6. マラネロにあるジル・ヴィルヌーヴ通りはなかった。

フランソワ・セベール[編集]

  1. ジャッキー・スチュワートは予定通りアメリカGP本選に参戦して引退した。
  2. アラン・プロストよりも10年近く前にフランス人初のワールドチャンピオンになっていたに違いない。
    • プロストはフランス人で2人目ということになる。
  3. フランス人のトラウマが確実に1つ減っていた。
    • この人に例えられることもなかった。
  4. 引退後はF1関連の仕事に残留するか、またはきっぱりと足を洗うかで両極端だったかもしれない。
    • 長身と端正なルックスから、ひょっとしたら俳優業に転向していた可能性も。
      • 但し、この人からは白眼視されていたかもしれない。

ロニー・ピーターソン[編集]

  1. 予定通り、マクラーレンに移籍していた。
  2. F1出走記録を塗り替えていた可能性もあり。
  3. スウェーデンGPは現在まで続いていた。

ジュール・ビアンキ[編集]

  1. 現在も現役で走っていただろう。
  2. 将来的にフェラーリに移籍。
  3. キミ・ライコネンは史実より早く引退。

グラハム・ヒル[編集]

  1. 1977年くらいまでは現役を続けていた。
    • 引退後は自身のチーム監督にそのまま就任し、その後はFIAの要職についていた可能性も。
  2. 保険無加入による遺族の困窮もなかったため、息子のデイモンは比較的順風満帆なF1キャリアを積んでいた。
    • もちろん「苦労人」と称されることはない。
    • 但し、ワールドチャンピオンにはなれなかったかもしれない。
      • いつどのタイミングでプロストと組むかにもよっていた。
    • 80年代に中堅以上のチームでデビューしていた
    • ジョージ・ハリスンとは親子で交流し、彼の葬儀にも親子で参列していた。

ローランド・ラッツェンバーガー[編集]

  1. 94年のサンマリノGPで事故を起こしていない場合、中盤クラスの常連レーサーとなっていた。
    • 事故を起こしても辛うじて生還していた場合、モータースポーツ選手の安全性を問う活動をしていた。
  2. 94年のル・マン24時間レースにトヨタから出場していた。
    • エディ・アーバインはF1のレースに専念していた。
    • もしその縁が続いていた場合、トヨタF1チーム最初のドライバーになっていたかもしれない。
    • トヨタが初優勝していたかもしれない。
      • または全くトップ争いに絡めず、劇的な逆転も無かったかもしれない。
  3. 婚約していた恋人とレース後に結婚していた。
    • リアルで「これが終わったら結婚するんだ」という死亡フラグを回収してしまった。
  4. メカニックの経験からF1チームを作っていた。
    • エンジンはトヨタのカスタマーでドライバーはアーバインとトヨタ出身の若手ドライバー。
  5. 契約では鈴鹿でも走っていたので、井上隆智穂がF1を走ることはなかった。



関連記事