もしあの人気投票でこんなあり得ない展開が起きたら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

目次

AKB48選抜総選挙[編集]

共通[編集]

  1. 2位以下で発生したケースが、1位では異なる裁定が下される可能性が高い。

ランクイン扱いのメンバーの得票数が2人以上同数[編集]

  1. さすがにじゃんけんか、あるいは公職選挙法に準じてくじでランクイン扱いを決めることになる。
    • あるいは会場のファンによる多数決。
      • 方法としてサイリウムやペンライトの色で決める、挙手、起立、etc. 。
        • とくに挙手や起立だと国会を彷彿とさせるシーンになる。
      • 抽選で負けたメンバーは、特にSKE48のメンバー至っては異議を申し立てそう。
    • 普通に「同率80位」として全員アップカミングガールズに入るのでは。
      • 過去に第2回の中間発表で当時のボーダーにあたる「同率40位」が両方発表されていたので、同順位という扱いになる可能性が高い。
    • じゃんけんの場合だと、荒井優希にとっては有利になるが、HKT48やNGT48には不利になりそう。

前年1位だったメンバーが次の総選挙でランク外になる[編集]

  • 不祥事もしくはスキャンダルの類は一切起こしていないものとする。
  1. 件のメンバーが突如政治思想に目覚め、かつての三島由紀夫のような言動を度々行なうようになったらあるかも。
    • 突如新興宗教に目覚めたなんて可能性もある。

開票イベントが天覧(天皇、皇后両陛下のご臨席)で行われる[編集]

  1. 両陛下へのご説明役は秋元康が自ら務める。
  2. 登場メンバーの服装がいつもより地味になるかもしれない。
    • メンバーの衣装はなんちゃって制服かリクルートスーツになる。
    • STU48メンバーだけは現実と変わらなかった。
  3. 警備員が通常の倍以上巡回している。
    • 勿論手荷物検査も厳しく行われている。
  4. ファンの服装もTシャツ・短パンではなくスーツにネクタイが必須。
    • 靴下も暗い色で長め、靴も革靴。
      • このイベントの影響で、秋葉原のAKB48劇場での公演や乃木坂46のコンサートなどではスーツを着て参加するのが主流になりかねない。
        • とくにこの総選挙開票イベントが全アイドルのコンサートの中でも初参戦となればなおのこと。
  5. 開会前には全員が起立。
  6. 君が代が斉唱される。
    • ここで不起立問題が勃発か。
  7. 勿論陛下からの御言葉もある。
  8. ファンなどによるガヤガヤした感じがなくなる。
  9. 前述での 「得票数が同じ人が現れた」 場合では、両陛下に決定権がある。
    • いや、お人柄からしてそれはないと思うな。
  10. 第1位の人には賜杯か天皇杯、あるいは皇后杯が贈られる。
    • 両陛下からのご厚意で賞金もある。
  11. ご退場時には全員で 「天皇陛下バンザイ!」

1位のメンバーが…[編集]

前年の総選挙時点で在籍していたが前年圏外(81位以下)[編集]

  1. 圏外からたったの一年でセンターの座を勝ち取った、本当に奇跡の大出世を果たした女として、この出来事は後世まで語り継がれることになるだろう。
    • その年の速報でも圏外ならなおさら。

加入から1年未満で、その総選挙が初参加[編集]

  1. 短期間でいったいどうやって人気を得たのかが注目される。

この日をもって卒業を表明[編集]

  1. メンバーからもファンからも、「何のために総選挙に出馬したんだ!」 と非難の嵐になることだろう。
    • さすがに運営も3か月ぐらいは引き留めるだろう。
  2. 「幻のセンター」 として後世まで語り継がれることに…。
  3. 一番気になるのは全体の順位の処遇。
    • 1位づつ繰り上げることになるのか?
      • 第2回で研究生がランクインするもその後のオーディションで落選し、繰り上げはなかった事例はあるが。繰り上げセンターはないとはひとことも言わないが。

18歳未満[編集]

現在の開票イベントでは大体第一位の発表は21時を過ぎることが多いですが、21時前に18歳未満のメンバーは退場してしまいます (労働基準法で定められた年少者の労働に関する規程に触れるため) 。

  1. やはりどうにかして第一位のメンバーの気持ちを聞こうとファンもマスコミも殺到するだろう。
  2. または第三位ぐらいから後日発表に切り替える。
  3. 先に順位は公表するが、後日AKB48劇場などで第一位の挨拶、トロフィーなどの贈呈式を開く方向に進めそう。

選抜入り16人が全員[編集]

初選抜[編集]

  1. 初期から見守っているファンにとってはやや不安になる。
    • 大家志津香のように毎週テレビに出ている人はいいが、問題は研究生や正規メンバーに昇格して間もない人。
      • プロ野球・アジアチャンピオンシップのように「オーバーエイジ枠」のようなものが設けられるか?
        • そんな「不公平」は運営が許すまい。
    • 指原莉乃などを推している人にとってはショッキングな出来事。自殺も後を絶たなくなる。
  2. いつも選抜されるメンバーはこれを境に卒業を決意することだろう。

速報17位以下[編集]

  1. 最終的にランクインしたメンバーが常連か否かで反応が変わる。
    • 常連なら別に驚かれないが…。

同じグループ[編集]

  • 原則として兼任者は除く。
  1. 一番可能性があるのはAKBよりもSKEかもしれない。
    • 2017年の選抜総選挙、2018年のリクエストアワーの結果を見るとNGT48の可能性もある。
  2. 他のグループのファンは凍りつく。
  3. 例えば全員SKE48なら選抜総選挙シングルはSKE48のもの、という感じでそのグループのシングルということになるだろう。
    • しかし「AKB48 ××thシングル選抜総選挙」と銘打っている以上、仮に中身がSKE48でもAKB48名義で発売しないといけないのがなんとも。

前年と順位も全く同じ[編集]

  1. 総選挙のマンネリ化が指摘される。
  2. または出来レースの危険性も指摘される。
  3. 1年間に前年ランカーの卒業者もいなかったということになり、グループの停滞が懸念される。

同じ都道府県出身[編集]

人数的には埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、福岡県において考えられます (2017年12月現在) 。

  1. 選抜シングルはその出身県のカラーが強くなる傾向に。
    • AKB48以外の同一グループである可能性も高い。特に愛知=SKE。
      • 福岡も全員HKTになる可能性が大。
        • 大阪は全員NMBになろうかと思いきや、1~2人くらいはNMB以外のグループのメンバーになりそう。
          • 仮にNMBが総選挙に強ければ、全員NMBで決めれる可能性もある。
  2. 選抜シングルはその出身県以外の都道府県では大幅に売り上げが下がりかねない。
    • 逆に出身県内での売り上げが大幅に増え、出身県の住民が 「一家に一枚」 ぐらいのペースで購入する展開になるだろう。
      • 出身県内のCDショップではそのCDが大きく扱われることだろう。
      • 出身県内を走る鉄道路線の車両やバスの車両にもそのCDの広告がラッピングされることに。
  3. 出身県からのメンバーが大幅に増える傾向になりかねない。
  4. 仮に全員埼玉県出身だったら向井地美音や佐々木優佳里などが選抜され、一夜にしてその名を全国にとどろかせられる絶好のチャンスに。

同じ血液型[編集]

  1. その血液型のことを歌った歌が発表されることに。
    • 相川恵里の「ABコンプレックス」、B型Ωアイドリング!!!の「戦闘恋愛少女ロボB型の憂鬱」のようなものか。
      • 「A型のうた」 (西野カナ) もあります。
  2. 同じ血液型の人から多く購入される傾向になり、その他の血液型の人からは不評になることだろう。
    • そんなの誰も気に留めないと思うが。
  3. おそらく、マニアックな統計を取っている一部ファンがこの事実に気づき、2日ほど遅れてマスコミが大騒ぎする流れ。
    • 念のため48グループ全員の血液検査が行われ、あるメンバーが実は希少血液型だったなどの事実が判明するかも。

同じ学年[編集]

  1. その学年のことを歌った歌が発売されることに。
  2. 同じ学年の人から多く買われるようになり、その学年以外の人からは買わなさそう。
  3. 例えば、全員2000年度生まれならチーム8色が強くなりそう。
  4. 「AKBINGO!」 (日テレ系) が日本テレビ報道局とコラボして生まれた年前後の日本や世界をお勉強する企画も放送されるだろう。
    • そのメンバーが、同時に新成人となるので、成人の日(かその数日前)に、豪華版として放送されるだろう。
    • 解説には日本テレビ・読売新聞・スポーツ報知などの記者や、池上彰などの著名なジャーナリストが登場。
      • スポーツ関係 (例えば侍ジャパンのWBC優勝やなでしこJAPANのワールドカップ優勝、広島カープの25年ぶりリーグ優勝など) では当時の監督や選手も登場。

同じ誕生日[編集]

  1. その誕生日にはAKBファン全員で大規模な生誕祭を開きお祝いするのは言うまでもない。
  2. 作曲者もその誕生日の人であれば完璧。
    • 秋元康と同じ5月2日生まれであればなおさら完璧。
  3. 買う人も同じ誕生日の人が一人一枚ぐらいのペースで購入しそう。

同じ球団のファン[編集]

  1. その球団のファンはアンチAKBであっても購入しそう。
  2. その球団の監督や選手などの監修で曲ができそう。
  3. PVにはその球団の監督や選手、マスコットも登場。
  4. 試合では応援歌代わりにその曲が演奏される。

投票総数が…[編集]

0票
  1. おそらく総選挙廃止論が浮上すると思われる。
  2. 最悪の場合開票イベントも中止。
  3. 当然ながら全体の順位も決めづらい。
1票
  1. 言うまでもなく貴重な1票を獲得した人がセンターに。
  2. 全体の順位を決めづらいのは1票の時と変わらない。
16票
  1. これで少数に票が片寄ったら他のメンバーから大ブーイング。
  2. 16人にそれぞれ1票づつ分散したら票を獲得した人全員が選抜メンバーになる。
    • しかしセンターは誰になるのかで論争になる。

本当の総選挙と同日開票[編集]

急に衆議院解散が決まった場合などを想定して

  1. スポーツ紙などに「本家総選挙と激突」と書かれる。
  2. テレビ中継はどうなるんだろうか?
    • これまでの中継はフジテレビで行われているが、他局が本当に選挙報道をやっている中一局だけAKBでは批判が殺到すると思われる。

シンデレラガール総選挙[編集]

トップ50で特定の属性が全滅[編集]

  1. 特例でその属性のトップ3のみ発表するのか?それともその属性のユニットは組まれないのか?
    • 思いの外両方かもしれない。(その属性のトップ3を参考記録として発表するが、ユニットの結成は無し)
  2. 過去の傾向からして一番有り得るのはPaだろう。少なくともCoがこの状態に陥る事は絶対にない。

1位のキャラに盗作が発覚[編集]

  1. そのキャラはもう二度と日の目を見ない。
  2. 逆になぜ今まで気づかなかったのかと不思議がる。
    • 今まで否定していたが、総選挙で1位になってしまい「実は…」とカミングアウトしたのが原因だろうが。
  3. ゆるキャラグランプリのほうがよっぽど有り得る気が…。

トップキャラの声優が突如引退[編集]

  1. 果たしてそのキャラはどうなる?
  2. 声優を変えても禍根が残りそう。

トップ5並びに属性別トップ3が…[編集]

全員ボイス未実装[編集]

  1. ファンの間では大盛り上がりとなるが、その分キャスティングに苦労することになるためスタッフは大変。
  2. 「次はウチが」と他のボイス未実装アイドルの担当Pが躍起になる。

全員ボイス実装済み[編集]

  1. 上位に入ったアイドルの担当P以外にとってはしらける結果となる。
    • 少なくとも「もう一度ボイス争奪選挙をやるべきだ」という意見は出るだろう。
  2. 近いうちこうなるような気がしないでもない。

ゆるキャラグランプリ[編集]

トップ10がすべて同一都道府県出身のキャラクター[編集]

  1. 総合またはご当地部門で発生した場合、その都道府県は発表イベントが開催される都道府県である可能性が高い。
  2. 企業・その他部門で発生した場合、東京都の可能性もありうる。
  3. 他の都道府県民はしらけるかも。

前回最下位→今回1位[編集]

  1. 関係者の努力が実ったとして映画化されるかも。
  2. やはり組織票が疑われる。
  3. 当該自治体の経済効果はすさまじいものになるだろう。

ニュータイプアニメアワード[編集]

10月から翌年9月までのアニメとする

トップ10が全て夏アニメ[編集]

  1. 何があったっと大騒ぎになる。
  2. その年の夏アニメは神クールだったと語り継がれる。
  3. なんらかの組織票が疑われる。
  4. 大人気アニメの続編が集中していたらこうなるかも。

中間発表時点でトップ10に入っていたアニメがランク外[編集]

  1. 上記の全て夏アニメ独占に書いてあることが一部起こるかも。
  2. トップ10に入ったアニメ関係者がんばりすぎだといわれる。

ブルーリボン賞 (鉄道)[編集]

日本国外で製造された車両が受賞[編集]

  1. 輸入車両自体少ないのでよほどデザインとかがよかったのかといわれる。
  2. その製造会社に注文が殺到する?
  3. 受賞した車両のメーカーが中国か韓国だったらネットでは大荒れになる。
    • 導入した鉄道事業者にも批判が殺到。

候補車両が0[編集]

2013年の第56回ブルーリボン賞は候補車両が7車種のみでした また、単純に該当車なしに終わった年も多数あります。

  1. その年は投票が行われない可能性が高い。
  2. 営業運転時期が故障などで延期が続出すればこうなる。(営業運転に就いた年を基準とするため)
    • 日本の鉄道車両技術の低下が懸念される。

受賞翌日に事故廃車[編集]

1987年第30回ブルーリボン賞では候補車両の和風客車みやびが事故廃車になり投票対象外になりました

  1. 悲劇の車両として語り継がれる。
  2. 当該車種が代替新造された場合、受賞プレートは貼り付けられるのだろうか。
    • 量産先行車だったら仕方ないという声も出てくるかもしれないが…。
  3. とりあえず本社で表彰状と盾の贈呈式を開きつつ沿線のお寺の僧侶などを呼び、その車両の写真を遺影にしお葬式みたいな行事を開くかもしれない。

投票総数が…[編集]

0票
  1. おそらく該当車なしとして終わる公算が高い。
  2. 鉄道友の会のお偉いさんも黙っていないことだろう。
もしこんな有り得ない展開・記録があったら
スポーツ 高校野球全国大会 (試合展開出場校)|高校野球での不祥事
試合展開サッカー | サッカーW杯)| 個人記録 | 契約更改・年俸査定
シーズン展開 (プロ野球Jリーグ)| 箱根駅伝 | プロ野球ドラフト会議
その他 アニメ記録 | 交通機関国政選挙視聴率調査人気投票
テレビ番組 (日本テレビ系テレビ朝日系) | ゲーム記録



関連記事