もしあの人物が○年度生まれだったら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

新規追加は50音順でお願いします。

芸能人[編集]

愛河里花子[編集]

現実は1967年10月7日生まれ。

1967年(10月7日以外)生まれ
  1. 「42107」(しにとおない)ネタは生まれなかった。
    • ただし7月31日は別。
      • 4月17日ならまた別のネタになっていたが。

安室奈美恵[編集]

  • 現実には1977年9月20日生まれ
1978年生まれ
  1. 浜崎あゆみや椎名林檎と同い年になるので、1978年生まれは女性歌手の当たり年となっていた。
    • 現実以上に彼女らと比較されていた。
  2. 結婚・妊娠が現実通りだったとしたら、未成年の19歳ということで現実以上に大騒ぎとなっていた。

岩田光央[編集]

現実は1967年7月31日生まれ。

1967年(7月31日以外)生まれ
  1. 「42731」(しになさい)ネタは生まれなかった。
    • ただし10月7日は別。

植木等[編集]

植木等は1926年12月25日(大正天皇崩御の日)に生まれたが、出生届を出し忘れたため戸籍上とは2ヶ月以上差がある。

1927年2月25日生まれ
  1. 戸籍遅れで彼の父が罰金を食らうことはなかった。
  2. 昭和元年生まれの有名人が一人減る。

梅田彩佳[編集]

  • 現実では1988年度(1989年1月3日)生まれ。
平成(1月8日以降)生まれ
  1. この場合もAKBグループに昭和64年生まれはいなかった。
  2. (NMBに移籍した場合、)NMBに昭和生まれはいなかった。
1989年度生まれ

1989年4月2日以降に生まれていたら?

  1. AKBグループに昭和64年生まれのメンバーはいなかった。
  2. AKBにおいては倉持明日香以外の1989年度生まれのメンバーが増えていた。
  3. 史実どおりにNMBへ移籍ならNMBに昭和生まれのメンバーはいなかった。

押切もえ[編集]

  • 現実では1979年生まれ
1981年生まれ
  1. 同年に「萌」の漢字が人名用漢字に採用されたため「押切萌」と漢字表記になっていた可能性もある。
  2. 現実ほど蛯原友里(現実には同じ1979年生まれ)と比較されることはなかったかもしれない。
    • 「エビもえ」という言葉も生まれなかったかも。

香里奈[編集]

  • 現実では1984年2月21日生まれ
1984年度生まれ
  1. 1983年度生まれの女優のラインナップがさらに地味なものになっていた。
  2. 同じ1984年度生まれの女優ということで栗山千明とよく比較されていた。

工藤静香[編集]

  • 現実では1970年4月14日生まれ
1969年度生まれ
  1. 同学年のアイドルである中山美穂・浅香唯・森高千里とはライバル同士として張り合っており、同時に比較されていた。
    • 特に中山美穂や森高千里とは現実以上に仲がよかったかも。
      • その反面酒井法子(1971年2月生まれ)とは仲良しにならなかったかもしれない。
  2. おニャン子クラブへの加入が現実よりも早かったかも。
  3. キムタクとは結婚していなかったかもしれない。

佐々木希[編集]

  • 現実では1988年2月8日生まれ。
1988年度(1988年4月2日以降)生まれ
  1. 1988年生まれではなく1988年度生まれということで、現実以上に同学年の新垣結衣・戸田恵梨香・堀北真希・吉高由里子などと比較されていた。
    • 逆に同学年(1987年度生まれ)の木下優樹菜とは現実ほど仲が良くならなかったかも。
1988年2月4日生まれ
  1. 同姓の俳優である佐々木蔵之介と同じ誕生日でしかもちょうど20歳違いということが話題になっていた。

ザ・たっち[編集]

史実では1982年11月10日生まれ。

1984年?以降生まれ
  1. 史実では上杉和也事故死以前に生まれたため「拓也」「和也」だったが、この場合かずやも名前を変えていた(「勝也」など)。
    • 場合によっては全く別の名前になっていたかも。
    • それでも兄が達也になるかは微妙なところ。

志田愛佳[編集]

史実では1998年11月23日生まれ。

1990~91年度生まれ
  1. 年齢的にはNegiccoに入っていただろう。
  2. その後Negiccoを卒業して入ったアイドルグループはAKB48か乃木坂46だったかもしれない。

篠田麻里子[編集]

史実では1986年3月11日生まれ。

1986年度生まれ
  1. AKB48時代においてメンバー組閣後に最年長であることは史実と変わらない。
  2. 沢尻エリカ、上野樹里、北川景子、石原さとみ、井上真央などとともに1986年度生まれ一員として名を馳せていた。
    • 1986年度生まれは女性芸能人にとっての黄金世代と呼ばれていた。

関根勤[編集]

史実では1953年8月21日生まれ。

1950年以前
  1. 「森田一義アワー 笑ってもいいとも!」 (フジテレビ系) には番組開始当初 (1982年) から出演していた。
    • 途中でタモリの代理司会を担当することがあったかも。
1962年8月21日
  1. 同じ名前の宮崎勤と生年月日が同じことで散々ネタにされていた。
    • 宮崎勤事件の際に何らかのコメントをしていた。

瀬奈じゅん[編集]

1974年度生まれ

史実では彼女の生年月日は1974年4月1日ですが、もし彼女が史実より1日以上遅く生まれていたら?

  1. 史実通り宝塚の入団が1992年だったら大空祐飛がトップになれたか怪しい。
    • 大空祐飛がトップになれずに退団した場合は壮一帆や北翔海莉もトップにならずに宝塚を去っていた。
  2. 彼女がぎりぎりで宝塚に入団できる1995年に入団していたら史実で男役トップになっている真飛聖か大和悠河のどっちかが危うい状態になっていた。
    • 新人公演主演の回数が増えていたかも。

滝沢秀明[編集]

1982年度生まれ

滝沢秀明は昭和57年3月29日生まれですが、もし現実より4日以上遅く生まれていたらどうなっていたのでしょうか?

  1. ジャニーズの昭和57年度生まれが相葉雅紀の一人勝ちになることはなかった。
    • 昭和58年4月2日以降に生まれていた場合は結局変わらないけど…(「現実より4日以上遅く生まれていたら」なので、昭和58年度以降に生まれた場合も含まれる)
  2. 「タッキー&翼」が結成されず、最初からソロで活動していたかもしれない。
    • 相葉雅紀とユニットを組んでいたかもしれない。
  3. 「ストロベリー・オンザ・ショートケーキ」のキャストは史実と違っていた。
    • 唯役は1983年度生まれ以降の女優、遥役は1982年度生まれの女優が起用されていた。
      • 史実で唯役は深田恭子であるが、深田恭子では同年代になってしまうため。
        • 水川あさみあたりが起用されていたかも。
  4. シニア向けヘアカラーのCMに出演することはなかった。

竹内結子[編集]

1980年度(1980年4月2日以降)生まれ

現実では1979年度(1980年4月1日)生まれ。

  1. 1980年生まれではなく1980年生まれの一員となっていた。
  2. 少なくとも、広末涼子、田中麗奈、優香などと並び称される存在になっていた。

夏川純[編集]

1983年度生まれ

現実は1980年度生まれですが、事務所の戦略で1983年度生まれに詐称していた時期がありました。もし、本当に1983年度生まれだったら?

  1. 年齢詐称は起きなかった。
  2. グラビアから手を引くことはなかった。

中山忍[編集]

1973年度生まれ

現実では1973年1月18日生まれ。

  1. 松嶋菜々子、宮沢りえ、篠原涼子などのライバルとして張り合っていた。
  2. 史実より地味な存在になることはなかった。
    • 仕事も2時間ドラマに留まらず連ドラでの仕事にも恵まれていた。

中山美穂[編集]

1970年度生まれ

現実では1970年3月1日生まれ。

  1. 1970年度生まれということで同学年の工藤静香、永作博美、加藤貴子、和久井映見、渡辺満里奈などといい意味で比較されていた。
    • 特に永作博美とは同学年ながらルックスでのギャップの大きさが比較されていた。
      • 永作が20代の頃、ドラマで女子高生役を演じた時には10代で母親役を務めた中山と比較されていた。
  2. 10代で主婦キャラを演じることはなかった。
    • 「ママはアイドル」「若奥さまは腕まくり」はなかった。よって、後藤久美子がブレイクすることもなかった。
      • 後藤久美子はCMでもそれなりに注目されていたので史実と違った形でブレイクしていたかも。

西野カナ[編集]

現実では1989年3月18日生まれ

1969年生まれ
  1. 同世代の歌手である森高千里と何かと比較されていただろう。
    • あとリンドバーグの渡瀬マキとも(ともに三重県出身でもある)。
  2. 本名は公表されていただろう。
  3. 大学へは進学していなかったかもしれない。
  4. CDの売上は現実よりも高かったかもしれない。

橋本環奈[編集]

1999年度生まれ

現実では1999年2月3日生まれ

  1. 活動面においてはほぼ現実と変わらなかった。
  2. 史実でRev.from DVLが解散した時には1999年度生まれのジンクス通りになっていた。
    • 大橋のぞみ、吉田里琴(現・吉川愛)の二の舞になっていた。
  3. 浅川梨奈のライバルとなっていた。
    • 自身も対抗してグラビアに進出。

早見沙織[編集]

史実では1991年5月29日生まれ

1971年生まれ
  1. エロゲ・ギャルゲ声優になっていた。
  2. ときめきメモリアルの藤崎詩織役をやっていた。
  3. ラブプラスの高嶺愛花役は史実の同い年の悠木碧か寿美菜子がやっていた。
    • 年齢がもう少し上なら花澤香菜。
1979年生まれ
  1. こちらもエロゲ声優になっていた。
    • 2008年ごろから深夜アニメ中心にアニメ声優になってる。
  2. CLANNADの古河渚役か一ノ瀬ことみ役をやっていた。
    • 史実では当時高校1年生の早見はモブ役でCLANNADに出ている。
  3. 能登麻美子と釘宮理恵の知名度がやや小さくなっていた。
    • 「能登かわいいよ能登」が「早見かわいいよ早見」になっていたかもしれない。

福田充徳[編集]

1985年生まれ
  1. 彼の名前「充徳」は当時一万円紙幣の肖像だった聖徳太子に因むものだが、この頃には福澤諭吉が定着してくるので名前も福澤に因んだ「充吉」になっていたかもしれない。
    • ジャルジャルの福徳と混同されることもなかった。

松平健[編集]

1684年度生まれ
  1. 紀州藩主の子供…… ではなく尾張藩領に生まれて徳川継友を暗殺して、八代将軍継友になり変わってたかもしれない。
  2. 将軍になっていたら、江戸の町を出歩いて色々やっていたかもしれない。
    • その目的は、江戸庶民に対する辻斬りや闇討ちによるストレス発散。

横浜流星[編集]

  • 現実では1996年9月16日生まれ。
1993年3月31日以前
  1. DeNAベイスターズとの因果関係は定かではないが、現在の 「ベイスターズ」 の名前になったのが1993年4月1日のことなので、もしかしたら 「流星」 という名前になっていなかった可能性がある。
    • 「大洋」なら史実以上にネタにされていた。
1998年10月26・27日
  1. 名前の由来は 「10月26日にベイスターズが日本一になったから」 ということになっていた。

渡辺麻友[編集]

  • 現実は1993年度(1994年3月26日)生まれ。
1972年度生まれ

『さばドル』では38歳の高校教師が年齢を21歳詐称して渡辺麻友として活動していましたが、もし、現実(1993年度生まれ)より21年早く生まれていたら?

  1. 乙女塾に加入していた。
  2. 史実通りプロダクション尾木所属ならCOCOやribbonのメンバーと何らかの関係を持っていた。
  3. ソロ曲はポニーキャニオンからリリースしていた。
  4. 1990年代半ば頃には脱アイドル化し、声優か漫画家に転向していた。
  5. 『戦う!書店ガール』の亜希役は別のAKBメンバーがやっていた。
  6. (本当に年齢を詐称してAKBに入っていたら、)頭脳派アイドルとして活動していた。
    • 発覚した時は騒ぎになったものの、(実年齢に見えないと言われて)発覚後も美魔女アイドルとして人気を博していた。
    • その前に(高校教師時代から)かわいい先生として人気だったかもしれない。

スポーツ[編集]

浅田真央[編集]

  • 現実では1990年9月25日生まれ
1990年6月30日以前生まれ
  1. 年齢制限をクリアしてトリノオリンピックに出場していた。
  2. メダルを獲得し、平成生まれ初のオリンピックメダリストになっていた(史実では北京オリンピックの中村美里)。
    • 場合によっては平成生まれ初の金メダリストが8年早く誕生していた(史実ではソチオリンピックの羽生結弦)。
      • その場合荒川静香の金メダルはなくなるため、一部のフィギュアスケートファンの間でしか記憶に残らない選手になっていた。
1989年生まれ
  1. キム・ヨナとの1990年生まれ最強世代は形成されなかった。
    • キム・ヨナとの比較が減っていた。

井岡一翔[編集]

  • 現実では1989年3月24日生まれ
1988年生まれ
  1. 平成生まれ初の世界チャンピオンは亀田和毅だった。
  2. ボクシング界のハンカチ世代と呼ばれた。
    • 史実でも学年は1988年度生まれだが、どうも平成生まれであることを強調されがち。
1989年1月1日~1月7日生まれ
  1. 昭和64年生まれの世界チャンピオンは亀田大毅だけじゃなかった。
  2. この場合も平成生まれ初の世界チャンピオンは亀田和毅に。
1989年度生まれ
  1. 高校卒業年に北京オリンピックが開かれるため、井上尚弥のように進学しなかったかも。

石川遼[編集]

  • 現実では1991年9月17日生まれ
全般
  1. 松山英樹と同学年でなくなるため、比較されることはなかった。
1988年生まれ
  1. 野球のハンカチ王子斎藤佑樹と同い年になるため、史実以上に比較された。
    • どっちかの影が薄くなっていた可能性も。
1989年生まれ
  1. ゴルフに限らず、あらゆるスポーツを通じて平成生まれ初のプロ選手になっていたかもしれない。
    • 史実と同じ年齢なら2006年4月にプロ契約。
    • もし下記の辻本賢人が平成生まれだったら、辻本に遅れてしまうが。
  2. 1989年度生まれならハンカチ世代の1つ下になるため、1989年度生まれは「ハニカミ世代」と呼ばれ史実以上に定着。
    • 史実では1991年生まれにその名がついたが定着しなかった。

伊藤美誠[編集]

  • 現実では2000年10月21日生まれ
1988年生まれ
  1. 2007年には既に日本代表として定着していたため、School Daysのあのキャラと名前が似ていることが話題になっていた。
    • 「美しい伊藤誠」と呼ばれている。
      • 「世界を制する」などとも言われてる。
    • 本人に影響が出ていた可能性も。
  2. 福原愛とともに1988年度生まれが卓球界の黄金世代と呼ばれていた。
  3. 一方で同い年の有力選手が平野美宇のように名前の語呂が似ている選手じゃなくなるため、比較されることは減っていた。
1994年生まれ
  1. 上記と少し違ってSchool Daysのアニメが放送されたあとに台頭してくる。
    • 「あのキャラと似た名前の卓球選手がいる」と話題になっていた。

井上尚弥[編集]

  • 現実では1993年4月10日生まれ
1986年度生まれ
  1. 北京オリンピックを目指していた。
  2. 井岡一翔より先に世界王座最短奪取記録を更新していた。
  3. 日本人初の3階級制覇も亀田興毅ではなく井上尚弥になっていた。
  4. 弟との年の差も史実通りなら、日本人初の兄弟世界王者も亀田兄弟ではなく井上兄弟になっていた。
1991年度生まれ
  1. おそらくは大学進学してロンドンオリンピックを目指していた。
  2. 亀田和毅と同い年になるため、ライバル意識がより高まっていた。
    • 階級さえ合えば、マスコミが対戦機会を巡りより報道が過熱していた。

宇佐美貴史[編集]

  • 現実では1992年5月6日生まれ
1989年・1990年生まれ
  1. 1989年または1990年生まれが「プラチナ世代」と呼ばれた。
    • 史実で使われた「新黄金世代」が定着して「プラチナ世代」という呼称は最初から存在しなかった可能性もある。
  2. ロンドンオリンピックでは主力選手になっていた。
1993年1月1日~4月1日生まれ
  1. この場合も1992年度生まれが「プラチナ世代」と呼ばれただろう。
    • ただし1993年生まれの選手とも比較されていた。
1993年度生まれ
  1. 1993年または1993年度生まれが「プラチナ世代」と呼ばれた。
    • だが現在では「プラチナ世代」の呼び名は死語となり「リオデジャネイロ世代」と呼ばれている。
      • 1992年生まれはロンドン世代の最年少でオリンピックの代表選手も少なかったことから「ロンドン世代」とは呼びにくかった。
  2. リオデジャネイロオリンピックの予選に出場するも、久保裕也のようにクラブの都合でオリンピックには出場できなかったかもしれない。
  3. Jリーグ開幕の年に生まれたことから学生時代の話題性や期待度は史実以上だった。

内村航平[編集]

  • 現実では1989年1月3日生まれ。
1988年生まれ
  1. 名前は「航平」ではなかった。
  2. 昭和生まれで最も若いメダリストではなかったかも。
  3. 昭和64年生まれの有名人が一人減る。
平成(1月8日以降)生まれ
  1. この場合も名前は「航平」だろう。
  2. 平成生まれ初の金メダリストになっていた(史実ではソチ五輪の羽生結弦)。
1989年度生まれ
  1. 名前は「航平」・・・だったのかな?
  2. ロンドン五輪で金メダルを取っていれば、平成生まれ初になる。

大谷翔平[編集]

  • 現実では1994年7月5日生まれ
1968年度生まれ
  1. 史上2人目の日本人メジャーリーガーは野茂英雄ではなく大谷翔平になっていた。
  2. メジャーリーグで日本人初のノーヒットノーランを達成するのも大谷翔平に。
  3. もしかしたらドラフトで前年の桑田真澄事件の二の舞が起きていたかも。
    • 高卒後即メジャーリーグ挑戦を表明しながら、どこかに1位指名されたため入団。それが単独指名だった場合は密約疑惑が出て大揉めに。
      • 清原和博のような被害者が出ないため桑田ほど問題にはならないだろうが。
    • 当時の事情だったらメジャー入りのためにドラフトされても拒否して渡米って可能性も否定できない。
  4. 名前は「翔平」じゃなかった。
    • 当時は「翔」が人名用漢字になかったため(追加されたのは1981年)。
1980年度生まれ
  1. 入学したのは専大北上。
  2. 1998年の専大北上はベスト8以上まで進出していた。優勝はなさそうだが。
    • この年の専大北上は選抜にも出場していた。
  3. 横浜高校と対戦していれば、史実の大谷翔平と藤浪晋太郎の関係が大谷翔平と松坂大輔になっていた。
    • ただこの年は横浜-PL学園の名勝負があったため甲子園での試合としてはそっちの影に隠れそうだが。
  4. 名前は「翔平」じゃなく「大輔」だったかもしれない。
1991年度生まれ
  1. 同じ岩手県の菊池雄星と同い年になるが、どうも入学先は花巻東ではなく別の学校になりそう。
    • 菊池と大谷のどちらかが甲子園に出場できなかったことになる。
  2. もし史実通り花巻東に進学していたら2009年は花巻東が東北勢初優勝を達成。場合によっては春夏連覇している。
    • おそらく菊池とかぶるから野手になっていた可能性もありそう。
1992年度生まれ
  1. 花巻東に入学していれば菊池雄星の1つ後輩だった。
  2. 2009年夏は花巻東が東北勢初優勝を達成できていた。菊池が怪我をしても大谷でカバー。
    • 岩手県史上最強のチームになっていただろう。
    • 決勝戦が日本文理との対戦だったらここに書かれてるように、9回2アウトランナーなしから日本文理に大逆転負けする悲劇を味わっていたかも。
      • 怪我している菊池を無理に登板→追い上げられて大谷に交代も逃げ切れずという結末(史実ではこれが中京大中京の堂林と森本で起きた)。
  3. 史実と同じで高3の最後の夏は甲子園に出場できなかっただろう。
    • ただ前年に優勝していれば、閉会式での高野連会長の「大谷が見たかった」の発言はなかったと思われる。
  4. 入学したのが岩手県内の別の学校の場合、高校2年時は花巻東に負けて出場できないが、3年時は出場できていた。
1995年度生まれ
  1. 史実と同じ花巻東に入学。
  2. 3年夏の甲子園に出場できたため、閉会式での高野連会長の「大谷が見たかった」の発言はなかった。
    • だが例のサイン盗みを行った世代だったことになる。
      • サイン盗みはなかったかもしれない。場合によっては2013年夏は花巻東が優勝してる。

香川真司[編集]

  • 現実では1989年3月17日生まれ
1988年生まれ
  1. 平成生まれ初の日本代表選手ではなかった。
    • この場合誰になっていたんだ?(詳しい人頼む)
      • 調べたところ、金崎夢生(2月16日生まれ)が2009年1月のイエメン戦でAマッチデビューを飾っている(香川との交代出場)。
  2. サッカー界のハンカチ世代と呼ばれた。
    • 1988年度生まれは野球のハンカチ世代に対しサッカーの香川世代と呼ばれた可能性も。
      • 史実でも学年は1988年度生まれだが、どうも平成生まれであることを強調されがち。
1989年1月1日~1月7日生まれ
  1. 唯一の昭和64年生まれの日本代表になっていた。
    • 唯一の昭和64年生まれのワールドカップ出場選手にもなる。
  2. この場合も平成生まれ初の日本代表は別の選手に。
1989年4月2日以降生まれ
  1. 2008年北京オリンピックの代表には選ばれなかった。
    • アテネオリンピックの平山相太の例もあるのでその限りではないが。
  2. 史実通りクラブの都合で2012年ロンドンオリンピックにも出場できなければ、香川はオリンピックを経験してない選手になっていた。
  3. 北京世代の本田圭佑や1988年生まれの森本貴幸、吉田麻也などと一緒にされることはなく、1989年生まれの清武弘嗣やロンドン世代の大迫勇也、酒井宏樹などと比較されていた。

金本知憲[編集]

  • 現実では1968年4月3日生まれ
1968年4月1日以前生まれ
  1. 現実より学年が1つ上(1967年度生まれ)となるので、桑田真澄・清原和博と同学年となっていた。
    • 現実以上にこの2人と比較されるようになっていた。
    • 更にもし桑田が1968年度生まれだったら、桑田と金本の学年が逆転していたため、桑田は金本の後輩となっていた。
    • 現実以上に1967年度生まれが当たり年と呼ばれている。
  2. 2009年現在、この年度生まれでは唯一の現役選手となっていた。
  3. 世代の呼び方が「桑田・清原・金本世代」となっていたかも。
    • もしかすると「KKKトリオ」が出来ていたかもしれない。
  4. 誕生日が3月34日と呼ばれることもなかった。
  5. 史実通り2016年に阪神の監督に就任していた場合、桑田の巨人監督就任、佐々木のDena監督就任もあり得たかもしれない。
    • アレに手を染めてなかったら清原の西武監督就任もあったかも。
      • オリックスの監督に就任していた可能性もある。
  6. 史実通り浪人→東北福祉大に進学していたら1989年のドラフトで広島から4位指名を受けた。
    • 前田智徳はダイエーに指名されていた。

亀田大毅[編集]

  • 現実では1989年1月6日生まれ
1989年1月8日以降生まれ
  1. 史実通り行けば平成生まれの世界チャンピオン第1号になっていた。
    • 史実での第1号は井岡一翔。
      • その井岡一翔と、平成元年生まれで同じ大阪市西成区出身なので現実以上に比較されていただろう。
  2. 昭和64年生まれのプロボクサーは1人もいなかったかもしれない。
  3. 内藤大助戦の反則行為に対して、特に年配から「これだから平成生まれは…」などと蔑まされていた。

桑田真澄[編集]

  • 現実では1968年4月1日生まれ
1968年4月2日生まれ

もし桑田真澄の誕生日が実際(4月1日)より1日遅れで4月2日だったら。

  1. 清原とは学年が異なるためKKコンビは誕生しなかった。
    • 1983年夏の甲子園のPL学園優勝は無かった。
      • 1983年夏は池田が史上初の甲子園3連覇を達成していた。
    • 高校野球人気もそこまで上がらなかっただろう。
    • 幽☆遊☆白書の桑原和真も、違う名前になっていた。
      • 金本が1967年度生まれだったら金原和憲とかかな?
  2. 清原の後輩となるので、高校でつぶされた可能性も。
    • 野手に転向した。
  3. 清原をドラフト指名する球団が1球団増えていた。
    • 清原が巨人に入団していた可能性も。
  4. 金本知憲(桑田より2日あとの4月3日生)のコメントにおける桑田の他人称が「桑田さん」ではなく「桑田」(あるいは「桑田君」)になっていた。
    • 桑田真澄が1968年4月2日以降生かつ、金本知憲が1968年4月1日以前生だったら、逆に桑田の金本に対する他人称が「金本さん」になっていた。
  5. 昭和42年度生まれが「KK世代」ではなく、「清原世代」と呼ばれていた。
    • そして昭和43年度生まれは「桑田世代」と呼ばれていた。
      • 昭和43年度生まれが「KK世代」になっていたかも(この場合もう1つのKは金本のこと)。
  6. 清原は投手をしていたかも。
    • その為、逆に清原が巨人のエースピッチャーだったかも。
  7. 1986年のドラフト1位指名は桑田、近藤、阿波野の3人で占められることになった。

柴崎岳[編集]

  • 現実では1992年5月28日生まれ
1989年・1990年生まれ
  1. 2012年ロンドンオリンピックに出場していた。
    • 活躍次第では44年ぶりのメダルを獲得できていた。
  2. 場合によっては2014年ブラジルワールドカップの代表にも選出。
  3. 2015年ごろにヨーロッパに移籍。2016年のクラブワールドカップは鹿島アントラーズは決勝に進出できなかった。
    • 決勝に進出していてもレアル・マドリードに史実以上の大敗。
1993年生まれ
  1. 2016年リオデジャネイロオリンピックに主力として出場していた。
    • 活躍次第では決勝トーナメントに進出できていた。
  2. 2012年のアジアユースにも出場。場合によっては2013年のU-20ワールドカップに出場できていた。
  3. 一方で2018年ロシアワールドカップの代表には選ばれなかったかも。
    • その場合日本は決勝トーナメントに進出できなかった可能性も。

高木美帆[編集]

  • 現実では1994年5月22日生まれ
1994年7月1日以降生まれ
  1. 年齢制限によりバンクーバー五輪に出られなかった。
    • トリノに出られなかった浅田真央同様の議論が起こっていた。
  2. ただしソチ五輪には出場していた。
    • 姉妹同時出場が4年早く実現していた。
1994年4月1日以前生まれ
  1. 浅田真央の件を引き合いに出されることはなかった。
  2. 1994年度生まれのオリンピック金メダリストが1人減っていた。

田中将大[編集]

  • 現実では1988年11月1日生まれ
全般
  1. 斎藤佑樹と甲子園決勝で対戦することはなかった。
    • 学年が斎藤佑樹の1つ下だったら田中将大の2年時に対戦していた可能性はあるが。
    • 斎藤佑樹と比較されることもなかった。
1980年度生まれ
  1. 松坂世代の1人になってる。
    • こちらは田中将大がどれだけ活躍しても「ハンカチ世代」のように世代の盟主が変わることはなかっただろう。
  2. 入学するのは関西の学校。PL学園あたりか?
    • それだと1998年夏の横浜は春夏連覇できず、PL学園が優勝していた。
1987年度生まれ
  1. 高校生ドラフトのときと変わらず1987年度生まれがプロ野球界の黄金世代と呼ばれていた。
    • ちなみに現実でも高3のドラフトのときは1987年度生まれが史上最大の豊作と言われていた。
    • 最初から「田中世代」と呼ばれる。
      • 「ハンカチ世代」と呼ばれることを田中将大が嘆くことはなかった。
    • だがプロ入り数年後には田中将大だけの世代になってる可能性が高いか。
  2. 駒大苫小牧は史実通り夏の甲子園2連覇するが、3年目の2006年は初戦敗退、または南北海道大会で敗退して出場できなかった。
    • だが2005年の駒大苫小牧は選抜も優勝。史上5校目の夏春連覇と史上6校目(当時)の春夏連覇、そして史上初の甲子園3連覇を達成していたかもしれない。
  3. 史実通り2005年夏の甲子園準決勝で大阪桐蔭と対戦していた場合、この学年における斎藤佑樹のポジションは辻内崇伸になる。
  4. 進学したのが駒大苫小牧ではなかった可能性もある。
    • 駒大苫小牧は2004年だけの一発屋になり、2005~2006年は別の学校が優勝している。
  5. 2005年の高校生ドラフトでの交渉権獲得くじの間違いは田中将大で起きていた。
    • 辻内みたいに批判される発言をすることはなさそうか。
1989年度生まれ
  1. 1989年度生まれがプロ野球界の黄金世代と呼ばれていた。
  2. 平成生まれの勝利投手第1号は唐川侑己ではなく田中将大になっていた。
  3. 駒大苫小牧は2005年は優勝できないが、2006年か2007年に優勝していた。
    • 早稲田実か佐賀北のどちらかは優勝できなかった。
    • 2005年は大阪桐蔭が優勝していたか。
  4. 2006年の甲子園決勝で斎藤佑樹のいる早稲田実と対戦した場合、どちらが勝っても引き分け再試合にはなっていない。
    • この試合が名勝負として語り継がれることはなかった。
    • 史実通り引き分け再試合になっていても、学年が違うためここまで2人が比較されることはなかった。
1991年度生まれ
  1. この場合も多分駒大苫小牧に入学。
    • この1つ下(1992年度生まれ)からは一転して別の学校に入学になりそう。特に2007年は特待生問題があったし。
  2. 駒大苫小牧は2004年の初優勝後、2005年はベスト8くらい、2006~2007年は低迷し南北海道大会で敗退するが2008年か2009年に2度目の優勝を達成した。
    • 連覇は達成してないため「北海道勢初優勝を達成した学校」と「田中将大の母校」としてだけ語り継がれる。
1994年度生まれ
  1. 入学するのは別の学校になる。
  2. 北日本の学校なら光星学院が有力か。史実では光星学院出身の坂本勇人と少年野球でのチームメイトで、こちらの場合は坂本の後輩になる。
    • それだと2012年夏は光星学院が東北勢初優勝を達成していた。
    • 青森山田か東北という可能性も。
      • 青森山田に入学してた場合は青森山田の低迷が遅れ、光星学院の低迷がもう少し続いていた。2011・2012年は青森山田が甲子園で上位進出している。
  3. 関西の学校だと報徳学園が有力か。
    • 大阪桐蔭だった場合は甲子園での戦績は史実とほとんど変わらない。

長義和[編集]

  • 現実では1953年10月3日生まれ
1955年以降生まれ
  1. モスクワオリンピックボイコット後に競輪転向が実現できた。
    • 「悲劇の選手」と呼ばれることはなかった。

辻本賢人[編集]

  • 現実では1989年1月6日生まれ
1989年1月8日以降生まれ
  1. 平成生まれのプロ野球選手第1号になっていた。
    • 野球に限らず、あらゆるスポーツを通じて平成生まれ初のプロ選手になっていたかもしれない。
    • 平成生まれが2年早くプロに入っていた。
  2. 福田秀平は平成生まれのプロ野球選手第1号にはならなかった。
    • ただし平成生まれの勝利投手第1号は唐川侑己になったことは変わらない。
  3. NPBに昭和64年生まれの選手は1人もいなかった。

西岡利晃[編集]

  • 現実では1976年7月25日生まれ
1975年以前生まれ
  1. 現役時代が史実通りなら、37歳定年を待って引退となっていた。
    • 史実ではラストファイトが36歳と2か月強だったので、引退届を提出した。

白鵬翔[編集]

  • 現実では1985年3月11日生まれ
1970年代前半生まれ
  1. 同世代の旭鷲山・旭天鵬と同じく大島部屋に入門した。
    • 四股名は「旭白鵬」あたり?
  2. 1990年代後半に横綱昇進し曙・貴乃花のライバルとなる。
    • 武蔵丸や若乃花は大関止まりだった。
1980年生まれ
  1. 同い年の朝青龍と早くからライバル視された。
    • 全盛期が重なるため正真正銘の「青白時代」が到来する。
      • 両者による千秋楽横綱全勝対決が実現したかもしれない。
      • 交互に優勝を奪い合うため7連覇や63連勝などの記録は生まれなかった。
  2. 2001年に大関昇進し、夏場所は貴乃花との優勝決定戦になった。

武藤嘉紀[編集]

  • 現実では1992年7月15日生まれ
1977年生まれ
  1. 同い年の三都主アレサンドロとの比較であだ名が「ムントス」になっていた。
    • サッカー雑誌の4コマ漫画で村井慎二がこう呼ばれたことがある。
1993年生まれ
  1. 2016年リオデジャネイロオリンピックに主力として出場していた。
  2. 逆に2018年ロシアワールドカップの代表には選ばれなかった。
  3. A代表にデビューしたのは2016年、海外移籍は2016年秋か2017年だった。

森本貴幸[編集]

  • 現実では1988年5月7日生まれ
1989年1月1日~1月7日生まれ
  1. 数少ない(唯一か?)昭和64年生まれのJリーガーとなり、さらに同時期にプロ野球選手になった同じ昭和64年生まれの辻本賢人と比較されていた。
1989年1月8日~4月1日生まれ
  1. 平成生まれのJリーガー第1号になっていた。
    • サッカーに限らず、あらゆるスポーツを通じて平成生まれ初のプロ選手になっていたかもしれない。
  2. 平成生まれ初のJリーグゴール、Jリーグ最優秀新人賞も記録。
1989年度生まれ
  1. こちらも平成生まれのJリーガー、Jリーグゴール第1号になっていた。
    • ただしそれぞれ記録が1年遅れる。
  2. 2008年北京オリンピックの代表には選ばれなかった。
    • 2012年ロンドンオリンピックに出場していた。

山田哲人[編集]

  • 現実では1992年7月16日生まれ
1991年生まれ
  1. 「平成3年」なのでトリプルスリーと絡めたネタになる。
  2. もし平成3年3月生まれなら学年は1990年度生まれになる。
  3. 史実通り履正社高校出身なら2008年の選抜に出場していた。
    • 一方で夏の甲子園には1度も出られなかっただろう。
  4. 1992年度生まれのプロ野球選手は千賀滉大が台頭するまで不作の世代と言われた。
1993年生まれ
  1. こちらも末尾が3なのでトリプルスリーと絡めたネタになる。
  2. 2011年の選抜は履正社が優勝していたかもしれない。
  3. もし1993年3月生まれなら学年は現実と同じ1992年度生まれ。
  4. 2011年のヤクルトが「東北復興ドラフト」を敢行することはない。
1958年(昭和33年)生まれ
  1. 1980年代前半にトリプルスリーを達成していた。
  2. 上記の平成3年or1993年生まれ以上に3が並ぶが、あまり話題にならなかったかも。
    • 「トリプルスリー」が流行語になることはない。
    • 簑田浩二と同じ1983年に達成していれば、こちらも末尾が3なので話題になったか。

政治家[編集]

東国原英夫[編集]

1897年生まれ
  1. 史実通り宮崎県知事になっていた場合、岩切章太郎と一緒に観光宮崎の発展に力を尽くした。
  2. うまくいけば内閣総理大臣になれた。
    • 地元宮崎の交通事情の改善に手を入れ、2016年現在、陸の孤島と称されることはなくなっている。

その他[編集]

泉重千代[編集]

  • 誕生は1865年8月20日とされているが、最近では1880年生まれという説が有力。
1863年9月9日(以前)生まれ
  1. 最高齢の記録はいまだ破られていない。
1868年9月8日生まれ
  1. 最後の江戸時代生まれにはなっていない。
    • 最後の江戸時代生まれは中山イサ(1866-1977)。
    • 最高齢になったのも1977年になってからだった。
1880年生まれ
  1. 最高齢にはならず、105歳まで生きた人、として認識されたのみだった。
    • 少なくとも住んでいた伊仙町では表彰されていただろう。
  2. 徳之島の知名度はそれほどなかった。

木村次郎右衛門[編集]

  • 現実では1897年4月19日生まれ。
1899年生まれ
  1. 1899年生まれの男性長寿者が少ないということはなかった。
1897年3月19日生まれ
  • 本来は3月19日生まれであるものの役所のミスで4月19日となったようです。
  1. ディーナ・マンフレディーニは存命人物の中で世界最高齢になることはなかった。

徳仁[編集]

1960年2月19日生まれ
  1. イギリスのアンドルー王子と生年月日が一緒だけあって、その人と比較された。



関連記事