もしあの作品があの雑誌で漫画化されたら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  • 新規追加は50音順でお願いします。

独立済み[編集]

全般[編集]

児童誌[編集]

銀魂[編集]

  1. さらに下ネタが増える。
    • が、勿論「そっち関連」の下ネタは大きく削られる。
      • さっちゃんの言動が更に近藤2号になる。

テイルズオブシリーズ[編集]

  1. 本格連載は恐らく無理なので、ギャグ短編とかになる。
    • 特典DVDみたいなノリになる。

とある魔術の禁書目録[編集]

  1. 上条の不幸度が増す。
  2. インデックスの出番がやや増えそうな予感。

鋼の錬金術師[編集]

  1. おそらく4コマ劇場をそのまんま移設することになる。
    • 荒川先生のアシがSD化した鋼キャラを描く(要するにあのハニワみたいなアルではなくSD化したアル)ことになるかも。

らき☆すた[編集]

  1. さすがに「貧乳はステータスだ」というセリフは別のものに置き換えられていた。
  2. オタクっぽい要素はかなり削られる。

小学館[編集]

コロコロコミック[編集]

THE IDOLM@STER[編集]

  1. 何故かと言うか当然と言うか、読者層とかぶるであろうもふもふえんの3人が主役となる。
    • アニキでミリオンの特集してたしそっちじゃないのかな?
      • もしミリオンライブがベースならプロデューサーになった北沢志保の弟・陸が主人公。
  2. 恐らくはギャグよりの内容。
    • コロコロ連載作品の中の人ネタが多め。(例:日高愛=天野景太)
    • ただ千早を見た後にあずささんがTVに映って「でけええええ!!」「そら目の錯覚だろ」とか言ったネタはやりそう。
  3. ゲームの特集が本誌で組まれる。

ハヤテのごとく![編集]

  1. 一時期やってたマギやガッシュのアレと同様にギャグ満載の外伝になる。
    • パロディネタもコロコロ作品中心になる。(例:「私がダラダラしているのは妖怪のせいなのだ。」)
  2. ワタルや大河の出番が増える。
  3. サキや雪路はこれでもかというほどダメさが強調される。

ピングー[編集]

  1. ピングー自体が実質的にギャグ路線なので出来ない事はない。
  2. ピングーの身体が伸びる描写も健在。

ポプテピピック[編集]

  1. 爆破されるのは竹書房ではなく小学館だった。
  2. 内容的にはそんなに変わらない。
    • 少なくとも中指ネタは絶対に無理。
    • ウンコネタだらけにされそうではある。

YAIBA[編集]

  1. 内容的にはあまり変わらなさそう。むしろコナンの方がグロいし。
    • ラブコメ描写は減りそうだ。

週刊少年サンデー[編集]

甲虫王者ムシキング[編集]

  1. 基本設定はザックの冒険準拠。
  2. 『ザックの冒険』以上に過激な巨大昆虫による攻撃・スプラッタ描写が入る。
  3. 女性ムシマスターが増える。

ザ☆ドラえもんズスペシャル[編集]

  1. 原作に輪をかけてシリアス路線になる。
    • あんまりにもドラえもんからかけ離れた殺伐とした話になり、最終的に苦情が入る。
  2. 題材もオカルトネタが増えていた。
    • 歴史ものでは中高生に人気が高そうなジャンヌ・ダルクとか新選組もネタにされていた。

聖闘士星矢[編集]

  1. 女聖闘士が増える。
    • 仮面の掟はだいぶマイルドになりラブコメ展開が増える。
      • ジュネとかが最後の方まで出張る。
    • 星座の元ネタ的にシャカは無理にしろアプロとかミロは女性にされてたかもしれん。
  2. 多少なりとも現在の星座カースト制度に影響は出ていた(笑)
  3. NDとか後発の作品はどうなるんだろう。チャンピオン送りになるのだろうか?
    • 仮にサンデー系列(GXとか)で続いていたら、聖闘士星矢Ωはコロコロコミックでコミカライズされる。

BLACK LAGOON[編集]

  1. あそこまでケレン味溢れる内容にはなっていない。
    • エログロ描写はほぼ全部カットされ、ただのレヴィちゃんTUEEE漫画になっていた。
    • 飲酒、喫煙描写も大幅に削減される。ただ姉御とダニーはずっと吸ってそう。
  2. 双子と雪緒は「実は生きてました」で済まされそう。
  3. レヴィが主人公でロックが副主人公になっていたのは間違いない。
    • レヴィは冴羽かランボーかというくらいの強さになっていた。
      • 敵の銃弾を歯で噛んで止める、飛んできた銃弾に銃弾を当てて跳弾させ2人の敵を倒す、抜いた瞬間がスーパースローカメラでも見えない、くらいのことは余裕でしていた。
  4. もちろん他のキャラもインフレしまくり。もはや銃に頼らない方が強いレベル。
    • 銀は刀一本で家とか戦車を叩き切っている。
  5. わざとらしいツンデレ、サービス描写が増える。サンデーだもの。
  6. 最終的に苦情が殺到してS通り越してビッグコミックに島流しにされる。
  7. 『ハヤテのごとく!』でサキさんがロベルタのパロディをやらかしていた。

北斗の拳[編集]

  1. 女性拳法家が増える。
    • シュウあたりが女にされていた。

るろうに剣心[編集]

  1. バトルはサブでラブコメ中心の展開に。
    • 原作・アニメ共に史実よりかなりゆったりした流れになる。
      • アニメオリジナルの東京編迂回エピソードのようなのんびりした話が増える。「銀魂」から下ネタを抜いたような内容になる。
    • アニメオリジナルの長編&ゲーム「十勇士陰謀編」内容がほぼ史実通りだった場合、トチ狂った作者によって真田忍軍&今十勇士関係者および風一族&水一族の設定が原作に逆輸入され、彼らと関係のある秘宝or文献を参考にメインキャラが作った物の力が原因でトラブルが起きる回が原作・アニメ共に作られていた可能性がある。
  2. 剣心が女装させられる。

講談社[編集]

週刊少年マガジン[編集]

カードキャプターさくら[編集]

  1. 最初から中学生。
  2. のっけから北米版ばりに全キャラ血の気が多い。
    • というか、ツバサを現代日本風にしただけの内容。
  3. そのうちテコ入れでクロウカードを利用しようとたくらむ悪の組織とかが出てくる。

銀魂[編集]

  1. 当然ながら局注法度におけるマガジンとジャンプの順番が逆になる。
  2. いじりネタもあしたのジョー、金田一、はじめの一歩とかが多めになる。
    • 近年のラブコメ台頭も多分ネタにされる。新八がお妙さんに隠そうとする本は『ドメスティックな彼女』あたりになる。
  3. ド直球下ネタの代わりにエロネタが増える。
    • たぶん既存のキャラの何人かは性転換させられる。

たのしい幼稚園[編集]

はたらく細胞[編集]

  1. 2ページ見開きカラー、最後はしつけも兼ねた「赤血球ちゃんとのお約束」が入る。
    • 【肺炎球菌篇】
      赤血球「わたしは 赤(せっ)けっきゅう。さんそ(※空気(くうき)の中(なか)の、生(い)き物(もの)にとって大(だい)じなガスのこと。)をはこんで いるの。」
      肺炎球菌「ふはは、さんそを おれに よこせ。」
      赤血球「きゃあ。たすけてえ。」
      白血球「かくごしろ、さいきんめ。おれが 白(はっ)けっきゅうだ!」ドゴォ
      肺炎球菌「グエー。」
      赤血球「ありがとう ございます 白(はっ)けっきゅうさん。」
      突然湧いて出てきた血小板「白(はっ)けっきゅうの おにいちゃん、つよいんだね。」
      白血球「さいきんや ウイルスを たいじするのは おれたちに、まかせろ。」
      【赤血球ちゃんとのお約束】「空気(くうき)の 中(なか)や 土(つち)には いっぱい さいきんが いるの。 外(そと)から かえったら 手(て)あらい うがいを きちんと してね。」~おしまい 来月号に続く~
      ≪おうちの方へ≫赤血球は酸素を運搬し、白血球(好中球)は体内に侵入した病原体を退治する血球です。この漫画を通じて、健康の大切さ、そして人体の持つすばらしさを教育にお使いください。
      …ね。間違ってはいないでしょう。
    • 【擦り傷編】赤血球「たいへん、けっかん(※ちが とおる くだ。)に あなが あいちゃった!」
      黄色ブドウ球菌「おほほ! わたしたちが はかいして くれるわ!」
      白血球「くそっ、かずが おおすぎる」
      赤血球「このままじゃ わたしたちまで ながされちゃう!」
      血小板「よーし! わたしたちの でばんだ!」
      黄色ブドウ球菌「きゃあ、きずが ふさがった!」
      血小板「かさぶたで きずを ふさいだんだよ。」
      白血球「いまだ!」ドギャア
      黄色ブドウ球菌「ぎゃあ。」
      赤血球「けっ小(しょう)ばんちゃんたち、小(ちい)さいのに すごいですね!」
      白血球「…で、おれは いつまで ここに いれば いいんだい。」
      血小板「かたまるまで じっと しててね。」
      【赤血球ちゃんとのお約束】「そとで ころんだり きったりして ちが でたら きず口(ぐち)を すぐ 水(みず)で あらいながしてね。」~おしまい 来月号に続く~
      ≪おうちの方へ≫血小板は傷をふさぐ「かさぶた」を形成する細胞です。子供さんがけがをしたら、すぐに傷口を水で洗い流し、絆創膏を当てましょう。かさぶたは怪我が治るまではがさないよう、「血小板ちゃんが悲しむよ」等の理由をふまえつつ教えてあげてください。
  2. 読者層のことも配慮し、(病原体の)出血シーンは削除。
  3. 毎月必ず血小板がやたらでかく描かれる。
    • …というより血小板が主役。

東方project[編集]

  1. 霊夢や魔理沙などの幼少期が登場する。
    • 他には幼い少女キャラクターが多く登場していた。
  2. 幼児の東方コスプレが増えるだろう。
  3. 子供向けの東方の音楽も制作される。

芳文社[編集]

まんがタイムきらら[編集]

  • 便宜上キャラット・MAX・フォワードも含めます。

School Days[編集]

  1. 誰も死なないし殺されないし言葉へのいじめも無い。
  2. 誠はただのスケベ扱いされ、泰介ともども世界や刹那からツッコミと称してフルボッコにされる。
    • 包丁刺さったくらいじゃ死なない。
  3. だんだん男性陣の出番が削り落とされていき、刹那あたりが主人公の座を分捕る。
    • テコ入れとしてCross組が入ってくる。

魔法少女リリカルなのは[編集]

  1. 平和だなあ
  2. 基本ギャグで話が進む
  3. 途中でサザエさん時空に突入するか、中学編が始まる。

未確認で進行形[編集]

  1. 荒井チェリーワールドに組み込まれ「三者三葉」や「いちごの入ったソーダ水」とハイパーリンクが行われる。
    • 上記二者の事を考えるとやっぱり連載はキャラットなんだろうか。
  2. 内容は今と殆ど変わらない。
  3. アニメ化の時期がやや遅れていたかもしれない。



関連記事