もしあの俳優がブレイクしていたら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

もしあの芸能人がブレイクしていたら > 俳優

トークに、もしあの俳優がブレイクしていたらに関連する動画があります。

鳴り物入りでデビューした俳優がもしブレイクしていたら?

  • 便宜上、女優・子役についてもこちらで扱います。
  • 新規追加は50音順でお願いします。
  • 後に(別の形で)ブレイクした人については「史実より早くブレイクしていたら」の妄想とします。
  • 実際にそこそこブレイクした人については「史実以上にブレイクしていたら」の妄想とします。
  • 「○○といえば(別の××)だった」という投稿は禁止です。

男優[編集]

安達哲朗[編集]

安達祐実の兄。もし、安達祐実と同様に本格的にブレイクしていたら?

  1. 高校卒業と同時に引退することはなかった。
  2. 藤原竜也、小栗旬、滝沢秀明の仕事を奪っていた。
  3. 向井理、田中圭の存在が薄れていた。
    • 事務所の同僚である塚本高史も同様であった。
      • そもそもサンミュージックは塚本高史を必要以上に推していなかった。
  4. サンミュージックは男性俳優にも力を入れていた。
    • お笑い中心になることもなかった。
  5. 伊藤淳史、石井正則とともに小柄男優の名を馳せていた。
    • そもそも、体格が小さくて扱いづらいとみなされることはなかった。
  6. えなりかずき、ウエンツ瑛士をライバル視していた。

天野勝弘[編集]

体操のお兄さんとしては子供からの人気が高かったが、もし俳優業に戻ったあとも売れ続けていたら。

  1. テレビドラマ出演がもう少し多かった。
  2. 映画にも出演していた。
  3. バラエティ番組にも徹底的に多く出演していた。
  4. 弘道お兄さんの影が薄くなっていた。

加勢大周[編集]

活動初期はそれなりの人気があったものの、事務所移籍のゴタゴタもあり、人気は伸び悩んだ。

  1. 現在でも「新御三家」として織田裕二、吉田栄作と並び称される存在になっていた。
  2. 事務所移籍は円満な形で行われた。
  3. 坂本一生が世に出ることはなかった。仮に世に出ても影が薄かった。
  4. クスリに手を出すこともなかった。
  5. 主演級を務める作品も史実より多かった。
  6. 台湾進出はなかった。

川崎麻世[編集]

ジャニーズ時代にブレイクしていたら

ジャニーズ事務所にてアイドル歌手としてデビューし、デビュー当時こそブロマイドが多く売れたもののヒット曲には恵まれなかった。もし、アイドル歌手として本格的にブレイクしていたら。

  1. 郷ひろみ移籍以降のジャニーズ事務所の低迷はこの時点で打破できていた。
  2. たのきんトリオの影が薄くなっていた。
  3. カイヤとは出会わなかったかもしれない。
    • 恐妻家タレントが1人減っていた。
      • でも、彼の性格から考えると、誰と結婚しても恐妻家になっていたような気がしないまでもない。

小林稔侍[編集]

小林稔侍は『キャプテンウルトラ』のキケロ星人ジョーで世に出たが、大きな支持を得るには至らず、その後は悪役俳優に転身するも鳴かず飛ばずで『はね駒』が大ヒットするまではブレイクには至らなかった。もし、それ以前にブレイクすることができていたら?

  1. 『キャプテンウルトラ』のキケロ星人ジョーは彼の代表作になっていた。
    • 子供達に嫌われる事もなく、途中降板もなかった。
  2. 小林稔侍は悪役のイメージが強いままであった。
    • その分、父親キャラとして定着することもなく、カリー工房のCMに出演することはなかった。
      • よって、安達祐実もブレイクすることはなく、「具が大きい」も流行語にすらなっていなかった。
    • 悪役俳優の名を馳せ、悪役商会の仕事も奪っていた。
    • 小沢仁志、哀川翔、竹内力、安岡力也の存在が薄れていた。
      • 的場浩司も。
      • 遠藤憲一も。

齋藤ヤスカ[編集]

高橋光臣や三上真史同様にブレイクできたら。

  1. 松坂桃李や千葉雄大、山田裕貴をライバル視していた。
  2. 父親遭難の時の募金活動のあとテレビドラマ出演の機会が減ることもなかった。
    • ホストへの転向もなかった。
  3. それでも写真家活動は続けていた。

坂上忍[編集]

ロック歌手として成功していたら

坂上忍は1980年代にロック歌手として活動していた時期がありましたが、成功には至りませんでした。もし、ロック歌手として成功していたら?

  1. アイドル性の強いロック歌手として地位を確立していた。
  2. 尾崎豊や吉川晃司のライバルとして張り合っていた。
    • 尾崎豊の死後は仕事を確実に奪っていた。
  3. 俳優業への復帰もなく、活躍の場をバラエティに移すこともなかった。
    • 潔癖症キャラや毒舌キャラになることはなかった。
    • 嫌いな男性芸能人の1人に挙がることもなかった。
  4. 『得する人損する人』で歌手時代の映像を度々流されることはなかった。
    • そのギャップの大きさから彦摩呂と比べられてしまうこともなかった。
    • 坂上が恥ずかしがることもなかった。
    • この番組で出演者の過去の映像を流すことがお約束になることもなかった。
  5. 佐野元春や浜田省吾の仕事を奪っていた。

高野八誠[編集]

つるの剛士や杉浦太陽同様にブレイクしていたら

  1. ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGAには史実通りに出演できた。
  2. シリアスな役を多く演じていた。
  3. 大決戦!ウルトラ8兄弟ではなくウルトラ9兄弟になってたかもしれない。
    • アグルに変身していたかもしれない。
  4. オダギリジョーや要潤をライバル視していた。

田中幸太朗[編集]

  1. スーパー戦隊シリーズの追加戦士出身の俳優として玉山鉄二と並び称される存在となっていた。
  2. 高橋光臣や松坂桃李の仕事をいくつか奪っていた。
  3. 「NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』完全ガイドブック」にも写真とインタビューが掲載されていた。
  4. 『ゴーカイジャー』でのアバレキラーの素面のゲスト出演はおそらくなかった。
  5. 2004年以降のスーパー戦隊シリーズのキャスティングも史実と違ってヒロイン重視にはならず、イケメン偏重・ヒロイン軽視の傾向が続いていた。

ディーン・フジオカ[編集]

朝ドラ『あさが来た』でブレイクしましたがもしそれ以前にブレイクしていたら?

  1. 独身時代にブレイクしていたら史実の福山雅治並に女性人気は絶大になっていた。
    • その分結婚した時のショックは大きかっただろう。
  2. 同世代でタイプも似ている玉木宏や向井理のライバルとなっていた。

中村嘉惟人[編集]

  1. スーパー戦隊シリーズの黄色戦士出身の俳優として西村和彦や小島梨里杏と並び称される存在となっていた。
  2. 2010年度のてれび戦士出身の俳優として岡田結実と並び称される存在となっていた。
  3. スーパー戦隊のヒーロー役者に元てれび戦士やEテレの子役出身者が起用されることがもっと多くなっていた。
    • 元おかあさんといっしょのおにいさんおねえさんの出演の話が出てきたかもしれない。
      • 実際に元うたのおにいさんの出演は速水けんたろうが最後だった。

中村繁之[編集]

現在でも俳優として活動していますが、もし、ジャニーズ時代にブレイクしていたら?

  1. 以降もジャニーズはソロ歌手を積極的にデビューさせていた。
  2. 光GENJIの影が少しは薄くなっていた。
  3. 事務所移籍を繰り返すことなく、ジャニーズ事務所に残留し続けていた。
  4. CM出演本数は史実より多かった。

細田善彦[編集]

細田よしひこ時代に『ライフ』で注目されたが、それ以降は出演作品の低視聴率ぶりで伸び悩んだ。

  1. 低視聴率俳優の烙印を押されることはなかった。
  2. スターダストを退社することはなかった。
  3. バラエティに進出することはなかった。
  4. 脇役俳優に留まることなく、主演級も務めていた。

松本寛也[編集]

  1. スーパー戦隊を愛する俳優として史実以上に注目されてた。
  2. ボウケンジャー以降のスーパー戦隊で女イエローばかりが続くことはなかった。
  3. ブレイク時期によってはビートバスターの役が違ってたかもしれない。
    • 手裏剣戦隊ニンニンジャーへのゲスト出演はなかったかもしれない。
    • ホシ☆ミナトの役も違ってたかもしれない。

吉野翔太[編集]

  1. ホラーな顔に整形することはなかった。
  2. King &PrinceかSixTONES、Snow manのどれかのメンバーに選ばれたかもしれない。
  3. ジャニーさんの葬式にも参列していた。

女優[編集]

石田ひかり[編集]

デビュー初期は姉である石田ゆり子より人気はあったもののアイドルとしては成功しなかった。もし、アイドルとして成功していたら?

  1. 西田ひかるの良きライバルとなっていた。
    • 彼女との混同も更に起きていた。
  2. 「ひらり」のヒロインは別の女優が務めていた。
  3. 結婚後も精力的に活動をし続けていた。
  4. 姉より妹のほうが成功したアイドルとして、荻野目洋子といい意味で比較されていた。

石田ゆり子[編集]

妹の石田ひかりと同時期にデビューしたものの90年代半ばまではブレイクには至らなかった。

  1. 中山美穂のライバルとして張り合っていた。
    • 中山美穂・忍姉妹といい意味で比較されることもなかった。
  2. 初期の頃にブレイクしていたのならトレンディ女優の一員として名を馳せていた。
  3. 主演級を務めるのも史実より早かった。
  4. 千堂あきほの存在が薄れていた。
  5. 鈴木保奈美や浅野ゆう子の仕事をいくつも奪っていた。
  6. 山口智子の影が薄くなっていた。

伊藤ゆみ[編集]

ICONIQ時代にブレイクしていたら

現在は女優として活動している伊藤ゆみですが、一時期、ICONIQ名義で歌手活動をしていましたが、レコード大賞新人賞を受賞したものの、大ブレイクには至りませんでした。もし、ICONIQ時代に大ブレイクを果たしていたら?

  1. 伊藤ゆみへの改名と女優への転身は当然なかった。
  2. 浜崎あゆみ、倖田來未の仕事をいくつも奪っていた。
  3. AKB48の存在がなければ新曲の発売をためらうことはなかった。
    • 新曲の発売も史実より精力的だった。
  4. エイベックスはアイドル(特にSKE48とIDOL street)に力を入れることはなかった。
    • そもそもエイベックスはAKB48グループと関係をもつこともなかった。

川口春奈[編集]

現在でも活動しているが、『夫のカノジョ』の不振で本格的なブレイクには至らなかった。もし、この時点でブレイクしていたら?

  1. 某番組でスカイダイビングに挑戦することもなかった。
    • 2018年の『笑ってはいけない』でヤンキーを演じることもなかった。
  2. 綾瀬はるか、石原さとみ、新垣結衣、榮倉奈々の仕事を奪っていた。
    • 綾瀬はるか似なのでポスト綾瀬はるかと呼ばれていた。
      • 『海街diary』の三女役も川口春奈だった(史実では夏帆)。
        • 『海街diary』は長女、三女役がパンテーンのCMに当時出演していた縁から四女役だったかも(史実では広瀬すず)。
    • パンテーンのCMでは逆に綾瀬が降板させられていた。その分、いち髪のCMに出演することはなかった。
    • ブリヂストンのCMでは自転車からタイヤに回っていた可能性もある。
    • 宮崎あおいも。綾瀬、石原と同じ事務所に所属している深田恭子にも何らかの影響があった。
    • 同じ事務所に所属している志田未来、成海璃子にも何らかの影響があった。
      • 片瀬那奈、菅野美穂、市川由衣も。
      • 伊東美咲が結婚後事実上引退状態になっているので彼女に代わる存在になっていた。
  3. 『金田一少年の事件簿』や『探偵の探偵』といった探偵モノドラマの出演に偏重することはなかった。
    • ドラマのジャンルの幅も史実より広げていた。
    • 活躍の場を映画に移すこともなかった。
      • 出演作品も若者向け映画への出演に偏重することなく、他のジャンルにおいてもいい仕事を貰っていた。
  4. 広瀬すず、有村架純、松岡茉優、川島海荷、高畑充希の存在が薄れていた。
    • 杉咲花、福原遥、相良樹も。
  5. CM出演本数も史実より多かっただろう。
  6. 『受験のシンデレラ』はBSプレミアムではなく地上波で放送されていた。
    • 『ビリギャル』と比べられていた。
  7. 低視聴率女優の烙印を押される事はなかった。
    • 出演作品が低視聴率になる度に川口が槍玉に挙がることもなかった。
  8. 故郷である長崎県五島列島のPRにも盛んに起用されていた。

黒澤優[編集]

黒澤明の孫として注目されたものの、史実以上にブレイクしていたら?

  1. 松岡充と結婚後も芸能活動をし続けていた。
  2. 同い歳であり、同じく3世タレントで夫もミュージシャンであった三船美佳をライバル視していた。
    • 祖父も三船敏郎と犬猿の仲だったので共演NGも十分あり得た。
  3. 同年代の吹石一恵、深田恭子、加藤あいなどのライバルとして張り合っていた。

剛力彩芽[編集]

  1. ビブリア古書堂の事件手帖が大ヒットしていたら、である。
  2. 上戸彩の仕事を確実に奪っていた。
    • 上戸彩が主演を張り続けることもなかった。
    • 上戸彩結婚後は取って代わる存在になっていた。
      • 上戸彩は主婦業に専念していた。
    • auのCMに出演することもなかった。
  3. 脇役クラスに陥落することもなかった。
  4. ゴリ推しで叩かれるキャラになってしまうこともなかった。
    • 嫌いな女優の1人に挙がることもなかった。
    • オスカーのゴリ推し体質に槍玉が挙がることもなかった。
    • そもそも史実程ゴリ押しされていなければこうなっていた。
  5. CM出演本数も史実以上であり、CM女王になりかけていた。
  6. 前澤友作との交際も無かったかも知れない。
  7. 本田翼、瀧本美織、波瑠、高畑充希、松岡茉優の存在が薄れていた。
  8. その分、高橋ひかるに注力させることもなく、酷使されてしまうこともなかったかもしれない。
    • 武井咲の結婚もあったのでなおさらであった。

沢尻エリカ[編集]

沢尻エリカは初期の頃はそれなりの人気がありましたが、「別に」発言騒動の余波で人気が低下し、本格的なブレイクには至りませんでした。もし、現在に至るまで人気を堅持していたら?

  1. 現在に至るまで病弱キャラ役が多かった。
    • そもそも、あの発言で気が強い女ぶりをさらすことがなかったらこうなっていただろう。
  2. スターダストプロモーションを退社することはなかった。
    • 川上アキラはももクロのマネージャーにすらなっていなかった。
      • その為、スターダストはアイドル事業に本格的に進出することはなかった。
  3. 奥菜恵、榎本加奈子、深田恭子などの仕事を奪っていた。
    • 広末涼子、安達祐実も。
  4. 北川景子の存在が薄れていた。
    • 志田未来も。
    • そもそもスターダストは北川景子に力を入れることもなかった。
  5. 「ファーストクラス」の視聴率は史実より高かった。
  6. 井上真央、石原さとみをライバル視していた。
    • 上野樹里、杏も。
  7. 高城剛と結婚していたのだろうか?
  8. 結婚の時期は30手前となり、その後出産や育児で仕事を控えるようになり、30代以降の活動は史実よりも減っていた
  9. 間違いなくNHK大河ドラマへの出演も果たしていた。
    • 朝ドラへの出演もオファーされていたかも。

椎名法子[編集]

現在でも活動していますが、史実以上にブレイクしていたら?

  1. 大阪府交野市出身の有名人として、地元では絶大な人気を誇っていた。
    • 成人式にも呼ばれていたかも。
  2. 加藤あい・深田恭子などのライバルとなっていた。
    • 吹石一恵も。
  3. 歌手としてブレイクしていた場合、同姓の椎名林檎と何かと比較されていた。
    • 同世代でしかも出身地が近い倖田來未とも比較されていた。

清水富美加[編集]

新垣結衣や土屋太鳳並にブレイクしていたら?

  1. =もし『まれ』が大ヒットしていたら、といえる。
  2. 宗教に走ることはなかった。
    • 飯田祐馬の不倫も無かった。
  3. 新垣結衣、井上真央、木村文乃、石原さとみ、長澤まさみなどの仕事を奪っていた。
    • 特に事務所の先輩だった新垣結衣はかなり影響があった。
      • 清水富美加がブレイクしたお陰で新垣結衣に仕事を負担させることはなかった。
  4. 告白本で仕事への不満をぶちまけることもなかった。
    • 嫌な仕事を強要されたことや薄給ぶりを晒すこともなかった。
    • そもそも告白本は出していなかった。

戸田恵子[編集]

あゆ朱美時代にブレイクしていたら

現在は女優・声優として活動している戸田恵子ですが、元々はあゆ朱美名義で演歌歌手として活動していましたが、後に戸田恵子への改名と同時に声優に転身し、そして女優業へ進出し、現在に至っています。もし、あゆ朱美時代にブレイクしていたら?

  1. アイドル性の強い演歌歌手はこの時点で市民権を得ていた。
  2. 後に同じ路線で世に出る城之内早苗、中澤裕子、吉木りさ、岩佐美咲などといい意味で比較されていた。
  3. 声優への転身もなく、女優業への進出もなかった。
    • アンパンマンやトーマスなどの中の人も史実と違っていた。
    • 演歌歌手と並行して声優・女優業を行っていた可能性はある。
      • だとしても、芸名は「あゆ朱美」のままだった。

中江有里[編集]

「走らんか!」の不振で本格的なブレイクには至らなかった。現在では脚本家を本業とする傍ら、女優としても活動しているが、もし、この時点でブレイクしていたら?

  1. 同年代の松嶋菜々子、宮沢りえ、篠原涼子の良きライバルとなっていた。
  2. ドラマではいい仕事をもらっており、幾つかの作品で主演級を務めていた。
  3. 脚本家への本格的な転身もなかった。
    • 『とくダネ!』のコメンテーターにもなっていなかった。

中村愛美[編集]

ブルセラ写真流出騒動で人気は伸び悩んだ。

  1. =ブルセラ写真が流出していなかったら、である。
    • そもそも「GTO」の一時的な人気に留まることがなかったらブルセラに走ることはなかった。
  2. 事務所を何度も移籍することはなかった。
    • 事務所移籍で迷走することもなかった。
  3. 悪役を演じることが多かったので悪役女優として名を馳せていた。
  4. 榎本加奈子の仕事を奪っていた。
  5. 同世代の深田恭子、吹石一恵、加藤あいとの住み分けが明確にされていた。

中森明穂[編集]

  1. 現在でも存命中で、少なくとも中山忍ぐらいの存在にはなれていた。
    • 事故に巻き込まれたり病弱になってしまうことがなかったらこうなっていた。
  2. 千堂あきほはおそらく別の芸名でデビューしていた。
  3. 史実通り2019年に亡くなった場合でも、姉・明菜が葬式のときに顔すら見せないなんてことにはならなかっただろう。
    • そもそも脱ぐことがなかったら明菜との関係が悪化することはなかった。
  4. 女性アイドル歌手の妹は人気が出ないというジンクスさえ生まれなかった。

中山忍[編集]

アイドル時代にブレイクしていたら

中山美穂の妹としてデビューしたものの、アイドル時代はブレイクに至らなかった。現在は2時間ドラマを中心に女優として活動しているが、もし、中山美穂並みに人気を博していたら?

  1. 中山美穂の妹程度の知名度で終わることはなかった。
    • そもそも美穂といい意味で比較されてしまうことはなかった。
  2. 活躍の場が2時間ドラマ中心にならず、連続ドラマでもいい仕事を貰っていた。
    • 歌手活動ももう少し長く続けていた。
      • 歌唱力も良ければアイドル歌手としても評価されていた。
        • アイドル時代をひた隠しにすることもなく、歌えないと拒むこともなかった。
      • 歌手としても成功した場合、美穂の歌手活動を確実に奪っていた。
    • というか、仕事の幅も広がっていた。
    • CM出演本数も史実より多かった。
    • 中山美穂が結婚と同時に活動縮小後は取って代わる存在になっていた。
    • 片平なぎさ、名取裕子などの仕事を奪う存在にはなっていなかった。
  3. 『マジカル頭脳パワー!!』のくっつきバトルロイヤルで中山秀征が中山忍と答えた時に「中山美穂の妹です。」と説明することはなかった。
  4. 女性芸能人の妹の成功例として、荻野目洋子と並び称される存在になっていた。
    • そして荻野目洋子と比べられていた。
  5. 同い年で同じ大学出身だが姉より妹の方が先にブレイクした石田ひかりと比べられていた。
    • 中山美穂の存在が目立ちすぎてブレイクできなかったとみなされることはなかった。
      • 姉がブレイクした妹は人気が出ないジンクスも生まれなかった。
    • そもそも大学進学はなかった可能性もある(ブレイクした恩恵で多忙な身になり、進学する余裕がない可能性もあるため)。
  6. 所属していた企画ユニットである楽天使と七つ星もブレイクしていた。
  7. 1972年度生まれ女優の一員として常盤貴子、松雪泰子、高岡早紀と並び称される存在になっていた。
  8. 白石美帆の存在が薄れていた。
    • 松たか子、松嶋菜々子も。
  9. 「忍」という芸能人は坂上忍、押坂忍などの男性芸能人程度の知名度と認識で終わることもなかった。
    • 名前が「忍」の女性芸能人は地味な存在で終わることもなかった。
    • その名前の縁で坂上忍と何らかの形でコラボしていたかも。
  10. 菊池桃子、酒井法子、渡辺満里奈、渡辺美奈代などの仕事を奪っていた。
  11. 中山美穂の物まねを強要されることもなかった。
    • 忍はこの一件でバラエティ番組と距離を置いてしまうことはなかった。
    • そもそも清水アキラが中山忍の事務所からの緘口令を順守していたらこうなっていた。
  12. 女性アイドル歌手の妹は人気が出ないというジンクスさえ生まれなかった。

夏菜[編集]

現在でも活動しているが、「純と愛」の不振で本格的なブレイクには至らなかった。

  1. 堀北真希、新垣結衣、石原さとみ、長澤まさみ、篠田麻里子などの仕事を奪っていた。
    • 同じショートヘアで朝ドラヒロイン、という共通点がある榮倉奈々も。
      • 宮崎あおい、井上真央も同様だった。
    • 内田有紀や事務所の先輩である矢田亜希子にも何らかの影響があった。
  2. 1989年生まれの女優は成功しないというジンクスは崩れていた。
    • 不作に終わることもなかった。
    • (史実で出世頭である)桐谷美玲と並び称さられる存在になっていた。
    • 仲里依紗は?
  3. 朝ドラ出身かつ名前だけの女性芸能人の成功例として、杏や波瑠と並び称される存在になっていた。
    • 彼女達のライバルとしても張り合っていた。
  4. CM出演本数も史実より多く、CM女王になりかけていた。
    • ソフィのCMが新川優愛に取って代わったりゆうパックのCMが松本人志に取って代わることもなかった。
  5. 本田翼、能年玲奈、佐藤栞里の存在が薄れていた。
    • 瀧本美織、剛力彩芽も。
  6. セミヌード写真集発売の話題が史実より大きかった。
    • そもそもセミヌード自体ならなかった可能性も。
  7. 少なくとも最低1本は民放のドラマで主演を務めていただろう。
    • 「ホテルコンシェルジュ」で西内まりやの脇役、という扱いになることなかった。
      • むしろこのドラマも夏菜主演で、西内まりやと立場が逆転していたかも。
    • というか、主演のオファーを断ることはなかった。
  8. 現実以上に夏帆と間違えられていた。
  9. ヤケ酒を起こすこともなく、バラエティ番組でそれをカミングアウトすることもなかった。
    • そもそも『ダウンタウンなう』には出演していなかった。
    • バラエティ番組で自虐を売りにするキャラになることはなく、女優業に一貫していた。
      • 正統派女優の1人として活躍していた。
      • ましてやぶっちゃけキャラになってしまうこともなかった。
    • 『純と愛』の低迷がなければ低視聴率ぶりに辛辣してヤケ酒を起こすことはなかった。
  10. 『スカッとジャパン』の再現VTRに出演することはなかった。
    • そもそも再現ドラマ女優にまで成り下がることはなかった。

のん(能年玲奈)[編集]

「あまちゃん」の一時的な人気で終わることがなかったら?

  1. =事務所独立騒動を起こさなかったら、である。
  2. 事務所の先輩であった新垣結衣の仕事を確実に奪っていた。
    • その分、新垣結衣に対する仕事の負担が減っていた。
  3. 広瀬すず、有村架純の影が薄くなっていた。
    • 有村藍里も新井ゆうこのままで活動をし続けていたかも。
    • 広瀬アリスと広瀬すずの立場が逆転することもなかった。
    • 有村架純が酷使されることもなかった。
      • 有村架純の仕事の一部を彼女が奪っていた。
  4. 「のん」への改名も当然なかった。
  5. 「あまちゃん」の縁とはいえ、岩手を主体とした活動になってしまうこともなかった。

葉月里緒奈[編集]

葉月里緒菜時代にブレイクしていたら

現在は2時間ドラマを中心に女優として活動している葉月里緒奈ですが、葉月里緒菜時代はCM女王になりかけるほどそこそこの人気はありましたが、真田広之との不倫スキャンダルの余波で人気は低迷し、本格的なブレイクには至りませんでした。

  1. 芸名は現在でも葉月里緒菜のままだった。
  2. 連ドラでもいい仕事をもらっていた。
    • 主演級にも上り詰めていた。
    • 中山美穂、石田ゆり子、山口智子などの仕事も奪っていた。
      • 中山美穂と山口智子は結婚と同時に完全引退に追い込まれていた。
      • むしろ同い年でキャラも似ている米倉涼子の仕事を奪っていただろう。
    • 昼ドラにも進出しており、櫻井淳子、小沢真珠などの存在も薄れていた。
  3. ドタキャン、降板騒動も恐らくなかった。
  4. ヘアヌード写真集を出すことはなかった。
  5. 90年代後半以降もCM女王として君臨していた。
    • 飯島直子、佐藤藍子、広末涼子、伊東美咲などの存在が薄れていた。
  6. 沢尻エリカの存在も薄れていた。

福田沙紀[編集]

現在でも活動しているが、『クイズ!ヘキサゴン2』や『ライフ』での一時的な人気に留まることがなかったら?

  1. 『桜の園』が大コケしていなかったらこうなっていただろう。
  2. 北乃きいの良きライバルとして張り合っていた。
    • 北乃きい同様、仕事の幅も史実より広がっていた。
    • 北乃ではなく福田が「ZIP!」のMCを務めていた可能性も。
      • むしろ対抗して他の情報番組のMC担っていたかも。『ヘキサゴン』や『ライフ』の縁で『めざましテレビ』あたりが有力か?
    • 歌手としても史実以上に評価されていたはず。
  3. 主演級を務める作品も史実より多かった。
  4. CM出演本数も史実より多かった。
  5. 武井咲、剛力彩芽の存在が薄れていた。
    • そもそもオスカーは武井咲と剛力彩芽に力を入れることはなかった。剛力は史実以上にゴリ押しされることもなく、嫌いな女優の1人に挙がることもなかった。
      • 武井咲も史実以上に働かされる事もなかった。
    • 前田敦子、大島優子、高畑充希、有村架純、吉田羊の存在も薄れていた。
  6. 上戸彩の仕事を確実に奪っていた。
    • 上戸彩は結婚と同時にフェードアウトされたかも。
    • 堀北真希、石原さとみ、長澤まさみ、井上真央、新垣結衣なども同様だった。
  7. ドラマでは深夜だけでなく、ゴールデンでもいい仕事を貰っていた。
    • 活躍の場を舞台に移すことはなかった。
  8. 映画『ヤッターマン』ではドロンジョ役の深田恭子だけでなく、彼女についても大きく扱われていた。
  9. もっとも『ヘキサゴン』に出演し続けていたら(史実ではちょうど『ライフ』放送時期に撮影が重なり多忙になった影響からか出演しなくなる→そのまま降板し女優業へシフト)同郷のスザンヌや里田まいらと共にヘキサゴンファミリーの一員として人気を博し女優としても上手くブレイクしていた、という可能性もあったかも知れない。
    • 皮肉にも彼女の降板後番組の視聴率が上昇→出演者の人気と知名度がアップ、という結果だっただけに…
    • その場合南明奈(元オスカー)のヘキサゴンファミリー入りはなかった可能性が高そう。
    • (相手は某プロ野球選手や芸人ではないにしても)彼女本人も既に結婚していたかも。

光宗薫[編集]

AKB48卒業後も川栄李奈と同様に女優としてブレイクしていたら?

  1. 「まれ」が史実以上に大ヒットしていたら十分あり得た。
  2. 本田翼のライバルとして張り合っていた。
  3. 波瑠の仕事を奪っていた。
    • 篠田麻里子、榮倉奈々、桐谷美玲の仕事も確実に奪っていた。
  4. 佐藤栞里の存在が薄れていた。
  5. 2017年に活動休止することはなかった。
  6. 多くのCMにも出演していた。
  7. 広瀬すずの影が薄くなっていた。
    • 史実通りにブレイクしても地味な存在で終わっていた。

裕木奈江[編集]

  1. 『ポケベルが鳴らなくて』が大ヒットしていたら当然こうなっていた。
    • 『ポケベルが鳴らなくて』の前にブレイクしていて知名度があったので、低視聴率なのにバッシングが激しかったのだが・・・
  2. 週刊誌から叩かれることなく、嫌いな女性芸能人の1人に挙がることもなかった。
  3. 中山美穂・牧瀬里穂・和久井映見あたりのライバルとなっていた。

吉田羊[編集]

舞台女優としてブレイクしていたら

吉田羊は元々は吉田羊右子として舞台女優でデビューしましたが、その後吉田羊に芸名を変えるも舞台女優時代はさっぱり売れず、その後はドラマ、映画に進出し、2010年代に入ってようやくブレイクしました。もし、舞台女優時代にブレイクしていたら?

  1. 松たか子の良きライバルとなっていた。
    • 同世代の宮沢りえ・篠原涼子・松嶋菜々子も。
  2. 映画、ドラマへの進出は史実より早かった。
  3. 若手の仕事を奪う存在にはなっていなかった。
    • 堀北真希が引退に追い込まれることもなかった。
    • 2010年代に入ってCM女王になるなんてありえない。
    • というか、ここに書かれている女優やここに書かれているアイドルの幾つかはブレイクしていた。
    • ポカリスエットのCMの路線変更もなく、現在でも若手女優の登竜門となっていた。
  4. 借金生活を送ることはなかった。
  5. キャラの幅を広げるために年齢を非公表にすることはなかった。

渡辺麻友[編集]

「戦う!書店ガール」の出演時点で女優としての地位を確立することができていたら?

  1. 女優としての評価も史実以上であり、『さばドル』の二の舞になることはなかった。
  2. 指原天下は史実ほど長く続かなかった。
    • それすらなかったので総選挙を辞退する主要メンバーも減っていた。
      • 2015年の選抜総選挙でAKB48は第一党を逃すことはなかった。
  3. AKB48における渡辺麻友の天下が続いていた。
    • センターから陥落させられることもなかった。
    • 運営は姉妹ユニットのメンバーを必要以上に頼り切ることもなく、指原莉乃、松井珠理奈、宮脇咲良、山本彩などに激務を強いらせることはなかった。
      • AKB48本体メンバーが影が薄い思いをさせられることもなかった。
  4. エプソンやアベイルのCMを降板させられることもなかった。
    • CM出演は史実以上に恵まれていた。
  5. 彼女の歌う主題歌「出逢いの続き」もヒットしていて、それ以降も積極的にソロ曲を出していた。
  6. 渡辺麻友=低視聴率のイメージが付いてしまうこともなく、扱いづらい存在になってしまうこともなかった。
    • 他のプロダクション尾木所属メンバーもとばっちりを受けることもなかった。
      • 高橋みなみの卒業と総監督辞任も遅れていた。
  7. 綾瀬はるか、堀北真希、上戸彩などの仕事を確実に奪っていた。
  8. 川栄李奈の影が薄くなっていた。

子役[編集]

大橋のぞみ[編集]

「崖の上のポニョ」の主題歌での一時的な人気に留まることがなかったら?

  1. 中学進学と同時に引退することはなかった。
    • よって、ここに書かれていることのいくつかは現実のものとなっていた。
  2. 芦田愛菜の存在が薄れていた。
    • やしろ優も芦田愛菜のモノマネをすることはなかった。
  3. 広瀬すず・橋本環奈・永野芽郁のライバルになっていた。
    • 葵わかな、優希美青、福原遥も。
  4. 藤岡藤巻も日本での活動休止に追い込まれることはなかった。

関連項目[編集]




関連記事