もしあの俳優がブレイクしていなかったら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

もしあの芸能人がブレイクしていなかったら > 俳優

  • 便宜上、女優・子役についてもこちらで扱います。
  • 新規追加は五十音順でお願いします。
  • 「○○といえば(別の××)だった」という投稿は禁止です。

男優[編集]

生田斗真[編集]

  1. ジャニーズ事務所を退所していたかもしれない。
    • 風間俊介や長谷川純も俳優としての実績でのジュニア卒業できず、そのまま退所していたかもしれない。
  2. 弟の竜聖がフジテレビのアナウンサーに就任することもなかった。
  3. 皮肉にも天てれ同窓会に参加することができた。

石田純一[編集]

  1. 松原千明、東尾理子とは結婚していない。
    • その場合、すみれは生まれなかった。
  2. いしだ壱成、すみれの芸能界入りはなかった。
  3. 不倫に走ってもあの発言の扱いは小さかった。
  4. 小石田純一も世に出ることはなかった。

伊藤淳史[編集]

  1. チビノリダー程度の知名度と認識で終わっていた。
  2. =「電車男」(ドラマ版)が大ヒットしていなかったらと言える。
  3. 弟の自殺事件の扱いが小さかった。

オダギリジョー[編集]

  1. 皮肉にも仮面ライダーオフィシャルムックのスペシャルインタビューを受ける事が出来たかも知れない。
  2. 皮肉にも小説 仮面ライダークウガが映像化されたかも知れない。

織田裕二[編集]

  1. トレンディ俳優の1人として名を馳せることはなかった。
    • 加勢大周・吉田栄作とともにトレンディ御三家と言われることはなかった。
      • その代わり江口洋介が御三家に入っていた。
  2. 山本高広が彼の物まねで有名になることもなかった。
  3. 世界陸上のMCを務めることもなかった。
  4. 「キター!!」といえば2ちゃんねる用語に過ぎなかった。

風間俊介[編集]

  1. ジャニーズ事務所を退所していたかもしれない。
  2. 山口達也の降板後のZipの司会を務めることもなかった。
  3. 声優に転向していたかもしれない。
    • 皮肉にも遊戯王の声優をもう一度務めることができたかもしれない。
  4. ふぉ~ゆ~や浜中文一もジャニーズJr.を卒業できないまま退所していたかもしれない。

勝地涼[編集]

  1. 前髪クネ男として知られる事は無かった。
  2. 皮肉にもデカルト・シャーマン役でスーパーロボット大戦シリーズに出演していたかも知れない。

要潤[編集]

  1. うどん県の副知事は違う人になってた。
  2. 皮肉にもクライマックスヒーローズやバトライド・ウォー等のゲームでG3-Xの声が代役声優に変わる事も無かった。

ケイン・コスギ[編集]

  1. 日本語が上達しなかったかもしれない。
  2. 忍者戦隊カクレンジャーの放送終了後はアメリカに帰国していたかもしれない。
  3. 皮肉にも最新のウルトラマン超全集に若いころの彼の顔写真が載っていた。
  4. 皮肉にも海賊戦隊ゴーカイジャーの最終回にゲスト出演できたかもしれない。

佐藤健[編集]

  1. 半分、青い。に出演する事は無かった。
  2. 皮肉にも超・電王シリーズやレッツゴー仮面ライダーに出演出来たかも知れない。

照英[編集]

  1. ニコニコ動画のネタは一つ減ってた。
  2. 2009年度の天てれの司会を務めることもなかった。
  3. 筋肉タレントとして注目されることもなかった。
  4. 皮肉にも海賊戦隊ゴーカイジャーの最終回にゲスト出演できたかもしれない。

菅田将暉[編集]

  1. 非肉にも仮面ライダー大戦やドライブサーガに出演する事が出来ていたかも知れない。
  2. 皮肉にもバトライド・ウォー創生以降のゲームでフィリップの声が代役声優に変わる事も無かった。
  3. ちゃんぽん食べたかにも出演することはなかった。
    • ギターをマスターできなかったかもしれない。

瀬戸康史[編集]

  1. グレーテルのかまどのヘンゼルは違う人になってた。
  2. 皮肉にもクライマックスヒーローズやクライマックスファイターズなどのゲームでキバの声が代役声優に変わることもなかった。

高杉真宙[編集]

  1. auのCMの意識高すぎ高杉君はいなかったか違う人になってた。
  2. 皮肉にも仮面ライダージオウにゲスト出演できたかもしれない。

高橋一生[編集]

  1. 子役のイメージが強いままだったかも。
  2. 皮肉にもジュウレンジャー関連のイベントに参加できたかもしれない。
  3. 声優転向の話も出てきた。

高橋光臣[編集]

  1. 宮下ともみとの結婚はなかったかも。
  2. 皮肉にも轟轟戦隊ボウケンジャー10 years afterが製作されたかもしれない。
  3. 皮肉にも動物戦隊ジュウオウジャーや宇宙戦隊キュウレンジャーにもゲスト出演できたかもしれない。

竹内涼真[編集]

  1. ソフトバンクのCMに出ることはなかった。
  2. 皮肉にも平成ジェネレーションズFINALに出演できたかもしれない。

竹中直人[編集]

  1. 二重人格のタレントは違う人を指していた。
  2. 皮肉にもアイスエイジクリスマス以降のアイスエイジシリーズでディエゴの声を担当できたかもしれない。

玉山鉄二[編集]

  1. マッサンの俳優に選ばれることはなかった。
    • シャーロット・ケイト・フォックスもブレイクしなかったかも。
  2. 皮肉にもガオレンジャーの続編の話が出てきた。
  3. 皮肉にも動物戦隊ジュウオウジャーにガオレンジャーがゲスト出演できたかもしれない。

千葉雄大[編集]

  1. イースターラビットとキャンディ工場やピーター・ラビットの声優になってたかは微妙。
    • 声優転向の話は出てきたかも。
  2. 皮肉にもスーパー戦隊オフィシャルムックのスペシャルインタビューを受けることができたかも知れない。
  3. ひどいときには芸能界を引退していたかもしれない。
    • さらにひどいときにはゴセイジャー出演者全員引退していたかもしれない。

つるの剛士[編集]

  1. =「クイズ!ヘキサゴン2」の大ヒットがなかったら、といえる。
  2. 「ウルトラマンダイナ」の一発屋で終わっていた。
  3. イクメンとして名を馳せることもなかった。
  4. バラエティに進出したり歌手デビューしたりするなど史実ほど仕事の幅を広げていなかった。
  5. 将棋ファンとしてNHKの将棋番組に出ることもなかった。
    • のちの伊藤かりんのレギュラー入りもなかった。

永井大[編集]

  1. バラエティ番組への出演はほとんどなかった。
  2. 筋肉タレントとして注目されることもなかった。
  3. 皮肉にも海賊戦隊ゴーカイジャーにゲスト出演できたかもしれない。
  4. ペニーオークション詐欺の事件のあとはひどいときには芸能界を引退していたかもしれない。

福士蒼汰[編集]

  1. 皮肉にもスーパーヒーロージェネレーション以降のゲームでフォーゼの声が代役声優に変わる事は無かった。
  2. 実写版BLEACHの俳優も史実とは異なっていたかも知れない。
  3. 皮肉にも仮面ライダージオウで如月弦太朗の役が代役俳優に変わることもなかった。

松坂桃李[編集]

  1. テレビドラマや映画出演は少なかった。
  2. 皮肉にも海賊戦隊ゴーカイジャーや手裏剣戦隊ニンニンジャーにゲスト出演できたかも知れない。
  3. 皮肉にもスーパー戦隊オフィシャルムックのインタビューを受けることができた。
  4. 実写版ガッチャマンの俳優は史実と異なってたかも。
  5. 高梨臨もブレイクしなかったら皮肉にもパワーレンジャー・サムライの吹き替えをシンケンジャー本人が担当できたかもしれない。
  6. 志村けんのバカ殿様でW殿様同士の共演は実現しなかった。

松田翔太[編集]

  1. 兄・龍平、妹・ゆう姫の人気は史実以上に高かったかもしれない。
  2. 篤姫の徳川家茂やauのCMの桃太郎の役は違う人になってた。
  3. 秋元梢との結婚もなかった。

三浦貴大[編集]

  1. 三浦友和の息子であることが知られていなかったかもしれない。
  2. 兄の祐太郎の人気のほうが史実以上に高かったかもしれない。
  3. 皮肉にも実写版忍たま乱太郎の第2作目でも土井先生を演じることができたかもしれない。

水嶋ヒロ[編集]

  1. 小説家デビューはなかった。
  2. 絢香との結婚はなかった。
  3. 皮肉にもクライマックスヒーローズ以降の仮面ライダーゲームでカブトの声が代役声優に変わることはなかった。
  4. この嘘ニュースもなかった。

柳沢慎吾[編集]

  1. 芸人に転向していたかもしれない。
  2. ウルトラマンGに出た後は声優に転向していたかもしれない。
  3. マダガスカルのマーティが彼に似てるという声はなかったかもしれない。

山本裕典[編集]

  1. 実写版忍たま乱太郎に出てくることはなかった。
  2. 皮肉にも超クライマックスヒーローズ以降の仮面ライダーのゲームでサソードの声が代役声優に代わることはなかった。
  3. 皮肉にも事務所の契約違反を起こさなかったかもしれない。
    • もしくは起こしたとしても扱いが小さかった。

吉沢亮[編集]

  1. 主演俳優を演じることはなく、脇役のままだったかもしれない。
  2. 皮肉にも仮面ライダージオウにゲスト出演できたかもしれない。
    • 皮肉にもフォーゼのライドウォッチを渡すのは朔田流星になってたかもしれない。

女優[編集]

芦田愛菜[編集]

  1. =もし「マルモのおきて」が大ヒットしてなかったらである。
    • むしろ「Mother」では?
  2. やしろ優がブレイクすることもなかった。
  3. 大橋のぞみが引退に追い込まれることもなかった。
    • これは史実通りなのでは。
  4. 同い年で彼女に憧れていた鈴木梨央のブレイクもなかっただろう。
  5. 鈴木福もブレイクすることができず、2010年代前半の子役ブームはなかった。

安達祐実[編集]

  1. 「具が大きい」や「同情するなら金をくれ」は流行語にすらなっていない。
    • そもそも、カリー工房のCMで注目されなかったらこうなっていた。
      • オーディションの結果次第では中川翔子とポジションが入れ替わっていた可能性もある。
    • そもそも「家なき子」自体なかった可能性もある。よって、榎本加奈子や中山エミリもその恩恵でブレイクすることもなかった。
      • 榎本は更に佐々木主浩と不倫→結婚することもなかった。スープカレー屋の運営にも力を入れていなかった。
  2. 子役ブームに拍車をかけることはなかった。
  3. 井戸田潤とは結婚していなかった。
  4. 母親の安達有里の芸能界入りもなかった。
    • 母親は祐実のマネージャー程度の認識で終わっていた。
    • ヌードになったりAV女優になったりすることもなかった。
  5. 日テレ郵便爆弾事件も起きなかった。
  6. 逆に浜崎あゆみが女優として成功していた

新垣結衣[編集]

  1. 88年生まれの女優が黄金世代と呼ばれなかった。
    • 堀北真希の結婚引退の影響は大きかった。
    • 戸田恵梨香はよりブレイクすることができた。
      • 吉高由里子も。
  2. 80年代の生まれのニコモ出身者といえば蒼井優一択だった。

有村架純[編集]

  1. 「あまちゃん」の大ヒットがなかったら、といえる。
  2. 姉の有村藍里もブレイクしなかった。
    • 売れないグラビアアイドルという認識で終わっていた。
    • 新井ゆうこ時代に有村架純の姉であることをすっぱ抜かれることもなかった。
  3. 「ひよっこ」のヒロインを務めることもなかった。
  4. 地元関西では映画「阪急電車」に出演した1人という認識で終わっていた。

石井萌々果[編集]

  1. =もし「マイガール」がヒットしていなかったらと言える。
  2. 皮肉にも特撮への出演が多くなっていた。
  3. Pocchimoは結成されなかった。

小沢真珠[編集]

  1. 主演女優を務めることはなかった。
  2. 怖い役が多く、子供が怖がると史実以上に酷評されていた。

北川景子[編集]

  1. 沢尻エリカの存在が薄れることはなかった。
    • 事務所独立もなかった。
    • そもそも沢尻があの発言をしていなかったら北川に仕事が回ることはなかっただろう。
  2. 同い歳で同じ大学出身である井上真央と比べられていた。
  3. DAIGOと結婚することはなかった。
    • 結婚自体は史実よりも早かったかもしれない。
  4. AKB48の小嶋陽菜は北川に似ていることで有名にならなかった。
  5. 実写版セーラームーンで北川(火野レイ役)と共演した沢井美優(月野うさぎ役)と小松彩夏(愛野美奈子役)が史実の北川のようにブレイクし、沢井と小松が史実の北川のポジションにいた。
    • もしかしたら沢井か小松がDAIGOと結婚していたかも知れない。
    • 泉里香(水野亜美役)も現実より早くブレイクしていたかもしれない。

桐谷美玲[編集]

  1. 1989年生まれの女性芸能人はジンクス通りに育たないと言われていた。
    • 不作の世代と言われていた。
    • 夏菜の二の舞になっていた。
    • うまくいったのは強いて言えば仲里依紗か?
  2. スウィートパワーにとっての稼ぎ頭が減っていた。
    • 黒木メイサ、堀北真希が結婚するにつれて彼女に対する仕事の負担が減っていた。
    • 現在の稼ぎ頭は桜庭ななみだった。
      • その桜庭ななみも影が薄くなることはなかった
    • その分、スウィートパワーは男優へ史実以上に力を入れていた。
  3. 世界で最も美しい顔100人に選ばれることもなかった。
  4. NEWS ZEROのキャスターになることもなかった。
  5. 三浦翔平とは結婚していなかった。

後藤久美子[編集]

  1. 「全日本国民的美少女コンテスト」は開催されなかった。
  2. 「ゴクミ」に類似したニックネームとして、後藤真希が「ゴマキ」と呼ばれることもなかった。
    • 遠藤久美子が「エンクミ」、堀北真希が「ホマキ」と呼ばれることもなかった。
      • 『ごくせん』の「ヤンクミ」も同様だった。
  3. 「後藤久美子」といえば1962年デビューのジャズ歌手を指していた。
  4. 『ママはアイドル』が大ヒットしていなかったら当然こうなっていた。
  5. ジャン・アレジの知名度も史実より低かった。
  6. 娘が芸能界デビューすることもなかった。

高梨臨[編集]

  1. スーパー戦隊オフィシャルムックのスペシャルインタビューは違う人になってた。
  2. 皮肉にも手裏剣戦隊ニンニンジャーや超スーパーヒーロー大戦に出演できたかもしれない。
  3. 槙野智章との結婚はなかった。
  4. ネオ・ウルトラQへの出演はあったかは微妙。
  5. 皮肉にも特撮への出演がもう少し多かった。

中山美穂[編集]

  1. 不良少女役の印象が強いままで終わっていた。
  2. 工藤静香と親友関係にならなかった。もちろんアイドル四天王にも。
    • 荻野目洋子か斉藤由貴がなっていたかもしれない。
  3. 妹の中山忍が芸能界入りすることはなかった。
  4. WANDSがブレイクすることもなかった。
    • 後藤久美子がブレイクすることもなかった。
  5. 伊東美咲と中山美穂が似ているといわれることはなかった。
  6. 辻仁成と結婚することはなかった。
    • その後の不倫もなかった。
    • むしろ一時期噂があった田原俊彦と結婚していたかもしれない。
  7. 中井美穂が彼女と名前を間違われることもなかった。

広末涼子[編集]

  1. 同年代である榎本加奈子の人気が下火になることはなかった。
    • 榎本加奈子は佐々木主浩と結婚した後も芸能活動を縮小することはなかった。
  2. 早稲田大学不登校の扱いが小さかった。
    • そもそも早稲田大に進学していたかどうか?
      • 早稲田ではなく亜細亜大学だったかもしれない。下手したら無名の短大だった可能性も。
      • 『広末』見たさに、故意に留年する早大生も出なかったか…。
      • 史実通り早稲田に進学していた場合は、卒業後はフジテレビなどのキー局に入社して女子アナになっていた。
  3. 本人の活躍次第では、中学校の同級生の阪神の藤川球児の知名度も低かったかもしれない。
  4. ギャル系全盛期のご時勢だったので陰に隠れた存在で終わっていた。。

広瀬すず[編集]

  1. 広瀬アリスの影が薄くなることはなかった。
    • 能年玲奈も同様だった。
  2. 同じくティーン誌出身者で姉より妹が先にブレイクした西内まりやといい意味で比べられていた。
  3. CM出演は史実ほど多くはなかった。
  4. 静岡出身の女優、といえば長澤まさみのイメージが強いままだった。

吹石一恵[編集]

  1. 1982年度生まれの二世芸能人は宇多田ヒカルの一人勝ちで終わっていた。
  2. 福山雅治とは結婚していなかった。

山田まりや[編集]

  1. クレヨンしんちゃんのお気に入りという設定は出てこなかった。
  2. 皮肉にも大決戦!超ウルトラ8兄弟やウルトラマンサーガに出演できたかもしれない。

吉永小百合[編集]

  1. 早稲田大学第二文学部の知名度は低かった。
    • 高校中退せず、特例なしで普通に大学進学していた。
  2. 湯村温泉の夢千代像もなかった。
  3. 広島平和記念資料館の音声ガイドは別の人物がやっていた。

関連項目[編集]




関連記事