もしあの列車・種別が○○だったら/国鉄・JR

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

もしあの列車・種別が○○だったら > 国鉄・JR

目次

全般[編集]

エル特急が現在でも続いていたら[編集]

2000年代以降衰退したエル特急。2018年3月のダイヤ改正でJR東海を最後に消滅したが、もし、衰退していなかったら?

  1. JR東日本は特急の全席指定主義に走ることはなかった。
    • 「ひたち」「ときわ」はE657系置き換え完了後も自由席が設定されていた。
      • 自由席車を確保するため、E657系には付属編成も登場し、現在でも14両編成で運行する列車が存在していた。
      • 常磐線沿線の利用者の不満が減っていた。
    • 「スワローあかぎ」はなかった。
  2. JR北海道では特急の住み分けが徹底されていた。
    • 「ライラック」もエル特急だった。
    • JR北海道にとってのエル特急は電車特急だった。
  3. JR西日本の場合大阪・京都から北近畿方面の「こうのとり」「きのさき」などや南紀方面の「くろしお」、北陸方面の「サンダーバード」や岡山から山陰に向かう「やくも」が今もエル特急を名乗っていた。
    • 但し気動車で運行される「スーパーはくと」「はまかぜ」はエル特急という扱いにならない。
    • 場合によっては関西国際空港に行く「はるか」もL特急扱いとなっていた。
  4. JR九州は九州新幹線鹿児島ルート全通後は日豊本線や長崎本線の特急がエル特急を名乗っている。
  5. JR東海はほぼ現実と変わっていない。
  6. JR東日本は現在でも特急の千鳥停車が根付いており、停車駅が整理されることもなかった。

急行が2016年に廃止されていたら[編集]

急行はまなす廃止で定期の運転がなくなったJRの急行が廃止されていたら?

  1. 急行として運転されていた列車は快速or特急として運行されていた。
  2. 無料種別としての急行を設定するところがあったかも。
    • JR西日本は新快速の上位種別として京都-新大阪及び尼崎-三ノ宮無停車の「急行」を設定していた。
  3. それでも北海道東日本パスに特急券併用では乗れない。

会社・路線別[編集]

JR東日本[編集]

仙石線快速が今でも続いていたら[編集]

  1. 本数が削減されていた。
  2. 史実での廃止時点では旧A快速のみの運行だったので停車駅が旧A快速に準じたものとなっていた。
  3. 東矢本を通過する代わりに宮城野原が停車駅に加わっていた。
  4. 2Wayシート車のロングシート固定化はなかった。
  5. 松島への利便性が低下することはなかった。

仙山線快速の停車駅が1種類だけになったら[編集]

  1. ややこしい存在が減っていた。
    • 一部の駅でアルファベットを付与して種類を分けることもなかった。
  2. 本数が削減されていた。
  3. 最速達便のみが運行していた。

区間快速の設定に意欲的だったら[編集]

JR東日本は他のJR各社とは異なり、区間快速の設定に消極的です。もし、区間快速の設定に意欲的だったら?

  1. 快速の停車駅がばらばらになることはなく、ややこしくなることもなかった。
    • 停車駅別に種別が是正されていた。
  2. 仙石東北ラインの快速(緑)は間違いなく区間快速になっていた。
  3. 仙山線の快速も一部区間を各駅停車する快速も区間快速になっていた。
    • 一部の駅で停車駅が少ない順にA、B、C・・・などとアルファベットを便宜的に付与することはなかった。
  4. 首都圏の快速はほぼ現実と変わらないと思う。
    • 常磐線快速だけは例外的に取手発着は区間快速になっていた。
    • むしろ今は亡き京葉線の武蔵野快速が区間快速に種別が是正されていた。
    • 埼京線(赤羽線)がJR発足初の区間快速になっていたかも。
    • 京浜東北線の快速が区間快速に是正されてそう。
      • 東海道本線の普通と停車駅で逆転現象が起きていた
  5. 湘南新宿ラインの快速が区間快速になり、特別快速が快速になって「北本と戸塚に『特別停車』する快速」と言われなかった筈(設定時点で快速アクティーは戸塚を通過していた)。

上野東京ライン経由の快速が東京駅で普通列車に種別変更していなかったら[編集]

上野東京ラインを経由する快速列車は現在、東京駅を境に普通列車に種別を変更していますが、もし、上野東京ラインを快速列車が東京駅で種別変更していなかったら?

  1. 種別が快速であることは現実と変わらない。
  2. 「アクティー」「アーバン」「ラビット」と言った列車愛称は間違いなく廃止されていた。
  3. 湘南新宿ラインの遠距離利用客が減っていた。

列車別[編集]

  • 新規追加は50音順でお願いします

実現していたら[編集]

  • 乱立防止の為、記載は実際に元ネタがあるものに限ります。
    • 項目内にそれに関する文章を書いていただければ幸いです。

くろんぼ[編集]

1973年夏頃に長岡 - 鼠ヶ関間を運行する予定だった海水浴臨時急行列車。直前になって運行が中止されたが、もし、運行していたら?

  1. 人権団体から槍玉が挙がっていた。
    • 愛称名変更も余儀なくされていた。
  2. 予定では気動車だったのでキハ58系で運行していた。
    • 電化後も車両需給の関係でキハ58系で運行していた。
  3. 時代の変化につれて快速に格下げされていた。

たまひこ[編集]

2005年3月ダイヤ改正で函館-秋田間に特急「たまひこ」が新設される情報が某掲示板であったが、実現には至らなかった。

  1. 789系で運行していた。
  2. 仮に設定しても1日1~2往復の運行だった。
  3. 臨時特急「さくらエクスプレス」の定期化に際して設定されたものとみなされていた。
  4. 北海道新幹線開業と同時に廃止され、青森-秋田間は「つがる」に統合されていた。

東海道・山陽新幹線の夜行列車[編集]

東海道・山陽新幹線には全通後に夜行列車を運転する計画もあったことは結構有名である。これが実現していたら?

  1. 961形ベースの寝台車が製造される。
    • 当初は機関車牽引の客車列車のみで運行され、その後は新幹線電車寝台特急の新設に合わせて史実の200系及び100系ベースの寝台車が製造された。さらに最近ではE4系ベースの寝台車に移行している。
  2. 西明石と相生の渡り線は健在。
  3. 博多あさかぜは新幹線に移行。
  4. 九州新幹線が博多側から開業していた可能性もある。
  5. 小倉で日豊本線から乗り換えることができるので、現実のサンライズ瀬戸・みずほ、ソニックの乗り換えよりも乗り換え回数が少ない。
  6. 騒音問題のため、昼行列車より速度は遅い。
  7. 九州発の東京往復割引切符は在来線寝台、新幹線夜行列車、新幹線昼行列車が利用できた。
    • 2009年の富士、はやぶさ廃止後は新幹線夜行列車と新幹線昼行列車のみに。
  8. SLやまぐち号の指定席券とセットになった企画乗車券やツアーが発売されていた。
  9. 列車名は昼の新幹線とは異なったものが用いられていた。
    • 東京-新大阪間:「ぎんが」
    • 東京-博多間:「あさかぜ」
    • 新大阪-博多間:「あかつき」
  10. 九州新幹線にも夜行列車が設定されていればこうなっていた。
    • 東京-鹿児島中央間:「はやぶさ」
    • 新大阪-鹿児島中央間:「なは」
  11. 東海道・山陽新幹線と東北・北海道新幹線との直通列車も設定されていた。
  12. 北海道新幹線札幌開通後は東北・北海道新幹線にも検討されるが、ベースになる車両がCRH2E型そっくりになる。

長野-飯田間の特急列車[編集]

2004年頃に長野-飯田間に特急列車を試験運行するという情報があったが、未だに実現には至っていない。

  1. =JR東日本が地方交通線を主体とする優等列車の設定の意欲的だったら、である。
  2. 列車愛称は「天竜」だった。
    • 「みすず」は快速、「かもしか」は当時、奥羽本線の特急で使用されていたため。
  3. 189系が使用されていた。
  4. 定期化が実現した場合は「みすず」は廃止されていた。
    • そして「特急誘導だ」と叩かれていた。
  5. 中津川線が開業していたら、373系電車か383系電車で運行されていた可能性が高い。

ビーチイン大洗ひたち[編集]

  • 海水浴客輸送の臨時列車を水戸からDL牽引で大洗まで乗り入れさせる計画があり、実際に試運転まで行われたが、信楽高原鐵道の事故による不測の事態の際の不安から取りやめとなった。
  1. 試運転の際とは異なり控車が連結されていた。
    • その後は控車の連結を解消するために先頭車の双頭連結器化・発電機設置がされていた。
  2. 使用車両は1998年以降は651系になっていたんだろうか?
  3. 2010年代まで残っている可能性は低い気がする。
    • 直通運転が恒例化した場合は00年代前半ごろに水戸~大洗間の電化が真剣に検討されていた。
    • 乗り入れ設備+DLへの連結対応車両が残っていた場合、大洗あんこう祭に合わせて設定される「ときわ98号」は大洗始発の運転となっていた。
      • 乗車率次第では下り(上野→大洗)も設定されているはず。
    • 上手くいけば大宮発水戸線経由大洗行の「大洗エメラルド」が復活していた。
  4. あいつらの影響があるので鹿島方からの直通は困難そう。

廃止されていたら[編集]

  • 乱立防止の為、記載は実際に元ネタがあるものに限ります。
    • 項目内にそれに関する文章を書いていただければ幸いです。

エアポート成田[編集]

2018年に廃止

エアポート成田は2018年に列車愛称が廃止され、それ以来、成田空港行の列車として存続していますが、もし、列車そのものが廃止されていたら。

  1. 成田発着の快速になっていた。
  2. 成田-成田空港間にシャトル列車が設定されていた。
  3. 「成田エクスプレス」への誘導だと叩かれていた。

仙山[編集]

2004年に廃止

仙山は2004年に列車愛称が廃止され、それ以来、列車愛称なしの快速として存続していますが、もし、列車そのものが廃止されたら?

  1. 各駅停車に格下げされていた。
  2. 高速バスに大打撃を被られて廃止に追い込まれたとみなされていた。
    • JR東日本は高速バスへの対抗にやる気がないとみなされていた。
  3. ややこしい存在が減っていた。
    • 駅によって種類が相違する存在がなくなっていた。

仙台シティラビット[編集]

2016年に廃止

仙台シティラビットは2016年3月のダイヤ改正で停車駅が追加されましたが、もし、停車駅追加ではなく廃止されたら?

  1. 各駅停車に格下げされていた。
    • 各駅停車への格下げは利便性向上のためとみなされていた。
  2. 同時期のダイヤ改正で設定された広島地区の快速といい意味で比べられていた。

廃止されたら[編集]

サンライズ出雲・瀬戸[編集]

  1. 日本から寝台特急が全滅する。
  2. 名古屋駅を通過する旅客列車もなくなる。

ひだ[編集]

  1. 富山県からJRの特急列車が消滅。
  2. 快速に格下げされる可能性が高い。

みすず[編集]

  1. 各駅停車に格下げ。
  2. 飯田線と篠ノ井線との直通運転がなくなる。
  3. JR東日本とJR東海との直通運転がさらに減る。
  4. 313系がJR東日本管内で見られなくなる。

車両が○○だったら[編集]

旭山動物園号[編集]

電車で使用されたら[編集]
  1. おそらく使用車両は789系だろう。
    • 設定時期的に781系だったかもしれない。
  2. フラノラベンダーエクスプレスは普通のキハ183系で使用されることはない。

きのくに[編集]

電車化されていたら[編集]

「きのくに」は紀勢本線電化後も一部区間で非電化線区を運行していたため、廃止まで気動車で運行されましたが、もし、電車化されていたら?

  1. 165系に置き換えられていた。
    • 廃止後は普通列車に転用されていた。
  2. 難波乗り入れは列車は廃止まで気動車のままだった。

くろしお[編集]

485系を投入していなかったら[編集]

くろしおは一時期、一部の列車に485系を投入していましたが、もし、投入されなかったら?

  1. きのくにがもう少し長く続いていた。
    • 理由はやくもの短編成化で捻出される381系が回されるまでのつなぎであるため。
    • その分、きのくには電車化されていたかも。
  2. クハ480は登場しなかった。
  3. ひたちが485系ボンネット車オンリーになることはなかった。
    • 485系ボンネット車はこの時点で廃車が始まっていた。

しらゆき(急行時代)[編集]

電車化されていたら[編集]

しらゆきは日本海縦貫線全線電化後も白馬と併結する関係から廃止まで気動車で運行されましたが、もし、電車化されていたら?

  1. 457系で運行していた。
    • 457系は3電源方式を生かせる運用ができていた。
  2. 長距離運行のため、ビュフェが連結されていた。
  3. 白馬は単独運行となっていた。

彗星[編集]

24系25形客車のままだったら[編集]

史実では、1986年11月には、14系15形客車に変更し、1994年12月には、24系25形客車に変更しました。1986年11月以降、24系25形客車で運用されていたら

  1. 24系25形客車は史実より多く製造されていた。
  2. 急行「銀河」は14系15形客車で運用されていたかもしれない。
    • それとも、急行「銀河」は史実通りに24系25形客車に置き換えられて、特急「出雲2・3号」か特急「北陸」か特急「さくら・みずほ」が14系15形客車に置き換えられていたかもしれない。
    • それとも、特急「明星」と特急「あかつき」の併結運転はなかったかもしれない。ただし、1986年11月のダイヤ改正で廃止されたのは史実通り。
  3. 特急「彗星」は2007年3月or2008年3月までに運行されていたかもしれない。

宗谷(急行時代)[編集]

客車化されなかったら[編集]
  1. 大幅なスピードダウンはなかった。
  2. 寝台車を座席車として開放することもなかった。
  3. キハ400への置き換えは史実通りだった。

はくたか[編集]

489系が通常に使われていたら[編集]
  1. 681系の不具合の場合、代走は683系0番台を使っていた。
  2. おそらく1往復のみの運転になっていた。
  3. 489系の引退は北陸新幹線開業後になり遅れていた。
    • どこかの段階でキトの485系をこっちに持ってきて、それが代替になっていたのでは。
  4. 160km/h運転を行う列車には「はくたかホワイトウィング」の愛称がついていた。

よねしろ[編集]

電車だったら[編集]
  1. 花輪線と直通運転することはなかった。
  2. 当時、急行形電車はその多くが普通列車で運用されていたため、485系で運用され、たざわと共通運用だった。
    • その後はE751系に置き換えられていた。
  3. グリーン車が連結されていた。
  4. 快速格下げは史実通りだが、指定席設定のため、愛称は堅持されていた。
    • かもしか→つがるに統合されていた可能性もある。
      • 大館発着の列車につがるはおかしいのでかもしかのままだったかも。
        • JR東日本の感覚では行先別愛称が徹底されるだろうから。

その他[編集]

いしかりライナー[編集]

快速のままだったら[編集]
2001年に「いしかりライナー」は快速から区間快速に変更されました。もし、現在も快速のままだったら?
  1. 快速のままでも乗客は誰も気にしない。ただし、「快速運転区間である札幌~江別間しか走行しないのに区間快速を名乗っている」という矛盾がある列車は設定されなかった。

オリエント・エクスプレス'88[編集]

実現しなかったら[編集]
  1. 北斗星の北海道編成・夢空間・トワイライト・カシオペアは存在しなかった。
    • それどころか日本の寝台列車は全滅していたかも。
      • 或いは寝台列車がカートレイン化されていた可能性がある。
    • 「日本海」の西日本編成が予定通り食堂車(青塗装のスシ24形0番台)を連結し、札幌に延長されていた。
    • JR九州のななつ星やJR各社のクルーズトレイン計画も無かった。
  2. 箱根のラリック美術館も無かったかもしれない。
  3. フジテレビの沼田氏は大バッシングを受けていた。
  4. 昭和の鉄道史が地味に終わっていた。
  5. フジテレビ開局30周年記念の際も地味な企画が行われていた。
  6. オリエント急行って何ですか?
    • 本家に行けば分かるさ。
  7. KATOがオリエント急行のNゲージ模型を売る事もなかった。

こだま[編集]

急行として運転されていたら[編集]
  • 当初は急行列車として運転する案があり、実際に1000形B編成にはボックスシートが用意されていたそうです。
  1. 試験車同様ボックスシートが設置されていた場合、「ひかり」との編成共用が出来なくなっていた。
    • 史実よりも早く100系のような車両が開発され、「ひかり」用編成として使われる事になっていたかもしれない。
      • 「こだま」用車両もその頃にはボックスシートから転換クロスシートにグレードアップされていた。
    • ボックスシートは史実の583系と同様のものになっていた。
  2. 流石に民営化までには特急になっていた…はず。
    • 今でも急行のままだったら特急誘導が露骨になっていた。
  3. 「スピードアップしたのに種別は特急から急行に格下げ」という珍しい事態になっていた。
  4. 東北・上越新幹線でも「あおば」「とき」が急行になっていた可能性もある。
    • 但し民営化後の行先別種別への変更で全列車特急に変更される。
    • Maxの座席はまともな評判だった。
  5. 東海道本線の昼行急行削減が早まった。
  6. 山陽新幹線内各停停車の「ひかり」はなかった。
  7. 東海道・山陽新幹線の駅はさらに増えていた。新横浜-小田原間、米原-京都間には確実に駅が造られていた。
  8. 繁忙期に周遊券族が多数押し寄せる。
  9. 「こだま=急行 ひかり=特急」ということに。
    • ちなみに史実ではひかり=「超特急」。
  10. 電車は使用されず、機関車牽引の客車列車で運転されていた。

のぞみ[編集]

誕生しなかったら[編集]
  1. 東海道・山陽の最高位種別は今でも「ひかり」。
    • もしくは史実の「のぞみ」が「スーパーひかり」になっていた。
    • 山陽に「ひかりレールスター」は登場しなかった。
  2. 桃太郎電鉄で「のぞみカード」、「のぞみ周遊カード」は誕生しなかった。
    • 「ひかりカード」になっていた?
    • もしくは「はやてカード」になっていた。
  3. 「崖の上のポニョ」の主題歌は違う子が歌っていた。
    • それとこれとは関係ないんじゃない?
      • いずれにせよ、「のぞみ」という名前の子供は現実よりも少なくなっていた。
  4. 日本に「望み」がなくなる。
    • 絶望の国・ニッポン・・・。
  5. のぞみ料金もないのでJR東海・JR西日本の収益が現実より少し低かった。
  6. シャトルひかり・グランドひかりが今も走っている。
  7. 2011年3月の九州新幹線全通の際にも「みずほ」は誕生しなかった。
    • 東北新幹線に「はやぶさ」が誕生しなかったかもしれない。
      • この場合「はやぶさ」の愛称は九州新幹線で使われていた可能性がある。
      • 寝台特急「はやぶさ」が電車化のうえ存続している可能性だってあるはず。
  8. 東京~大阪間では現実よりも航空機を利用する人が増えていた。
    • 神戸空港の開港が早まっていた。
    • 東京~岡山・広島間では圧倒的に航空機が有利になっている。東京~福岡は言わずもがな。
  9. 山陽新幹線限定で史実ののぞみに当たる種別が導入されていた。
    • もちろん500系使用。
  10. 近鉄名阪甲特急は現在も全列車が鶴橋~名古屋間がノンストップ運転を行なっている。
    • 名阪間はのぞみも速達ひかりも速さは変わらないから、あまり関係ないと思うが。
  11. 寝台急行「銀河」は285系電車化・特急格上げのうえ存続していた。
のぞみより早い愛称があったら[編集]
  1. 愛称は何になっているだろうが…。
    • 「きぼう」かもしれない?
  2. 東海道新幹線と九州新幹線直通運転が実現していたかもしれない。
  3. 停車駅は「東京-名古屋-新大阪-広島-博多-熊本-鹿児島中央」か。
  4. リニア開業でもちろん廃止に。
    • リニアの方に使用されるでしょう。
  5. もちろん、現実の「のぞみ」・「みずほ」にはJR全線乗り放題系の乗車券やレール&レンタカーとジパング倶楽部の特急料金の割引が使えるようになっていたか?
静岡に停車する列車が設定されていたら[編集]
  • 静岡県側からよく要望が出ていますが、速達性の問題などから実現は夢のまた夢だそうです。
  1. 「のぞみ」中心のダイヤになるまではまだ何とかなっただろうが、現行のダイヤだと「のぞみ」が「のぞみ」を追い抜く事態が発生する可能性が……。
    • 他の停車駅の案内では静岡を通過するのぞみの方が早く着く事をしきりに訴えていた。
    • 下手すると代わりに「ひかり」がある程度削減されるという事になりかねない。
  2. 浜松側からの停車要望も張り合うかの如く加熱していた。
    • 場合によってはどちらかに千鳥停車する事で妥結していたかもしれない。
  3. もっと早くから設定されていたら特急「東海」は急行時代に廃止されていた。
    • 東京〜九州間の寝台特急も廃止が早まった。
  4. 静岡空港駅設置の要望は現実より弱い。
全て名古屋を通過していたら[編集]
  1. 「東京と大阪を早く結ぶため」とされていた。
  2. JR東海の本社は東京に出てけ。という運動が行われていたかもしれない。
  3. 「ひかり」の本数が増加していた。
  4. 名古屋市民と横浜市民の関係が険悪になっていた。
  5. リニア中央新幹線は最初から全区間を着工することになった。

ひかり[編集]

静岡県内の駅に停車しなかったら[編集]
  1. 静岡県内の駅は「こだま」しか停まらなかった。
  2. 究極の静岡いじめだと言われていた。
    • 小田原駅・豊橋駅に停まる列車が存在したら尚更。
  3. こだまの1時間当たりの本数が増加していた。

よねしろ[編集]

ライナー列車だったら[編集]

よねしろは1986年に秋田-大館間を急行運転し、大館-陸中花輪間は普通列車として直通運転を行う列車として設定され、通勤輸送の役割も果たす観点から急行として設定されましたが、もし、ライナー列車だったら?

  1. 国鉄が地方にもライナー列車の設定に意欲的だったらこうなっていた。
  2. 列車名はホームライナー秋田だった。
  3. 車両は485系が使用され、たざわと共通運用だった。
    • その代わり、花輪線と直通運転を行っていなかった。
    • グリーン車も連結していた。
  4. 快速しらかみとの逆転現象も起きなかった。



関連記事