もしあの地域に坂道シリーズができたら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

もし乃木坂46が○○だったら > あの地域に坂道シリーズができたら

もし欅坂46が○○だったら > あの地域に坂道シリーズができたら

坂道シリーズは現在、東京に乃木坂46・欅坂46があります。

  • 新規追加は地域内で東・北→西・南の順にお願いします。
    • なお都道府県で設定する場合は都道府県→市区町村の順にお願いします。
  • 本体ではなく姉妹グループということであれば東京都内でもよいものとします。
  • わかる範囲で乃木坂46や欅坂46からの移籍・兼任メンバー、「公式お兄ちゃん」 (そのグループを応援するためのお笑いタレント) 、そのグループで中心的に作曲をする人もお書きください。

北海道・東北[編集]

十勝 (十勝46)[編集]

  1. 十勝地方、十勝総合振興局管内を盛り上げるべく誕生。
  2. 十勝産の乳製品や 「北海道十勝」 (明治のチーズブランド) のパッケージには十勝46が引っ張りだこに。
  3. 特急 「スーパーとかち」 で運用されるJR北海道のキハ261系にはメンバーの写真がラッピングされていた。

旭川市 (旭川46)[編集]

  1. 旭川市初の秋元康プロデュースアイドルグループとして誕生。
  2. 旭川出身の橋本奈々未が移籍、あるいは兼任メンバーに。
    • この場合は初代センターは橋本に決定。
  3. 旭川出身のとにかく明るい安村が 「公式お兄ちゃん」 に。
  4. 旭山動物園の御贔屓になっていた。宣伝には旭川46が引っ張りだこに。
  5. 作曲は旭川出身の坂田おさむが中心に。
    • 同じく旭川出身の玉置浩二も作曲を手がける。

札幌市 (札幌46)[編集]

  1. 札幌初の秋元康プロデュースのアイドルグループとして誕生。
  2. 北海道出身の橋本奈々未と北野日奈子が移籍、あるいは兼任メンバーに。
    • 初代センターはこの2人がダブルセンター方式で務めることに。
  3. 札幌市出身のタカ (タカアンドトシ) か遠山大輔 (グランジ) 、吉村崇 (平成ノブシコブシ) あたりが 「公式お兄ちゃん」 に。
    • 遠山は 「SCHOOL OF LOCK!」 (TOKYO FM製作、JFN系) で 「とーやま校長」 だから、公式お兄ちゃんの縁で 「GIRL'S LOCK!」 にもメンバーが出演していた。
  4. 北海道日本ハムファイターズから応援サポーターに任命。
  5. 作曲は札幌市出身の小西康陽(元ピチカート・ファイヴ)が中心となって手がける。
    • 松山千春も札幌在住だから松山も作曲に携わっている。

函館市(八幡坂46)[編集]

  1. 函館の観光地・八幡坂にちなみ、乃木坂46の北海道の姉妹グループとして誕生。
    • もちろん、本拠地は函館。
  2. 上記の「SPR48」ができていた場合、SPRの公式ライバルグループとして誕生。
    • AKBと乃木坂のように、「交換留学生」制度もできるかも。
    • 下記のHKD48が出来ていていたら、HKDの公式ライバルグループとして誕生しているのではないかと…。
  3. 在札の民放各局で、冠番組が一斉にスタート。
    • テレビの企画で「SPR48 VS 八幡坂46」という企画があったかも。
      • 寧ろ、「HKD48 VS 八幡坂46」だと思うのだが…。
  4. 北野日奈子・橋本奈々未が移籍あるいは、兼任メンバーになっていた。
  5. 劇場は、函館駅前に建設。
    • または、棒二森屋か函館駅前和光ビルの中に入居か?
  6. 北海道新幹線が函館に停車する縁で、北海道新幹線のPRキャラクターに就任。
    • 快速 「はこだてライナー」 にもメンバーのラッピング電車が運行されていた。
    • その関係かJR北海道が一枚噛んでいる。
      • 厳密には新函館北斗駅は北斗市にある。


象潟 (象潟46)[編集]

  1. 東北地方初の秋元康プロデュースグループとして秋田県は象潟に登場。
  2. にかほ市の花がねむの花だから、それをイメージして白と薄い紫色をモチーフにした衣装になる。
    • 制服のブレザーやリボンの色もそれを意識している。
  3. 秋田県出身の生駒里奈と鈴木絢音が移籍、あるいは兼任メンバーに。
  4. 初代福神はこの2人で決定。
  5. 象潟の歴史や 「奥の細道」 にちなんだ歌になりそう。

郡山市 (郡山46)[編集]

  1. 福島県郡山市の地位向上のために結成。
  2. 丸山夏鈴を神様のごとく崇める。
  3. 郡山駅の発車メロディーは郡山46の曲になっていた。

関東[編集]

千葉・房総半島 (房総46)[編集]

  1. 乃木坂46の姉妹グループとして千葉県に誕生。
  2. 乃木坂46から高山一実と星野みなみが移籍、あるいは兼任メンバーに。
    • 初代センターはこの2人がダブルセンター方式で務めることとなる。
  3. 千葉県出身の小島よしお、飯塚悟志 (東京03) 、山里亮太 (南海キャンディーズ) 、劇団ひとりが 「公式お兄ちゃん」 、エド•はるみが 「公式お姉ちゃん」 、渡辺正行が 「公式お父さん」 になっていた。
  4. 活動拠点は房総半島がメインになるが、千葉ロッテマリーンズと提携を結ぶ展開になっていた。

埼玉県 (埼玉46)[編集]

  1. 乃木坂46の姉妹グループとして埼玉に誕生。
  2. さいたま市ではなく埼玉県としての埼玉46といったところ。
    • よって埼玉は漢字で書かれている。
  3. 乃木坂46から秋元真夏、井上小百合、斎藤ちはる、中田花奈、相楽伊織、佐々木琴子、新内眞衣が移籍、あるいは兼任メンバーに。この場合は 「七福神」 が成立する。
    • NACK5リスナーからの反発で、斉藤優里も埼玉県出身メンバーと同様の扱いになるかもしれない。この場合は 「八福神」 になる。
  4. おもに大宮ソニックシティでコンサートを開催。
    • 敢えて鶴ヶ島市や比企郡などに劇場を設置し、その町の活性化に繋げる作戦もアリ。
  5. 「公式お兄ちゃん」 にはアキラ100%、イジリー岡田、土田晃之、春日俊彰 (オードリー) 、カズレーザー (メイプル超合金) 、etc. 。
  6. 作曲は埼玉県出身の高見沢俊彦 (THE ALFEE) がほとんど。
  7. 「サガラとキヨトの乃木坂ぷぷぷ」 (テレ玉) は埼玉46によって復活、または継続されていた。
  8. 埼玉西武ライオンズとのパートナーシップ協定を結ぶ展開になる。
    • 「吠えろライオンズ」 が歌えなければメンバー失格。
    • おっと、浦和レッズや大宮アルディージャも忘れちゃダメだ。
  9. 「ダ埼玉」 発言をしたタモリをグループとして徹底的に嫌う。

狭山市 (狭山46)[編集]

  1. 乃木坂46、埼玉46に対抗すべく発足。名前の通り活動拠点は狭山市。
  2. 狭山市役所か狭山市駅の近くにステージを建設するか、中央公民館を改装の上コンサートを開催。
  3. 狭山市に在住経験のあるだいたひかるが 「公式お姉ちゃん」 に。
  4. 狭山茶の推進大使に任命されることに。
  5. 狭山市に在住経験のあるの細野晴臣と小坂忠、狭山市出身の貴水博之の縁で浅倉大介が中心的に作曲を担当。
    • 貴水博之も一部で作詞を担当することに。

台東区 (無縁坂46)[編集]

  1. 乃木坂のアングラ版として、山谷や吉原がある台東区で結成。
  2. 音楽面はさだまさしが全面的にバックアップする。
  3. さだまさしは公式お兄ちゃんも自分が務めると主張するが、皆は彼を公式お爺ちゃんと呼ぶ。
  4. メンバーのほとんどが、なぜか生涯独身になってしまう。さだまさしの妹のように。

文京区 (文京46)[編集]

  1. 乃木坂がある港区に対して文京区から対抗すべく誕生。
  2. 主にコンサートを文京シビックホールで開催。
  3. 読売ジャイアンツと提携を結ぶ展開に。
    • よってアンチ巨人はメンバー失格。

新宿区 (新宿46)[編集]

  1. 乃木坂は港区にあるが、今度は港区に対して新宿から対抗すべく発足。
  2. 新宿御苑の土地を3分の1削って事務所を建てていた。
  3. 東京ヤクルトスワローズの公式応援サポーターに。
  4. 明治神宮の神様を崇められなければメンバー失格。

立川市 (立川46)[編集]

  1. 東京都多摩地区初の秋元康プロデュースのアイドルグループとして発足。
  2. 2009年に裁判所が八王子から立川に移転し、JR東日本でも八王子駅より立川駅の方が乗降客数が多いことから、勢いとして八王子を凌駕するような歌を歌う。
  3. 昭和記念公園にステージを造ってそこでコンサート。
  4. 立川市に在住経験のある原田泰造 (ネプチューン) が 「公式お兄ちゃん」 に。
  5. 作曲は立川市出身の木根尚登 (TM NETWORK) 、佐橋俊彦が中心となって手がける。

八王子市 (八王子46)[編集]

  1. 乃木坂46に対抗すべく今度は八王子市に発足。
  2. 勢いはまだ立川に負けておらず、東京都唯一の中核市であることから立川に対抗意識を持った歌を歌う。
  3. 八王子いちょう祭り、高尾梅郷梅まつりなど市内の祭りには積極的に参加。
  4. 八王子市出身のアンジャッシュ、ヒロミ、畠山健 (シンデレラ) が 「公式お兄ちゃん」 に。
  5. 作曲は八王子市出身・在住の北島三郎、松下耕、鳥海剛史が中心となって手がける。

横浜市 (横浜46)[編集]

  1. 神奈川県初の秋元康プロデュースのアイドルグループとして横浜市に誕生。
  2. 横浜市出身の桜井玲香、伊藤かりん (以上、乃木坂46) が移籍か兼任メンバーに。
  3. 「熱き星たちよ」 (ベイスターズの応援歌) や 「横浜市歌」 を市外、どころか県外にまで広める活動を行う。
  4. 横浜DeNAベイスターズと提携を結ぶ展開に。
    • 横浜スタジアムで試合を行う場合、君が代の独唱や横浜市歌斉唱のリード役を務めていた。
      • 2017年までに結成されていれば、2017年の日本シリーズ (横浜DeNAベイスターズvs福岡ソフトバンクホークス) でも担当していた。
  5. 横浜出身の出川哲朗、斎藤司 (トレンディエンジェル) 、堤下敦 (インパルス) 、坪倉由幸 (我が家) 、ふかわりょうが 「公式お兄ちゃん」 に。
  6. グループ名は「権太坂46」がいいと思う。
    • 市内でも特に保土ヶ谷区に活動の重点を置く。
    • 箱根駅伝の時には権太坂上ら辺に陣取って応援イベントを開く。
      • 権太坂だと場所が限定されてしまうような気がする。横浜が本拠地だから横浜46

中部[編集]

新潟島(どっぺり坂)46[編集]

  1. NGT48のライバルユニットとして、主に新潟エリアを中心に活動すべく結成。グループ名は同市中央区西大畑町にある「どっぺり坂」にちなむ。
    • 名目上はライバルであるが、「衰退の一途をたどる古町エリアに新たな活力を入れる」のが真の目的。結果NGTとの共演(競演?)の機会も多く設定される。
    • または坂の段数にちなんで「どっぺり坂59」というグループ名になる可能性も。
      • どっちにしろ名前がダサい。
  2. 劇場はラフォーレ原宿撤退後のNEXT21、または大和新潟店跡地に建設されるビル内に開設される。
    • どっぺり坂のすぐ隣にある「異人池ヒルズ」内に開設しようとするが、手狭すぎて断念。
  3. ハードオフエコスタジアムに対抗すべく、りゅーとぴあまたは陸上競技場で選抜総選挙を開催しようとするが、やはりキャパシティが(ry

黒部(欅平46)[編集]

  1. 劇場は黒部峡谷鉄道の欅平駅。
    • よってここでの公演は冬季は休止される。
      • 冬季に公演を行うため、富山市内にも出張劇場が開設される。
  2. 黒部峡谷鉄道のイメージキャラクターになっている。
    • 親会社の関西電力のCMにも出演する。
      • 関電はメインのスポンサーにもなっている。
    • それ以外にも立山黒部アルペンルートのイメージキャラクターも務めるだろう。
  3. 時折欅平駅の奥にある作業用のトンネル内での特別公演が行われる。
  4. しかし、欅坂46が登場すると名前が紛らわしくなる。
    • 「欅坂46とは同じタイミングに同じ番組に出演しない」ことが取り決められ、テレビ局などを煩わせることに。
      • この場合、同じ回の紅白歌合戦への出場は難しい。
  5. 作曲は富山県出身の伊藤敏博(「歌う国鉄マン」として有名だった)が中心となって手がける。
  6. 富山県出身の佐藤大樹 (クマムシ) 、バッドナイス常田が 「公式お兄ちゃん」 に。

飛騨高山 (高山46)[編集]

  1. 乃木坂46の岐阜県飛騨地方における姉妹グループとして高山市に誕生。
  2. 「高山」 繋がりで乃木坂46の高山一実が移籍、あるいは兼任メンバーとなる。
    • 初代センターは高山で決定。
  3. JR東海や濃飛バスがスポンサーになっていた。
    • 特急「ワイドビューひだ」や濃飛バスの車両にメンバーがラッピングされていた。
    • CMには高山46が引っ張りだこに。
    • 高山一実が高山駅の1日駅長を務めることがあったかも。
      • 史実でも実現すれば凄いことに。

近畿[編集]

生駒市(生駒46)[編集]

  1. 乃木坂46の関西地区における姉妹グループとして奈良県生駒市に誕生。
  2. 「生駒」繋がりで乃木坂46の生駒里奈が移籍、あるいは兼任メンバーとなる。
    • 市内には「高山」や 「山崎」 もあるので高山一実、山崎怜奈も来るかも。
      • 初代センターは生駒、初代福神は生駒、高山、山崎の 「三福神」 となるか。
        • これがやがて 「生駒御三家」 にも発展する。
  3. 奈良県ということでせんとくんとのコラボも実現。
  4. 近鉄がスポンサーになっていた。
    • CMに使ったりラッピング車を運行したりしていた。
    • 生駒里奈が近鉄生駒駅の1日駅長を務める事があったかも。
      • 史実でも実現すれば凄いことに。
      • 一日どころか年に何回も務める羽目に。
        • そのうち近鉄本社から 「名誉駅長」 に昇格していた。
    • 駅ごとにメンバーが一人、駅ナンバリングのように制定されていた。
      • もちろん生駒里奈は生駒駅に決定。高山一実は学研北生駒駅、山崎怜奈は菜畑駅、といったところか?
        • 駅ごとに制定されたメンバーは、近鉄本社から各駅の名誉駅長に任命されていた。
    • 同じ奈良県内の近鉄吉野線には「福神」駅があるのでこちらもコラボしてくるかも。
  5. ここぞとばかり同じ奈良県の桜井市も対抗して桜井玲香を持ち上げたりして。
  6. 奈良出身の笑い飯、ライセンスが「公式お兄ちゃん」に。

大阪府・大阪市 (大阪46)[編集]

  1. NMB48に対抗すべく大阪に誕生。本拠地は大阪全域。
  2. 乃木坂46からの移籍メンバーは川村真洋、西野七瀬、松村沙友理。
  3. 「公式お兄ちゃん」 候補がいっぱいいる。
    • 吉本興業に限定しただけでも、今田耕司、中山功太、東野幸治、ナインティナイン、中川家、フットボールアワー、小籔千豊、etc. 。
  4. オリックス・バファローズの公式応援サポーターに。
    • 大阪近鉄バファローズ色を強めた応援もたびたび行う展開に。
      • オリックス・ブルーウェーブファンだった人、阪神タイガースファンの人からの顰蹙を買いかねない。
        • 「阪神タイガースは兵庫だけのものじゃない!大阪の阪の字もあるんだ!六甲おろしを歌え!」 (by,阪神タイガースファン)
  5. 作曲は大阪府出身の伊藤銀次と坂東慧(T-SQUARE)が中心となって手がける。

玉造(心眼寺坂46)[編集]

  1. 真田幸村を意識した衣装とか公演とかありそう。
  2. 最寄駅の玉造駅が彼女らにジャックされるかも。
    • 最寄駅の発車メロディーは当然ながら彼女たちのデビュー曲かミリオンセラー。

中国・四国[編集]

岡山県・岡山市 (岡山46)[編集]

  1. STU48に対抗すべく岡山に誕生。 「公式ライバル」 となる。
  2. この場合岡山出身の次長課長か千鳥が 「公式お兄ちゃん」 に。
  3. 乃木坂46には岡山出身がいないから、広島出身の中元日芽華と和田まあやが乃木坂46から移籍、あるいは兼任メンバーになるか。
  4. 特産品の桃をイメージして衣装は桃色が中心に。
  5. JR西日本岡山支社がスポンサーとなるか。
    • この場合岡山支社の職員がメンバーに。
    • 岡山県内のイベントでは引っ張りだこに。

広島県・広島市 (広島46)[編集]

  1. 岡山46と同様、STU48の 「公式ライバル」 として広島に誕生。
  2. 広島46こそ中元日芽華と和田まあやが移籍、あるいは兼任メンバーに。
    • 初代センターはこの2人がダブルセンター方式で務めることとなる。
    • 2人は広島カープファンだから、広島東洋カープとの繋がりも強くなる。
  3. 広島出身のクロちゃん (安田大サーカス) か西村真二 (ラフレクラン) が 「公式お兄ちゃん」 に。
    • クロちゃんはAKB48ファンなのでむしろアンガールズかと。
  4. メンバーが祖父母の戦争体験を語ることがある。

尾道市 (れんが坂46)[編集]

  1. STU48に対して今度は尾道市から誕生すべく発足。
  2. 隣の福山市出身の和田まあや (乃木坂46) が移籍するか兼任メンバーに。
    • 初代センターは和田に決定。
  3. 新尾道駅と尾道駅の中間地点に、名前にちなんで煉瓦でできたホールを建設。そこでコンサートを開催。
  4. 尾道市を題材とした 「転校生」 や 「時をかける少女」 のリメイク版はれんが坂46が演じる。
  5. 作曲は尾道市出身の久保田洋司 (THE 東西南北) や新藤晴一 (ポルノグラフィティ) が中心となって手がける。
  6. 新尾道駅をのぞみ号が通過する際は、余裕があればファンやメンバーが 「のぞみ号停車の早期実現を!」 とかかれた横断幕を広げてシュプレヒコール。
  7. 「公式お兄ちゃん」 は広島46と同じく西村真二かアンガールズに。

九州・沖縄[編集]

福岡県・福岡市 (福岡46)[編集]

  1. HKT48に対抗すべく福岡に誕生。
  2. 与田祐希が乃木坂46から移籍、あるいは兼任メンバーに。
  3. 「公式お兄ちゃん」 は福岡県出身の博多華丸・大吉、またはパンクブーブーか。
    • 博多大吉が公式お兄ちゃんになるのなら西野七瀬も欠かせない。
  4. 福岡ソフトバンクホークスとの繋がりを強めそう。
  5. 作曲は福岡県出身の財津和夫と伊東たけし(T-SQUARE)が中心となって手がける。
    • 秋元康との縁で藤井フミヤ、尚之兄弟も携わることに。

長崎県・長崎市(オランダ坂46)[編集]

  1. 異国情緒風のコスチュームを纏う。
    • 全体的に中国やオランダのエッセンスも生かしている。
  2. オランダ人メンバーもいる。
  3. 長崎市内のメイン劇場のほかにハウステンボス内にも出張劇場を持つ。
    • 結果、ハウステンボスのCMには引っ張りだこに。
  4. グループ名を見た限りではAKB48というよりは乃木坂46の姉妹グループだな。
    • 史実でも乃木坂46の姉妹グループとして鳥居坂46が誕生することになった。
  5. この場合でも広島に出来た場合と同じくメンバーが祖父母の被爆体験を語ることがある。
  6. 作曲は長崎県出身のさだまさしと福山雅治が中心となって手がける。

沖縄県 (沖縄46)[編集]

  1. 遂に秋元康プロデュースのアイドルグループが沖縄に上陸。
  2. 乃木坂46からは伊藤理々杏が移籍か兼任メンバーに。
  3. 「公式お兄ちゃん」 はガレッジセール、スリムクラブ、といったところか。
  4. 作曲は沖縄出身のBEGINが中心となっていた。
  5. 坂道グループでは水着などによる露出度がやや高めに。それでも控えつつある。

関連項目[編集]




憧れの東京!仕事と住居を同時提供TokyoDive[PR]

関連記事