もしあの地震が○○だったら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
投稿規制
現在このページ(もしくは節・カテゴリ)は他者に不快感を与えたりサイト趣旨から逸脱するなどの問題が考えられるため、下記の投稿を規制しています。
この規制に反する投稿は削除や注意または投稿ブロックの対象となりますのでご注意下さい。本件に関するご意見などはトークページへお願いします。
規制する投稿:直近10年間の地震に関する投稿(東日本大震災は無期限規制)

独立項目[編集]

19世紀以前[編集]

天正地震(1586年)[編集]

発生しなかったら
  1. 内ヶ島家は今でも存続。
    • 鉱山掘りとしてある程度活動していた。大阪の陣の堀埋め立てをやっていたかも。
      • 後に甲府や佐渡、石見でも活躍、近代鉱山の礎を築いた。
        • 江戸時代、譜代大名になっていれば、幕末頃には10万石くらいになっていたかも。
  2. 織田信雄は長島城を天守にしたまま清洲移転はなかった。
  3. 一豊の娘与祢は死ななかった。

宝永地震(1707年)[編集]

被害が史実より少なかったら
  • 史実ではマグニチュード8後半~9クラスと推測されています。
  1. 南海トラフ地震の対策に大きく影響が出ていた。
    • 場合によっては東日本大震災以降も東海地方でマグニチュード9クラスの地震が起きるという予想はなかったかもしれない。
  2. 宝永の富士山噴火もなかった。

濃尾地震(1891年)[編集]

発生しなかったら
  1. 内陸型地震の脅威はあまり知られていなかった。
    • その分、阪神淡路大震災の淡路島における被害が大きかった。
  2. 恐らく、現時点で内陸型地震の代表と呼ばれるのは阪神淡路大震災か。
  3. 「根尾谷」などという地名を知っているのは地元のごく限られた人に過ぎない。
  4. 鉄道唱歌(東海道編)の岐阜の部分の歌詞が「長良の川に灯を映す」あたりになっていた。

明治東京地震(1894年)[編集]

マグニチュード8クラスだったら
  1. 死者は10万人前後だった。
  2. この地震による災害は「東京大震災」と呼ばれる。
    • 場合によってはこの地震による災害が「関東大震災」と呼ばれていた。この場合、1923年に発生した史実の関東大震災は「大正関東大震災」と呼ばれていた。
      • この世界だと、1894年の地震による災害は「明治関東大震災」と呼ばれる。
  3. 確実に日清戦争で負けていた。
  4. 東京湾北部断層で発生していたら可能性はあった。
  5. 首都直下型地震の被害想定モデルはこの地震の被害をもとに作られていた。
  6. その分、史実の関東大震災の被害は少なかった。それでも死者は数万人出ていたかも。
  7. 史実通り関東大震災が発生していたら遷都が検討されていたかも。

1900~1980年代[編集]

西埼玉地震(1931年)[編集]

関東大震災並みの被害を受けていたら
  1. 恐らく大きな被害受けるのは埼玉県と群馬県と栃木県辺り。場合によってはこの地震による災害が「北関東大震災」と呼ばれていた。
    • 南関東大震災(史実の関東大震災)と北関東大震災(史実の西埼玉地震)と別れて呼ばれていたかもしれない。
    • 場所的に東京でも相当の被害が出ていたと思われるので北関東大震災の名前に抗議の声が出ていた。
    • 「第二次関東大震災」か「昭和関東大震災」と呼ばれていただろう。
  2. 川越の昔の町並みは地震によって壊れてしまう。その分修復費がかかっていたかもしれない。
    • 震災復興のため川越線が早期に開通した。
  3. 津波に関しては内陸で起きているので恐らく起きていない。
  4. この地震により内陸県でも地震の被害を受けるということで内陸県も地震対策が史実以上に進んでいたかもしれない。
  5. マグニチュードは7~8間辺り。
  6. 一部関東大震災の余震という報道もあったかもしれない。
  7. 史実の関東大震災でも大きな被害を受けていたから、首都を地震や台風の被害がほとんどない京城に移転する声が出てきた。
    • または札幌への移転が検討されたかも。
  8. 地震発生3日前に起こった満州事変はあまり報道されなかった。
  9. 埼玉県と栃木県と群馬県からの満州への移民の数が史実より多かった。

昭和東南海地震(1945年)[編集]

3年早く発生していたら
  • 発生日が1941年12月7日だったら
  1. 史実の真珠湾攻撃の前日なので真珠湾攻撃が延期されていた。
1年遅く発生していたら
  • 発生日が1945年12月7日だったら?
  1. 終戦直後だったので情報統制も緩いと思われるが、それでも混乱状態だったので被害規模が不明だった所もあったか。
  2. 三河地震(1945年1月13日発生)が前兆地震ということになっていた。
  3. 動員学徒などもういないため犠牲者は減っていた可能性が高い。

南海地震(1946年)[編集]

数年早く発生していたら
  1. 時期としては東南海地震(1944)の直後か。
  2. 新聞紙上の報道は一面ではなく真ん中のベタ記事。
    • そのため後世の調査では影響が出ていた。
  3. 高知県など被災地への支援が遅れ犠牲者はさらに増えていた。

福井地震(1948年)[編集]

発生しなかったら
  1. 阪神淡路大震災まで震度7は存在せず。
    • 阪神淡路大震災でも5と6が強弱に分割されただけだったかも。場合によっては10段階にするため4も分割されたかも。
      • 震度7の導入は東日本大震災を待つことに。
      • むしろ日本においても気象庁独自の震度階級から国際標準のメルカリ震度階級への変更が検討されたかもしれない。
  2. 福井県の衰退はもう少し遅かったか?
    • 少なくとも「江戸時代の十大都市が平成では一地方都市」ということにはならなかった。
      • そうなると、北陸地方の中心は石川県ではなく福井県に?
        • とは言っても、やはり中心は石川だったと思う。少なくとも福井県の人口が100万人を切ることはなかった。
        • 北陸は現在よりも地位が高かった。
          • 北陸新幹線は国鉄時代に開通していた。
  3. 大和百貨店は早くとも20世紀末まで福井店を続けていた。

チリ地震(1960年)[編集]

マグニチュード10クラスだったら
  • 実際にマグニチュード10は地球上で起こりえる最大規模だと言われておりますが…。
  1. 日本でも10m以上の津波が観測されていた。最大観測は20mか?
    • 東北沿岸は三陸地震並み、西日本沿岸は南海地震並みになっていた。
  2. 死傷者数はチリ内だけでも1万人。最悪3万人になっていた。
    • 死傷者数が6000人どころか10倍~100倍になっていた。
  3. もしかするとチリ地震ではなく、チリ大地震と呼ばれていた可能性もあり得る。
  4. 史実通り津波に対する認識が甘ければ、日本の津波被害は想像を絶するくらい受けていた。
    • 但し、史実以上に巨大防潮堤を建造しているため、その後の地震による津波被害は最低限に落ち着いたかも。
      • 各地に津波の石碑が建っていた。
  5. 確実に南米どころか北米・中米まで地震による被害を受けていた。
    • パナマ運河がこの地震でしばらくの間通れなくなっていた。
      • 太平洋の小島などでは津波の影響で全滅した島が出ていたかもしれない。そうでなくても全島移民などがされていたかも。
      • オーストラリア・ニュージーランドも結構被害を受けていた。
  6. 2年後のFIFAワールドカップ開催を返上していた

新潟地震(1964年)[編集]

発生しなかったら
  1. 地震保険は阪神淡路大震災まで存在しなかった。
  2. コンビナート火災もあまり知られず、東日本大震災の被害が拡大していた。
  3. 中越地震まで新潟県には地震安全神話があり、その影響もあって中越地震の被害はさらに大きかった。
  4. 液状化への対応が現実よりも遅れていた。
    • 東日本大震災では東京ディズニーリゾートに大きな被害が出ていた。
    • 液状化が日本で広く知られるのは1995年の阪神・淡路大震災だった。
1週間早く発生していたら
  1. 新潟国体が中止に追い込まれた。
  2. 死者は確実に増えていた。
    • 国体の選手やスタッフにも犠牲者が出る。

唐山地震(1976年)[編集]

震源が北京直下だったら
  1. 死者は軽く100万人を超え、有史以来最悪の震災となっていた。
  2. この地震で北京は壊滅し、日本における関東大震災的な扱いの震災となっていた。
    • 紫禁城も当然倒壊したため、世界遺産登録が早まったかもしれない。
      • 登録当初は危機遺産リストに入っていたかも。
  3. 政府機関の建物が多く倒壊したため、毛沢東も犠牲者の一人となっていた。
    • そしてさらには北京以外の都市に遷都していた。
    • 文化大革命はこの時点で終わり、開放改革が始まっていた。
    • 政府が機能しなくなるため、下手したらこの時点で中国が民主化されていたかもしれない。
    • 江青などの「四人組」や華国鋒などもこの地震の犠牲者に。

宮城県沖地震(1978年)[編集]

発生しなかったら
  1. 新耐震基準(史実では1981年に制定)の制定が遅れていた。
    • そのため阪神・淡路大震災では現実以上に甚大な被害が出ていた。
      • 恐らく阪神・淡路大震災発生後に新耐震基準が制定されていた。
    • ブロック塀の危険性が認識されるのは1987年の千葉県東方沖地震だった。
  2. 東北新幹線の大宮~盛岡間開業が2年ほど早まっていた。
    • 史実では地震により高架橋が損傷している。

1990年代[編集]

北海道南西沖地震(1993年)[編集]

発生が昼間だったら
  1. 迅速に避難できるため犠牲者は減っていた・・・と信じたい。
  2. 津波襲来をとらえた写真が残されている。
    • インド洋大津波より10年以上前に多くの人々が津波の恐怖を認識できていた。
  3. 空からの救援もやりやすかった。
  4. プロパンガスボンベが火元のため火災発生はどのみち避けられない。

ノースリッジ地震(1994年)[編集]

1年遅く発生していたら
  • 発生日が1995年1月17日だったら
  1. 日本では同日に阪神・淡路大震災が発生しているので日米両国で地震のネタで持ちきりになっていた。
    • 日本時間で夜の9時台に発生していることから、その時間帯以降の報道体制は大変な事になっていた。

北海道東方沖地震(1994年)[編集]

震源地が○○だったら
北方領土寄りだったら
  1. 震源地は恐らく択捉島辺り。北海道の被害はそれほど受けなかったと思われる。但し、その分北方領土の被害が大きくなることに…。
    • 色丹島だけじゃなくて他の北方領土の島も衰退していたかもしれない。
      • 場合によっては北方領土問題に影響し、歯舞色丹国後の三島返還でカタがついていたかも。
      • 惜しむらくは、この時期日本が細川・羽田政権→村山の自社さ連立という混乱期だったということか。もしここでタカ派の政治家が政権を取っていれば、返還の可能性は大きかったけど、このメンツなら無理そう。
  2. 恐らく日本として震災ではなくロシアとしての震災になっていたかもしれない。恐らくイトゥルップ地震と呼ばれていた。
北海道寄りだったら
  1. 釧路市か根室市辺りで震度7を観測していた可能性がある。その分北海道の被害が大きくなっていた可能性がある。
    • 負傷者は多くて800~1000人ぐらい居ただろうな…。
  2. 色丹島は史実通り衰退していたか?

三陸はるか沖地震(1994年)[編集]

別の時代に発生していたら
1年後(1995年)
  1. 同年は1月に阪神・淡路大震災が発生したこともあり、「地震に始まり地震に終わった1年だった」と言われるようになっていた。
16年後(2010年)
  1. 後に翌年3月に発生した東日本大震災との関連が指摘されるようになっていた。

ネフチェゴルスク地震(1995年)[編集]

日本でも被害を受けていたら
  1. 日本でも被害受けたとは言っても、稚内市の北海道北部ぐらいしか大きな被害を受けていないか。
    • 北海道では阪神淡路大震災の影がやや薄くなっていた。
  2. 震源地がネフチェゴルスクではなく最もサハリン南部だったらあり得た。
    • 史実通り同じ震源地なら恐らくマグニチュードは8後半~9前半になっていた可能性がある。
      • 場合によっては津波が起きかねない。その場合北海道北部を中心に被害を受けていた。
    • その場合、サハリン州全土に被害が及んでいたかもしれない。だからといって日本に返還される可能性はなさそうだが。

イズミット地震(1999年)[編集]

イスタンブール直下が震源だったら
  1. 名称が「イスタンブール大震災」になっていた。
  2. 旧市街の歴史的建造物に被害が続出。
    • 例:モスクのミナレットがあちこちで無残に折れる。
    • 危機遺産リスト入りしていた恐れが非常に高い。
  3. ボスポラス橋が倒壊していたらアジア側とヨーロッパ側が完全に分断されていた。
  4. 観光客の犠牲者も多い。
  5. マルマライ計画は防災の側面も持たされていた。
  6. イスタンブールのオリンピック招致にも影響があったはず。

921大地震(1999年)[編集]

発生しなかったら
  1. 集集のイメージといえば満場一致で「日本時代の古い駅舎」。
  2. 台湾の防災日は全く別の日に。
  3. この地震で日月潭が被害を受けなかったため現在ももっとにぎわっていた。
  4. 大安溪大峡谷は存在しない。
  5. 東日本大震災後の台湾からの支援がやや少なくなっていた可能性あり。
  6. ニンテンドウパワー用GBメモリカートリッジの発売が2000年3月1日に延期されることはなかった。

2000年代[編集]

鳥取県西部地震(2000年)[編集]

1年早かったら
  1. ノストラダムスの予言と合わせた陰謀論が多数出ていた。
    • 下記のようにM8クラスだったら尚更。
  2. 災害訓練より前の話だったため、死者が数名出ていた。
  3. さくらももこが揺れを経験することもなかった。
    • というわけで、自身の著書『さくらえび』でネタにされることもなかった。
マグニチュード8クラスだったら
  1. この場合は世紀末と合わせた陰謀論が広がっていた。
    • 「1年遅いノストラダムス」とも。
  2. 死者は鳥取・島根の両県で出ていた。
  3. 山陰の過疎化が史実より著しく進行していた。
    • 鳥取県の人口が2016年現在で既に50万人を切っていたかも。
      • その場合、参院選での合区はおろか「鳥取・島根の合併」か、そうでなくとも都道府県の再編も真剣に考えられる。
    • 合併により鳥取県の自治体が10くらいまで減っていたかも。
      • 境港市日吉津村は米子市に編入されていただろう(後者は王子製紙の工場が壊滅的被害を受けていた場合)。
  4. 出雲大社や玉造温泉と言った観光地でも被害が出ていた。
  5. 京阪神や広島でも震度4~5の揺れを記録していた。

芸予地震(2001年)[編集]

マグニチュード7~8クラスだったら
  1. 広島・愛媛両県で震度7を記録していた。
  2. 広島市内でビルや家屋が多く倒壊していた。
    • 三角州が多く地盤が悪いので阪神大震災を上回る被害が出ていた。
      • 加えて山の斜面にある住宅地では土砂崩れなどもあった。
    • 土曜の午後に発生ということで紙屋町、本通、八丁堀などで相当な混乱が生じていた。
  3. 死者は阪神大震災と同等かそれ以上となっていた。
  4. 原爆ドーム・宮島の厳島神社に被害が出ていた。
    • 道後温泉本館が倒壊していたかも。
    • 当時の広島市民球場が大被害を受け、新広島市民球場への移転が早まっていた。
      • 復旧までは福山市民球場やマスカットスタジアムを代替として使っていた。
    • 被害次第では危機遺産リスト入りしていた恐れもある。
  5. 山陽新幹線が岡山以西で不通になったため、大阪~福岡間の輸送を確保するために航空便が増便されていた。
    • 最悪山陽新幹線が高速で脱線し、新幹線の死亡事故0の記録が途切れていた。
  6. 震源が海だった場合、津波が発生していた。
    • 「瀬戸内海でも津波が発生するのか…」と驚きの声が上がっていた。
    • 現実では上蒲刈島の沖が震源だったため呉や松山で津波が観測されていたと思われる。
  7. それでも広島・松山の路面電車は比較的早くに復旧していた。
    • 路面電車が地震に強いことが実証され、各地でLRTが見直されるきっかけになっていた。
    • ただし車庫が被害を受けた場合は復旧に時間がかかっていた。
    • それでも津波が発生していた場合は車両が浸水被害を受けていたかもしれない。
  8. 発生が21世紀が始まったばかりの頃だったことから、「新世紀も波乱の幕開けになった」と言われていた。
  9. 広島空港・広島西飛行場がともに被害を受け空の便にもかなりの影響があった。
  10. 被害額や犠牲者数が最も大きかったのはおそらく呉市。
    • 斜面が崩壊し住宅などが巻き込まれた映像が国内外に衝撃を与えていた。
    • 大和ミュージアムは震災復興事業の一環として建設されていた。
  11. 01年の原水爆禁止世界大会は広島で開催できなかったかもしれない。
  12. 史実では地震発生の翌月にオープンした紙屋町シャレオの開業が大幅に遅れていた。
  13. 三江線や可部線の可部~三段峡が地震で被害を受け廃止されていた可能性がある。
  14. 広島東洋カープのリーグ優勝(現実には2016年に25年ぶりに優勝)が史実よりも早まっていた可能性がある。
  15. おそらく広島~岡山のエリアに震災安全神話はない。あるいは内陸の備後府中とか三次あたりならありえるか。
10年遅く発生していたら
  1. 同じ年の3月には東日本大震災も発生しているので、東西ともに地震のニュースで一杯に。
    • 発生場所は離れているものの、その誘発地震と言われていた可能性もある。
    • 扱いとしては数日以内に発生した長野県北部地震、静岡県東部地震と同じくらいか。
  2. 東日本大震災から逃げてきた人たちが被害を受けていた。

十勝沖地震(2003年)[編集]

マグニチュード9クラスだったら
  • 史実ではM8.2。
  1. 浦河町辺りで震度7を記録した。
    • 最大40mの津波が襲っていた。
  2. その教訓を東日本大震災に活かせていた…と信じたい。
    • とはいえ福島第一原発事故は免れない。
      • どこまでが震源なのかにもよるが、千島海溝全域だった場合は女川がギリギリ影響を受けるくらいだろう(なお女川原発は東日本大震災に耐えている)。
    • 少なくとも苫東厚真火力発電所の地震対策が改善されていたと思われ、北海道胆振東部地震で苫東厚真が止まったために北海道全域が停電するという事態は避けられていた。
  3. 東日本大震災より8年前に津波の捉え方が変わっていた。
  4. サザンオールスターズの「TSUNAMI」が12cmCDで再発売されることはなかった。
  5. 北海道大震災。
    • 北日本大震災。
      • 第一次東日本大震災。

新潟県中越地震(2004年)[編集]

発生しなかったら
  1. 2004年の新潟での自然災害は7.13水害関連の報道で占められていた。
  2. 新幹線200系K25編成は2007年現在も現役。
    • もちろん「ときタン」のフラッシュが製作されることはなかった。
    • 脱線事故が無かったため、新幹線の安全性もそれほど注目されていない。
  3. 長岡市の合併後、旧山古志村の長島忠美村長が衆議院議員になることはなかった。
  4. 中越魚沼両地方の人口減少は緩やかだった。
    • むしろ新潟県内の市町村合併は大規模にはならなかったかも。
  5. 映画『マリと子犬の物語』が製作されることはない。
  6. 県内の公共施設の地震対策が進んでいないため、2007年中越沖地震の被害がさらに拡大していた可能性も。
    • 一方「中越地震」と「中越沖地震」が紛らわしい、という事は無かった。
      • 「中越沖地震」が「中越地震」になっていた。
    • 2度立て続けには起こっていないので、新潟に地震のイメージが着くこともなかった。
  7. 地震発生時魚沼の実家にいた大桃美代子が注目されなかった。
  8. 新潟アルビレックスのプロ野球参入も実現していた・・・か?
  9. ポケットモンスター アドバンスジェネレーション』で「ゆれる島の戦い! ドジョッチVSナマズン!!」は予定通り放映されていた。
    • そのため「海の男! 四天王ゲンジ登場!!」は第102話として放映されていた。
      • 「じしん」等の地面を揺らす技がその当時は自粛される事はなかった。
  10. 2ちゃんのアニメ関係の板が分割される時期が遅れていた。
  11. 数日前に豊岡市で発生した台風23号被害がもっとクローズアップされていた。
  12. 三洋電機の経営悪化はなかったかもしれない。
  13. ハードオフエコスタジアム新潟の開業が早まったかもしれない。
  14. この日放送予定だった『ドラえもん 今夜公開!! 誰も知らない ドラえもんの秘密スペシャル!』が12月に延期されることももちろんなかった。
  15. 同年の「今年の漢字」は「災」ではなくアテネ五輪に由来する「金」になっていたかも。
    • 冬のソナタをはじめとした韓流ブームに由来する「韓」かもしれない(実際、「災」に次いで2番目に票数が多かったらしい)。
5年早く発生していたら
  1. ノストラダムスの予言と合わせた陰謀論が多数出ていた。
  2. この年は1月のコロンビア地震や8月のトルコ西部地震、9月の台湾大地震もあったので、現実以上に地震の多い1年と言われていた。
    • 史実通り10月23日に発生していたら、3ヶ月連続で地震に遭っていたことになる。
    • 9月には東海村JCO臨界事故があったこともあり、同年の「今年の漢字」は史実より5年早く「災」になっていた。
  3. 史実通り10月23日に発生していたら、史実ではこの日に放送された日本シリーズ第1戦 中日対ダイエーの中継は予定通り放送できていたのだろうか?。
7年遅く発生していたら
  1. (史実通り10月23日に発生していた場合、)同じ日にトルコ東部地震も発生しているので、この日は国内外ともに地震のニュースで持ちきりになっていた。
  2. 同年に発生した東日本大震災との関連性が指摘されれていた。
10年遅く発生していたら
  1. この年は8月の広島土砂災害や9月の御嶽山噴火もあったので、現実以上に自然災害の多い1年と言われていた。
    • 史実通り10月23日に発生していたら、3ヶ月連続で自然災害に遭っていたことになる。
    • 同年の「今年の漢字」はこの時点で2回目の「災」になっていた。
      • 2018年は史実通りか?
  2. この地震の影響で、北陸新幹線の全線開通が遅れていた可能性も。

2004年スマトラ島沖地震(2004年)[編集]

発生しなかったら
  1. アチェは今でも独立戦争をしていた。
  2. タイがマングローブの保護をここまで推し進めることはなかった。
7年遅く発生していたら
  1. 同年に発生した東日本大震災といい、「この年は地震に始まり地震に終わった」と言われていた。
  2. 日本からも支援する動きが見られるが、一部から「そんなことより日本の被害を支援しろ」なんて言われるかもしれない。

福岡県西方沖地震(2005年)[編集]

直下型地震だったら
  1. 九州及び、日本の経済に大打撃を与える。
    • 2000年代中盤の一時的な景気回復がなく、バブル崩壊後ずっと就職難が続いていた。
      • 阪神淡路大震災然り東日本大震災然り、海外からは「景気回復の兆しが見えると共に大地震が起こる」と思われる。
      • 九州の中心都市としての一部機能が北九州や熊本に移転する。それに伴い、北九州市はもう少し長く100万人都市だった。
  2. 太宰府天満宮等の貴重な史跡が跡形も無く崩壊する。
  3. 線路が寸断された宮地岳線は復旧することなく休止のまま全線廃止に。
  4. 老朽化の上、免震構造でないビルが多いために神戸より被害が拡大する。
    • 博多駅前は特に地盤が弱かったことから甚大な被害が出ていた。
  5. 西鉄天神大牟田線の高架橋が崩壊している画像が全国に流れる。
    • その後も一足先に復旧したJR九州の鹿児島本線に客を奪われ、関西や中京の大手私鉄と同様に利用客減少に悩むこととなった。
      • そのため天神大牟田線は日中の急行を廃止して特急に統一され、同時に停車駅も増えて日中の特急に3扉車が混用されるようになる。
      • JRは小倉-博多-大牟田に特別快速を最高速度130km/hで設定(小倉-博多は49分、博多-大牟田は45分で運転)。九州新幹線全線開業後は毎時2往復に増発され、小倉-博多-大牟田では快速と合わせて毎時4往復となり完全に西鉄を突き放す。
        • 北九州-福岡間の高速バスにも影響が出ていたかもしれない。
        • 一部は門司港や熊本まで延長運転されていた。
  6. 佐賀県や熊本県にも被害が拡大していた恐れあり。
    • 長崎の壱岐は実史以上に酷くなった
    • 玄海島はその後無人島に
  7. 福岡空港も都心に近いため被害が大きく、長期間使用不能となる。
    • 佐賀空港が無事だった場合、ここが第二空港として存在が見直されていた。
    • 北九州空港の移転(史実では2006年3月)も半年ほど前倒しされていた。
  8. 死者は約6000~7000人。
  9. 漫画『スケッチブック』で地震を題材にした話が作られていた。
  10. 熊本市・佐賀市・大牟田市が近年発展。
    • 北九州市も永年の低迷から見事復活を果たし、福岡市民に「キタキュー」と蔑視されることもない。
      • ただし、他地区も被害が膨大だったらこの限りではない。
      • 民間企業の多くが支社・支店を福岡市内から小倉に移転させたり、門司に戻させたりしていた。
    • 大分市の人口も平成10年代のうちに50万人を突破していた。
    • 熊本市は省庁の出先機関の福岡からの移転もあり人口が大きく増加。さらに宇土市などを吸収合併して人口100万人を達成していた。
  11. 福岡県内を走る山陽新幹線が脱線し、多数の死傷者が出る。
    • 新幹線開業以来死者0の記録が途切れてしまう。
    • 震災1週間までは新下関止まり、復旧を持って博多まで運行を再開した。
      • おそらく関門トンネルの被害が無ければ、1週間で小倉まで運転再開。
      • もしかしたら復興もかねて小倉-博多間に新駅ができていたかも。
  12. 福岡ドームが地震で被害を受けたため、2005年のプロ野球パ・リーグの試合日程が遅れることとなった。
    • セ・パ交流戦の日程にも影響を与えていた。
    • 埋立地に球場が立地していることから、液状化により場合によっては修復不能と言えるほどの損傷を受けていた可能性もある(地震の程度にもよるが)。
      • 最悪球場の建て替えか移転を余儀なくされた可能性もある。
        • その場合、球場の工事期間中はホークスは近県の球場を借用していたか、かつてのロッテのようなジプシー球団となっていたかも。
          • 2005年以降のホークスは現実ほど強くなかったかもしれない。
  13. 同年4月25日に発生した福知山線脱線事故の扱いがやや小さくなっていた。
  14. 九州新幹線鹿児島ルートの全線開通が1~2年遅れていた。
    • 鹿児島から九州北部へのストロー現象も発生しなかった。
    • ただその場合、開業のタイミングが東日本大震災と重ならなかったため、開業による祝賀ムードは現実よりも盛り上がっただろう。
  15. 博多駅の新駅ビルは震災復旧に合わせて建設されていた。
  16. 2007年の大河ドラマは、当初の予定(風林火山)から福岡県を舞台にしたものに急遽変更。
    • 戦国だと、黒田孝高&長政親子。
      • この場合2014年が「風林火山」になって小海線のハイブリッド車にラッピングが施されるかも。
  17. 2007年春期の朝ドラも、福岡県を舞台にしたものになる。
    • この場合だと、「花子とアン」か?
      • 柳原白蓮主人公の朝ドラが作られる。
        • 村岡花子主人公の朝ドラも後に作られるが、柳原白蓮の出番は大きく省略され、むしろ馬込文士村における文士達との交流が強調される。
    • 「どんど晴れ」の舞台となる旅館(加賀見屋)が、岩手県から福岡県に設定変更される。
      • ラストシーンで加賀見屋が参加する祭りが、さんさ踊りではなく博多祇園に。
      • 主題歌が、小田和正から福岡県出身の歌手に変更。
      • 当時、朝ドラになって居ない県を順番に舞台にしていたので、瞳の出身地が北海道から岩手県に変更される。(史実だと、岩手(どんど晴れ)→福井(ちりとてちん)→[瞳]→島根(だんだん)→埼玉(つばさ))
  18. 2005年の博多どんたくは中止されていた。
  19. 震災復興を掲げて2016年か2020年の五輪に立候補し、当選していた。(実際には2016年五輪の国内候補都市に立候補し落選)
  20. 「3.20」が合言葉となっていた。
  21. 消費税8%は、遅くとも2012年10月までには施行されていた。
    • 史実以上に復興資金を費やすことになり、2014年3月まで5%を続けるのは困難と予想される為。
  22. テレビ西日本局舎が倒壊していた可能性もある。
  23. 2011年に福岡市の人口が京都市のそれを抜くことはなかった。
    • 2015年に神戸市の人口を抜くこともなかった。
  24. 史実通り熊本地震が発生していたら九州経済の地盤沈下が現実よりもっと激しくなっていた。
    • この地震と熊本地震の関連性を指摘する人が現実よりも多かった。
  25. 地震の名称は「2005年福岡地震」になっていた。
10年早かったら
  1. 同じ日には地下鉄サリン事件も発生したので、報道現場は大変なことになっていた。
    • 史実と同じ時間に発生した場合、サリン事件のニュースの間に地震速報が入れられていた。
  2. 同年1月には阪神・淡路大震災も発生したので、それとの関連性も指摘されていた。
2年早かったら
  1. 同じ日にはイラク開戦のニュースもあったので、報道現場は大変なことになっていた。
    • 史実と同じ時間に発生した場合、イラク開戦のニュースの間に地震速報が入れられていた。
6年遅かったら
  1. 同じ月には東日本大震災が発生したので、東西ともに地震のニュースで一杯に。
    • その東日本大震災との関連性も指摘されていた。
  2. 規模によっては鹿児島ルートが全線開通したばかりの九州新幹線にも被害が出ていた可能性がある。

能登半島沖地震(2007年)[編集]

マグニチュード8クラスだったら
  • 史実ではM6.9でした。
  1. 1m以上の津波が押し寄せていた。
    • 死者は少なくとも10人は超えていた。
    • 雨だったから避難が困難だった。
  2. マスメディア等が「能登半島大震災」と呼んでいた。
  3. 最大震度が7だった。
    • 富山県西部でも震度6はいっていた。
  4. 輪島市は壊滅状態。七尾市も大被害。
  5. 苗山事件がスルーされていた
2年早かったら
  1. 史実通り福岡県西方沖地震が発生していたら東西どちらも地震のニュースで一杯だった。
  2. 福岡県西方沖地震と結びつける輩がいた。
  3. 今年の漢字は愛じゃなかった。
4年遅かったら
  1. 同じ年の3月に発生した東日本大震災との関連性が必ず指摘される。
    • その震災の誘発地震として扱われていた。

新潟県中越沖地震(2007年)[編集]

発生しなかったら
  1. 新潟県にここまで地震というイメージは付かなかった。
  2. 柏崎刈羽原発が被害を受けず、東日本大震災までは稼働できていた。
    • この夏の電力が逼迫することもなかった。
震源地が中越地震と同じだったら
  1. この地震は「2007年新潟県中越地震」と呼ばれていた。
  2. 中越地震の教訓もあって被害は軽微だった。
  3. 柏崎刈羽原発に被害が及ぶこともなかった。
    • 緊急停止することはあったとしても、1ヶ月以内には復旧していた。
7年遅かったら
  1. マスメディア等が「10年前の再来」とか言っていたのは間違いない。
  2. 北陸新幹線の全線開通が遅れていた。
  3. 今年の漢字は「税」ではなく、この時点で2回目の「災」になっていた可能性あり。

四川大地震(2008年)[編集]

発生が1ヶ月(6/12)遅かったら
  1. ちょうどこの時期に北京五輪の聖火ランナーが四川省を通過する予定だったので、被害を受けていた。
    • 聖火が消えていた可能性もあるかもしれない。
    • それでもオリンピックは開催されていただろう。
  2. ちょうどこの時期に台湾の総統が馬英九になったので、台湾からの支援が史実以上だった可能性も。

岩手・宮城内陸地震(2008年)[編集]

発生しなかったら
  1. 同日の東京メトロ副都心線開通の話題が史実以上に話題になっていた。
  2. 鉄道の研究家である岸由一郎氏が亡くなることはなかった。
宮城県栗原市で震度7を観測していたら
  • 史実では一迫で6強、(東日本大震災で震度7を観測した)築館で6弱。
  1. ここは2011年の東日本大震災でも震度7を観測しているため、史実より5年早く震度7を2度観測した自治体(県)が出ることになっていた。
    • (史実で6強だった)県境を越えた奥州市衣川区でも震度7を観測していた。
  2. マグニチュードは7.5くらいだったか。
10年遅く発生していたら
  1. この年は6月の大阪北部地震や7月の西日本豪雨などもあったので、現実以上に自然災害の多い1年と言われていた。
    • 史実通り6月に発生していたら、今月で2回も大地震に遭っていたことになる。
    • 同年の「今年の漢字」は2回目の「災」になるのは史実通り。



関連記事