もしあの声優の問題発言がなかったら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

もしアニメ・特撮であの事件がなかったら > 声優の問題発言

もしあの芸能人の問題発言がなかったら > 声優

あか行[編集]

会一太郎の「障害」発言[編集]

  1. 親の七光り扱いされる事は無かった。
  2. 落合福嗣と比較される事も無かった。
  3. 過去の問題行動が掘り返される事も無かった。
  4. 円楽やセガに対して責任を問う声が上がる事も無かった。
  5. 荒らし疑惑が浮上する事も無かった。

石野竜三の「高知は何もない」発言[編集]

  1. 小野坂昌也と比較される事は無かった。
    • 竹本英史や草尾毅と比べられる事も無かった。
  2. 演技力の低さを指摘される事も無かった。
  3. 無名と言われる事も無かった。
  4. 過去の失言を掘り返される事も無かった。
  5. 自身のスレがアンチスレだけになる事も無かった。
  6. ソフトバンクモバイルの鳥取は糸電話CMも同類とみなされることはなかった。

植田佳奈の「社会的に抹殺」発言[編集]

  1. 当然のことながら、植田佳奈ファンからひんしゅくを買われることはなかった。
  2. さよなら絶望先生でネタにされることもなかった。
  3. その場に同席していた清水香里が同罪として扱われる事も無かった。
  4. 阿部敦に交際疑惑が浮上する事も無かったかも知れない。

木村良平の「悪ふざけ」発言[編集]

  1. うたプリファンからの批判が多少は収まっていた。
  2. ゆりんとの結婚疑惑を追及される事も無かった。
  3. 木村昴が風評被害を受ける事も無かった。
  4. 新條まゆと共にフライデーにスクープされる事も無かったかも知れない。

さ~な行[編集]

鈴木達央の「声優は副業」発言[編集]

  1. 自身の言動や行動等が問題視される事は無かった。
  2. アンチスレの方が伸びる事も無かった。
  3. 過去の行動を掘り返される事も無かった。
  4. LiSAとの関係を文春にスクープされる事も無かったかも知れない。

武内駿輔の「魔除け」発言[編集]

  1. ファンからの顰蹙を買う事は無かった。
  2. 鈴木達央と同類扱いされる事も無かった。
  3. 蒼井翔太が救世主扱いされる事も無かった。

寺島拓篤の「あんなに人が崩れ落ちる瞬間が綺麗なんだって思いました」発言[編集]

  1. 彼に対するバッシングが多少は和らいでいた。
  2. 杉田智和との関係もそこまで悪化する事は無かった。
  3. Twitterを辞める事も無かった。

新田恵海の「日本人に生まれてよかった」発言[編集]

  1. ネトウヨ認定される事は無かった。
  2. Pileとの関係を邪推される事も無かった。
    • 不仲説が浮上する事も無かった。

は~行[編集]

平野綾の「ライフライン」発言[編集]

平野綾によるフジテレビの「グータンヌーボ」での発言とその後のTwitter上での発言で騒動となった。

  1. 平野綾がアニメ界で干されることは無く、テレビへの出演ももう少し多くなっていた。
  2. その後の熱愛疑惑で槍玉に挙がった竹達彩奈と花澤香菜への風当たりは強くなっていなかった。
    • ストーカーブログ騒動での豊崎愛生、戸松遥もブログの更新を一時的に取りやめることはなかった。
    • 結婚発表後の田中理恵、阿澄佳奈への(主に2ちゃんねる上での)バッシングは史実ほど無かっただろう。
  3. 2ちゃんねる上で「ライフライナー」なる言葉も誕生しなかった。
  4. 涼宮ハルヒの続編も作られていたはず。
    • 京都アニメーションの衰退も防げたかもしれない。
      • 実際平野綾が関わっていない『けいおん!』あたりから京アニの方向性が少しずつ変わり始めていった。
      • シャフトとの立場逆転ももう少しだけ遅くなっていたはず。
  5. 事務所も移籍しなかった。

間島淳司の「BLなんてAV」発言[編集]

  1. 腐女子からの反感を買って猛攻撃に合う事は無かった。
  2. 炎上や謝罪も無かった。

松岡禎丞の「かんけーし」発言[編集]

  1. 良くも悪くも彼が注目されることはなかったか遅れていた。
  2. アニオタにとっても「かんけーし」といえば英文法の単元の1つである「関係詞」を連想していた。

松風雅也の「ガエリオが主人公」発言[編集]

  1. 鉄華団側のファンから長井龍雪や岡田麿里と並ぶ戦犯として扱われる事は無かった。
  2. 小川正和を始めとした鉄血のオルフェンズのスタッフ等に擦り寄ったと見做される事も無かった。

村川梨衣の「時にはPOISON」発言[編集]

  1. ポイズンと言う蔑称で呼ばれる事は無かった。
  2. 本人の言動や行動等が問題視される事も無かった。
  3. ハッピーシュガーライフ降板疑惑が浮上する事も無かった。



関連記事