もしあの番組が大コケしていたら/フジテレビ系

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
連絡事項あり
このページのご投稿「マンネリ化した投稿内容」などに関して、管理者よりご連絡させていただきたいことがあります。
投稿者の方はトーク:もしあの番組が大コケしていたらをご参照ください。
保護解除
このページは、「IP利用者による編集強行」のため保護されていましたが、現在は解除されています。詳しい経緯はトークページをご覧下さい。
経過次第では再び保護される事もございますので、趣旨に合った投稿をお願い致します。

もしあの番組が大コケしていたら

  • 現在放送されていたり、現在放送されている番組の礎となった番組がもし大コケしていたら…
  • 追加する際は五十音順になるようにお願いします。
  • 以下のジャンルは各ページへ。
  • 地方局ローカルの番組は括弧書きで放送局名を明記してください(全国ネットの場合は不要)。
  • マンネリ化しているため、以下のみに関する投稿は原則禁止しとします。
    1. ○○(俳優名等)の代表作が一つ減っていた(「ブレイクしなかった」等含む)
    2. 2期・劇場版などは製作されなかった。
    3. 裏番組の○○はもっと長く続いていた(「独走状態が続いていた」等含む)
    4. (曜日)(時間)枠は鬼門になっていた(「迷走が続いていた」等含む)

目次

あ行[編集]

アウト×デラックス[編集]

  1. 金田朋子のバラエティ進出はなかった。
    • それはTBSの「スポーツ男子」がきっかけ。
  2. 木曜日23時枠もジャニーズ番組になっていた。
    • V6の冠番組が復活したかもしれない。
  3. 「番組自体がOUT」と報じられていた。
  4. 加藤一二三の一般的な知名度は藤井聡太を中心とした将棋ブームになってようやく上がる。

明石家マンション物語[編集]

  1. 「ダメダメ」、「意味無いじゃ~ん」といった番組内のギャグは流行らなかった。
    • 「ダメダメ」とつくギャグが流行るのは日本エレキテル連合の「ダメよーダメダメ」を待たなければならない。

あっぱれさんま大先生[編集]

  1. 子役の大半が『天才てれびくん』のてれび戦士になっていた。
  2. 内山信二は芸能人にならなかった。
    • 宮城テレビ放送の東北ブロック番組にも、フジテレビ系CSチャンネル『フジテレビONE』の麻雀番組「われめdeポン」にも、それぞれ出る事が無かった。
  3. それでも花澤香菜は史実通り声優を目指していた。
  4. 『記念樹問題』は起らなかった。

あらあらかしこ(仙台放送)[編集]

  1. 王様のブランチ(宮城では第二部のみTBCで放送)の二番煎じと見做されて低空飛行を続けていた矢先に東日本大震災が発生し、震災のどさくさに紛れて打ち切られていた。
  2. コンセプトが重複している「仙臺いろは」は製作されなかった。
  3. 初代MCを務めた東京プリンの牧野隆志が肺腺がんを患い2014年に逝去する事は無かったかも。
  4. 飯田菜奈アナはあらあらかしこのアシスタントになっていなかった。
    • 局は違えど仙台においては同期に当たる内田敦子アナみたいに入社3年で早々と仙台放送を退社してフリーアナに転身。内田アナみたいに全国区の人気アナになっていたかも。
  5. 千葉直樹は葛岡碧と出会う事も無く現在も独身。
    • タレントに転向せずに現役引退後に指導者ライセンスを取得の上で古巣のベガルタ仙台の指導者(コーチもしくは監督)になっていた。
  6. 古坂大魔王がピコ太郎に扮してテレビに初出演した番組が別の番組になっていた。
  7. 仙台放送の業績は史実以上に悪化しており史実(2016年12月)よりも早い段階でフジ・メディア・ホールディングスの連結子会社になっていた。

IPPONグランプリ[編集]

  1. 「笑点」 (日テレ系) に代表されるように、大喜利は落語家がやるものだというイメージが大いに広まっていた。
  2. 川島明 (麒麟) のピンでの出演が今よりも多くなかっただろう。

AKB48グループ選抜総選挙中継[編集]

  1. スカパー版に一元化していた。
  2. フジテレビにとって高視聴率を稼げる番組が減っていた。
  3. 選抜総選挙への関心が深まることもなかった。
  4. AKB48グループとフジテレビとの関係が更に薄れていた。
    • 指原莉乃が『ワイドナショー』に出演することもなかった。

FNNスーパータイム[編集]

1984年10月にスタートし、12年半続いた『FNNスーパータイム』。仮に、短期間で打ち切られていたら。

  1. ネット局でのタイトルがザ・ヒューマン開始まで(ヘタしたらスーパーニュース開始まで)、バラバラになっていた。
    • 関東では、前番組であるニュースレポート6:00にタイトルを戻していた。
    • テレビ静岡では、スーパーニュース開始までテレビ静岡スーパータイムとして放送。
    • 東海テレビはローカル枠が「東海テレビイブニングニュース630」に戻る。
    • 福井テレビはローカル枠が「福井テレビニュース6:30」に戻っていた。
    • タイトルCGは1984年4月~9月までのOPではなく、産経テレニュースFNNのタイトルCGをアレンジした物を使用。
  2. 次番組は、FNNモーニングコールに倣って『FNNイブニングコール』にしていたかも(1986年4月以降に打ち切られていたらの話だが)。
  3. 初代キャスター・逸見政孝はフリーアナウンサーにならなかったかも。
    • 史実どおり、フリーアナウンサーになったとしても、癌を患うことはなかっただろう
      • 逆に、史実より早く他界していたら、本当に大コケして短期間で打ち切られたかも…。
      • まて、逸見がフリーになったのは管理職に昇進するのを拒んだ為で、普通に考えると、コケる時期が早かったら、普通に後継番組のキャスターでしょう?
        • アナウンス部以外への左遷はあったかも。
    • 彫刻の森かフジランド出向。
      • プロデューサーがそうなった可能性はあるが逸見氏が出向ということは多分ない。
    • 史実と同じ時期に癌で亡くなっていたとしても、それほど大きな話題にはならなかった。
      • むしろ、フジテレビに在籍したままなら、会社の健康診断で病気が見つかり、強制入院で完治したかもしれない(史実は妻に入院を勧められたが、仕事に穴を空ける事を嫌って入院を拒み、病気を悪化させ亡くなった)。
  4. TBSの全国・ローカル逆転もなかった。
    • 「ニュースコープ」は終わらず、2009年4月からは「総力報道 NEWSCOOP」に。
    • RBCエリアレポートも続いている。こちらもAREA REPORTに。
  5. 安藤優子は、これを機会に大学時代にリポーターなどをやった/tv asahiに移籍か…。
    • そうなれば、「グッディ!」はどうなったんだろう・・・。
      • 「ハピくるっ!」全国ネット化かも。
  6. 2006年公開の映画『バブルでGO~タイムマシンはドラム式~』で、架空のテレビ番組「FNWスーパータイムニュース」が登場することが無かった。
    • 実史では、1990年の設定(キャスターは1994年のもの)で登場。

FNNスーパーニュースANCHOR(関西テレビ)[編集]

  1. 在阪局の夕方のニュース・情報番組の視聴率争いが史実とは違う展開になっていた。
    • 下手すればここに書かれているいくつかが現実化されていたかも・・・。

FNSの日シリーズ[編集]

2009年に23回目を迎えたFNSの日ですが、仮に当初の予定通り、1987年度のみの放送で終わっていたら?

  1. 日曜朝のアニメ枠(かつての東映不思議コメディシリーズ枠)がFNSの日で潰されることはなかった。
    • それでそのアニメ枠作品のファンに迷惑をかけることもなかった。
  2. 代わりにファイトTV24・やればできるさ!がシリーズ化されてたかも。
  3. 「24時間テレビ 愛は地球を救う」の1992年度以後のバラエティ色の強い形へのリニューアルはなかったかもしれない。下手すれば1991年度で事実上終了していた可能性も。

おじゃマップ[編集]

  • 現在は「おじゃMAP!!」。
  1. 2015年春から「おじゃMAP!!」に番組名が改題される事はなかった。
  2. 「おじゃ○○」といえばTVおじゃマンボウ、またはおジャ魔女どれみの事だった。
    • 関西だと「妹尾和夫のニッサンおじゃマップKANSAI」。
    • あるいは「おじゃる丸」。
  3. ゴールデン進出もなかった、と考えると「クイズ!ヘキサゴンⅡ」の後番組は何になっていたのだろうか?
    • 内村光良の番組かな?
    • 「ゴールデン進出するも大コケして半年程度で終了」だった場合、「紳助の呪い」と噂される。

オレたちひょうきん族[編集]

  1. フジテレビは未だに低迷状態。
    • フジテレビの若者向け路線転換は失敗とみなされていた。
  2. フライデー襲撃事件発生と同時に打ち切られていた。
    • それ以前に番組自体がその頃まで続かなかった可能性が高いかと。
  3. 「タケちゃんマン」も大ヒットしなかった。
  4. 2018年3月31日放送の『めちゃイケ』最終回SPに、明石家さんまが「パーデンネン」の格好で出る事が無かったか?
  5. 『ひょうきん懺悔室』が色んな所でパロディ化されることはなかった。

か行[編集]

欽ドン!良い子悪い子普通の子[編集]

  1. 萩本欽一は史実より早く、人気低迷期に突入していた。
    • 欽どこも史実より早く終了していた。
  2. イモ欽トリオも誕生しなかった。
  3. 夜はタマたマ男だけ!!の放送期間が長くなっていたor『月9』開始が早まっていた。

クイズ!ヘキサゴンII[編集]

  1. 島田紳助がやたらめったら歌手をプロデュースすることはない。
    • 「紳助社長のプロデュース大作戦」も存在しない。
    • つるの剛士の再ブレークもない。
  2. バカ扱いされているタレントの半分くらいは、普通の子になっていた。
    • 史実のおバカタレントはモデルや俳優業に専念している。
    • 里田まいは東北楽天・田中将大との結婚が無かったか?そうならば、田中の2013年シーズンの連勝記録は無い。
      • 里田によるマー君の栄養管理をしっかりやった事が連勝の一因である為。
  3. 波田陽区、ダンディ坂野、小島よしおは完全にテレビから消えていた。

クイズ$ミリオネア[編集]

  1. 「ファイナルアンサー!?」が流行語になることはなかった。
  2. 裏番組の「嗚呼!バラ色の珍生!!」はもう少し長く続いていた。
  3. 英国のクイズ番組を日本向けにアレンジしたのが受けなかったとみなされていた。

くさデカ(テレビ静岡)[編集]

  1. 平畠啓史は表舞台から消えていた。

ゲームセンターCX[編集]

  1. 有野はいまだに濱口の収入を上回る事は出来ない。
  2. 各種レトロゲームが再び脚光を浴びる事はなかった。
  3. ゲーム実況というジャンルが確立されなかった。

さ行[編集]

サタ☆スマ[編集]

  1. 「おっはー」といえば山寺宏一一択だった(山寺のは正確には「おーはー」らしいが)。
    • 2000年の流行語大賞にはダメダメがノミネートしていた。

三枝の愛ラブ!爆笑クリニック[編集]

  1. 山瀬まみが番組終了後に「新婚さんいらっしゃい!」のアシスタントになることはなかった。
  2. 「ごきげんよう」のサイコロトークもなかったかもしれない。

3時のあなた[編集]

  1. 15時台はローカル編成となっていた。
  2. フジテレビの男性アナウンサーの活躍の場が減っていた。
    • 逸見政孝のフリー転向もなかっただろう。
      • 逸見がフリーになったのは、管理職への昇進を拒んだ為で、これは余り関係無いと思う。
  3. 午後のワイドショーは、3時にあいましょう(裏番組)の独擅場となっていたかも。
    • 日テレが伸びた可能性も。
    • 実史でのFNS系列外ネット局の15時台は、「3時にあいましょう」のネットかテレ朝正午の番組を時差ネットでしょう。

さんまのまんま[編集]

  1. 関西テレビ月曜19時台は、えみちゃんねる開始まで番組がコロコロ変わっていた。
    • あるいは、打ち切り後にキー局同時ネットに切り替えていた。
      • その場合、(現実の世界でネプリーグを遅れネットしている)日曜正午には別の番組が放送されていた。
        • ひょっとしたら「ペケ×ポン」がこの時間帯に放送されていたかも。
          • ローカル番組が続いていた可能性が高い。
  2. 「明石家さんまさんに聞いてみないとネ」は誕生しなかった。

志村けんのだいじょうぶだぁ[編集]

  1. 田代まさしと桑野信義は芸人としての評価が高まることなく、ラッツ&スター程度の知名度と認識で終わっていた。
    • 田代まさしは「ダジャレの帝王」と呼ばれることもなかった。
    • あの事件の扱いも小さかった。
  2. 変なおじさんは有名にならなかった。
    • 変なおじさんといえば変質者を指すものであった。
    • 元ネタである「ハイサイおじさん」も有名にならなかった。
    • 他の番組にも登場することはなかった。
  3. いしのようこは志村けんとの関係を持たなかった。
  4. じいさんばあさんコントで使われた曲の元ネタである「愛と死をみつめて」は注目されることはなかった。
  5. 「ウンジャラゲ」「好きになった人」も再び注目されることもなかった。
  6. 月9ドラマが繁栄することもなかった。

SMAP×SMAP[編集]

  1. フジテレビ系列の月曜22時台はドラマ枠に戻っていた。
    • 月9ドラマがここに枠移動していた可能性も。史実の月9はバラエティー番組になっていた。
  2. 現在もこの枠は低迷状態のまま。
    • 「失楽園」が大ヒットしたときに打ち切られていた。
  3. SMAPは俳優業に専念していたかも。
    • 最悪の場合、見切りをつけて解散していたかも。
      • 史実の2016年ほど話題にならなかったかも。
    • アイドルグループがコントにチャレンジするなんて無茶苦茶すぎると当時の週刊誌に取り上げられていた。
  4. 「サタスマ」もなかった。
  5. 森且行の脱退は史実ほど騒がれる事は無かったかもしれない。

た行[編集]

ダウンタウンのごっつええ感じ[編集]

  1. プロ野球中継差し替え事件は起きなかった。
    • それ以前に番組そのものが打ち切られている。
  2. 今田耕司は史実より地味な存在で終わっており、島田紳助の仕事を奪う存在にもなっていなかった。
  3. 史実ほど過激な路線に走ることなく打ち切られていた。
    • 子供に見せたくない番組の1つに挙がることもなかった。
  4. 例え話といえば「家なき子2」のエリカ例えてあげる程度の認識で終わっていた。

タモリのボキャブラ天国[編集]

  1. ホモネタはウケるという風潮はなかった。
    • ネットでの淫夢などの人気もなかったかも。
      • 正直ホモよりヅラのほうが鉄板だった記憶がある。他のネタが全く受けなかった出川ですらヅラネタでは笑いを取れた。
  2. ネプチューンやくりぃむしちゅーなど、いわゆるボキャ天芸人の今の地位はなかった。
    • 「だっちゅーの」が1998年の新語・流行語大賞を受賞することもなかった。

直撃LIVE グッディ![編集]

初期では低視聴率だった「グッディ!」。現在では好調ぶりが伝えられるが、もし仮に大コケしていたら。

  1. 弁護士中継事件ではもっと叩かれていた。
    • 萩原流行の元ファンへはなおさら。
    • あったかどうか不透明だけど。
    • なくても番組自体が史実以上に酷評されていたのは言うまでもない。
  2. ミヤネ屋の視聴率低下はなかった。
    • 「宮根を嫌う女性層がこの番組に移った」とみなされることはなかった。
  3. 安藤優子はテレビから消えていたかもしれない。

痛快TV スカッとジャパン[編集]

  1. それでもクイズプレゼンバラエティー Qさま!!は月9への枠移動していた可能性あっただろう。
  2. 「優しい人なら解ける クイズやさしいね」は月8に放送されていた。そのためネプリーグと2時間SPを乱発していた可能性も。
    • 史実のフジテレビの火曜日は2時間SP乱発する事無かったかも。
    • 「世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?」は「ペケ+ポン」と同様ちゃんと一年間放送出来ていた。どっちみち低視聴率で終わるけど。
      • 「世界の何だコレ!?ミステリー」は2016年春に火8として放送されていたか?
  3. 『ネプリーグ』がネットワークセールス化された時に番組が打ち切られた。
  4. 津田寛治や木下ほうかの知名度は史実より下がっていた。

テラスハウス[編集]

視聴率は振るわなかったものの、インターネットの検索ランキングやスピンオフ動画の再生数は記録的なヒットとなった本番組。もしそれすらもなければ?

  1. 恋愛観察番組といえばいまだに『あいのり』のイメージだった。
    • 「あいのり」の二番煎じ・ルームシェア版のイメージが強いままだった。
  2. 視聴率だけでなくインターネットの検索ランキングも番組人気を計るバロメーターになることはなかった。
  3. テイラー・スウィフトの「We Are Never Ever Getting Back Together(私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない)」は史実ほど日本でロングヒットにならなかった。
    • それでも海外でのヒットの影響でそこそこは売れていただろう。
  4. 視聴者のほとんどが「やらせ番組」と思っていれば最初からコケていたと思う。
  5. 出身者で人気が出たのはせいぜい筧美和子ぐらいで、菅谷哲也やchayはそこまで注目されなかった。
    • 最悪、筧美和子もブレイクが遅れていたかも。
    • 岩永徹也は『仮面ライダーエグゼイド』でようやくブレイク。
  6. 露骨な劇場版への誘導商法が槍玉に挙がっていた。
    • 最悪、ディケイドの二の舞になっていた可能性も。
    • 週末観客動員数で、ベイマックスを抜くこともなかった。
  7. 『水曜日のダウンタウン』のパロディ企画である『MONSTER HOUSE』も勿論ない。

とくダネ![編集]

  1. 小倉智昭は現在でも関東ローカルのラジオ・テレビ番組の司会とナレーションの仕事にとどまっており、全国区の知名度を得られていない。
    • 小倉氏の帽子も全国区の知名度になることはなかった。
    • 意外にもフリーアナで、オリンピックでリポーター(フリーでは実況は無理)をやってるとか…。(小倉本人は、1997年6月にTBSテレビで放送された「そこが知りたい」で、「夢はオリンピックの実況」と言っている。)
    • もしかしたら、フリーとして、古巣・テレビ東京の土曜競馬中継を担当していたかもしれない。(局アナ時代にテレビ東京の土曜日午後の競馬中継を担当していた事がある。)
  2. 小倉と言えば、毎日放送・TBSテレビ「世界まるごとHOWマッチ」のナレーターのイメージだった。
  3. 「ポンキッキーズ」の平日朝の放送が復活したかもしれない。
  4. 小倉智昭のカツラが落下する放送事故もなかっただろう。
    • それ以前にそこまで番組が続かなかった可能性がある。
    • 太田光がヅラ発言をすることもなく、小倉と爆笑問題(特に太田)との関係悪化も起きなかった。

トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜[編集]

  1. 高橋克実も八嶋智人も大ブレイクしなかった。
    • 高橋克実は「爆笑レッドカーペット」や「直撃LIVE グッディ!」の司会にならなかった。
      • 「ショムニ」のイメージが強いままだった。
    • 八嶋智人は「ココリコミラクルタイプ」のイメージが強いままだった。
  2. 意外な知識を披露する番組は流行らなかった。
    • 2015年時点で「この差って何ですか?」「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」「林先生が驚く初耳学!」「ソレダメ!〜あなたの常識は非常識!?〜」と知識披露番組が乱立しなかった。
  3. 雑学ブームも起こらなかったかも。
  4. フジテレビでは深夜番組のゴールデン昇格に歯止めが掛かってた。
    • 「世界は言葉でできている」も「ピカルの定理」なども深夜のまま現在も続いていた。
  5. 「へえ〜」が流行語大賞にノミネートされることもない。
    • へえ〜ボタンがおもちゃ屋やガチャガチャで売られることもない。
  6. 唐沢俊一の知名度やテレビ露出も史実ほどではなかった。
    • 良くも悪くも地味なライターとして活動を続けていたかも。
    • 盗作疑惑も史実ほど盛り上がらなかった。

とんねるずのみなさんのおかげです[編集]

  1. 博士と助手のコーナーが存在しない→細かすぎて伝わらないモノマネ選手権も存在しなかった。
    • 製薬会社勤務の一般人がアオキーズ・ピザのCMに出るなんてこともなかった。
    • 史実でブレイクした芸人もそこまでブレイクしたかは微妙。
    • イースラーは今も昔の助っ人野球選手の一人としか認知されていない。
    • トーカ堂の北社長もそれほど注目されていなかった。
  2. とんねるずと番組スタッフで作られたユニットの「野猿」も存在しなかった。
    • 木梨憲武の紅白歌合戦で別名義での初出場タイ記録(3回)も無い。
  3. フジテレビの木曜21時台は迷走状態が続いていた。
    • もしかしたら「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!」がこの時間で放送されていたかも知れない(とんねるずが半年番組を休んでいた間やっていた「誰かがやらねば」がそうだったので)
    • もちろん、「した」も存在しなかった。
    • 当然、「ジャイアント将棋」も存在せず、アンディ・フグも日本でブレイクしなかった。むしろK-1自体が認知されなかった。
  4. 「とんねるずの生でダラダラいかせて!」も放送されなかった。
  5. 渡辺満里奈の人気はおニャン子クラブ卒業後低迷したままだった。
    • 名倉潤との結婚もなかったかも。
  6. 仮面ノリダーは当然打ち切り。
    • 代わりにMBSでの仮面ライダーシリーズの放送が史実より更に長く続いていた。
    • 伊藤淳史はブレイクしなかった。
  7. 木梨憲武の追悼特番騒動も史実よりおとなしいものになっていた(それ以前に番組自体がそこまで続いていたかどうか怪しいと思うが)。

な行[編集]

なるほど!ザ・ワールド[編集]

  1. フジテレビ開局とともに始まった「スター千一夜」から続く旭化成グループ提供枠が史実よりも早く消滅していた。
    • もしくは、改めて新番組を立ち上げて仕切りなした。
  2. 日本テレビを退社したばかりの楠田枝里子が売れること無く消えていた、もしくは売れるのが遅くなった。
  3. 「ひょうきん由美」こと益田由美アナが注目されることがなかった。
    • 彼女のブレイクをきっかけに始まった女子アナブームが存在しなかった。
  4. トランプマンが誕生しなかった。
  5. 「なるほど!ザ・○の祭典」が放送されることはなかった。
    • 同様の番組対抗スペシャルが存在したとしても、別番組を主体にしたものになっていた。
      • やはり「笑っていいとも」だろうか。

ネプリーグ[編集]

  1. フジの月7は鬼門枠のままで関テレのようにローカル番組を放送する局が増えていた。
    • 最悪の場合、かつて存在した「サザエさん」のようなアニメ再放送枠になっていた。
      • テレ東系のない地域ではこの時間に「開運!なんでも鑑定団」などの遅れネットを放送していた局が増えていたかも。
        • 福島テレビではおそらくこの時間に「鑑定団」を遅れネット。
          • 史実通り『FTVカラオケグランプリ』が事実上終了ならむしろ別のローカル番組をこの枠で放送していた。
          • 東海テレビ放送もローカル番組を放送。
            • その結果月曜19時~20時台で2時間の特番が放送される際1時間の短縮バージョンになる局が増え批難が殺到することに…
            • 関テレの「ちゃちゃ入れマンデー」の放送時間が火曜19時台に移動することはなく、一貫して番組名の通り月曜19時台に放送されている。
    • フジテレビは月曜ドラマランドを強引に復活させていた(ただし、放送時間は1時間)。
  2. 裏の名探偵コナンが撤退することもなかった。
  3. 2015年春の改編で全国ネットに昇格することはなかった。
  4. 後続番組の「スカッとジャパン」は製作されず、フジの月曜7・8時台は2時間特番枠になっていた。ともすれば、テレビ東京のようにこの2時間枠からヒット企画を模索する体制を取っていたかも。

ねるとん紅鯨団[編集]

  1. 皆口裕子は、いまだにマイナー声優のまま。
    • YAWARA!の猪熊柔役は別の人になっていた。
      • ラブプラスの姉ヶ崎寧々も同様。
      • もしかしたらドラゴンボールZのビーデル役も別の人になっていたりしていて。
    • ナレーターとしての仕事が増えることもなかった。
  2. もちろん、ハンマープライス→JAPAN BOYSもなかった。
    • 杉本清アナが定年後、とんねるずの事務所と契約することもなかった。
  3. 土曜23時枠におけるmizunoのスポンサー降板は史実より早かった。

ノンストップ![編集]

  1. ひるおび!が35分前倒しで時間拡大する事無かっただろう。
  2. 北海道文化放送とサガテレビとテレビ長崎はこの時間未だに未ネット。
  3. フジテレビが全体的に人気低迷している中で好調と言われる番組が一つ無くなり、2015年の全日視聴率も民放4位になっていた可能性も…。

は行[編集]

バイキング[編集]

  1. ここに書かれている通りに打ち切られていた。
  2. 坂上忍の辛口司会が受けなかったとみなされていた。
    • 坂上忍は嫌いな男性芸能人の1人に挙がることもなかった。
      • 坂上忍が嫌われていたからこそ受けなかったのでは?
  3. フジテレビはこれ以上、坂上忍に頼り切ることもなかった。
    • 「直撃!シンソウ坂上」「坂上どうぶつ王国」もなかった。
  4. それでも「ライオンのごきげんよう」と東海テレビ制作のドラマの終了は史実通りか?
  5. テレビ大分・テレビ宮崎は「ヒルナンデス!」のネットに乗り換えていた可能性も。

発掘!あるある大事典[編集]

  1. 当然例の不謹慎事件はなかったため、関西テレビの民放連除名はなかった。
    • あの事件はあくまでも「捏造」。
    • そもそもあの捏造事件が発生するまで放送できたかどうか不透明だけどね。
  2. 「ASAYAN」はもう少しだけ長く続いていたかも。
  3. フジテレビ系列の日曜夜9時台は現実よりも早くドラマ枠となっていた。

人志松本のすべらない話[編集]

  1. その後のゴールデンでの特番や多くのスピンオフ企画もなくなっていた。
  2. 「すべらない話でスベった」と揶揄されていた。

ひらけ!ポンキッキ[編集]

  1. ガチャピンとムックは有名にならなかった。
    • 峯岸みなみが「ガチャピン」と呼ばれることもなかった。
      • サッカーの遠藤保仁も。
    • WiMAXなどのCMに出ることもなかった。
  2. 「およげ!たいやきくん」は大ヒットしなかった。
    • たい焼きブームも起きなかった。
  3. 後進番組である「ポンキッキーズ」もなかった。
    • スチャダラパーや斉藤和義のブレイクが遅れていた。
  4. 「ダウンタウンのごっつええ感じ」のパロディコント「リアルポンキッキ」もなかった。
    • 「とんねるずのみなさんのおかげです」のパロディコント「ひらけ!ポッキンキン」もなかった。
  5. 「おかあさんといっしょ」との局の垣根を越えた共演もなかった。
  6. 「きかんしゃトーマス」は最初からNHKで放送されていたかも。

VS嵐[編集]

  1. ゲームバラエティ番組といえば未だに「関口宏の東京フレンドパークII」のイメージが強いまま。
    • 「フレンドパーク」のパクリと見做されたのが打ち切りの原因とされた。
    • 逆にそちらが今でも存続している。
  2. 「いきなり黄金伝説」の視聴率低下は起こらなかったか、史実よりももう少し遅れていた。
  3. 打ち切りになっても、嵐自体の人気が落ちない限り後番組でも続投しただろう。
  4. 土曜昼に放送されている番組は、ゴールデンではそれほど受けないと見なされていた。
    • この番組自体、元々は『バニラ気分!』第2部にて放送されたものなので。

プロ野球ニュース[編集]

  1. 「珍プレー好プレー大賞」は存在しなかった。
    • みのもんたのブレイクが遅れていたかも。
  2. 「今日のホームラン」のBGMである「James Last」の「vibration」の知名度も上がらなかった。
  3. 「すぽると!」の開始が早まっていた。
  4. コケる時期によっては、栗山英樹(現:北海道日本ハムファイターズ監督)がプロ野球入りする事が無かったか?(2018年6月25日放送『プロ野球ニュースここだけの話』(フジテレビONE)によると、『プロ野球ニュース』の取材がきっかけで、ドラフト外でヤクルトスワローズに入団した為。)

平成教育委員会[編集]

  1. 「まんが日本昔ばなし」と「クイズダービー」はもう少し長く続いていた。
    • テレビ朝日は今でもアニメを放送していた。7時~はプリキュアとして7時半~は何になっていただろうか?
      • おそらくNARUTOになっていたと思う。その場合、ボーボボはアニメ化自体なかったか他局でアニメ化されていた可能性もある。
  2. 「平成教育予備校」→「熱血!平成教育学院」はなかった。
  3. 「Qさま」のリニューアルもなかった。
    • 平成教育委員会を意識した現在の路線になることはなかった。
  4. 子供に見せたい番組が減っていた。
    • 教育ママや教育パパは「勉強になる」といってこの番組にチャンネルを変えることもなかった。
  5. 本番組のタイトルを真似た「平成●●委員会」という書籍やゲームソフトや企画などが登場することもなかった。
  6. おそらく逸見政孝の逝去と同時に打ち切りになっていた。
    • 大コケした場合、逸見逝去まで続いたかどうか怪しいと思うが…
  7. たけしが逸見と親交を深め、逸見の告別式で弔辞を読むことはなかったかも知れない。
  8. もしかしたら逸見さんはもう少し長生き出来たか、あるいは現在でも健在だったかも…(この番組の開始→ヒットで更に逸見さんが人気上昇で多忙になり結果的に癌発見が遅れてしまった、というのも否定できない気がするので)

HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP[編集]

  1. 「(倉木麻衣は宇多田ヒカルの)パクリやん」発言はなかった。
    • 倉木麻衣の音楽性が変化することもなかった。
  2. 「ダウンタウンのごっつええ感じ」とともに打ち切られていた。
    • ダウンタウンはあの一件を機にフジテレビとの関係を断ち切っていた。
      • 「大日本アカン警察」はなかった。
      • 「ジャンクSPORTS」も。

ペケ×ポン[編集]

  1. オリエンタルラジオの持ちネタ『ペケポン!』と間違えられることはなかった。
  2. フジテレビ金曜19時台は鬼門枠のままだった。
    • 東海テレビや関西テレビ、岡山放送のようにローカル番組を放送している局が多くなっていたかも。
  3. 『ペット大集合!ポチたま』は史実より長く地上波で放送していた。

ほこ×たて[編集]

  1. 「日本タングステン」は福岡の精製加工会社としての知名度しかなかった。
  2. あのやらせ事件もなかっただろう。

ま行[編集]

ママとあそぼう!ピンポンパン[編集]

  1. 二番煎じ番組は大コケするジンクスが出来ていた。
    • この番組自体、「おかあさんといっしょ」を意識していたため。
    • 当然後番組の「ひらけ!ポンキッキ」もなかった。
  2. フジテレビ朝の番組は史実よりもっと早く情報番組に転向していた。
    • それでも裏番組の「ズームイン」や「やじうまワイド」(関西では「おはよう朝日です」)の前に苦戦し「めざましテレビ」開始まで迷走していたのは史実通り。
      • 「ピンポンパン」の放送開始は1966年だから、大コケしていたら「ズームイン」「やじうま…」が始まるよりずっと以前に打ち切られている。打ち切り後すぐに情報番組を始めていたら、民放の朝の情報番組の先駆者として高評価されたかも。
    • その番組が当たった場合は、他の民放キー局も情報番組を放送するようになり、各局の朝の時間帯の視聴率争いは史実より相当早い時期から激化していた。
      • 朝の子供番組が無くなったことに目をつけた東京12チャンネルが、史実の「おはようスタジオ」開始よりも早い時期から朝7時台に子供番組を放送したかも。
        • 内容は、現実の「おはスタ」よりも低年齢向けになっていただろう。
  3. 宮澤佐江は父親が「ピンポンパン」の体操のお兄さんだったことを公言することはなかった。
  4. カータンは有名にならなかった。
  5. 「ピンポンパン体操」は大ヒットしなかった。

めざましテレビ[編集]

  1. 大塚範一は今頃CSのスポーツアナになっていたと思う。
    • 高校野球の放送実績があるGAORAかSKY A sports+あたりかな。
      • もしくは、上記CSチャンネルを運営する毎日放送か朝日放送へ移籍。
    • 大塚が白血病を患うこともなかっただろう。
  2. 八木亜希子や小島奈津子はフリーにならず、家庭に入っていた。
    • 後者がこの番組のサブ司会者に起用されることもなかった。
    • 皆藤愛子、木佐彩子、高島彩のブレイクは無かったかもしれない。
      • 木佐彩子はむしろプロ野球ニュースだと思うのだが。
  3. フジのこの時間は低迷がずっと続いていた。
  4. 「ズームイン!!朝!」は今も続いていた。
    • テレビ宮崎はズームインに切り替えていただろう。
  5. 関西テレビが独自制作の生ワイドで成功し、ABCやytvと伍するようになっていた。この成功に刺激されたUHB・東海テレビ・TNCもローカルワイドを開始し、フジはローカルセールスの情報番組を番販するなど現在の午前10時台のような編成になっていた。
  6. 「おはよう!ナイスデイ」の8時開始は存続し、ポンキッキーズは7時半からの放送となっていた。但しローカルワイドを放送する各局は夕方に繰り下げ放送していた。
  7. 三宅正治は未だスポーツキャスターとして、競馬やバレーの実況を続けていた。
  8. 「とくダネ!」もコケていたかもしれない。

めちゃ×2イケてるッ![編集]

  1. フジテレビ系土曜20時台は鬼門枠となっていた。
    • 場合によっては「はねるのトびら」がこの枠にゴールデン昇格していたかもしれない(史実では火曜23時台→水曜20時台に)。
  2. 山本圭一が吉本興業を解雇された際に、史実ほど騒がれることはなかった。
  3. 雛形あきこや鈴木紗理奈はブレイクしなかったかもしれない。
    • よゐこや極楽とんぼの知名度も下がっていた。
      • 濱口が黄金伝説に出ていなかった可能性もある。
      • 有野のゲームセンターCXもなかったかもしれない。
      • 加藤浩次がスッキリ!の司会を務めることはなかった。
      • レギュラー出演できなかったが金田朋子のバラエティ進出はなかったかもしれない。
        • それはTBSの「スポーツ男子」がきっかけでは?
  4. 子供に見せたくない番組にランクインすることはなかった。
  5. 「元祖悪徳レフェリー」阿部四郎が再び脚光を浴びる事はなかった。
  6. 岡村隆史がモーニング娘。のライブに乱入することもなかった。
  7. 元AKB48・川栄李奈がブレイク出来ていたか怪しい。
    • 『ユーキャン』のCMに出たかも怪しい。
  8. 濱口勝、重盛さと美がバカキャラ扱いされる事が無かった(バカキャラ扱いされる原因になったのがめちゃイケの抜き打ちテストで複数回最下位になった影響なので)
    • 抜き打ちテストの企画も無いので武田修宏への監督就任オファーが0になる事が無かった(武田修宏への監督就任オファーが全く来なくなったのは抜き打ちテストで最下位になったのが原因)

もしもツアーズ[編集]

  1. フジテレビ土曜6時30分枠は再びアニメに逆戻りしていた。
    • ということはテレ東から「NARUTO」引き抜きか?
    • こうなった
  2. 三瓶は単なる一発屋でしかなかった。

や行~[編集]

夕やけニャンニャン[編集]

  1. 当然おニャン子クラブは作られなかったか、作られてもブレイクすることはなかった。
    • オールナイターズのほうが今でも有名だった。
  2. 本番組がコケたのをきっかけに秋元康はアイドルプロデュースから撤退していた。
    • AKB48も誕生しなかったかも。
    • というか秋元康の知名度も現実よりも低かった。
    • その後フジテレビの番組を通して結成された乙女塾、チェキッ娘、アイドリング!!の誕生もなかった。
  3. とんねるず、逸見政孝、デーモン小暮閣下、三宅正治の知名度は史実より低かった。
  4. 田代まさし、片岡鶴太郎の代表番組にならなかった。
  5. アイドルは未だに清純なイメージで見られ続けた。
    • というとこれがなかったら野田社長の出る幕もなかった、ということでよろしいでしょうか?
  6. 「ザ・ベストテン」との確執もなかった。
  7. 中山美穂・南野陽子など同時期に活躍していたアイドルの人気は現実よりも高かった。
    • 紅白への初出場も現実よりも早まっていただろう。
  8. 1990年代の「アイドル冬の時代」はなかったかもしれない。
    • むしろ早まっていた。
  9. 木村拓哉・名倉潤はそれぞれ工藤静香・渡辺満里奈とは結婚しなかった。
    • 秋元康も高井麻巳子と結婚しなかった。
  10. 『オールナイトフジ』などによる「女子大生ブーム」が史実より長く続いていたかもしれない。
  11. ニャンニャンといったらマクロスかラジオ番組か×××が連想されていた。
    • 2010年以降は小嶋さん…と思ったらこの場合はAKB48が存在しないか。
      • それでも小嶋陽菜は何らかの形で芸能界入りしていただろうから、売れていれば、この件は現実と同じかも。
    • あるいは1980年代に流行ったネコのキャラクター「NYAN2 TOWN」。

ヨルタモリ[編集]

1年も持たなかったら。

  1. タモリは上岡龍太郎のように引退を発表していた。
    • 「ブラタモリ」が2015年に復活することはない。
    • ミュージックステーションも降板。
    • タモリ倶楽部も終了。
    • 引退まで行かずともフジテレビには出なくなる。
      • 世にも奇妙な物語からも降板。
  2. 宮沢りえのバラエティ進出は失敗に終わっていた。
  3. 「堂本兄弟」復活などKinki Kidsがこの枠に復帰していた。

ライオンのグータッチ[編集]

  1. 博多大吉×西野七瀬×佐藤隆太の組み合わせは空振りに。
  2. 西野七瀬は司会者として挫折していた。
  3. 同様の趣旨である 「ミライ☆モンスター」 の存続にも影響を与えていた。
  4. 「グータッチ」といえば未だに原辰徳を思い出す人が多かった。

ライオンのごきげんよう[編集]

  1. 平日13時台のライオン一社提供枠は本番組で終了していた。
    • 撤退はなくとも複数提供になる可能性はある。
  2. COROZOが誕生しなかったのでこの番組の視聴者から恨まれることはなかった。
  3. 小堺一機は主に舞台やラジオで活動していたかも。

run for money 逃走中[編集]

  1. クロノスと言えばマツダの自動車。
  2. 「リアル脱出ゲーム」は製作されなかった。
  3. 「アジアン・テレビジョン・アワード」での受賞はなかった。
  4. 「ジャンプ!○○中」は製作されなかった。
    • 「ココリコミラクルタイプ」は継続していたかもしれない。
  5. ドランクドラゴン鈴木拓が叩かれることはなかった。
    • とろサーモン久保田も。
  6. 公衆電話はすっかり忘れ去れていた。
  7. TDRやUSJ以外の遊園地の衰退が史実より進んでいたかもしれない。
  8. Ingress」は日本で流行しなかった
    • もちろんアニメ化もされなかった。
    • ポケモンGOがリリースされる事もなかっただろう。

料理の鉄人[編集]

  1. 普通のスーパーで豆板醤とかバルサミコとか売っていなかった。
  2. 2012年10月26日に『アイアン・シェフ』として復活することはなかった。
  3. 鹿賀丈史がタイムショック21で時の番人として出演することはなかった。
  4. 「わたしの記憶が確かならば」「美味しゅうございます」などが流行語になることはなかった。
  5. もちろんアメリカ版も存在しない。

ワイドナショー[編集]

日曜午前版が大コケしていたら。

  1. 松本人志は犬猿の仲と言われる爆笑問題に負けたとマスコミに騒がれていた。
  2. ネットメディアがすぐ食いつくような過激な発言が原因とされた。
    • 「サンデー・ジャポン」も巻き添えで地味な内容になってしまう可能性も。
      • この場合「報道ステーションSUNDAY」の時間帯変更もなく、むしろ視聴率トップ争いに加わっていた。
  3. 「ごっつええ感じ」事件の繰り返しとなり松本人志はフジテレビと絶縁していた。
    • 「ダウンタウンなう。」も同時に打ち切られていた。
  4. フジ系のこの時間は各局自主編成になっていた(再放送枠・ローカル番組・他系列の遅れネットなど)
    • その場合史実で没になった日曜朝10時台のアニメ枠設立が行われていた(当初モンスターハンターストーリーズは日曜朝10時台で放送される予定だったので)
      • デジモンユニバースアプリモンスターズ(史実ではテレビ東京系列で放送)も10月開始という事考えると、史実のワイドナショーが放送されていた枠で放送されていた可能性もある
    • 史実でワイドナショーが放送していた枠は12時まで「アドベンチャーサンデー」として子供向け番組枠になっていた
    • 以下2017年4月現在の編成予想
      • アドベンチャーサンデー第1幕:日曜朝9時 デジモンユニバースアプリモンスターズ
        • 史実ではテレビ東京系列で放送、久々にフジテレビ系列でデジモンアニメが復活
      • アドベンチャーサンデー第2幕:日曜朝9時30分 ドラゴンボール超
        • 2016年10月のデジモン開始と共に30分放送時間がずれる
      • アドベンチャーサンデー第3幕:日曜朝10時 ONE PIECE
        • ドラゴンボール超と同様2016年10月のデジモン開始と共に30分放送時間がずれる
      • アドベンチャーサンデー第4幕:日曜朝10時30分 モンスターハンターストーリーズ
        • 史実では日曜朝8時30分から放送
      • アドベンチャーサンデー第5幕:日曜朝11時 beポンキッキーズ
        • 史実ではbsフジのみで放送、久しぶりに全日枠での放送が復活
    • なお史実で日曜朝11時15分に放送していた「ミライモンスター」は8時30分に放送
  5. 「ミライモンスター」もコケていた可能性が高い。
  6. 指原莉乃はコメンテーターとして挫折していた。
    • テレビ朝日「テンション上がる会~地球のことで熱くなれ!~」(日曜午後:MC・指原莉乃と今田耕司)も、放送されたかどうか怪しい。

笑っていいとも![編集]

  1. タモリはいまだ「夜の顔」と言うイメージのまま。
  2. 「アフタヌーンショー」ヤラセ事件もなかっただろう。
  3. 実史の2013年10月の「2014年3月終了」報道は、「何それ…」。
    • というよりとっくの昔に打ち切られていた。
    • 失礼、「話題に出ない」の間違いでした。
  4. おそらくポンキッキシリーズは史実の笑っていいとも!の枠に移動して今でも全日枠での放送が続いている
  5. 青森県つがる市木造に、本番組のロゴが似たコインランドリー「洗っていいとも!」無かった?
  6. (史実では2014年秋に放映された)『サントリーBOSS』のCMに本番組をパロディ化されたものが使われることもなかった。

ワンナイR&R[編集]

  1. 王シュレット事件は起きなかった。
  2. 紅白歌合戦の紅組に男性芸能人が出場することもなかった。
    • 中村中は?
  3. 「くず」もブレイクしなかった。
もしあの番組が…
○○だったら NHK/日テレ系(あ・か/さ~わ)/テレ朝系/TBS系/テレ東系/フジ系/ドラマ/アニメ(あ・か/さ・た/な〜わ)/特撮/時代劇/放送枠
大コケしていたら 独立局・CS・海外・ラジオ・インターネット/NHK/日本テレビ系(あ・か行/さ・た行/な~わ行)/テレ朝系/TBS系/テレ東系/フジ系
大ヒットしていなかったら アニメ/特撮戦隊/ライダー/円谷/東映)/ドラマ(あ~こ/さ~そ/た~と/な~ほ/ま~わ/連続テレビ小説
今でも続いていたら NHK・独立局・CS・海外/日テレ系(あ~さた~わ)/テレ朝系/TBS系(あ・かさ~わ
テレ東系/フジ系(あ・かさ~なは~わ)/アニメ(あ~さ/た・な/は~わ
大ヒットしていたら NHK・テレ東系ほか/日テレ系(あ~こ/さ~の/は~わ)/テレ朝系(あ~こ/さ~の/は~わ
TBS系(あ~こ/さ~の/は~わ)/フジ系(あ~こ/さ~の/は~わ
アニメ/特撮東映戦隊ライダー円谷プロ)/ドラマ(あ~お/か~こ/さ~そ/た~の/は~ほ/ま~わ/連続テレビ小説
他局の制作だったら アニメ(あ~お/か~こ/さ~そ/た~の/は~ほ/ま~も/や~わ)/ドラマ(あ~さ/た~わ
別の時代に放送されていたら 日テレ系/テレ朝系/TBS系/フジ系/アニメ(あ~こ/さ~の/は~ほ/ま~わ
打ち切られていたら 日テレ系/TBS系/アニメ(あ~さ/た~わ)/特撮
終了したら 日テレ系/テレ朝系/TBS系/フジ系
その他 司会者降板がなかったら/もう少し長く放送されていたらアニメ)/放送中止・延期がなかったら/レギュラー化していたら



関連記事