もしあの番組が大コケしていたら/日本テレビ系/あ・か行

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
連絡事項あり
このページのご投稿「マンネリ化した投稿内容」などに関して、管理者よりご連絡させていただきたいことがあります。
投稿者の方はトーク:もしあの番組が大コケしていたらをご参照ください。
保護解除
このページは、「IP利用者による編集強行」のため保護されていましたが、現在は解除されています。詳しい経緯はトークページをご覧下さい。
経過次第では再び保護される事もございますので、趣旨に合った投稿をお願い致します。

もしあの番組が大コケしていたら

  • 現在放送されていたり、現在放送されている番組の礎となった番組がもし大コケしていたら…
  • 追加する際は五十音順になるようにお願いします。
  • 以下のジャンルは各ページへ。
  • 地方局ローカルの番組は括弧書きで放送局名を明記してください(全国ネットの場合は不要)。
  • マンネリ化しているため、以下のみに関する投稿は原則禁止しとします。
    1. ○○(俳優名等)の代表作が一つ減っていた(「ブレイクしなかった」等含む)
    2. 2期・劇場版などは製作されなかった。
    3. 裏番組の○○はもっと長く続いていた(「独走状態が続いていた」等含む)
    4. (曜日)(時間)枠は鬼門になっていた(「迷走が続いていた」等含む)

あ行[編集]

あのニュースで得する人損する人[編集]

  1. 坂上忍の「MIDNIGHT DANCE」は完全に忘れ去られていた。
    • 後藤輝基がGO☆TO名義で歌った「今は東へ」も完全に忘れ去られていた。
  2. ゴミ屋敷が日本中で再びクローズアップされなかったかもしれない。
  3. 「あの○○」とえば「あの花」の事だった。
  4. 日テレの木曜19時台はクイズなどの路線に逆戻りしていた。最悪の場合、この枠は現在まで冬の時代が続いてた可能性も否めない。
    • 寧ろ、日テレの木曜19時台は低迷がずっと続いていた。
      • 裏番組の「プレバト!!」は関東圈でも視聴率10%後半を記録していた。
      • 場合によっては、直後に放送されている「ぐるぐるナインティナイン」の視聴率にも大きく影響していたかもしれない。
        • 事と次第によってはぐるナイまで放送終了→日テレの木曜19時台・20時台は単発特別番組枠に逆戻りしていた可能性も・・・。
  5. 他の日テレ番組でもお料理マル秘テクニック企画ばかりやることはなかった。
  6. 当然ジューシーズの松橋周太呂が「家事えもん」でブレイクすることはない。

アメリカ横断ウルトラクイズ[編集]

  1. 『高校生クイズ』は製作されなかったか番組方針が大幅に異なっていた。
    • 流石に最初から知力大会と言うことは無いだろうが、フジが『史上最大のクイズ王決定戦』を開始した辺りから知力重視にシフトしていた。
    • 『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』はおそらく史実通り。
  2. 立命館大学クイズ研究会の知名度はクイズプレーヤー界隈の域以外には広まらなかった。
    • 『クイズは創造力』は出版されなかった。
  3. クイズファンの間でスタートレックのメインテーマが有名になる事は無かった。
  4. 福留功男のアナウンサーとしての知名度も上がらないままでその後「ズームイン!朝」の司会や日テレを退社してフリーになることもなかったかも知れない。
  5. 「ニューヨークへ行きたいか?」が流行語になることもない。

有吉ゼミ[編集]

  1. 月7枠は今でも迷走している。
    • ローカル枠になっていたかも(かつてフジテレビ系、TBS系列はそうだった)。
    • 読売テレビ制作アニメ枠再開が議論された。
  2. 坂上忍、 あばれる君、おかずクラブがブレイク(再ブレイク)できない。

有吉反省会[編集]

  1. アレクサンダーやIVANなど数多くのタレントがブレイク(再ブレイク)できなかった。
  2. この枠の同時ネット局が消滅していた。
    • 打ち切る系列局も出た。
      • 後番組は移動の形でナカイの窓。
    • 全国ネットドラマ枠化が早まっていた。
  3. 有吉弘行のレギュラー番組は史実ほど増えない。
    • 少なくとも有吉ゼミは製作されない。
  4. 「しくじり先生 俺みたいになるな‼︎」と比較されることもなかった。

1億人の大質問!?笑ってコラえて![編集]

  1. 訪問バラエティ番組というジャンルは定着しなかった。
  2. 『どちら様も!!笑ってヨロシク』からのリニューアルは失敗したとみなされていた。
  3. 『目撃ドキュン』は2000年代以降も続いていた。
  4. フジテレビ系列水曜夜7時台にアニメ枠は史実より続いていた
    • フジテレビ系列水曜夜7時台のアニメ枠廃止の理由が笑ってこらえて!に視聴率を食われたためなので
  5. 「ダーツの旅」を他局の番組からパクったことが裏目に出てコケたとみなされた。

1×8いこうよ!(札幌テレビ放送)[編集]

  1. 大泉洋はテレビでは「水曜どうでしょう」など北海道テレビ放送専属状態になっていた。
  2. 木村洋二アナの道外での知名度は皆無だった。
    • 大泉洋が主演したドラマ「赤鼻のセンセイ」でエキストラ出演することはなかった。
    • 「どさんこワイド」も道外で認知度が上がらず星澤幸子らも知られることはなかった。
  3. 札幌メディアパーク・スピカは史実以上に収益が悪化し閉鎖も早かったかもしれない。
    • 伊坂重孝の相談役退任も史実より早かったか?

伊東家の食卓[編集]

  1. 「あんたがたどこさ」が若者や子供にほとんど知られなかった。
    • 「ヒットペット」なんて競技は出来なかった。
  2. 数々の珠玉の裏ワザが世に出ず、発見した人がもどかしい思いをしていた。
    • インターネットの時代になって自分のウェブサイトで公開している。
  3. ミルモでポン!の視聴者が史実より少しだけ増えていた・・・かも。
  4. 裏番組の『いきなり!黄金伝説』はこの時点で視聴率が良く、2001年10月以降も火曜19時台のままで放送されていた。
    • 木曜19時台に枠移動することはなかった。
      • よって、2009年秋におけるアニメ枠復帰もなかった(結局アニメ枠は2011年3月で廃枠となったが)。
      • 『旅の香り 時の遊び』や『学べる!!ニュースショー!』、『林修の今でしょ!講座』など、史実ではテレ朝の火曜19時台に放送されていた番組のいくつかは逆にテレ朝の木曜19時台に放送されていたかも。
  5. 2015年8月に放送の「24時間テレビ」での限定復活も無かった。

11PM[編集]

  1. 当時の成人男性や10代男子にとって、性情報を得る手段が一つ失われた。
  2. その後、衛星放送が始まったり、ビデオが普及するまでの時代の、深夜番組の方向性が著しく変わった。
  3. 代わりに、毎晩のように「NNNドキュメント」が放送されたか。
    • 毎日ドキュメントはキツいので、『NNNきょうの出来事』終了後は、完全にローカル枠になる。
  4. 日テレは軟派路線に走ることはなく、低俗化することもなかった。
  5. 1999年(平成11年)11月11日午後11時37分から、NNN30局で「11PM 11回忌法要スペシャル」が放送される事が無かった。
  6. 初期の報道路線ではうまくいかなかったので、別の番組名でお色気路線をやった可能性が高い。
  7. 「24時間テレビ」が誕生しなかったかも。(本番組の福祉に関する企画が「24時間テレビ」に発展した為。)

AKBINGO![編集]

  1. ネット局が増えることはなかった。
    • 徳島で放送されることもなかった。
  2. CD売り上げと視聴率は正比例しない法則がこの時点であったかもしれない。
    • 最悪、女性アイドルグループが出演するゴールデンタイムのバラエティ番組が制作されていない可能性がある。
  3. 前番組(モバタレGREAT)と同様半年位で番組が終了していた。
  4. 「NOGIBINGO!」や「KEYABINGO!」もなかったか別のタイトルだった。

エンタの神様[編集]

  1. 粗悪な一発屋芸人が減っていた。
  2. 「笑点」の演芸コーナーに出てくる若手芸人は、一部を除いて少なくなっていた。
    • 演芸コーナーで、落語や講談をやる機会が減ることは無かった。
  3. だいたひかる、陣内智則、桜塚やっくんなどはオンエアバトルでブレイクしていた。
  4. ネタ中になぞりテロップを出す風習がなくなっていた。
  5. 五味一男はこれを機に更迭されていた。
  6. TOKYO MXの火曜22時アニメ枠のタイトルが異なっていた。
  7. 『女王の教室』に『エンタの悪魔』というパロディ番組が登場することもなかった。

OH!バンデス(ミヤギテレビ)[編集]

  1. 1,2年程で終了していた。
  2. 宮城の若者はさとう宗幸を知らない。
    • 年配層でも青葉城恋唄だけの一発屋という認識のまま。
      • 『2年B組仙八先生』もあるが。
  3. 逆に(史実では大コケした)TBCのただいまワイドが現在に至るまで続く長寿番組になっていたかも。
    • その場合TBCが夕方ワイドに力を入れている事になるのでウォッチン!みやぎは放送されていない。
      • なので、宮城でも8時またぎを見ることができた。
      • サタずばもネットしていたかも。
    • 2002年以降は史実のウォッチン!みやぎのスタイルで放送されている。
  4. 2009年現在MMTの夕方の編成は4時台にテレ東の番組を放送し、5時台はNNN Newsリアルタイムのローカル枠をネットしている。
  5. OXKHBに関しては史実通り。

おはようとくしま(四国放送)[編集]

  1. 四国放送でも『ズームイン!!朝!』が放送されていた。
    • 『ズームインSUPER』もフルネットだった。
    • 南海放送みたくTBSのネットをしていたかもしれない。
  2. NHK徳島放送局で平日朝に放送されるローカルニュース番組のタイトルが、「(NHKニュース)おはようとくしま(徳島)」(実史は「おはよう日本・徳島」)と名乗る。
    • (NHKニュースおはよう徳島と名乗るのは)比較的早い段階からだな。

か行[編集]

カックラキン大放送!![編集]

  1. 研ナオコは、歌手という認識で終わっていた。
    • 『ドリフ大爆笑』に出演することもなかった。
  2. 新御三家やジャニーズなど男性アイドルのバラエティ進出もありえなかった。
  3. ラビット関根(当時)は、あまり売れないまま廃業していた。
    • あるいは、関根勤に改名した当時から「理想の○○」アンケートで上位に入るような存在になっていて、現在の芸能人としての立ち位置が多少違っていたかも。

火曜サプライズ[編集]

  1. バス旅といえば未だに『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』。
  2. グルメ旅といえば『ぴったんこカンカン』という認識で終わっていた。
  3. 上記2番組の二番煎じと現実以上に揶揄されていた。
  4. 『SUPER SURPRISE』は完全に失敗したとみなされていた。
    • 現実以上に叩かれていた。
  5. 都バスがバスファン以外の非東京都民から注目されることもなかった。

行列のできる法律相談所[編集]

  1. 「ザ・ジャッジ」はもう少し長く続いていた。
    • 「パクリ」呼ばわりされることもなかった。
  2. 弁護士のタレント化はなかった。
    • 本村弁護士が山崎(現:月亭)方正のモノマネをやる事も無かった。
  3. 橋下徹や丸山和也は政界に進出することもなかった。
    • 弁護士から政界進出するケースは有るから、意外に、現実味は有ったかも…。
      • 但し、実史とは違う展開になった可能性はある。
    • テレビ朝日系『橋下×羽鳥の番組』も誕生しなかった可能性もあった。
    • 意外に、橋下は、今頃、朝日放送『おはよう朝日です』のコメンテーターをやってたりして。(同じ『行列…』に出演していた住田裕子は、テレビ朝日『羽鳥慎一モーニングショー』の曜日コメンテーター。)
  4. 島田紳助が×××した時に打ち切られていた。
    • そもそもその頃まで番組が続かなかった可能性が高そう。
  5. 法律事務所が増えることもなかった。
    • 法律事務所のコマーシャルも盛り上がらなかった。
  6. 裏番組だった「発掘!あるある大事典」の独走状態が続き、捏造事件は史実以上に深刻な事件になっていた。
  7. 法律バラエティといえば「バラエティー生活笑百科」程度の認識で終わっていた。

クイズ世界はSHOW by ショーバイ!![編集]

  1. 逸見政孝のフリーアナウンサー転進は失敗に終わっていた。
    • 地味に朝のワイドショーの司会をやっていたかもしれない。
      • ↑「(実史の)めざましテレビ」あたりか?
    • 「夜も一生けんめい」もなかったか、違う人が司会になっていた。
    • もし史実通り癌で48歳の若さで早世したとしても世間にそこまでの大きな衝撃と悲しみを与えることもなかった。
      • ただこれによって癌を患うこともなかったか、あるいは早期発見出来て今でも健在だったかも知れない。
  2. 山城新伍は「チョメチョメ」のイメージのままだった。
    • 花園ひろみとの再婚も無かったかもしれない。
  3. 野沢直子のおバカぶりが世間に広がることもなかった。
  4. 渡辺正行が司会として多くの番組で重用されることもなかった。
    • 「おはようクジラ」で朝の帯番組の司会になることも考えられなかった。
  5. 高田純次は劇団上がりの冴えないタレントで終わっていた。
    • 「テキトー男」と言われる個性派タレントになることはもちろんできなかった。
    • コケる時期によっては、同番組のスポンサーだった中外製薬のcmに出る事も無かった。
      • ytv『情報ライブ ミヤネ屋』のコーナー「高田タクシー観光」も無かった。
        • さらに、2008年12月25日の放送で、高田が福井を訪れた際、過去に出演した番組で他系列の福井テレビと当時の出演者・スタッフが日テレ系に出る事が無かった。
  6. 山瀬まみは一過性のバラドル人気で終わっていた。
    • NHKの「(ためして)ガッテン」やキンチョーのCMに出る事が無かった。代わりに『爆報!THEフライデー』など「あの人は今」的な番組に取り上げられていた。
  7. 立川志の輔が世間的に有名になることもなかった。
    • ちなみに志の輔と山瀬はそののち裏番組NHK「ためしてガッテン」で「ショーバイ」に引導を渡すという皮肉な役割を果たしている。
    • 他が実史通りなら、志の輔は、フジテレビで同じ水曜日の夜に放送された『運命GAME』(1991年放送)のMCという認識だったかも。
  8. 福澤朗が「番組クラッシャー」と言われることもなかった。
    • 確かに逸見さんの後では、誰がやってもいかんともしがたかったが・・・
    • 福澤には「アメリカ横断ウルトラクイズ」をクラッシュさせているという前科も不運だった。
    • 結局福澤は「ズームイン!!朝!」も自分の代で終わらせてしまった。
      • それは「ズームイン!!SUPER」に発展解消と考えればクラッシュではないとも言えるが・・・
  9. ジャイアント馬場はプロレスファン以外の知名度を勝ち得られなかった。
  10. 蛭子能収は現在も地味な無名漫画家だった。
    • もちろん現在の路線バスタレントとしての地位も得られなかった。
    • フジテレビONE(フジテレビ系CSチャンネル)「われめdeポン」(麻雀番組)で、麻雀をやるオッサンという認識で終わっていたか?
  11. 日本テレビののちの視聴率4冠王時代も訪れなかったと思われる。
    • 確かに「ショーバイ」が高視聴率になってきてからフジテレビへの追撃が始まっている。
  12. 日本テレビの改編期特番「スーパークイズスペシャル」も存在しなかった。
  13. 裏番組の「わくわく動物ランド」は史実より長続きし、「どうぶつ奇想天外」は番組自体が存在しなかったか放送開始が遅れていた。
  14. サナダムシから川合俊一を連想することもなかった。
    • これによって、川合俊一はバラエティ番組にも活動の幅を広げることはなかったかもしれない。
      • 『ボキャブラ天国』で×××の疑惑が出ることはなかった。

クイズどんなMONだい?![編集]

  1. 小学館の雑誌に連載されることはなかった。
  2. 番組エンディングで豪華ディナーを楽しむというのが視聴者に受けが悪かったと見なされていた。
    • 結果テコ入れで、一番の成績優秀者にトップ賞が与えられる普通のクイズ番組となっていたかもしれない。
    • 『クイズ!ヘキサゴンII』と『どっちの料理ショー』に受け継がれていない可能性もあった。
  3. クイズ番組のブーム時期としての一番の黒歴史になっていた。日本テレビも「クイズ番組が大コケするとは思わなかった」と言っていただろう。
  4. 後番組はクイズ番組となるか再びアニメ枠になるか不透明な所。

ぐるぐるナインティナイン[編集]

  1. 江角マキコはバラエティに進出することはなかった。
    • 『火曜曲』『私の何がイケないの?』の司会に抜擢されることもなかった。
  2. 『ペケ×ポン』が「ゴチになります」の類似企画である「ターンテーブル」をやることはなかった。ふ
  3. 食事を他人に奢ってもらうたびに「ゴチになります!」と言う人も減っていたはず。
    • それでも普通に礼儀として、「ごちそうになります」とは言うんだけども…。
  4. 木曜日20時台への枠移動もなかった。
  5. 『おもしろ荘』もなかった。
    • 正月深夜の特番は別番組になっていた。
    • 大晦日深夜(元旦未明)ですね。
      • 若手芸人の登竜門的番組にならない。(実際は、小島よしおやブルゾンちえみらが、「おもしろ荘」出演をキッカケにブレイクした。)
  6. 夕方時代の特番で田代まさしが音楽賞でもらった盾を壊すという粗悪なことはやらずに済んでいた。

月曜から夜ふかし[編集]

  1. マツコ・デラックス人気が下火になっていた。
  2. 村上信五は関ジャニの中での存在感は薄いままだった。
    • プロアクティブのCMの人というイメージしかなかった。
  3. 村上の司会者の地位も確立されていなかったかも。
  4. 桐谷さんと言えば桐谷美玲や桐谷健太。
    • 桐谷さんTシャツも製作されていなかった。
  5. 「パーティーピーポー」という言葉は広まっていない。
  6. 鳥取県には「スタバ」も「すなば(砂丘ではない)」もなかった。

KEYABINGO![編集]

  1. 欅坂46×サンドウィッチマンの組み合わせは空振りに終わる。
  2. 「AKBINGO!」 や 「NOGIBINGO!」 の存続にも影響を与えていた。

午後は○○おもいッきりテレビ[編集]

  1. 「ごちそうさま」は単独番組に戻っていた。
    • 意外に同時期に終了してたかも。
  2. 「ヒルナンデス!」のようなバラエティ枠路線になる時期が史実より早くなっていた。
もしあの番組が…
○○だったら NHK/日テレ系(あ・か/さ~わ)/テレ朝系/TBS系/テレ東系/フジ系/ドラマ/アニメ(あ・か/さ・た/な〜わ)/特撮/時代劇/放送枠
大コケしていたら 独立局・CS・海外・ラジオ・インターネット/NHK/日本テレビ系(あ・か行/さ・た行/な~わ行)/テレ朝系/TBS系/テレ東系/フジ系
大ヒットしていなかったら アニメ/特撮戦隊/ライダー/円谷/東映)/ドラマ(あ~こ/さ~そ/た~と/な~ほ/ま~わ/連続テレビ小説
今でも続いていたら NHK・独立局・CS・海外/日テレ系(あ~さた~わ)/テレ朝系/TBS系(あ・かさ~わ
テレ東系/フジ系(あ・かさ~なは~わ)/アニメ(あ~さ/た・な/は~わ
大ヒットしていたら NHK・テレ東系ほか/日テレ系(あ~こ/さ~の/は~わ)/テレ朝系(あ~こ/さ~の/は~わ
TBS系(あ~こ/さ~の/は~わ)/フジ系(あ~こ/さ~の/は~わ
アニメ/特撮東映戦隊ライダー円谷プロ)/ドラマ(あ~お/か~こ/さ~そ/た~の/は~ほ/ま~わ/連続テレビ小説
他局の制作だったら アニメ(あ~お/か~こ/さ~そ/た~の/は~ほ/ま~も/や~わ)/ドラマ(あ~さ/た~わ
別の時代に放送されていたら 日テレ系/テレ朝系/TBS系/フジ系/アニメ(あ~こ/さ~の/は~ほ/ま~わ
打ち切られていたら 日テレ系/TBS系/アニメ・特撮
終了したら 日テレ系/テレ朝系/TBS系/フジ系
その他 司会者降板がなかったら/もう少し長く放送されていたらアニメ)/放送中止・延期がなかったら/レギュラー化していたら



関連記事