もしあの番組が大ヒットしていたら/日本テレビ系/さ~な行

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

もしあの番組が大ヒットしていたら > 日本テレビ系 > 日本テレビ系/さ~な行

※編集される方は「Chakuwiki:お願い/もしあの番組」をご覧ください。

目次

さ行[編集]

ザ!情報ツウ[編集]

もし裏番組「とくダネ!」並みに大ヒットしていたら?

  1. 裏番組「はなまるマーケット」と「スーパーモーニング」の視聴率はともかくだが、「とくダネ!」はこの時点で視聴率が低下していた。流石に打ち切る事は無いが、テコ入れやリニューアルは確実にしていたかもしれない。
  2. 現在も日テレの朝のワイドショー番組は開始時間8時半のままだった。「ズームイン!!SUPER」は終了時間も8時半のままだった。後番組「ZIP!」は怪しい所。開始時間が5時50分まで短縮しているし終了時間もやはり8時まで短縮か?「ザ!情報ツウ800」は無かった。
    • TBS「朝ズバッ」終了後、「いっぷく」開始時時点で、8時開始に合わせたかもしれない。
  3. ザ!情報ツウの開始時間は8時半のままなので「NHK連続テレビ小説」の低迷は無かったかもしれない。何本か大コケしたドラマは大ヒットしていた。
  4. 第2部も2005年以降も継続しており、ローカル番組に変わる事は無かった。終了時間も10時25分のまま。後から放送される「ラジかるッ」は10時25分番組開始になっていたかもしれない。なるトモ!の放送も無かったかあっても関西ローカルで開始していた。
  5. 前番組「レッツ!」の企画が次々に終わったり、企画や構成の迷走も当然無かった。

サルヂエ[編集]

  1. 次々とルールが変わることはなく、深夜時代のルールで継続していた。
  2. 「快脳!マジかるハテナ」は制作されなかった。
  3. はねるのトびらはゴールデン進出から半年か1年ほどで打ち切りになっていた。
  4. 裏番組だった全員正解あたりまえ!クイズもヒットしていた場合、「快脳!マジかるハテナ」をやっていた木曜日に移動していたかもしれない。
  5. IQサプリは史実より早く終了していた。
    • 場合によってはサルヂエの代わりに2007年春で打ち切り。
  6. 企画制作の中京テレビは喜んでいただろう。よって日テレとの関係は史実よりマシだった。

シャル・ウィ・ダンス?〜オールスター社交ダンス選手権〜[編集]

  • 初回は18.7%という高視聴率だったが、回を追う事にどんどん視聴率が低下しウロウロしていた。
  1. この時点(2006年)でウッチャンナンチャンの南原清隆MC一人でも通用出来ていた。
    • 逆に内村光良はこの番組に出演していたかどうか?
  2. 「24時間テレビ 愛は地球を救う」でも社交ダンス選手権が行われ、全国大会になっていたかもしれない。
  3. 土曜日の番組は「脳内エステ IQサプリ」共に二強時代となっていた。「ぴーかんバディ!」は史実以上に大コケし、白いんげん豆食中毒事件も史実ほど問題にならなかった可能性もある。
    • だが、やはり緊急事態なので何かしら問題は起きていただろう。
  4. 「天才!志村どうぶつ園」はどこの時間帯に移動していただろうが?
  5. ヒルナンデス!の「社交ダンス踊るんデス!」のコーナーは無かっただろう。
  6. 仮に番組が終了したとしても再び「ウリナリ芸能人社交ダンス部」として特番放送されていたかも。
  7. 社交ダンスが再ブレイクをし、世界大会も史実以上に行われていた。

ジャパン☆ウォーカー[編集]

  1. 日テレの12時の番組は11:40-13:00の枠のままだった。ただ、2000年代半ば辺りから12:00-13:00の一時間枠になっていた可能性が高い。
    • あの時間枠が11:40-12:30、12:30-13:00と分割される事は無かった。
  2. 日テレはKinKi Kidsにもゴリ押ししていた可能性が高い。
    • KinKi Kidsの冠番組がゴールデンタイムの特番が放送されていた。
  3. ジャニーズJr.が出演するバラエティー番組が史実以上に増えていた。
  4. 24時間テレビでも同じような企画が放送されていたかもしれない。堂本光一は関わる事は無いかもしれないが…。

シャボン玉ホリデー(第二期)[編集]

  • ここで言う第二期は毎週土曜午後11時45分放送としての番組を指しています。
  1. とりあえず、少なくとも深夜帯から夕方帯に移動していたのは確実。
    • 移動しても第二期としての放送になると思う。
  2. ピンク・レディーの人気は史実以上の物になっていた。
  3. 現存映像は第二期版も含まれていた。
  4. 『シャボン玉ホリデー』と言えば第二期も指していた。
  5. 1977年1月1日は史実通り放送休止か?

週刊オリラジ経済白書[編集]

  1. オリエンタルラジオの評価が史実より上がっていた。
  2. テレビ東京以外で経済を扱った番組が史実より増えていた。

週刊!特ダ〜ネ家族!![編集]

  1. キー局製作レギュラーバラエティ番組の放送期間最短記録は「マツコの日本ボカシ話→自信回復TV 胸はって行こう!→A」という感じになっていた。
  2. 7daysTVのメイン企画の番組になっていた。
  3. 家族の笑える・泣けるエピソードは他局が二番煎じしまくりするかも。
  4. 少なくとも視聴者参加向けの番組になっていたかもしれない。

寿命をのばすワザ百科[編集]

  1. 史実とは逆に、『ペケ×ポン』を放送打ち切りor史実よりも早い段階で枠移動に追い込んでいた。
  2. 金曜19時台が単発枠になる事はなかった。
    • だが、「金曜スーパープライム」の放送で結局枠移動に追い込んでいただろう。
  3. 子供に見せたい番組の一つが増えており、世界一受けたい授業とコラボしていたかもしれない。
  4. 他局になるが、『駆け込みドクター!運命を変える健康診断』は放送されていたかどうか?

真実解明バラエティー!トリックハンター[編集]

  1. 水7の番組が全体に低くなる事は無かっただろう。視聴率二桁が多くなっていただろう。
    • 裏番組『ナニコレ珍百景』ももう少し続いていた可能性あったかも。
  2. ベッキーが不倫騒動を起こしても他の番組出演同様2016年秋現在も打ち切る事は無かった。
    • 郡司恭子アナではなく別の女子司会者になっていたかもしれない。
  3. ネタギレになる事は無く完全クイズ番組になる事は無かっただろう。
    • まあ、ネタギレになったとしても不定期放送として継続していたかもしれない。

紳助のとんでもいい夢[編集]

  1. 日曜の昼の放送にも関わらず関東ローカルから全国ネット枠に昇格されていた。
  2. 島田紳助とダウンタウンの共演する番組がゴールデンタイムでも制作されていたかもしれない。特番としての放送になりそうだが。
    • もしくは「紳助のとんでもいい夢」自体がゴールデンタイムとして放送されていたかもしれない。
  3. 番組は継続していても放送時間が変わりまくりだったかもしれない。
  4. 某フェミ団体あたりが「昼間から女性の水着姿流してけしからん!」とか言ってBPO案件に持ち込もうとする。

新装開店!SHOW by ショーバイ!![編集]

  • もし評価が良かったら?
  1. 福澤朗が「番組クラッシャー」と言われることもなかったか?
    • 正式に司会者に就任してから約1年半の間、毎週必ずどこかしらのルールが変更される事は無かった。
  2. ミリオンスロットが廃止する事は無かっただろう。
  3. 新装開店!SHOW by ショーバイ!!2へのリニューアルも無く番組本来のコンセプトが失う事は無かった。
  4. 期末期首特番はもちろん継続していたはずだろう。流石にスペシャル番組をガンガンやるような編成ではなさそうなので…。

スッキリ!![編集]

  • ここで言うスッキリ!!はMC加藤浩次・上重聡アナを指しています。
  1. =もし上重聡アナの利益供与問題が起きなかったらである。
    • とくダネ!は再び年間視聴率2位になっていたかも。場合によってはめざましテレビも影響が出て年間視聴率2位になっていたかも。
    • 「羽鳥慎一モーニングショー」はスッキリ!!の代わりにとくダネ!に歴史的勝利していたかもしれない。よって、朝の情報番組戦線の民放は「羽鳥慎一モーニングショー」と「スッキリ!!」の2強時代になっていた可能性もある。
  2. たとえ不祥事があっても視聴率が良いため、2016年4月以降も上重聡アナは降板する事無く出ていた。スッキリ!!ロゴも2代目のカラフルロゴのまま。

ズームイン!!SUPER[編集]

  • 史実でも「NHKニュースおはよう日本」よりも視聴率が良かった時期もあり、2008年12月までは本番組の時間帯1位をキープしていましたが。もし2009年以降も年間視聴率1位で「ズームイン!!朝!」のように長寿番組になっていたら。
  1. めざましテレビは2011年までは年間視聴率2位だったが、2010年~2011年の韓国押しの影響で再び年間視聴率3位まで下がっていた。最悪一時同時間視聴率4位になり、打ち切りに追い込まれていたかもしれない。
    • 最悪「とくダネ!」と「知りたがり!(ノンストップ!)」にも影響が出ていたかもしれない。その場合は「モーニングバード!」は史実よりマシな視聴率になっていたかもしれない。
  2. 2011年時点での朝のニュース番組視聴率は「ズームイン!!SUPER>みのもんたの朝ズバッ!≧めざましテレビ>やじうまテレビ!」かもしれない。
    • 「朝ズバッ!」に関しては司会者降板後「めざましテレビ」に負ける日が多くなり再び「めざましテレビ」が年間視聴率2位になっていたかもしれない。
      • 現在は「ズームイン!!SUPER>めざましテレビ>グッド!モーニング>あさチャン!」になっていたかも。
  3. 『Oha!4 NEWS LIVE』は時間拡大する事は無く、4時~5時20分の1時間20分の放送のままだった。
  4. 少なくとも第1回放送の17.8%の最高視聴率記録を超えていた回があっただろう。
  5. 「ズームイン!!30周年」は史実以上に盛り上がっていた。2014年は「ズームイン35周年」を向かい、こちらも何か企画をやっていただろう。
    • 2011年秋にはズームインSUPER10周年を向かい、オープニングも一日限りで初期を再現していたかもしれない。
  6. 番組から初の絵本「ズーミンそらをとぶ」も評価が高く、第二弾の絵本も販売されていただろう。
  7. 羽鳥慎一アナと西尾由佳理アナは史実通り日本テレビを退社していたかもしれない。……だとすると第三司会者が生まれていたかもしれない。
    • 候補としては藤井貴彦アナか桝太一アナかもしれない。どちらもズームインサタデーで出演していたため。上重聡アナも考えたが、史実通りスッキリ!に移動すると思う。
  8. 「ズームイン!!サタデー」にズーミンとチャーミンが登場する事は未だにあり得ない。代わりに「ズームイン!!サタデー」に第4のキャラクターが登場していたかもしれない。
  9. それでも「ザ!情報ツウ」の視聴率低迷により、終了時間短縮は史実通りだったかもしれない。だが「スッキリ!」はズームイン!!SUPERの大ヒットで史実以上に大ヒットしていたのでは?
  10. これを気にテレビ宮崎も「ズームイン!!SUPER」をネット放送をしていたかもしれない。原因は恐らくめざましテレビの視聴率低下とズームイン!!SUPERの大ヒットかもしれない。

SUPER SURPRISE[編集]

火曜日以外も高視聴率だったら?

  1. この番組の大ヒットをきっかけに他の民放もゴールデンタイムに生放送の1時間帯番組を放送していただろう。
  2. 火曜サプライズは史実通り………と思いきや2011年以降もスタジオ部分のみ生放送で放送されていただろう。(史実では不定期に生放送を行っている)
    • 一部収録番組になる事は無く完全生放送になっていただろう。また、二分短縮になる事も無かった。
  3. 放送当初の「サプライズ」から大ヒットしていたら「SUPER SURPRISE」に改名する事は無かったかもしれない。
  4. 同時期同時間帯の「総力報道!THE NEWS」は視聴率3%位しか無かったかもしれない。まあ、重要なニュースがあった時は6%~7%前後はありそうな気がする。
    • 「総力報道!THE NEWS」は史実以上に叩かれ、大暴動が起きていたかも。
      • 『TBSもSUPER SURPRISEような番組編成にすればこんな事にならなかったのに…』と思っていただろう。
  5. 新レーベル「1900」は存在しておらず、史実で放送されている番組は「サンバリュ」か特番で放送されていた。
    • あるいは「沸騰ワード10」や「あのニュースで得する人損する人」などがこの番組のコーナーで放送されているかもしれない。
      • 『赤丸!スクープ甲子園』と『有吉ゼミ』と『寿命を伸ばすワザ百科』辺りもここのコーナーで放送されていた。
    • 金曜スーパープライムも存在しておらず金8も一時間の番組として編成されていた。
  6. SUPERの繋がりかズームイン!!SUPERとタイアップしていたかもしれない。
    • 編成曰く「ズームインSUPER」のような日本テレビを代表する番組にしたいというコンセプトなので。
  7. 「土・日曜日も『SUPER SURPRISE』放送すべき」という意見も出ていた。
  8. 日本テレビの19時台の視聴率が史実ほどガタ落ちしていなかったかも。
    • 月7と水7と木7と金7は史実ほどコロコロと番組が変わる事は無かった。
    • また全日視聴率一桁なんてあり得なかった。
  9. お菓子のメーカーかショッピングセンターでSUPER SURPRISEとタイアップしコラボが実施していた可能性もあった。
  10. 高校生クイズなどの午後9時ごろから始まる特別番組は午後8時ごろに始まっていたかも。

関口宏のびっくりトークハトがでますよ![編集]

  1. 放送時間の変遷が次々と変わると事は無かったかも。
  2. 木9はドラマ枠のままだった可能性が高い。視聴率は史実よりマシだったか?それでも2004年頃に打ち切られそうだが。
    • 逆に月10は読売テレビ制作枠のままだったかもしれない。
  3. 前半が積水化学を筆頭とする複数社提供に移行されるのはやはり史実通りかも。
  4. 少なくともリニューアルはあまり行わなかったかも。山田邦子を司会に迎える事などは無い。

全員出席!笑うんだってば[編集]

参照:wikipedia:ja:全員出席!笑うんだってば

  1. ダウンタウンは「夢で逢えたら」ではなくこちらで東京進出を成功させていた。
  2. 吉田戦車イラストのオープニングが史実以上に有名になっていた。
  3. ピンクの電話がこの番組の収録より名古屋の営業を優先することもなかった。

壮絶バトル!花の芸能界[編集]

  1. この時点で日テレ木7の番組が大ヒットした場合、モクスペは企画されなかった可能性が高い。
  2. 木8の常識の時間シリーズは「クイズ!常識の時間!!」の時点で視聴率改善されていた。
  3. ゴールデンタイムという時間帯から番組内容の過激さがネット上でも叩かれていた。最悪大ヒットしているとは言え打ち切りになっていた可能性も。
  4. 木曜19時台の番組が次々と短命で、特番であった番組をレギュラー番組に昇格した事が成功の一つになっていた。
    • これ以降も日テレは特番のレギュラー番組昇格を積極的に行われていた。

それいけ×ココロジー[編集]

  1. 土10もドラマ枠になる事は無かった。読売テレビ制作のドラマ番組は最初から木9の放送になっていた。
  2. 心理テストブームは史実以上な物になっていただろう。
  3. 1998年の春からのスペシャル番組は番組寿命によっては放送されなかった。あっても2000年以降に放送されていたかも。
  4. 「マジカル頭脳パワー!!」の所ジョージと「それいけ×ココロジー」の所ジョージと比較されていた可能性もある。

た行[編集]

宝探しアドベンチャー 謎解きバトルTORE![編集]

  • もし史実よりも大ヒットしていたら?
  1. 「密室謎解きバラエティー 脱出ゲームDERO!」と同様月7に時間帯を移動する事はなく、水7のまま放送されていた。クイズ!!ヘキサゴンIIは視聴率低迷の理由で打ち切られていたかもしれない。
    • 代わりに1番ソングSHOWは月7に放送されていた。しかし、裏番組に「お試しかっ!」と「ネプリーグ」があるため、視聴率低迷で史実より早く打ち切られていた可能性がある。
  2. フジテレビ系「vs嵐」並みに青少年に見せたい番組として選ばれていたかもしれない。代わりに子供に見せたい番組は選ばれていたか非常に怪しい。

誰も知らない泣ける歌[編集]

  1. 日本テレビ火曜21時が一時単発特別番組枠になる事は無かっただろう。
  2. 火曜ドラマの流れで史実よりも視聴率良くなっていたかもしれない。
  3. この時間帯の歌番組にしては『三度目の正直』として大ヒットしていた。(恋歌〜ラブソングスも含んだ場合)
  4. MCはくりぃむしちゅー一人でも通用出来ると見なされていた。
  5. 誰も知らない泣ける歌で紹介された曲が何個か大ヒットしていたかも。

ダントツ笑撃隊!![編集]

  1. 他局で放送されていた裏番組群のタイトルが入った風船を1つずつ破裂させていくというCMの効果のよりヒットしたと見なされていた。
    • ただ、裏番組が反撃するCMが制作されている羽目に…。
  2. ダントツ拳の「全国大会」は予定通り行っていた。
    • ダントツ拳がじゃんけんみたいに一般的になっていたかも。それでも今じゃ死語になっていると思うが…。
  3. ザ・ぼんちは『ひょうきん族』への復帰しておらず、そのままこの番組のレギュラー出演者になっていた。

だんトツ!!平成キング[編集]

  1. 「ザ!鉄腕!DASH!!」は木8辺りに放送されていた可能性がある。しかし、当初は裏番組に押されて視聴率低迷。その後は史実と同様人気番組となっていた。
  2. 史実では放送されてなかった「日立の樹」のCMが放送されていただろう。
  3. 「炎の体育会TV」と「頑張る人応援バラエティ体育の時間」は放送されなかった可能性が高い。

超再現!ミステリー[編集]

  1. ミステリー作品を、ナレーションや字幕テロップなど再現ドラマの手法を取り入れ、「超再現ドラマ」として映像化させる演出が増えていた。
    • 「世界まる見え!テレビ特捜部」でもこのような演出の手法を取り入れていたかもしれない。
  2. 名探偵コナンとコラボレーションしていた可能性が高い。
    • 「日テレは推理番組を押している」と叩かれていた可能性が高い。
  3. 「解決!ナイナイアンサー」はSVFとしての特番のまま。その後はゴールデンタイムで特番として放送されるが、それも7時~8時の放送になっていただろう。

挑戦!![編集]

  1. プロ野球ナイター中継は史実ほど放送されなかったかもしれない。
  2. 『木曜スペシャル』でやっているような企画がこの番組でも放送されていた可能性あり。
    • 放送終了後も『木曜スペシャル』でも復活放送として放送していたかも。
  3. 人間の限界に挑む番組はこの時代から一般的に放送されていると思われる。
  4. 少なくとも制作費を沢山かけた番組の一つになるのは間違い無し。

蝶々・たけしの21世紀まで待てない![編集]

  1. 少なくとも21世紀(2001年)まで番組が継続していたかどうか…。蝶々は21世紀まで持たず2000年10月12日で逝去しているため
    • その場合、代理の司会で対応していたかもしれない。
    • 2000年になるとやはりビートたけしがどんどんエスカレートしていたかもしれない。
  2. 蝶々の「周りから無理矢理結婚させられ、お互いの事を理解できないままに離婚したような感じ」という発言は無く、ビートたけしの関係と上手く行っていたかもしれない。

追跡・大震災 負けへんで!![編集]

  1. これを気に追跡が復活放送していたかもしれない。
    • だけど、この番組は読売テレビが制作しているので復活放送していたか微妙な所だが…。
  2. 放送延期はしそうな気がするが、それでも月7はアニメ枠になりそうな気がする。その分「ストリートファイターII V」は放送期間短くなっていたか。
  3. その後の震災関連番組としてのレギュラー番組が放送されていたか…?新潟中越地震なら実現しそうな気がするが…。
    • 2011年春改変で、スペシャル版か単発特番で復活かな。

TVマンモス[編集]

  1. 「世界まる見え!テレビ特捜部」は復活しなかったor復活しても別枠になっていた。
    • 「世界まる見え!テレビ特捜部」は元々つなぎ番組だったのでそもそも放送されていない可能性が高い。
  2. 現在も生放送として放送されていたかどうか…?現在は不定期に生放送として放送されていそうな気がする。
  3. 「TVおじゃマンモス」は史実通りに放送されるものの別の題名として放送されていた可能性が高い。(この番組は「TVおじゃマンボウ」の姉妹番組なので。)

電波少年に毛が生えた 最後の聖戦[編集]

  1. 1クール(3か月)の平均視聴率が13%に載っていれば現在も番組継続していた。ただ、現在は10%越えただけでも続いていたかも。
    • 例え番組が終了しても不定期番組として特別番組として放送されていたかも。
  2. 不祥事もあまり起きなかっただろう。起きたとしても厳重注意で済まされていたかも。

TOKIO史上最大の特番![編集]

  • 2004年4月10日に放送された特別番組だが、視聴率8.2%という低い記録だった。もし仮に大ヒットしていたら。
  1. 「SMAPはフジテレビのイメージ」と同様「TOKIOは日本テレビのイメージ」と言われていた。
    • でも、「日テレはTOKIOに頼りすぎ」と言われる羽目に…。
  2. レギュラー化は「ザ!鉄腕!DASH!!」で行われていた。「ザ!鉄腕!DASH!!」は「SMAP×SMAP」のようなコント&メインコーナーになっていたかも。
    • 少なくとも2008年まではレギュラーとしてコーナーが設置されていたかもしれない。
  3. もしかすると日本テレビのバラエティー番組人気低迷期はここで終わっていた可能性も。特番を史実より積極的に制作されるため。
  4. 次放送された時は「ズームイン!!SUPER」とタイアップを組んでいたかもしれない。
  5. 「ジャニーズ系はスマスマを真似すれば上手くいく」として他局もやはり真似していたかもしれない。
    • 今度はV6がコントにチャレンジする番組がTBSで放送されていた。

どっちDOTCH![編集]

  1. 番組終了まで日本人の性別と年齢の構成比で2択のアンケート問題のクイズ構成のまま続いていたはず。人間グラフは準コーナーとして放送されていた。
  2. 日本テレビの日曜番組は30分×30分で人気クイズ番組になり、1980年代からクイズ番組に力を入れていた。
  3. 古舘伊知郎はこの時から知名度の高い人間司会者になっていた。

トナリの悩みの解決人[編集]

  1. 史実の『天才!志村どうぶつ園』の立場になっており、現在は土7に移動されている。
    • 移動先も番組後半のみ日本郵政公社の一社提供として放送されていた。
  2. 当時の日本テレビの木曜日の番組は全体的に改善されていたかもしれない。
  3. 雨上がり決死隊はテレ朝よりも日テレの方が積極的になっていたおり縁も結び付いていた。

所さんのお騒がせデス[編集]

  1. ダウンタウンDXは代わりに木9として放送していたかもしれない。史実通り大ヒットしていたか微妙だが…。
  2. 日テレだけではなく読売テレビも黄金期になっていたかもしれない。日テレだけではなく読売テレビもクイズ番組を制作し続けていただろう。
  3. ゲストとのトークを交えながらクイズが出題される番組が増えていたかもしれない。

所さんのまっかなテレビ[編集]

  1. 「世界まる見え!テレビ特捜部」はそもそも放送されなかった可能性が高い。上手くいけば現在も続いていたはず。
  2. SMAPは当初から人気グループアイドルになっていた。ただ、他局のSMAP×SMAP放送後もこの番組に出演し続けたか怪しい所だか…
    • 森且行脱退してもちゃんと番組には出演していたのは確実だろう。
  3. 現在はスケジュール上都合収録放送として放送されていた可能性が高い。
  4. 「所さんのお騒がせデス」は史実通り放送されるが、史実通り一年しか放送されていないだろう。

ドラバラZONE[編集]

  1. 関東では「情報ライブ ミヤネ屋」は放送されなかった。
  2. 日本テレビでは14~15時台は再放送枠になっていた。
    • news every.の16時台放送もなかった。
  3. 2009年9月のサカスさん終了をもって関東地区から平日午後帯のワイドショーが絶滅した。

ドリフのドパンチ!学園[編集]

  1. この番組の大ヒットで「8時だョ!全員集合」の二番煎じコントが制作まくりだったかも。
  2. 番組出演者による提供読みは1970年当時の時点で増えていた。
  3. 後番組もザ・ドリフターズの冠番組だった可能性が高い。
  4. 「日曜8時!ドパンチ放送!!」の放送でこの番組名が出ていたかもしれない。

とんねるずの子供は寝なさい!?[編集]

  1. 「クイズ笑って許して!!」が復活する事は無かった。
  2. つなぎ番組から一変しレギュラー番組になっていたかもしれない。
    • 「コラーッ!とんねるず」がゴールデンタイムに出展していたかもしれない。

な行[編集]

なぜなぜダイヤル!?[編集]

  1. 受話器を取った後「はい、なぜなぜダイヤル!?です」とコールする人が続出していた。
  2. はがきと電話を利用した視聴者参加型番組が史実以上に増えていた。
  3. 月7:30がアニメ枠になるのは史実より遅れていたかもしれない。

なるトモ![編集]

  • 関西地方では大ヒットしていたが、関東地方では視聴率が振るわなかった。もし関東地方でも大ヒットしていたら?
  1. 少なくとも関東地方での後番組の「ラジかるッ」は夕方のまま放送されていた。
    • 次第には「情報ライブ ミヤネ屋」のように全国ネットに昇格される。
  2. 「情報ライブ ミヤネ屋」とセットにバラエティー番組でパロディコーナーが作られていた。
  3. 「なるトモ!ラーメン」は関西地方限定ではなく関東地方でも発売されていた。
  4. 現在でも放送されていた場合、金曜日も収録放送から生放送に変更されていただろう。

なるほど!ハイスクール[編集]

  1. 裏番組である『いきなり黄金伝説』『VS嵐』を打ち切りに追い込んでいた。
    • あるいは時間帯を移していた。
    • 同じく裏番組である『ポケットモンスター ベストウイッシュ』も震災の影響による路線変更なども相まって、2011年4月以降における視聴率は大きく下がっていた。
      • 歴代最低視聴率が2.2%だったのがさらに悲惨な記録になっていた。
        • 最悪の場合、このアニメの枠移動や放送打ち切りの噂が囁かれていた可能性もあった。
      • ポケモンの短編映画でAKB48のメンバーがナレーションをする事は絶対にない。
  2. 河西智美は裏番組の『いきなり黄金伝説』に出演することもなく、逃亡騒動もなかった。
    • 場合によってはAKB48を卒業することもなかった。
    • 裏番組のvs嵐でもAKB48は出演出来なかった。よって一部のドラマは宣伝出来なかったかもしれない。
  3. 女性アイドルグループが出演するゴールデンタイムのバラエティ番組は大コケするジンクスは崩れていた。
    • 『モー。たいへんでした』の二の舞になることもなかった。
    • CD売り上げと視聴率は正比例しない法則もなかった。
    • 女性アイドルグループの冠番組は深夜でしか通用しないジンクスが崩れていた。
      • ドラマに関しても同く大コケするジンクスは崩れていたかも。
  4. 日テレの木曜19時台が迷走することもなかった。
    • 快脳!マジかるハテナは無かったか、別枠での放送になっていた。
      • あのニュースで得する人損する人は特番での放送になっていたかもしれない。
  5. 子供に見せたい番組となっていた。
  6. AKB48は社会派アイドルに回帰していた。
    • 決して制服向上委員会のような行きすぎた路線ではなく、正統派路線として売り出していた。
  7. 田村淳は司会者としても評価され、ロンブーは低俗な風潮が崩れていた。
  8. AKB48の絶頂期は長く続いていた…と思いきや、あの問題でAKB48のイメージ悪化で視聴率低下していたかもしれない。

日曜8時!ドパンチ放送!![編集]

  1. 「ドパンチ」を「ドンパチ」と間違える事はあまり無かったか…?だとすると、2003年8月2日放送の『ダウンタウンのバラエティ50年史』で紹介する時は間違える事は無かったか?
  2. 三波伸介は笑点に限らず人気司会者となっていたかも。
  3. 当番に登場するモンチッチが話題になっていたかもしれない。

日曜日だョ!ドリフターズ!![編集]

  1. TBSで8時だョ!全員集合は再開しなかった。
  2. 史実の後番組のルパン三世などは別の時間での放送になっていた。
  3. 土曜8時戦争も勃発しなかった。
    • ひょうきん族などが生まれたかは微妙。
  4. 制作費が大幅に掛かるから結局1年ぐらいで放送が終わっていたかもしれない。
  5. 長く続いていた場合、日テレとしてはこの番組と巨人戦ナイター中継のどちらを優先させていただろう・・・?

ニッポン旅×旅ショー[編集]

  1. 裏番組の『とんねるずのみなさんのおかげでした』と同程度の人気番組となる。
  2. 後番組である『秘密のケンミンSHOW』でも関口宏が司会をしていた。
    • そもそも上記の番組が存在しなかった可能性もあった。

日本史サスペンス劇場[編集]

  1. 戦国時代から昭和時代だけではなく平成時代の事件も再現ドラマを実行していたかもしれない。
  2. 「笑ってコラえて!」は金8に移動していた?
  3. 子供に見せたい番組が一つ増えていた。
  4. ナイター中継が集中しない曜日に放送されていたらあり得た。

関連項目[編集]

もしあの番組が…
○○だったら NHK/日テレ系(あ・か/さ~わ)/テレ朝系/TBS系/テレ東系/フジ系/ドラマ/アニメ(あ・か/さ・た/な〜わ)/特撮/時代劇/放送枠
大コケしていたら 独立局・CS・海外・ラジオ・インターネット/NHK/日本テレビ系(あ・か行/さ・た行/な~わ行)/テレ朝系/TBS系/テレ東系/フジ系
大ヒットしていなかったら アニメ/特撮戦隊/ライダー/円谷/東映)/ドラマ(あ~こ/さ~そ/た~と/な~ほ/ま~わ/連続テレビ小説
今でも続いていたら NHK・独立局・CS・海外/日テレ系(あ~さた~わ)/テレ朝系/TBS系(あ・かさ~わ
テレ東系/フジ系(あ・かさ~なは~わ)/アニメ(あ~さ/た・な/は~わ
大ヒットしていたら NHK・テレ東系ほか/日テレ系(あ~こ/さ~の/は~わ)/テレ朝系(あ~こ/さ~の/は~わ
TBS系(あ~こ/さ~の/は~わ)/フジ系(あ~こ/さ~の/は~わ
アニメ/特撮東映戦隊ライダー円谷プロ)/ドラマ(あ~お/か~こ/さ~そ/た~の/は~ほ/ま~わ/連続テレビ小説
他局の制作だったら アニメ(あ~お/か~こ/さ~そ/た~の/は~ほ/ま~も/や~わ)/ドラマ(あ~さ/た~わ
別の時代に放送されていたら 日テレ系/テレ朝系/TBS系/フジ系/アニメ(あ~こ/さ~の/は~ほ/ま~わ
打ち切られていたら 日テレ系/TBS系/アニメ(あ~さ/た~わ)/特撮
終了したら 日テレ系/テレ朝系/TBS系/フジ系
その他 司会者降板がなかったら/もう少し長く放送されていたらアニメ)/放送中止・延期がなかったら/レギュラー化していたら



関連記事