もしあの番組が大ヒットしていたら/TBS系/さ~な行

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

もしあの番組が大ヒットしていたら > TBS系

※編集される方は「Chakuwiki:お願い/もしあの番組」をご覧ください。

さ行[編集]

サカスさん[編集]

  1. 赤坂サカスはもっと発展していた。
    • STUDIO SACASで生放送される番組はもっと出ていた。
      • 王様のブランチも移って公開生放送になったかもしれない。
  2. 田中裕二のソロ活動が倍増していた。
  3. 森三中の大島美幸、村上和子は妊活していないかもしれない。
  4. 泉ピン子は司会としても活動していた。
  5. サザエさんと正式にコラボしていた。
    • 逆に著作権問題に発展した可能性もある。
  6. 「スッピンファイヤー9」は活動を続けていた。
    • 島田紳助の「新選組リアン」のようにネプリーグ等他のネプチューン出演番組でプッシュされていた。
  7. 5時に夢中!は史実ほど出演者が豪華にならず地味な内容に劣化していた。
  8. 「イブニングワイド」「Nスタ」が誕生したか不透明。
    • 堀尾正明がTBSに出ることはなくレギュラー番組は日本テレビに偏っていた。

サタネプ☆ベストテン[編集]

  1. タイトルに「ベストテン」とあるのにも関わらずトップ3やトップ5とバラバラになることはなかった。
  2. 「ベストテンが復活した!」と散々ネタにされていた。
    • 「むしろ、本家ベストテンの方を復活してほしい」という意見も出ていた。
    • あのパタパタは液晶画面化されているが、パロディ企画でも液晶画面化されていたか?
  3. 炎の体育会TVは土8に移動していた。裏番組の「めちゃイケ」と「世界一受けたい授業」と「関ジャニの仕分け∞」にケンカを売る。
    • 視聴率次第で土8戦争の展開は変わっていたかもしれない。
  4. ベストテン企画も増えていた。

ザ・チーター[編集]

  1. TBSの水曜21時台が低迷することはなかった。
    • TBSの人気も下がらなかっただろう。
  2. フジテレビの水曜21時台が低迷していた。
    • 「ザ・ベストハウス123」「ホンマでっか!?TV」は大コケしていたかもしれない。
  3. 世界仰天ニュースが打ち切りか枠移動になっていた。
  4. 解答者同士が足を引っ張り合うというルールが日本ではなじまないと言われることはなかった。
  5. ロンドンブーツの人気が急上昇していた。
  6. ソードアート・オンラインの「ビーター」という言葉が史実より有名になってた。

サバイバー[編集]

  1. ネプリーグは史実通りゴールデンタイムに出展していたと思われる。但し2004年頃に昇格していたかもしれない。
    • アニメ枠は史実通り火7に30分として放送されていたかどうか?
  2. ミリオネアに続くヒットになったことから、以降も海外でヒットした番組の日本バージョンが放送されていた。
    • 「ウィーケストリンク☆一人勝ちの法則」が史実以上に大ヒットしていたかもしれない。その場合、ネプリーグは水7にゴールデンタイム出展していただろう。
  3. 「ぴったんこカン・カン」は土8辺りに放送されていたかもしれない。
  4. 結局『総力報道!THE NEWS』の放送により金8に枠移動へ…。視聴率はあまり変わらないか?
  5. 2002FIFAワールドカップの裏で視聴率1.8%を獲得する事は無かった。高くても6~8%ぐらいか原因か?
    • 当時の2002FIFAワールドカップの裏番組はほとんど一桁だったので。
  6. 参加資格は18歳から下げていただろうか。
  7. 生放送もある程度行われていただろう。2ndと4thでの最終投票の開票に行われていた。
  8. 「ごきげんよう!」が流行語になっていた…が、フジテレビで「ライオンのごきげんよう」があり何か文句があったかもしれない。
  9. 現在はTBSチャンネルで何度か再放送されているだろう。
  10. この番組はコント系番組で散々ネタとパロディ企画されていた。
  11. 深水元基(第4シリーズに出演していた俳優)はこの時点でブレイクしていた。
    • 石原行雄(第3シリーズに出演していたジャーナリスト)もこの時点で有名になっていた。

THEぶっちぎりTV[編集]

  1. 世界各国から集めたぶっちぎりの衝撃映像を紹介する番組なのでどっちみち「世界まる見え!テレビ特捜部」と「トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン」の2番煎じであることには変わりない。
  2. 番組終了したとしても特番として放送されていたはず…。募集があったので。
  3. TBS土曜の番組が隔週交代放送される事は無かったかも?

ザ・ミュージックアワー[編集]

  1. 確実に「とんねるずのみなさんのおかげでした」のネタコーナーになっていただろう。
  2. タイトルからするとスペシャルライブも行われていたかもしれない。「火曜曲!」も放送されなかった可能性も高い
    • トークバラエティ路線に回帰する事は無く、ライブ演出が積極的に行われていた。場合によってはコラボライブも。
  3. 生放送も史実に行われていたかもしれない。(史実では4回)

島田検定!! 国民的潜在能力テスト[編集]

  1. PQクイズブームが起きていた。
    • DSなどで似たようなクイズが発売されていた。
  2. オールスター感謝祭にPQクイズのコーナーができていた。
  3. 最低でも島田紳助が引退する2011年夏までは続いていた。
    • 2011年秋以降も「○○(司会者名)検定」に名前を変えて継続していたかもしれない。
    • オールスター感謝祭と同様で今田耕司に変わると思われる。現在は「今田検定!!」になっている。
  4. 2008年春~2010年秋までのTBS土曜夜8時のドラマ枠はなく、そのためROOKIESなどは別の時間に放送されていた。
    • 火曜8時辺りにドラマ枠が設置されていたかも。
  5. IQサプリは史実より早く終了していた。
    • 場合によっては島田検定の代わりに2006年春で打ち切り。
    • むしろ、『土曜と言えばクイズ番組』と言うことでどちらも大ヒットしていたでしょう。
  6. 裏番組だった『世界一受けたい授業』を放送打ち切りに追い込み、親が子どもに見せたい番組にも上位に輝いていた。
    • むしろ「めちゃイケ」を打ち切りに追い込んでいた。
    • いや、『世界一受けたい授業』も史実と同じくらい人気になっていたと思う。ただ、番組路線は変わっていたかもしれないが。
  7. 2008年ごろは羞恥心・Paboのメンバーがレギュラーになっていた。
  8. 「島田検定SUPER!!」への改名は恐らく無かった。その場合、現在フジテレビで放送されている『潜在能力テスト』は別の番組名になっていた。
    • 当初の番組名の通りに『出るの!?出ないの!?』の方式で放送されていた可能性がありそう。
  9. 2006年辺りにDSやPSPでゲーム化されていた。
  10. それでも時間枠移動でもしない限り、現在は土曜19時台番組(炎の体育会TV)と交互放送されていた可能性あり。
  11. 一度ぐらいは生放送SPとして放送されていた。
  12. TBS内では当番組のマスコットキャラ『ピテカンブラザーズ』に力を入れていた。それに関する商品も出ていた。

志村けんのゲーム王国 しむランド[編集]

  1. 水トクとして「世界衝撃映像100連発」、「世界がビビる夜」、「世界の怖い夜」などに引き続く不定期番組として放送していた。
    • TBSのゲームバラエティ番組としては「東京フレンドパークII」以来の大ヒット番組になっていた。
      • 何れ番組がレギュラー化していたかもしれない。
  2. デリシャカスにもこの番組で登場したアトラクションが出ていたかもしれない。

ジャパーン47ch[編集]

  1. 「ケンミンショー」と共に「2大都道府県番組」の1つになっていた。
    • しかし、「ケンミンショー」の二番煎じであることには変わりないが。
  2. リニューアルもなかった。

衝撃速報!アカルイ☆ミライ[編集]

  1. 毎日放送制作枠は火曜20時台に移行する事は無く、日曜20時台のままで「日曜ゴールデンで何やってんだテレビ」は放送されなかった。
    • 「クイズ☆タレント名鑑」の印象が薄くなっていた。
    • 「世界の日本人妻は見た!」は現在も特番放送のまま。「爆笑学園ナセバナ〜ル!」は深夜番組として放送していたかも。
      • 前者は当番組が人気継続が出来た場合。マンネリ化や視聴率低下した場合別の話に。そのため、「世界の日本人妻は見た!」は日8に放送されていた。
  2. 現在は芥川賞と直木賞の本を中心に紹介されていたかも。

紳助社長のプロデュース大作戦![編集]

  1. 紳助が2011年8月23日に芸能界を引退して新司会者が起用されていたはず。
    • その場合、タイトルも変更されていたか。
  2. 「DASH島」は二番煎じ扱いされていた。(当番組には宮古島活性化プロジェクトというコーナーがあるので。)
  3. お見合い大作戦も継続しているので「もてもてナインティナイン」は放送される事は無かった。
  4. 赤坂サカス48が企画通り作られたはず。

水曜ノンフィクション[編集]

  1. 水曜21時台がドラマ枠にならなかった。よって木21のまま。水トク!も水曜19時台放送開始のまま。
  2. 日本史サスペンス劇場とのダブルブッキングが史実以上に話題になっていた。
  3. 現在もゴールデンタイムとしてのドキュメンタリー番組が普及していた。
  4. 生放送という放送形態から緊急特別報道体制として放送し続けていた。

世紀のワイドショー!ザ・今夜はヒストリー[編集]

  1. 月曜19時台時代のまま放送されていただろう。炎の体育会TVは代わりに水8に放送されていた。
  2. TBS月7の前番組のファンは「ここまで視聴率回復したんなら『関口宏の東京フレンドパークII』をもう少し長く続けていたら良かったんじゃない?」と言われていた。
  3. ミニ番組『歴史天国!』は2016年現在終了している可能性がある。
  4. この時点で「ネプリーグ」と「お試しかっ!」は視聴率が低下し、後者は史実より早く番組が終わっていた。

世界お宝ハンティング 勝負は目利き[編集]

  1. 後番組だった「クイズ天下一品博物館」を製作する必要は無かったかもしれない。
  2. 海外ロケでの交渉時などで出演者の態度の悪さが当時新聞投書などで批判されていたため国際問題に発展していた。

関口宏の東京フレンドパーク[編集]

  • ここではムーブ時代の「関口宏の東京フレンドパーク」が「関口宏の東京フレンドパークII」のように大ヒットしていたらを想定しています。
  1. 少なくとも休園という表現は無かったかもしれない。但し、2011年春の打ち切りは史実通り休園と言う形になると思うが…。
  2. 追跡と今夜は好奇心!は1993年に番組が打ち切られていた。一方クレヨンしんちゃんと邦子と徹のあんたが主役は史実より早く枠移動に追い込んでいた。
  3. ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!で当番組をパロっていたかもしれない。
  4. 商品の自動車はダイハツのまま?
  5. 史実より早くゲーム化されていた。PSかPS2辺りで発売されていたかも。

全員正解あたりまえ!クイズ[編集]

  1. はねるのトびらはゴールデン進出から半年か1年ほどで打ち切りになっていた。
  2. 水曜日のクイズ番組の代表はヘキサゴンではなくこれになっていた。
  3. その後視聴率が低迷して打ち切りになっても特番として年に数回放送されていた。
    • 以前のようにアッコにおまかせ!の1コーナーになっていた可能性も。

総力報道!THE NEWS[編集]

  1. TBSの視聴率が今ほどガタ落ちしてはいなかった。
    • 「赤坂不動産」などと揶揄される事もなかった。
    • 現実ほどアニメ依存の体質にはなってなかった可能性もある。(それでもけいおん!などで美味しい思いしてた事には変わりないが)
  2. 打ち切られたり枠移動させられた番組の寿命はもう少し伸びていた。
    • しかしぴったんこカン・カンはあまり変わらず。
  3. 代わりに日テレ帯番組が叩かれてた。
    • 日テレも2010年4月改編で『news every.』(史実と同タイトル)を17:50-19:56で編成しだす。
      • 調子に乗ってフジも同期改編で『FNNスーパーニュース』を16:53-19:53で編成しだし、テレ朝は『ニュースシャトル』を復活させる。
        • 展開次第ではこうなる
        • ただし、テレビ局によってはナイター中継や自社製作番組などの影響で18:59で飛び降りする可能性もある。
        • が、各局19時台にニュース番組を編成したせいで共倒れしてしまう。その結果、このあたりが視聴率トップになってしまうかも。
          • 場合によってはNHKのニュース7が再び60分番組になり、クローズアップ現代は22時台に移動していた。
    • むしろ、史実で同日に終了した日テレの「NNN Newsリアルタイム」が叩かれていた。
  4. 小林麻耶がフリーになって鳴かず飛ばず、ということはなかった。
    • 少なくとも彼女への批判は小さくなっていただろう。ただしぶりっ子キャラを推すこともなくなっていた。
  5. 「Nスタニュースワイド・ニューズアイ」は存在していただろうが?
    • サカスさんの終了が現実通りなら、午後4時から午後6時の番組になっていた。
      • 午後4時台はCBC制作の『ゴゴスマ』になるかと。
  6. ただ、意外にもスポットニュース枠は「JNNニュース」名義に戻ってたかも。

「それってどんなヒト?」捜査バラエティGメン99[編集]

  1. 大ヒットを受け、さらにエスカレートして報道番組の特集でよく行われている「警察の密着」や「万引き」もここで放送されるようになっていただろう。
    • 当然モザイクが多用されていた。
  2. オールスター後夜祭でクイズのネタにされる事は無かった。
  3. それでも、「お見合い大作戦」は特別番組として分離されていた。
    • 代わりにこの番組で新たな企画が放送され、例え番組が終了したとしても特番として継続していた。
  4. 柳原可奈子は「ペケ×ポンプラス」、「人気者から学べ そこホメ!?」、「今夜はナゾトレ」に出演する事は出来なかった。(この番組に出演しているため。)

た行[編集]

ダウトをさがせ![編集]

  1. この番組の司会者の島田伸介の縁から繋がりか、オールスター感謝祭にも間違い探しコーナーが出来ていた?
  2. ダウトをさがせIIは放送されなかった。放送したとしてもリニューアルの形で放送していた。
  3. 間違い探し系が大ブームになっていた。他のクイズ番組にも間違い探し系が登場する。

ダウンタウン・セブン[編集]

  1. リニューアルは繰り返す事なく、トークバラエティー番組として成立されていた。(但し、途中視聴率低迷した場合別の話)
    • もしくはダウンタウンDXのようにリニューアルを繰り返し、ようやく大ヒットしたという展開もあり得たかもしれない。
  2. ダウンタウンDXと比較されていた。
  3. 総力報道!THE NEWSで番組が土日に枠移動されたかもしれない…。

タモリのグッジョブ!胸張ってこの仕事[編集]

  1. 「世界バリバリ★バリュー」は10時のプライムタイムではなく、ゴールデンタイムとして放送していた。
    • 遅くとも9時に放送していたかも。
  2. 少なくとも2000年後半まではゴールデンタイム(プライムタイム)でタモリが司会を勤める番組が増加していた。
  3. もしかするとこの番組を参考に海外でも同じような番組が放送されていた可能性があるかも。

チェック!ザ・No.1[編集]

  1. 「総力報道!THE NEWS」の放送で枠移動に追い込んでいただろう。「ぴったんこカンカン」みたいに大ヒットしていたか分からないが…。
  2. 番組のリニューアルで成功したと見なされていただろう。チェック!ザ・No.1はランキンの楽園のリニューアル的な位置付けとなるエンターテインメント番組のため。
  3. 「ぐるナイ」は視聴率が落ちても「サプライズ」が放送されるため枠移動や大ヒットは史実通りだろう。

地球!ジオグラTV[編集]

  1. 土8ドラマが編成される事は無くドラマ枠は木22のまま。
    • 少なくとも木曜22時の時間に「こちら葛飾区亀有公園前派出所」を放送するのは厳しいか…。
    • ザ・イロモネアとキズナ食堂も積極的に二時間スペシャルが放送されていた。
  2. キャプテン☆ドみのでTBSのイメージが悪くなったのがこの番組のお陰でイメージが良くなったかも…?

直撃!コロシアム!! ズバッと!TV[編集]

  1. TBS月曜20時台番組がフライングスタートが成功の一つとなっていた。
    • これを気にテレビ朝日やテレビ東京も月曜20時台番組フライングスタートを実行するかも。(前者は3時間スペシャルばかりやっているが)
  2. 「アイアンシェフ」や「快脳!マジかるハテナ」の二の舞になる事は無く「過去の人気番組のリメイクは大コケする」というジンクスは崩れていた。
    • 上岡龍太郎はこの番組に出演していただろうか…?
  3. 辛坊治郎は関東のテレビ局でも積極的に活動し、レギュラー司会をしていたかも。
  4. 『好きか嫌いか言う時間』のレギュラー化はやや遅れて2017年春辺りになっていた。
  5. 埼玉vs千葉の回ではchakuwikiやネット上でも盛り上がりを見せていた。
    • 「月曜から夜ふかし」と比較され、山梨vs静岡、群馬vs茨城vs栃木、島根vs鳥取なども放送されていた。
  6. リオオリンピックの特集も当番組もやっていたはず。(少なくとも7月下旬という中途半端な時期に終わってなければ…)

珍種目No.1は誰だ!? ピラミッド・ダービー[編集]

  1. それでも、交互2時間スペシャルの編成になる事が多かっただろう。
    • 『東大王』と合体コラボ放送していた。
  2. 『水曜日のダウンタウン』で行われた企画は一部ここで放送されていた可能性が高い。
  3. 2016年6月19日放送分の実際の収録と大きくかけ離れた放送内容は史実以上に問題になっていた。
    • 場合によっては「ほこ×たて」の二の舞になっていた可能性が大きい。
  4. 「ほこ×たて」みたいに大胆な事をやっていればこうなっていた可能性が高い。
    • ただ、似たような企画をやって「二番煎じだ」と言われるのは確実かもしれないが。
  5. 2020年東京オリンピックに向けてオリンピック企画も放送されていただろう。

10カラット[編集]

  1. オリエンタルラジオやハリセンボン以外の芸人もブレイクを果たしていた。
    • マチコや上木総合研究所、アームストロングの解散はなかった。
      • もちろん、安村昇剛がアームストロング解散後にとにかく明るい安村として活動することもない。
        • 上木総合研究所はブサイク芸人としての地位を確立していた。
  2. オリエンタルラジオやハリセンボンはこの番組の出身であることを全面的に出していた。
  3. はねるのトびらと比較されていた。
  4. 人気次第では、ゴールデン進出も有り得ていた。

Toki-Kin急行 好きだよ好きやねん[編集]

  1. ガチンコ!は存在しなかった。
  2. 当時のKinkiKids出演番組の乱発において『LOVE LOVEあいしてる』と並ぶ成功となっていた。
  3. Kinki Kidsのゴリ押し番組の1つに挙がることはなかった。

所さんのニッポンの出番![編集]

  1. 裏番組の「ペケ+ポン」は「行ってみたらホントはこんなトコだった!?」と同様、半年で番組が打ち切られていた。
  2. それでも、田口淳之介はKAT-TUNの脱退とジャニーズ事務所退所をしていると思う。
  3. 「この差って何ですか?」は枠移動ではなく打ち切りとなっていた?
  4. 「なんでもワールドランキングネプ&イモトの世界番付」はこの番組を意識しテコ入れしていたかもしれない。
  5. 世界各国から見た日本の文化を調査する番組が成立し、フジテレビでも似たような番組が制作されていた。

ドッカ~ン![編集]

参考:wikipedia:ja:ドッカ〜ン!

  1. オリエンタルラジオの評価は史実より上がっていた。
  2. 史実とは逆に、「天才!志村どうぶつ園」や「IQサプリ」などの裏番組を打ち切りないし枠移動に追いやっていた。
  3. 後枠の「キャプテン☆ドみの」の流れが良く、後枠も大ヒットしていたかも。

ドリフターズドン![編集]

  1. ザ・ドリフターズはこの時点で大ブレイクをしていた。そしてゴールデンに出展する時は「ドリフターズドン!」として放送していた。
  2. いかりや長介のケガは史実通りか?だとすると番組が打ち切られていた可能性あり。

な行[編集]

ナインティナインの超体感クイズ・CARS[編集]

  1. TBSはタツノコプロとのコラボに積極的になっていた。もちろんキミハ・ブレイク終了後も不定期として放送されていた。
  2. TBSとしてのナインティナインの冠番組は「もてもてナインティナイン」を待たずに何かしらレギュラー化していた。
  3. あまりも評判になっていたらオールスター感謝祭にも似たようなコーナーが出来ていたかもしれない。

2000万円落下クイズ!マネードロップ[編集]

  • 史実では視聴率は公表されませんでしたが。もし視聴率的に大ヒットしていたら?
  1. フジテレビだけではなく、TBSも海外でヒットした番組の日本版が制作していたかもしれない。
    • 一方フジテレビでは「クイズ$ミリオネア」の復活放送を史実以上に放送していた。
  2. 無事に2000万円獲得した芸能人が出ていた。
    • しかし、あまりも賞金が大きすぎて番組自体がギブを食らっていた可能性があった。

日曜ゴールデンで何やってんだテレビ[編集]

  1. とんねるずの人気が低下したと見なされる事は無かった。
  2. 「今のテレビに足りないものとは」と「文句なしに興味のあるものとは」がよく分かり他のテレビ局も参考していたかもしれない。
  3. 逆に大ヒットを受け調子乗り、不適切な番組構成で苦情が殺到しテレビ局側が謝罪する羽目になっていたかもしれない。
    • BPOから苦情来ていた。「水曜日のダウンタウン」と同じようなトラブル発生していたかも。
  4. 「日曜8時新番組会議」のような「新しいコーナーどうするか」という会議コーナーも放送されていた。
  5. ツイッター風味演出は流石に流行らなかったか。逆に「字幕よりしつこい」と苦情が来ていた可能性が高いので。
  6. オールスター感謝祭にはビートたけしだけではなく石橋貴明も出演していたかも。

人間!これでいいのだ[編集]

  1. 論文無断使用問題は史実以上に問題になっていた。史実では「この問題が直接の原因ではない」とされているが、この番組の大ヒットしている事から「発掘!あるある大事典II」よりも問題になり、無断使用の理由で打ち切られていたかもしれない。
    • 各ニュース番組では「発掘!あるある大事典II」の捏造問題よりも「人間!これでいいのだ」の論文無断使用問題の方が扱いが強かった。恐らく関東地方のみになりそうだが。
  2. 「ぴーかんバディ!」よりも教育色が強いので子供に見せたい番組に選ばれていただろう。もっとも世界一受けたい授業並みに見られていただろう。
  3. 当番組の進進行役「バカボンのパパ」が再ブレークしていたかもしれない。「これでいいのだ」が流行語になっていた可能性がある。
  4. 「世界一受けたい授業」はこの番組の参考に人間の心と体を科学の側面路線になっていたかもしれない。
  5. TBSは赤塚不二夫作品とのコラボに積極的になっていて「おそ松さん」も放送したかもしれない。
    • 映画「天才バカヴォン〜蘇るフランダースの犬〜」においてもTBSが関わっていたかもしれない。

ネプの超法則!![編集]

  1. 「炎の体育会TV2時間SP」で番組が潰れる事は無く堂々と1時間放送として放送されていた。
  2. 「ジョブチューン アノ職業のヒミツぶっちゃけます!」は未だに不定期放送として放送されている。
  3. 裏番組の「めちゃイケ」は2013年か2014年頃に視聴率一桁に落ち込んでいた。史実通り無理やり放送継続していたと思う。

関連項目[編集]

もしあの番組が…
○○だったら NHK/日テレ系(あ・か/さ~わ)/テレ朝系/TBS系/テレ東系/フジ系/ドラマ/アニメ(あ・か/さ・た/な〜わ)/特撮/時代劇/放送枠
大コケしていたら 独立局・CS・海外・ラジオ・インターネット/NHK/日本テレビ系(あ・か行/さ・た行/な~わ行)/テレ朝系/TBS系/テレ東系/フジ系
大ヒットしていなかったら アニメ/特撮戦隊/ライダー/円谷/東映)/ドラマ(あ~こ/さ~そ/た~と/な~ほ/ま~わ/連続テレビ小説
今でも続いていたら NHK・独立局・CS・海外/日テレ系(あ~さた~わ)/テレ朝系/TBS系(あ・かさ~わ
テレ東系/フジ系(あ・かさ~なは~わ)/アニメ(あ~さ/た・な/は~わ
大ヒットしていたら NHK・テレ東系ほか/日テレ系(あ~こ/さ~の/は~わ)/テレ朝系(あ~こ/さ~の/は~わ
TBS系(あ~こ/さ~の/は~わ)/フジ系(あ~こ/さ~の/は~わ
アニメ/特撮東映戦隊ライダー円谷プロ)/ドラマ(あ~お/か~こ/さ~そ/た~の/は~ほ/ま~わ/連続テレビ小説
他局の制作だったら アニメ(あ~お/か~こ/さ~そ/た~の/は~ほ/ま~も/や~わ)/ドラマ(あ~さ/た~わ
別の時代に放送されていたら 日テレ系/テレ朝系/TBS系/フジ系/アニメ(あ~こ/さ~の/は~ほ/ま~わ
打ち切られていたら 日テレ系/TBS系/アニメ(あ~さ/た~わ)/特撮
終了したら 日テレ系/テレ朝系/TBS系/フジ系
その他 司会者降板がなかったら/もう少し長く放送されていたらアニメ)/放送中止・延期がなかったら/レギュラー化していたら



関連記事