もしあの番組でこんな有り得ない展開があったら/テレビ朝日系

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

もしあの番組でこんな有り得ない展開があったら > テレビ朝日系

  • 追加は五十音順で。

独立済み[編集]

ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャー これができたら100万円!![編集]

耐久チャレンジシリーズ[編集]

制限時間終了時点で脱落者無し
  1. 当然「時間無制限のサドンデス突入となり、最後まで残った1人だけが100万円獲得」ということになるだろうが、流石にサドンデス突入から5〜9時間経っても十数時間たっても残りが1人になりそうもないような状況の場合、サドンデスに突入せずその場で競技終了となり、挑戦者のうち抽選で選ばれた1〜2人or数人だけが100万円獲得ということになるだろう。
    • 抽選が行われた場合、抽選漏れした人たちにも番組スポンサーから緊急提供してもらった製品が賞品なり景品として贈られると思われる。
      • スポンサーが自動車メーカーで、奮闘ぶりに感動したトップの鶴の一声で抽選漏れした人全員にスポンサー製の自動車が贈られた場合、「下克上」と視聴者から言われる。

100問シリーズ[編集]

挑戦者全員が…
  • 1問目で脱落
    • 「漢字読み書き100問 連続正解できたら100万円」の初回では100人で行わましたが、1問目で35人が脱落する波乱が起こりました。
  1. 間違いなくその回における100問シリーズでは「挑戦者全員が1問目で脱落という、日本人の100%近くの人がとんでもなくありえないだろうと思うくらい極めて最悪な結果となってしまった」みたいなことが放送直後に大々的に言われる。
  2. 場合によってはその回における100問シリーズの放送がお蔵入りになる可能性も。
    • というより尺のことなどを考慮するとお蔵入りの可能性がかなり高いのでは。
  3. 最悪の場合問題を考えたスタッフの首が飛びかねない。
  • 99問目まで正解も、100問目で脱落
  1. おそらくスタッフも複雑な心境。
  2. その回の100問目は史上最難関と語り継がれるかもしれない。

歌詞を見ないで完璧に歌えたら100万円[編集]

後継の「史上最強のメガヒット カラオケBEST100 完璧に歌って1000万円」の内容も含む。

こんな曲が出てきたら…
イントロなしの曲
  • もしオレンジレンジ「花」やKAT-TUN「Real Face」のようにイントロなしで始まる曲が出てきたら?
    • そういえば大塚愛「さくらんぼ」の場合、最初の歌詞部分は歌わなくてよかった(Aメロの「手帳開くと~」から歌ってた)ような。でもこれらと上記曲はおそらく扱いが違うと思うので…。
  1. それでもカラオケのように最初の1小節を流した後に歌うようになっていただろう。
    • そうでもなければ、「事前にこの曲を流します」と言われていなければ難しい。
30秒以内の曲
  • 「角川ザ・テレビジョンのロゴ」(歌詞が「ザ・テレビジョン」のみ)などのような短い曲が出てきたら?
  1. 歌えるか否か以前に「なぜこの曲がランクインした」と大騒ぎになりそうだ。
  2. 最近ならPPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)もあるが、それでも45秒はある。
深夜アニメの曲
  1. 2chの実況板(今ならTwitterなどでも)で大騒ぎになりそう。
    • それで有名人が間違えたら大ブーイングに。
  2. というか最近復活しない理由にこれ(+アイドルグループの曲が上位を独占しすぎて一般視聴者・芸能人が知らないことが多い)がありそう。

M-1グランプリ[編集]

達成されたなさそうであった記録

  • ファーストラウンドでの満点が700点以上だった第1~11・13回においてファーストラウンド500点台で最終決戦に進出(第2回の笑い飯)
  • ファーストラウンドで暫定ボックスに入れなかったコンビ無し(第4回、第12回)
  • 最終決戦進出と決勝最下位を両方経験(南海キャンディーズ(第4回で最終決戦進出、第5回で決勝最下位))
  • 吉本以外で決勝に進出したコンビ無し(第6回)
  • 第1回以外で最終決戦に進出した全組が決勝初出場組(第8回)
  • 最終決戦に進出した全組とも所属事務所が違った(第8回)
  • ファーストラウンドで1人の審査員から100点満点の得点を獲得(第9回の笑い飯)
  • 披露したネタがDVD版で全カットされる(第10回のカナリア、第12回の銀シャリ)
敗者復活組を除く決勝進出組が全組とも…

ここでは、敗者復活組がどうなったのことを含んだ記述もできる限りして下さい

  • 吉本興業以外
    • 史実において、吉本以外のコンビで決勝に進出したのが最も多かったのは第2回(2002年)で9組中5組が吉本以外のコンビです。
      • また、松竹芸能所属のますだおかだが優勝しました。
  1. 間違いなく、その回では決勝前に「今年のM-1は、ファイナリスト(決勝進出組)に吉本が1組もいないという、誰にとっても前代未聞でありえない回」ということが大々的に報じられる。
  2. 間違いなく、決勝前において多くの視聴者から5ちゃんねる(旧・2ちゃんねる)やブログやTwitterなどで「何でファイナリスト(決勝進出組)に吉本のコンビが1組も(全然)いないんだよ」みたいなことを大々的に言われる。
  3. 敗者復活戦の敗者復活組の発表において、敗者復活組に決まったのが吉本のコンビの場合、その瞬間に間違いなく会場・Twitter・実況・5ちゃんねる(旧:2ちゃんねる)などでの実況板ともに大盛り上がりとなり、その回(その年のM-1)における最高、M-1全体でも有数の名シーンになる。
    • 司会者・実況などからは「準決勝を勝ち上がっての決勝進出において、吉本で1組もいなかった決勝の舞台に、敗者復活から見事に吉本のコンビが奇跡的に最後の1つの席を勝ち取りました!」というように言われる。
  4. 逆に、敗者復活組も吉本以外であれば、この年は吉本興業は大苦戦になっていただろう。
    • 逆に翌年以降は積極的に吉本興業所属の芸人を、即席であっても出場させる方針になることに。
  5. 吉本興業の株価にも響きそう。
  • ラストイヤー
    • 史実において、ラストイヤーで決勝に進出したコンビが最も多かったのは第10回(2010年)の3組です。
  1. 間違いなく、その回では決勝前に「今年のM-1は、ファイナリスト(決勝進出組)の全組が優勝がラストチャンスという、超が付くほどの前代未聞でありえない回」ということがネット上だけでなくテレビのニュース番組などでも大々的に報じられる。
  2. 翌年以降の回も決勝に行けるコンビが1組もいないということになる。
  3. 敗者復活戦の敗者復活組の発表において、敗者復活組に決まったのがラストイヤーでないコンビの場合、その瞬間に間違いなく会場・Twitter・実況・5ちゃんねる(旧:2ちゃんねる)などでの実況板ともに大盛り上がりとなり、その回(その年のM-1)における最高、M-1全体でも有数の名シーンになる。
    • 司会者・実況などからは「準決勝を勝ち上がって決勝に進んだのが全組ともラストイヤーという中、今大会の敗者復活組である(コンビ名)が今大会唯一のラストイヤー以外での決勝進出となりました!」というように言われる。
    • むしろ該当のコンビだけ注目度が下がってしまう気がする。
決勝進出組が(敗者復活組も含んで)全組ともファーストラウンドで同点
  1. 決勝に進出した全組とも暫定ボックスの1位の席にいるということになり、モニター上のファーストラウンドでの順位も全組とも1位ということになる。
  2. 流石にその場合、最終決戦に進出する3組は(くじ引きなどによる)抽選で決まるだろう。
ファーストラウンドで1人の審査員から0点を獲得

史実において1人の審査員から得た得点の中で最も低かった得点は50点です。

  1. 間違いなく、そのコンビは「(1人以上の)審査員から0点という得点を獲得した、とんでもなくありえないような不名誉な結果を残してしまったコンビ」と言われる。
  2. もしそのコンビが最終決戦に進出し優勝を果たしたら大変なことになる。
    • 少なくとも0点を付けた審査員は二度と呼ばれなくなるだろう。最終決戦でその審査員以外が全員当該コンビに投票した場合ならなおさら。
  3. 当該コンビはその後の仕事でも0点をつけた審査員との関係についてのネタを振られまくる。
ファーストラウンドで審査員全員から100点満点の得点を獲得
  1. 1人の審査員あたりの得点だけじゃなく、審査員全員を合わせた得点においても満点ということになる。
    • 間違いなくそのコンビは「ファーストラウンドで審査員全員から100点満点を獲得し、審査員全員を合わせた得点においても満点となった、日本人の100%近くの人がとんでもなく凄まじくてありえないといっていいくらい極めて秀逸な快挙を達成したコンビ」と言われる。
  2. ファーストラウンドで審査員全員から100点満点の得点を獲得したコンビが「最終決戦で審査員全員からの票獲得」も達成した場合、そのコンビは「ファーストラウンドでの得点から最終決戦での得票まで、まさに何から何までパーフェクトを達成して優勝したコンビ」と言われ、第6回のチュートリアル(ファーストラウンドで審査員全員からの1位評価獲得と最終決戦で審査員全員からの票獲得の両方を達成して優勝)の100倍近くにも及ぶ凄さとなり、「『逆立ちだけでの世界一周』や『宝くじで2回連続で1等を当てたこと』など並みのとんでもなく凄まじい快挙」となる。
    • 優勝賞金は特別に1000万円じゃなく1~2億円となるかも。
    • そこまでの変更は間違いなく予算を超過するため不可能かと。
  3. 逆にこれで優勝を逃したらどうなることか…
    • 間違いなく2009年大会の笑い飯が引き合いに出される。
決勝戦が・・・
  • 天覧 (天皇皇后両陛下が会場でご覧になる)で開催される
  1. 出場者や観客の衣装は全員スーツなどの礼服。
  2. 開会前には全員が起立。
  3. 国旗が掲揚されている。
    • よって登場時は両陛下や国旗にも礼をする。
  4. 国歌斉唱もある。
    • ここで不起立問題が勃発か。
  5. 陛下からの御言葉もある。
  6. 司会者は審査員だけでなく両陛下にもコメントを振る。
  7. 順位が被ったら両陛下が選んだコンビが上位。
  8. 優勝トロフィーは賜杯、あるいは天皇杯。
    • これも天皇陛下本人から授与。
  9. 両陛下から、なんと賞金もある。
    • こちらは皇后さまから授与。
  10. 下ネタや政治風刺が売り物の芸人は決勝に残らないようにされる。
  11. 紅白やレコード大賞でさえも実現できていない事態のためABC(もしくはキー局のテレビ朝日)と宮内庁との関係を詮索する人が続出。
    • 週刊文春あたりにこの件に絡んだ何らかのスキャンダルをスクープされてもおかしくない。
  12. 天覧収録になることが発表されたとたん一部の保守派から反発の声が上がる。
    • 吉本興業やABCに右翼の街宣車が乗り込んで来る可能性あり。
こんな人が優勝したら
  • 障害のある人
    • 過去には 「R-1ぐらんぷり2018」 (フジテレビ系、フジテレビ・KTV製作) で、視覚障害のある濱田祐太郎が優勝したことがありますが…
  1. 審査員も講評の際に障害について言及していた。
  2. 賞金の使い道では自身の通う障害者施設などに寄付すると答えそう。
    • あまり重くない障碍の場合はごく普通の回答で一同肩透かしを食らう。
    • 発達障害とかなら(よほど重度でもない限り)そこまで盛り上がらないかもしれない。
  3. 視覚障害のある人だったら、確実に入退場時に誰かに支えられている。
    • おそらくその役割をするのは相方だと思う。
  4. 足に障害のある人だったら、どうやって入場口の階段を下りるのだろうか?
  5. 間違いなく「バリバラ」でこの人を招いたスペシャルが放送される。
  6. 珍しい障害の場合はその障碍への理解が進むきっかけになる。
  • アマチュア
    • 過去に変ホ長調が2006年のM-1ファイナリストとして進出したことがあります。
  1. こんな逸材が埋もれていたということで盛り上がっていた。
    • しかし他の芸人にとっては屈辱極まりない結果だった。本業の傍ら趣味で漫才をしている素人に負けたも同然であり・・・。
      • ショックで芸人を辞めていた人もいたかもしれない。
  2. そのコンビは芸能人として事務所に所属するのか、あくまで本業を優先していくのか選択を迫られることに。
    • もし優勝翌日に吉本と契約とかするようなことになったら「吉本に所属させるのはM-1前に決まっていて箔を出すためにアマチュアとしてM-1優勝させた出来レースでは?」と批判されていたかも。
優勝者のその後が…
  • 優勝後1年以内に不祥事を起こす
  1. 次回M-1決勝の時点で謹慎が解けていなければトロフィーの返還は相方のみが行うことに。
    • とりあえず「相方がすいません」と謝罪。
  2. 不祥事の程度によっては、最悪優勝がなかったことにされそう。
    • 時期によってはDVDの発売にも影響しそう。
  • 優勝後1年以内に(不祥事以外の理由で)解散
  1. 「いったい何故?」と騒がれるのは確実。
    • 「結成以来M-1を優勝することだけを目標に活動してきた為、優勝した以上その役目は終わった」という理由だったら「伝説の漫才コンビ」として語り継がれるようになるかも。
    • 一方でコンビ仲の悪化による解散だったらがっかりされる。
      • 「賞金の使い道をめぐって喧嘩勃発」なんてこともありうる。
    • どちらかが不幸にも亡くなられたことで解散した場合、残ったほうが相方の遺影と共に出演し、トロフィーを返還する。
  2. 翌年のトロフィー返還はどうなる?
    • どちらかが芸能活動を続けていればその人物が行う。二人とも引退していた場合でも一夜限りのテレビ復帰を果たすかもしれない。

金曜★ロンドンハーツ[編集]

格付けしあう女たち[編集]

  • 同男たち、芸人たち等も含みます。
自分をワースト1予想して全順位的中
  1. パーフェクト達成により100万円獲得となるが、本人にとっては非常に複雑な心境。
  2. 100万円の使い道を聞かれたら、「傷心旅行に行ってきます」とか言いそう。
予想順位と結果が全て真逆
  • すなわち、1位に予想した人が10位、2位に予想した人が9位…という具合です。
  1. まさかの逆パーフェクト達成となるが、どういう扱いになるだろうか…
    • ちなみに1位に予想した人が10位だった場合(逆も然り)は罰金が科せられる模様。
  2. これで自分をナンバー1予想していたらかなりのダメージを負うだろう。

ドすけべホイホイ[編集]

  • 「ホイホイガールを一度も見ずに終了」は実例有り。(安田大サーカスのHIROが達成)
ホイホイガールではない別の女性をチラ見
  • ホイホイガールは一度も見なかったものとして考えてください。
  1. 果たしてどのような扱いになるのか…チラ見が発覚した瞬間賞金没収とか?
  2. 別の場所を何度も見ていたので出演者が不審に思い、終了後にターゲットを問いただして発覚、という展開が考えられる。
  3. 仮に男性をチラ見していた場合は変な疑惑が浮上してしまう。
開始直後にターゲットがその場を立ち去る
  1. この場合は制限時間はストップされるのか?
    • もし制限時間がストップされず、そのまま時間内に戻ってこなかったら100万円獲得となるが、何か釈然としない。
ターゲットがホイホイガールをナンパ
  1. ナンパした時点で企画は中止され、直ちに出演者が現場に向かう。
    • 当然、賞金は無し。
  2. 一般人をターゲットにしていた頃のほうが起こる可能性が高かったかも。
    • この場合はターゲットの彼女、または妻が一緒に監視しているので、ターゲットはその後大目玉を食らうことに。

The Bl@ck Mail(マジックメール)[編集]

誰も引っかからない

ターゲットが誰も下心を見せず、お仕置き対象となる人がいなかったら。

  1. 当然ながら当該回はお蔵入り。
  2. 最悪、企画自体やらなくなる。
一般の人が引っかかる

一般の人にメールを誤送信してしまい、その人が引っかかってしまったら。

  1. お仕置きは執行されるのだろうか。
  2. 本人の許可を取った上で一応はオンエアーされる。

クイズプレゼンバラエティー Qさま![編集]

特に脚注がない限り現在の「学力王No.1決定戦シリーズ(個人戦)」を指すものとします。

1人で20問全てを解答
  1. この解答者は史上最強の解答者として知られる。
    • おそらく10番に座るのは確実だろう。
  2. これで次の予選で真っ先に落第したら最大にネタにされるだろう。
  3. 一部で八百長疑惑が噂される。
ジャンプアップ問題のみ全問正解で優勝
  1. 今一つしっくりこない優勝だと言われる。
  2. 挑戦的でありつつもことごとく最下位(ないし下位3名)に落ちるまで不正解が続く、ということから、極端に早押し過ぎたのかもしれない。
  3. 但し最後のみはジャンプアップでないことが多いので、最後のジャンプアップ問題からは1位を死守したということか。
プレッシャーSTUDYで…
  • 全ての問題で1番目から逆から当てて全勝
  • 1番目の人が10番を答え、2番目の人が9番を答え…と進み、10番目の人が1番を答える。
  1. このチームは最も序盤が強いとことで有名になる。
    • これを○×の上級問題でもやった場合は「よほど強運なチーム」か、「よほどチャレンジャーなチーム」と称される。
ペナントレースで…
  • 一度も優勝なしでペナント制覇
  1. この年は特別ゲストや出演回数が少ない人が優勝することが多くなっていた。
  2. 達成者がロザン宇治原ならさまぁ~ずの2人に「今度から方式変えようかな?」などとさんざんいじられていた。
  3. 「ぶっちぎりで勝っていた人が諸般の事情によりいなかったことにされた」ということが原因で起きる恐れもある。
最終問題のみ正解で優勝
  • 最終問題では誰かが正解しない限り新しい問題が出題され続ける為、「一問も正解せずに優勝」は不可能。
  1. 上記「ジャンプアップ問題のみ正解」以上に腑に落ちない優勝と言われる。
  2. 当該回では上位陣(特に常連組)の不正解が非常に多かったと思われる。
  3. これで最下位からのスタートだった場合は「番組史上最も幸運な解答者」と言われる。
    • ただ、確実にやらせが疑われそう。

くりぃむクイズ ミラクル9[編集]

1チームが全てのビンゴ問題を6人正解(6つ当てる)→ノービンゴ
  • 解答した人(モノ)の位置がカギカッコ状(斜め一列のみ答えられず)になることで、最大6人ノービンゴになることがあります。
  1. 「このチームは真ん中に弱い」と言われる。
  2. 特に早押し問題ではキャプテンが肝心なところで答えられないということで、なんか言われそう。
言葉穴埋めクイズの上級問題をパーフェクト
  1. そのまま2題目に突入するだろう。
タイムスリップ問題で8人脱落→1人で30問(ボーナス問題含め)正解
  1. 「(チーム名)の奇跡」と称されていた。
最終問題前までパーフェクト→自分イケますけど!で大逆転負け
  • 理論上、一問で最大180ポイント差を逆転することが可能です。
  1. もしリードしていたチームが全員答えて全員不正解、とかになってしまったら(なぜ答えたのか)と言われてしまうだろう。
    • これが「そのチームに関連する問題」とかだったらリードしていても答えざるを得ないだろう。
      • もっともそんな問題で間違えてしまったらもう目も当てられないが…。
チャレンジステージで…
8人正解で残り30秒→失敗
  1. これが最後の解答者が具志堅とか大家なら「仕方ないか」と思われそう。
    • 具志堅や大家が得意問題を外したら「なんでだよ!」と言われそう。
    • これで残ったのがキャプテンとかなら確実になんか言われそう。
誰も答えられず失敗
  1. 「なぜこうなったんだ」と言われそう。
  2. 下段の「PASSせず30秒経過」もあったかもしれない。
誰も答えられず30秒経過→成功
  1. 「なぜ最初から本気を出さなかった」と言われる。
  2. 最初の解答者が具志堅か大家だったら完璧。
PASSせず30秒経過
  1. 「わかりそうでわからない問題」とかならあり得るか?
  2. これだとキャプテンが飛び込んで失敗もありそう。
  3. これで誰か答えられればいいが、PASSなら確実に問題視されるだろう。
最初の問題から5回連続でPASS
  1. 「なぜそんなにPASSするのか」と言われる。
  2. これで解答者がわかっていたら辛いだろう。特にその解答者が最後まで残っちゃった場合。
  3. 見切りが早い場合は「少し考えればわかったのに」とも「見切りが早いのでまだ時間はある」ともなる。

芸能人格付けチェック[編集]

  • 人気者でいこう!時代や派生版も含めます。
全チーム一流芸能人
  • 過去最多は2019年版の4組(ただしGACKT&YOSHIKI以外の3組は最終問題で正解して一流に復帰)
  1. MC(特に浜田)にとってはいじりにくくなってつまらなくなりそう。
  2. これでMCのミニ格付けで三流とかそっくりさんになれば大恥もいいところである。
  3. 下記同様、あまりにも出来過ぎた展開のためやらせが疑われる。
  4. 次回から大幅なルール変更が行われる(例えば1チーム団体戦化、逆に完全個人戦化、問題の種類の変更など)。
    • 特に最終問題正解でのランクアップは廃止されるだろう。
全チーム同ランク(普通芸能人~そっくりさんのいずれか)
  1. 答えも全チーム全チェック全く一緒だったら談合が疑われる。
  2. ↑や↓以上に盛り上がりに欠ける展開になる。
  3. なお、レギュラー時代の個人戦で全員が二流芸能人で終わった回があります。
全チーム映す価値なし
  • 常識チェックでは1チーム団体戦のため、全員映す価値なしになることがありますが、通常の格付けチェックで起こったら。
  1. 流石にやらせが疑われる。
    • ただしMC全員が同じようなことになった場合は、問題があまりにも難しすぎて誰もわからなかったという可能性もある。
      • その場合は後日難易度を下げて撮り直しということも。
全チーム最後のチェックより前までに映す価値なし
  1. 余る放送時間は予選会を本放送に食い込ませることで稼ぐか?
GACKTが誤答
  • 2019年時点で常識チェックも含めて58連勝中。
  • なお、「GACKTが映す価値なし」は常識チェックで達成済み。
  1. ランクが下がったら浜田大喜び。
    • ここぞとばかりにいじりまくる。
  2. 翌年から呼ばれなくなるかもしれない。
  3. その問題で正解した芸能人は「格付けチェックでGACKTが間違えた問題でも正解できた」とネタにする。

志村&鶴瓶のあぶない交遊録[編集]

英語禁止ボウリング[編集]

誰も英語を喋らずに終了
  1. 勝利チームへの合コン資金はどうなる?
    • スタッフがいくらか出すか、勝利チームのポケットマネーが使われそう。
  2. 終盤はスタッフがどうにかして英語を言わせようとする。
ストライク・スペア無し、かつ誰もピンクピンを倒さず終了
  1. コスプレ美女が一切出ないことになるので、非常につまらなくなる。
    • 当然、モリ夫も登場せず。(でも結果発表のときにちゃっかり登場しそう。)
  2. 仕方ないので、勝利チームにだけコスプレ美女のキスのご褒美がもらえることになりそう。
  3. 全ピンがピンクピンという大チャンスが与えられるが、ガターに終わり意気消沈、という場面が何度かありそう。
  4. 終盤はスタッフも祈ってそうだ。
    • ただこのような結果に終わってしまってはスタッフの首も飛びかねない。
パーフェクト達成
  1. 通常のご褒美とは別に豪華プレゼントが送られる。
    • 過激なコスプレが多かった頃に達成されていたら、とてもテレビでは映せないことが行われていただろう。
  2. 収録が行われたボウリング場に記念写真が飾られる。それも4人のサイン付きで。
英語、漢語以外の外来語を使う
  1. うまくそれっぽく使って誤魔化せば大丈夫ってことになりそう。
  2. フランス語やドイツ語なら英語と間違われて罰金を徴収される恐れもある。
  3. 「タバコ」(ポルトガル語)と言って徴収されたケースがある。

新婚さんいらっしゃい![編集]

暴力団関係者の出演が発覚
  1. 予想される展開は「放送を見ていた警察関係者が気付いて発覚」と思われる。
  2. もちろん遅れネット局では放送中止に。
    • もう1組がそのご当地の人の場合は悲劇でしかない。
  3. ABCのかなりのお偉いさんが会見で頭を下げる羽目に。
    • 番組打ち切りの噂も飛ぶ。
      • 打ち切りが回避できたとしても予選の厳格化を迫られるのは間違いない。
指名手配犯の出演が判明
  1. 収録直後に、その犯人の実態を知っている人がこっそり警察に通報しそう。
  2. この回、とくに問題のカップルが出演しているシーンはお蔵入り間違いなし。
  3. こちらも判明直後にABCのお偉いさんが会見で頭を下げる羽目に。
  4. せっかく収録した後でもったいないから、急いでもう1組追加で収録しそう。
  5. ちなみに過去にABC制作「夫婦でドンピシャ!」で殺人犯(死刑執行)が出演していたことがあったとか。

水曜どうでしょう[編集]

北海道ローカルですが放送局の系列上便宜上含みます。また、当初の目的を達成できなかった企画は数知れずです。

サイコロの旅[編集]

1回目で北海道行きを引き当てる
  1. 「え、もう終わっちゃうんですか?」と言うのは確実。
    • その後大泉がいきなり北海道に帰れるのかと安心したと思ったら、そのまま次の企画へ…。
      • このままサイコロの旅の北海道編に突入!?
        • 北海道を一周し、北海道テレビ本社のある札幌市豊平区をゴールにしたサイコロの旅が始まるかもしれない。
    • これで飛行機とかならともかく、フェリーで何時間とかなら大泉も嫌がるかもしれない。
    • あり得ないと思うが深夜(夜行)バスだったら…。
  2. これが新千歳or札幌以外に降り立つ→次の目で本州行きになったら変わらないかもしれない。
海外行きを当てる
  • 過去にサイコロ4で韓国行き(広島→ソウル)の目がありましたが、行くことはありませんでした。
  1. ありえるとしたら福岡→韓国か、沖縄→台湾くらいだろう。
    • さすがに縁もゆかりもないところから遠くなんてことはないだろう。
    • 福岡→中国や北海道→ロシア極東もあるかもしれない。
  2. さすがに5/6の確率で日本(もしかしたら1つは新千歳直行?)に行けるようにはするはず。
    • でもここで海外行きを当てるのが水どうクオリティ。
    • 日本に戻った次のサイコロでも「もう一度戻りたい 韓国(ソウル)」とかいう出目がありそう。

北海道212市町村カントリーサインの旅[編集]

離島を当てる
  • ちなみに、礼文町および奥尻町にもカントリーサインはあるとのこと。礼文奥尻
  1. 「離島なのにどこにあるんですか!」と大泉は言うだろう。
  2. さすがに北方領土はない。

タモリ倶楽部[編集]

空耳アワー[編集]

特定の回の空耳作品が全てジャンパー評価
  1. ファンの間で伝説の回として語り継がれるようになる。
  2. タモさん自身に何かいいことがあったのかもしれない。(実際、2週連続でジャンパー作品が出た時も、その週のタモリ倶楽部がタモさんの好きな鉄道特集の回だった。)
空耳アワードノミネート作品が全て手ぬぐい評価
  1. 空耳不作年と言われる。それ以前に空耳アワードの放送が先延ばしされる可能性が高い。
  2. 空耳ネタが尽きてきたとして、空耳アワーが終わってしまう可能性もある。
ジャンパー作品が空耳アワードにノミネートされず
  1. 収録直前にその空耳作品に関する事件や事故が起こった可能性が高い。(飛行機に関する空耳だったら直前に墜落事故が起こったとか。)
  2. その作品のVTRに出演していた俳優が不祥事を起こした可能性もある。
  3. ジャンパーが極端に多かった可能性も考えられる。

徹子の部屋[編集]

  • 架空のキャラクターではドラえもんが出演歴あり。
人間以外の動物が出演
  1. トークを成り立たせなければならないので必然的に人間と共に出ることになる。
  2. 「たま駅長が存命中に和歌山電鐵の社長とともに出演」というのが一番可能性があったと思われる。
    • 他には猿回しの村崎太郎と一緒に次郎も出るというのもありそう。
    • ゆりありくの可能性も大いにアリ。
ゆるキャラが出演
  1. ふなっしーやねば~る君のような話すことができるキャラクターならいつ実現しても不思議ではないと思う。
  2. 言葉を話さないキャラクターの場合は通訳として関係者が付き添う。
    • 場合によってはその関係者が知事や市長ということも考えられる。
  3. キャラの本拠地の観光キャンペーンや復興支援の呼びかけに絡んだ出演になる。
現職の国家元首が出演
  1. 誰が来るにしろ収録日のテレビ朝日及び六本木は厳戒態勢に。
  2. かなり親日家のイメージが強い人物が出るのが自然か。
  3. 日本でそこまでなじみがない国の元首の場合はトーク時間の多くがその国の紹介に費やされる。
  4. やはりユニセフ関連の話になるのだろうか。
天皇陛下が出演

皇族が出演した例はあり。(1977年4月1日放送に寬仁親王が出演)

  1. 六本木周辺が厳戒態勢になる。
  2. ネットからこんなテレビ局に出るなと言いがかりをつけられる。
  3. 皇后も一緒に来られる。

パネルクイズ アタック25[編集]

1人で26問(アタックチャンス含む)正解
  1. ファンから「番組史上最強の解答者」と呼ばれる。
  2. アタックチャンスがほとんど意味をなさなくなる。
  3. もし海外旅行クイズで不正解だったら一瞬でお通夜状態に。
  4. 1問も答えられなかった他の解答者の落胆も大きい。
    • アタックチャンスの狙い目が埋まってから諦めて投げ出しそう…。
4人全員で同点決勝
  • 時間制限により、すべてのパネルが埋まる前に終了することがあります。
  1. 4人が枚数で並んだままウェストミンスターの鐘が鳴ることになる?
    • 過去に2011年5月8日(第1799回)放送で、全員が6枚ずつで最終問題に入ったことがあった。
  2. 「番組史上最高の激戦」と呼ばれる。
「お立ち」「スルー」いずれもなし
  1. 26問で決着ということになる。
  2. 放送時間が余りそう…。
埋まったパネル1枚のみで時間切れ
  1. オープニングクイズで13番を埋めてから誰も全く答えられないということになる。
  2. 「番組史上最悪の展開」と非難される。
    • そもそもお蔵入りまたは撮り直しの可能性もあると思う。
  3. 海外旅行クイズは13だけ開いた状態なら答えるのが難しそう。
    • 「ある人物」という問題で、13の位置に丁度顔が映ったことがある。もしそこしか開かなかったら、みんなどっと笑うかも知れない
  4. アタックチャンスはなし。
2問目以降必ず誰か1人「お立ち」
  • 「お立ち」の解答者が「お戻り」になる前に別の解答者が「お立ち」になってしまう場面が終了まで繰り返される。
  1. 司会者が「なかなか4人揃いませんね」と苛立ちを隠せなくなる。
  2. 不正解がいつもより多いためウェストミンスターの鐘が鳴るのは必至。
パネルが1枚も埋まらずに時間切れ
  1. 同点決勝をやっても海外旅行クイズは答えようがない。
    • 流石に参加賞の優劣をつける為だけに同点決勝をするわけにはいかないから、勝ち抜けた人が13番のパネルを埋める形にするのでは。
    • このときばかりは、海外旅行は視聴者プレゼント(1組)に。
パネル獲得枚数10枚未満で優勝→年間チャンピオン大会進出
  • ウェストミンスターの鐘が鳴らない場合、優勝に必要なパネルの枚数は最低でも7枚とされています。
  • また、年間チャンピオン大会の出場条件は年次により異なりますが、基本的にパネルの獲得枚数が多い人が出場対象になります(現在のルールは「年間のパネル獲得枚数上位4人」)。
  1. 毎週壮絶なパネルの奪い合いや連続誤答が起こっていない限り厳しい。
    • 同じ枚数での優勝が相次ぐだろうから、チャンピオン大会の出場者を選ぶのにも苦労しそう。
      • アタック25の戦略性を考えると、少なくとも単純に正解数で出場者を選ぶのは無理。
  2. 一時期行われていたチャンピオン大会出場へのノルマ枚数が再び課せられる可能性大。
最後の3問正解で優勝
  • 理論上、角以外が埋まった状態で角を3つ取れば12枚取ることができます。
  1. この場合むしろ「なぜ角が残った」といわれる。
  2. 「奇跡的な勝利」と言われるだろう。
    • むしろやらせを疑われそう。

フリースタイルダンジョン[編集]

1st STAGEでモンスターにクリティカル負けするチャレンジャーが続出
  1. それでも、モンスターは手加減することは無いと思う。

もしものシミュレーションバラエティー お試しかっ![編集]

後継番組の「帰れまサンデー」「帰れマンデー」も含む。

帰れま10[編集]

全商品を完食
  1. おそらく商品数が20以下とかなら普通にありえそう。
  2. 商品数が多い店舗なら1日くらいかかるかもしれない。
  3. 予想だにしていない商品が10位だったということだろう。
一人がトップ10全てを的中
  1. 商品数が100くらいで、80商品くらい食べないときついだろう。
  2. 他の出演者の面目丸つぶれ。
    • 最後のほうは他の出演者もその当てた人に商品を選ばせようとするが、その時は外れる。
一人一品ずつ的中
  1. 初期のメンバーは大体7~8人くらいなので、その後の助っ人が的中させることになる。
  2. 最初のみ連続で的中させたが、その後は地獄の不正解ラッシュ…
    • 逆に、最後の一人が初期メンバーということもありえる。

飲食店を見つけるまで帰れない旅シリーズ[編集]

始発から飲食店に一軒も寄れず(食事できず)終点
  1. まあこんなのはロケにならないと思うが……よっぽど市街地・幹線道路から路線が外れているとかでもないと。
    • 多くの視聴者が出演者の体力だけでなく沿線地域の過疎化を心配する。
  2. 仮にあったとしてもことごとく撮影NGだったりするのもあり得る。
    • その場合、列車の本数などによってはこれほどでないにしても1日どこも寄れないなんてことはそれなりにあり得るはず。
  3. それこそ某テレ東の旅?番組を彷彿とさせる「歩きの旅」になっていたかも。
営業最終日の店に立ち寄る
  1. ネットニュースなどで大きな話題になる。
  2. 全体的に感動を誘発するような演出がされる。
    • 店主の思い出話は出てくるはず。
    • 店を離れるところで「○○さん 長い間お疲れさまでした」といったような字幕が出る。
  3. 一応店の紹介もされるが「現在は閉店しています」との但し書き付き。

夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ![編集]

リアル野球BAN[編集]

0-0のまま9回まで終了
  • 2017年現在、10回以降にもつれ込んだケースはありません。
  1. 急遽タイブレーク(10回以降両チーム無死一二塁から攻撃開始)が導入されるかも。
  2. 番組としてはかなりつまらない展開になる…と思いきや両チームの煽り合いが過熱するのでそれはそれで面白くなりそうww
  3. 流石に土下座はやらないか。
ノーヒットノーラン達成
  1. 負けたチームは屈辱この上ない。
    • もしプロチームが負けたら石橋にこれでもかというほど煽られる。
    • 延長を要求するにも、土下座だけでは済まなさそう。
  2. このゲームの性質上、完全試合となっている可能性が極めて高い。(エラーは無いし、四死球も敬遠以外まず起こらないので)
  3. ピッチングマシーンの映像が球種に係らず一緒でプロでも打ちづらく感じる選手は少なからずいるので、プロチームでも全員がそういう選手だったら有り得るかも。

西村京太郎トラベルミステリー[編集]

直近の「十津川警部シリーズ」と原作が被る
  1. さすがに同じ列車を舞台にすると鉄道会社側でバレそうだし、あり得るとすれば原作の題材を大きく変更している場合だろうか。
    • 舞台は全く別々の場所なのに、どこか先日見たような展開が広げられて視聴者が困惑する。
    • 放送日が近接(特に日月で連続放送する場合)している場合、トリックがすべて筒抜けとなってしまっていることも問題になりそう。
  2. 両者に共通出演者がいれば間違いなく本人が話のネタにする。
もしこんな有り得ない展開・記録があったら
スポーツ 高校野球 (試合展開 | 出場校 | 優勝校 | 不祥事) | 大相撲
試合展開 (サッカー | サッカーW杯) | 個人記録 | 契約更改・年俸査定
シーズン展開 (プロ野球 | Jリーグ) | 箱根駅伝 | プロ野球ドラフト会議
テレビ番組 NHK | 日本テレビ系 | テレビ朝日系 | TBS系 | フジテレビ系
アニメ | 視聴率調査
政治 日本の国政選挙 | 米大統領選挙
その他 交通機関 | 人気投票 | 日本の気象 | アニメ記録 | ゲーム記録



関連記事