もしあの芸能人が引退していなかったら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
保護解除
このページは、「度重なる荒らし」のため保護されていましたが、現在は解除されています。詳しい経緯はトークページをご覧下さい。
経過次第では再び保護される事もございますので、趣旨に合った投稿をお願い致します。
Ambox warning yellow.png 速報的な投稿はおやめ下さい。
  • 新規追加は50音順にお願いします。
  • 女性芸能人については結婚と同時に引退したケースは除きます(「もしあの女性芸能人が結婚と同時に引退・活動縮小していなかったら」へ)。但し微妙なものについてはこちらで扱います。
  • 引退後最低3ヶ月間は投稿禁止です。
  • 「あの事件/アクシデントさえなければ引退することはなかった」のみの投稿など、安易すぎる内容の投稿は禁止です。

独立項目[編集]

歌手・ミュージシャン[編集]

安室奈美恵[編集]

  1. 引退特需は起きなかった。
    • 社会現象になることもなかった。
    • 2017年の紅白歌合戦に特別歌手枠としての出演することもなかった。
  2. かつての恩師だった小室哲哉引退の扱いが史実より大きかった。
  3. 2017年以降のCD売り上げは現役時代と変わっていなかった。
  4. ギャル系の退潮に拍車をかけることが心配されることもなかった。
  5. 浜崎あゆみ、松浦亜弥、宇多田ヒカルなどと同様にものまねされやすい芸能人になっていた。
  6. 安室ロスは起きなかった。

子門真人[編集]

  1. 人間嫌いになっていなければ十分あり得た。
    • 「およげ!たいやきくん」が印税契約だったら少しばかり可能性はあった…のかなぁ。
      • 実際には本人はあまり気にしていなかったという話もあるが。
  2. 星獣戦隊ギンガマンのOP・EDは彼が歌っていた。
  3. 子供向けアニメ・特撮番組の減少の影響で、新曲を出すペースは減っていたと思う。
    • 歌い方が独特なので、深夜アニメに彼の曲が出る事はあまりないような気がする。
      • 「健全ロボ ダイミダラー」の主題歌を彼が歌っていたかも。
        • となると「神魂合体ゴーダンナー」のOPも彼が担当していた可能性がある。
  4. 仮面ライダー40周年の時には「レッツゴー!!ライダーキック」の新録を行っていた。
  5. 最低1回は紅白歌合戦に出場していた。

段田男[編集]

  1. 2007年現在もコロムビアミュージックエンタテインメントに所属。
    • 1年おきにシングル、アルバムを発表し続けている。
    • 北島三郎御大にも負けないほど、「男」を前面に押し出した楽曲が多くなっている。
  2. NHK歌謡コンサート、NHKのど自慢の常連となっている。
    • 紅白歌合戦にも何度か出場。
  3. またその芸名のインパクトが幸いし、バラエティ番組からも頻繁に出演依頼がくる。
    • 「懐かしのアニメ番組」などの企画がある場合は、しょっちゅう『侍ジャイアンツ』の「番場蛮」と比較されてしまう。
    • 香田晋の(バラエティ番組での)仕事も、いくつか奪っている。
      • 鳥羽一郎、山川豊、小金沢昇司も。
    • 逆にキャリア半ばで改名していた可能性も。
    • 「陣時仁」「電出伝」「鈍度呑」などという芸名の物真似芸人が活動している。
      • さすがに「づん」または「ずん」の漢字表記は厳しいか…。姓の2つ目の漢字は「津(づ)」「図、頭(ず)」とかで対応できそうだけど。
      • 松浦亜弥程度の人気が出ない限り、これらものまね芸人が世に出たかは微妙。
        • 仮にブレイクを果たしていたらものまねされやすい芸能人の1人として挙がっており、世に出たかもしれない。
    • 覚えやすい名前で、子供たちにも親しまれている。
      • 北島御大のように、NHKのアニメの主題歌や「みんなのうた」などで子供向けの演歌調の歌を歌った。
    • 名前の縁で語彙が似ている最上もがと何らかの形でコラボしていた。
    • Melodie MCの「Dum Da Dum」(邦題:イクなら一気にダン・ダ・ダン)をカバーしていたかもしれない。
  4. 段田安則が何かと迷惑を被る。
    • Why?
  5. 『あの人は今』で、自分が誰かを探しに行く立場になっている。
  6. 師匠の市川昭介氏没後は、上に関連して北島ファミリーに移籍している可能性も。
    • 結果、日本コロムビアからクラウンレコードに移籍。
  7. ドラマ「電車男」にゲスト出演
  8. 名古屋(史実で現在在住。ちなみにご本人は愛知県出身)に活動の拠点を移している場合、地元の放送局のローカル番組でレギュラーを持っている。
    • 宮地佑紀生、上田定行、ジェイムス・ヘイブンス、ジョン・ギャスライト、矢野きよ実(いずれも名古屋のローカルタレント)らの仕事をいくつか奪っている。
    • 「ぴーかんテレビ」か「どですか」のレギュラーは確実だったろう。
    • 引退如何にかかわらず、名古屋の「フカヤ歌謡教室」は史実通り開校している。
      • 引退がなかった場合はかつての所属事務所から芸名再使用の許可を得る必要もないので、最初から「段田男歌謡教室」だった。
  9. 母校の東郷高校の校則の凄まじさが史実以上に有名になっていたかもしれない。
  10. 体調不良に罹らなかったらこうなっていた可能性があった。

ちあきなおみ[編集]

  • 実質引退状態であるためここに記載。
  1. ≒夫の郷鍈治が死亡しなかったらである。
    • 「喝采」の歌詞の通りになったと言われずに済んだかも。
  2. もっと前にゴールデンベストを出していた。
  3. 不動産のオーナーになることはなかった。

瞳みのる[編集]

  • ザ・タイガース解散後に教師に転向することなく、ミュージシャンとして活動し続けていたら?
  1. 中国語のテキストを出すことはなかった。
  2. 1981年のザ・タイガースの再結成時にも参加。
    • もちろん、取材拒否することなく、素直に受け入れていた。
    • ザ・タイガースのメンバー達と絶縁することもなかっただろう。

俳優・子役[編集]

女優[編集]

一木有海[編集]

  1. 事務所の先輩である新垣結衣の仕事を奪っていた。
    • 新垣結衣に対する仕事の負担が減っていた。
  2. 映画版『海猿』にも出演していた。
  3. 2010年代から若者向け映画に精力的に出演していた。

いとうあいこ[編集]

結婚発表から引退発表まで9ヶ月のタイムラグがあるため、単純な結婚引退とは考えにくいのでこちらに。

  1. 昼ドラの衰退がなければ仕事を続けていたはず。
    • 上手くいけば高梨臨ぐらいの存在になっていた。
  2. アバレンジャー10 years afterの製作ができたかもしれない。
    • 『獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ 恐竜大決戦! さらば永遠の友よ』に顔出しで出演していた。
  3. いとうあさこ、いとうまい子の両名にとっては「似たような名前の芸能人がいて紛らわしい」状況が続いていた。

江角マキコ[編集]

  1. =長嶋一茂宅への落書きがなかったら、である。
    • そもそも「ぐるナイ」のゴチになりますをクビになっていなかったら史実通りに事件を起こしても辛うじて活動をし続けることができていた。
      • 「ぐるナイ」のゴチになりますのクビは計画的なものとみなされることはなかった。
    • あと不倫疑惑もなければ追い詰められて引退に追い込まれることもなかった。
  2. 女優を本業しつつも活躍の場はバラエティ中心となっていた。
    • いくつかのバラエティ番組でMCを務めている。
    • その分、女優としての活動は脇役クラスに陥落していた。
  3. 天海祐希をライバル視していた。
    • 山口智子も。
  4. 花王のCMを降板することはなかった。
  5. 吉田羊、木村佳乃、米倉涼子の影が薄くなっていた。
    • 木村佳乃は江角マキコの仕事を奪う存在にはなっていなかった。
  6. 間違いなく島根県を代表する芸能人となっていた。
    • 観光大使を努めていたかも。
    • 「秘密のケンミンSHOW」に島根県代表として出演していた可能性もある。

岡本綾[編集]

無期限休業ですが、事実上の引退なので便宜上ここに記載。

  1. 深田恭子や吹石一恵と並び称される存在になっていた。

川越美和[編集]

  1. 保証人の判を押さなければこうなっていた可能性が高い。
    • 荒んだ生活の末に孤独死してしまうこともなかった。
  2. 以降もドラマや映画、舞台で幅広く演じていた。

桜井幸子[編集]

表向きの理由は社会に貢献できる自分を目指すためであるが、その後再婚が判明。なお、再婚が判明したのは引退後であるため、ここに記載。

  1. 宮沢りえ・松嶋菜々子・篠原涼子などとともに「73年世代」の一員として大活躍していた。
    • 彼女達のライバルとして張り合っていた。
    • 同世代で名前も似ている櫻井淳子とよく混同されていた。
  2. 野島ドラマの常連になっていた。
    • 『理想の息子』は桜井幸子主演で制作されていた(史実では鈴木京香)。
  3. 幾つかのドラマで母親役を演じていた。
    • 気の強い母親よりも主人公の良き理解者タイプの役が多かった。
      • そのキャラクター故に後輩女優から慕われる存在になっていた。
    • 母親役ということで田中好子、黒木瞳、竹下景子、宮崎美子などの仕事を奪っていた。
      • 田中好子の死後は取って代わる存在になっていた。
      • 田中美佐子も同様だった。田中美佐子は活動縮小に追い込まれ、専業主婦になっていたかも。
  4. クスリで×××された酒井法子の幾つかの仕事を奪っていた。
    • キャラが被る和久井映見の仕事も奪っていた。
  5. 連ドラに留まらず、朝ドラ、昼ドラにも進出していた。
    • 2時間ドラマにも進出している。
  6. 「爆報THEフライデー」で「高校教師」が取り上げられた時には持田真樹だけでなく、彼女についても大きく扱われていた。
  7. 吉田羊の存在が薄れていた。
    • 上戸彩も。
    • 吉田羊は2010年代に入ってから必要以上に働かされることもなく、ましてや若手の仕事を奪う存在にはなっていなかった。
    • 吉瀬美智子も同様であり、彼女も2010年代に入って必要以上に働かされてしまうこともなかった。
      • 『ハガネの女』は史実通りのキャストだろう(桜井に気の強いキャラは不向きと思われるので)。
    • 先述のとおり、母親役を主体としつつも史実のおける吉田羊のポジションに付いていた。
  8. 30代過ぎても芸能活動に意欲的だったら十分あり得た。
    • そもそも、不倫の余波がなければこうなっていた。
  9. 2010年にはデビュー20周年の一環としてアイドル時代のCDが復刻発売されていた。
    • アイドル時代に発売された写真集も復刻発売されていた。
  10. 社会に貢献できる自分を目指していたので2010年代以降は女優を本業としつつも社会貢献活動にも力を入れていた。
    • 東日本大震災があった時には復興支援の一環として被災地へ訪れていた。
      • 西日本豪雨の時も同様。
  11. 活動末期は日本とロサンゼルスを往復する生活をしていたので活躍の場をロサンゼルスに移した可能性も。
    • 『高校教師』の共演者で同じくロサンゼルスを活動の拠点としている真田広之の元に居たかも。
  12. 少なくとも最低1回は『高校教師』出演者の縁で『火曜サプライズ』の「都バスで飛ばすぜぃ」「今日も飛ばすぜ!」のコーナーにゲスト出演していた。
    • 史実では共演者である持田真樹が出演。

高峰秀子[編集]

  1. エッセイストに転向することはなかった。
  2. 養子をもらわなかったかもしれない。
  3. 夫の松山善三が監督や脚本を務めた映画に出演していた。
    • 「典子は、今」に演技指導でかかわるのではなく実際に出演していた。

橋本愛(1978年生)[編集]

  1. 1996年生まれの橋本愛は別の芸名で活動していた。
    • あるいは旧芸名である川崎愛に戻していた。
      • 1979年生まれの川崎愛が引退していなければ別だが。
  2. 橋本愛実(現・橋本マナミ)と混同されていた。

原節子[編集]

  1. ≒小津安二郎が死亡しなかったらである。
  2. 史実ほどは長生きしていなかったかもしれない。
    • 史実通りに長生きしていたら森光子や月岡夢路と同様に語られる存在になっていた。
  3. グレタ・ガルボに例えられることはなかった。

福井未菜[編集]

結婚したのは芸能界引退後なので、ここに記載させていただきます。

  1. 原知宏も芸能界を引退しなかったかもしれない。
  2. 高木万平が芸能界引退を発表したことをきっかけにゲキレンジャー10 Years Afterが製作されたかもしれない。

宝生舞[編集]

  1. 『ショムニ2013』の第1話にゲスト出演していた。
  2. 失踪騒動はなかった。
  3. 中谷美紀や観月ありさ、木村佳乃の仕事を奪っていた。
    • 木村佳乃は東山紀之との結婚を機に引退に追い込まれていた。
      • 東山紀之は主夫になっていなかった。
  4. 柴咲コウ、田中麗奈の存在が薄れていた。
    • 柴咲コウは歌手に転向していたかも。

森下涼子[編集]

  1. 史実で情報番組の司会等をしていた経験から、ワイドショー番組のコメンテーターになっていた。

男優[編集]

荒木定虎[編集]

  1. 俳優業を本業とする傍ら、バラエティ番組でも活躍していた。
  2. 『どうぶつ奇想天外』のレギュラーを降板することはなかった。
  3. 不動産会社を起業することはなかった。

五十嵐隼士[編集]

  1. 現在もウルトラマンメビウスの声を担当。
    • 福山潤への交代はなかったか遅れていた。
  2. ウルトラマンギンガSやウルトラマンXにもゲスト出演はあったかもしれない。

市川洋介[編集]

  1. 公務員への転職はなかったかもしれない。
  2. マジレンジャー10 years afterの製作ができたかもしれない。
    • ただし甲斐麻美による。
  3. Qさまの学力王決定戦にも出てたかもしれない。

岡田裕介[編集]

  1. 父親が東映の社長になっていなかったらありえた。
    • それでも東映の映画に積極的に出演するといったことはしていただろう。
    • この場合誰が会長になっていたのだろう。
  2. 朝の連続テレビ小説で脇役を演じていた。

柴田賢志[編集]

ゴーゴーファイブの撮影終了時に脳腫瘍が発覚しました。2004年には治療にために芸能活動休止。その後も病気が悪化し芸能界引退しました。もしそれがなかったらどうなってたか。

  1. ピンスポでゴーゴーファイブ5人揃ってインタビューを受けることができてた。
    • ゴーゴーファイブの15周年記念イベントの話が出てきた。
  2. ブログで詩を書くこともなかった。

成宮寛貴[編集]

  1. 相棒の再放送が中断される事は無かった。
    • 2017年11月現在、度々彼が出ている作品の再放送が行われている。
  2. 龍が如く4やレイトン教授VS逆転裁判の中古価格が高騰する事も無かった。
    • PS4版龍が如く4で谷村のCVが増田俊樹に変更される事も無かった。
  3. 現在でも裏切り役のオファーが多くなっていた。
  4. 2017年にフライデーが躍進する事も無かった。

西岡竜一郎[編集]

  1. スーパー戦隊関連のイベントの出演がもう少し多かった。
  2. 烈車戦隊トッキュウジャーにもゲスト出演はあったかもしれない。
    • その時にトッキュウオーとゴーライナーのコラボバトルがあったかもしれない。

前原一輝[編集]

  1. TRICKで石原が途中でフェードアウトすることはなかった。
    • 『警部補 矢部兼三』にも生瀬勝久とともに主役枠で出演していた(史実ではおまけコーナーで一時復帰)。
      • 特撮の小ネタが多かった作品である以上、彼もギンガレッド関連の小ネタを出していたに違いない。
  2. 役柄を請われてTRICK以外の警部・ミステリーものでも主要な役を幾らか演じていた。
  3. ゴーカイジャーに関しては小川輝晃と共に東映側からオファーがかかっていた(史実では小川の呼びかけで一時復帰)。

水谷邦久[編集]

レインボーマン役で知られる水谷邦久氏は家族との約束で30歳までに俳優を辞めて家業を継ぎましたが、もし俳優業を続けていたら

  1. ミスターK役の平田昭彦が亡くなった時にコメントを述べている。
  2. 一回ぐらい仮面ライダーの主役をやったかもしれない。
  3. おそらく現在ではサスペンスドラマの常連(犯人役)。
  4. 「踊る大捜査線」にも出ていたかもしれない(レインボーマンで小野武彦と共演した縁で)。
  5. 岡村隆史がモノマネをしている。
  6. それでも現在はあの人は今みたいな番組しか出てこない。

子役[編集]

  • 小学生以内で芸能活動を引退したものについてはこちらへ。

大橋のぞみ[編集]

  1. 主演映画である「大好きなクツをはいたら」がお蔵入りすることはなかった。
  2. その後も女優として活躍していた。
    • 2015年頃からは若者向けドラマ・映画に精力的に出演していた。
      • 土屋太鳳、川口春奈、有村架純などが必要以上に働かされることもなかった。
        • 橋本環奈も同様で女優として激務を強いられることはなかった。
          • それすらなかったのでRev.from DVLでのメンバー間格差は起きず、場合によっては解散することはなかった。
    • 女優を本業とする傍ら、ティーン誌のモデルも務めていた。
      • 元子役でピチレモンのモデルを務めていた福原遥と張り合う存在になっていた。
  3. 芦田愛菜に仕事を奪われて引退に追い込まれたと見なされることはなかった。
  4. 同じく子役出身で世代も近い福原遥やAKB48の向井地美音と比べられていた。
    • 今頃は橋本環奈と比べられている。
    • 岡田結実も。
  5. 元子役ということで志田未来、大後寿々花、美山加恋などの仕事を奪っていた。
  6. 広瀬すずの存在が薄れていた。
  7. 1999年度生まれの女性芸能人は大成しないジンクスは生まれず、伸び悩むことはなかった。
    • 吉田里琴が一時的に引退することもなく、吉川愛として再出発することはなかった。
    • AKB48の大和田南那と西野未姫の早期卒業もなかった。
    • 永野芽郁がいいライバルとなっていた。
    • その分、ベテラン芸能人が仕事の幅を広げることはなかった。ましてや若手の仕事を奪う存在にはなっていなかった。
  8. 子役時代にほぼ同時期にブレイクした人の縁ということで加藤清史郎が出演しているクノールカップスープのCMでは姉役として出演していた(史実では川口春奈)。

松元環季[編集]

中学受験のために芸能界を引退

  1. 本格的に声優に転向していた。
    • 『コードギアス劇場版3部作』でも引き続き天子役を演じていた。
    • 『マイマイ新子と千年の魔法』に出演していたことから、片渕須直監督の次回作にして代表作の『この世界の片隅に』にも出演していた。
  2. アルバム1枚で終わった歌手活動も続けており、フライングドッグスには現在でも在籍。
  3. 明治学院大学のミスコンに出ることはなかった。

芸人[編集]

上岡龍太郎[編集]

  1. 「探偵!ナイトスクープ」の局長をいまなお務めている。
    • 西田敏行が局長になることもないし、後任も彼(上岡さん)のような関西系のタレントだったかも。
      • 西田さんがナイトスクープに出るとしたら「釣りバカ日誌」の宣伝で顧問として出演する程度だった。
  2. パペポもいまなお続く超長寿番組となっている。
    • それか、現実の最終回で一旦番組休止し、リニューアルして再開する。ただし、鶴瓶は降板し、やしきたかじんが後継になる。その場合、やしきの意向で関西ローカルか、せいぜい西日本地域へのネットにとどまる。
      • たかじんの事だから、関東以外と言う事も有り得る。
  3. 他に関西ローカルを中心にレギュラー番組数本持っている。
  4. 「オールスター感謝祭」にもいまなお常連として参加。
    • 「赤坂5丁目ミニマラソン」でもランナーもしくはハンデキャッパーとして活躍
  5. 紳助やさんまの番組に度々ゲスト出演している。
  6. 阪神ファンから近鉄に乗り換えているため、球団合併の際にコメントもしている。
    • 合併反対を必死で訴えていただろう。
    • 現実通り合併したとしたら本拠地最終戦を観戦しに行き、その様子を報道されていたかも。
  7. H木K子とE原H之に挑戦状を叩きつける
    • この他にも、あらゆる番組やメディアの批判を遠慮無く言っている。
  8. 大阪市長選挙に出馬し当選している。
    • 大阪市でバファローズを買い取っている。
    • 健在なので今後もありえます。というかこれくらいのびっくりをやってのける可能性は大。
  9. 「ひみつのケンミンSHOW」の司会はみのでなく上岡だった。
    • 「クイズ!ヘキサゴン」も紳助でなく上岡だったかもしれない。
  10. M-1グランプリの審査員も引き受けてるだろう。
  11. 紳助が暴君になることは無かった。
    • 鶴瓶の27時間テレビ露出事件もなかった。
    • 紳助が現実よりも地味な存在になっていた。全国区にならなかった可能性もある。
      • 上岡が再度全国区進出するよりも先に紳助が全国区になっていたからそれはない。

島田紳助[編集]

  1. 「クイズ!ヘキサゴン2」や「紳助社長のプロデュース大作戦!」や「クイズ紳助くん」は今も放送している。
    • 後の2番組はともかく、「ヘキサゴン」は既に潮時っぽかったので遅かれ早かれ終わってたと思う。
      • むしろもう少し長く続いていた可能性も。
    • 「ヘキサゴン」は2018年ごろに一夜限りの特番が開かれていた。
  2. 2011年はヘキサゴン総選挙開催していた。
  3. 今田耕司は紳助の後釜と呼ばれることはなかった。
    • 今田耕司は紳助の仕事を奪う存在になることはなく、激務を強いられることもなかった。
      • 坂上忍も同様だった。
        • 坂上忍が毒舌路線に走ることもなかった。
          • なので再ブレイクすることが出来たか怪しくなる。
        • 梅沢富美男も。
    • 未だにダウンタウンの腰巾着の域を出なかった。
    • 今田はともかく、東野幸治やフットボールアワーの後藤は司会者ととしての地位を確立できなかった。
  4. 終盤の笑っていいとものテレフォンショッキングに出演していた。
    • もしかしたら『笑っていいとも!グランドフィナーレ感謝の超特大号』にあの奇跡の共演に登場していた。
  5. 現在でも嫌いな芸人ランキングの上位にランクインし、嫌いな芸人の一員として名を馳せていた。
    • 江頭2:50と上位を争い、張り合っていた。
    • 2012年以降も1位にランクインしていただろう。逆に江頭は人柄の良さから順位を下げていた。
    • 今頃は石橋貴明と上位を争っていた。
  6. 逆に中田カウスが引退していた。
  7. 「アタック25」3代目司会者に就任したかもしれない(ABC新社屋完成記念特番で司会していた)。
    • 就任するなら2011秋か2012春の改編。
    • 浦川アナ以外はどちらも俳優だからこれは史実通りの流れになるのでは。更に言えば紳助の番組の回し方とアタック25の番組の雰囲気は確実に合わないと思う。
  8. 石坂浩二も2016年に「開運!なんでも鑑定団」を降板しなかったかもしれない。もししたとしても「プロデューサーとの確執」ではなく「体調不良」が理由だっただろう。
  9. 「さんまのまんま」最終回にゲスト出演した。
  10. タイプが似ている和田アキ子といい意味で比べられていた。

松野大介[編集]

  1. ABブラザーズは正式に解散していた。
  2. 小説家への完全転向はなく、現在もテレビ番組に度々出演している。
    • おそらく現在では情報番組のコメンテーターとして名を馳せているはず。

アイドル[編集]

新井薫子[編集]

  1. イラストレーターに転向することはなかった。
  2. 死亡説が流れることはなかった。
    • 『夕やけニャンニャン』に本人が出演して健在であることをアピールすることもなかった。

飯島愛[編集]

  1. 『ウチくる!?』や『サンデージャポン』を降板することはなかった。
    • 西川史子が『サンデージャポン』のレギュラーに昇格することもなかった。
    • 壇蜜の存在も薄れていた。
  2. 体調不良に罹らなかったらこうなっていた可能性があった。
    • 当然急死することもなく、ここに書かれている幾つかの内容が現実のものになっていた。

小沢なつき[編集]

アイドル時代に突然の引退がなかったら?

  1. 「魔法少女ちゅうかなぱいぱい!」は打ち切られることなく、当初の予定通り1年間放映していた。
    • 「魔法少女ちゅうかないぱねま!」はなかった。よって島崎和歌子がブレイクすることもなかった。
      • 「オールスター感謝祭」のアシスタントも別の女性タレントになっていた。
      • もしかしたら島崎和歌子のポジションについていたかも。よって、島崎和歌子の存在の意義が薄れていた。
  2. その後は脱アイドル路線に転じ、女優に転向していた。
  3. ヘアヌード写真集を発売したりAV女優に転向することもなかった。

小阪由佳[編集]

現在は小阪有花名義で実業家・チャイルドカウンセラーとして活動してるが、芸能活動末期は路線変更に失敗して引退に追い込まれた。もし、路線変更に成功して引退に追い込まれることがなかったら?。

  1. プライベートブログで激太りした体型を晒すことはなかった。
    • そもそもデブキャラ化を目指すこともなく、大食いに走ることもなかった(活動末期はデブキャラ化を目指していたと考えられるため)。
      • 路線変更に失敗していなければ引退に追い込まれることはなかった。
      • 彦麻呂や渡辺徹といい意味で比べられていた。
  2. チャイルドカウンセラーに転向することはなかった。
    • 実業家にもなっていなかった。
  3. キャリア半ばでグラビアから撤退していた。
    • AKB48が史実通りにグラビア進出ならなおさら。
    • 活動末期の体型からすれば芸人か大食いタレントに転身していた。
      • 前者では柳原可奈子や渡辺直美の存在は薄れ、後者ではギャル曽根の仕事を奪っていた。
  4. 写真週刊誌でヌードになることはなかった。
  5. 引退後のイベントで芸能人の整形を暴露することはなかった。

田中陽子[編集]

  1. 『アイドル天使ようこそようこ』が打ち切られて引退したとみなされることはなかった。
    • 実際は態度の悪さが原因。
      • その態度の悪さからアンチが生まれ、嫌いな女性芸能人の1人にも挙がっていた。
        • やがてスキャンダルで干された。最悪の場合、×××されていた。
      • 本当の引退理由は悪態ではなく仕事上のトラブル(嫌な仕事を強要された)で意欲をなくしたから。
        • 悪態で解雇されたというデマが流れることはなかった。
  2. 『白のコンチェルト』は当初の予定通りシングルとして発売されていた。
  3. 同姓同名のサッカー選手が有名になるにつれて改名を余儀なくされていた。
    • 「女優の田中陽子」「サッカーの田中陽子」とそれぞれ区別されて呼ばれていた。
    • そのサッカーの田中陽子との対談が実現したかも。
  4. 『さよなら絶望先生』の同姓同名の登場人物の名前が変わっていた。
  5. 「秘密のケンミンSHOW」に徳島県代表として出演していた。

千葉麗子[編集]

  1. 実業家やヨガインストラクターに転向することはなかった。
  2. その後も「スーパー戦隊シリーズ」の常連になっていた。
  3. 史実ほど大っぴらな政治活動を行うことはなかっただろう。
    • あの本の出版は有り得ない。
    • 山本太郎と張り合う形で史実通りやっていた可能性が…。

関連項目[編集]




関連記事