もしあの車がバカ売れしていたら/トヨタ

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

もしあの車がバカ売れしていたら > トヨタ


あ行[編集]

アバロン[編集]

  1. 2代目アバロンの国内名であるプロナードは登場していない。
  2. プログレかブレビスのどちらかは登場していない。
  3. マークII3兄弟のお株を奪っていたでしょう。
  4. 初代~2代目と続き、3代目にあたる現行モデルが登場している。
  5. 国内市場に日産・マキシマが現在も存在した場合、マキシマが最大のライバルになっていたでしょう。
  6. 現在のマークXやクラウンシリーズには無鉛レギュラー仕様のV6ユニットが採用されていたかも。
  7. コラムシフト・ベンチシート仕様が設定。
    • かつてのクラウンやセドリック/グロリアのようにひとつのジャンルを築く。
  8. カムリ同様、ハイブリッド版も登場している。

イプサム(2代目)[編集]

  1. 3ナンバー化で叩かれることはなかった。
  2. 姉妹車のガイアも2代目にフルモデルチェンジしている。
  3. マークXジオは登場しなかった。

WiLL Vi[編集]

  1. 他社でもデザイン重視のセダンを投入していた。
    • 日産はパイクカーの復権を唱えていた。
  2. 洗車機の誤作動が多かったため、この車に対応した洗車機に取り替えられていた。
  3. プラッツの影が薄くなっていた。

ウィンダム[編集]

  1. 2006年のレクサス日本導入までまでカローラ店で販売され、フラッグシップカーになっていた。(現実のフラッグシップカーはカムリ、もしくはエスティマ)
    • その後レクサス店に移るがもちろん健在。穴埋めとして現行カムリが2500cc、3500ccの二本立てに。
    • そしてもちろんハイブリッド化。国内専売モデルであるHSは出てない。
  2. 3代目でも2500cc車は設定されている。
  3. マークⅡの廃止とマークXの誕生が現実よりも早まっていた。
    • 170系以降のクラウンにも何らかの影響を与えていた。
  4. FF高級セダンのよさが見直され、他メーカーにも影響を与えた。
    • 日産のティアナは3代目セフィーロとして、三菱のディアマンテは廃止されず、モデルチェンジしてそれぞれ販売され、ホンダのレジェンドも史実以上に売れていた
  5. 2006年からはレクサスES名義となる。(ESは現実にも存在するが海外専売)

Opa[編集]

  1. プレミオが逆にマイナーな存在に。
  2. 2007年に二代目モデルが登場している。
    • ウィッシュはOpaの3列版として登場し、ストリームのパクリと言われることは無かった。
  3. ハイブリッド版も登場している。
  4. アリオンは登場しなかった。
    • 出たとしてもマイナーな存在になっていた。
    • アリオンはカリーナの後継なのでそれはないと思うが。
    • むしろプリウスの存在が薄れていた(ハイブリッドが出れば尚更)。

オリジン[編集]

  1. 限定販売の枠が外され、通常カタログモデルとなる。
  2. マジェスタと同じV8エンジン搭載のグレードも登場。
  3. センチュリーまでも「観音開き」ドアに変更される。

か行[編集]

ガイア[編集]

  1. 史実では実現しなかった2代目にフルモデルチェンジしていた。
    • 姉妹車の2代目イプサムと同じく、3ナンバーサイズに。
  2. アイシスはガイアと併売されている。
    • アイシスがガイアの後継と思われることもなかった(トヨタではアイシスはガイアの後継ではないと否定している)。

カローラスパシオ[編集]

  1. シエンタはカローラ店での影が薄くなっていた。
    • 史実通りに併売しても明確に住み分けされており、併売に無理があったとみなされることはなかった。
    • シエンタはネッツ店専売になっていた(史実ではカローラ店&ネッツ店併売→カローラ店専売であったため)。
  2. パッソセッテは登場しなかった。

キャバリエ[編集]

  1. 二代目モデルは初代モデルよりも、品質がアップしている。
  2. イメージキャラが所ジョージを続けて起用している。
    • フォルクスワーゲンのCMに出演することもなかった。
  3. 現行モデルでも覆面パトカーご用達になっている。
    • 人気が無く引き取り手が無いから、警察に押し付けた訳で・・・
  4. 何かのソムリエがCMに起用される。
  5. ひきつづきコバルトやクルーズもトヨタ名義で売られる。
    • スズキのシボレークルーズは別の車名になっていた。
  6. シボレーとトヨタとの関係が悪化することはなかった。
    • その分、スズキとの関係を深めることはなかった。

さ~な行[編集]

サイノス[編集]

  1. 排気量1500cc以下のコンパクトクーペがもう少しメジャーなジャンルになっていた。
    • NXクーペやミラージュアスティ、AZ-3などは競合車種としてもう少し生き長らえていた。
  2. 2007年現在では4代目くらいまでモデルチェンジしている。
  3. 1500ccのEL54系(2代目)には5E-FHEエンジンにスターレットグランツァVのインタークーラーターボを組み合わせたホットバージョンも登場。もちろんリアブレーキもディスク化済み。
    • しかし、皮肉にも同社のカローラレビン/スプリンタートレノとシェアを奪い合ってしまう結果に。
  4. globeの現実以上のブレイクはもちろん、「友達以上・恋人未満」のキャッチコピーがさらに市民権を得ていた。
    • 或いはglobeに代わって何故かこの人がCMキャラクターに起用(最も1996年に亡くなったのでそれ以降は生前の映像がCMに使われる)。

スパーキー[編集]

  1. シエンタが登場することはなかった。

セラ[編集]

  1. 都心の立体駐車場が軒並みガルウイング対応になる。
    • 実はそんなに高さが必要ではない。
  2. UVカットガラスの技術が現実よりも向上している。
  3. 1.6リッターor2リッターのエンジンを搭載したスポーティーグレードが登場していた。
    • 普通にスターレットGT用の4E-FTEとノーマルセラの5E-FEをくっつけた5E-FTEができてたと思う。
  4. CMソングの『GO FOR IT』も大ヒットし、『TRUTH』や『OMENS OF LOVE』に代わってT-SQUAREの代表曲となった。

ナディア[編集]

  1. ちゃんとカムリ(5ナンバーサイズ)の後継となっている。
  2. ドラキュラブームが起きている。
  3. ガイアではなくイプサムが消えた。
    • アイシスはイプサムの後継車?
  4. 2代目はウィッシュベースで2003年あたりに出ている。
  5. この車を「ふしぎの海のナディア」仕様の痛車にするファンが出てくる。

は~行[編集]

パッソセッテ[編集]

  1. シエンタが復活することはなかった。
  2. 2代目のフルモデルチェンジに際してスライドドア化され、シエンタに取って代わる存在になっていた。
    • シエンタを確実に統合していた。

ヴァンガード[編集]

  1. ハリアーは2代目を最後に絶版となっていた。
    • 代わりにヴァンガードは2代目にフルモデルチェンジを果たしていた。

bB(2代目)[編集]

  1. コンセプト刷新が受け入れられていた。
  2. ダイハツ・クーとスバル・デックスも絶版になることはなかった。
  3. ラクティスとの住み分けもできていた。
  4. 2代目パッソと同時期にフルモデルチェンジを果たしていた。

プログレ/ブレビス[編集]

  1. 「高級車=サイズが大きい」という概念が壊されていた。
  2. コンチェルトの二の舞になることはなかった。

ベルタ[編集]

  1. カローラアクシオがダウンサイジングすることはなかった。
    • 1.8L車も廃止されることもなかった。
      • カローラはむしろ肥大化の道を歩み、アクシオ/フィールダーも3ナンバーサイズに拡大した可能性があった。
        • その場合、プレミオ/アリオンとの逆転現象が発生していた。
        • 仮に肥大化されても、Cセグメントの極限まででしょう。
  2. トヨペット店から小型セダンのラインアップがなくなることもなかった。
  3. 3代目ヴィッツ登場とともにモデルチェンジしてた。

ヴェロッサ[編集]

  1. トヨタビスタ店は現在でも存在をしている。
    • もしビスタ店がネッツ店に統合されたとしても、ネッツ店で販売されている。
  2. マークXの兄弟車として二代目モデルが登場している。
  3. トヨタがガソリンターボを止めることはなかった。
  4. トヨタの「売れた個性的なデザイン」として歴史に残っていたかも知れない。

メガクルーザー[編集]

  1. フェラーリ並みのステータスを持つ車として認知され、メガクルーザーに乗ることが金持ちの間で流行する。
  2. ランクルと共にロシアなどの中古市場で大流行。

関連項目[編集]




関連記事