もしあの車がバカ売れしていたら/三菱

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

もしあの車がバカ売れしていたら > 三菱

あ~さ行[編集]

eKアクティブ[編集]

  1. 軽クロスオーバーは史実より早く市民権を得ていた。
    • 史実ではスズキハスラーで市民権を得ている。
  2. 2代目にフルモデルチェンジ後もラインナップされている。
    • スズキ・Keiも対抗する形でフルモデルチェンジし、セダンとSUVの中間車種という独特の車種から正式な軽クロスオーバーとして発売される。
      • Keiが絶版になることはなかった。
      • もちろんマツダ・ラピュタもフルモデルチェンジし、カタログ落ちすることもなかった。
      • スズキは現実以上に軽自動車に力を入れている。
  3. Keiワークスに対抗する形でホットモデルも設定された。
  4. スズキハスラーが史実(2014~)よりも7年くらい前に発売された。
    • むしろKeiのままフルモデルチェンジしていたのでは? そしてクロスオーバーにコンセプトを刷新。
  5. ダイハツからも対抗車種が発売されていた。
    • 車名は決してキャストアクティバではない。

エメロード[編集]

  1. 現在では5代目くらいになっている。
  2. 排気量は2.5&3リッターに拡大。
    • 現行ではMIVECとGDIが採用されている。
  3. こちらからお姫様扱いされるのみということはなかっただろう。

カリスマ[編集]

  1. 現在3代目モデルが発売されている。
  2. 三菱のMクラスのセダンは、ギャランではなく、カリスマの方が世間に認知されている。
  3. 現在のギャランフォルティスが3代目カリスマとなる。

ギャランフォルティス[編集]

  1. ギャランのブランド復活は成功していた。
  2. 三菱はセダンの自社生産から撤退することはなかった。

スタリオン[編集]

  1. 2.6リッターエンジンに3バルブ、シリウスダッシュが採用されている。
  2. 2代目スタリオンが4気筒かV6の縦置きFRレイアウトで開発され、GTOは登場しない。
    • 2代目スタリオンをFRベースの4WDにした、WRC参加ベース車両のスタリオンエボリューションがその都度限定発売されるため、ランサーエボリューションも登場しない。
    • 競合車種はトヨタ・セリカGT-Fourとなる。

た行[編集]

ディオン[編集]

  1. 三菱から5ナンバーミニバンのラインナップが途絶えることがなかった。
  2. 現在では2代目にモデルチェンジを果たしている。
  3. 3代目からデリカD:4と名称を変更する。

デボネア[編集]

  1. プラウディアが4代目デボネアとして発売されていた。
    • ディグニティもリムジン版デボネアとなっていた。
  2. センチュリーやプレジデント以上に公用車として導入されるが、リコール隠しの発覚により…(以下×××

トッポBJ[編集]

  1. 現行モデルでは3代目までにフルモデルチェンジしている。
    • 3代目ではスライドドアが採用され、タントやパレットの対抗車種として売り出していた。
    • デリカD:2はソリオのOEMではなく3代目をベースにしたものになっていた。
  2. 史実におけるトッポは登場しなかった。
  3. デリカD:1となっていた。

トッポBJワイド[編集]

  1. 現行モデルでは3代目までにフルモデルチェンジしている。
  2. 2代目あたりで1.3Lにクラスアップされ、ソリオはともかく、bBやキューブの対抗車種としても売り出していた。
  3. 3代目ではスライドドアが採用される。
    • デリカD:2は登場しなかった。
      • もしくはトッポBJワイドがフルモデルチェンジでデリカD:2となっている。

トレディア[編集]

  1. ランサーEXは史実より早く生産中止になっていた。
  2. 後期型あたりからギャラン店でも販売していた。

な~行[編集]

ミラージュディンゴ[編集]

  1. コルトが登場することはなかった。
  2. 現在では3代目までにモデルチェンジを果たしている。
    • デリカD:2も登場することはなかった。

ランサー(3代目)[編集]

  1. 4代目へのフルモデルチェンジが2年ほど遅れていた。
    • ディーラーからの反感もなかった。
    • ランサーエボリューションⅠは3代目をベースにしていた。
  2. 5ドアセダンが現実より早く支持されていた(現実ではプリウスが売れるまでは大きな支持を得るには至らなかった)。
    • 4代目以降でも5ドアセダンで発売。
    • 5代目パルサーの5ドアモデルもワゴン風のスタイルにフルモデルチェンジすることはなかった。
  3. 三菱自動車の黒歴史になることはなかった。

関連項目[編集]




関連記事